ブドウ の 種類。 ブドウとは

ブドウ

ブドウ の 種類

デラウェア• ピオーネ• マニキュアフィンガー• ナイアガラ• ナガノパープル• ネオマスカット• ハニービーナス• ピッテロビアンコ• ロザリオ・ビアンコ• ロザリオ・ロッソ• 紅伊豆• 紅南陽• マスカット・オブ・アレキサンドリア• マスカット・ベリーA• 多摩ゆたか• アウローラ21• キャンベル・アーリー• イタリア• グローコールマン• あづましずく• 安芸クイーン• キングデラ• ゴルビー• シャインマスカット• スチューベン• 瀬戸ジャイアンツ• ブドウ• ブドウ• ブドウ• ブドウ(ワイン用)• ブドウ(ワイン用)• ブドウ(花)• ブドウ(花)• ブドウ(落花後)• ブドウ(幼果) ブドウの概要 ブドウの品種はとても多く、世界には10000種以上のブドウが存在するといわれます。 このうち日本ではおもに50~60種類ほどが商業栽培されています。 また、ブドウは果皮の色によって「赤」、「黒」、「緑(白)」の3つに大別されます。 赤は「甲斐路」や「安芸クイーン」など、黒は「巨峰」や「ピオーネ」などが有名です。 また緑は「マスカット・オブ・アレキサンドリア」や「ロザリオ・ビアンコ」などがあります。 果皮の色は、未熟なうちはどれも緑色ですが、成長の過程で赤や黒の色素が作られていきます。 そのために果皮の色が違ってくるのです。 なお緑系(白系)のブドウは色素が作られないため、熟しても緑色のままです。 ブドウの歴史 現在栽培されている品種の多くは、ブドウの祖先といわれる「ヨーロッパブドウ」と「アメリカブドウ」を交配したものがもとになっています。 ヨーロッパブドウの歴史は紀元前4000~3000年と古く、古代エジプトの壁画にも栽培の様子が描かれています。 日本への渡来ルートは、中近東地方から古代ヨーロッパ、その後シルクロードを横断して中国へ、そして奈良時代に中国から日本に伝わったといわれています。 アメリカブドウは北米が原産で、これも古くから自生していました。 日本で本格的に栽培が行われるようになったのは明治時代に入ってからですが、山梨県原産の「甲州ぶどう」は、鎌倉時代初期にはすでに栽培されていたようです。 ブドウの保存方法 ブドウは日持ちしないので、なるべく早く食べるようにしましょう。 食べきれない場合は新聞紙やラップで包むかポリ袋に入れて、冷暗所もしくは冷蔵庫の野菜室で保存します。 果皮に付いた白い粉(ブルーム)は鮮度を保つ役割を持つため、食べる直前まで洗い流さないこと。 なお、ブルームは食べても大丈夫です。 少しでも長く保存したい場合は、ハサミで1粒ずつカットして保存用袋や密閉容器に入れて冷蔵しましょう。 カットする際は、ブドウの軸(小果柄)を少し残しておくのがポイント。 粒にフタをしておくことで水分の蒸発を防止でき、鮮度が保たれます。 冷凍する場合もこの状態で保存するのがおすすめです。 イラストはブドウの糖度分布です。 また黒ブドウや赤ブドウは、果皮の色が濃いほうが味がよいです。 ブドウの栄養と効能 おもな栄養成分(可食部100g中) カリウム(130mg)、ブドウ糖(7g)、果糖(8g) 注目成分 アントシアン、レスベラトロール(赤ブドウ) 期待される効能 疲労回復、眼精疲労改善(赤ブドウ)、、、、、 ブドウの皮には、眼精疲労や活性酸素の除去に効果があるとされる「アントシアン」が多く含まれます。 アントシアンはポリフェノールの一種で、悪玉コレステロールの発生を防ぎ血液をキレイにする働きがあるといわれています。 そのため、動脈硬化やがん予防にも期待ができます。 デラウェアなどの赤ブドウには、発がん抑制作用を持つといわれる「レスベラトロール」というポリフェノールも含まれています。 また、果実に多く含まれるブドウ糖や果糖は疲労回復に効果があるので暑い夏のエネルギー補給に最適です。 より詳細な栄養成分については、「」もしくは「」に掲載しています。

