パチスロ 地獄 少女 3。 地獄少女3 スロット新台 設定差まとめ|解析 設定示唆 設定判別 機械割 設定6のグラフ 評価

地獄少女 宵伽 あとはあなたが決めることよ 天井恩恵・スペック解析【スロット・パチスロ】

パチスロ 地獄 少女 3

機種タイプはART特化機。 通常時・ART中を問わず、リールの中でも一際目立つ「地獄少女図柄」が常に重要となってくる。 通常時は、「規定ゲーム数消化」・「レア小役からの直撃」によりART当選を目指す。 ART当選時は、前兆演出である「葛藤の刻」を経由して告知される。 また、通常時に地獄少女図柄揃いが成立すれば、自力CZ「仕置チャレンジ」へ突入。 自力CZ中は全役でレベルアップ抽選が行われ、最終的にBAR揃いが成立すればART確定となる。 ART「地獄流し」は、1Gあたり約2. 3枚の純増で1セット50G継続。 ART中は、レア小役や地獄少女図柄揃いにより、ゲーム数上乗せや各種特化ゾーンへの移行抽選が行われる。 なお、上乗せ特化ゾーン「仕置の刻」消化中にリールが逆回転すれば、悶絶の0G連状態へ突入! リール上で地獄少女図柄が揃い続け、延々とゲーム数が上乗せされていく。 天井/設定変更/ヤメ時/ペナルティ - [地獄少女] 【天井】 ART後999G消化で天井到達となり、ART当選が確定する。 【天井の恩恵】 天井到達時の恩恵は特に無し。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 弱中段チェリー or 強中段チェリー。 中・右リールにもBARを狙い、BARが揃えば強中段チェリー、揃わなければ弱中段チェリー。 ==左リール下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー。 中リール適当打ち後、右リールにはいずれかのボーナス絵柄を狙う。 右リール中段にボーナス絵柄が停止すれば強チェリー、それ以外ならば弱チェリー。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or チャンス目 or 強ベル。 中リール枠内に2連7絵柄を狙い、右リール枠上付近にBARを狙う。 スイカがハズれればチャンス目。 中段にベルが揃えば強ベル。 ==左リール下段にBARが停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 右下がりにベルが揃って14枚の払い出しがあれば最強ベル。 【ART中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従って消化。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でチェリーとスイカをフォロー。 その他の場合は全リール適当打ちでOK。 増産の希望もあったようだが、規制の絡みもあり台数が増えなかったのも良い方向に働いているのかも。 ホールに話を聞くと、 「藤商事のスロットは出玉のバランスが良く、出過ぎる訳でもなく、抜けすぎる訳でもない。 中間設定ぐらいで使うとプラスマイナス2500枚ぐらいをいったりきたりするので、お客さんも楽しめているのではないか」 という事だった。 リングといい地獄少女といい、いぶし銀の活躍をしている藤商事。 次のスロットは、ぱちんこで人気の「アリア」を用意している模様。 ART直撃当選に期待が持てる。 状況を問わずART当選確定となる。 状態昇格にもART直撃にもあまり絡まず、レア小役の割には存在感が薄い。 ART直撃当選に期待が持てる。 状況を問わずART当選確定となる。 通常時の状態/液晶ステージ - [地獄少女] 地獄少女の通常時には、「低確」・「高確」・「超高確」という3つの状態が存在する。 滞在状態によって、ART当選期待度が異なる。 通常時の液晶ステージは全部で5種類。 滞在ステージによって、ある程度滞在状態が把握できる。 特に期待できるのが「弱チェリー」と「スイカ」。 なお、超高確へ移行することはほとんどない。 