ほっぺ ニキビ 治し 方。 あご、頬、鼻…できる場所で全然違う!ニキビの原因と対策・治し方

ニキビが頬にできる原因と治し方

ほっぺ ニキビ 治し 方

この記事のもくじ• 黄ニキビとは? ニキビには、たくさんの種類のニキビがあります。 黄ニキビとは、ニキビの中心に白っぽい黄色のものができている状態の事をいいます。 普通のニキビに比べると、サイズも大きくて目立ちます。 さらには痛みやかゆみを伴うこともあります。 ニキビの中心にある黄色い部分は膿です! そして、ニキビの中心の黄色い正体は、「膿」です。 つまり、ニキビに膿がたまっている状態のニキビを黄ニキビと呼びます。 黄ニキビは、症状がかなり進んでしまっている状態。 症状が進めば進むほど、治りも遅くなり、ニキビ跡も残りやすくなるのです。 毛穴の中で炎症が起こったものが、膿となって現れてくるものなので、スキンケアも慎重に行う必要があります。 黄ニキビの治し方とは? 黄ニキビは大きくて目立つことから、なるべく早く治したいもの。 しかし、症状が進んでしまっているので、治すまでに時間がかかってしまいます。 そして適切な方法で治さなければ、さらに悪化してしまうこともあるので、黄ニキビが出来てしまったら、皮膚科を受診することをオススメします。 皮膚科の薬で治療をする方法 皮膚科では、抗生物質を使用して炎症を抑えるという治療法が一番多く使われています。 また、皮膚科によっては、漢方治療も並行して行われるところもあるので、受診先の皮膚科で聞いてみて下さい。 炎症の程度や、原因によっては、ホルモンバランスを整えるために低用量ピルを出される場合もあります。 自宅で正しい黄ニキビのケアをする方法 それと同時に自宅でも正しいケアをすることが大切です。 洗顔の仕方 洗顔をする際には、泡立てネットなどでしっかりと泡立て、優しく洗います。 そしてすすぎ残しの無いようにぬるま湯でしっかりと泡を落としましょう。 保湿ケア 洗顔後は、すぐに保湿をすること。 保湿は今後のニキビ予防にも繋がるので、絶対に怠ってはいけません。 清潔を保つ 後は、ニキビが治るまでは特に注意しながら、常に清潔な状態を保ちましょう。 無意識のうちに手が触れてしまったり、髪が触れてしまうと、新たな雑菌が入り悪化してしまうことがあります。 髪が長い人は束ねるなどの対策が必要になってきます。 膿が溜まる原因としては、毛穴のなかで、白血球とアクネ菌がぶつかり合い、激しく戦っている状態です。 その激しい戦いの中で、闘った白血球の亡骸が膿へと変化して残ってしまうのです。 大きな黄ニキビは、それだけアクネ菌が繁殖し、炎症が酷く起こっていたということです。 白ニキビや赤ニキビの段階で、• 間違ったスキンケアをし続けている• 生活習慣が乱れている ということがアクネ菌をどんどん繁殖させてしまい、黄ニキビを作る原因となってしまうのです。 黄ニキビにオロナインも効果あるって本当? よくニキビには、オロナインが効果的だと話題になっており、実際に使っている人も多いと思います。 一家に一つは置いてあってもおかしくないこのオロナインですが、 黄ニキビには残念ながら効果があまりみられません。 オロナインには炎症を抑える成分が入っていない! オロナインには、殺菌作用が含まれていますが、炎症を抑える成分は入っていません。 そのため炎症を起こすことによってできてしまう黄ニキビには、効果がないのです。 オロナインが効果あるニキビとは? オロナインに効果的なニキビは、白ニキビや赤ニキビといった• 掻いたり• さわったり しないよう注意してください。 黄ニキビが痛いし痒いときは冷やすのがおすすめ! 黄ニキビがかゆくなった場合は、保冷剤などをタオルで巻き、冷やすことが一番の対処法です。 できればタオルも綿素材の、肌に優しいものを使うようにしましょう。 絶対に掻いたり、触ったりしないことが大切ですよ! そして逆に温めてしまうと、かゆみを強くしてしまうだけなので気をつけましょう。 