次の

イタリアワインのブドウ品種(地場品種)

ブドウ の 種類

ブドウの品種 ブドウの品種は、大きく分けてワイン向けのヨーロッパ系、耐病性の高いアメリカ系があります。 この二つの交雑種が、生食用の品種として多くを占めています。 交雑種は皮ごと食べられるもの、果粒が青系(緑系)、黒系、赤系のものなど、さまざまな品種が生まれています。 一年を通して、多彩な品種が市場に流通されています。 近年のブドウへの需要の高さから、果物農家にとっても、新しい品種を考案するための参考になるのではないでしょうか。 私たちが良く知っている人気のブドウから、まだ知られていないブドウまで品種と産地、特徴について紹介していきます。 巨峰 高い糖度でジューシーな味わいがあり、紫黒色の大きな果粒が特徴の「ブドウの王様」です。 皮には渋みがあるため、皮は取り除いて食べます。 国内での人気も高いため、4~10月と長期間出回りますが、最盛期は9月頃です。 房落ちしやすかったり、まだ知名度は低いけれどおすすめのブドウを紹介しています。 2018、完成しましたー。 新たに16品種を追加、葡萄の写真もいくつか差し替えと追加をしております。 余白がちょい目立つけどタイムアップです…また来年。 濃厚な味わいと皮の取りやすさが特徴です。 ハウス産のものが4月下旬から出回り始め、6月下旬には無加温のものが出回ります。 露地栽培のものは、4月下旬~9月にかけて出荷されます。 主な産地は山形県、山梨県、大阪府です。 種がないため食べやすく、喉に詰まる心配も少ないので、小さなお子さんから年配の方まで老若男女とわずオススメです。 ピオーネ アレキサンドリア 大粒の黄緑色で、独特の甘みと芳香が特徴です。 「果物の女王」と呼ばれ、贈答品として定番になっているブドウです。 正式名称は「マスカット・オブ・アレキサンドリア」。 市場には6~11月と比較的長い期間出回ります。 スーパーなどでは、7~10月によく入荷されます。 主な産地は岡山県、群馬県です。 キングデラ 大阪で生まれた高級品種で、デラウェアの血を引く「レッドパール」と「アレキサンドリア」の交配種のため、紫黒色ですがマスカット系の香りが特徴です。 また種なしのため、皮も取りやすく食べやすいです。 500グラムにもなる大房型を240グラム未満に仕上げ、ハウス産が高級品として春から夏にかけて出回ります。 露地栽培のものは少量ですが、8月に出回ります。 主な産地は山梨県、山形県、北海道などです。 ナガノパープル 画像提供:豊洲市場ドットコム 長野県オリジナルの早生品種で、2005年頃に出荷が始まったとされて爽やかな甘みが特徴の新しいブドウです。 巨峰やピオーネよりもやや小ぶりで、皮ごと食べることができるので、皮に含まれるポリフェノールも摂ることができるでしょう。 主な産地は長野県・JA須高管内で、9月上旬~9月下旬に出荷されます。 🍇ナガノパープルは、長野県果樹試験場が巨峰とリザマートという品種を交配した品種です。 甲斐路(かいじ) 酸味は少なく強い甘みがあり、大粒で橙赤色の長卵形が特徴のブドウです。 