朝日 新聞 リストラ。 朝日新聞、平均年収160万円減少へ 大盤振る舞いの早期退職制度を復活

毎日新聞リストラ第1弾は幹部67人の削減、禁じ手の最終版繰り上げにも着手

朝日 新聞 リストラ

毎日新聞東京本社(Wikipedia) 以前から同社の経営が厳しいと言われていただけに、新聞業界を知る人たちの間では「いよいよ」という受け止め方が多いだろう。 ただ、なぜ事ここまでに至ってしまったのか、ネット上の反応を見ていると、新聞社の現役OBらの間では「デジタルシフトへの遅れ」を挙げ、あるいはネトウヨに至っては、かつて発行していた英字紙で低俗な内容を載せたことや、政治的な「偏向報道」などを理由にしているようだ。 しかし、筆者に言わせれば前者はいささか「近視眼的」、後者は「的外れ」だ。 ネットの普及で紙の新聞離れが進んだのは事実だが、問題はもっと根深いところにある。 ましてや論調が右か左かなどは実はどうでもよい。 毎日新聞と論調が真逆の産経新聞は、10年以上前からすでに人員削減を進めるなど、もっと苦しいのを見れば明らかだからだ。 ネット民が唖然「全社員の2割が部長級」に見える構造 結局、「元凶」を探っていくと、経営陣の意思決定であり、ガバナンスの問題に付き当たる。 ネット上では、ダイヤモンドの記事のこのくだりが注目を集めている( 太字は筆者)。 67人も幹部が辞めれば新聞制作に支障が出そうなものだが、毎日新聞にとってその退職者数は決して多すぎることはない。 何せ、 50歳代の社員の半数が部長職以上に就いており、 その数は全社員数の2割に相当する418人に上っていたのだ。 全社員の2割が部長職というのは、従業員1000人規模の大企業の一般的な傾向と比較しても異様に多い。 これは10年前の調査と傾向は変わらない。 毎日新聞の場合、「部下なし」「名ばかり」の実態も含むかもしれないが、それでも数字の上では、部長職の多さで際立っている。 長年マジメに働いてさえいれば、同期入社の相当な割合が管理職に昇格できるのだろう。 これらの数字や情報からうかがえるのは、年功序列、終身雇用の昭和的日本型雇用制度を極致まで実践していたということだ。 ただ、それもまた新聞社の典型的なカルチャーなのだ。 読売も朝日も年功色の強い人事制度ではあり、程度の差はあれ、一般的な大企業よりも昇進が甘いことには変わりはない。 一般企業ならあり得ないことが起きるのは、新聞社の社長の多くがビジネス素人の記者出身者であることからもわかるように、 日本の新聞業界は、欧米と異なり 編集と経営の分離が十分でないことが原因なのだ。 10年前の一大変革の機を活かせなかった経営の無能 毎日新聞は70年代の西山事件後の後遺症で経営危機に瀕したものの、新聞業界全体でそうした大甘な経営事情が許されてきたのは、昭和期までは部数も広告収入も右肩上がりだったからだ。 ところがバブルが崩壊し、ネットが普及した平成期に経営環境が激変したにも関わらず、経営陣の人事ですら年功的で、生え抜きサラリーマン経営者の内部昇格のローテーションは変わらなかった。 それでも、毎日新聞は10年前に大きく変わるチャンスはあった。 そのひとつが半世紀ぶりに共同通信社に加盟したことだった。 ストレートニュースは共同配信に任せ、記者クラブに張り付いている現場記者たちのリソースを調査報道に振り向けるシフトへと徐々に変わるものと注目を集めた。 当時は私も競合紙の記者だったので覚えているが、しかし、さほど組織は変えられなかった。 未発表のストレートニュースで、自社の記者が把握していないネタを共同が配信した時、裏とりをさせて最終版は自社の記者の追いかけ取材記事に差し替えるという「自前主義」に拘泥しているのが実態だった。 長年染み付いた体質の転換は難しい。 それでも経営陣が本気で「目先のネタを追うところから脱却しろ!」と号令一下、抜本的に組織構造を変えさせれば可能性はまだあった。 しかし、いまとなっては、ビジネス素人のサラリーマン経営者では大ナタは震えなかったと思える。 もちろん、週刊紙のように独自スクープを連発したところで部数が増えたかと言えば難しいと言わざるを得ないが、共同の記事をフル活用する程度の人員再配置すらできないわけだから、デジタル時代を見越した大胆な経営資源の再配置などできるわけがあるまい。 