仙道 行け。 スラムダンクの仙道さんはなぜこんなにかっこいいのでしょうか。ずるいです...

スラムダンク仙道の名言!天才のゆるさが大物感を引き立てる!

仙道 行け

この記事の目次• スラムダンクで牧と仙道はどっちが上手い? スラムダンクの話したら久々に読みたくなっちゃったよ〜 僕は俄然16巻の陵南vs海南の試合が大好きです👍 試合終盤あえて仙道にファウルせず延長に持ち込む牧のバスケIQの高さな〜 — すずたつ Bz40033835 スラムダンクで実力が高い、海南大付属の牧紳一、陵南の仙道彰。 牧は海南大付属のキャプテンを担い、試合中もチームで1〜2番目に得点を奪う名実ともに大黒柱の選手です。 仙道も2年生ながらエースとして陵南をまとめ上げており、攻守ともにチームになくてはならない選手です。 2人が直接対決をしたのは、神奈川県決勝リーグの第2戦。 この試合で仙道は本職ではないポイントガードとして牧とマッチアップしており、ほぼ互角の試合展開をみせていました。 結果は海南が勝利しています。 牧は神奈川県No. 1プレイヤーと位置付けられており、仙道もこの試合で一気に牧と同じ土俵にあがったと表現されていました。 では、2人の実力はどちらが上なのでしょうか。 各項目ごとに深掘りをしていきます。 得点能力は? 得点能力については若干、牧に分があると思います。 牧の大きな武器はペネトレイトで切り込んでいき、3点プレイorアウトサイドへのパス、というものです。 結果的に海南は全国2位となっており、牧を起点にした攻撃は全国クラスであったことも証明されています。 一部では「3Pシュートが苦手、打てない」という声もありますが、全国2位のチームのポイントガードが3Pシュートを苦手にするわけがありません。 単純に描写がないだけであり、能力は兼ね備えていると思います。 仙道の得点能力も非常に高く、カットインや3Pシュートなど多彩なオフェンスで得点を奪っています。 自ら「点を取にいってやる」と語り得点を奪っているあたり、試合中のギアチェンジも抜群に上手いです。 それでも、牧の方が高いと思うのは、ドリブル能力とインサイドでも力を発揮できる点です。 "海南の攻撃の8割は牧を中心にスタートしている"という描写がありましたが、それほど牧のペネトレイトは強力であり、相手を振り切れるということです。 仮に振り切ることができなくても、そこから次なるアクションをおこせる強さを持っているのでしょう。 最終的に海南は全国2位となっており、牧を起点にした攻撃は全国トップクラスであったことも証明されています。 他にも、牧は作中で湘北の赤木剛憲に対しても当たり負けをしないプレーをしていますが、これは尋常ではありません。 作中での牧は身長184cm・79kg、赤城は197cm・93kg。 身長13cm・体重14kgも離れており、怪我を考慮しても県内No. 1センターの赤木に対してパワー負けしないのは牧の体幹の強さなのでしょう。 一般的にアウトサイドシュートは好不調がありますが、カットインをしてゴールに近いところでシュートを撃てば確率をぐっとあげることができます。 仙道は身長は牧より高いですが、牧のようにセンター相手に体をぶつけることは難しいため、センター相手にブロックショットされる可能性も高くなります。 (現に赤木にブロックされています) 攻めのバリエーション(フェイントやシュートの種類)であれば仙道の方が数を多くありそうですが、インサイドプレイヤー相手の武器を考量すると、得点能力は牧に分があるでしょう。 パスやアシストは? パスやアシストについてはほぼ互角だと思います。 牧はペネトレイトで切り込みアウトサイドのシューター(神宗一郎)にパスをしている描写が多いですが、他のメンバーにも同様にアシストをしているでしょう。 