新型ヴェルファイア口コミ。 新型ヴェルファイアの口コミ情報!評価や評判はどうなってる?

ヴェルファイア30系後期の口コミ評価はすこぶる高い!

新型ヴェルファイア口コミ

評価が低い• フロントマスクに比べ、サイドのシルエットが寂しい• メッキだらけで品が無い• バックドアが大きすぎて、後ろにスペースがないと開けれない• シートが分厚くて場所をとる• 車体が大きすぎて運転しにくい• 乗り心地がふわふわしていて酔う• 走らない などの口コミがありました。 実際に使用しているユーザーの声は正直でおもしろいですね。 ぼくは最近まで乗っていましたけど、いい点、悪い点を差し引いても大変満足でした。 口コミを見ても、エクステリアやインテリアはほとんどのユーザーが満足しているのが分かりますね。 ただ、車が大きすぎるとか、走らないとか、乗り心地がふわふわするとか、正直ミニバンだったら諦めるしかないですよ。。。 トヨタのヴェルファイア エクステリア 迫力満点のエクステリア• 迫力あるフロントマスクで、メッキがこれでもか!ってくらい採用されている• フォグランプベゼルもメッキ加飾となっていて、トライアングル形状により鋭さをアピール• エアログレードでは、グリル、フォグ、ヘッドライトがまるで一体型のように見える。 これによって大迫力のフロントマスクが完成。 全グレードアルミホイール• サイドボディーにはメッキガーニッシュがルーフに採用されていて、より大きく見せる効果がある エクステリアはひと目見れば、だれでもヴェルファイアと分かる迫力となっています。 kakaku. com toyota. jp トヨタのヴェルファイア インテリア 高級感漂うインテリア• インパネにプラスチック感はなく、ほとんどの箇所にソフトパッドが採用されている• 木目加飾とシルバー加飾によって、高級感をさらに引き上げている• 見た目もきれいなオプティロンメーターや液晶エアコン、フルLEDのスイッチ類• 分厚いシートの上質な乗り心地と、質感の高いシート素材• グレードやオプションにより、本革シート、テーブル、シートヒーター・ベンチレーション機能付きシート、電動オットマン、固定された大型のひじ掛けなどがある インテリアは、まるで飛行機のファーストクラスに座っているような座り心地と、視界に入ってくる上質な雰囲気はなかなか他のクルマでは味わえません! 乗り心地も良くて、ゴツゴツ感や、外やエンジンの騒音も見事にシャットアウトされています。 toyota. jp toyota. jp トヨタのヴェルファイア ボディーサイズ ボディーサイズも室内の広さも、「アルファード」と同じとなります。 X 8人 4,384,800円• X 7人 4,426,920円• Z 7人 4,632,120円• V 7人 4,997,160円• ZR 7人 5,141,880円• V Lエディション 7人 5,551,200円• ZR Gエディション 7人 5,695,920円• Executive Lounge 7人 7,352,640円• Executive Lounge 7人 7,502,760円 1番売れているのは【2500㏄のFF・Z Gエディション】。 最も売れていて、かつ高いリセールバリューが見込める! 3500㏄やハイブリッドは、リセールバリューが一気に下がってしまいます。 乗り潰すかお金持ちなら買ってもいい。 また、ハイブリッドとガソリンの燃費はほとんど変わらない。 この差額分を燃費で埋めることはできませんので注意が必要! ヴェルファイアのパワトレイン 安全装備一覧• プリクラッシュセーフティシステム対車:10km~作動し、最大で50km減速• プリクラッシュセーフティシステム対人と自転車:10km~80kmで作動し、最大40km減速• インテリジェントクリアランスソナー:アクセルの踏み間違い時に作動し、自動ブレーキがかかる• リアクロストラフィックアラート:後退時にリア左右から近づいてくる車両を検知し、ブザーで告知• レーントレーシングアシスト:道の真ん中を走るようにステアリング半自動で操作• オートマチックハイビーム:先行車と対向車をカメラで検知し、ハイとローを自動で切り替える• レーダークルーズ追従式:設定した速度よりも、先行車との距離を優先し、アクセルやブレーキを自動で調整。 