コールセンター 求人募集。 在宅コールセンタースタッフ募集

【コールセンター】看護師の転職・求人・募集

コールセンター 求人募集

コールセンターの業務は大きく受信と発信に分かれます。 発信は電話調査やテレアポなどが代表的な業務です。 いづれの業務も未経験からのスタートが可能です!取り扱う商材の専門性を高めていけば、時給がドンドン上がりますよ! コールセンター受信業務のお仕事内容• カスタマーサポート お客様からの様々なお問い合わせを総合的に受け付ける窓口です。 お客様の要件に対応し、自身で情報提供したり、専門のオペレーターへ転送するなどして、お客様のトラブルや疑問を解決します。 こんな業界の商品を扱います メーカー、サービス事業者、保険会社、カード会社など• 通販受注 テレビショッピング、ラジオ、インターネットや新聞、雑誌、折込広告などで紹介・掲載された商品、サービス、チケット等のオーダーの受注を担当します。 こんな業界の商品を扱います 化粧品、健康食品、一般食品、 家電などのメーカー、販売会社、 通販会社、保険会社、 ネット通販受注• テクニカルサポート パソコンや携帯電話、電化製品、ソフトウェアなどの設定、操作方法、トラブルに関するテクニカルなお問い合わせに対し、適切な不具合の対処や復旧方法など提案し問題を解決する業務です。 こんな業界の商品を扱います パソコン、ソフトウェア、 携帯電話、電化製品、 インターネット接続など コールセンター求人の時給は事務職よりも高く設定されていることが多く、多くの収入を得たいという方にお勧めです。 また、週4日~5日程度(シフト制)、安定的に働ける方を募集しているコールセンターが多いため、労働時間と収入の見合いで判断する必要があるでしょう。 また、コールセンターでは未経験の方も積極的に採用を行っていますので安心下さい。 1ヶ月~2ヶ月ほどしっかり研修を受けた後に現場配属となりますので、電話対応のやり方や専門知識を身に付けることができます。 コールセンターの業務は、そのコールセンターがどのような商材やサービスを取り扱っているかにも寄りますが、電話対応数が極めて多い期間があったり、クレーム処理をしなければならなかったりということから、精神的にきつく激務に感じる方もいらっしゃいます。 そのため、コミュニケーション能力やストレス耐性が求められる仕事ですが、しっかりと研修を受けることや、現場の先輩・マネジャーに相談することで解決できるでしょう。 コールセンター求人には様々なお客様からお問い合わせが寄せられますので、クレームが全く無いということは基本的にありません。 また、オペレーターの対応の仕方1つで、クレームに発展する場合とそうでない場合がありますので、オペレーターの力量に寄る部分もあります。 オペレーターの経験をしっかりと積めば、クレームを受ける頻度も減ってきますので、まずチャレンジしてみることをお勧めします。 コールセンターのクレーム対応のコツとしてはまずはお客様を落ち着かせる事。 感謝の気持ちを伝えたり、誠意を込めて謝罪をしたり…と効果的な方法は多くありますが、中でも効果的なのが「おっしゃる通りです」と相手の気持ちを理解している事を伝えること。 これを駆使すれば、クレームも怖くありませんよ! 特にコールセンターのオペレーター業務に慣れていないときに、クレームを受けてしまった場合の対処法としては、一人で解決しようとしないということが大切です。 職場には上司や先輩スタッフがたくさん居ますので、自分一人で解決できないなと感じたら、周りに相談して電話を替わってもらうと良いでしょう。 発信の求人はノルマをクリアすることが大変だったり、お客様にガチャ切りされてしまったりと、体力的・精神的につらいと感じられる方もいらっしゃいます。 一方で、コールセンター求人の受信のバイトよりも高い時給が設定されていたり自身の成果を感じやすかったりと、テレアポならではのメリットも存在しますので、メリット・デメリットを総合的に判断することが大切です。 受信の求人なら、ノルマやあしらわれるような対応はありませんが大変なことは存在します。 千差万別なお客様のご質問に対応できる豊富な知識が必要であることや、時にはクレーム対応をしなければならないことなど、受信のバイトも決して楽なものではありません。 