ペイペイ 仕組み。 PayPay(ペイペイ)はどうやって儲けるの?ビジネスモデルや利益を出す仕組みは何?

【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?仕組みや導入のメリット

ペイペイ 仕組み

スマホ決済の種類にはどのようなものがある? まずはスマホ決済の種類についてご説明します。 スマホ決済とは、文字通りスマートフォンを用いた決済サービスのこと。 現金を使用しない支払いを指す「キャッシュレス決済」という言葉もありますが、スマホ決済はその中の一部です。 スマホ決済以外のキャッシュレス決済には、次のようなものがあります。 クレジットカード決済• 電子マネー決済• 地域通貨 聞いたことのある種類もあるのでは? さらに、スマホ決済は、仕組みの違いで分類すると、「非接触IC方式」、「QRコード決済」、「キャリア決済」の3つに分かれます。 それぞれの方式についてみていきましょう。 (1)非接触IC方式 非接触型決済(非接触IC決済)は、スマホに搭載された無線通信系の技術を使って、スマホに登録されたクレジットカードや電子マネーを用いて支払いを行うことをいいます。 無線通信系の技術にはNFCやFelica、Bluetoothなどが使われます。 Apple PayやGoogle Payはこうしたスマホに登録された決済手段を管理するためのサービスです。 2 QRコード決済 QRコード決済では、まずスマホで決済用のアプリを立ち上げ、QRコードをスマホ画面に表示させます。 このQRコードを店側に読み取ってもらう、または店頭に設置されたQRコードをスマホで読み取り、支払いをする方式です。 3 キャリア決済 キャリア決済とは、商品を購入したときの代金を、契約しているスマホの通信会社の通信料金とまとめて支払う決済サービスです。 従来はオンラインでの通販などで利用されていましたが、最近では店頭での利用も増えてきています。 店頭での使い方は、アプリに表示されたのバーコード読み取り機能を使って店側のバーコードを読み取り、その際にスマホ通信会社のID、パスワード、暗証番号を入力するやり方があります。 決済方式ごとのスマホ決済の仕組みは? ここからは、先ほどご紹介したスマホ決済サービスの各決済方式ごとに、仕組みを解説していきます。 非接触IC方式の仕組み 非接触型方式の場合、スマホ内にICチップがはいっており、ここからでる無線電波を読み取り可能な専用の端末によって情報が読み取られます。 ICチップの種類には次のようなものがあります。 NFC• Felica これらは読み取り方式の規格であり、FelicaはNFCの規格を元にして、日本でソニーが開発した規格です。 Felicaの通信速度の早さから、国内での普及が進んだとされています。 日本では、もともと交通系ICカードなどでFelicaが浸透しており、NFCの規格よりも使われています。 Androidスマホでは、Felicaが技術に使われています、iPhoneでもiPhone 6、iPhone 6 PlusICチップが搭載され、Apple Payのでの支払いが可能となりました。 なお、読み取り側の機器は、NFCやFelicaの規格に対応していれば、対象とするサービスにかかわらず、同一の規格のものは読み取ることが可能なため、iPhoneやAndroid用に複数の端末を置く必要はありません。 QRコード決済の仕組み QRコードを読み取ることによって決済ができるので、ユーザーは各自、利用するQRコード決済サービスのアプリをダウンロードする必要があります。 【ユーザーが利用するまでの準備】• QRコード決済アプリをダウンロードする• アカウントを登録し、クレジットカード情報や銀行口座などを登録する 【お店が利用するまでの準備】• QRコード決済サービスの加盟店登録をする• 事業者向けの管理画面を見るためにアプリやブラウザをダウンロードする これらの準備が整ったらいよいよ決済です。 お店ごとに発行されるQRコードを見やすい位置に設置し、ユーザー側にアプリで読み取ってもらうことで、決済が可能になります。 なお、店舗側はアプリを入れたスマートフォンなどの端末を利用する以外にも、専用端末を用いることができます。 専用端末は、機種にもよりますが約4万円程度の価格であり、レシートの印刷が可能なものもあります。 