カクヨムランキング。 【タグ分析】カクヨム週間・全ジャンル・ランキング500位まで

小説家になろうとカクヨムの同時掲載と重複投稿

カクヨムランキング

概要 [ ] 作者登録することで、無料でを上に公開することができる。 KADOKAWAが直接運営するサイトのため、同社から出版されている一部のの作品の投稿が可能なこと、 公式連載が存在することが特徴である。 カクヨム設立前からブランドが展開していたオンライン小説サイト「ファンタジアBeyond」も2016年6月をもって終了しカクヨムに統合された。 対抗する『』などと同様に、新人発掘を目的として、自社レーベルによる文学賞も開催している。 歴史 [ ] 2015年 [ ]• 10月7日 - ティザーサイトオープン。 11月18日 - サイト名称が「カクヨム」に決定。 12月25日 - プレオープン、投稿受付開始。 2016年 [ ]• 2月29日 - 正式オープン。 3月15日 - アプリ版をリリース。 4月27日 - 「カクヨムユーザーミーティング」開催を発表。 6月20日 - Webラジオ「カクヨム放送局」発表、29日第1回放送。 出演は声優の・およびカクヨム編集長の萩原猛 第8回より副編集長 2017年2月より同編集長就任 の河野葉月。 11月25日 - 角川文庫がカクヨムに参加。 11月29日 - PC版サイトのリニューアル及びジャンルの再編成を発表。 12月1日 - ジャンル再編成。 12月8日 - PC版サイトリニューアル。 2017年 [ ]• 2月9日 - Google Analyticsの利用が可能に。 2月17日 - 二次創作許諾作品に「けものフレンズ」が追加。 3月1日 - オープン1周年、および記念企画発表。 5月26日 - 高校生限定のコンテスト「カクヨム甲子園」開催を発表。 2018年 [ ]• 1月18日 - 公式連載ページのリニューアル。 3月1日 - オープン2周年。 3月10日 - 「ゲームの電撃感謝祭2018」において、電撃文庫のカクヨム参加が発表。 4月10日 - 電撃文庫が参加。 11月7日 - カクヨムからの初のアニメ作品を発表。 2019年 [ ]• 4月1日 - 小説の投稿者が利益を得られる、カクヨムロイヤルティプログラムを発表。 主な機能 [ ]• 小説の投稿・閲覧• 連載小説の投稿• お気に入り小説の記録・更新確認(ユーザー登録が必要)• 作品へ対してのレビュー、評価、応援コメントの投稿• 公式スマホアプリでの閲覧• 一部レーベルへのコンテスト応募 開催された主なコンテスト [ ] 日付は応募開始から応募終了日まで。 ミニコンテスト(ユーザー自主企画など)、カクヨム主催でないもの(など)は省略。 太字は応募期間中または開催予定のコンテスト。 2015年 [ ]• 第1回 12月25日 - 2016年2月28日 2016年 [ ]• エッセイ・実話・実用作品コンテスト 6月1日 - 7月14日• 「あなたの街の物語」コンテスト 10月14日 - 11月30日• 第2回カクヨムWeb小説コンテスト 12月22日 - 2017年2月9日 2017年 [ ]• この仕事がおもしろい! 「働くヒト」小説コンテスト 4月1日 - 5月31日• NOVEL 0 大人が読みたいエンタメ小説コンテスト 6月1日 - 7月16日• 文学はキミの友達。 カクヨム甲子園 7月18日 - 9月10日• カクヨム異聞選集 本当にあった怖い話・不思議な体験コンテスト 8月1日 - 8月31日• NOVEL 0 第二回大人が読みたいエンタメ小説コンテスト 10月27日 - 12月25日• スニーカー文庫「俺のラノベ」コンテスト 11月2日 - 2018年1月4日• 第3回カクヨムWeb小説コンテスト 12月1日 - 2018年1月31日 2018年 [ ]• サイバーセキュリティ小説コンテスト 3月31日 - 8月31日• ウォーカーpresents 地元のイイ話コンテスト 4月20日 - 6月30日• 2019年 [ ]• 2020年 [ ]• 脚注 [ ] []• - Internet Watch・2015年10月7日• - ダ・ヴィンチニュース・2015年11月18日• - カクヨムからのお知らせ・2016年2月29日• - カクヨムからのお知らせ・2016年3月15日• - カクヨムからのお知らせ・2016年4月27日• - カクヨムからのお知らせ・2016年4月27日• - カクヨムからのお知らせ・2016年11月25日• - カクヨムからのお知らせ・11月29日• - カクヨムからのお知らせ・2016年12月1日• - カクヨムからのお知らせ・2016年12月8日• - カクヨムからのお知らせ・2017年2月9日• - カクヨムからのお知らせ・2017年2月17日• - カクヨムからのお知らせ・2017年3月1日• - カクヨムからのお知らせ・2017年5月26日• - カクヨムからのお知らせ・2018年1月18日• - カクヨムからのお知らせ・2018年3月1日• - 電撃オンライン・2018年3月10日• - カクヨムからのお知らせ・2018年3月10日• - カクヨムからのお知らせ・2018年11月7日• - カクヨムからのお知らせ・2019年4月1日• プレスリリース , , 2019年4月19日 , 2020年5月2日閲覧。 - カクヨムからのお知らせ・2019年10月29日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - この項目は、やに関連した です。