大切なことは、コールセンター求人の業務内容が、自分の強みや実現したいこととマッチしているかどうかですので、この点に配慮してお仕事を探されることをお勧めします。 コールセンター求人では女性のみが働いているイメージが強いですが、実際は多くの男性もコールセンターで働いており、男女比が半々か、もしくは男性の方が多いコールセンター求人も少なくありません。 特に、IT系や機械・電機系のテクニカルサポートには、元メーカー社員の方や元エンジニアの方が転職する先として人気があります。 また、テクニカルサポートのバイトとして経験を積み、後に正社員を目指すことは可能です。 バイトとして働くにあたっては、専門的な知識や資格を求められることはほとんどありませんので、自身の興味のある分野や商品を取り扱うコールセンター求人を選ぶと良いでしょう。 また、コールセンター会社の中には、社内制度としてスキルアップやキャリアアップを積極的に支援する会社もありますので、求人情報を探す際や面接の際に確認しておくと良いでしょう。 短大を卒業してからはフリーターとして、学生時代から続けていたアルバイト先の居酒屋で働いていた私。 店員みんなでお客様を盛り上げるあの感覚がたまらなく好きでした。 特に将来の事は考えず、その時の楽しさを優先しながらバイトに明け暮れていたのですが、気づいたら27歳。 「いい加減、将来の事も考えて仕事しなくちゃいけない年なんだな…」って痛感して、社会人を目指して仕事を探す事に。 でも、同世代の子達のように、社会人としてのマナーがしっかりしている訳でもないし、パソコンのスキルがある訳でもない。 私、本当に社会人になれるのかな?と不安を抱えながら事務や営業の面接を受けてみたのですが、思った通りに全滅…。 そこで、ある派遣会社さんから「コールセンターなら、裕美さんのアルバイト経験が活きますよ。 」とアドバイスを頂いたんです。 コールセンターだから磨けた、ビジネスマナーとPCスキル。 コールセンターの仕事がどんなものか全然想像がつかなかったのですが、まずは社会人としての経験を積まないとスタート地点にも立てないと思ってコールセンターのお仕事を始めました。 最初はコールセンターの商品知識から敬語の使い方まで…本当に覚える事が多くてコールセンターの仕事を辞めようかと何度か思いました 笑。 でも、こんな社会人経験が全くない私のペースにしっかり合わせてくれる研修、11人の頼れる同期のおかげで少しづつコールセンター業務を理解することができたんです。 今、コールセンター求人のお仕事を始めて4か月目。 まだまだ初心者ですが、何よりも嬉しかったのがコールセンターの仕事を通じてキレイな敬語がスムーズに出るようになったことです。 友達や親にも「裕美、なんか大人っぽくなったよね」と言われるようになり、これで私も年相応な社会人に近づけたかなって感じています。 また、コールセンターの仕事中でお客様の登録情報をパソコンに入力する作業もあるので、ブラインドタッチも昔に比べたら格段にスピードが上がりました! 私はフリーターとしての時間が長く、就職活動で大変苦労していたのですが、コールセンター求人のお仕事を通じて、着実に社会人としてのマナーやスキルを磨く事ができました。 そして、近い将来「正社員として働けるよう、リベンジしたいな!」と思っています。 当サイトについて 「コールセンター求人ナビ」はコールセンターで働く求人情報サイトです。 全国各地のコールセンター求人を掲載しており、大手企業をはじめとした駅チカの求人や、高時給・未経験OK・経験者歓迎のコールセンターお仕事情報を紹介しています。 また働き方や様々な条件をこだわる方のために、勤務地・職種・路線、給与、働き方・雇用形態・職場環境・スキルといった条件で求人情報を検索することが可能です。 また求人情報と合わせて読みたいコールセンターのお仕事体験談やQ&A、コールセンターのお仕事にまつわるコラムといった様々なコンテンツをご用意しております。 コールセンターの経験がなくともこれから働きたいとお考えの未経験者のための情報も満載です。 高待遇・高収入のコールセンター求人をお探しなら、まずは「コールセンター求人ナビ」をご利用下さい。

次の

東京のテレオペ・テレマーケティング・コールセンターの派遣求人(仕事)一覧|【リクナビ派遣】人材派遣の求人や派遣会社を探そう!

