シュレーゲル アオガエル 鳴き声。 シュレーゲルアオガエル

間違いやすい似た種の違い

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

好きなところに飛べます• シュレーゲルアオガエルの特徴 シュレーゲルアオガエルは、両生類無尾目アオガエル科の生き物です。 北海道を除くほぼ日本全土に分布する固有種ですが、オランダの動物学者ヘルマン・シュレーゲルを名前の由来としています。 体長は3cmから5cm、雌の方が一回りほど大柄です。 おなかは白く、背は鮮やかな緑と、カエルと言われて誰もが思い浮かべるような肌の色をしています。 くりくりと愛らしい大きな目をしていて、足には水かきが、さらに指先には吸盤がついています。 このことから泳ぐ以外に木登りも得意としており、葉っぱの上などで見かけることもあります。 外見はモリアオガエルに似ていますが、目の周りの虹彩の色で判別できます。 虹彩が黄色だったら、シュレーゲルアオガエルです。 シュレーゲルアオガエルの生態 Sponsored Link シュレーゲルアオガエルは水田や森林に生息し、小型の昆虫や節足動物を主な食べ物にしています。 繁殖期は4月から5月にかけての一か月ほどですが、地域によって2月から8月までバラつきがあります。 雄は岸辺で喉元の鳴嚢を膨らませ、「コロロ、コロロ」と甲高い声で鳴いて雌を誘います。 この時、シュレーゲルアオガエルは物陰の奥や地中にいることが多く、なかなか姿を見せてくれません。 卵は水中ではなく、岸辺の地中や水上に産み付けられます。 まずメレンゲのような泡を用意し、その中に数百個ほどの卵塊を産むのです。 この泡は孵化するまで乾燥から卵を守り、雨などと共にオタマジャクシを水の中へと導きます。 水場がすぐ側にある田んぼの畦道は、彼らにとってとても都合のいい産卵場所です。 水田の縁や稲の根元に泡に包まれた卵塊がある様は、一頃の日本では非常に有り触れた光景でした。 シュレーゲルアオガエルの販売値段 シュレーゲルアオガエルは、ペットショップなどで1000円前後で購入が可能です。 分布も広く、個体数も全体的に見れば安定しているのですが、水田の喪失に合わせて地域によっては姿を消しつつあります。 大阪府、兵庫県、栃木県、千葉県などでは準絶滅危惧種に、東京都では絶滅危惧II類に指定されています。 その独特の産卵方法から、飼育の難度はやや高めとされています。 購入を検討されている方はどうか大切に育ててあげてください。 シュレーゲルアオガエルの寿命 シュレーゲルアオガエルは完全に大人になるまでに2年ほどかかり、寿命は5年から7年くらいだと言われています。 こんな小さな体で、意外なほど長生きです。 愛情をこめて世話をすれば、耳に心地いい綺麗な鳴き声を何年も聞かせてくれるでしょう。 まとめ ・シュレーゲルアオガエルは江戸時代に海外の学者に命名された日本の固有種。 ・シュレーゲルアオガエルは泡に包まれた卵を陸地に産み付けるという珍しい生態を持つ ・シュレーゲルアオガエルは地域によって姿を消しつつあるが、一匹1000円前後の値段で購入できる 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