甘味が強く酸味が少ないブドウで、皮ごと食べられて日持ちもするため、土産品としても人気があり親しまれています。 ブドウの中では主力商品ではないですが、赤系の大粒の大衆品種として定着しています。 出回り時期は9~10月で、ピークは9月です。 主な産地は山梨県、新潟県、山形県です。 キャンベルアーリー 紫黒色で厚めの皮と、さわやかな酸味が特徴の品種です。 皮は紫黒色で厚く、身離れがよくむきやすいブドウです。 糖度は14〜16度と、ブドウの中では高い方ではありませんが、さっぱりとした味わいです。 色が濃く酸味もあるので、ワインの原料やジュース、ジャムなどの加工品にも向いています。 出回り時期は8月上旬~8月下旬です。 主な産地は岩手県、青森県、宮崎県などです。 ロザリオビアンコ 大粒で緑白色の楕円形が特徴のブドウです。 糖度20度以上と強い甘みがあるので、甘いブドウが好きな方にはおすすめです。 主に山梨県、長野県、山形県などで栽培されていて、出荷のピークは9月頃です。 ロザリオビアンコはロザキとアレキサンドリアを交配して誕生しました。 ルビーロマン 石川県オリジナルの品種で、果粒は巨峰の約2倍のサイズになります。 赤系のブドウとしては国内最大級の大きさを誇ります。 市場には、8月下旬~9月中旬にかけて出回ります。 主な産地は石川県です。 クイーンニーナ 画像提供:豊洲市場ドットコム 黄緑色をした大粒で薄皮の種なしブドウです。 岡山県産のものなどは「桃太郎ぶどう」としても販売されています。 9月末頃に出荷されます。 主な産地は岡山県、広島県、香川県などです。 瀬戸ジャイアンツは、グザルカラーとネオ・マスカットを交配させ選抜したものです。 🍇岡山県 を代表する品種です。 皮も薄くそのままサクサクと食べられます。 ハニービーナス 皮ごと食べられる新品種です。 黄緑色で糖度も高く、マスカットよりも強い芳香があります。 8月下旬より出回ります。 主な産地は宮崎県、鳥取県、栃木県などです。 マスカットベリーA 濃紫色で大房型ブドウです。 甘みが有りほどよい酸味もある濃厚な味わいで、種なしタイプは「ニューベリーA」の名で流通しています。 8~10月の時期に出回ります。 主な産地は山梨県、兵庫県、岡山県などです。 サンヴェルデ 一つの果粒が平均14グラムという大粒の品種です。 黄緑色で弾力のある果粒ですが、薄皮なので皮ごと食べられ、歯ごたえも良いブドウです。 8月下旬~9月上旬に流通します。 サニールージュ 濃厚な味わいで、鮮やかなルビー色が特徴の中型ブドウです。 長野県、岩手県、宮崎県が主な生産地で、7~8月に出回ります。 🍇サニールージュはピオーネとレッドパールを交配して誕生しました。 黄玉(おうぎょく) 黄緑色をした高糖度の大粒品種です。 強い甘みがあり、ジャスミンのような香りがするといわれています。 8月中旬~下旬にかけて出回ります。 藤稔(ふじみのり) 画像提供:豊洲市場ドットコム 酸味と甘みの適度に残る、濃厚でバランスの良い黒ブドウです。 