転職 時期 占い 四柱推命 無料。 希望の条件に合った就職先に就けますか?|ルーン占い | 無料占いmilimo [ミリモ]

結婚・転職・独立・家づくりの時期など、人生のタイミングの占い方(四柱推命)

転職 時期 占い 四柱推命 無料

四柱推命は生まれた年・月・日・刻 の四つの柱で、先天運を占います。 生まれ持った運(先天運)を占うには最高の占術です。 四っの要素で占うので、占い方も複雑ですが、的中率は抜群です。 他の占いとは格が違うので、占いの王様といわれています。 このページ(無料占い鑑定所)では四柱推命の良さを手軽に知っていただくために 無料占い鑑定を設置いたしました。 ご自分やパートナーの運勢を無料で占います。 何人でも無料ですので、思う存分占って下さい。 また無料自動鑑定は生まれた年から100年後まで占えます。 無料自動鑑定に入力して鑑定をクリックして下さい。 すぐに貴方の『命式表』が現れます。 『命式表』は貴方自身の設計図(DNA)です。 解読すれば全てが解ります。 下に各柱や性格等の説明を簡単に記入しましたが、命式表から割出す5%の内容にもなりません。

次の

四柱推命・大運の変わり目は?人生バイオリズムもズバリ鑑定【無料で当たる!】

転職 時期 占い 四柱推命 無料

結婚(離婚)を決めてもよいのだろうか?• 転職するかどうか迷っている・・・• 家やマンションを買う時期はいつがいいの?• 独立開業して、成功できるか不安… 「進むべきか、それとも様子を見るべきか」 人生は、重要な選択の連続です。 本当に進んでいいのかな…? と、迷うこともあるでしょう。 人生の分かれ道において、進むのに適した時期なのか否かを、占い師さんを頼らずに、 四柱推命占いを使って、ご自身で判断する方法をご紹介します。 もちろん 無料です! 人生には波があって、いつでも穏やかな晴天の日が続くわけではありません。 雨が降る日もあれば、突然の台風や嵐に見舞われることもあります。 そんな悪天候の中を、何の備えもせずに外に飛び出せば、ずぶ濡れになりますし、飛来物で大ケガをすることだってあります。 行き当たりばったりで進めるよりも、あらかじめ嵐が来そうな時期を知ることで、慎重になったり、大きなトラブルを回避できることがあるかもしれません。 別れや、物事の終いを考えている時と、運勢の悪い時期が重なっているなら、もう少し決断を先送りにすることによって、良い方向に向かうこともあります。 四柱推命は人生の天気予報です! 間違った選択をしないためにも、参考程度に事前に予報を確認してみてはいかがでしょうか? 四柱推命を使って、運勢を確認する手順を説明します。 命式は印刷するか、スクリーンショットを撮っておくと良いでしょう。 2.四柱推命鑑定ツールの結果から時期を判断する方法 鑑定ツールで出した結果の中から、 運勢的に見て、進んでもよい時期か、控えた方がよい時期かを判断するポイントを、ざっくりとご紹介します。 細かいことを言うときりがないのですが、以下の3つのポイントを気を付けるだけで、嵐の時期はかなり避けられると思います。 1.空亡(天中殺)は避ける ご自分の天中殺は『空亡(天中殺)』の欄に出ている干支になります。 これは生涯変わりません。 『年運』の『 空亡』ところを確認し、 空が付いている年は避けましょう。 その時期は 計画だけに留め、できるだけ実行は空亡を避けましょう。 天中殺(空亡とも言います)の年には、『空』と出ます。 2.冲も避ける 『年運』の『 刑冲合』ところを確認して、 冲(ちゅう)がある年も避けましょう。 「冲」が付く年は、運命が大きく変わりやすいことがあります。 (天戦地冲、天比地冲、天剋地冲など、どちらかと言えば凶に傾くことが多い)凶意が弱い冲もありますが、その判断は初心者には難しいので、冲が付いている年は出来るだけ避けるようにしてください。 こんな時期は、大事な決断は絶対に見合わせるべきです!!! 他にも 刑・害・破が付くときもマイナスポイントになります。 特に「刑」は「冲」の次に不吉なので避けられるなら避けましょう。 干合・支合(合)・三合・半合・隣人合はプラスポイントになります。 3.通変星は劫財と傷官を避ける 『 年運』の『 通変星』をみて、 劫財と傷官が巡る年は、トラブルに遭いやすいため、できれば避けましょう。 (特に男性で劫財が巡る年と、女性で傷官が巡る年)• 比肩・食神・正財・偏財・正官・印綬は〇。 空亡や冲が重なっていなければ、物事を進めてもOKです。 何事もゴリ押しは控え、じっくり検討しましょう。 大事な決断には適しません。 また、別の事情で、運勢の良い時期まで待てない!という事もあるでしょう。 そんな時は、 運勢の良い人を主導に進めるようにして、運勢の悪い人はでしゃばらないことです。 意見がぶつかったら、譲るように心がけましょう。 特に結婚式やマイホームの建築は、決めなくてはならない事柄が多いため、意見がぶつかりやすく、普段はしないような大ゲンカをしてしまうことがあります。 実際、打ち合わせの過程で対立し、不仲になるパートナーもいらっしゃり、関係に大きな溝ができてしまうケースもあります。 事前に運勢の波を知ることで、そのような対立を防げる場合もありますから、占いはそのように使ってくださいね。 以上が、四柱推命を使って人生のタイミングを占う方法になります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