超高確は、かなりレアなエクストラ状態だという認識でOK。 自力チャンスゾーン「仕置きチャレンジ」 - [地獄少女] 地獄少女には、「仕置きチャレンジ」と呼ばれる自力チャンスゾーンが搭載されている。 通常時に「地獄少女図柄揃い」が成立すれば、自力チャンスゾーン当選となる。 自力チャンスゾーン消化中は、全役にてレベルアップ抽選が行われる。 レベルが上がるほどART当選期待度もアップ。 レベル3以上になればART確定となる。 レベル別の報酬については以下の通り。 【概要】 ゲーム数上乗せ型のARTで、1セット50G or 100G継続。 1Gあたりの純増枚数は約2. ART中限定の疑似ボーナス(3種類)が存在する。 滞在状態によって、疑似ボーナス当選期待度や特化ゾーン突入期待度が異なる。 滞在状態は、液晶ステージにて示唆される。 【コスプレカスタマイズ】 ART中に十字キーを操作することで、コスプレのカスタマイズを行なうことができる。 選択するコスプレによって、ARTストック示唆や高設定示唆などが行われるのだ。 40G継続で、消化中はARTゲーム数上乗せ抽選が行われる。 各疑似ボーナスでの上乗せ期待度は以下の通り。 BIG(青7) < スーパーBIG(赤7) < ゆずきボーナス(赤7) 【特化ゾーン高確「地獄流し怨」】 地獄流し怨とは、特化ゾーン「仕置きの刻」を高確率でストックする特化ゾーン高確のこと。 消化中は、BAR揃いのたびに仕置きの刻がストックされる。 レア小役成立時は、仕置きの刻ストック抽選が行われる。 【上乗せ特化ゾーン「仕置きの刻」】 仕置きの刻とは、10G継続で毎ゲーム上乗せ抽選が行われる特化ゾーン。 消化中は、誰をお仕置きするかによって上乗せ期待度が変化する。 期待度は「女子高生 < ヤンキー < おばちゃん」の順。 なお0G連抽選も行なわれており、0G連当選時はリールが逆回転するたびにゲーム数が上乗せされていく。 【超上乗せ特化ゾーン「ゆずき」】 上段に地獄少女絵柄が揃えば、毎ゲーム上乗せ特化ゾーンである「ゆずき」へ突入。 8G継続で、毎ゲーム上乗せが行われる。 平均上乗せは100Gオーバー。 なお、ロングフリーズ&リール逆回転が発生すれば「ゆずきプレミアム」確定。 平均200G上乗せという大量上乗せが期待できる。 どちらの場合も、終了後は必ず「ゆずきボーナス」へ突入する。 【ART引き戻しゾーン「午前零時」】 午前零時とは、ART終了後に突入する引き戻しゾーン。 最低5G継続で、毎ゲーム引き戻し抽選が行われる。 通常時のART直撃抽選 - [地獄少女] 通常時の特定役成立時には、ART抽選が行なわれている。 成立役や滞在状態によって、ART当選率が異なる。 【ゾーン狙い】 内部モードが存在し、ART当選までの規定ゲーム数振り分けが行われているので、当然アツいゾーンも出てくる。 通常時に多く滞在することになるであろう「通常Aモード」のゾーンが、100の位が偶数ゲーム数(200G台、400G台、600G台、800G台)となっている為、 200G前後/400G前後で捨てられている台を50~60G回してみて、演出がざわつかなければヤメる、という立ち回りもアリかもしれない。 設定差/設定判別/立ち回り/高設定狙い - [地獄少女] 【天国モード移行率】 高設定ほど天国モード移行率が高くなる。 天国モード滞在時はART後130G以内でART当選となる為、これを目安に他の台と見比べていき、できるだけ「天国解除と思われる当たり」が多い台を狙っていこう。 【ART初当たり】 ざっくりとした判別ならば、ART初当たり出現率も参考になる。 【ART中のコスプレ】 ART中に十字キーを操作することで、コスプレをカスタマイズすることができる。 このコスプレで選択可能となるコスチュームによって、設定やモードが示唆される場合がある。 詳細については以下の通り。 天国解除もほぼ皆無。 強レア役も赤セリフも通常では空気過ぎ。 70枚程度消化した時点で、CZからART突入。 ART中には仕置の刻も入り、0G抽選で200G上乗せ。 女子高生演出でしたが、出る時は出ます。 