ロードサインアシスト:カメラで認識した道路標識をメーターに表示 プリクラッシュセーフティシステムは対人は昼も夜も作動。 対自転車は昼のみ。 現時点でのトヨタの最先端が詰まった安全装備となっていますね。 その他の便利機能 便利機能一覧• 先行車発進告知機能:信号待ちなど、先行車が発進したことをブザーで告知• ブラインドスポットモニター:車線変更時、死角にいる車両をセンサーで検知し、LEDインジゲーターで点灯、点滅させる• デジタルインナーミラー:バックガラスにスモークを貼ったり、後部座席に人を乗せていても、後方の視界を映像で映し出す• LEDコーナーリングランプ:曲がる方向をLEDで照らしてくれる• 電動パーキングブレーキ:サイドブレーキを全自動で操作してくれる• なぜかって?答えは、営業マンのぼくが乗っていたからw いろんな車を乗って見て、クルマの情報に長けているぼくが選んだので、評価は高いです。 真面目な話、ヴェルファイアはカッコイイ!内装が豪華!乗り心地がいい!静粛性が高い!の4拍子でした。 走りに関しては、別に飛ばしたり峠を攻めるわけでもないので、全く気にしていませんでした。 高級車なので、所有する【ステータス】も味わえてとても満足でしたね。 ぼくは子供がたくさんいるので、ヴェルファイアでも狭くなってしまったので乗り換えましたが。。。 ヴェルファイアを購入した1番の理由は【リセールバリューの尋常じゃない高さ】ですね。 実際、2年で乗り換えましたけど、ほとんど買った時と変わらない値段で売却できましたよ~ ヴェルファイアの維持費を抑える方法 ヴェルファイアを買う時だけいろいろ調べて、買った後はもう満足ですか? 値引きと下取りをがんばったらそれでおしまいですか? いいえ。 まだやることが残っています! それは、固定支出を減らすこと! 車の維持費はほとんど毎月決まっていて、ある程度、固定の支出となっています。 これを削減できれば、車に掛かる年間トータルコストを大きく減らせます。 車の維持費では主に• 自動車任意保険• 自動車税• ガソリン代• 車検代• 月極駐車場代 の5つがあります。 この中で1番簡単に費用を抑えられて、その効果が大きいものが。 今入っている自動車保険が「高いな~」と思っている人は必ずやってみましょう!年間保険料が半額になることもありますよ! まずは見積もりだけでもしてみましょう!そしてネット保険の威力をあなた自信で味わってみて下さい。 きっと、金額を見たら「え?こんなに安いの?」と声に出して言うはずです。 ディーラー勤務のぼくでさえ、自動車保険はこのインターネット保険を利用しています。 本当はダメなんですけど、保険料の差がありすぎて、、、w まとめ 高級ミニバンはここ数年で急に盛り上がってきたジャンルです。 今はトヨタが独占している市場になっています。 落ち着いた威厳のある【アルファード】か スポーティーで攻撃的な【ヴェルファイア】か どちらも同じくらい魅力的なので、自分好みの方を購入してください! お金に余裕があったら、Executive Loungeでも買っちゃってくださいな! challengedrive. net こちらの記事も参考にして下さい。 最後に アルファードはリセールバリューが若干高く、ヴェルファイアは値引きが多くできますよ! 下取りは高く売ろう! 下取りをディーラーへ入れる。 これ普通です。 本当にそれでいいのでしょうか? だれでもなるべく高く売りたいと思っているはず。 ディーラーの下取り価格が高いかどうか、あなた一人で判断できますか? おそらく、ほとんどの人は無理だと思います。 確実に言えることは、「ディーラーだけじゃ絶対損する!」営業マンのぼくが言うので間違いないですよ! 実際に買取店に足を運んだり、サイトを利用したり、素人のあなたでも出来ることはあります! 当サイトがおすすめするサイトを2社紹介しておきます。 利用してね!.

