マカオ カジノ ブログ。 海外カジノ必勝法ブログ・マカオ篇#4《カジノの会員カードをGETせよ!》~2016年1月~

マカオのカジノで勝ち続けるおっちゃんに出会う。沢木耕太郎の再来!

マカオ カジノ ブログ

(ベネチアン・マカオ、筆者撮影) 近ごろ「筆者のカジノ戦績エントリーが無いから面白くない!」というクレーム的指摘(?)があったので、最近のマカオでの戦績をご紹介したい。 先月の香港訪問のメインはデモの状況確認、非建制派の某氏との面談およびデモ参加者へのインタビューだったが、そこは「賭人」たる筆者のこと、10月12日の午前中しっかりマカオにも足を延ばした。 もっともマカオの各カジノにプールしてあった軍資金は枯渇状態、しかも香港では自らの預金を ATMまたは銀行窓口から引き出す額に制限があって、 1日に 2万ドルしか引き出せない。 従って今回カジノに投入できる軍資金は5千香港ドル (約 70,000円)程度、しかも午後には香港に戻らねばならないという制約下にあったので、極めてテンションの低い勝負になるのは目に見えていた。 筆者の場合は「バカラ」、「カリビアン・スタッド・ポーカー」、「ブラックジャック」といったカードゲームになる。 取り敢えず最初に入ったベネチアン・マカオで、と或る「二十一點(ブラックジャック 」の卓に。 ミニマム(最低掛け金)は500香港ドル(約 7,000円)である。 最初から予感めいたものがあったので、「 Pair」(二枚のカードがゾロ目)に 100ドル賭けたら、いきなり「Q」のゾロ目で11倍のリターン。 単純に勝ち負けだけだと3勝5敗だったが、初っ端の「Q」と途中「7」の Pairを2回当てたのが功を奏したようである。 「ブラックジャック」のリターンは1:1(1倍)、「A」+「 10」または絵札のBJで1.5倍。 そして2枚のカードのゾロ目に賭ける「 Pair」は滅多に当てられないが、当たれば11倍かつ博奕の充足感を満たす効果大であるのを再確認した次第。 今回も少ない軍資金下でのヒットエンドラン勝負だったが、以前にも書いたように最近の筆者の博奕は経験則から「無理をしない」方向に振れてきている。 面白味は無いものの、長く続けて生き残ってゆくにはこれが一番なのである。 … … … … … … … … … … … … … … … … … … ブログランキングに登録しています。 エントリーを書く励みにもなりますので、 応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

次の

マカオカジノで勝つ方法!

マカオ カジノ ブログ

(ベネチアン・マカオ、筆者撮影) 近ごろ「筆者のカジノ戦績エントリーが無いから面白くない!」というクレーム的指摘(?)があったので、最近のマカオでの戦績をご紹介したい。 先月の香港訪問のメインはデモの状況確認、非建制派の某氏との面談およびデモ参加者へのインタビューだったが、そこは「賭人」たる筆者のこと、10月12日の午前中しっかりマカオにも足を延ばした。 もっともマカオの各カジノにプールしてあった軍資金は枯渇状態、しかも香港では自らの預金を ATMまたは銀行窓口から引き出す額に制限があって、 1日に 2万ドルしか引き出せない。 従って今回カジノに投入できる軍資金は5千香港ドル (約 70,000円)程度、しかも午後には香港に戻らねばならないという制約下にあったので、極めてテンションの低い勝負になるのは目に見えていた。 筆者の場合は「バカラ」、「カリビアン・スタッド・ポーカー」、「ブラックジャック」といったカードゲームになる。 取り敢えず最初に入ったベネチアン・マカオで、と或る「二十一點(ブラックジャック 」の卓に。 ミニマム(最低掛け金)は500香港ドル(約 7,000円)である。 最初から予感めいたものがあったので、「 Pair」(二枚のカードがゾロ目)に 100ドル賭けたら、いきなり「Q」のゾロ目で11倍のリターン。 単純に勝ち負けだけだと3勝5敗だったが、初っ端の「Q」と途中「7」の Pairを2回当てたのが功を奏したようである。 「ブラックジャック」のリターンは1:1(1倍)、「A」+「 10」または絵札のBJで1.5倍。 そして2枚のカードのゾロ目に賭ける「 Pair」は滅多に当てられないが、当たれば11倍かつ博奕の充足感を満たす効果大であるのを再確認した次第。 今回も少ない軍資金下でのヒットエンドラン勝負だったが、以前にも書いたように最近の筆者の博奕は経験則から「無理をしない」方向に振れてきている。 面白味は無いものの、長く続けて生き残ってゆくにはこれが一番なのである。 … … … … … … … … … … … … … … … … … … ブログランキングに登録しています。 エントリーを書く励みにもなりますので、 応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

