ごうえもん期待値。 盗忍!剛衛門(とぅっす!ごうえもん) スロット,天井,設定判別,解析,打ち方まとめ

南国物語 スルー回数とゲーム数別天井期待値を考察してみる【注意】【追記】

ごうえもん期待値

ART間天井がベル最大128回に短縮 対決カウンターモード50%で再抽選 内部状態は低確 10%で初回対決勝利が確定し50%で80%ループ となっていますよね。 この 初回対決勝利の80%ループが今回のリセット狙いの肝となります。 対決カウンターモードは50%で再抽選ですが、再抽選された場合の振り分けは 対決カウンターモード 振り分け 通常A 25% 通常B 25% チャンス 25% 対決連チャン 25% となっていますね。 全モード均等振り分けです。 朝一に対決連チャンに移行する確率は単純に0. 5*0. 25で 12. 5%ということですね。 リセット後のベル0~7回狙いは微妙? 前日ヤメ時のベル回数にもよりますが(50%で引き継ぐため)、 朝一にベル7回以内で対決に行く確率は薄いと思います。 対決モードが再抽選されたとしても12. 5%でしか対決連チャンへ移行しません。 さらに、朝一モードへ行く確率が10%となれば単純計算ですが 1. 25%でしか対決連チャンと朝一モードの状態の台はありません。 引用元:様 こちらはリセット後の実践値でのデータです。 そこまで優遇されている感じはしませんね。 ベル回数の7回以内を狙うメリットは少なそうです。 初回対決まで狙う 一応これは推奨しているサイト様もありますが あまりにも 時間効率が悪すぎます。 せっかくの朝一状態のホールなのでもっと他に打つべき台が あるのではないでしょうか? 最近の台でも新台の バイオや討鬼伝などリセットが美味しい台も ありますよね。 やはりそういう台から攻めるのが良いのではないかと思います。 番長3のリセット狙いは天井狙いで 番長3の初回対決勝利の朝一モードを狙うのは厳しいと思います。 そこよりも、リセット後の天井短縮を狙うのがメインとなってくるのではないでしょうか。 天井短縮が大きいので意外と拾えることも多いと思います。 設置台数が多いだけあって狙える機会もやはり多いですね。 まとめ 番長3のリセット後の挙動について考えてみましたが、 やはりリセット後の朝一モードを狙うのは私個人の意見では 微妙なのかなと感じてしまいます。 朝一はかなり大切な時間だと思います。 もっと優先すべき台が他にいっぱいあるんじゃないでしょうか? とはいっても、単純にスロットを楽しみたいという目的の方は 朝一に番長3を初回対決まで打つのはいいと思います。 大好きな台を打つのがスロットを打っていて楽しい時間になりますからね。 以上、番長3のリセット狙いについてでした。

次の

「番長外伝 盗忍!剛衛門」天井期待値・ゾーン・狙い目・やめどき・MB等まとめ

ごうえもん期待値

Contents• それに剛衛門(ごうえもん)も読み方だって迷いますよ。 特訓みたいなのにいって、 こんな感じで次回予告されました。 ) 10個だからそこそこ乗ると思ったんですよ・・。 そしたら、 初期ゲーム 15ゲームですって! めっちゃ乗りましたよ! こんなにも乗るんか!ってくらい乗りました! だって 純増2. 0枚ですからね。 せっかく当たって39枚っすよ。 アホでしょ。 前回116GB当選• 寝たフリですからね。 決してダメージを受けたわけではありません。 あまり満足できる個数ではなかったですが、 1セット目に、 激熱ナビから、 火時計レインボー(押せ!) からの! レインボーストック獲得!! もうこれで完走は見えてきましたね。 落ちてました。 すごいですよね。 まぁ閉店前だったので、 前任者は嫌になって帰っちゃったのでしょう。 僕が打った結果は、 天井で当たって天国はスルーしました。 残念です。 収支:-2,768 今回の結果.