地方の取材拠点を集約し、空白地は道新や中日新聞など有力ブロック紙と提携する。 都市部にリソースを集中させ、独自の調査報道を積極的なデジタル化とともに展開する…. といったような方策は、しばしば業界内で提案されるが、「無能」な経営陣の前では画餅でしかない。 孫さんやベゾスでも毎日新聞を助けられない理由 では、欧米のように経営と編集の分離を進め、外からプロ経営者を迎えるといった荒療治ができるかというと、自発的にやれるはずもない。 となると、アマゾン創業者のベゾスがワシントンポストを、最近では孫正義氏がUSAトウディを、それぞれ買収したように篤志家がオーナーとなって改革を断行するシナリオが思い浮かぶところだが、日本では言論の自由確保を名目に、日刊新聞法で事業関係者以外への株式の譲渡が制限されている。 USAトゥディを買収した孫正義氏(Wikipediaより) かつて日経新聞の株主だった元社員から株を譲り受けた作家の高杉良氏は、株主総会への出席を試みるも、元社員が社友資格を取り消されたことに伴い、株取引を無効とされて日経に出席を阻止された。 高杉氏が提訴し、法廷闘争に発展したが、敗訴に終わっている。 ビジネス素人のサラリーマン経営者に対し、まともに目を光らせる株主も存在しない。 そして、それを法律や規制によって庇護されている。 毎日新聞を今日のような状態にしてしまったのは、歴代の経営者が無能だったことが大きな原因だが、突き詰めていけば、 新聞社を社会的に特別視するあまり、経営者を無能にさせる現行のルールが本当の元凶なのだ。 そう考えると、毎日新聞が、政府の規制改革の旗振り役である原英史氏に対し、既得権益側のお先棒を担ぐような報道をして原氏とバトルを展開しているさまは、実に味わい深いものがある。 新田 哲史 アゴラ編集長/株式会社ソーシャルラボ代表取締役社長 読売新聞記者、PR会社を経て2013年独立。 大手から中小企業、政党、政治家の広報PRプロジェクトに参画。 2015年秋、アゴラ編集長に就任。 著書に『蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?』(ワニブックス)など。

次の

毎日新聞のリストラ?社員高齢化が生み出した厳しい現実とは?

朝日 新聞 リストラ

近年、新聞社の業績が悪化しています。 マスメディアは存在しなければ国・政府にとって都合の良い一方的な情報しか国民に伝えられず、国・政府が国民を思うがままに支配することになってしまいます。 民主主義国家としては、マスメディアの存在は必要といって良いでしょう。 マスメディアの報道は国民が国政に関与する際の重要な判断の材料を提供し、国民の知る権利に奉仕するものなのです。 一方で、近年はインターネットの普及に伴いマスメディアを利用しなくとも情報が入手出来る時代となりました。 加えて、偏向報道・捏造報道が指摘されるようになり、またテレビの番組はバラエティ色が強くなる等、既存マスメディアの魅力が薄れたともいわれています。 ニュースソースとしてSNSを重視する人も増えてきているでしょう。 このような状況下、新聞の購読者は減少傾向が止まりません。 新聞は構造不況業種となってきていることは否定できないでしょう。 新聞社自身が自己否定をすることは難しいでしょうから、新聞社の業績が悪化していることについて報道で目にすることは少ないかもしれません。 しかし、業績悪化自体は事実です。 今回の記事では、新聞社としては有名な朝日新聞社を事例として新聞社の業績について確認すると共に、構造不況業種で生き延びている企業がどのような収益構造となっているのか、なぜ生き残っているのかをみていくことにしましょう。 なお、筆者は朝日新聞社に恨みがある訳ではありません。 あくまで企業分析の事例として挙げておりますのでご留意下さい。 新聞社を取り巻く環境 まずは新聞社を取り巻く環境についてみていきましょう。 ここでは日本新聞協会の発表文を引用します。 新聞協会経営業務部はこのほど、「日刊紙の都道府県別発行部数と普及度調査」結果をまとめた。 2017年10月現在の総発行部数は、 前年比 以下同 2. 減少幅は14年の3. 