次の

小説家になろうとカクヨムの同時掲載と重複投稿

カクヨムランキング

一週間は「準備期間」としてを表示させずに頼る のうちは、みんなで盛り上げようと作者同士も以外のを読んで、の。 が探しにくいの、準備期間が長かったため、そこそこ優秀なが見つかったりして盛り上がる 「カクヨム、の高いな」との声も広がる(俺。 うれしいな」と反応できたりする。 で、の一週間準備期間は何を読んでいいのか分ないため、 「のを読んでくれたであろう」のをの意をこめて読みに行くが続出。 (甘ちゃんだね!) その水に吸い寄せられるがごのを利用した、「フォロ爆」というが登場。 は簡単、とにかくするだけ。 1つでお手軽だ。 んで、1万人超えとう奴らが。 激甘だね! は大量のが一気に現れたため、誰にも読んでもらえないPV0が続出した。 100とか。 し、まだが遅れて8日の開始、ずっとされたまま。 開始までの1週間で100を読んだ()がいた。 つがいっぱいいたのさ。 で、この有志の「カクヨム」と、のを見比べると、 あれれ、おっかしいぞー、がかいる人がいっぱいだー。 あとは現役ととかでになったや目立っただけ。 下位はもう掘り起こされずに全滅。 ほんのかななや、読み専門の方々ががんばってくれているぐらい。 結果、に現れる上位5名が細々と注目を集め、そこに入れなかったはていくだけ。 たとえば、別8位のが得た1日のPVは20ちょい。 ん、「くわしいな」って? そりゃ、これが俺のことださ! クソが! 俺のはももしなかったし、の知名度を利用しただけのでもない。 なんかとかでとかって言ってもらえてで広まっら、それなりにはんだろう。 で、そのがこの結果。 一って、で盛り上がった日が集計期間外れたら、もう20位近くまで陥落してる。 ほほほ。 まあ、もうめざといのは受けてっら、再はもうされないだろうな。 1ケタでPV20だったし、この後は下がる一方……。 で、1ケタでもこの、相当マズい。 「」っぽいがそれに気づいて、「ボクも書いてされたいな~」ってカクヨムにしたら、簡単にに載れる。 が20人ぐらい集まって「書いてみた!」でも作れば、楽勝でをさせられる現状。 ちなみに今は、値は累積されないっぽい、でも1週間で勝てばに載れるぜ! こんなこと、のに知られるとマズいに書く。 広めるなよ。 とか押すなよ押すなよ押すなよ() ま、どうせいつかはする、できるだけ早く大きく広がって、意に手出しできない状況になってもらいたいくってくれ。 カワンゴ見てくれるかな~? ちなみに現状でも、1万人近いさんが呼びかけて入りしそうな、じゃなかった、とかあるしね。 あと、「」ってで、によりBANされたとかも、うん、も元気にに載ってるな。 元気元気。 もし、このを見てくれることがあったら考えてくれ。 この状況で、考えられる一番最悪なのが何だと思う? 「カクヨムに期待して3カ月近く準備してきたたち」ってやつらが逃げることじゃねえの。 本当に期待して期待して、準備も重ねて、その結果がこれかよ。 を正確に言うわ。 「カクヨムでがんばっていこうと思っていた俺が経たずに撃沈一歩手前っぽくなっている件」だ。 もうこんな泥船、逃亡した方がマシじゃねえのか、ああクソ! でも、読んでくれた人が、「話の続き待って!」なんて言逃げ出せねえ。 続きを書いたら速攻でだわ。 だし、もう当分なんか書けねえよ。 この三カ月もして取ってきた。 もするつもりで調整してたが、なんで俺はこんなを長々と書いてるんだよ、が! 断言するわ。 このままがなければ、「さんたち」「書いてみた」が仲良く暴れるクソになる。 のが行く末を暗示してくれてたのかもな。 