途中で青7が2回、ゆずきBも入り、上乗せ。 地獄図柄も良く入り、悪くはないです。 強チェ引いてやっと20Gぐらい。 ただ、レア役のカットインは今回良く入ったので、それが良かったかな。 逆に言えば、設定が入ってなかったら相当怖い台に思えますね。 駆け抜け普通だし、引き戻しもほとんどないです。 追いすぎると自分が地獄に落ちていく台に思えます。 それは番長だったりバジだったりまどマギだったりアナゴだったり化物語だったり、しかしどこか恐怖新聞のようなシュールさがある。 前置きはさておき。 やはりこの台の称えるべき点は、その前置き無しに通常からCZに直突入する点。 ART突入の条件に疑似ボーナス経由は勿論、CZを必ずしも必要としない点。 高確率移行の要である特殊役が重くない上に現実的な移行率である、この3点であろう。 リリベからのベル14枚役でコイン持ちを支える仕様は他の台と変わらないが、通常ベルも5枚役になっている点がやや良心的。 道中は煮詰めていくとリスペクトと言われる運命にあるのか… いやいや、にしても似すぎだろうと心配になるほど、番長やバジリスクと酷似しているが、熱さに関してはこちらはそこそこ期待を込めて見ていていい。 期待値3段階目や赤文字タイトルはその演出に恥じぬ結果が表せていると思う。 ART地獄流しは評判通り駆け抜けが基本。 ART中に何かしら引かなければ何も起きないのはどの台にも言えることだが、地獄流し怨がとにかく仕事をしない。 ようやく仕置きの刻に入っても女子高生ではやっぱり仕事をしない。 勝手に揃うと言われている 私は引いたことが無い 7揃いは重すぎて当選する気がしない。 何を持ってもニート根性を貫き通そうとする姿勢に某AAを思い起こさせるが、7揃いをさて置いて、このデカチr…地獄少女揃いがリアルなボーナスを呈している。 加えてリリベの減算ストップや、弱チェでもそれなりに仕事をする。 スイカが仕事をすると大きいなど、歴代の良い所はしっかり受け継いでくれている。 化物語ほど強くはないが、引き戻しゾーンからの復帰ならセット乗せ。 高設定ほど連荘率が高い。 あとあいちゃん可愛い。 要はこの台は、延命並の小当りを重ねて事故を待つ台、ではなく、小当りを着々と重ねて事故らせずとも右肩上がりを目指せる台! だと思います多分。 勿論それは高設定に依存する話ですが、これから新規定、6号機になろうかという昨今。 「高設定でタコ粘りしてなんぼ」という仕様が感じ取れる台が世に出るのは実に喜ばしいことだと思います。 何かとプチ事故やワンアクションが必要なART機が蔓延る中、最悪終日事故らずとも勝てそうな実感を沸かせてくれたこの台は個人的に高評価です。 惜しむらくは、本当に些細なことですが、折角の2色7が勝手に揃ってしまう仕様。 目押しさせてよ… あと、あいちゃん人形がシュールな出来なことです。 全体的にまだまだパッとしないラインナップの藤商事ですが、まさかこの台がダークホースになろうとは思いもしなかったのかどうなのか。 下パネルとのギャップが激しすぎる。 13枚ベルがよく落ちて珍しくよく回るわねと思っていたら、120ゲームくらいで奇跡的に仕置きチャレンジのLv3からスタートして仕置きの刻ありのARTに入り、準備中にゆずき特化に入って、320ゲームからのスタートになりました。 13枚ベルがよく落ちたので枚数も増えました。 何といっても、特化ゾーンゆずき&ゆずきボーナスがきいたと思います。 0ゲーム連も20ゲームでしたが見れました。 こうなれば楽しいですが、普通駆け抜ける感じです。 仕置きの刻も数回入ってART447ゲームでしたが、ボーナスは最初のゆずきボーナス1回のみでした。 一目蓮の演出はまず当たらないです。 地獄少女図柄は、愛カットインではこれまた奇跡的に全部揃いましたし、その他の3人のカットインでも半分くらいは揃いました。 終わる頃にはリプレイばかりで、13枚ベル・9枚ベルともに落ちなくなりました。 単に感じだけですけど、どかっと乗せたので追っても山は来ず、メダルを減らすだけだと思い、即やめしました。 