部数でみると114万7958部の落ち込み。 13年連続で減少した。 新聞協会加盟117紙の部数を集計した。 内訳は朝夕刊セット35紙、朝刊単独69紙、タ刊単独13紙。 前回調査以降、岐阜がセットから朝刊単独紙になった。 一般紙は2. 一般紙は13年連続、スポーツ紙は17年連続で減少した。 これが新聞の状況です。 2004年は5302万1564部でしたから、13年で1000万部、約2割も減少しているということになります。 これが新聞社全体を取り巻く環境です。 朝日新聞社の業績 概要 上記のような新聞社を取り巻く環境の中、朝日新聞社の業績はどのようになっているでしょうか。 以下で簡単に確認しましょう。 この業績水準は新聞社としては、どのようなレベルなのでしょうか。 他社とも比較してみましょう。 <日本経済新聞社 連結業績> 2016年12月期 売上高3,590億円、経常利益118億円 <産業経済新聞社 連結業績> 2017年3月期 売上高1,230億円、 経常利益7億円 業績比較をすると朝日新聞社の業績が他社比では良好であることが分かります。 特にインターネット時代にもある程度対応しているとの評価を得ている日本経済新聞社よりも業績が良いというのが特徴的でしょう。 なお、新聞社の発行部数は以下の通りのようです。 朝日新聞社は国内2番手に属しています。 <新聞社の発行部数 2015年 > 日本ABC協会が発表した各新聞社の発行部数は以下の通りとなっているようです。 読売 893万部 朝日 676万部 毎日 327万部 日経 265万部 産経 164万部 朝日新聞社の簡単な業績状況は上記の通りですが、もう少し業績の内容について踏み込んでみていきましょう。 朝日新聞社のセグメント別業績 朝日新聞社の連結業績は他新聞社よりも良好であることを上記では述べました。 では、朝日新聞社の業績の詳細については何か特徴はあるのでしょうか。 以下をみてください。 数値は2017年3月末時点のものです。 <従業員数 連結 >• メディア・コンテンツ事業 6,091人• 不動産事業 750人• その他の事業 530人• 合計 7,371人 <セグメント別業績> 2016年3月期• メディア・コンテンツ事業 売上高3,862億円、 営業利益70億円• 不動産事業 売上高243億円、営業利益43億円 2017年3月期• メディア・コンテンツ事業 売上高3,677億円、 営業利益16億円• 不動産事業 売上高247億円、営業利益49億円 <主要な設備の状況 数値は簿価 >• 東京本社 252億円• 大阪本社・中之島フェスティバルタワー 459億円• 中之島フェスティバルタワーウエスト 475億円• 有楽町センタービル49億円• 赤坂溜池タワー 4億円• 有楽町駅前ビル イトシア 35億円• 総局・支局等 全社 取材拠点319カ所 58億円• 販売店舗 全社 販売拠点379カ所 101億円• 有形固定資産合計 2,191億円 この数値をみると 朝日新聞社の保有する有形固定資産の内、ほとんどは賃貸用のビルであることが分かります。 特にセグメント別の業績をご確認ください。 朝日新聞社は本業である新聞紙の発行ではあまり儲けていません。 収益・保有資産だけをみれば朝日新聞社は「不動産屋」といえるでしょう。 (ご参考)他社の業績動向 ここで少しデータが多くなってしまいますが、他社の業績についてみて頂きたいと思います。 いずれも基本的には構造不況業種もしくは構造不況だった業種といえます。 数値は全て直近である2017年9月中間決算のものです。 いずれの業界も好調だった時期がありますが、現在は厳しい環境におかれています(JR九州も不動産がなければ上場できなかったでしょう)。 皆さんはこの業績をみてきてお感じになることはありますでしょうか。 構造不況業種(もしくは構造不況業種だった)といわれているような企業は、安定的な収益源として不動産を有効に活用している企業が生き延びています。 本業が厳しくとも、そして経営者に例え経営能力がなかったとしても、立地が良い、元の値段が安いというような不動産を保有する業績の長い企業は、簡単には潰れません。 不動産が下支えしてくれるのです。 今回挙げた企業ではフジ・メディア・ホールディングスが典型的でしょう。 