仙道についても海南戦で牧にマークをつかれながらも、福田吉兆にアシストをするなど広い視野を持っています。 仙道の方が高さがある分、上からパスを通せそうですが、牧はペネトレイトで切り込んでパスコースを増やせそうであり、お互いの特徴を生かした方法でアシストができそうです。 2人とも常に冷静に周囲を見渡してい点からも、パスやアシストについては同様の能力だと思われます。 バスケセンスは? バスケセンスについては、「仙道=センスの塊」のような描かれ方です。 仙道は海南戦で奇襲策として本職ではないポイントガートとして牧を対峙している点からも、バスケセンスが抜群であることが間違いありません。 相手は神奈川県No. 1プレイヤーであり、その牧を相手に実践1試合目できちんとディフェンスができるのはセンスとしかおいようがありません。 ただ、別ポジションをこなすことをセンスとするのであれば、怪我をしているとはいえ、インサイドで赤木と対峙した牧も相当のセンスの持ち主です。 赤木と身長13cm・体重14kgという体格差がありながも、なんとかマークできているのは牧のセンスがあってこそでしょう。 ポイントガードの選手がセンター相手にインサイドを守ることは通常はありえません。 平面の動きだけでなく縦の動きも加わるため、守り方が根本的に異なります。 そう考えると、漫画で強調こそされていないものの牧も"違うポジションを難なく守れる"という点ではセンスは同じでしょう。 しかし、個人的には仙道の方がセンスが優れていると思います。 センスには「相手の能力をきちんと把握すること」も含まれていると考えます。 そう考えると、素人の桜木花道の実力を早くから意識しており、認めています。 現に桜木(オフェンス)が牧(ディフェンス)を相手にダンクにするシーンで、きちんと「行け」と表現しているのか仙道だけでした。 また、2年時に全国を経験している牧は仙道以上レベル(山王工業の深津など)と対戦していますが、仙道はそのような経験はなく、それを補うことができているのはセンスがあるからでしょう。 学年が牧より1つ下にも関わらず、牧とほぼ互角の勝負をしているのは努力だけでは埋められないバスケへの感性があると思います。 リーダーシップは? 技術面以外でのリーダーシップという部分ではどうでしょうか。 これについては、牧の方が上でしょう。 2人とも試合中においては強靭なものを感じますが、仙道は遅刻をしたり新チーム以降時に釣りをしていたりとリーダーっぽくない感じがします。 試合中、牧と仙道はともにチームメイトに指示を出していますが、仙道が海南にいても同じように中心になっているかは微妙なところです。 仙道は頼もしい存在ですが、あのちょっと抜けている感じは陵南だから許されており、コート内外でチームを率いるリーダーシップという点では牧に見劣りしてしまいます。 また、年齢的なものもあるのか、少しムラがある描写もあり、王者の自覚持ってスキのない戦いを選択する牧の方がリーダーとして優れているでしょう。 結論 上記の内容をみていく、 ・得点能力:牧 ・アシスト:互角 ・センス:仙道 ・リーダーシップ:牧 となります。 これは完全に主観的な要素が多く、物語で展開されている情報をベースに考察したもので、作者の井上先生がどこまで想定していたかは定かではありません。 牧と仙道はインターハイ予選でほぼ互角の戦いをしており、見方によってはどっちが上というのはないと考える人もいるでしょう。 今回は、牧が最終的にインターハイで全国2位となり、全国での経験も加味にした結果です。 桜木と流川がそうだったように、全国の舞台は一戦一戦で成長できる試合が多いため、牧も例外ではないでしょう。 そう考えると、もともと仙道より優れていた点は全国を経験したことでさらに伸びていき、ウィークポイントも少しは改善していったのではないかと考えています。