この機種だけではないと思いますが、数百枚でも出たら次の山まで行き着くまでにメダルなくなります。 駆け抜けなら百数十枚の繰り返しで打ち手が地獄に流されると思います。 今日は本当に運がよかったと思いますので、逆に怖くて打てないなと思いました。 西国はこんな感じで作ればヒットしたかもしれない。 通常時はMBにもよるが、新基準にしては回らない印象。 演出はアツイ寒いはわかりやすいが、パチンコ並みに煽りが多い。 前兆にいくまではずっと台が騒がしいためイライラする。 かと思うと、あいちゃんルーレットでいきなり地獄流しや筐体ブルブルしての押してみる?からのレインボーなどの突当たりもあるので、我慢出来るレベルかなと。 いきなり地獄少女図柄狙えからのCZの入り方は個人的には好印象。 なおかつRB扱いなのでコインが多少なりとも貰えるのは助かる。 ただCZ自体の出来は悪い。 8G間カットインすら出ずに終わったり、逆にカットインが出る時は出まくるという出来レ感が拭えない仕様。 肝心のARTであるが、これが恐らく非常に好みが分かれるところ。 ART消化中はあいちゃんが走るわけもなく、ただ遠い目をしてる姿と三藁たちとの合流をただ繰り返すだけというGOD並みにつまらない絵面。 あいちゃんの衣装を替えられるとはいえ流石に飽きる。 演出も少なく、同じ演出の弱か強かの繰り返しで正直、50Gでいやになる。 純増もベル九枚払い出しにしては荒れるに荒れる。 ヘタすると30Gくらいリプレイしか落ちないこともある。 ただMBが入賞するとG数の減算がストップするのでこれが固まってくると3枚レベルで増える。 直乗せは強チェリーでも10しかくれない重さで、仕置きの刻に入らないとかなり厳しい。 その仕置きの刻だが、一言でいうと当たりやすくなったペルセポネのような感じ。 三種類のキャラがいるのだが、青のメガネJKだと基本、最低保証の10で終わる。 カットインが入っても平気であいちゃんとゆずきの赤でも外れる。 ほかの二人なら話は別。 というかぶっちゃけ、ほかの二人待ち。 カットイン赤ならハズレはほぼないし、なおかつコンボフリーズ的なものにも期待出来る。 恐らく、この仕置きの刻でいかにメガネJK以外を引いて地獄少女図柄を揃えて逆回転させまくるかが、この台で勝つキモだと思う。 これがブッささるとかなり気持ちいい笑 一応、擬似ボーナスも搭載してるが、重い上に、ゆずきじゃないと上乗せに期待できないが、ボナ中に地獄少女図柄が揃うときくりボーナスなる純ボナに入るので、そこでコインを貰いながら上乗せをすると気持ちがいい笑 あとこの台に関しては、ボナの7が勝手に揃う機能は本当にいらない笑 総じて辛くも甘くもないといった印象を覚える。 まあ現行新基準機の中では、まだ打ってられるレベルかと思います。 百偶数ZONEは弱かった。 ZONEで当てるのではなく、地獄図柄から突入する[仕置きチャンス]からの当選がメインでした。 天国での当選が0でしたので、恐らくは低設定の実践だったと思う。 良い点は[まどマギ]同様にMBが存在し、出現率は高め。 なので良く回り且つART中はリプレイが多い割には純増良い。 正に[まどマギ]。 ART性能は、[仕置きの刻]に割りと突入しやすく地獄図柄もバンバン揃いましたので、フェイクにイライラしなかった。 [仕置きの刻・怨]のbar揃いはフェイク多い。 ベルしか引かず、レア高確率も無い模様。 [ゆずきボーナス]は上乗せ60Gに終わり、[ゆずき]は100Gの上乗せでした。 レア子役からの直乗せは期待薄い。 [仕置きの刻]へ発展がメインぽい。 強チェリーは[戦国コレクション]同様に重く、且つ上乗せは10Gと振るわず。 サンプルが少ないので何とも言えない。 特化ZONEにもいかなかったしボーナスにも絡まず。 引き弱? [仕置きの刻]は地獄図柄がまあまあ引けました 笑 割りとゲーム数も続くし。 新基準機特有の深天井や駆け抜けは少ない? 暫く打ち倒してみたい機種になりました。 強チェリーなどの強レア役は重いですが、引いたときの信頼度はなかなかでした。 初打ち4000枚で取りきれず閉店でした。 低貸しに出てきたら1日打っていたいと思いました。 化物語に似たものを感じます。 フリーズは起きにくいですが、爆発力は大したものです。 ただ上乗せは中々しないし、しても10Gがザラです。 時間と軍資金と心に余裕があるならオススメです。