でなく目立てば勝ちのになるってな。 に「で元気になる!」とか、に「実録私の!」とか書いてするだけのとか出てくるんだろな。 どっかで見たわ。 だ者たち、どうか頼む。 もう俺のは日の目が見ることはないだろうが、そんどうでもいい。 俺だけでなく多くの人が期待をこめて飛びこんだカクヨムをこのまま潰いでくれ。 そして、これを見たWEBに少しばかり興味がある人、どうか頼む。 多くの耳目を集めて準備期間も取った今のカクヨムには、がかなり埋もれている。 俺もいっぱいった。 それをなんとか探し出して少しでもしてやってくれ。 がなにかしらの一手を打つまで、そこまで生き残らせてくれ。 いいたちには罪はない。 どうか頼む。 そんな中でも動いたカクヨム側のを、む俺はしたい。 俺のはやっぱりも二十位を停滞していてもう浮上の目はない。 けれど、それでも明るいを信じたい。 だ、俺もまだがんばっていく。 カクヨムもきっとがんばってくれる。 だ、「Webを読んで見てもいいな」と思う人は、どうかカクヨムのたちを読んでほしい。 には「いろんな工夫」で上位にいるがまだまだ多い、面倒だけどそれをで除外してくれないか。 たとえば、下に挙げた「カクヨム」に載ってっているを外すとか。 そこに名作がある可能性はできないけれど、ハズレを引くはぐっと減ると思う。 俺としては、なんてして好きな飛んでいくのを一番に勧める。 そこにはきっとまだ見ぬの名作が転がっている。 Webを読むさはさまざまにあるが、の中に合ったを拾い当てるってのはすげえ。 俺の密やかな自慢は、後に大ヒットとなるの初期段階をWebで見ていることだ。 今でこそ化しているが、あの設定を2000前半に読んだは本気でしびれた。 たに「のなんて読むはない」と断ずるのも分かる。 けれど俺は、ののさも知ったうえで、でないもまた楽しんでいる。 の原石あるし、俺のにライクだけど売れねえだろなってもある。 Webろんなで尖っているのだ。 その中「売れる」「立派な」を探すのもし、「を震わす」を探すのも本当に。 だ、でも興味を持ったらぜひ飛びこんでほしい。 やっぱりカクヨムにはすごいが渦巻いてら。 ただね、もうなんとかしてくれませんかね。 ここは超な話なんだけど、としては「」「」っぽいを探してる。 こういう、「ばっかりの()」ってのはのではないのよ。 やにはあふれているけど、それをで読みたい。 でも、だとたいていが男だったり、ばっかりでも重めのだったりする。 で、それをカクヨムでしたいのだけど、現状1たどっていくない。 「」だとが多すぎる、「」だとが避けられない。 探せばいくつかあるのだけど、詳細にができないかと思っている。 今は大変だと思、じっと待っているが、いつかに優しい改良をたくさん加えてください。 追記終わり ________________________________________ 追記2 3月13日夜 カクヨムは、上記以後、何も動きませんでした……。 動きませんでした……。 追記3 3/15 カクヨムを立ち上げた、の。 >それぞれのは手応えを感じている状況 >さんは、読者を非常ににされてい。 それと同じように、もを非常ににしてい。 一つ目の追記何か動かれまし? はじまったばかりなのに、とはのようなが数日に一度投げられるていどで 非常ににされているらしい側にはその動きが見えません。 あ、開催中なのに、応募作の一つなどの数作をので流したぐらいですかね。 あと、「が少ない」とうめいているを横目に、「」のもしたね。 >良くしていくことができるだろうとも感じてい。 本当にがんばってくださ。 よろしくお願いす。

