ワンモアタイム ワンモア チャンス 歌詞。 One more time, One more chance

One more time,One more chance 山崎まさよし 歌詞情報

ワンモアタイム ワンモア チャンス 歌詞

ひとつの魂になる ホイ! やっふー! せーの! 大きく息を吸って 助走つけて ハイタッチで Run&Gun! このピッチで God bless you! 勝負の前では 誰もが主役 ハイテンションで Fun&Fun! よそ見は そう! 最高の闘志燃やせYeah! Yeah! やっふー! イチ、ニのサン、GO! なんでも1人で出来ちゃう気分 不可能だって Can&Do! High? Low? だって Punk&Rock! それは支えてくれる仲間がね 相乗効果 Bump&Bump! いてくれる YES! YES! かけがえない絆だよ ねぇねぇ! 早く早く! さぁ、みんな準備はいい? いつものアレやっちゃう? やるやるー!! 気合い入れるっきゃないかもね! じゃあみんなで私達の合言葉を言おう! セーノ! せーの、で駆けだせ Let's Go! Dash!!! 最高の闘志燃やせYeah! ひとつの魂になれ ホイ! やっふー! イチ、ニのサン、GO!

次の

One more time,One more chance 山崎まさよし 歌詞情報

ワンモアタイム ワンモア チャンス 歌詞

解説 [ ]• 山崎の初主演映画である『』(監督、1996年)の主題歌に採用され、ロングヒットを記録した、初期の代表曲のひとつとなる。 映画公開に併せ発売され、累計売り上げ30万枚を越えるヒット作となった。 同年発売のアルバム『』にも収録されている。 では1997年1月度の邦楽ヘビーローテーションに選出。 同局のチャート番組『』では1997年1月26日付にて最高位の2位を獲得した。 大阪では発売初日に1万枚のバックオーダーがあった。 1997年2月末時点で、売上の半分は大阪でのものだった。 楽曲そのものは山崎がから上京した直後の頃に作られたもので、山崎が当時居を構えた「」(および)の地名が歌詞に登場する。 また「急行待ちの踏切」などの言葉も登場することから、歌の舞台が沿線であることを窺わせる。 デビューするために上京したもののなかなかデビューが決まらない日々、悶悶とした自分の気持ちを綴った曲である。 「で死んだ自分の恋人を歌っている」などと吹聴される事があるが、前述のとおり1993年頃の製作であり、震災発生のと時期が一致しない 完全なデマである。 、放送の『』に出演し、本楽曲を歌唱した。 当日は、の「」等を臨むエリアから、で放送された。 の『』決勝(系、2006年12月24日放送)にて、優勝したの漫才のネタにこの曲のサビの部分が使用された。 このことは山崎自身も認識しており、喜ぶコメントがファンクラブ会報に掲載されている。 8センチシングルでリリースされたのち、2000年5月31日にマキシシングルとして再リリースされた。 2005年9月21日に同時発売された『』(A面集)と『』(B面集)の発売をもち、シングルは生産終了となっている。 2007年のリニューアル盤は発売中である。 なお、8センチのシングル盤で初めて「山崎まさよし オフィシャルファンクラブBOOGIE HOUSE」の情報が掲載された。 収録曲 [ ] 全作詞・作曲:山崎将義• One more time, One more chance 5:29• 編曲:• 妖精といた夏 6:11• 編曲:山崎将義• One more time, One more chance KARAOKE 5:25 『秒速5センチメートル』 Special Edition [ ] 「 One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition」 の 雪の駅〜One more time, One more chance〜 One more time, One more chance(弾き語りVer. ) リリース 時間 13分24秒 山崎将義 山崎将義 チャート最高順位• 52位() シングル 年表 () One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition () ) 「 One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition」(ワン・モア・タイム ワン・モア・チャンス 『びょうそく5センチメートル』 スペシャル・エディション)は、の通算22枚目のシングルとして、に発売された。 解説 [ ]• オリジナル・シングルのリリースから10年後、・監督によるアニメーション映画『』の主題歌として、新海監督から「One more time, One more chance」の楽曲使用の依頼があり、山崎サイドが快諾したのを機に発売された。 オリジナル版がシングルベスト『』(2005年9月21日)リリースの際に生産中止となったため、リニューアルされて新発売されたシングルが本作品である。 オリジナル盤発売元のポリドールがに吸収合併されたため、本作はユニバーサルからのリリースとなっている。 制作は。 タイアップとなった『秒速5センチメートル』の内容にが登場したことに合わせて、実際に小山駅のの発車メロディーとして〜の期間内に「One more time, One more chance(PIANO Ver. )」として起用された。 収録曲 [ ]• One more time, One more chance (5:34)• 『BLUE PERIOD』リリースの際にされた音源を使用している。 雪の駅〜One more time, One more chance〜 (2:20)• 映画のサントラ盤に収録されていた、「One more time, ~」のインストゥルメンタルバージョン。 One more time, One more chance(弾き語りVer. ) (5:30)• 初音源化となる弾き語りバージョン。 この弾き語りバージョンは、CD化以前から集『』(2000年5月1日にDVD化、発売は1998年)に収録されていた。 なお、オリジナルバージョンのは、2003年9月17日に発売されたビデオクリップ集第2弾『』に収録されている。 CD化はオリジナルバージョンが先、映像化は弾き語りバージョンが先、という変わったリリース形態であった。 なお、スタジオ録音ではないが、『』(2000年9月25日)に収録されているものもいわゆる「弾き語り」である。 収録アルバム等 [ ]• One more time, One more chance• One more time, One more chance (Live Version 1)• One more time, One more chance (Live Version 2)• One more time, One more chance (Live Version 3)• One more time, One more chance (弾き語りヴァージョン)• 妖精といた夏• 雪の駅 〜One more time, One more chance〜• 秒速5センチメートル DVD-BOX カヴァー [ ]• (1999年、広東語版「One more time」、アルバム『One more time』)• (2013年、アルバム『』)• (2009年、アルバム『手紙』)• (2007年、アルバム『』)• (2016年、アルバム『』)• (2012年、アルバム『』)• (2017年、アルバム『』)• (2018年、シングル『』)• (2018年、アルバム『』) 脚注 [ ].