フジテレビの業績はかなり厳しくなってきていますが、サンケイビルが収益に貢献しており、黒字をしっかりと確保しています。 これが日本の企業の現実なのです。 優良な不動産を保有する企業は、自社のビジネスモデルが古くなり、競争力が無くなったとしても、保有不動産が収益をかせぐことにより生き延びることができているのです。 これが筆者の経験則です。 朝日新聞社の今後 新聞社にとって発行部数が減少していくことは二重の意味で苦しいものです。 一つ目は当然に購読者が払う新聞購読料収入の減少です。 もう一つは、発行部数が下がることによる新聞紙面への広告掲載料の引き下げです。 いずれも新聞社にとっては重要な収益源です。 朝日新聞社も講読者数は減少の一途でしょう。 日本の総人口が減少する中では不可逆です。 どんなに素晴らしい新聞記事(朝日新聞のことを指している訳ではありません)を発表することができたとしても全体のパイが増えない以上、じり貧になることは目にみえています。 しかし、朝日新聞社には業歴の長い他社同様、好立地の賃貸物件があります。 収益不動産がある以上、朝日新聞社は同業他社よりは生き延びる可能性が高いといえます。 ただし、その時には 新聞社が不動産賃貸事業をやっているというよりは、賃貸事業を営む不動産会社が新聞紙の発行も事業としている、ということになっているかもしれません。 結論からすると朝日新聞社はそう簡単には潰れないということです。 これが現実でしょう。 なお、朝日新聞社は非上場企業ですが、先ほど事例紹介したように、本業ではなかったはずの不動産事業で業績を下支えしている上場企業も存在します。 このような経営を許してきたのは日本の株主によるガバナンスが効かなかったからであろうと思います。 株式投資家にとっては、安定してはいるものの面白くない投資先となっているでしょう。 選択と集中を行い利益率を高める等、企業価値を向上させていくことが、本質的には投資家が求めている結果だからです。 一方で、銀行員からみた場合には不動産の下支えがあると「安心して貸出ができる先」となります。 日本の企業は業歴が長い企業が多いと言われますが、その要因は銀行によるガバナンスが効いてきた結果 債権者によるガバナンス ともいえるのです。 naoto0211 金融全般について考察するブログです。 自分が新入行員だった頃に、銀行じゃ習わないけど必要な知識等を解説してくれるサイトが欲しかったので、そんなサイトを目指してブログを開設しました。 是非とも読者登録もお願い致します。 筆者:旦 直土(だん なおと)。 ブログ開設当初は二口 直土(ふたくち なおと)として活動。 銀行で主に法人営業担当および人事関係の業務に携わる。 2017年より「銀行員のための教科書」と題するブログを立ち上げ、銀行に関する情報のみならず、経済・労働問題について情報発信するようになる。 自身が若手の頃に本当に学びたかったことが銀行の研修資料やマニュアル等には説明されていなかったことを思い出したことがきっかけ。 以降、若手銀行員や他業界の方に対して発信を行うようになる。

次の

【超朗報】朝日新聞、45歳以上の大量リストラを発表、退職金上限は6000万円

朝日 新聞 リストラ

朝日新聞社の2020年3月期・中間決算が、単体ベースで営業赤字に転落したようです。 ただ、これについて決算ハイライトを見ていると、単体売上高が増加(=増収)の一方で、営業利益がマイナス(つまり営業損失)に転落していることが確認できます(=減益)。 この単体決算における「増収減益」の正体は定かではありませんが、いずれにせよ、「本業」(?)である新聞発行事業が苦境に陥っている可能性は濃厚といえるでしょう(もっとも、同社はすでに不動産が「本業」のようになりつつあるようですが…)。 また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。 朝日新聞社、新聞事業で16億円の費用増? 本日の「小ネタ」です。 大阪の朝日放送グループホールディングス株式会社が11月25日付で発表した『』によれば、株式会社朝日新聞社の2020年3月期・中間決算(未監査ベース)が営業赤字に転落したようです( 図表1)。 