かゆみの原因は、ほとんどが乾燥からくるものです。 そのため、かゆみが現れたらたっぷり保湿をして、スキンケアを行うことで、かゆみも徐々に引いていきますよ! 黄ニキビの芯は自分で出してもいいの? 白ニキビや黒ニキビなどの芯の成分は、皮脂です。 そのため自分出しても、治ったりするのですが、黄ニキビの芯は皮脂ではなく、膿なのです。 つまり、芯が膿んでしまっている状態なので、これを自分で出してしまうと、かなり危険です。 黄ニキビの芯の膿には、たくさんの細菌も含まれています。 正しい方法で出せないと、取り返しのつかない事になってしまうので、注意しましょう。 皮膚科で出してもらう分には心配いらないので、そのような処置をとられても不安がることはありません。 正しく潰してしまえば、早く治ることもあるのです。 黄ニキビを自分で潰すと危険な理由とは? 黄ニキビを潰してはいけない主な理由は、中に溜まっている膿をすべて出し切らなけらばいけないこと。 正しく膿を出すには、消毒した針で膿の部分を少しだけ刺します。 そしてそこからゆっくりと優しく膿を出して行くのですが、全部出し切らなければいけないので自分では、なかなか難しいです。 だんだんと力を加えてしまっていたり、やりすぎたりしてしまうケースがほとんど。 そのため、皮膚科で治療してもらうことがオススメされているのです。 黄ニキビの洗顔と保湿!自宅ケアの正しいやり方とは? 黄ニキビが出来てしまったら、皮膚科を受診することが一番ですが、 自宅でも洗顔と保湿をきちんとすれば、早く治せるのです。 正しいやり方をマスターして、なるべく早く黄ニキビとさよならしましょう。 洗顔のポイント まず洗顔ですが、丁寧に洗顔をして、肌を清潔にすることが基本です。 肌の表面には、汗やホコリがたくさんついています。 それを綺麗に洗い流して、清潔な肌の状態を作ります。 洗顔の注意点 ただ、洗顔はすればするほど、清潔になるという訳ではありません。 ホコリや汗が気になって何度も洗顔したくなるかもしれませんが、洗顔をしすぎてしまうと、• 逆に肌の乾燥を引き起こしたり• 肌に必要な皮脂まで落としてしまう ということになります。 そうすると肌のバリア機能が壊れてしまうので、逆効果です。 洗浄力の強い洗顔フォームなどを使用した場合にも、同じことが起きるので気を付けましょう。 洗顔の仕方 洗顔をする際は、泡立てネットを必ず用意し、モコモコフワフワの泡を作ります。 それを皮膚の上で転がすように、泡で洗うイメージで優しく洗っていきましょう。 皮脂の分泌が多い、額や鼻から洗い始めて、最後に乾燥しやすい目元や口元を洗うようにするといいでしょう。 皮脂の落としすぎを防いでくれますよ! 洗顔料のすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流し、すすぐ際も優しく、肌に負担をかけずにすすいでいきましょう。 人肌程度のぬるま湯で洗い流すことが、肌へ刺激を与えにくいのでオススメです。 必要以上にすすぐと、返って乾燥してしまうので注意が必要です。 保湿のポイント 保湿は、洗顔後なるべくすぐに、時間を置かずにするように心掛けましょう。 肌が適度に保湿されていると、皮脂の分泌をコントロールできるため、過剰な分泌を予防することができます。 黄ニキビを綺麗に治すためには、ビタミンCが配合されている化粧水を選ぶことをオススメします。 ビタミンCは、肌の万能成分とも言われていて、肌のターンオーバーを促進する作用が含まれています。 さらに、ニキビの原因ともなる皮脂のコントロールもしてくれるので、新しい黄ニキビ予防にも繋がりますよ! まとめ いかがでしたか? 黄ニキビは重症化してしまったものなので、治すのに時間がかかりますが、なるべく負担をかけずに生活することがポイントです。 皮膚科に通い、しっかり治すことで綺麗な肌を取り戻せるので、諦めずにケアしていきましょう。