アオガエルの声楽しむ 八島ガイドウオークに30人

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

似たような種類 モリアオガエル、アマガエルなど。 見つかる場所は? 水田や森林などに生息し、繁殖期には水田や池沼に集まる。 昼間鳴き声を聞いても姿を見掛けないのは、物陰や土中に身を潜めているからである。 分布 日本の固有種で、本州、四国、九州とその周囲の島に分布する。 大きさ 体長はオス30~40mm、メス40~55mm。 捕れる時期 4~6月。 捕まえるコツは? 鳴き声を頼りに捜す。 警戒心が強いので、静かに近づくのがポイント。 ジャンプ力は高くないので、捕まえるのは難しくない。 生活史 繁殖期はおもに4~6月で、あぜなどの水辺の岸辺に泡で包まれた3~10cmの卵塊を産卵する。 泡の中には200~300個の卵が含まれるが、土中に産卵することも多く、あまり目立たない。 孵化したオタマジャクシは雨で泡が溶けるとともに水中へ流れ落ち、水中生活を始める。 7月ごろには、小さなカエルの形になる。 指先には発達した吸盤を持つので、繁殖期以外は樹上生活が中心と考えられている。 エサ 昆虫類、節足動物などを食べる。 特徴 名前はオランダのライデン王立自然史博物館館長だったヘルマン・シュレーゲルに由来する。 「シュレーケルアオガエル」とも呼ばれる。 腹側は白く背中側は緑色をしているが、保護色で褐色を帯びることもある。 虹彩(目のまわり)は黄色い。 「コロロ、コロロ……」と鳴く。 その他 水田のあぜだけで産卵するわけではないが、あぜは産卵には適した場所である。 そのため近年の水田の圃場(ほじょう)整備などで土のあぜがなくなることは、個体数に影響するだろう。 東京では絶滅危惧II類、千葉と兵庫では準絶滅危惧種に指定されている。

次の

カエルは雨が降る前にケロケロと鳴いて知らせない?雨を予知する鳴き声とは!

シュレーゲル アオガエル 鳴き声

分布 [ ] ので、・・とその周囲のに分布するが、にはいない。 分類 [ ] 学名は「シュレーゲル氏のアオガエル」という意味で、名前はのライデン王立自然史博物館館長だったに由来する。 基準産地の詳細は不明。 基準標本はのに保管されている。 同じく日本に分布するのと考えられている。 形態 [ ] 体長はオスが32-43mm、メスが43-53mmほどで、メスの方が大きい。 オスは下に単一のをもち、これを膨らませて鳴く。 体色は腹側は白く背中側は緑色をしているが、で褐色を帯びることもある。 は黄色。 指の間には水かきが発達する。 外見はモリアオガエルの無斑型に似ているが、やや小型で、虹彩が黄色いことで区別できる。 また、にも似ているが、より大型になること、鼻筋から目、耳にかけて褐色の線がないこと、褐色になってもまだら模様が出ないことなどで区別できる。 ひとつの卵の大きさは2. 5mmほどで、幼生()は成長すると全長49mmまでになり、尾は細くやや長い。 変態したばがりの時期の体長は15-16mm程度である。 生態 [ ] 水田や森林等に生息し、繁殖期には水田や湖沼に集まる。 繁殖期はおもに4月から5月にかけてだが、地域によっては2月から8月までばらつきがある。 食性は肉食性で、等を食べる。 繁殖期になるとオスは水辺の岸辺で鳴く。 鳴き声はニホンアマガエルよりも小さくて高く、「コロロ・コロロ…」と聞こえる。 地中の小さな穴の中で鳴く場合が多く、声の元を凝視しても姿は確認できない。 1匹のメスに複数のオスが集まり抱接する。 畦などの水辺の岸辺に、クリーム色の泡で包まれた3cm-10cmほどの卵塊を産卵する。 泡の中には200個-300個ほどの卵が含まれるが、土中に産卵することも多くあまり目立たない。 したオタマジャクシは雨で泡が溶けるとともに水中へ流れ落ち、水中生活を始める。 なお、地域によってはがこの卵塊を襲うことが知られる。 夜間に畦にあるこの種の卵塊の入った穴を掘り返し、中にある卵塊を食うという。 翌朝に見ると、水田の縁に泡と少数の卵が残されて浮いているのが見かけられる。 保全状態評価 [ ] 日本の以下ので、の指定を受けている。 準絶滅危惧 - 、、 一部地域では開発に伴う生息地や獲物の減少により生息数は減少していると考えられている。 しかし、日本全体では分布も広く、個体数も少なくはないため、のレッドリストには指定されていない。 (IUCN)でもレッドリストにて(LC)と評価しており、個体数は安定傾向にあるとしている。 脚注・出典 [ ]• 2014年7月12日閲覧。 エンビジョン環境保全事務局. 2014年7月11日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。 参考文献 [ ]• 前田憲男・松井正文『改訂版 日本カエル図鑑』、1999年。 内山りゅう・前田憲男・沼田研児・関慎太郎『決定版 日本の両生爬虫類』、2002年9月20日。 関連項目 [ ] ウィキスピーシーズに に関する情報があります。

次の