東大式四柱推命――“占界の頭脳”井上幸萃・空前絶後の最深鑑定

転職 時期 占い 四柱推命 無料

世の中にはさまざまな仕事がありますが、できれば自分に「向いている」仕事を選びたいものです。 そうしたことを考えるときに、「天職」「適職」といった言葉がありますが、そもそも天職や適職とはどのようなものでしょう? 天職や適職というものを運命学的にとらえてみましょう。 人は、仕事を選ぶときに「好きだから」「お金が儲かるから」といったことを重視しがちですが、適職や天職はそういう考え方の延長にはありません。 四柱推命などの運命学では、「よってそのひとはどのような人生を歩めばいいのか」、「どのようなタイミングで仕事の転機を迎えるか」といったことは誕生日によって決定づけられるという考え方が根底にあります。 具体的には、自分が生まれ持った運命の星の「らしさ」に沿った人生や職業を選ぶことが成功する方法となるのです。 今の仕事で良いのか悩んでいる人は、自分の現在の状況を客観的に見ることにも役立ちます。 「仕事がうまくいかない」「仕事がまったく楽しくない」という悩みが長年続く場合は、自分の天命に沿った仕事を選んでいないからかもしれません。 その反対に、自分が生まれ持った天命通りの職業を選んでいる人は「仕事が楽しい」「つらいことがあるけど、続けられる」といった風にやりがいをしっかり感じられるのです。 それだけでなく、自分の生きるべき分野で能力を発揮しているうちに人間関係や恋愛、金運などのすべての運も向上するのです。 自分の天命に沿わない職業を選んでいる人は出世が遅れるなどの仕事上での問題だけでなく、健康や人間関係にもトラブルに見舞われやすい傾向があります。 四柱推命を用いて、仕事運や天職を知りたい場合は、自分の性格や運命の設計図・スケジュール帳である「命式」を知っておく必要があります。 以下のサイトで簡単に命式が出せるので、ぜひお試しください。 1.比肩(ひけん) 独立心・闘争心が旺盛でプライドが高いです。 かなりガンコなので、組織の中では浮くこともあります。 独立独歩の精神を活かして自営業や個人事業、経営者などになると実力が発揮できます。 そのほか職人的な世界、研究職などもよいです。 2.劫財(ごうざい) 相当の野心家ですが、見た目はソフトな印象のため、営業職に向きます。 ブローカーや政治家も適職です。 ただし、ワンマン傾向が強いので敵をつくらないようにすることが成功の秘訣です。 3.食神(しょくじん) 無邪気でおっとりした平和的な性格です。 闘争心がほとんどないので組織の中で敵をつくることなく円満に立ち居振る舞いができるのでサラリーマン向きです。 食べることや子供、レジャー関係に縁があるので、飲食関係、娯楽関係、子供相手の仕事を選ぶといいでしょう。 4.傷官(しょうかん) 神経過敏で、反抗的な態度を見せがちなのに、傷つきやすい面があるので、会社生活では苦労や悩みが多いでしょう。 何か得意なことや資格があれば、そのような方向で独立・自営を目指すのも手です。 芸術的センスもあるのでアート関係の職業も向いています。 5.偏財(へんざい) 根っからの商売人。 好奇心旺盛で営業や商売向きの明るい性格をしている人が多いです。 会社員でも自営業でも人によく好かれ、敵をつくりにくいという利点があります。 少額のお金を回すのが得意なので、商事、投資などが向きます。 6.正財(せいざい) 地味でまじめな性格で、サラリーマン向きの星です。 手堅く稼いで着実に財をなす人ですが、機転やおもしろ味に欠ける面もあります。 「大衆相手のもの」を意識して仕事を選ぶと活躍できます。 7.偏官(へんかん) 義理人情のために生きているような人です。 男性も女性も一本気で、困った人を見捨てられない親分肌です。 8.