決済サービスによっては、ユーザーが表示したQRコードを店舗側が読み込む場合もありますが、基本的には同じ仕組みです。 キャリア決済の仕組み キャリア決済は、ユーザー、お店などの加盟店、通信キャリアの3者間で、決済処理や代金の入金処理が行われるようになっており、次のような手順です。 まず、ユーザーが加盟店の店頭でキャリア決済を選択して、商品等を購入します。 このとき、ユーザーは通信キャリアのIDとパスワードで認証を行います。 そうすると、キャリアに対して金額といずれのユーザーが決済を行ったのかという情報が送信され、ユーザーの通信料金にこちらの金額が加算されるという仕組みです。 QRコード決済方式のメリットとデメリット 次に、スマホ一台で決済可能なQRコード決済方式を使う場合のメリットとデメリットについて解説します。 消費者にとってのメリット QRコード決済は、アプリによりますがさまざまな機能が実装されています。 たとえば個人間の割りかんや送金などの機能も搭載されています。 また、決済サービスの会社がポイント還元キャンペーンを実施しています。 ポイント還元率が高いものもあり、使えば使うほどお得になっているものが多いです。 PayPayの場合は、毎月キャンペーンを実施中。 使いこなしてお得に食事や買い物を楽しんでください。 店舗にとってのメリット QRコード決済では、専用の端末を置かなくても手持ちのPC、スマホ、タブレットで管理が可能です。 店舗が導入する際のコストが必要ないためコストを抑えることができ、機器の設置の手間もありません。 ちなみにPayPayの場合、QRコード決済をはじめるにあたっての導入費用は無料です。 非接触IC方式の場合、決済は一瞬で終わりますが、QRコード決済はアプリを起動する必要があるため数秒かかります。 とはいえ、現金を使った決済のように財布を取り出したり小銭を数えたりする必要はありませんから、QRコード決済のスマートさを考えると気にならない程度のことです。 また、決済にはスマートフォンが必要となります。 スマートフォンの充電が切れている場合などには利用ができないため注意が必要です。 店舗にとってのデメリット QRコード決済サービスは提供している事業者の数が多く、QRコード決済事業者ごとに提供しているサービス内容が異なります。 そのため、サービス内容や導入にかかる費用、手数料、どのようなキャンペーンを実施しているか、比較検討して選ぶことをおすすめします。 PayPayの場合は初期費用、決済システム利用料が無料!この機会に、ぜひトライしてみてください。 それ以降は利用料がかかる可能性があります。 非接触IC方式のメリットとデメリット 非接触IC方式を使う場合のメリットとデメリットを、消費者側と店舗側の両面からみていきましょう。 消費者にとってのメリット 非接触IC方式は、そのUXが非常に優れていることが消費者にとってのメリットといえるでしょう。 ユーザーは決済のたびにアプリを立ち上げる必要がないためスムーズに決済することが可能です。 たとえば電車の改札を通るときに、毎回アプリを立ち上げる必要があったりすると、たちまち改札が混雑してしまいますよね。 また、交通機関の支払いからコンビニでのお支払いまで、幅広く対応できるのも非接触IC方式でのメリットです。 店舗にとってのメリット 店舗側にとっては、Suicaなどの交通系のICを普段から使用しているユーザーが対象となるため、広く顧客を取り込むことができるようになるでしょう。 消費者にとってのデメリット 一方、こうした非接触系IC方式の消費者にとってのデメリットは、個人間での送金機能やわりかん機能がない点がデメリットです。 QRコード決済型だと、仕組み上、特別なハードウェアが必要ないため、ユーザー間同士での柔軟な利用が可能となります。 一方、非接触型ICの場合は、読み取り装置が必要なため、こうした用途に用いるのは現実的ではありません。 また、ポイント還元が他のサービスと比較しても少なかったり、なかったりするのはデメリットといえるでしょう。 店舗にとってのデメリット 店舗にとっての最大のデメリットは、決済サービスを導入する際にカードリーダなど専用の端末が必要となるため、導入コストがかかる点です。 また、月額固定の利用料や決済金額に応じた決済手数料などがかかる会社もあります。 