7億円とごくわずかながら増加しているため、損益計算書の構造上、売上原価か販管費のいずれかが約16億円増えたという計算です。 といっても、従業員のリストラに伴う退職金の積み増しなどは、一般に営業外費用や特別損失に計上されるため、この16億円という金額が何を意味するのかについては、この開示資料だけだと明らかではありません。 さらに、不思議なことに中間純利益は前期比で100億円以上の大幅なプラスとなっており、何らかの資産売却などによる「益出し」オペレーションが行われた可能性が濃厚です(後述するとおり、その正体は、おそらく子会社に対する資産の売却でしょう)。 朝日新聞社が半期報告書を公表するのは2019年12月11日を予定しているのだそうですので、これについて詳しく知りたければ12月11日以降、同社の半報で確認する必要がありそうです。 連結決算については売上高が43億円の減少 その一方で、連結決算については、営業利益、経常利益、中間純利益(正確には「親会社株主に帰属する中間純利益」)の各段階利益はいずれも黒字を維持していますが、それでも各段階での減少が続いています( 図表2)。 ただし、先ほどみた単体決算では、売上原価または販管費において経費が16億円程度増えているため、連結相殺等を無視すれば、ざっくり親会社以外(つまり「朝日新聞」の発行事業以外の事業セグメント)で36億円程度の経費削減が行われた、ということだと考えて良いでしょう。 また、単体決算で中間純利益が大きなプラスになっていましたが、連結ベースだとこれが消えています。 ということは、先ほど確認した「100億円を超える増益」は、連結集団内の資産の売買(つまり朝日新聞社から子会社等に対する資産譲渡)によって発生したものである、と結論付けて良いでしょう。 財務は安定的 もっとも、この単体決算の赤字転落をもって、ただちに「朝日新聞社が経営危機に陥った」と考えるのは性急です。 というのも、以前も『』でも報告したとおり、朝日新聞社の財務状態はきわめて健全であり、倒産とは無縁に近い状態にあるからです。 これを家計に例えてみれば、次のような状況だといえるでしょう。 昔は年間5000万円という、非常に高い給料をもらっていたAさんという人がいた。 このAさんは高給をもらっていたため、贅沢ぐせが身に着いてしまい、年間の生活費は3~4000万円に達している。 最近、Aさんの給料は3000万円台にまで下がったのに、年間の生活費の水準は相変わらず3~4000万円台であるため、貯金もできなくなり、給料だけだと赤字になる年もある。 ただし、このAさんは昔の高い給料のおかげで、たくさんの賃貸不動産物件を保有していて、毎年100万円の賃料収入が入ってくる。 2019年3月期に関しては、「本業」(?)であるメディア事業のセグメント売上高はで年間3343億円でしたが、経費(売上原価+販管費)が3324億円と非常に高く、セグメント営業利益は19億円(つまりセグメント売上高の0. 6%)に過ぎません。 しかし、同じく2019年3月期においては、不動産部門ではセグメント売上高が371億円、セグメント営業利益が68億円であるため、いわば、新聞事業が赤字に転落しそうになっても、不動産事業がしっかり下支えしてくれているのです。 これに加えて、いざとなれば朝日新聞社が保有しているさまざまな資産を切り売りし、新聞事業を身の丈にあわせてうまく縮小し、人材のリストラを敢行していけば、朝日新聞社は何とか生きながらえていくことはできるはずです。 ) 安定的な基盤がない新聞社はどうするのか? ただし、ここでふとした疑問が出て来ます。 朝日新聞社のように過去の栄光で巨額の優良資産を築き上げている会社や、NHKのように法律の規定でどんなに粗悪な番組を作っていても必ず年間7000億円前後の売上が入ってくる会社ならともかく、経営に余裕がない某社、あるいは地方紙などは、これからいったいどうするつもりなのでしょうか。 ) おそらく、新聞業界は再販価格制度や宅配制度、軽減税率制度や記者クラブ制度などの既得権にまみれているためか、滅多なことでは倒産しないと思うのですが、それでも昨今のネット社会化の進展にともない、新聞経営はこれから苦境に陥ることはあっても、楽になることはないと思います。 