コールセンター 求人募集

テレアポ、テレマって何の略? 「テレオペ」「テレアポ」「テレマ」などと呼ばれる職種のアルバイトを総称して「コールセンターアルバイト」と呼びます。 それぞれ、「テレオペ」は「テレフォンオペレーター」、「テレアポ」は「テレフォンアポインター」、「テレマ」は「テレマーケティング」の略称です。 「テレオペ」は電話を通じて、商品やサービスのカスタマーセンター的な業務をおこないます。 基本的に先方からかかってきた電話を受ける仕事のため、自分で電話する必要はほぼありません。 「テレアポ」はいわゆる「電話営業」のため、顧客や新規開拓先に自分から営業電話をかける機会が必ずあるものと考えたほうがよいでしょう。 「テレマ」も同様ですが、こちらは商品・サービスの満足度などを調査する仕事がメインとなるため、電話先はほぼ顧客が対象です。 電話を受けることがメインの「テレオペ」と比較すると、電話をかける機会の多い「テレアポ、テレマ」のアルバイトは、時給が高めになる傾向です。 これらの電話業務は、アルバイトの求人もさまざまな用語で募集がおこなわれていることが多いです。 「コールセンター」「電話対応」「カスタマーサポート」などと書かれていれば「テレオペ」業務と考えてよいでしょう。 また、「電話営業」「電話発信」「架電」などという言葉が使われていれば、電話をこちらからかける「テレアポ」に該当することが多いでしょう。 また「顧客調査」や「ヒアリング」「マーケティング」などの言葉があれば、「テレマ」業務と判断できます。 コールセンターのアルバイトは未経験者でも大丈夫? 未経験者可の求人が多いのは、マニュアルがしっかり作られていて専門的な知識などがなくてもすぐに始められる「テレアポ テレフォンアポインター 」です。 もちろん、特定の分野や業界への知識が求められる「テレオペ テレフォンオペレーター 」についても、知識に基づいた受け答えができれば未経験者でも採用してもらえる確率が上がります。 「とにかく数をたくさんこなして高時給でガッツリ稼ぎたい」「すぐにでも働き始めたい」という未経験の方は、「テレアポ テレフォンアポインター 」のアルバイトがおすすめ。 逆に「知識を生かして長期でじっくり働きたい」と考えているなら、「テレオペ テレフォンオペレーター 」として研修などをしっかり受けてから仕事を始めるのがおすすめです。 「テレマ」の仕事はその両方の特性を持っているため、他の2つと比較して未経験者可の求人が少なくなるでしょう。 コールセンターアルバイトの面接を受けるときのコツ 電話を活用するアルバイトは、時給が高めで勤務時間や日程などの自由度も高いことが魅力ですが、取り扱う商品・サービスの種類や傾向などにより向き不向きがある点も特徴。 面接では、どのような商品やサービスを取り扱っていて、お客様へどのような対応が求められるかなどを確かめておきましょう。 アルバイト従業員は多いほど良いと考える現場が多く、人手不足の現場ではすぐに採用されることもある仕事ですが、採用後に自分が続けやすいかどうかも事前に判断しておく必要があります。 勤務時の服装や髪型は自由である職場も多いのですが、面接では第一印象が大切になるため過度にカジュアルな服装は避けましょう。 スーツをどうしても着ていけない場合は「オフィスカジュアル」で対応するのが無難。 襟付きのシャツやきちんとした雰囲気のブラウス、ボトムはチノパンやひざ丈スカートなどがよいでしょう。 また、電話業務ですから面接では「話し方」をよく見られます。 活舌はよいか、相手に簡潔な言葉でわかりやすく話しかけられるかなどは仕事において大切です。 そのため「声がよく通る人」「よどみなく話せる人」は有利になるでしょう。 コールセンターアルバイトの働く環境は? コールセンターアルバイトは、服装や髪型が自由な職場が多数です。 そのため、演劇やバンドの活動などでオフィス向けの服装がむずかしい方や、好みのファッションで働きたい方に人気のある職場。 ただし、オペレーター用のヘッドセットを着用して仕事するケースも多いため、髪型やメイク・アクセサリーなどはそれに合わせて快適に働けるよう工夫が必要になるかもしれません。 