キャリア決済のメリットとデメリット キャリア決済にも、メリットとデメリットがあります。 消費者にとってのメリット キャリア決済は、クレジットカードを持っていなくても決済が可能になります。 さまざまな要因によってクレジットカードを作ったり、所有したりすることができない方であっても、スマホはほぼ持っているため、決済手段として利用することができます。 また、キャリア決済であればクレジットカードでしか対応していない継続課金のあるサービスでも利用できることが多くなっています。 店舗にとってのメリット 店舗にとっては、キャリア決済は通信キャリアが立て替えで支払いを受けられるため、未払いのリスクが少ないです。 また、クレジットカードなどの決済手段を持てない10代の未成年のユーザーに対してもサービスを提供できるため、子供や若者向けのサービスを提供している事業者にとってはこうしたユーザーを取り込みやすくなります。 消費者にとってのデメリット 消費者にとってのデメリットは、利用限度額がかなり低く定められている点です。 限度額は大体の場合において数万円程度でありクレジットカード等と比較するとかなり少ないでしょう。 店舗にとってのデメリット キャリア決済は、少額決済が多いため、その分手数料が高めに設定されています。 クレジットカードや他の決済手段が大体5%未満となっているのに対し、キャリア決済の場合は5%以上かかる場合が多いです。 スマホ決済が手数料0円な理由は? 最近よく「決済手数料0円」という言葉を耳にしますよね! いったいなぜなのでしょうか? 店舗側で負担するスマホ決済の手数料が0円なのは、クレジットカード等の決済システムを使うときの手数料を決済サービス各社が負担しているからです。 通常店舗がキャッシュレス決済の仕組みを導入すると、手数料が発生します。 たとえばクレジットカード決済の端末を導入した場合、加盟店は決済に対して数%の手数料をカード会社に対して支払う必要があるのです。 QRコード決済や非接触IC方式の決済においても、アプリなどにクレジットカードを登録して利用するため、このクレジットカードの手数料は発生しています。 決済サービスの会社は、「手数料0円」を打ち出すことで、サービスが利用できる店舗をどんどん増やしたいと考えています。 まずは、利用者を増やし、将来的により良いサービスを開発するためのユーザー集めに取り組んでいるのです。 PayPayでは、決済システム利用料は2021年9月30日まで無料です。 また、手数料も今後変わっていくことが予想されます。 目先のことだけではなく、将来的な動向も見据えて、スマホ決済の導入を検討したほうがよいでしょう。 注意事項• ・お申込みの際に、加盟店審査がございます。 ・掲載内容は予告なく変更する場合があります。 あらかじめご了承ください。 ・決済システム利用料は、2021年9月30日まで無料です。 2020年4月1日以降新たに加盟店になる年商10億円以上の法人の場合は有料です。 詳細はまでお問い合わせください。 ・入金手数料はジャパンネット銀行の場合のみ永年無料です。 その他の場合は入金サイクルが当月末締め(月1回の入金)の場合は無料、累計決済金額1万円以上で都度入金とする場合は105円(税込)の手数料が発生します。 ・PayPayとの関係での消費者還元(2%、5%)対象店舗にてPayPayピックアップをご利用の場合、消費者還元(2%、5%)が適用にならない場合があります。 お客様へ誤案内の無いようご注意ください。

次の

【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?仕組みや導入のメリット

ペイペイ 仕組み