次の

スラムダンクの仙道に学ぶ!強さの秘密と、頼もしい名言10選

仙道 行け

現代の仙人が残した「おまじない」 世の中に開運招福・金運UPの「おまじない」は多種ありますが、管理人が効果の程を実感して、読者の皆様にもお勧めしたいと思うものが一つあります。 その名は、仙道帝財術。 これは現代の仙人と呼ばれた高藤聡一郎先生の著作「仙道帝財術入門」に記されている、一風変わった「おまじない」です。 仙道帝財術入門は、学研のムー・ブックスから1990年4月25日に初版が発行された古い本です。 当時はたったの770円でしたが、今は絶版の高額プレミアム本となっています。 因みに、私はAmazonにて46800円で販売されているのを見た事があります。 もちろん私はその本を所有しておりますが、流石に高額プレミアム本の内容を全て書き出す訳にはいきません。 それに、著作権の問題もありますからね。 なので、これまで私がやって来た事と、その体験を軸にして、お話をさせて頂きます。 詳しい内容が知りたいのであれば、出展されてるプレミアム本を買うか、復刻を狙う様ですね。 YOUTUBEで本の内容を音読している動画もありますので、気になる方は要チェックです。 地域によるとは思いますが、以前は図書館で借りる事も出来たので、一度、調べてみると良いかも知れません。 最悪、国会図書館に行けば何とかなります。 巻の1、診断・治療編 著書の中では、金と縁があり使ってこそ生きると考えるタイプを陽中の陽、金と縁があり溜め込むのが好きなタイプを陽中の陰、金と縁が無く金が出て行って貯まらないタイプを陰中の陽、金と縁が無くケチ臭いタイプを陰中の陰と大別しています。 著書では更に細かく分類してあり、全部で八種類のタイプに分けて対策と治療法を説明してあるのですが、そこは敢えて割愛します。 ここは帝財術の基礎にあたる大切な部分ですので、無視すると「金儲け」の効果が著しく低下します。 巻の2、極意編 仙人的発想の体得で、金に縁のある人間になれる・・・との事。 金を女性に例えて、口説くかの様に金儲けをするという心構えと、具体的なテクニックについて書かれています。 金にモテる事で引き寄せるという発想が面白いですし、考えさせられる所も多いです。 巻の3、秘伝編 気の感覚を駆使すれば、思いのままに金を引き寄せられる・・・らしいです。 その理論に基づいて、金(かね)の「気」をイメージによって引き寄せる瞑想法や、帝財術の発想の3つの根幹について説明しています。 その三つの根幹については、以下の通りです。 元手を使わない(無駄遣いを極力省く)• あまり(馬車馬の様にあくせくとは)働かない(でもやる時はやる)• (金の無い)人と組んでやらない 財布にこだわる この秘伝編の第三章が出色で、私自身も長年続けているテクニックがあります。 それは、使う財布に気をつけて、金の方から「この財布に入りたい!」と思わせる雰囲気を作るという、 かなり呪術・魔術的なテクニックです。 著書によると、持つ財布の色と、種類が大事なのだとか。 合成革だと効果が落ちてしまうらしく、本革の財布が推奨。 ここは拘った方が良い所だそうです。 ただし同じ革でも、ヘビ革、ワニ革などは、金持ち専用らしいので注意。 色は、鮮やかな黄土色かオレンジ色。 安っぽい感じがするものや、くすぶった感じの色はダメらしいです。 黒から茶色の財布は、散財防止には良いとの事。 古くなった財布は効力が落ちるので、すぐ新しいものに換えましょう。 これも一種の投資です。 また、デザインによっても運気が変わるので、素寒貧の時はそれなりの財布、金持ちになったらゴージャスな財布に換えると良いそうです。 この場合「位負け」というのがあって、身分相応の財布にしないと、効果が出ない事もあるのだとか。 条件に合う財布を探すなら、 直接 デパートや専門店に行って財布選びをするのが一番です。 しかし、これは思いのほか時間がかかるので、その時間が惜しいと感じるなら、ネットで注文してみるのも手です。 