次の

アルファード/ヴェルファイア 2020年に新型へ!? 王者の秘密にせまる

新型ヴェルファイア口コミ

高速道路の登坂などは、エンジン回転が上がりますが、走らないわけでは無いと思います。 エンジンは「3. 5LV型6気筒」or「2. 5L直列4気筒」で、重量は約2. 5トン。 トルク・出力ともに中回転域に域しているため、 総合的に考えると乗りやすいかと思います。 ある程度踏み込めばグッと発進・加速しますし、V型なんかはパワーのある走行も可能でしょう。 そういったことから、エンジン性能に対する口コミも高め。 3兄弟は高回転域の出力と低回転域のトルクが特徴で、高速などでの加速に不満を感じやすい車!という評価が多いですが、それに対するヴェルファイアはスタートも高速でもストレスなく走行できるのが素晴らしい! 走るための車ではありませんので過度な期待は禁物ですが、 重量の割には走れる!ということですね。 不満・否定的な口コミ.

次の

ヴェルファイアハイブリッドの欠点を暴露!口コミ評価の統計で分かる本当の評判は?

新型ヴェルファイア口コミ

この記事の目次• ではどのような部分にヴェルファイアの欠点やデメリットがあるのか見てみましょう。 フロントマスク部分にやや不満あり? 前のモデルと比べて、ヴェルファイアらしさを残しつつも大きくフロント部分が変わりました。 このことに少し不満を持っているユーザーがいます。 「フロントのゴツさがイヤ」 「フォグ周りの台形メッキがダサい」 「フロント周りが好みではないので、モデリスタやスタイルパッケージにしている」 「ヘッドランプが上すぎて、バランスが悪い」 「フロント部分の洗車が大変…」などといった口コミが多いですね。 フロント周りは前のモデルと比べ、凹凸が多くなりました。 凹凸が多いため、洗車時の拭き取りが大変なようです。 さらに、 「エアロタイプではフロント部分の押しの強さがイヤなので標準タイプを選択した」という声もあります。 やはり、フロント部分に不満を持っているユーザーが多いようですね。 「特別仕様車のホイールがイマイチ」 「リア・サイドの腰高感がちょっと…。 」 といった評価もあります。 全体的に腰高な印象があるヴェルファイアのエクステリアを欠点としているユーザーが多いようです。 スッキリとしたボディーラインが高評価 フロントマスクに不満を持つユーザーが多いですが、サイドやリアがスッキリしていて良いと言うユーザもいます。 「サイドからリアにかけてのシャープさがいい」 「テールランプがサイドまで回り込んでいるのがカッコイイ」 「窓が小さく、未来的な感じがgood!」という口コミがあります。 また、フロントマスクに関しても、見慣れてしまえば気にならないというユーザーも多くいます。 ヴェルファイアはフロントマスクよりも、サイドのラインを評価するユーザーの声が多いですね。 フロント部分に関しては、好みのエアロパーツをうまく組むことで解消されるので、ドレスアップする楽しみもあるのではないでしょうか。 少数ですが、不満に思っている4%のユーザーはインテリアのどこに欠点があると思っているのか、検証してみましょう。 素材にプラスチック感が僅かに残る ソフトパッドの使用やピアノブラック加飾などで、旧モデルより内装の質感がアップしたヴェルファイアですが、以下の欠点を指摘する口コミもあります。 「エアコン周りやドア周りのプラスチック感がイヤ」 「質感は良くなったが、プラスチックが残る」 「高級感を出すには物足りない。 」 「値段相応なので、上級クラスのインテリアと比べると劣ってしまう」などといった評価があります。 また、実際に使用しているユーザーの口コミでは 「カップホルダーがゆるくて、不安定」 「純正ナビがフツーすぎる。 社外の方がいい」といった声もあります。 ファブリックシートが安っぽい さらにシートに関しても少し不満があるようです。 「シートが安っぽく、シートカバーが必須!」 「ファブリックシートは、ゴミがつきやすい」などの評価もあります。 座り心地はとても良いファブリックシートですが、見た目や質感が欠点と言えます。 このように、ところどころの作りが甘い部分があるので、ユーザーからの不満も少なからず出てしまいます。 これは、プラスチック部分が減ったことが一つの要因でもあります。 ステッチなどを採用することによって、高級感を感じられるようになりました。 