もくじ キャッシュレスとは現金以外の方法で支払うこと キャッシュレスといっても、クレジットカード、交通系ICカード、流通系ICカード、タッチ型決済、QRコード決済というように、決済手段は多岐にわたります。 海外では、近距離無線通信規格の「NFC」を搭載したクレジットカードが広まっており、決済端末にかざすだけで支払いが完了するタッチ決済が主流となってきています。 キャッシュレスは、端的に言えば「お金を支払うときに現金以外の方法を使う」こと。 クレジットカードで代金を支払う、交通系ICカードで電車に乗る、さらには税金や各種保険代を銀行口座からの引き落としにしている場合もキャッシュレスによる決済になります。 私たちの生活には、以前からキャッシュレスによる決済方法が存在し、身近なところで活用されていることが分かります。 2018年4月、経済産業省は2025年までに紙幣・硬貨を使用しないキャッシュレス決済を40%まで引き上げる「キャッシュレス・ビジョン」を策定しました。 また、訪日外国人旅行客(インバウンド)対策として、2020年に開催される世界的スポーツの祭典開催時までに、外国人が訪れる主要な施設・観光スポットにおいて100%のクレジットカード決済対応を目指すことも公表しています。 クレジットカード決済導入の初期費用と決済手数料は? キャッシュレスは3種類に分けられる キャッシュレスのしくみは、いたってシンプルです。 まず、支払いが発生するタイミングで、キャッシュレスは「前払い」「即時払い」「後払い」の3種類に分けられます。 前払いとは、いわゆるプリペイド方式のこと。 Suicaやnanacoのように、あらかじめ金額をチャージする電子マネーが代表格です。 即時払いは、デビットカードのように支払いと同時に銀行口座から代金が引き落とされるもの。 後払いは、クレジットカードのように後日請求される支払い方法です。 支払いは、基本的にカードやスマートフォンに記録された情報を、専用端末で読み取ることで決済が完了します。 読み取りに関しては、カードをカードリーダーなどで直接読み込む「接触型」、端末に直接ふれなくてもカードやスマートフォンを近づけるだけで近距離無線によって読み取る「非接触型」の、どちらかの手段に分かれます。 また、より利便性の高いキャッシュレスを普及させるべく、LINE Pay、楽天ペイ、Origami、PayPay(ペイペイ)、メルペイに代表される「コード読み取り型」の存在感も増しています。 コード読み取り型は、店頭に置かれたQRコードをスマートフォンの専用アプリで読み取ったり、あるいはスマートフォンの専用アプリでQRコードやバーコードを表示させて店舗のPOS端末で読み取ったりする方式です。 これらも各サービスによって前払い、即時払い、後払いに分かれます。 電子マネーとクレジットカードの詳しい違いを解説 定番のクレジットカード、台頭するQRコード決済 現在のキャッシュレス決済事情は、どのようになっているのでしょうか。 「キャッシュレス決済に関する調査」のアンケート結果(2019年4月、株式会社マクロミル調べ、全国の20~69歳の男女1,000人を対象)から、キャッシュレス決済事情について確認していきましょう。 「普段の支払い方法」からは、現在も現金を使用する人が97. 3%と圧倒的に多いことが分かります。 その後には、クレジットカード(75. 1%)、銀行振り込み・引き落とし(37. 8%)、交通系ICカード(36. 7%)、流通系ICカード(34. 3%)といった、キャッシュレス決済が続いています。 注目したいのは、スマートフォンによる支払いを行う人が19. 4%いること。 クレジットカードや交通系ICカード、流通系ICカードなどと紐付ける「タッチ型決済」と「QRコード決済」が、短期間で台頭していることを示唆しています。 クレジットカード、ICカードは、スマートフォンでの支払いを除く キャッシュレスが普及することによるメリットとは? キャッシュレス決済を利用する理由には、どのようなものがあるのでしょうか。 クレジットカード、タッチ型決済、QRコード決済についてのアンケート結果を見ると、「ポイントが貯まる・使えるから」「支払いがスピーディーだから」「支払いが楽だから」という、3つの理由が多くなっています。 この3つは、キャッシュレス決済のメリットを端的に表しているといえるでしょう。 キャッシュレス化で一番分かりやすい変化は、無駄が「減る」ことでしょう。 現金を管理することがなくなりますので、銀行やコンビニエンスストアのATMに立ち寄って、現金を下ろす手間も、場合により発生するATM手数料もなくなります。 飲食店などで会計するときも、ごく短時間での支払いが可能になり、財布の中の小銭を探ったり、お釣りを受け取ったりという手間がなくなります。 キャッシュレスで効率化されることで、使える時間が「増える」ことになり、新たな時間の使い方やコミュニケーションが生まれていくことでしょう。 