現在、予算が一万円以下の場合と、二万円まで出せる場合と、それ以上のハイクラスな財布を、ネットで入手する方法について書いています。 書きあがり次第リンクを貼りますので、よろしければ読んでみてください。 財布の中身にこだわる 財布自体も大事ですけど、中に入れる物も大事です。 金を引っ張る性質を持つ5種類の物体というのがあって、これを財布に入れると引き寄せ効果がUPするそうです。 金の延べ板か小さな金塊• 金運開運の呪符• 経験的に金が入って来ると言われているもの。 渦巻き状の平べったい物体。 の金の延べ板か、小さな金塊についてですが、数グラム程度でも良いけど、純金である事が条件だそうです。 日本酒の祝い酒の金箔を集めるか、 山梨県甲斐黄金村・湯之奥金山博物館で砂金を取り、それを加工してくれるサービスを利用するなどの手段があります。 の金運開運の呪符についてですが、高藤先生は台湾の付呪師に作ってもらった呪符を、黄土色の財布に入れていたそうです。 呪符を自分で作るのはタブーであり、その理由は、素寒貧の念が篭るからだそうな。 の経験的に金が入って来ると言われているものには、ダビデの星、梵字の護符、般若、打出の小槌などがあります。 何が良いかは人によって違うようなので、自分で色々試してみましょう。 それらの入手方法 としては、開運ショップや神社のおみくじなどがあります。 の渦巻き状の平べったい物体は、数学的で正確な渦巻き模様が描かれているメダル状の物体がベストだそうです。 次点が陰陽 太極図で、その次点が 巴紋や、卍模様のメダルとなり、 一応は針金をコイル状に巻いたものや、紙に渦巻きを書いた物体でも効果があるそうです。 の現金は、最も手軽な手段です。 著書によると、普段から30万円のピン札を入れておけばバッチリだという話です。 また、開運・金運系のサイトでは、札束に見立てた紙の束を財布に入れても効果があるという話がありました。 更に効果をUPさせる方法 これらの物体を入れた財布は、金を呼び込みます。 そしてその呼び込み効果を更にUPさせる為の方法があります。 やり方は簡単。 財布を左手に持ち、右手の人差し指を立てて、「氣」を込めながら外側から内側へと渦を描くというものです。 金運が出て行くので、間違っても内側から外側へ渦を描いてはいけません。 時計回り、反時計回りのどちらでも構わないのですが、メダル状の物体があるなら、渦の描き方を合わせた方が良いそうです。 渦を描く回数は、数回から十数回。 当然の事ながらこのテクニックは、仙道や気功をやっている人の方が効果が出やすいとの事です。 何せ「仙道」帝財術ですからね。 メダル状の物体を入手するなら、家紋・神紋のアクセサリーを扱っている様のネットショップをお勧めします。 著書では陰陽太極図の方が巴紋より上位の扱いになっていますが、家紋・神紋の中には、より渦の細かい図形がありますし、サイズ的にも丁度良い商品があるからです。 因みに、管理人は 透明アクリル6cmのメダルに「尾長巴」を彫り込んでもらいました。 メダルは大きい方が「氣」のパワーが強くなりますが、6cm以上になると財布に入りませんし、金属製だと重くて不便です。 アクリル製の物体でも「気」を込められる事は確認済みなので、ご安心下さい。 秘伝編はPART4まであり、それぞれのパートで「氣」の感覚を使った興味深いテクニックが紹介されています。 また、帝財術の面白い所は、金儲けのテクニックを通じて、本格的な仙道をマスター出来るように仕組まれている所にあります。 著書には「実をいうとこの2つの分野(金と仙道)は別のものではない。 それどころか仙道のできないことと素寒貧であることとの間には、密接な関係があるのだ」と書いてあります。 この事については管理人も全く同じ結論に達しているので、高藤先生の見識の深さに今更ながら驚かされております。 尤も、私がいう所の2つの分野は、金と悟りですけどね。 帝財術からは少し離れてしまいますが、その2つの分野に興味がおありの方は、下記リンク先の記事を御覧ください。