次の

地獄少女3 スロット新台|初打ち感想 評価 評判まとめ

パチスロ 地獄 少女 3

で、多くのスロッターの方がそうかと思いますが、初めて打つ台は基本となる打ち方やゲームフローを知る為、、解析系のサイトを見ながら打つと思います。 そこで地獄少女のシステムを把握しようとしてみたものの……でた、有利区間。 6号機は、正直コレがめんどくさい。 いろはに愛姫のように有利区間をほとんど気にせず打てる台もありますが、多くの6号機が有利区間によって通常ゲームに濃淡があり、特にヤメ時をしっかり押さえていないと損してしまう。 6号機がハイエナ天国と言われる理由の一つです。 このイメージで6号機は打ちづらい上、地獄少女は有利区間のシステムが一見複雑に見えます。 ですので、まずは 普通に楽しみたい方向けに簡単に打ち始め・ヤメ時を整理すると以下の通り。 パチスロ地獄少女3の打ち始め・ヤメ時ポイント(エンジョイ派向け) ・ 打ち始めG数は特に意識しないでも大丈夫 ・ ヤメ時は以下の3つを押さえておこう 1. AT終了後の有利区間ランプ消灯時(AT終了後の引き戻しゾーン終了時) 2. もしくは800G到達の有利区間リセット後、一回ボーナスを当てるところまで(AT入らなければそこで終わり) 3.CZのスルー天井があるので CZを6回以上スルーしていたら次の800G天井 or AT当選~終了までは続行(スルー回数は液晶で確認可能) 上記を抑えておいて頂きたいのですが、文字で 800G天井?有利区間リセットってなんじゃ??CZのスルー回数確認ってどこ??という疑問が出てくるはずなので、それは 今夜アップする動画にて映像とともに解説しますので是非見て下さい。 動画アップ後はこの記事にも添付します。 で、ここから少し突っ込んだ話をします。 4% と書かれており、さらに 有利区間突入後は128Gでボーナス超高確に移行する、とあります。 特に設定変更時は128G後のボーナス超高確率移行が確定するためリセットが美味しい、と。 そして、そこから発展する形で、前述の 有利区間リセット後は128G以降にボーナス超高確率に移行するので、コレも狙い目だ、と喧伝するサイト・発信者が多く見られました。 ボクもそれらを見て、なるほどなるほど、と。 ほんなら有利区間ランプに気を付けて、有利区間に移行したら128回してレア役引いてボナ当てて、AT入らなきゃそこで終了ね?なんて思ったわけですよ。 が、 実際に打ってみると明らかに台の挙動が違う。 具体的に言えば、 AT終了後の有利区間リセット後は明らかにボーナス超高確率移行が128G固定ではないんです。 設定変更後、及び有利区間リセット後に非AT突入のまま通常ゲーム数+ボーナス中のゲーム数が800Gに到達した際の有利区間リセット時は128Gで超高確率に移行します。 が、AT終了後の有利区間リセット後は明らかに挙動が違う。 ボーナス終了時の0. 4%を引いた後に関しては未確認です。 AT終了後は、引き戻しゾーン終了後に確かに有利区間ランプが一回消え、1Gで再点灯します。 しかし、そこからの超高確率移行は実践上200~300G台で来るケースが多く、AT後に700とかボーナスでハマる台は今のところ見かけていないので早めなのは間違いないと思います。 しかし、ここは確かな情報がまだ無い部分で、AT後の有利区間リセットをひっくるめて128Gでボーナス超高確率に移行するという解釈をしているサイトや動画などは明らかに誤りです。 こういうの、実際にホールで打てばすぐ分かるような話なんですけどね。 さんのように、分かる範囲で正確な情報を載せているサイトもあります。 しかし、導入から2週間以上たっていてもこの事象について曖昧な書き方をしているサイトも多く見られます。 一部のハイエナダイスキーな発信者の中には、有利区間リセット後ならなんでも128で超高確以降であるかのように伝えてハイエナを推奨するような動画・サイト(note)も見られました。 