次の

カクヨム

カクヨムランキング

カクヨムの特徴 カクヨムは交流を持ちたい人に向いている! 「小説家になろう」や「アルファポリス」が投稿したばかりの新作が読まれる確率が高いのに対して、「カクヨム」はほとんど新規投稿作品は読まれません。 試しにアルファポリスに掲載していた短編を投稿してみた所、読まれたのはほんの数人のみでした。 エブリスタ同様、作家や読者との繋がりが密な小説投稿サイトのようで、ペーペーの新人作家は全く相手にしてもらえない印象を受けます。 まずはツイッターのようにフォローしてフォロワーを増やせという事なのでしょうが、コミュ障の私には正直荷が重い。 とはいえ、得意な人にはこれはチャンスだと思います。 他の作者や読者さんとのコミュニケーションは取りやすそうなので、交流を図るのが好きな人は楽しみながら執筆できるんじゃないかなって思います。 カクヨムの求めているもの コンテスト概要にも書かれていますが、カクヨムが求めているものは、読者と交流しその声に耳を傾けて作品を見つめ直すことで、より良い作品を創り上げ、より多くの人々に楽しんでもらうことです。 自分のレビューが選ばれたら、2000円分の図書カードがもらえて読者さんも楽しめます。 なのでもし面白い作品を見つけたら、積極的にレビューを投稿してみるのも良いかもですね。 客観的に作品を分析できるという事は、その物語の本質を捉えておかないと出来ません。 このお話で作者の方が何を伝えたいのか、それを考える事で、自分自身の勉強にもなると思いますし。 作者でありながら、読者でもある。 両方の視点から捉えてみて初めてみえる事もあると思いますし、そんな読者様から頂けた感想やレビューは一生の宝になると思います。 そんな風に繋がりを大事にしているカクヨムさんは、他の小説投稿サイトよりレビューや感想はもらえやすい印象を受けますし、ページごとに応援機能がついていて、誰が応援してくれたのか確認することも出来ます。 この話は面白かったんだ、この話はいまいち人気がないなど、1話ごとにダイレクトに数字(ハートの数)や書かれた応援コメントで確認できるのは、カクヨムさんだけじゃないかなって思います。 人気のある話とそうでない話の原因を考え追及する。 そうやって、作者と読者が二人三脚で作品をブラッシュアップしていくことで、より面白い作品が出来る。 それがカクヨムさんの狙いだと思います。 小説を書く時って、ある程度構想を考えて書くと思うんですよね。 まぁ、設定だけで見切り発車してしまう時もありますが(私のように……)。 それでも、ある程度ラストはこんな感じにしようぐらいの大まかな構想ぐらいはあると思うんですよ。 そこにたどり着くまでのプロットをよく考えてないだけで。 そんな方(見切り発車様)にはカクヨムで書くのはすごく楽しそうだと思うんですよね。 人気のある話とそうでない話を分析して、読者が求めているのはこういう話なんだってリアルタイムに感じながらお話を書いていけるので。 あえてこの1話はウケを狙ってみようとか、この1話は物語の核となるシーンだから自分の意見を曲げないで書こうとか、色々試すことが出来ます! そうやって読者の意見と自分の意見を上手く融合させながら作品を完成さていく。 