また、キャッシュレス化によって「変わる」のは、現金信仰です。 現金信仰とは、現金を使用するほうが便利だと考えること。 そのような考えを持った方に、キャッシュレスによって利便性を感じてもらうことで、主役だった現金からの脱却が起こり、これまでの先入観や常識が変化していくでしょう。 とりわけ、スマートフォンを使ったキャッシュレス決済に関しては、いまだにハードルが高いと感じてしまう人も多いようです。 「スマートフォンで支払いをしない理由」のアンケート回答では「現在の支払い方法で満足しているから」が37. 6%ですが、「スマートフォンを紛失したときに悪用されるのが怖いから」が29. 5%、「利用するための準備が面倒だから」が23. 9%となっています。 しかし、スマートフォンを紛失したとしても、近年発売されているスマートフォンのほとんどは生体認証に対応しています。 所持者本人の指紋認証、顔認証と合致しなければ、認証ロック画面から先に進めない、または決済時に弾かれてしまうため、第三者による支払いは極めて難しいといえるでしょう。 ただし、電子マネーや決済アプリは、回線が止まっても利用できるケースが多いため、クレジットカードと紐付けているのであれば、カード会社に連絡をして利用停止の手続きをするなどの対応は必要です。 また、利用するための準備としては、必要情報の入力など一部手間がかかることはありますが、一度入れてしまえばキャッシュレス決済のシンプルでスピーディーな決済を体験できることになります。 コンビニやスーパーなどで比較的使われやすい流通系ICカードの利用頻度が、最も高くなっています。 また、QRコード決済の利用頻度は、利用者が交通系ICカード、流通系ICカードの3分の1ほどではあるものの、2人に1人は週1回以上使用していることが分かります。 5%未満のラベルは非表示• 5%未満のラベルは非表示• クレジットカード、ICカードは、スマートフォンでの支払いを除く 少額決済に現金を使う人は激減している 現金、クレジットカード、交通系ICカード、流通系ICカード、タッチ型決済、QRコード決済における「支払方法を選ぶ際の金額」を示したアンケート結果を見ていきましょう。 5,000円を超える決済になるとクレジットカードがよく使われていることが分かる一方、1,000円未満の少額決済では、現金、交通系ICカード、流通系ICカード、スマートフォンを利用したタッチ型決済とQRコード決済の利用頻度が高いことが分かります。 流通系ICカードのみ、1,000~5,000円未満での利用率が比較的高くなっています。 1,000円未満の決済に関しては現金で支払う人が6割を切る(56. 6%)というアンケート結果から、日常的に現金を使っている人であっても、少額決済時に何かしらのキャッシュレス決済を利用している人が多いことが分かります。 キャッシュレス社会が浸透しつつあるといえるでしょう。 「キャッシュレス決済に関する調査」のアンケート結果(2019年4月、株式会社マクロミル調べ)を踏まえ、同協議会事務局長である福田好郎氏に、キャッシュレスを導入するメリットや、これからの展望について伺いました。 キャッシュレス化によって生まれる新しいライフスタイル キャッシュレス決済は、ポイントが貯まるといった「利得性」と、支払いを素早く終えることができる、財布を持ち歩かずに済むといった「利便性」の、双方を備えています。 アンケート結果からも、消費者からの関心がうかがえます。 キャッシュレスと聞くと、「現金の代わり」というイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、決してそうではありません。 現金ではできないことが、キャッシュレス決済で可能となります。 言うなれば、 「キャッシュレス化によって、新しいライフスタイルを手に入れる」ということです。 例えば、スマートフォンを介した、非接触型決済を生活に取り入れてみるとします。 すると、小銭を持ち歩く必要はなくなり、会計の度にお金を取り出すといった時間も短縮できます。 高齢者の中には、「クレジットカードの暗証番号を間違えるのが恥ずかしい」「番号を忘れてしまう」といったことを危惧して現金を利用する方も少なくないのですが、 交通系ICカードやスマートフォンに紐付けた非接触型決済であれば、そういった不安を解消してくれます。 