黒豆 電気圧力鍋。 黒豆の煮方で圧力鍋での簡単な作り方は?失敗しない方法でやってみた!

【みんなが作ってる】 電気圧力鍋 黒豆のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

黒豆 電気圧力鍋

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

電気圧力鍋│シロカ株式会社

黒豆 電気圧力鍋

「まめに働く」という語呂合わせから「元気に働けますように」との願いが込められている黒豆。 母がストーブの上でことこと黒豆を煮るのが、私の実家ではいつもの年末の光景でした。 しかし我が家にはストーブが無い! かといって普通の鍋でことこと何時間も煮るとガス代がかかりそう。 そんなときに活躍するのが圧力鍋です。 圧力鍋を使えば時短で黒豆を作ることができます。 しかも釘なし・重曹なしでとっても簡単。 実際に失敗しないというレシピで作ってみましたが、甘さひかえめで、ずっと食べ続けられそうな甘さでした。 甘くない黒豆が好きな方はレシピ通りに、甘いのが好きな方は味見をしながら少し砂糖の量を増やすと良いと思います。 それでは実際に圧力鍋で作ってみたときの様子をご覧ください! スポンサーリンク 黒豆の煮方 圧力鍋を使った簡単な作り方 材料• 黒豆 200g• 砂糖 140g• しょうゆ 小さじ2• 水 4カップ 800ml 材料はとってもシンプルです。 豆は新豆が煮えやすく扱いやすいとされています。 私は去年の黒豆が家にあったので使ってみましたが難なく作れました。 豆は乾物なので、1~2年くらい経過していても大抵食べられます。 一体いつの豆か分からない物が出てきたら、試しに何粒か水に浸けてみて下さい。 2日間ほど長めに浸してみて、これでふやけてくれれば使えます。 しかしふやけなければ調理しても煮えないので、もったいないですが廃棄してください。 作り方 1. 黒豆を水で洗い、ざるに上げる 黒豆を洗うとき、特に新豆を使う場合はゴシゴシ洗うと皮が破れてしまいます。 ボウルにたっぷりの水を入れ、ゆっくりとくるくるかき混ぜるようにする。 またはざるの上からそっと水をかけるくらいで大丈夫です。 水と調味料を入れて沸騰させる 黒豆以外の調味料を全て圧力鍋に入れて沸騰させます。 沸騰したら火を止めます。 洗った黒豆を入れて一晩浸けておく 沸騰させた熱い煮汁に黒豆を入れます。 「一晩」はだいたい8時間が目安です。 豆が古い場合は少し長めに浸けても構いません。 一晩浸けておいたら煮汁の色が濃くなって、黒豆っぽくなってきました。 圧力鍋で煮る 圧力鍋のふたをし、強火にかけます。 沸騰しておもりがふれたら弱火にして20分加熱した後、火を止めます。 ワンダーシェフなどの高圧鍋の場合、加熱時間は1分です。 自然冷却 加熱し終わったらそのまま自然冷却させ、煮汁に1日浸けておきます。 これで出来上がりです。 こうして作った黒豆がこちら。 1日煮汁に浸けておいたものです。 しわもなく、破れもせず、ふっくらと出来上がりました! あまりの簡単さにちょっとビックリです。 甘さも控えめで、豆大好きな子供達があっという間にたいらげてしまいました。 スポンサーリンク 黒豆の煮方 圧力鍋で失敗しない方法のポイント 圧力鍋を使って黒豆を作るときに多い失敗が「シワになる」「皮が破れる」というもの。 皮が破れる主な原因は ・豆を戻すときに水で戻した ・煮るときに豆同士がぶつかる といった理由から。 このレシピではたっぷりの煮汁で煮るので、豆が煮汁から出る心配はあまりありません。 また加熱時間をきちんと守れば、豆がぶつかって皮が破れる心配もありません。 圧力鍋で作るときのポイントは ・煮ている最中に鍋のふたを開けない ・加熱時間を守る ・自然冷却の際、完全に冷めるまではふたを開けない です。 気になってどうなっているか見たくなりますが、これらを守れば高確率で失敗は避けられると思います。

次の

電気圧力鍋│シロカ株式会社

黒豆 電気圧力鍋

圧力調理とは、密封した容器で蒸気を閉じ込めながら加熱する事で1気圧以上の圧力をかける調理法を指します。 圧力をかけることで鍋内の温度が上がり、短い時間で調理ができます。 調理時間を大幅に短縮できる時短効果が、圧力調理の一番の利点ではないでしょうか。 蒸気を閉じ込めて調理する圧力調理は、水の使用量もカットできます。 さらに、圧力調理は栄養を残したまま食材を調理できる点も魅力です。 魚の骨まで柔らかくできるので小魚を丸ごと食べることができたり、豚肉を調理する場合は加熱時間が短いのでビタミンなどの栄養素が残りやすくなったりします。 豚の角煮やシチューなどの長時間じっくり煮込む料理は、素材がやわらかく味がしみ込んでいて、とても人気のあるメニューです。 しかし、こういった料理は時間がかかるため気軽には作れません。 そのため、このような料理が食卓に上がる機会が少ない家庭もあるのではないでしょうか。 そんな時間のかかる煮込み料理を、短時間でおいしく作ることができるのが圧力鍋です。 圧力鍋は「小さなお子さんがいる」「仕事が忙しく帰宅時間が遅い」といった理由から、日々の料理に十分な時間を確保できない方にとって強い味方となります。 圧力鍋には、ガスや電気コンロで熱して圧力をかける「ガス圧力鍋」と、電力を使いマイコン制御で圧力調節をする「電気圧力鍋」の2種類があります。 まずはこれらの違いについて、詳しく紹介します。 電気圧力鍋「SR-MP300」は、圧力調理の初心者でも安心です。 レシピブックや自動調理コースでみなさんの使いこなしをサポートします。 さらにWebにて20ものスペシャルレシピを掲載しております。 はじめてだと迷いがちな圧力調理の時間設定も、レシピブックですぐに分かり、慣れてくるとアレンジにも挑戦できます。 まずは、最初はレシピブックを見ながら調理するのがおすすめです。 「カレー」「肉じゃが」「角煮」「ヘルシースープ」「玄米」「黒豆」「甘酒」の7つの人気メニューが揃っています。

次の