なお、余談ですが、このリンク先の日経電子版記事は、企業が公表した決算発表資料からAIが自動作成したそうです。 正直、新聞記事など警察発表や官公庁発表などをベースに、AIで自動作成できる時代がやってきた、ということですね。 もっとも、この記事には 「 最終損益が前年同期比88. 記事の転載、引用、記事へのコメントは、に従い、ご自由になさってください。 また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。 お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告 ウェブサイトからのお知らせ コメントは「関連記事」の下に入力可能です。 注意事項を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。 なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。 是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。 なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はにて常に30件表示しています。 これを機に、ぜひ、「 」をブックマークに登録してください。 自分は英文海外報道で目にしています。 事実をひとつだけ平易な文章にして入力すると、過去記事データベースを類語検索および類推演繹の糧としながら、報道機関特有の言い回し規則をもってして作文するというものです。 出力として得られる報道記事もどきはまるででたらめで脈絡がなく論旨もありませんからお笑いネタとして楽しむ範囲においては無害ですが、息をのむような突飛かつリアリティあるフェイクを作り出すこともあると本職記者が注目行へ具体的なコメントしていました。 天声人語風メーカー? 記者一人分の人件費節約くらいの性能は達成できているのではないしょうか。 個人的には朝日新聞は今は亡きプラウダと同水準ほどに信憑性のおけるある種のクオリティペーパーと見ています。 私としてはこの素晴らしい新聞社が誤報や虚報、捏造からこじつけにでっちあげまで好き放題に報道できることこそが不愉快ながらも善悪はさて置いて日本社会の自由度を示すバロメーターと考えています。 つまり彼らの言う「日本の右傾化」は、彼らが自由に報道できなくなれば危機感を抱かざるを得ません。 しかし、現時点では実に楽し気且つ自信に溢れて社会の木鐸を自認している彼らを見るにつけ彼らの跳梁跋扈を許すほど自由に溢るる日本社会の健全性を見出す他ありません。 かつて報道機関が権力に屈し戦時政権を支持せざるを得なかった歴史を見れば、自由な報道の重要性は言うまでもありませんが、それにしても昨今の左翼的傾向のある新聞等の軟弱化や日和見等の怯懦な傾向を見るにつけプラウダならプラウダとして機関紙らしく今少し気概をもって虚報に勤しんでほしいと思わざるを得ません。 権力に勇ましく対抗して廃刊となるならいざしらず、誰からも見向きもされず滅ぶなどと情けない末期を迎えては自称または半島から名指しで進歩的とされる新聞の名折れでしょう。 更新ありがとうございます。 万歳!やっと追い詰めましたね(笑)。 営業利益で単年度3億3,900万円の赤字、昨年度比では13億円のマイナス!目に見えて減ってます。 新聞事業が足を引っ張るとは、最高の展開ですね。 私が週1で利用の地下鉄コンビニで驚いた事。 新聞は何部も渦巻きにして、コンビニの入り口前のスタンド売りが普通でしたが、部数減で4つ折りで畳んで販売しています。 つまり題字下トップの1面が見れます。 それとフェイシング。 以前は朝日、地元紙がダントツ多かったのに、なんと今は産経、地元紙、読売がほぼ横一線。 ややその順か。 毎日は1列だけ(笑)。 駅売りだからか?家庭ではまだ地元紙、朝日、読売の順かもしれません。 とにかく朝日の凋落は嬉しいですし、影響力が下がり、嘘書いても相手にしない日が来て欲しいですね。 「まだだ、まだ終わらんよ」ですね。 実にしぶとい。 体力の無い産経新聞や毎日新聞は潰れても、朝日は生き残りそうです。 