正官(せいかん) きまじめで、人柄や行動に品の良さを感じさせます。 公務員が好適ですが、民間企業でもしっかりと勤めを果たして出世や引き立てのチャンスは多いでしょう。 弱点は他人に厳しいこと。 敵をつくらないように立ち回ることが成功の秘訣です。 9.偏印(へんいん) デスクワークやルーチンワークには向かず、日々変化のある仕事を好み、そうした分野でよく能力を発揮します。 束縛が嫌いなので勤め人よりは自由業、自営業向き。 マスコミ業やIT関係などに向きます。 10.印綬(いんじゅ) 古いものや伝統的なもの、学問を好むため、研究職や学者などに向きます。 頭脳明晰な人が多いので、難関資格試験などチャレンジし、それらを活かした独立・開業もいいでしょう。 月支元命で見る方法以外に、「十二運」で仕事運がわかります。 十二運は、人と人が組織をつくり、人間関係の中で自分の個性や持ち味を発揮して働く環境の中でどのような役割になりやすいか、といった傾向が見えやすいのです。 職場の人間関係で悩んでいる人は、苦手な人の生年月日がわかれば「なぜあの人はあのような態度なのか」といったことがわかります。 苦手な人でも性格のクセを占いで把握できればそれほど腹も立たない、といったことにもなるでしょう。 命式計算サイトで出した命式の中の「十二運」を見ます。 具体的には、「月柱」と「十二運」が交わるところ、「日柱」と「十二運」が交わるところを見ます。 月柱の十二運は普段の性格で、日柱の十二運はピンチなどの非常事態のときに出てくる真の性格です。 1.胎(たい) 頭がよくイメージ力があるので、企画や新規事業立ち上げなどに向きます。 周囲への気配りに欠けるのが欠点です。 2.養(よう) 石橋を叩いて渡る、という言葉がぴったりの慎重派ですが行動力がやや弱いです。 中小企業の経営者に向きます。 3.長生(ちょうせい) どんなことにも合理的な考え方で挑み、現実的に対処していく能力に長けた人です。 組織の中では平和的にやっていけるバランス感覚があります。 営業、秘書、広報などが天職です。 4.沐浴(もくよく) 目的意識が強く、自分の行動のすべてに意味を見出したがります。 企画、分析などの分野で能力を発揮できます。 5.冠帯(かんたい) 協調性が高く、組織の中で実力を発揮することができます。 世の中の流行をつかむ感覚が優れており、マスコミ分野で活躍できます。 コミュニケーション力が最大の売りです。 6.建禄(けんろく) 権力志向の人です。 人に仕事を任せること、任せられることが得意です。 企画や広報など、知的な作業に向きますが営業がそれほど得意ではありません。 7.帝旺(ていおう) 12種類の中で、もっとも強いエネルギーを持っています。 自分に自信があるので、体力の限界を考えずに働いてしまう傾向があります。 どのような業界でも能力を発揮します。 8.衰(すい) 自分の経験だけを信じる「手に職」型の職人気質です。 「どんなことも自分の体を使って覚える」がモットーなので、専門性の高い仕事・環境に身を置くことが重要です。 9.病(びょう) デリケートで潔癖症な気質です。 アートや流行のものなど、美しいものを好むのでアート、芸能などの世界で活躍できます。 10.死(し) 勤め人向きです。 やるべきことや目標があるとガゼン燃えるタイプなので、そのような職場を選ぶといいでしょう。 企画などは不得手です。 11.墓(ぼ) 保守的で仲間の動向を見ながら慎重に行動します。 情報収集能力にすぐれているので、新聞記者などに向きます。 12.絶(ぜつ) 目上には礼節を尽くしますが、部下の扱いが雑です。 スタミナがないので仕事をコツコツ持続するのが苦手です。 ただ、ものごとの核心を素早くとらえることが得意です。 イベント、ファッション関係に向きます。

次の