リゲッタ インソール。 Re:getA(リゲッタ)/【公式】リゲッタ(Re:getA)オフィシャルウェブサイト

リゲッタ インソール事業に参入 ブランド化し拡大

リゲッタ インソール

商品に同梱されている説明書 ルーペインソールを実際に使ってみた リゲッタ ルーペインソールを実際に使ってみました。 足入れの際にルーペインソールがズレないかに気を使います。 また、脱いだ時には見た目で「何か入れている」ことがわかってしまいます。 ここが少し残念なポイントです。 実際に歩いてみると、確かに土踏まずのフィット感が向上し、足のホールド感も向上します。 裏側のハニカム刻印のおかげでしょうか、歩行中にズレを感じる事もありませんでした。 僕の足のアーチ形状が、右と左とで異なり、右足だけが扁平足のようになっていることもあり、左足はいいのですが、残念ながら右足はルーペインソールが合わないという状況になりました。 電車で立っている時に、どちらかというと右足に体重をかける癖があり、足の左右非対称化が進んだのかな、と思います。 装着時と非装着時とでは、全く靴の感覚が変わり、かなり好印象だったのですが使用を断念しました。 家内にMサイズ レディースサイズ を使ってもらったところ、アーチの支えがよかった!とのコメントをもらっています。 ソールを入れるだけでかなり印象が変わりますね。 リゲッタ ルーペインソールまとめ よくよく自分の足を観察すると、左側はきれいなアーチになっているが、右側は扁平足よりの形状である。 この事実は自分でもショッキングでしたが、今回のリゲッタループインソールが足に合わない理由としては納得のいくものでした。 足の形状や姿勢は人それぞれであり、難しいモノだなぁと痛感しました。 このような心配がある場合には、リゲッタの公式オンラインストアなら返品も可能なので安心です。 靴のフィット感、特にソールと足のアーチの密着感やかかとのホールド感について改善したい方やリゲッタのシューズに慣れているけど、別の靴でも同じような履き心地にしたい!という方にオススメです。

次の

リゲッタ ルーペインソール レディースリゲッタ(Re:getA)No.657243 通販

リゲッタ インソール

靴ジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

NHKでも紹介!リゲッタのルーペインソールMTR

リゲッタ インソール

試作段階のインソール「バイン」 シューズ製造販売、リゲッタ(大阪市)は靴のインソール事業に参入する。 ポリプロピレンを使って薄くて軽量、足のアーチを支えられ、「これまでにない画期的なインソール」(高本泰朗社長)という。 名称は「バイン」で、3、4カ月後の販売を計画する。 新しいインソールの開発には5年かけた。 同社の靴はカジュアルシューズやサンダルが主なアイテムだが、様々な種類の靴を作る計画を進めてきた。 そこで、いろいろなシューズに合わせられる独自性のあるインソール開発に至った。 一番の特徴はダイヤテックスの「カルボ」を使うこと。 ポリプロピレン製の自己強化プラスチックで薄く軽く、反発力があり、耐衝撃性もある。 靴に装着すると、足が沈んで押し返されるというばね効果があり、個人の足の形状に合わせて変化し、歩行時に余計な負荷がかかりにくいという。 同社はこれまでもインソールを独自開発しており、足に寄り添うような「グミインソール」、足を硬さで支える「ルーペインソール」がある。 バインは足の動きにほどよく対応する点が大きく異なるとする。 インソール単体としての販売を想定している。 ビジネスシューズからスニーカーまで様々な靴に装着できるが、当面はメンズシューズ(25. 5~27. 5センチ)に対応した製品を出す。 今のところ価格は税込み7770円を予定する。 今後、女性用、子供用も開発し、ギフト需要も見込む。 クラウドファンディング(CF)での先行販売を計画し、その後さまざまな販路を広げる。 「ブランド化を強め、いずれはインソールといえば『バイン』と言われるようにしたい」(高本社長)としている。

次の