「メーターパネル内のアニメーションが細部までこだわっている」 「運転席シートのホールド感が良い」などといった評価も多くあります。 シートアレンジがしやすく、車内の居住性がアップしたことで高評価をつけるユーザーが増えました。 意外とパワーがないのが欠点 「重量があるのでパワフルな感じはない」 「出だしが遅く、少し物足りない」 「もう少し、パワーが欲しかった」などと評価するユーザーが多くいます。 ヴェルファイアはグレードによっては車重が2tを超えているので、2. 5Lでは少し物足りないかもしれません。 人や荷物を多く載せたり、高速道路を多用するなら、余裕のある3. 5Lエンジンが本来はおススメですね。 また、 「V6エンジンだが、思ったより走らない」と3. 5Lエンジンに不満を持っているユーザーもいます。 しかし、ヴェルファイアは走りを追求した車ではないので、これぐらいのパワーでも十分だというユーザーも多くいます。 遮音性が上がった分、エンジン音が気になる? 「静かになった分、エンジン音が気になる」 「3列目では、排気音が大きく聞こえる」 新型になってロードノイズや風切り音が低減したおかげで、逆にエンジン音が気になるとの評価もあります。 一定走行ではエンジン音も非常に静かなので、静粛性はミニバンの中ではトップと言って良いでしょう。 5Lエンジンでも必要十分 「坂道や高速道路でもしっかり加速してくれる」 「大勢を乗せて走らないのなら、2. 5Lでも必要十分」という評価もあります。 少しパワー不足が指摘されるヴェルファイアですが、街乗りをするには十分なエンジン性能を持っています。 ヴェルファイアの走行性能の口コミ 多くのユーザーが満足と評価しています。 走行性能では不利な車重が2tを超えるヴェルファイアですが、なかなかの高評価ですね。 中でも7%のユーザーは不満に感じているようです。 ヴェルファイアの走行性能の欠点はどこなのか?検証してみましょう。 車高と車重があるためモッサリとした走りに 「見た目よりかは軽快に走るが、ややもたつきを感じる」 「車重があるせいか、ワンテンポ遅れて反応する感覚」 「出だしが鈍い」などといった評価が多くありました。 やはり、重い車重と高い車高のせいか、走りは全体的にもたつくようです。 コンパクトカーやセダンタイプの車と比べると、クルマの動きは少し遅れを感じるかもしれませんね。 また、運転を楽しむような車ではないので、これぐらいのもたつきは許容範囲と言えるでしょう。 高速道路ではミニバン定番の欠点も さらに、高速道路での走行にも少し不満があるようです。 「高速道路を走行中の風切り音が少し気になる」 「車高が高いので、強風にあおられる」といった感想を持つユーザーがいました。 エンジン性能や遮音性が向上したため、車内がとても静かになり、高速道路では風切り音が気になるようです。 音楽などを聞いていれば、それほど気になる事は無いでしょう。 走行中の安定感が人気の秘密 「ロールも少なく、安定して走行できるので快適」 「運転席が高く、ストレスなく運転できて楽しい」 「大きな車体の割には安定する」などの評価が多くありました。 安定した走行が出来るので、同乗者も車酔いすることなく乗れるでしょう。 ヴェルファイアはビューポイントが高いので、運転のしやすさについても高評価されています。 ヴェルファイアの乗り心地の口コミ 前のモデルと比較すると、かなり乗り心地が改善されたのがユーザーの満足度で分かります。 ただ、少数ですが6%のユーザーはヴェルファイアの乗り心地には欠点があると指摘しています。 乗り心地の好みが分かれる 乗り心地に関して、ユーザーがこれまでに乗ってきた車種によって好みが分かれています。 「リアサスが硬く、揺れる」 「サスが硬い上に、それを受け止めるシートも硬い」 「19インチではゴツゴツ感が残る」という評価や、 「ふわふわした感覚がイヤ」 「車の縦揺れがひどい」などという口コミが多いです。 硬くてイヤ!というユーザーもいれば、トヨタ車特有のふわふわした乗り心地がイヤ!というユーザーに別れています。 これまでに乗ってきた車種との比較になるので、このような違いが生まれている原因なのかもしれませんね。 また、ゴツゴツした固い乗り心地は、インチの大きいアルミで扁平率の低いタイヤを履いていると感じる部分です。 純正の17インチや社外で18インチや19インチにインチアップしているユーザーは、固めの乗り心地と感じるでしょう。 