フォーティーン チャージ ボルト。 うぃむんののんびりギャザクラ日誌/FF14: 希望の園エデン零式:共鳴編1に挑戦!:FF14

【FF14】エデン共鳴編零式 1層~4層マクロ

フォーティーン チャージ ボルト

フォーティーンチャージボルトは最後尾のプレイヤーの攻撃が届きません。 DPSを出す場合ギリギリまで粘り、ボスの詠唱が7割までには定位置に付いておくように心がけましょう。 フィールドマーカー例 東西南北にA,B,C,Dを配置し、チェインライトニングの配置を13側と24側で分けたフィールドマーカーです。 チェインライトニングの立ち位置がわかりやすくなっています。 大きい杖3つから範囲攻撃が出るので、小さい杖の四隅に移動する。 (配置はランダム。 避雷バフが一番多い人を追いかけるので、STが雷玉を3個取り分離体から逃げる。 分離体に当たると即死。 途中赤いマーカーがつき、強攻撃。 雲係はフィールド四隅にそれぞれ散開し、雷係はボス下で散開する。 雲係はマーカーが消えたら中央に戻り、雷係は雲の下まで行って範囲攻撃に当たってから戻る。 フィールド縦ラインのノックバック攻撃。 チャージボルトのありなしで吹き飛ばされる距離が変化する。 4人ずつ2回に分けてプレイヤー中心範囲攻撃。 避雷バフが一番多い人を追いかけるので、STが雷玉を3個取り分離体から逃げる。 分離体に当たると即死。 途中赤いマーカーがつき、強攻撃。 元いた位置から離れて回避。 ㉒ 思念体生成 フィールド外の片側に馬が出現。 馬と反対側の杖の横にST以外の7人が並ぶ。 正しく位置取るとノックバック先で杖が壊れ範囲攻撃を回避できる。 ㉓ セントールチャージ ボスが外周に移動し、ボス正面に円範囲出現。 ST無敵orフルバフで受け、コンテンツアクションで「ふんばる」。 (失敗すると全滅。 ) ㉔ (チャージボルト) 次の攻撃強化( 雷玉を1個取る) ㉕ ステップトリーダー チャージあり:プレイヤー中心のドーナツ型範囲攻撃 チャージなし:プレイヤーがいた場所に小円範囲着弾 ㉖ チェインライトニング ヒーラーに受け渡し型のデバフ付与。 タンク以外で3:3の2グループに分かれ、デバフ受け渡しリレーをする。 避雷バフが一番多い人を追いかけるので、STが雷玉を3個取り分離体から逃げる。 分離体に当たると即死。 途中赤いマーカーがつき、強攻撃。 4人ずつ2回に分けてプレイヤー中心範囲攻撃。 馬と反対側の杖の横にST以外の7人が並ぶ。 正しく位置取るとノックバック先で杖が壊れ範囲攻撃を回避できる。 ノックバックで上下の馬を回避したら、左右の馬を見て1箇所だけある安置に駆け込む。 ST無敵orフルバフで受け、コンテンツアクションで「ふんばる」。 (失敗すると全滅。 雲係はフィールド四隅にそれぞれ散開し、雷係はボス下で散開する。 雲係はマーカーが消えたら中央に戻り、雷係は雲の下まで行って範囲攻撃に当たってから戻る。 タンク以外で3:3の2グループに分かれ、デバフ受け渡しリレーをする。 このとき雷担当者の範囲に当たると麻痺状態になるため、当たらないよう迂回して戻る。 ボスから近い4人に雷マーカー(タンク・近接が担当)、遠い4人に雲マーカー付与(ヒラ・遠隔が担当)。 詠唱完了時に担当マーカーが確定するので、ヒラと遠隔は散開図を参考にあらかじめ中央から離れておきましょう。 ライトニングフォース 雷雲生成のあとに来る技で、ボス中心のノックバック攻撃です。 堅実魔、アームズレングスが有効なので使っていきましょう。 フォーティーンチャージボルト 雷玉を1個必ず取りましょう。 フィールドの西と東に7本ずつの杖が出現します。 その後「思念体生成」を詠唱しフィールドの片側に一定時間後、突進する馬を出現させます。 マクロの場所に従い、馬と反対側の杖の横にボス基準で1列に並びます。 丸い円の中に入るとコンテンツアクションが使用可能になりますので、マクロ等で指定されたタンク(指定が無い場合は大体がST)は防御バフか無敵技を使用しコンテンツアクションを使用しましょう。 (ふんばれないと全滅。 ) その後にラムウが真ん中に突進するので、適切な位置に立っていると杖が折れギミックが消化出来ます。 遠距離ジョブは最後尾の定位置につくと距離が遠すぎて殴れません。 どうしても火力を上げたい場合は突進技の「セントールチャージ」詠唱完了まで1つ前の定位置で粘ります。 ラムウ突進後、馬が突進し逆サイドの杖から広範囲のが発生します。 このとき、杖が1本でも残っているとそこから巨大な即死級が発生し全滅します。 STはラムウの突進が終わったら素早くパーティメンバーと合流し、範囲を避けましょう。 ステップトリーダー(チャージボルト時) チャージボルト時の「ステップトリーダー」は詠唱完了後、個人個人にドーナツ型の範囲攻撃が出ます。 遠隔DPSとヒーラーは基本散開図を基点に散開しましょう。 タンクと近接DPSはボスのターゲットサークルを基点とし、MTとSTはボス正面で散開or重なる、近接はボスの後ろに集まりましょう。 (マクロで指定があればそれに従う。 ) 事前のチャージボルトの有り、無しは必ず確認しましょう。 チェインライトニング ヒラに一番近い対象に受け渡し型のデバフが発生します。 デバフは一定時間後に一番近い対象に受け渡され、その際にダメージが発生します。 マクロで指定された誘導係はフィールドマーカーで待機している人のデバフを受け取り、次の対象に近寄り受け渡します。 誘導係はフィールドマーカーで待機している人の隣で待機し、上下に移動するだけでOKです。 受け渡し時に対象に小範囲が発生するので近すぎないように注意です。 フォーティーンチャージボルト 2回目 処理方法は基本的に1回目と同様ですが、突進する馬が横列にも出現します。 横列の馬の間に隙間があるので吹き飛ばされ杖を折った後に隙間に滑り込みましょう。 パッチ5. イシュガルド復興• レイド 零式 共鳴編• 覚醒編• ノーマル 共鳴編• 覚醒編• 宝の地図• ジョブ• タンク• ヒーラー• DPS メレー• レンジ• キャスター• リミテッドジョブ• ギャザクラ• 漆黒のヴィランズ• 討滅戦• ノーマル• アライアンスレイド ヨルハダークアポカリプス• リターントゥイヴァリース• シャドウオブマハ• クリスタルタワー• 風脈 新フィールドの風脈の場所• エウレカ• NM情報• ハウジング•

