ワークマン の 株価。 【株式投資】ワークマンの株価はどこまで下がる?ワタシが考える売りのルール

ワークマンの株価分析!業績・株価は好調。東証一部昇格について【7564】

ワークマン の 株価

198件中 1~ 20件を表示しています。 - 8月13日(木)16時41分• - 8月13日(木)11時19分• - 8月13日(木)7時32分• - 8月13日(木)7時09分• - 8月13日(木)5時20分• - 8月12日(水)19時57分• - 8月12日(水)17時08分• - 8月12日(水)16時47分• - 8月12日(水)16時08分• - 8月12日(水)15時30分• - 8月12日(水)15時23分• - 8月12日(水)15時20分• - 8月12日(水)15時19分• - 8月12日(水)15時08分• - 8月12日(水)14時55分• - 8月12日(水)13時29分• - 8月12日(水)12時08分• - 8月12日(水)11時57分• - 8月12日(水)11時32分• - 8月12日(水)10時22分 【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 4本値、出来高は実際の取引から最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

ワークマン(7564) 株価分析したら超優良企業だった

ワークマン の 株価

ワークマンの株価予想。 今後の見通し まとめ 以上、ワークマンの株価にプラスの影響をもたらす要素、マイナスの影響をもたらす要素をリストアップしました。 結果、 今後、ワークマンの株価は数年間は上昇トレンドが継続すると予想します。 引き続き売上、利益共に拡大する見通しです。 ただし、PBR7倍はさすがに手が出せない。 PBR5 倍の 4,300円程度まで株価が下落すれば購入したい所です。 (現在株価6,000円前後) ワークマンはまだまだ成長するのは当然。 問題はこの成長スピードが どこでどれくらい落ちるのか?です。 これを数字で説明するとなると、とても難しい。 そこで私の相場観・経験値からPBR5倍4,300円をターゲット価格としました。 4,300円以上だと、さすがに買いません。 ワークマンはこれまで 大手不在の作業着市場に、フランチャイズ要素を取り入れることで急拡大。 また価格だけでなく、 機能性という付加価値を付けた商品展開により、客単価を落とすことなく、またブランド、支持を得てきました。 ここ数年でも新店舗ワークマンプラスを出店するなど、時代の求めるニーズの把握力に衰えを感じさせません。 が、私が不安に感じるのが、職人の消費行動の変化。 トラスコ中山、モノタロウ、デカトロンといった競合店です。

次の

ワークマン (7564) : 株価/予想・目標株価 [WORKMAN]

ワークマン の 株価

参照: 作業服、関連用品の専門チェーン。 ワークマン独自のPB比率が高く、利益に貢献。 直営店のFC化推進し、全国展開目指しています。 事業セグメントを見る限り、加盟店向けの売上と店舗収入で8割を占めている事がわかります。 加盟店に売上・利益が作りやすいビジネスモデルであり、加盟店を大切にしている姿勢が分かります。 商品については、作業着として販売していたものが、一般アパレルでも通用する商品として浸透してきています。 直近の株価は6,000~7,000円代を推移しています。 チャートから10,000に株価が到達したタイミングで買われ過ぎであり、6,000~7,000代はターゲット価格内です。 経常利益の推移 2020年は増益予想 2016年:99. 4 億円 2017年:107. 3 億円 2018年:118. 5 億円 2019年:147. 5 億円 2020年:203. 0 億円(会社予想) 毎年経常利益を上昇させており、優良と言えます。 引き続きこの利益を出し続けていけるか注目です。 財務状況 自己資本比率:56. 93円 流動比率:192. 2% 財務状況としては、問題ありません。 有利子負債自己資本比率は比較的低く、流動比率も問題ありません。 ワークマンの株主優待 ワークマンの株主優待は特にありません。 ワークマンの今後 ワークマンは今まで作業着の販売を中心としており、工場勤務・大工などガテン系の方がメインターゲットでした。 新規・既存共に売上・利益増ですが、 現時点の問題は製造を中国メインで行っていることです。 ワークマンが機能性が高くデザイン性が優れた商品が提供できるのは、提携している中国企業があってのこと。 コロナショックからの立ち直り状況を踏まえ、今後の製造依頼先の戦略見直しが必須となりそうです。 まとめ ワークマンは自社だけでなく、加盟店へに対しても手厚いサポートができる優良企業です。 今後、新規の市場開拓がどこまで進むか?エリア展開はどの範囲まで行うのか?また、今後の新商品製造元は分散させるか? このあたりがポイントになりそうです。 しかし、国内企業でほぼ確実に上昇見込める企業です。 結論として、買い銘柄であり、今買いと言えます。

次の