次の

頬(ほっぺた)のニキビの原因と治し方!

ほっぺ ニキビ 治し 方

ニキビが出来る原因は? ニキビを治すためには、 『そもそもなぜニキビが出来るのか?』という原因を知らなければなりません。 では、ニキビはどうしてできてしまうのでしょうか? 簡単にですが、ニキビができる原因を流れに沿ってご紹介します。 ニキビができる原因1 皮脂が多すぎる ニキビが生まれる一番の原因は 『皮脂』が多すぎることです。 皮脂というのは皮膚を守るための油のようなものなのですが、これが増えすぎると毛穴に詰まってしまいます。 ニキビができる原因2 アクネ菌が増殖 ニキビは アクネ菌という菌が増殖することで生まれます。 そしてこのアクネ菌は、さきほど紹介した皮脂をエサとしているため、 皮脂が増えすぎるとアクネ菌が増殖してしまいます。 ニキビができる原因3 炎症が起きる アクネ菌が毛穴のなかで増えすぎると、 『炎症』を起こしてしまいます。 これがニキビです。 最初は小さな膨らみにすぎないものが、どんどん大きくなっていき、あとで紹介する 『黒ニキビ』や 『膿ニキビ』といったものにまで成長してしまうのです。 どうして皮脂が増えるの? 皮脂は、本来は肌の水分を保つための大切なものです。 しかし、様々な原因によって皮脂が過剰分泌されてしまい、ニキビの原因となってしまいます。 『皮脂が増える原因』 〇思春期によるホルモンバランスの乱れ。 〇ストレス。 〇不規則な生活による新陳代謝の低下。 〇お菓子や油ものの食べ過ぎ。 中学生や高校生になるとニキビが出来やすいのは、ホルモンバランスの崩れが原因です。 皮脂の分泌をうながすホルモンが増えてしまうため、顔中にニキビができてしまったりするのです。 また、 ストレスも大きな原因です。 人間はストレスを受けると肌が荒れやすくなり、ニキビができやすくなります。 また、睡眠時間が短い、ぐっすり眠れていない、寝る時間がバラバラ…などの不規則な生活をしていると、体を正常に保つ新陳代謝が低下してしまい、肌荒れやニキビの原因になります。 特に睡眠不足はいっきに肌を荒れさせてしまうので、ニキビもできやすいです。 そして、 食べ物も重要です。 お菓子やスナック菓子、油の多い食べ物などは、皮脂を増やしアクネ菌を増殖させてしまいます。 『お菓子を食べ過ぎるとニキビが増える』というのは昔から言われていたことですが、それはお菓子に含まれる『糖分』が原因なのです。 『ニキビの種類』 〇白ニキビ うっすらと皮膚が膨れているだけの状態。 毛穴に皮脂がたまってしまい、盛り上がっている状態です。 白ニキビがやや悪化した状態。 毛穴のなかにポツポツと黒い点が見えるようになります。 汚れが溜まりすぎて毛穴が開き、なかの皮脂が空気に触れて酸化し黒くなってしまった状態です。 このあたりからニキビが目立つようになってきます。 赤く膨れ上がった状態。 私たちが通常イメージするニキビの状態です。 炎症が進み、赤く腫れてしまった状態です。 毛穴のなかでアクネ菌んなどの雑菌が増殖してしまい、炎症がさらにひどくなってしまった状態です。 (黄ニキビ) もっとも悪化した状態です。 ニキビの原因である菌を退治するために白血球が戦い、その死骸がニキビ内にたまったものが膿(うみ)として見えている状態です。 赤いニキビのなかにぷくっと黄色っぽい膿がある状態で、潰すともちろん、膿が出てきます。 ニキビは絶対に潰しちゃダメ! ニキビ跡の原因になるかも… 赤ニキビや膿ニキビなどを見るとついつい潰したくなってしまいますが、 絶対にいけません。 なぜなら、ニキビを潰すと手の雑菌やニキビ周辺の雑菌が入ってしまい、さらに悪化してしまうことがあるからです。 さらに困ったことに、黄ニキビを潰すと 『ニキビ跡』が残ってしまう可能性さえあります。 色素が沈着して肌が汚くなってしまったり、クレーターのようにデコボコの顔になってしまう危険性さえあります。 黄ニキビを潰すと膿が出るので 『治った!』という気持ちになってしまいがちですが、実は非常に危険な行為なので絶対にやめましょう。 また、黄色ニキビというのはニキビの末期ではあるものの、裏を返せば白血球がニキビ菌と戦っている証拠だという見方もできます。 