次の

【FF14】エデン零式共鳴編1層のサブタンク視点を解説!! とりさん飼育係

フォーティーン チャージ ボルト

1層:ラムウ 全体を通して、チャージボルトの詠唱を見たら玉拾いをすること。 痛打はノーバフだと死ぬかも ベニゾンくらいは投げておくのが丸い。 最近知ったんだけど、ディヴァインベニゾンはリキャストが結構早い。 あと、投げてるときのモーションがテンション高くて良い。 雷雲生成はタイムラインを覚えて先に離れておけ ボスから近い4人に雷マーカー、遠い4人に雲マーカーがつくんだけど、詠唱が始まると雷雲どっちか確定してしまうので、ヒーラーと遠隔DPSは前もって離れておく必要がある。 鳥が通ります 攻略初期、思念体生成の鳥には紐が繋がっているST以外も触れたらアウトだと(固定内で)認識されていて、東か西どちらかを鳥の散歩ルートとして明け渡したりしていた。 実際は触れても全然大丈夫。 フォーティーン・チャージボルトはギミック処理後に注意 全員東側に移動していると思うので、速やかに次の行動に備える。 ここは必ずチャージあり。 そして、受けたら散開忘れずに。 チェインライトニングは誰か欠けていると厳しい 14CBもそうだけど、1層は一人ミスると全滅の連帯責任ギミックが多い。 CLは遠隔DPSが誘導役なんだけど、CL被弾してる最中に熱雷が来るので、ヒーラー誘導だと難しかったかも。 実際の誘導は遠隔がやってたのでよく知らないけど、2回目のCLの終わり際にステップトリーダーが来るので、チャージボルトありなしをちゃんと確認しておく。 タイムラインを把握して先に動いておくことが肝要 僕が詠唱見てから思い出すタイプなんだけど、1層に関してはタイムラインを覚えちゃった方がスムーズかなと思った。 あとは、ぼいちゃしてたらコールすることで助かる命がある。 2層:ラクタパクシャ ラクタパクシャはガルーダの異名で「赤い翼を持つ者」の意。 イフリートと合体して赤くなったからってか? オクルーデッドフロントはギリギリ外側に立つ 滑り撃ちしながら微調整したら、トレースしたリューサンだけ死んでしまった……。 玉3つの時がちょいシビア。 矢印に重ならないくらいの場所で、できるだけステージ外側ギリギリに立つ。 Jリーグ開幕 イフリートの特徴的なギミックといえばファイアスパーク。 中央を向いている個体を探して、そこから左右を確認するんだけど、安置を見つけてもエラプションの範囲が確定してからキックオフなので早漏れ注意。 2体フェーズのイフは遠くに持っていってくれ イフ担当は遠隔DPSのはずなので、担当するタンクはできるだけ遠くで孤独に耐えていてほしい。 直後のフィアスストームまでセット、この後合体があるので被弾しても回復はゆっくりでいい。 合体フェーズは業炎拳で離れすぎない 安置に飛び込むのが間に合わなくなる。 近すぎるとエラプが安置に被る。 ちょうどいい感じにしろ。 コンフラグレーションストライクはDPSが大変そう 2層の山場。 実はヒールはそこまで大変じゃなくて(タンク様がバフを炊いてくれるおかげ)、個人的にはMTとSTどっちと鎖が繋がってるか確認するのが山場。 画面近づけたり、ぴょんぴょんしてみたり……最近は、相片ヒラが宣言したのを聞いて判断してます(他人任せ)。 エアーバンプ後に敵の後ろに抜けるのは早めに動いた方がいいかも。 コンフラがヒール意外と楽だったので、こっちにアビを切ることにした。 終盤エアーバンプの処理は外側へ DPSに豪炎拳、ひらたんにエアーバンプが来るギミックは、散開位置のDPSより外側に立つ。 なぜなら、豪炎拳が当たると死ぬからである。 ヒーラーはあんまり難しいギミックがない タンクはスイッチが、DPSはコンフラが難しそう。 ヒーラーは特に難しいところがないので、淡々と攻撃を最適化してた。 まだ2層までしかクリアしてないので、続きはまた今度! 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright C 2010 — 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved.