反対に純正16インチの乗り心地は、タイヤの厚みがあるため、フワフワした乗り心地に感じるユーザーも居ます。 車の縦揺れは、ある意味車高の高いミニバンの宿命ですね・・ また、 「ステアリングの戻る力が強いので、腕が疲れやすい」という評価もありました。 男性は気にならないかもしれませんが、女性の方は少し運転で疲れてしまうかもしれません。 リヤのダブルウィッシュボーンサスペンションが最大の魅力 「前のモデルと比べて、乗り心地が良くなった」 「落ち着いた乗り心地」 「突き上げもなく、前のモデルとは別物」といった高評価があります。 特に舗装された道では、安定した乗り心地なので、小さいお子さんなどは、すぐに寝てしまうそうですよ。 高速道路の継ぎ目を乗り越える時のショックも大分和らげてくれます。 リヤサスペンションがダブルウィッシュボーンに変更されたことで、乗り心地が良くなり、全体としては満足度の高い評価となりました。 多くのユーザーがこのダブルウィッシュボーンがもたらす乗り心地に魅力を感じています。 ヴェルファイアの燃費の口コミ 燃費の口コミに関して高評価は多くないですが、及第点と評価しているユーザーが多いですね。 総重量が2t越えにしては満足な燃費 ヴェルファイアは車重が重く、あまり燃費に期待を持てません。 このことをわかっているユーザーが多く、あまり不満に感じている口コミはありませんでした。 「このクラスの車に燃費を求めてはいけない」 「2tオーバーの車で9. 以前のモデルと比べるとタンク容量も大きくなっているので、給油回数も減って良いというユーザーもいるくらいです。 アイドリングストップ機能も付いていて(2WDはOP 、低燃費にしっかり貢献しているように思います。 ヴェルファイアに低燃費を求めているユーザーが少なく、気にするユーザーはもっと燃費の良い車種を選択しているようです。 しかし11%のユーザーはデメリットと感じています。 オプションの価格にやや不満 ヴェルファイアには、様々なオプションが用意されていますが、ユーザーの多くは価格に少し不満を持っているようです。 「本革オプションが高すぎる」 「メーカーオプションを複数つけると支払総額が跳ね上がる」 「上級グレードほど割高に感じる」などといった口コミが多くあります。 ヴェルファイアの場合、満足度重視なのか価格重視なのかに分けて、オプションを検討した方が良いでしょう。 どちらも満たしてくれるグレードやパッケージがなかなかないので、価格に見合ったコストパフォーマンスの高い選択が出来ないのが、不満に繋がっています。 「安いグレードの方がお得感がある」 「特別仕様車にはお得感を感じない」 「高級車ではなく高額車だ!」といった厳しい評価もありました。 自分の気に入ったグレードや予算に収まる金額のオプションを見つけにくいようですね。 ディーラーなどでしっかり装備などを確認して選びましょう! 装備や機能性を考えたらXグレードがベスト! 価格に対してやや不満な声もありますが、満足しているユーザーもいます。 「装備・質感を考えたら納得の価格」 「高級車ではないが、それなりの質感があるので満足」 「装備が盛りだくさんで満足している」のように価格相応だと考えるユーザーもいますね。 また、装備や性能を考えると『Xグレード』がコストパフォーマンスに一番優れているようです。 このグレードに必要なオプションをつけているユーザーも多く、モデリスタのエアロを付けて自分好みのヴェルファイアに乗るユーザーが多いです。 高い車=良い車ではない? 必要なオプションを装着すると、なかなかいい金額になるヴェルファイアです。 ですが、少し厳しい意見もありました。 「高い車=良い車ではないので、価格の見直しが必要」 「できのいい車ではあるが、高級車ではない」 「とにかく大きすぎる!車重も2t越えで重たい印象」 「大きすぎるので駐車に気を使う」など、ストレスに感じているユーザーも多いですね。 全体的に高額で金額的な面で不満が残り、価格相応の車ではないと思っている方もいます。 ですが、ヴェルファイアはリセールが高いので、購入時に少し高くても購入するユーザーもいます。 「売るときのことを考えると、少し高くても良い」 「リセールがいいので、購入に踏み切った」というユーザーもいます。 また、3列目の乗り心地やシートの質感など、高評価のユーザーが多いので乗って損はない車でしょう。 価格がヴェルファイアの最大の欠点かもしれませんが、必要なオプションを見極めてお得に購入しましょう。

次の