昨今の解析情報はあくまでもメーカーから提供される資料が基となっているカタログスペックであって、本当の意味の解析情報ではない。 だから、実際にホールに設置され、プレイヤーが打つ台が必ずしもその資料通りの挙動・数値で動いているわけではないんです。 新台の速報に関しては、確かに早い者勝ちな面がありますし、その中である程度ミスというか認識が間違っているケースがあるのは仕方ないとは思います。 しかし、さも「〇〇をすれば勝てる・期待値が取れる」と煽りつつ、誤情報を垂れ流すのはいただけない。 加えて、そういう煽りに血道をあげる方というのは、実際は自分で身銭を切って打たず、カタログ情報だけを基にアレコレ考察したものを表に出すから間違っていてもそれに気づかない。 そして、気づかないから訂正もされずその情報がそのまま残る。 それを見た人がまた誤情報に騙されてしまう。 勿論、情報の受け取り手側にも問題はあり、賢明な方ならそういう事はすぐ見抜く事でしょう。 そして、不確かなサイト・不確かな動画の情報を鵜呑みにして負けたのなら、それはそれで自己責任とも言えます。 決して発信者だけが悪いという話でもありません。 ただ、そうしてプレイヤーに「勝てますよ」と煽っておいて、間違っていてもあとは知らんぷり、というスタンスはシンプルにタチが悪いなぁ、と思うわけです。 ボクも当然ながら間違える事はあります。 前回のいろはに愛姫動画でも、誤植がいくつかあり、そういうのは反省しなければいけないと思っています。 ただ、少なくともプレイヤーのお財布に直結するような情報の取り扱いに関しては、出来る限りの責任を持たないといけないと思っていますし、不確かな情報ならそうと伝えた上でなければいけません。 発信者になるという事はそれだけの責任があるわけですから、このことは自分自身の肝に銘じなければいけませんね。 世に溢れる情報の中で、誰が本物で誰が小手先の発信者なのか。 そういった真贋を見る目を養って頂きたいと思いますし、そうした目に晒される重圧を意識しながら、これからも記事と動画の投稿を続けていきたいと思います。

次の

パチスロ 地獄少女 地獄流し

パチスロ 地獄 少女 3

で、多くのスロッターの方がそうかと思いますが、初めて打つ台は基本となる打ち方やゲームフローを知る為、、解析系のサイトを見ながら打つと思います。 そこで地獄少女のシステムを把握しようとしてみたものの……でた、有利区間。 6号機は、正直コレがめんどくさい。 いろはに愛姫のように有利区間をほとんど気にせず打てる台もありますが、多くの6号機が有利区間によって通常ゲームに濃淡があり、特にヤメ時をしっかり押さえていないと損してしまう。 6号機がハイエナ天国と言われる理由の一つです。 このイメージで6号機は打ちづらい上、地獄少女は有利区間のシステムが一見複雑に見えます。 ですので、まずは 普通に楽しみたい方向けに簡単に打ち始め・ヤメ時を整理すると以下の通り。 パチスロ地獄少女3の打ち始め・ヤメ時ポイント(エンジョイ派向け) ・ 打ち始めG数は特に意識しないでも大丈夫 ・ ヤメ時は以下の3つを押さえておこう 1. AT終了後の有利区間ランプ消灯時(AT終了後の引き戻しゾーン終了時) 2. もしくは800G到達の有利区間リセット後、一回ボーナスを当てるところまで(AT入らなければそこで終わり) 3.CZのスルー天井があるので CZを6回以上スルーしていたら次の800G天井 or AT当選~終了までは続行(スルー回数は液晶で確認可能) 上記を抑えておいて頂きたいのですが、文字で 800G天井?有利区間リセットってなんじゃ??CZのスルー回数確認ってどこ??という疑問が出てくるはずなので、それは 今夜アップする動画にて映像とともに解説しますので是非見て下さい。 動画アップ後はこの記事にも添付します。 で、ここから少し突っ込んだ話をします。 4% と書かれており、さらに 有利区間突入後は128Gでボーナス超高確に移行する、とあります。 