また、非都市部では、現金を下ろすだけのために地元の銀行のATMまで車を走らせる方も少なくありません。 しかし、キャッシュレス決済だと、そういった時間や労力を削減することもできます。 セキュリティ面を心配する方もいるかもしれませんが、生体認証によって決済を行うスマートフォンが主流になりつつあるため、セキュリティ対策も向上しています。 キャッシュレス決済が生活のさまざまなシーンと連動していく キャッシュレスなら決済の度に、支出のデータが電子記録として残るため、意図せずとも家計簿のように出費額を把握することができます。 レコードダイエットではないですが、記録されることでお金の管理の上達にもつながります。 このように、現金主体の生活とキャッシュレス主体の生活では、大きくライフスタイルが変わってきます。 決済のシーンが、単に現金からキャッシュレスに変わるだけではなく、生活のさまざまなシーンと連動していくのです。 一方で、アンケート結果「スマートフォンで支払いをしない理由」を見ると、「利用するための準備が面倒だから」という回答が23. 9%と、3番目に多くなっています。 このことから、サービスを利用するまでの手間に対して、二の足を踏む方もいることがうかがえます。 特に、本人確認に関しては、各サービスでセキュリティ面を含めて差異が生じているため、ユーザー心理に負担をかけていることは否めません。 現在、キャッシュレス推進協議会では、本人確認を一本化するための機関の設立なども視野に入れて議論を進めています。 より多くの方が使いやすいように、産官学一丸となって、キャッシュレスの普及に努めていければと考えています。 また、1,000円未満であれば交通系ICカードを、スーパーであれば流通系ICカードを、高額決済であればクレジットカードをという具合に、決済シーンに応じてキャッシュレスの方法が変わることも、アンケート結果から見てとれます。 この数年で、キャッシュレス決済に対する関心が高まっていますから、さらにキャッシュレス決済をライフスタイルに取り入れていく方が増えていくことでしょう。 QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。 一般社団法人キャッシュレス推進協議会・事務局長 福田 好郎(ふくだ・よしお) 2000年慶應義塾大学法学部政治学科卒業。 2000年に野村総合研究所に入社。 2007年NTTデータ経営研究所に入社。 決済領域などのコンサルタントを担当。 専門は、資本市場動向、証券決済、金融サービス分野におけるITマネジメント。 2018年7月、キャッシュレス推進協議会事務局長(常務理事)に就任。

次の

私がアリペイの仕組みで気になったのは、なぜ手数料無料でも運営できているか

ペイペイ 仕組み

還元率• 通常0. 2020年7月1日〜31日まで• 2020年8月31日(月)23:59まで• 期間中にマイナポイントにPayPayを登録すると、抽選で総額1億円相当のPayPayボーナスが当たる 特長• 「ソフトバンク」「ワイモバイル」ユーザーならさらにお得な決済が可能• 月ごとの利用金額をグラフで管理できる• 支払いだけでなく友人間で送金や割り勘もできる 支払い方法• PayPay残高で支払う• で支払う• クレジットカードで支払う 使える代表的なお店• SSL Secure Sockets Layer が用いられている• クレジットカードの登録に本人認証サービス 3Dセキュア が推奨されている こんな人におすすめ!• キャンペーンを通してより高いポイント還元を受け取りたい方• 「ソフトバンク」や「ワイモバイル」ユーザーの方• PayPay ペイペイ で決済できる仕組みは? そもそも、PayPayってどんな仕組みになってるの…? といった疑問を抱いている人も多いと思うので、PayPayの仕組みについて紹介していきます。 PayPay ペイペイ は「QRコード決済」が用いられる PayPayでは、今日本でも爆発的に普及し始めている 「QRコード決済」が用いられています。 QRコード決済とは、QRコードやバーコードを用いた電子決済の方法を言い、スマホアプリ内で表示されるコードをレジで読み取ってもらう、または店舗に設置されたQRコードを自身のアプリから読み取ることで支払いを完了させられます。 