次の

Macros: Eden’s Verse: Fulmination (Savage) EN/JP

フォーティーン チャージ ボルト

1層:ラムウ 全体を通して、チャージボルトの詠唱を見たら玉拾いをすること。 痛打はノーバフだと死ぬかも ベニゾンくらいは投げておくのが丸い。 最近知ったんだけど、ディヴァインベニゾンはリキャストが結構早い。 あと、投げてるときのモーションがテンション高くて良い。 雷雲生成はタイムラインを覚えて先に離れておけ ボスから近い4人に雷マーカー、遠い4人に雲マーカーがつくんだけど、詠唱が始まると雷雲どっちか確定してしまうので、ヒーラーと遠隔DPSは前もって離れておく必要がある。 鳥が通ります 攻略初期、思念体生成の鳥には紐が繋がっているST以外も触れたらアウトだと(固定内で)認識されていて、東か西どちらかを鳥の散歩ルートとして明け渡したりしていた。 実際は触れても全然大丈夫。 フォーティーン・チャージボルトはギミック処理後に注意 全員東側に移動していると思うので、速やかに次の行動に備える。 ここは必ずチャージあり。 そして、受けたら散開忘れずに。 チェインライトニングは誰か欠けていると厳しい 14CBもそうだけど、1層は一人ミスると全滅の連帯責任ギミックが多い。 CLは遠隔DPSが誘導役なんだけど、CL被弾してる最中に熱雷が来るので、ヒーラー誘導だと難しかったかも。 実際の誘導は遠隔がやってたのでよく知らないけど、2回目のCLの終わり際にステップトリーダーが来るので、チャージボルトありなしをちゃんと確認しておく。 タイムラインを把握して先に動いておくことが肝要 僕が詠唱見てから思い出すタイプなんだけど、1層に関してはタイムラインを覚えちゃった方がスムーズかなと思った。 あとは、ぼいちゃしてたらコールすることで助かる命がある。 2層:ラクタパクシャ ラクタパクシャはガルーダの異名で「赤い翼を持つ者」の意。 イフリートと合体して赤くなったからってか? オクルーデッドフロントはギリギリ外側に立つ 滑り撃ちしながら微調整したら、トレースしたリューサンだけ死んでしまった……。 玉3つの時がちょいシビア。 矢印に重ならないくらいの場所で、できるだけステージ外側ギリギリに立つ。 Jリーグ開幕 イフリートの特徴的なギミックといえばファイアスパーク。 中央を向いている個体を探して、そこから左右を確認するんだけど、安置を見つけてもエラプションの範囲が確定してからキックオフなので早漏れ注意。 2体フェーズのイフは遠くに持っていってくれ イフ担当は遠隔DPSのはずなので、担当するタンクはできるだけ遠くで孤独に耐えていてほしい。 直後のフィアスストームまでセット、この後合体があるので被弾しても回復はゆっくりでいい。 合体フェーズは業炎拳で離れすぎない 安置に飛び込むのが間に合わなくなる。 近すぎるとエラプが安置に被る。 ちょうどいい感じにしろ。 コンフラグレーションストライクはDPSが大変そう 2層の山場。 実はヒールはそこまで大変じゃなくて(タンク様がバフを炊いてくれるおかげ)、個人的にはMTとSTどっちと鎖が繋がってるか確認するのが山場。 画面近づけたり、ぴょんぴょんしてみたり……最近は、相片ヒラが宣言したのを聞いて判断してます(他人任せ)。 エアーバンプ後に敵の後ろに抜けるのは早めに動いた方がいいかも。 コンフラがヒール意外と楽だったので、こっちにアビを切ることにした。 終盤エアーバンプの処理は外側へ DPSに豪炎拳、ひらたんにエアーバンプが来るギミックは、散開位置のDPSより外側に立つ。 なぜなら、豪炎拳が当たると死ぬからである。 ヒーラーはあんまり難しいギミックがない タンクはスイッチが、DPSはコンフラが難しそう。 ヒーラーは特に難しいところがないので、淡々と攻撃を最適化してた。 まだ2層までしかクリアしてないので、続きはまた今度! 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。 Copyright C 2010 — 2019 SQUARE ENIX CO. , LTD. All Rights Reserved.

次の