次の

ベイビー・ワン・モア・タイム / …Baby One More Timeの歌詞和訳

ワンモアタイム ワンモア チャンス 歌詞

解説 [ ]• 山崎の初主演映画である『』(監督、1996年)の主題歌に採用され、ロングヒットを記録した、初期の代表曲のひとつとなる。 映画公開に併せ発売され、累計売り上げ30万枚を越えるヒット作となった。 同年発売のアルバム『』にも収録されている。 では1997年1月度の邦楽ヘビーローテーションに選出。 同局のチャート番組『』では1997年1月26日付にて最高位の2位を獲得した。 大阪では発売初日に1万枚のバックオーダーがあった。 1997年2月末時点で、売上の半分は大阪でのものだった。 楽曲そのものは山崎がから上京した直後の頃に作られたもので、山崎が当時居を構えた「」(および)の地名が歌詞に登場する。 また「急行待ちの踏切」などの言葉も登場することから、歌の舞台が沿線であることを窺わせる。 デビューするために上京したもののなかなかデビューが決まらない日々、悶悶とした自分の気持ちを綴った曲である。 「で死んだ自分の恋人を歌っている」などと吹聴される事があるが、前述のとおり1993年頃の製作であり、震災発生のと時期が一致しない 完全なデマである。 、放送の『』に出演し、本楽曲を歌唱した。 当日は、の「」等を臨むエリアから、で放送された。 の『』決勝(系、2006年12月24日放送)にて、優勝したの漫才のネタにこの曲のサビの部分が使用された。 このことは山崎自身も認識しており、喜ぶコメントがファンクラブ会報に掲載されている。 8センチシングルでリリースされたのち、2000年5月31日にマキシシングルとして再リリースされた。 2005年9月21日に同時発売された『』(A面集)と『』(B面集)の発売をもち、シングルは生産終了となっている。 2007年のリニューアル盤は発売中である。 なお、8センチのシングル盤で初めて「山崎まさよし オフィシャルファンクラブBOOGIE HOUSE」の情報が掲載された。 収録曲 [ ] 全作詞・作曲:山崎将義• One more time, One more chance 5:29• 編曲:• 妖精といた夏 6:11• 編曲:山崎将義• One more time, One more chance KARAOKE 5:25 『秒速5センチメートル』 Special Edition [ ] 「 One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition」 の 雪の駅〜One more time, One more chance〜 One more time, One more chance(弾き語りVer. ) リリース 時間 13分24秒 山崎将義 山崎将義 チャート最高順位• 52位() シングル 年表 () One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition () ) 「 One more time, One more chance 『秒速5センチメートル』 Special Edition」(ワン・モア・タイム ワン・モア・チャンス 『びょうそく5センチメートル』 スペシャル・エディション)は、の通算22枚目のシングルとして、に発売された。 解説 [ ]• オリジナル・シングルのリリースから10年後、・監督によるアニメーション映画『』の主題歌として、新海監督から「One more time, One more chance」の楽曲使用の依頼があり、山崎サイドが快諾したのを機に発売された。 オリジナル版がシングルベスト『』(2005年9月21日)リリースの際に生産中止となったため、リニューアルされて新発売されたシングルが本作品である。 オリジナル盤発売元のポリドールがに吸収合併されたため、本作はユニバーサルからのリリースとなっている。 制作は。 タイアップとなった『秒速5センチメートル』の内容にが登場したことに合わせて、実際に小山駅のの発車メロディーとして〜の期間内に「One more time, One more chance(PIANO Ver. )」として起用された。 収録曲 [ ]• One more time, One more chance (5:34)• 『BLUE PERIOD』リリースの際にされた音源を使用している。 雪の駅〜One more time, One more chance〜 (2:20)• 映画のサントラ盤に収録されていた、「One more time, ~」のインストゥルメンタルバージョン。 One more time, One more chance(弾き語りVer. ) (5:30)• 初音源化となる弾き語りバージョン。 この弾き語りバージョンは、CD化以前から集『』(2000年5月1日にDVD化、発売は1998年)に収録されていた。 なお、オリジナルバージョンのは、2003年9月17日に発売されたビデオクリップ集第2弾『』に収録されている。 CD化はオリジナルバージョンが先、映像化は弾き語りバージョンが先、という変わったリリース形態であった。 なお、スタジオ録音ではないが、『』(2000年9月25日)に収録されているものもいわゆる「弾き語り」である。 収録アルバム等 [ ]• One more time, One more chance• One more time, One more chance (Live Version 1)• One more time, One more chance (Live Version 2)• One more time, One more chance (Live Version 3)• One more time, One more chance (弾き語りヴァージョン)• 妖精といた夏• 雪の駅 〜One more time, One more chance〜• 秒速5センチメートル DVD-BOX カヴァー [ ]• (1999年、広東語版「One more time」、アルバム『One more time』)• (2013年、アルバム『』)• (2009年、アルバム『手紙』)• (2007年、アルバム『』)• (2016年、アルバム『』)• (2012年、アルバム『』)• (2017年、アルバム『』)• (2018年、シングル『』)• (2018年、アルバム『』) 脚注 [ ].

次の