なお、QRコード型のスマホ決済サービスは、PayPay以外にも「LINE Pay」「メルペイ」「楽天ペイ」などが挙げられます。 PayPay ペイペイ での決済は「ユーザースキャン方式」と「ストアスキャン方式」の2つ PayPayは「QRコード」を用いた決済方法となりますが、QRコード決済といっても二種類の決済方法があり、「ユーザースキャン方式」と「ストアスキャン方式」の二つに分類されます。 ユーザースキャン方式 ユーザースキャン方式とは、お店側が設置したQRコードをPayPayの利用者自身が読み取りする方式を言います。 PayPayに加盟しているお店の多くがこのユーザースキャン方式を採用していますが、PayPayのアプリからQRコードを読み込み、支払い金額を自分で入力すれば決済が完了します。 ストアスキャン方式 ストアスキャン方式とは、利用者の持つPayPayアプリ内にあるQRコードを、お店側で読み取ってもらう方式です。 大手コンビニエンスストアや大手スーパーなどであれば大体はこのストアスキャン方式が適用されており、PayPayのコード画面を表示するだけで決済が完了します。 PayPayでの支払い方法はお店が採用している支払い方式によって異なるので、今後PayPayを利用していきたい方はいずれの方式にも対応できるよう備えておきましょう。 PayPay ペイペイ でクレジットカード支払いができる仕組み PayPayはクレジットカードを使った決済もでき、PayPayにクレジットカードを登録すれば、自身の保有するクレカをPayPayのQRコード決済を経由して支払いできる仕組みとなっています。 そもそも、PayPayの支払い方法は、• 銀行口座からPayPay残高にチャージして支払う• Yahoo! JAPANカードからPayPay残高にチャージして支払う• クレジットカードから支払う といった種類に分類されます。 PayPay残高で支払うのとクレジットカードで支払うのって何が違うの…? と疑問に思った方も多いでしょう。 「PayPay残高での支払い」は自身の銀行口座などを使った「前払い」ですが、「クレジットカードでの支払い」はその支払いが「後払い」になる点で異なっています。 なお、PayPayは支払い方法によってポイント還元率も異なっており、支払い方法を「PayPay残高・」のいずれかに選択すれば最大1. お得にPayPay ペイペイ を使うならヤフーカードがおすすめ! というわけで、あなたがPayPayで少しでも高いポイント還元率を維持しながら決済したいのであれば、 を使ってPayPay残高へチャージする方法がおすすめです。 は唯一PayPay残高へチャージが可能なクレジットカードなので、 PayPay残高へチャージして最大1. とにかく高いポイント還元率を維持しながらスマホで便利に決済していきたい…。 と考える方は、PayPayにを登録してみましょう。 PayPay ペイペイ は危ない?セキュリティ対策はどうなってる? そもそもPayPayで支払うのって危なくないの…? 便利でお得に決済できるPayPayですが、一方でこういった疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。 実は2018年12月に、 PayPayユーザーの登録したクレジットカードが不正に利用される被害が起こりました。 当時は「100億あげちゃうキャンペーン」の開催で多くの新規利用者がPayPayに殺到していたこともあり、余計にその被害者数が膨らんでしまったのではないかと考えられています。 なお、2018年12月27日にPayPayは利用者が被った損害を全額補償すると発表し、クレジットカードの上限設定や本人認証サービスの導入といった、新たなセキュリティ対策も発表されました。 SSL Secure Sockets Layer が用いられている PayPayでは、 業界標準の暗号化技術であるSSL Secure Sockets Layer を用いた通信が行われています。 SSLとは、Webサイトとユーザー間で行われる通信を暗号化する仕組みであり、SSLを用いれば第三者にその通信の中身を盗まれるリスクを防げます。 