また、勤務形態もさまざまです。 営業時間が平日の日中のみと決まっている場合もあれば、曜日を問わず24時間稼働しているコールセンターも。 コールセンターは、働きたい時間帯や日程などをある程度考慮してスケジュールを立てやすい職場と思われがちですが、そうではないケースもあります。 求人内容をよく確認し、自分に合った働き方ができるかどうかも事前に把握しておいたほうがよいでしょう。 数あるバイトの求人案件の中でも、コールセンターやテレアポ・テレマの仕事は、短い時間で多くの収入を得たかったり、身体を酷使するような業務が苦手だったりする人には人気が高い職種になっているようです。 コールセンターの仕事では、時給が1,200円など軽作業等と比較して高く設定されている他に、空調の効いた職場で座って電話の受け答えをするのが業務内容であるために、男性、女性を問わずどなたでも、比較的安心して取り組むことが出来るというメリットがあります。 このような良い環境のなかでアルバイトをするのはモチベーションが保て、長い間働くことが出来るのではないでしょうか。 また、仕事内容が電話対応であるため、正しい言葉遣いやコミュニケーション能力が向上し、社会に出た時役に立つでしょう。 まさに一石二鳥のアルバイトではないでしょうか。 多くの身体的エネルギーを必要としなかったり、わりと高い時給が設けられていたりするのは、コールセンター、テレアポ・テレマのアルバイトの大きなアドバンテージと言って良いでしょう。 ただ、この種の仕事には、受信と、発信という二つのバリエーションがあります。 それらの条件によって、仕事の内容や難易度に違いが生じてきますので、個人の適性やニーズ、希望条件に合わせて選択することが必要とされます。 話すのが好きであったり、正しい言葉遣いを学びたい人であればとてもいいアルバイトであると思います。 また、この仕事では、顧客と直接対面する機会が、原則としてありませんので、服装や髪形、ネイル、髪の色、ひげ、アクセサリーなどに関する規定が比較的緩やかに設定されているというメリットもあります。 したがって、お洒落に気を配ったり、ラフな格好でリラックスして仕事したい人にもおすすめです。 コールセンター、 テレアポ・テレマバイトの仕事内容 数あるバイトの求人案件の中でも、コールセンターやテレアポ・テレマの仕事は、短い時間で多くの収入を得たかったり、身体を酷使するような業務が苦手だったりする人には、人気が高い職種になっているようです。 コールセンターの仕事では、時給が1,200円など軽作業等と比較して高く設定されている他に、空調の効いた職場で、座って電話の受け答えをするのが業務内容であるために、男性、女性を問わずどなたでも、比較的安心して取り組むことが出来るというメリットがあります。 このような良い環境のなかでアルバイトをするのはモチベーションが保て、長い間働くことが出来るのではないでしょうか。 また、仕事内容が電話対応であるため、正しい言葉遣いやコミュニケーション能力が向上し、社会に出た時役に立つでしょう。 まさに一石二鳥のアルバイトではないでしょうか。 コールセンター、 テレアポ・テレマバイトと個人の適性 多くの身体的エネルギーを必要としなかったり、割り合い高い時給が設けられていたりするのは、コールセンター、テレアポ・テレマのアルバイトの大きなアドバンテージと言って良いでしょう。 ただ、この種の仕事には、受信と、発信という二つのバリエーションがあります。 それらの条件によって、仕事の内容や難易度に違いが生じてきますので、個人の適性やニーズ、希望条件に合わせて選択することが必要とされます。 話すのが好きであったり、正しい言葉遣いを学びたい人であればとてもいいアルバイトであると思います。 また、この仕事では、顧客と直接対面する機会が、原則としてありませんので、服装や髪形、ネイル、髪の色、ひげ、アクセサリーなどに関する規定が比較的緩やかに設定されているというメリットもあります。 したがって、お洒落に気を配ったり、ラフな格好でリラックスして仕事したい人にもおすすめです。