もしかしたら日本に残る最後の新聞社になるかもしれません。 そうなったら本当に活字を詠む人はいなくなって、新聞紙とチラシが必要だとか言う人のためのセルロース繊維配達業になるかもしれません。 ところで、「洋服の青山」でおなじみの青山商事がアメリカン・イーグルの全店閉鎖を発表しています。 理由は売上げ不振だそうで。 日本政府によるクールビズの推進などでスーツが売れなくなっている中、経営の多角化を図ってカジュアル部門を強化したのが裏目に出た恰好です。 アパレル業界は慢性的に不況ですが、その中でも米国系のSPAは日本市場が苦手ですね。 GAPも赤字続きですからいつ撤退しても不思議ではありません。 彼らに共通しているのは、日本市場に向き合った製品を作らないこと、価格対品質のバランスが悪いこと、しょっちゅうセールをやるので正価を信用できないこと、などです。 特に日本人の体型を全く考慮しないのは、自動車産業と同じ傲慢さと怠慢さを感じる所です。 とにかく、市場で淘汰が起こるのは健全なことです。 マスコミ業界にも淘汰が起こるような仕組み作りが必要です。 独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。 朝日新聞社員のアイデンティティは、「朝日新聞は日本のオピニオンリ ーダーで、日本社会から尊敬されるべき存在であり、場合によっては総理 大臣に辞任させることもできる」というものでは、ないでしょうか。 しか し、そのアイデンティティが怪しくなってきています。 そのため、埋め合 わせとして、赤字でも給与を上げていく可能性もあると、思います。 (そ のために、新聞代を値上げする可能性すらあります) だから、「モリカケ問題」で総理辞任を言い渡したのに、辞任しなかっ た安倍総理を目の敵にしているのでは、ないでしょうか。 蛇足ですが、韓国のアイデンティティは「道徳的に下の日本を、いずれ 従わせること」で、日本の憲法9条信者のアイデンティティは「憲法9条が あるから、日本は平和なので、憲法9条を守っている限り、戦争は起こら ない」と、いうものではないでしょうか。 そのため、韓国にしても、朝日 新聞人にしても、憲法9条信者にしても、自身のアイデンティティを揺るが せかねない、安倍総理を嫌っているのでは、ないでしょうか。 駄文にて失礼しました。 なんとなくですが、売上高の微増は販売店へのゴリ押し〔卸値改定〕によるもの。 16億円のコストアップは物流経費〔運送契約料〕改定によるものではないのでしょうか? 17年10月のヤマト便料金改定を機に、どこもかしこも値上げしてしまいましたからね。 私んちの店にも小さな雑誌コーナーがあるのですが、年度替りから運送料の値上がりを理由に仕入れ値〔仕切率〕がアップしてしまいました。 ですので、新聞業界でも物流コストのアップを価格転嫁しきれない実状が存在するのではないかと思ってます。 紙媒体である以上、配送業者の選別はできるにしても配送自体を無くすことはできないのですから・・。 に 東京カモノハシ倶楽部 より• に 雑把 「閉鎖された北朝鮮には、なりたくありません」 より• に 阿野煮鱒 より• に 酒が弱い九州男児 より• に 福岡在住者 より• に 酒が弱い九州男児 より• に 阿野煮鱒 より• に 愛読者 より• に 羊山羊 より• に 酒が弱い九州男児 より• に 阿野煮鱒 より• に 阿野煮鱒 より• に めがねのおやじ より• に 伊江太 より• に だんな より• に 阿野煮鱒 より• に 心配性のおばさん より• に 匿名 より• に 成功できなかった新薬開発経験者 より• に カズ より• に 成功できなかった新薬開発経験者 より• に 阿野煮鱒 より• に 成功できなかった新薬開発経験者 より• に より• に 奇跡の弾丸 より• に だんな より• に だんな より• に ボーンズ より• に ボーンズ より• に 東京カモノハシ倶楽部 より• に ハゲ親父🐧 より• に だんな より• に だんな より• に だんな より• に 愛読者 より• に だんな より• に ポプラン より• に より• に 匿名 より• に アプローチを変えよう より• に ポプラン