極早生で、7月下旬から出回るため、お盆前にも販売ができます。 主な産地は兵庫県、東京都、福井県などです。 ブラックビートは「藤稔」と「ピオーネ」を交配して誕生しました。 二つの良いところを兼ね備えたたブドウで、粒の大きさにはかなりのインパクトがあります。 翠峰(すいほう) 楕円形の白色ブドウで、ひとつひとつの果粒が大粒です。 渋みが少なく、スッキリとしたさわやかな甘さがあります。 8月中旬から出回ります。 主な産地は岡山県、山梨県、長野県などです。 翠峰はピオーネとセンテニアルを交配して誕生しました。 甲州 日持ちの良い品種で、江戸時代から流通していたといわれています。 ワインの原料としても活用されています。 9月下旬〜10月下旬に出回ります。 主な産地は山梨県、山形県、大阪府です。 アウローラ21 画像提供:豊洲市場ドットコム 大粒なブドウで、ジューシーな果肉と香りがします。 皮ごと食べられ、緑色に赤みがかった果粒が特徴です。 8~10月中旬にかけて出回ります。 オリエンタルスター 大粒の紫赤色、種なし、多汁な果肉が特徴です。 8月末から出回ります。 紫苑(しえん) 大粒で種もなく、赤系で糖度の高い希少品種です。 10月中旬~12月中旬に出回ります。 主な産地は岡山県です。 グローコールマン 淡い紫黒色の果粒で、控えめな甘みと酸味が特徴です。 11月頃から出回ります。 主な産地は岡山県、群馬県です。 クリムゾンシードレス 長卵系の品種で、硬めでジューシーな果肉が特徴です。 種はほとんどなく、酸味があります。 レッドグローブ 輸入品種で、皮ごと食べられます。 アメリカ産は9~11月、チリ産は12~6月にかけて出回ります。 マニキュアフィンガー・ゴールデンフィンガー 名前の通り、細長い指のような形をした品種です。 マニキュアフィンガーが紫色、ゴールデンフィンガーが黄緑色となっており、薄い皮とサクッとした食感が特徴的です。 レディーフィンガー イタリア産の細長い白ぶどうで、緑白色に紫がかった果粒です。 ゴルビー 画像提供:豊洲市場ドットコム 大粒で種なし、上品な甘味が特徴の赤色の品種です。 8月中旬から出回ります。 🍇1980年代に登場している赤系ブドウで、名前は育成当時活躍していた旧ソ連のゴルバチョフ書記長の愛称で、赤く丸い大粒から氏を連想してつけられたそうです。 ゴルビーは、レッドクイーンと伊豆錦を交配させて誕生しました。 スチューベン アメリカの品種で、紫黒色の果粒です。 9月〜翌2月に出回りますが、12月頃の東北産のものが特に良品といわれています。 主な産地は青森県、秋田県、山形県です。 ルビーオクヤマ マスカットオブイタリアが突然変異した品種で、赤紫色の大粒の果肉からはマスカットの香りがします。 主な産地は青森県、長野県、山梨県です。 ブドウと一口にいっても、甘みや酸味、香り、食べやすさ、出荷のピークなど、さまざまなタイプがあります。 知名度は低いけどまだ知られていない、あなた好みのブドウを探してみてはいかがでしょうか。 【関連サイト】.