クレジットカードの登録に3Dセキュアが推奨されている PayPayでは、 登録するクレジットカードに「3Dセキュア」と呼ばれる本人認証サービスが推奨されるようになりました。 3Dセキュアとは、クレジットカードで認証コードを使って本人認証するサービスですが、PayPayで3Dセキュアによる本人認証を行えば、 利用上限が5千円から2万〜5万円へと引き上げられます。 出典: このように、PayPayでクレジットカードを使う場合、しっかりと本人認証を行わなければ利用上限が少なくなるという対策がなされました。 不正発生率は低下している 不正対策の実施後、PayPayでは不正発生率が「第2段100億円キャンペーン」の開催時点で0. 出典: なお、PayPay以外のスマホ決済サービスのセキュリティ対策については以下で解説しているので、気になる方は合わせてチェックしてみてください。 しかしあなたは、 なぜこのような太っ腹なキャンペーンが行われているのかご存知でしょうか? 大規模なキャンペーンはPayPayだけでなく、LINE Payやメルペイなどといった様々なスマホ決済サービスが展開していますが、なぜこんなにもユーザーにお金を還元するのでしょうか? その大きな理由として考えられるのが、 新規ユーザーや新規加盟店の獲得、いわば「宣伝」の為だと言えるでしょう。 そもそも企業は、自社サービスの新規ユーザーを獲得するために、TVCMやネット広告などといった、あらゆる媒体を使ってプロモーションを実施しています。 PayPayの大規模な還元キャンペーンは、ユーザーに直接お金を還元して、実際にサービスを使ってもらえるよう行動を促すといった、プロモーションの一環だったと考えられるでしょう。 実際、 2019年8月時点でPayPayの登録ユーザー数は1,000万人を突破したと発表されました。 出典: 上記の図のように、12月に行われた100億円あげちゃうキャンペーンによって、 PayPayのユーザー数はわずか数ヶ月足らずで300万人程に爆増していたことが分かります。 開始から10ヶ月で、日本のおよそ10人に1人がダウンロードするくらいの規模に成長したPayPayですが、 そこには大規模なキャンペーンによるプロモーション戦略があったのです。 そこで、将来PayPay側から出されるであろう利益の仕組みについて、いくつか考察していきます。 将来的には加盟店舗からの手数料が大きな収入源になる可能性も PayPayの加盟店側は、決済手数料が2021年9月まで無料に設定されていますが、その後は一定割合の手数料が各加盟店に課される可能性が高いでしょう。 将来多くの店舗でPayPayが導入されれば、PayPay側としてはその取引手数料が大きな収入源となることでしょう。 ソフトバンクやYahoo! の売り上げ増加に繋がる なお、PayPayを運営するPayPay株式会社はソフトバンクやヤフーの傘下であるため、ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーとの相乗効果も見込まれているでしょう。 さらに、ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら携帯料金と合算して支払える「まとめてお支払い」も利用できるので、相乗効果を発揮しながら両方のユーザー数拡大を図っているのでしょう。 ユーザーの購買データを用いたデータ分析 そして、PayPayを通して得られたユーザーの購買データをもとにしたデータ分析なども、PayPayの今後の収益源として考えられるでしょう。 利用ユーザーの年齢や性別、利用金額、購入した商品の品目など、あらゆるデータは運営元であるPayPayの元へ集まります。 こうしたユーザーデータを用いれば、PayPayを利用する加盟店のマーケティング対策にも繋がるでしょうし、それによって更なるPayPayの加盟店舗拡大にも期待できるでしょう。 まとめ:PayPay ペイペイ でお得に決済していこう! 以上がPayPayに関するあらゆる仕組みについてでしたが、これからスマホ決済を利用していくのであれば、 圧倒的なユーザー基盤と店舗基盤を持っているPayPayがおすすめです。 今なら「PayPay残高・」のいずれかの方法で決済すれば常時1. 是非この機会に、PayPayを活用してみてください!.

次の