より• に 匿名 より• に G より• に 農家の三男坊 より• に たい より• に ネトウヨのだんな より• に めがねのおやじ より• に 門外漢 より• に たい より• に くもすけ より• に より• に はにわファクトリー より• に 門外漢 より• に より• に たけ より• に より• に 門外漢 より• に 門外漢 より• に ハゲ親父🐧 より• に 愛読者 より• に だんな より• に より• に れんげ草 より• に より• に より• に 匿名 より• に とある福岡市民 より• に とある福岡市民 より• に クロワッサン より• に 酒が弱い九州男児 より• に ちかの より• に ちかの より• に より• に 匿名 より• に 初老劣化ケミスト より• に 初老劣化ケミスト より• に 心配性のおばさん より• に 心配性のおばさん より• に 雑把 より• に 匿名 より• に より• に カズ より• に より• に 雑把 より• に H より• に 酒が弱い九州男児 より• に はにわファクトリー より• に ブルー より• に 七味 より• に 名無しの権兵衛 より• に しきしま より• に イーシャ より• に 酒が弱い九州男児 より• に 名古屋の住人 より• に はにわファクトリー より• に 引きこもり中年 より• に WindKnight. jp より• に 名無しさん より• に イーシャ より• に 阿野煮鱒 より• に たい より• に 名無Uさん より• に めがねのおやじ より• に 阿野煮鱒 より• に 阿野煮鱒 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に T N より• に 匿名 より• に はにわファクトリー より• に イーシャ より• に sey g より• に 韓国在住日本人 より• に 阿野煮鱒 より• に sey g より• に sey g より• に ad より• に 心配性のおばさん より• に サムライアベンジャー より• に 心配性のおばさん より• に めがねのおやじ より• に ブルー より• に 東京カモノハシ倶楽部 より• に だんな より• に オブ より• に だんな より• に ブルー より• に 阿野煮鱒 より• に カズ より• に 阿野煮鱒 より• に ブルー より• に 誤星紅旗 より• に 阿野煮鱒 より• に ブルー より• に 牛人 より• に 阿野煮鱒 より• に 東京カモノハシ倶楽部 より• に りょうちん より• に 一般市民 より• に りょうちん より• に ブルー より• に 問題を発見し、解決方法を考え、実行する人は誰もがデザイナー より• に だんな より• に だんな より• に 龍 より• に ブルー より• に ブルー より• に j より• に めがねのおやじ より• に 匿名 より• に 龍 より• に カズ より• に めがねのおやじ より• に ブルー より• に カズ より• に だんな より• に だんな より• に しきしま より• に マスコミ関係の匿名 より• に イーシャ より• に 頓珍韓 より• に 墺を見倣え より• に Naga より• に めがねのおやじ より• に 匿名 より• に 愛読者 より• に 牛人 より• に 愛読者 より• に 門外漢 より• に 酔うよう より• に りょうちん より• に 匿名 より• に カズ より• に りょうちん より• に トトちん より• に カズ より• に 羊山羊 より• に 東京カモノハシ倶楽部 より• に イーシャ より• に 簿記3級 より• に イーシャ より• に だんな より• に めがねのおやじ より• に イーシャ より• に イーシャ より• に イーシャ より• に オブ より• に オブ より• に 匿名 より• に 頓珍韓 より• に 匿名 より• に アノ姐 より• に 匿名 より• に 牛人 より• に 阿野煮鱒 より• に りょうちん より• に パーヨクのエ作員 より• に ad より• に ad より• に りょうちん より.

次の