謎 解き は ディナー の あと で 小説。 謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)

謎解きはディナーのあとで(再)

謎 解き は ディナー の あと で 小説

1、2を読んだから3も。 という完全に惰性で読んでいる感じ。 良くも悪くもキャラクターが判り易い。 もっと言うと世間のイメージのパターンを律儀に踏襲しているというか、 ぶっちゃけ薄っぺらいというか。 まぁこの辺はシリーズ当初から変わらないので これが魅力だという人も多いんだろう。 個人的には感情移入するにはキャラが軽すぎて難しいんだけど。 とはいえ お嬢様と執事とボンボンという類型的なキャラ設定にハマって読む、 という考え方もあるということを学んだシリーズだという気はする。 影山の謎解きはだんだんあっさりしてきているような。 その分(なのかどうかは判らないけど) 謎の解き逃げ感というか投げっ放し感は薄れてきてるかも。 その辺はおさまりがよくなったので安定感が増したかな。 それに加えて、地の文で遊ぶ余裕が出てきたのかなーという感じはする。 『宝生邸の庭には鶏が2羽いる』だの『都市伝説』だの はっきりいってくだらないんだけど、そのくだらなさに思わず笑ってしまった。 風祭警部がめでたく本庁へ異動となったところでこの本は終了。 まだ続くんだろうか…(爆)。 続いたとしたら『つまんねーなー』と思いながらも読んじゃうんだろうな(爆)。 シリーズ3冊目となると、いつものパターンが様式美にまでなりますな。 おなじみのやり取りが楽しいです。 東川作品は軽い文章とベタベタなギャグとパターン化したキャラクターのために誤解されやすいのですが、ガチガチの本格ミステリなんですよね。 ミステリのネタの使いようが実に見事です。 最近のシリーズ短編ものは、ミステリ的ネタひとつを核にしているため肉付けとしてギャグを盛っているのですが、そのためミステリ成分が薄く感じるのは残念です。 しかしそのギャグがミステリとしてミスリードや伏線を兼ねているのは好きなんですよね。 いやまあ、ただ単に言いたかっただけなんだろうという投げ捨てなギャグもありますが、それはまあそれとして。 河川敷で溺死していた男、子ども用の椅子に座らされていた死体、身体から靴ベルト眼鏡カチューシャなど小物が持ち去られていた死体、そして美術品を狙う怪盗まで。 ミステリの入り口としても楽しめるシリーズものです。 しかしこれで完結なのですかねえ。 ううむ。

次の

謎解きはディナーのあとで: 感想(評価/レビュー)[小説]

謎 解き は ディナー の あと で 小説

1、2を読んだから3も。 という完全に惰性で読んでいる感じ。 良くも悪くもキャラクターが判り易い。 もっと言うと世間のイメージのパターンを律儀に踏襲しているというか、 ぶっちゃけ薄っぺらいというか。 まぁこの辺はシリーズ当初から変わらないので これが魅力だという人も多いんだろう。 個人的には感情移入するにはキャラが軽すぎて難しいんだけど。 とはいえ お嬢様と執事とボンボンという類型的なキャラ設定にハマって読む、 という考え方もあるということを学んだシリーズだという気はする。 影山の謎解きはだんだんあっさりしてきているような。 その分(なのかどうかは判らないけど) 謎の解き逃げ感というか投げっ放し感は薄れてきてるかも。 その辺はおさまりがよくなったので安定感が増したかな。 それに加えて、地の文で遊ぶ余裕が出てきたのかなーという感じはする。 『宝生邸の庭には鶏が2羽いる』だの『都市伝説』だの はっきりいってくだらないんだけど、そのくだらなさに思わず笑ってしまった。 風祭警部がめでたく本庁へ異動となったところでこの本は終了。 まだ続くんだろうか…(爆)。 続いたとしたら『つまんねーなー』と思いながらも読んじゃうんだろうな(爆)。 シリーズ3冊目となると、いつものパターンが様式美にまでなりますな。 おなじみのやり取りが楽しいです。 東川作品は軽い文章とベタベタなギャグとパターン化したキャラクターのために誤解されやすいのですが、ガチガチの本格ミステリなんですよね。 ミステリのネタの使いようが実に見事です。 最近のシリーズ短編ものは、ミステリ的ネタひとつを核にしているため肉付けとしてギャグを盛っているのですが、そのためミステリ成分が薄く感じるのは残念です。 しかしそのギャグがミステリとしてミスリードや伏線を兼ねているのは好きなんですよね。 いやまあ、ただ単に言いたかっただけなんだろうという投げ捨てなギャグもありますが、それはまあそれとして。 河川敷で溺死していた男、子ども用の椅子に座らされていた死体、身体から靴ベルト眼鏡カチューシャなど小物が持ち去られていた死体、そして美術品を狙う怪盗まで。 ミステリの入り口としても楽しめるシリーズものです。 しかしこれで完結なのですかねえ。 ううむ。

次の

謎解きはディナーのあとで(再)

謎 解き は ディナー の あと で 小説

1、2を読んだから3も。 という完全に惰性で読んでいる感じ。 良くも悪くもキャラクターが判り易い。 もっと言うと世間のイメージのパターンを律儀に踏襲しているというか、 ぶっちゃけ薄っぺらいというか。 まぁこの辺はシリーズ当初から変わらないので これが魅力だという人も多いんだろう。 個人的には感情移入するにはキャラが軽すぎて難しいんだけど。 とはいえ お嬢様と執事とボンボンという類型的なキャラ設定にハマって読む、 という考え方もあるということを学んだシリーズだという気はする。 影山の謎解きはだんだんあっさりしてきているような。 その分(なのかどうかは判らないけど) 謎の解き逃げ感というか投げっ放し感は薄れてきてるかも。 その辺はおさまりがよくなったので安定感が増したかな。 それに加えて、地の文で遊ぶ余裕が出てきたのかなーという感じはする。 『宝生邸の庭には鶏が2羽いる』だの『都市伝説』だの はっきりいってくだらないんだけど、そのくだらなさに思わず笑ってしまった。 風祭警部がめでたく本庁へ異動となったところでこの本は終了。 まだ続くんだろうか…(爆)。 続いたとしたら『つまんねーなー』と思いながらも読んじゃうんだろうな(爆)。 シリーズ3冊目となると、いつものパターンが様式美にまでなりますな。 おなじみのやり取りが楽しいです。 東川作品は軽い文章とベタベタなギャグとパターン化したキャラクターのために誤解されやすいのですが、ガチガチの本格ミステリなんですよね。 ミステリのネタの使いようが実に見事です。 最近のシリーズ短編ものは、ミステリ的ネタひとつを核にしているため肉付けとしてギャグを盛っているのですが、そのためミステリ成分が薄く感じるのは残念です。 しかしそのギャグがミステリとしてミスリードや伏線を兼ねているのは好きなんですよね。 いやまあ、ただ単に言いたかっただけなんだろうという投げ捨てなギャグもありますが、それはまあそれとして。 河川敷で溺死していた男、子ども用の椅子に座らされていた死体、身体から靴ベルト眼鏡カチューシャなど小物が持ち去られていた死体、そして美術品を狙う怪盗まで。 ミステリの入り口としても楽しめるシリーズものです。 しかしこれで完結なのですかねえ。 ううむ。

次の