ですので、ほうっておけば近いうちに治ってしまうことの方が多いです。 どうしても潰したい場合は、皮膚科にいって先生に潰してもらいましょう。 皮膚科の先生ならば 『潰した方がいいニキビ』と 『潰しちゃいけないニキビ』が分かっているので、ニキビ跡ができる心配もありません。 『ニキビ洗顔の方法』 1、洗顔する前に手をしっかり洗う。 2、洗顔料を使う前に、ぬるま湯で軽く顔全体をすすぐ。 3、洗顔料を使い、おでこから鼻にかけての『Tゾーン』をしっかりと洗う。 4、頬や顎などを軽く洗う。 5、ぬるま湯でしっかりと洗顔料を落とす。 6、清潔なタオルで、優しく拭き取る。 ゴシゴシ洗うと皮膚が荒れるのでNG。 これだけです。 決してやりすぎず、毎日コツコツと継続していくことが大事ですし、その方が結局効果も高まります。 特に気をつけたいのが、 洗顔後のタオルです。 実は、タオルには雑菌がものすごくたくさんついています。 特にバスタオルには、恐ろしいほどの雑菌がくっついていますので、間違っても使用済みのバスタオルでゴシゴシ顔を拭いたりしないようにしましょう。 特にバスタオルを2日、3日も洗わずに使っているような家庭は要注意です。 なるべくこまめに洗濯するか、顔だけ別のフェイスタオルで拭くようにしましょう。 お菓子、油っぽいものは食べない さきほども紹介したように、お菓子やスナック菓子など、糖分や油分が多く入っている食べ物はニキビの原因となってしまいますので、なるべく食べないようにしましょう。 代わりに、野菜をたくさん食べるようにすると皮膚の雑菌の増殖を防ぎ、サラサラのお肌になりますのでオススメです。 特にキャベツをよく食べるとお肌がスベスベになりますので、試してみてください。 もちろん、お肉の食べ過ぎも肌が油っぽくなってしまうので、気をつけましょう。 睡眠をしっかりと取る 睡眠は肌をキレイにするのには非常に大事です。 寝不足になると、肌だけでなく髪などもガサガサになってしまいます。 しっかりと毎日7~8時間は寝るようにしましょう。 睡眠不足で肌をキレイに保つことは絶対にできません。 枕カバーを清潔に ニキビを防ぐためには、 枕カバーにも気をつけたいところです。 枕カバーは夜の間ずっと顔に触れるものですので、ここが汚れていると顔中に雑菌がついてしまいます。 ついつい洗濯を忘れてしまいがちな枕カバーですが、ニキビを治したいならば2日に1回は洗濯しておきましょう。 それが面倒な場合は、予備の枕カバーを購入しておいて、2日おきくらいに取り替えるようにして、週末などにまとめて洗濯するとラクです。 おでこや頬や鼻のニキビの治し方は? おでこや頬、鼻など、ニキビはいろいろな場所にできますが、 治し方は基本的に同じです。 ぬるま湯でしっかり洗い、洗顔料などで優しく洗いましょう。 ちなみに、おでこや鼻の 『Tゾーン』は皮脂の分泌が多いため、ニキビができやすいです。 しかし、だからといってゴシゴシと強く洗いすぎるのは良くありません。 肌荒れの原因になってしまいます。 また、むやみに手で触れたりするのも危険です。 雑菌が入ると逆にニキビが増えてしまいます。 ニキビを治すためにも、雑菌のついた手でむやみに顔に触れないようにしましょう。 ニキビに効く薬は? ニキビに効く薬はいろいろありますが、オススメはCMでおなじみに 『ビフナイト』です。 ネットでも評判の治療薬ですので、ぜひ試してみてください。 ニキビに効く食べ物は? ニキビに効く食べ物は、特にありません。 それよりも、 『ニキビの原因になる食べ物』を食べないようにすることが大切です。 ニキビの原因になる食べ物は何度も紹介した通り、『糖分・油分の多い食べ物』です。 お菓子、ジュース、スナック菓子などなど、いわゆる 『楽しみのために食べるもの』は体にも悪いですし、ニキビの原因にもなってしまいます。 これらをやめて、なるべく自然に状態に近い料理や野菜を多く使った料理を食べるようにしましょう。 まとめ いかがでしたか? 『ニキビの治し方』 をご紹介しました。 ニキビができると、ついつい潰してしまう人がいますが、絶対にやめましょう。 それよりも、しっかりとニキビの原因を理解して、確実に治していきましょう。

次の

男の胸ニキビの原因と治し方7選!汚い体ニキビを綺麗にする方法!

