山梨 コロナ 女 写真。 山梨帰省コロナ感染者20代女性の名前や顔写真が特定?Twitterに反論を投稿で大炎上|まるっとログ

山梨帰省の20代女性の名前は誰か特定!?コロナ陽性判明後に帰宅理由が判明!濃厚接触の男性感染も。。

山梨 コロナ 女 写真

東京都から山梨県内に帰省した20代女性が新型コロナウイルスに感染していたことが分かりました。 山梨県によりますと、東京都在住の20代会社員の女性は 先月29日に高速バスで山梨県内の実家に帰省しました。 女性は帰省した翌日、東京の会社の同僚から陽性者が出たという連絡を受けて 味覚や嗅覚の変化が26日からあったと山梨県の帰国者・接触者外来に相談したということです。 女性は今月1日に医療機関を受診して検体を取り、 高速バスを使用して東京都内に戻りました。 2日になって陽性が判明したということです。 女性は山梨県内で買い物や友人とバーベキューをするなどして山梨県富士吉田市、山梨県鳴沢村、山梨県富士河口湖町に滞在していました。 山梨県は女性が使用したバスの時間などを公表するとともに再度、 不要不急の帰省や旅行などの自粛を強く求めています。 引用: あれだけ政府や東京都が「」と言っていたのに帰省するとは…開いた口がふさがりません。 更に、不要不急の外出を控えろと言われているにもかかわらず友人とバーベキューって、いまする必要があったのでしょうか?頭悪すぎませんかね? 保健所にも虚偽の説明 東京都に住む20代会社員女性が帰省先の山梨県で新型コロナウイルス感染が確認された問題で、県は3日、帰京に使った高速バスは1日夜ではなく、陽性判明直後の2日朝の便だったと訂正した。 女性が保健所に虚偽の説明をしていたという。 県の新型コロナ対策特別チームによると、女性は1日にPCR検査を受け、結果が出るまで実家待機を求められていた。 (中略) ところが、2日の報道を受けて知人から保健所に「けさ帰った」と情報提供があり、特別チームが本人や家族に事情を聴いたところ、 2日午前10時20分ごろ、富士急ハイランドバス停から京王バスの高速バスに乗ったと認めた。 PCR検査陽性の結果は同日午前9時ごろ、保健所から本人に伝えられており、女性は陽性を知りながらバスに乗ったことになる。 特別チームは「 陽性であることを知りながら公共交通機関を利用したことや、事実と異なる説明をしたことは非常に残念だ」としている。 県は改めて、同じバスの乗客で健康に不安がある人は保健所に相談してほしいと呼び掛けている。 (後略) 引用: PCR検査で陽性が発覚した後に高速バスで帰京とは、もはやテロ同然ですね。 ちなみにこの女性は「 飼っている犬が心配だった」との理由で帰京したようです。 信じられませんね。 高速バスの運転手や乗客の事を考えたら、間違ってもそんなことはできないと思うのですが。 引用: 女性の証言をもとに該当する路線の高速バスの時刻表(詳しくは)を見ていくと、富士ハイランドバス停を10:18に出発する高速バスがありました。 運行会社が京王バスですから、これで決まりでしょう。 さらに家族ぐるみで嘘をついていたことも発覚し、身元を特定される事態になっています。 渡辺真由の兄貴 — 阿倍新蔵 Z6OL2S6wTKzdSuI• 名前:渡辺真由• 東京都新宿区在住• 誕生日は1996年5月16日• 実家の住所: 山梨県南都留郡鳴沢村大田和まで判明(詳しくは、電凸したい方は)• バーベキューを行った友人宅は 山梨県南都留郡富士河口湖町船津まで判明• 寄ったスーパーはTAC、河口湖オギノ• 他にゴルフ場、整骨院も行った模様• を卒業(メールアドレスは、電凸したい方は)。 も見てみましたが、あまり評判は宜しくないようでした。 学力もかなり低い模様。 を卒業した模様。 (メールアドレスは、電凸したい方は)• 勤務先は不明(パティシエ?看護師?職種も情報が錯綜しております…)• 友人男性1名も新型コロナ陽性。 セフレだった可能性も?• インスタのアカウントはと• Twitterアカウントはと• 過去に未成年飲酒もしていた模様• 彼氏は石井ひろしで確定か。 整備工の模様。 (詳しくは)• 彼氏とは不倫関係だった?.