次の

コールセンターの求人・転職情報サイト【はたらいく】でお仕事探し

コールセンター 求人募集

コールセンターの業務は大きく受信と発信に分かれます。 発信は電話調査やテレアポなどが代表的な業務です。 いづれの業務も未経験からのスタートが可能です!取り扱う商材の専門性を高めていけば、時給がドンドン上がりますよ! コールセンター受信業務のお仕事内容• カスタマーサポート お客様からの様々なお問い合わせを総合的に受け付ける窓口です。 お客様の要件に対応し、自身で情報提供したり、専門のオペレーターへ転送するなどして、お客様のトラブルや疑問を解決します。 こんな業界の商品を扱います メーカー、サービス事業者、保険会社、カード会社など• 通販受注 テレビショッピング、ラジオ、インターネットや新聞、雑誌、折込広告などで紹介・掲載された商品、サービス、チケット等のオーダーの受注を担当します。 こんな業界の商品を扱います 化粧品、健康食品、一般食品、 家電などのメーカー、販売会社、 通販会社、保険会社、 ネット通販受注• テクニカルサポート パソコンや携帯電話、電化製品、ソフトウェアなどの設定、操作方法、トラブルに関するテクニカルなお問い合わせに対し、適切な不具合の対処や復旧方法など提案し問題を解決する業務です。 こんな業界の商品を扱います パソコン、ソフトウェア、 携帯電話、電化製品、 インターネット接続など コールセンター求人の時給は事務職よりも高く設定されていることが多く、多くの収入を得たいという方にお勧めです。 また、週4日~5日程度(シフト制)、安定的に働ける方を募集しているコールセンターが多いため、労働時間と収入の見合いで判断する必要があるでしょう。 また、コールセンターでは未経験の方も積極的に採用を行っていますので安心下さい。 1ヶ月~2ヶ月ほどしっかり研修を受けた後に現場配属となりますので、電話対応のやり方や専門知識を身に付けることができます。 コールセンターの業務は、そのコールセンターがどのような商材やサービスを取り扱っているかにも寄りますが、電話対応数が極めて多い期間があったり、クレーム処理をしなければならなかったりということから、精神的にきつく激務に感じる方もいらっしゃいます。 そのため、コミュニケーション能力やストレス耐性が求められる仕事ですが、しっかりと研修を受けることや、現場の先輩・マネジャーに相談することで解決できるでしょう。 コールセンター求人には様々なお客様からお問い合わせが寄せられますので、クレームが全く無いということは基本的にありません。 また、オペレーターの対応の仕方1つで、クレームに発展する場合とそうでない場合がありますので、オペレーターの力量に寄る部分もあります。 オペレーターの経験をしっかりと積めば、クレームを受ける頻度も減ってきますので、まずチャレンジしてみることをお勧めします。 コールセンターのクレーム対応のコツとしてはまずはお客様を落ち着かせる事。 感謝の気持ちを伝えたり、誠意を込めて謝罪をしたり…と効果的な方法は多くありますが、中でも効果的なのが「おっしゃる通りです」と相手の気持ちを理解している事を伝えること。 これを駆使すれば、クレームも怖くありませんよ! 特にコールセンターのオペレーター業務に慣れていないときに、クレームを受けてしまった場合の対処法としては、一人で解決しようとしないということが大切です。 職場には上司や先輩スタッフがたくさん居ますので、自分一人で解決できないなと感じたら、周りに相談して電話を替わってもらうと良いでしょう。 発信の求人はノルマをクリアすることが大変だったり、お客様にガチャ切りされてしまったりと、体力的・精神的につらいと感じられる方もいらっしゃいます。 