次の

マカオ旅行 人気ブログランキングとブログ検索

マカオ カジノ ブログ

どこかあったかい国に行きたいな~…… でもそんな簡単に行けるわけないよね~。。。 あったかいとこ。。。 行けるわけないよな~。。。 あったかいとこね。。。 あったかいとこ。。。 あれ!?!? あったかいとこに着いちゃった!!! はい。 茶番にお付き合いくださり誠にありがとうございました。 というわけで先日、日本を飛び出して香港と()に行ってきました。 その旅行記をまとめたいと思います。 けっこう疲れた。 九龍からへ 早朝に着いて時間があったので繁華街を散歩しました。 いかにも香港らしい縦横無尽な看板。 曖昧な市場に潜入したり猫を追いかけてたりしたんだよ、仕方ないよね) 赤い船に1時間ほど乗ります。 のフェリーターミナルに到着! あれ? ターミナルの周りがものすごい人だかり…… 耳をつんざくようなエンジン音も聞こえる……これは? 3. グランプリ 本当に雑な茶番ですみません(反省してる)。 の秋は「グランプリ」の季節です。 市街地の公道を封鎖したサーキットでGTカーやバイク、そしてF3(F1の格下のクラス)ワールドカップなどが開催されます。 私が席につくとちょうどGTカーのレースが始まりました。 ……が、始まってすぐに…… 十数台を巻き込む多重クラッシュが。 カーレースはGTカーとの違いも分からなかったほど不勉強で、もちろん観戦なんて人生初でした。 でも、やっぱり生で観るとおもしろい! けたたましいエンジン音を上げながら目の前を一瞬で横切っていくクルマはかっこいいですね。 (地元住民からしたらはた迷惑だろうけどね……公道を封鎖するから渋滞もひどいらしい) 印象的だったのが、観客の応援先。 多重クラッシュからの再スタートのとき、一台の白い車が発進してすぐにエンストしてしまいました。 このままリタイアか?……と思いきや、数分後に再々発進! 動き出した瞬間に観客が沸き立ち、その車が観客席を横切るたびにオーディエンスみんながその車を応援するように。 猛スピードで巻き返す白い車が一台、また一台と追い抜くたびに観客が大きな拍手。 結局かなりのハンデがあったにもかかわらず、かなりいい順位でゴールしました。 って日本人だけじゃないんですね。 そのほかのレースでは、予選で日本人選手が3位に入賞したりもしていました。 カジノ といえばカジノ。 というわけで稼ぎに行くぞ。 いちばんポピュラーでルールも簡単な「大小(シックボー)」をやります。 よっしゃ、一発当てるぞ。 ……15分で終わりました。 でも、私は全く後悔していない。 カジノでは負けたけど人生的には勝っています。 私は人生で勝った。 ……もう思い出したくないのでここで締めていいですか??? 5. 夜 夕食代は残っていてよかった…… 大きな広場を丸ごと使ったフードフェスタをやっていました。 人であふれている。 食への執念~~~~~~というこのオーラ。 中華料理からから浜焼きから、はたまたココナッツジュース(ココナッツの実から直接飲むやつ)まで、お前ら~~~胃袋をKILLするつもりか~~~というくらい食べました。 おやすみなさい。 免責事項 カジノへの入場には年齢制限があります。 ご安心ください。 後編へつづく。。。 かいたひと: JK17.

次の