完結出来れば間違いなく、その作品を書く前の自分より作家としての技術は高められていると思います。 書籍化を狙う場合は、多くの読者に面白いと思ってもらえる作品を作らないといけません。 リアルタイムで声を聞きながら執筆できるカクヨムは、本気で上を目指したい作家さんには素晴らしい練習場になると思います。 カクヨムは大器晩成型の小説投稿サイト 「小説家になろう」や「アルファポリス」のように、出だしで掴んで人気をとる小説投稿サイトがスタートダッシュ型だとすれば、「カクヨム」は読者との繋がりを大切にし、レビュワーが更なるレビュワーを連れてきてくれて人気が出る大器晩成型の小説投稿サイトだと思います。 スタートダッシュ型のように出だしで掴めなければ失敗に終わる小説投稿サイトでは試せない事が、カクヨムさんでは試せるわけです。 愛着のある作品の可能性を追及していける楽しさがあるって、作家にとっては嬉しい事だと思います。 そんなカクヨムさんには中々面白い機能があるようです。 キャッチコピーで読者の心を掴もう! 小説なんだから文章で勝負しろと言いたいのでしょう。 表紙などはつけられませんが、35文字以内でキャッチコピーを入れる項目があります。 ランキングなどには、必ずそのキャッチコピーが表示されており何ともカラフルです。 ここで目を惹ければ、小説のページを開いてもらえる確率がぐんと上がりそうです。 なんせ、タイトルより大きく表示されていますから! 別の小説投稿サイトは、タイトルで目を惹かないと中々読んでもらえませんが、カクヨムは上手いキャッチコピーを考えれば、文学的でお洒落なタイトルでも読んでもらえそうな気がします。 カクヨムは幅広いジャンルを支持している サイトの印象としては、本当に面白い作品を求めている印象を受けます(ジャンル問わず)。 さらにカクヨムさんの良い所は、決められた原作のみ(篠宮ハルヒの憂鬱、ログ・ホライズン、グリムノーツ、etc…)ですが、公式的に二次創作小説の投稿が認められている所ですね。 著作権の侵害に怯えず堂々と自分の作品として発表出来ます! もし好きな原作があるなら、張り切って書けると思います。 個人的に自作小説を電子書籍化しようとしたら、かなり手間がかかります。 その煩わしい作業が、カクヨムで投稿している作品であれば、電子書籍データ作成からアップロードまで自動連携で簡単に手続きを行うことができるサービスがあります。 自分の作品を電子書籍として残したいと考えられている方は是非活用されてみて下さい。 詳しくはをご覧ください。 まとめ カクヨムは本気で書籍化を目指す人、又は読者や他の作家さん達と密に繋がって、読者の意見をリアルタイムで把握しながら書きたい人に向いているんじゃないかなって思います。 逆にコミュ障な作家さんには、正直荷が重い感じの小説投稿サイトです。 初めて投稿する方は土台作りとして、積極的に人と関わる事が求められてきます。 自分自身と作品をセルフプロデュースして読者を連れてくるくらいの気持ちがないと、中々読んでもらえず苦戦するかもです。 とっかかりとしては、好きなジャンルの作品を読み、評価や感想を入れて交流を図りながらフォロワーを増やしていくのが堅実的かもしれません。

次の