次の

ART終了画面:盗忍!剛衛門

ごうえもん期待値

ども、くろっくです。 今回も 盗忍!剛衛門についてです。 結論から言うと・・・ 盗目はガン無視してOK! 重要視すべきはハマリG数だけ! というか、 むしろ盗目は引いてないほうが期待値が獲れると思います。 つまり 「800ハマリ60盗目」よりも「800ハマリ20盗目」のほうが期待値は高いはずです。 あと、拾った時点での鬼賽数も軽視して良いと思います。 ただし、鬼賽15以上ならばアツいです。 何言ってんだ! 天井が近くなるんだから盗目が多いほうが良いに決まってるだろ! こう思うかもしれない。 しかし、以下の2つを比べていただきたい。 なので平均10~30枚くらい?で当たります。 一見すると、盗目が貯まってるほうが良いと思うかもしれない。 しかし考えて欲しいのが、平均獲得枚数です。 これでは 平均獲得枚数はさほど多くはないはずです。 剛衛門の本当の天井恩恵というのは1500以降の更にその先にあるのです。 1500Gの先が激アツ ハマリG 鬼賽獲得数 1個 3個 5個 10個 20個 1000G 75. ここを何回通過できるか? 剛衛門の出玉というのはここにあるはずです。 それによって平均獲得枚数も大幅に上がるはずです。 たとえ投資の身銭を切ろうとも。 つまり、 平均回収額で407枚以上の差がついてしまえば50盗目のほうに軍配が上がります。 解釈は分かれるでしょうが、 平均回収額には407枚以上の差はあると思います。 1500以前の当選と1500~2500での当選というのは、平均獲得枚数も相当に変わってくるはずです。 スポンサードリンク 鬼賽1つの価値について そもそも、何故ここまで1500~2500ハマリの平均獲得枚数が高くなるのか? 鬼賽をたくさん貰えるから、というよりは・・・ 大量の鬼賽がある状態でさらにガンガン貰えるから、という言い方のほうが良いかもしれません。 というのも、 鬼賽1つの価値というのは、保有すればするほどに鬼賽1つ価値も上がっていくわけです。 特化ゾーン鬼粋のシステム 特化ゾーンの鬼粋では、鬼賽数に応じて上乗せ抽選を受けれるわけですが・・・ ここで肝心なのは、 上限解放というのがあります。 上限解放に当選すればするほどに鬼粋1Gでの上乗せG数の最大値が増えます。 つまり、 大量保有していればしているほどに上限解放当選後の特化ゾーンを回せる機会が増える、ということ。 最初の1GあたりのMAX上乗せは22Gです。 それが、上限解放に1度当選すればMAXは33Gに、2度当選すれば44Gに・・・ こんな感じです。 上乗せのMAXというのは、特化ゾーンが続けば続くほどに上がっていくみたいな。 なので、鬼賽50~80ならば何段階もの上限解放が期待できるうえに、上乗せMAX値が爆発的に上がった特化ゾーンを回せる機会も多い。 逆に言うと、鬼賽10~20で特化ゾーンに突入しても上限解放後の特化ゾーンを回せる機会は少ないわけです。 だからこそ 鬼賽1つの価値というのは、保有すればするほどに鬼賽1つ価値も上がっていくわけです。 99盗と50盗とでは、当選時の平均鬼賽数が全く違います。 そして鬼賽が多ければ多いほどに鬼賽1つの価値も上がっていく。 ゆえに結論として・・・ 1400G・50盗目の平均回収額は1400G・99盗目の平均回収額を407枚以上を凌駕する。 よって、むしろ盗目数は少ないほうが良い。 こんな考えです。 まとめ 1400Gでの99盗目と50盗目の比較というのは極端な例でしたが、600Gや800Gあたりもその延長で考えれるはずです。 600G・50盗よりも、600G・20盗のほうが期待値は高いと思います。 あと最後に、 拾った時点での鬼賽数なんですが・・・ あまり気にしないで良いかと思います。 例えば鬼賽8個と10個とでは2個の差があります。 万が一に2000超えをした場合は2個の差は価値として大きいんですが、大半は~1000とか~1500で当たりますからね~。 それほど保有していない状態で当選する場合が多いために、鬼賽2個の差の価値もさほど開かないはずです。 しかし、コインを入れて鬼賽15とか20とかあったなら話は別ですよ。 こうなると相当にアツいんじゃないでしょうか。 まあ優先順位としては、 ハマリG数>>>>>鬼賽数。 そして盗目数はガン無視。 てか少ないほうが良い! では、ここらへんで。

次の