特に設定変更時は128G後のボーナス超高確率移行が確定するためリセットが美味しい、と。 そして、そこから発展する形で、前述の 有利区間リセット後は128G以降にボーナス超高確率に移行するので、コレも狙い目だ、と喧伝するサイト・発信者が多く見られました。 ボクもそれらを見て、なるほどなるほど、と。 ほんなら有利区間ランプに気を付けて、有利区間に移行したら128回してレア役引いてボナ当てて、AT入らなきゃそこで終了ね?なんて思ったわけですよ。 が、 実際に打ってみると明らかに台の挙動が違う。 具体的に言えば、 AT終了後の有利区間リセット後は明らかにボーナス超高確率移行が128G固定ではないんです。 設定変更後、及び有利区間リセット後に非AT突入のまま通常ゲーム数+ボーナス中のゲーム数が800Gに到達した際の有利区間リセット時は128Gで超高確率に移行します。 が、AT終了後の有利区間リセット後は明らかに挙動が違う。 ボーナス終了時の0. 4%を引いた後に関しては未確認です。 AT終了後は、引き戻しゾーン終了後に確かに有利区間ランプが一回消え、1Gで再点灯します。 しかし、そこからの超高確率移行は実践上200~300G台で来るケースが多く、AT後に700とかボーナスでハマる台は今のところ見かけていないので早めなのは間違いないと思います。 しかし、ここは確かな情報がまだ無い部分で、AT後の有利区間リセットをひっくるめて128Gでボーナス超高確率に移行するという解釈をしているサイトや動画などは明らかに誤りです。 こういうの、実際にホールで打てばすぐ分かるような話なんですけどね。 さんのように、分かる範囲で正確な情報を載せているサイトもあります。 しかし、導入から2週間以上たっていてもこの事象について曖昧な書き方をしているサイトも多く見られます。 一部のハイエナダイスキーな発信者の中には、有利区間リセット後ならなんでも128で超高確以降であるかのように伝えてハイエナを推奨するような動画・サイト(note)も見られました。 昨今の解析情報はあくまでもメーカーから提供される資料が基となっているカタログスペックであって、本当の意味の解析情報ではない。 だから、実際にホールに設置され、プレイヤーが打つ台が必ずしもその資料通りの挙動・数値で動いているわけではないんです。 新台の速報に関しては、確かに早い者勝ちな面がありますし、その中である程度ミスというか認識が間違っているケースがあるのは仕方ないとは思います。 しかし、さも「〇〇をすれば勝てる・期待値が取れる」と煽りつつ、誤情報を垂れ流すのはいただけない。 加えて、そういう煽りに血道をあげる方というのは、実際は自分で身銭を切って打たず、カタログ情報だけを基にアレコレ考察したものを表に出すから間違っていてもそれに気づかない。 そして、気づかないから訂正もされずその情報がそのまま残る。 それを見た人がまた誤情報に騙されてしまう。 勿論、情報の受け取り手側にも問題はあり、賢明な方ならそういう事はすぐ見抜く事でしょう。 そして、不確かなサイト・不確かな動画の情報を鵜呑みにして負けたのなら、それはそれで自己責任とも言えます。 決して発信者だけが悪いという話でもありません。 ただ、そうしてプレイヤーに「勝てますよ」と煽っておいて、間違っていてもあとは知らんぷり、というスタンスはシンプルにタチが悪いなぁ、と思うわけです。 ボクも当然ながら間違える事はあります。 前回のいろはに愛姫動画でも、誤植がいくつかあり、そういうのは反省しなければいけないと思っています。 ただ、少なくともプレイヤーのお財布に直結するような情報の取り扱いに関しては、出来る限りの責任を持たないといけないと思っていますし、不確かな情報ならそうと伝えた上でなければいけません。 発信者になるという事はそれだけの責任があるわけですから、このことは自分自身の肝に銘じなければいけませんね。 世に溢れる情報の中で、誰が本物で誰が小手先の発信者なのか。 そういった真贋を見る目を養って頂きたいと思いますし、そうした目に晒される重圧を意識しながら、これからも記事と動画の投稿を続けていきたいと思います。

次の