次の

山梨コロナ帰省した女性本人が知恵袋に書き込み?批判殺到!|Mahiyu's blog

山梨 コロナ 女 写真

5月4日、全国を対象とする緊急事態宣言の延長が正式に決定された。 いまだ先の見えぬ「コロナ禍」の中で顕在化している問題のひとつが、感染者や医療従事者等に対する差別だ。 過去の感染歴を理由に来店を拒否される、医療従事者というだけで誹謗中傷にさらされる……。 事例の多さから政府も広報のTVCMを放映するなどして対策を図っているが、根本的な解決にいたっていないのが現状だ。 5月4日の会見でも『ウイルスよりももっと大きな悪影響を私たちの社会に与えかねない』と引き続き警鐘を鳴らしています。 里帰り中に友人らとバーベキューを楽しんだことや、周囲に感染させるリスクを承知で帰京した理由について、「飼い犬が心配だったから」と釈明したことも世間の反感を買い、名前や顔写真、住所までさらされた。 また、SNSに投稿された彼女の「勤務先」が、まったくの「事実無根」であるとして、「当社関係各位に新型コロナウイルス感染者は確認されておりません」と声明を出したこともニュースとなった。 感染した女性の問題行動は批判されるべきだが、こうした度を超したバッシングについて、「魔女狩り」「集団私刑」と指摘する専門家の声もあった。 「政府はまさにこのような事例が顕在化することを恐れていたはず。 ネット上を中心に、関係者に対する誹謗中傷はすさまじいものがあります。 今後、差別を恐れて黙秘をする感染者が増え『感染経路不明』とするケースが増加したり、症状が出ても医療機関に相談することすら躊躇してしまい、最悪、孤独死に至るケースが増えるのではないでしょうか。 並行して、経済的困窮や絶望感から自殺に走るケースも増えている。 4月30日には都内のとんかつ店の店主が「焼身自死」を遂げたと見られる火災が発生した。 国民誰もが非日常的な生活を強いられていることを改めて考え、支え合いの輪が広がることに期待したい。

次の

山梨コロナ帰省女性の名前特定!顔写真/父の職業/友人/実家/BBQの場所も|Mahiyu's blog

山梨 コロナ 女 写真

帰省していた山梨県内で2日に新型コロナウイルス感染が確認された東京都の20代女性について同県は3日、PCR検査結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと発表していたが、実際の帰宅は陽性結果報告を受けた後の2日だったと訂正した。 女性が虚偽の説明を保健所にしていた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと述べているという。 同県によると、 女性は1日に県内で検査を受け、2日午前9時ごろ、保健所から陽性との報告を受けた。 その際女性は「既に都内に帰宅している」と虚偽の説明をしたが、実際は同日午前10時過ぎに富士急ハイランドバス停から新宿行きの高速バスを利用し帰宅していたという。 2日に県の記者会見を見ていた女性の知人から保健所に情報提供があり、明らかになった。 県は感染者からの正確な情報収集を目的に特別チームを発足させているが、今回の虚偽報告については 「実家で暮らす親族も女性と同じ虚偽申告だったので話の中で矛盾点は見つけられなかった」と話している。 県の担当者は「 この行為が周囲の人を危険にさらす行為だということを十分に理解してほしい。 同じバスに乗車した人で健康状態に不安がある場合は最寄りの保健所に相談してほしい」と話している。 県は3日、 女性の濃厚接触者としてPCR検査をした県内在住の20代男性が新たに陽性だったと発表した。 県内56例目。 女性とバーベキューをしていた友人4人とは別という。 【金子昇太】 毎日新聞ニュース.

次の