次の

ブドウ

ブドウ の 種類

ボルドーの赤 フランスのボルドー地方で多く栽培されている品種で、特にメドック地区の主要品種とされています。 今ではカリフォルニア、オーストラリア、イタリア、チリなど各国でも人気で、日本でも栽培されています。 ボルドーでは、ほとんどがメルロなどとブレンドされますが、他国では単一品種でワインが造られることも多い品種です(ただし、ラベルにカベルネ・ソーヴィニヨンと記してあっても少量他品種がブレンドされているものも)。 色が濃く、カシスやブラックベリーといった黒い果皮の小さな果実の香り、それにスパイシーさが加わることが多く、力強い味わいで、タンニンも豊かなのが特徴です。 赤ワイン用のブドウ品種:ピノ・ノワール フランスのブルゴーニュ地方の伝統的な品種で、単一品種でワインが造られます(少量ですがガメイとブレンドされるカテゴリーもあります)。 また、シャンパーニュ地方でも多く栽培され、白やロゼのシャンパーニュが造られています。 カベルネ・ソーヴィニヨン同様、多くの国で栽培される人気品種ですが、比較的冷涼な産地で成功しています。 ブレンドされることは少ない品種です。 比較的明るい色合いで、ラズベリーやチェリー、梅などの酸味を伴う赤い果実、花などの、華やかな香りが魅力的で(この香りに惹かれる人が大勢います)、上品な味わいで、タンニンはそれほど多くはありません。 赤ワイン用のブドウ品種:メルロ カベルネ・ソーヴィニヨンと同様に、ボルドー品種のひとつです。 ボルドー地方では特に、右岸と呼ばれるポムロール、サンテミリオンなどで主体となる品種です。 こちらも世界的に人気があり、各国で栽培されています。 ボルドーではカベルネ・ソーヴィニヨンなどとブレンドされることが多いですが、他国では単一品種で、というケースのほうが多いかもしれません。 色が濃いめで、アメリカンチェリーなどの黒い果皮の果実の香りがして少しカベルネ・ソーヴィニヨンに似ていますが、よりふっくらとした香りで、味わいも酸やタンニンがそれほど強くなくまろやかなのが特徴です。 赤ワイン用のブドウ品種:シラー/シラーズ これはオーストラリアなので「シラーズ」です フランスのローヌ地方や南フランスで、単一品種あるいはグルナッシュなどとブレンドされる品種です。 他国ではオーストラリアでの実績が有名で、南オーストラリアを中心にしてシラーズと呼ばれています。 こちらもとても人気で各国で栽培が盛んに行われています。 最近、日本でも注目され始めている品種のひとつですよ。 色が濃く、アメリカンチェリー、プラム、スミレの花、スパイス(特に胡椒)などの香りが豊かで、酸やタンニンはそれほど強くなく(カベルネ・ソーヴィニヨンほどではない)、タイトでなめらかな味わいです。 赤ワイン用のブドウ品種:グルナッシュ/ガルナッチャ フランスの南ローヌ地方や南フランスで、単一品種あるいはシラーなどとブレンドされる品種です。 スペインではガルナッチャと呼ばれています。 比較的暑い気候で栽培されることが多く、よく熟しアルコール度数が高くなることが多い品種です。 色が濃く、アメリカンチェリーやプラムのリキュールやチョコレートを思わせる、ふっくらとした、シラーよりフルーティーな香りで、酸やタンニンは少なく、厚みやボリューム感があります。 赤ワイン用のブドウ品種:ネッビオーロ 北イタリアのピエモンテ州を中心として栽培されている品種で、バローロやバルバレスコ、といったワインの名前でよく知られています。 これらは単一品種で造られています。 他国でも栽培はされていますが、あまり成功している産地はありません。 色は濃くありません。 色は薄いのに、力強い味わい、特にタンニン分がとても豊かなところが、この品種ならでは。 飲み頃が比較的遅いワインになります。 こちらも、他国でも栽培されていますが、あまり成功していません。 色は基本的には濃くなく、アメリカンチェリー、ラズベリー、ブラックベリーなど、産地の条件によって果実の香りが異なりますが、酸やタンニンが豊かな上品な味わいです。 赤ワイン用のブドウ品種:テンプラニーリョ スペインのリオハ地方やリベラ・デル・ドゥエロ地方、ポルトガルを中心として栽培されている品種で、ガルナッチャなどの補助品種とブレンドされることが多く、気候などの立地により随分個性が異なります。 これもイベリア半島を除くと他国ではあまり成功していません。 アメリカンチェリーやブラックベリーからラズベリーなどの香りもする、カベルネ・ソーヴィニヨンとピノ・ノワールの個性を、それぞれ少しずつ足したようなニュアンスで、エレガントなタイプから力強いタイプまで存在します。 赤ワイン用のブドウ品種:ジンファンデル アメリカのカリフォルニアを中心として栽培されている品種で、赤ワインが主体ですが、淡いピンク色のほんのり甘口のロゼも造られています。 南イタリアのプリミティーヴォと同種とわかっていますが、原産は東欧のようです。 その他の国での栽培は、それほど知られていません。 色が濃く、ラズベリー、アメリカンチェリー、プラム、レーズン、そしてとてもスパイシーな香りで、エレガントなタイプからボリューム感のあるタイプまで様々ですが、酸やタンニンはそれほど強くありません。 【関連記事】•

次の