ほっぺ ニキビ 治し 方

顔・体の場所ごとのニキビの治し方 2019. 10 shin ニキビが頬にできる原因と治し方 頬のニキビの原因と治し方をご紹介します。 頬は面積が広く、髪の毛で隠すこともできませんのでニキビが目立ってしまいます。 そのため頬のニキビでお悩みの方は多いでしょう。 頬のニキビの治し方で気をつけなければいけないことは、焦らないことです。 焦ってニキビをつぶそうとして、跡が残ってしまうパターンは絶対に避けなければなりません。 ですので、ここでしっかりと 頬のニキビの治し方を学んでおきましょう。 頬のニキビの原因 本来、頬は皮脂が少ないのですが、生活習慣等が原因でニキビができやすい人がいます。 頬のニキビの原因は大きく分けて5つあります。 頬のニキビの原因• ストレス• ホルモンバランスの乱れ• 食事内容• 肝臓機能の低下• 枕カバーの汚れや肌に合わない洗顔料 日頃からをため込んでしまうと、ホルモンバランスが崩れて 肌が乾燥してしまいます。 また 糖分や脂肪分が多い食べ物を摂取することで、ニキビの原因となる皮脂の分泌が盛んになります。 頬のニキビノ場合は特に、寝るときに 枕に付着している汚れや雑菌が肌についてしまうケースが多いです。 枕カバーを変える頻度が少ない人は注意が必要です。 頬のニキビの治し方 ホルモンバランスが崩れて皮脂の分泌が異常なまでに増加するは別として、本来はニキビができにくいはずの頬ですから、 根本的な原因を絶たないと治ることはありません。 それだけでなく、新しいニキビがどんどんできてしまうでしょう。 日常生活の改善 まず、日常生活の改善です。 ストレスをできるだけため込まないことはもちろん、適度にストレスを発散させましょう。 好きなこと(趣味)をするのが一番ですが、 適度な運動や快適な睡眠も自然とストレス発散につながります。 ただし、 暴飲暴食など不健康なことは避けましょう(余計な脂質は、皮脂の分泌を過剰にしてしまいます)。 食事の改善 食事に関しては、 野菜中心の食生活に移すことです。 私は一人暮らしで、夜も仕事で遅いし、料理も得意ではありません。 だから、昼と夜は大抵コンビニで売っているサラダを食べています。 1食分だと150~180円くらいであるし、1日分の量で250円くらいでしょうか。 ドレッシングのバリエーションも豊富だし、自分で用意する手間を考えれば高くはありません。 ちなみに、「サラダ1日分の量」で売られているサラダですが、 一回の食事で吸収できる栄養量に限りがあるので、あまりお勧めできません(ダイエットをかねているならば、お腹が膨れるので効果的です)。 清潔な枕カバー そして 枕カバーを毎日清潔にすることも大事です。 私も枕カバーは3つほどもち、できるだけ毎日取り換えるようにしています。 枕カバーは放っておくとかなり汚れがたまるので、要注意です。 枕カバーを換えるようになって頬のニキビができにくくなったという友達も結構います。 また、ごく稀にですが、枕カバーや布団を洗うときに使用する 「洗剤が肌に合わない」場合があります。 もしあらゆる手段を講じても頬のニキビが良くならない場合は、一度洗濯洗剤を変えてみるのもよいでしょう。 スキンケアは睡眠中が大事 睡眠中は体の水分がもっとも蒸発する時間です。 そのため 寝る前に肌を綺麗な状態にして保湿することが一番大事です。 お風呂で自分に適した薬用洗顔料を使い一日の汚れを落としましょう。 お風呂から上がったらすぐに 薬用化粧水で潤いを与えましょう。 最後に 薬用保湿液(またはクリーム)で水分を閉じ込めれば、夜も安心して寝れます。

次の