一方で、コールセンター求人の受信のバイトよりも高い時給が設定されていたり自身の成果を感じやすかったりと、テレアポならではのメリットも存在しますので、メリット・デメリットを総合的に判断することが大切です。 受信の求人なら、ノルマやあしらわれるような対応はありませんが大変なことは存在します。 千差万別なお客様のご質問に対応できる豊富な知識が必要であることや、時にはクレーム対応をしなければならないことなど、受信のバイトも決して楽なものではありません。 大切なことは、コールセンター求人の業務内容が、自分の強みや実現したいこととマッチしているかどうかですので、この点に配慮してお仕事を探されることをお勧めします。 コールセンター求人では女性のみが働いているイメージが強いですが、実際は多くの男性もコールセンターで働いており、男女比が半々か、もしくは男性の方が多いコールセンター求人も少なくありません。 特に、IT系や機械・電機系のテクニカルサポートには、元メーカー社員の方や元エンジニアの方が転職する先として人気があります。 また、テクニカルサポートのバイトとして経験を積み、後に正社員を目指すことは可能です。 バイトとして働くにあたっては、専門的な知識や資格を求められることはほとんどありませんので、自身の興味のある分野や商品を取り扱うコールセンター求人を選ぶと良いでしょう。 また、コールセンター会社の中には、社内制度としてスキルアップやキャリアアップを積極的に支援する会社もありますので、求人情報を探す際や面接の際に確認しておくと良いでしょう。 短大を卒業してからはフリーターとして、学生時代から続けていたアルバイト先の居酒屋で働いていた私。 店員みんなでお客様を盛り上げるあの感覚がたまらなく好きでした。 特に将来の事は考えず、その時の楽しさを優先しながらバイトに明け暮れていたのですが、気づいたら27歳。 「いい加減、将来の事も考えて仕事しなくちゃいけない年なんだな…」って痛感して、社会人を目指して仕事を探す事に。 でも、同世代の子達のように、社会人としてのマナーがしっかりしている訳でもないし、パソコンのスキルがある訳でもない。 私、本当に社会人になれるのかな?と不安を抱えながら事務や営業の面接を受けてみたのですが、思った通りに全滅…。 そこで、ある派遣会社さんから「コールセンターなら、裕美さんのアルバイト経験が活きますよ。 」とアドバイスを頂いたんです。 コールセンターだから磨けた、ビジネスマナーとPCスキル。 コールセンターの仕事がどんなものか全然想像がつかなかったのですが、まずは社会人としての経験を積まないとスタート地点にも立てないと思ってコールセンターのお仕事を始めました。 最初はコールセンターの商品知識から敬語の使い方まで…本当に覚える事が多くてコールセンターの仕事を辞めようかと何度か思いました 笑。 でも、こんな社会人経験が全くない私のペースにしっかり合わせてくれる研修、11人の頼れる同期のおかげで少しづつコールセンター業務を理解することができたんです。 今、コールセンター求人のお仕事を始めて4か月目。 まだまだ初心者ですが、何よりも嬉しかったのがコールセンターの仕事を通じてキレイな敬語がスムーズに出るようになったことです。 友達や親にも「裕美、なんか大人っぽくなったよね」と言われるようになり、これで私も年相応な社会人に近づけたかなって感じています。 また、コールセンターの仕事中でお客様の登録情報をパソコンに入力する作業もあるので、ブラインドタッチも昔に比べたら格段にスピードが上がりました! 私はフリーターとしての時間が長く、就職活動で大変苦労していたのですが、コールセンター求人のお仕事を通じて、着実に社会人としてのマナーやスキルを磨く事ができました。 そして、近い将来「正社員として働けるよう、リベンジしたいな!」と思っています。

次の