次の

SLAM DUNKの登場人物

仙道 行け

スラムダンクの仙道と言えば、湘北の前に立ちはだかった初めての強敵でしたね。 天才と言われる仙道ですが、平気で練習に遅刻したりとマイペースな性格をしていることでも知られていますね。 そんな実力とゆるキャラが共存する仙道の名言をまとめてみました。 スポンサーリンク 天才仙道の名言集 「寝坊です」 仙道の初登場シーンは湘北との練習試合のときでした。 大事な試合なのに仙道は余裕の遅刻をかまし、田岡先生にも堂々と寝坊が遅刻の理由であることを打ち明けていました。 遅刻しても焦らない仙道の大物感がカッコよすぎます。 「さあいこーか」 仙道と言えばこの名言ですね。 エースでフロアリーダーである仙道の口癖のように出るこの名言は、チームメイトに落ち着きと自信を与える効果があります。 「やめさせるわけねーさ…」 田岡先生が桜木をやめさせた方がいいと発言すると、すでに桜木の潜在能力を感じ取った仙道はやめさせるわけないと発言しました。 仙道の恐るべし眼ですね。 「あわてるこたーない おちついて攻めよう」 湘北との練習試合で赤木が負傷退場し、一気に陵南のペースになると思われたが桜木の意外な活躍もあり、追い上げられる陵南は焦りを感じはじめます。 しかし仙道のこの一言で陵南は冷静さを取り戻します。 「さあこい一年坊」 桜木、流川のダブルチームを難なく抜き去った仙道は、桜木、流川を煽ります。 勝負好きの仙道がこれほどまでにイキイキしているのは初めてのことらしいですね。 「一人で二人マークはちょっとムリだ」 自分をマークしろと言う桜木に対し優しく返す仙道。 シリアスな場面でもこの余裕、さすが仙道です。 「オレを倒すつもりなら…死ぬほど練習してこい」 自分を倒すと鼻息荒くする桜木に対して言った名言。 桜木の才能を認めながらも、自分には勝てないという絶対的な自信を感じます。 また強者との対戦ほど燃える仙道は、自分を脅かすほどの存在になってみろという 意味合いも含まれているでしょう。 「翔陽の4番はもう出た・・・? ノブナガ君」 湘北対翔陽戦の途中経過を間違って陵南に伝えてしまった清田に対し、余裕の質問をする仙道。 どんな状況にも動じない大物感を感じる名言ですね。 「一人だけいますよ まだ元気な奴が・・・・・・」 湘北対海南戦を観戦していた陵南メンバー。 誰もが湘北の敗北を悟った中、仙道だけは桜木の活躍に期待をしていました。 これだけ桜木のことが気に入っているならいっそ同じチームでプレーしているところを 見てみたいものです。 仙道なら桜木を上手く扱えそうですよね。 「行け」 湘北対海南戦を観戦していたときのこと。 湘北の速攻の先頭を走っていたパスが渡るが、目の前には牧が待ち構えていた。 チームメイトの赤木らは待てと言う中、仙道だけが行けと桜木に攻めることを指示。 桜木に一目置く仙道は桜木の活躍を期待していました。 「あいつはなんか勝負したくなる気をおこさせるんですよ…」 冷静な牧が桜木に対し不用意なファールをしてしまうと、牧の気持ちがわかると擁護しました。 仙道いわく桜木には不思議な魅力があるようです。 「全国への道はなかなかに厳しい... 」 全国を懸けた海南戦では、後半残り時間が7分も残っているのにも関わらずゴール下の大黒柱魚住が退場してしまいましたね。 魚住抜きと言う絶望的な状況でもマイペースな仙道の性格が垣間見える名言です。 「オレがこれからはもうぜったい抜かせない 足をつかんでもな」 牧から始まる海南の攻撃に追い込まれた仙道率いる陵南。 しかしマッチアップする仙道は、俺が止めるから大丈夫だと声をかけた。 海南戦にかける仙道の覚悟と男らしさがかっこいいいですね。 「さすがに… すんなり勝たせてはくれないか… そうこなくちゃよ…!!」 海南の高い壁を感じた仙道は、いっそう燃え始めます。 相手が強者になればなるほど燃える仙道の性格がわかる名言です。 「死ぬほどやってきたってわけか」 ゴール下のシュートを覚えた桜木の成長ぶりを見て喜ぶ仙道。 素人だった桜木がどんどんバスケットマンらしくなる様子を楽しんで見ています。 「やっぱ勝負はこうでなくちゃいかん」 湘北戦後半についに本気を出してきた流川に対し、やる気をあげる仙道。 精神的なムラがあるのが仙道の唯一の弱点ですね。 スポンサーリンク 「すまん植草」 ボール運びをしていた植草は宮城にスティールされ、得点を許してしまったときに仙道は植草に気を使って謝りました。 この状況は完全に植草の単独ミスなのに、人のミスまで責任まで負うなんて器の大きい男ですね。 「まだあわてるような時間じゃない」 湘北戦でも魚住がファール4つでベンチに下がると流れは一気に湘北に傾くが、仙道のこの言葉で陵南は平静を保つことが出来ました。 仙道の言葉には不思議な説得力がありますね。 さすが天才仙道。 「点を獲りにいってやる」 あとがなくなった湘北戦で仙道は得点を取りに行くことを宣言。 これまでチームを活かしながら戦ってきた仙道が、生粋のスコアラーに戻る瞬間です。 赤木もスコアラーとしての仙道は、魚住、福田よりはるかに恐ろしい存在であることを 認めていました。 「勝つから楽しーんだ」 県内随一の得点力、1on1能力を持つ流川との戦いを楽しむ仙道。 勝負を楽しむ仙道ですが、最後に勝つから楽しいと発言。 負けん気の強さも実はすごく高いのかもしれません。 「北沢... 」 天才仙道が唯一勝てなかった相手が山王の沢北であることを流川に教えるも、実は名前をニアミス。 仙道のゆるキャラぶりが最高ですね。 「お前はその才能を生かしきれてねえ」 1on1では最強クラスの流川だが、試合中にはその才能を活かしきれていないと助言。 ライバルである流川にわざわざアドバイスしちゃうところに、仙道の大物ぶりを感じてしまう。 またこの言葉がきっかけで流川は山王戦でパスを覚え覚醒しました。 この覚醒した流川と仙道の対決が見てみたかったです。 まとめ 天才仙道の名言をまとめてみました。 仙道の名言にはチームメイトを落ち着かせる魔法のような説得力がある言葉や、ゆるいマイペースな仙道らしい言葉まで、様々なものがありました。 そのなかでもやはりゆる系名言が多く、仙道の大物感が垣間見えますね。 スポンサーリンク 関連記事.

次の