とび森 qrコード やり方。 とび森【デザイン攻略本

スマホでQRコードを読み取る方法【iPhone&Android 2020年版】

とび森 qrコード やり方

標準のカメラアプリだけで読み取れる 四角の中に白黒のドットが描かれた「 QRコード」を、さまざまな場所で見かけるようになりました。 最近ではキャッシュレス決済にも使われるようになり、すっかり日常に浸透した感があります。 QRコードには多様な用途がありますが、中でもポピュラーなのが「 チラシやポスター、新聞・書籍などからWebページにアクセスする」仕掛けです。 しかし、iPhoneやAndroidスマートフォンのマニュアルはとても簡素で、QRコードを読み取る方法も載っていません。 「いったいどうやって読み取るの?」という人のために、ここでは標準アプリだけでできる、もっとも手軽な方法を紹介します。 iPhoneでQRコードを読み取る 1カメラを起動する iPhone 11(iOS 13)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2QRコードを読み取る iPhoneの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると枠が表示されますが、さらに近づく必要がある場合、画面上に[近づいてください。 ]と表示されます。 3読み取ったURLにアクセスする 十分に近づくと、QRコードの読み取りが完了します。 「"dekiru. net"をSafariで開く」といった通知が表示されるので、タップしましょう。 4Webページが表示された Safari(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 iPhoneのコントロールセンターには、「 QRコードリーダー」という機能も用意されています。 その名の通り、QRコードを読み取るための専用機能で、前述の方法よりもすばやくWebページにアクセスできます。 複数のQRコードを連続して読み取りたいときに便利です。 また、この機能での読み取り時には、iPhoneのフラッシュライトを点灯させるボタンが表示されます。 暗いところでQRコードを読み取るときにも役立つでしょう。 ホーム画面の右上端から下にスワイプして、コントロールセンターを表示します(iPhone 8以前の機種では下端から上にスワイプ)。 続いて、標準では左下にあるQRコードのアイコンをタップします。 QRコードリーダーが起動しました。 一見、通常のカメラと変わりませんが、中央に大きな枠が表示されるところが異なっています。 QRコードを読み取ると、すぐにSafariでWebページを表示します。 暗くて認識しにくい場合は、フラッシュライトを点灯しましょう。 AndroidでQRコードを読み取る 1カメラを起動する Google Pixel 3a(Android 10)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2[その他]を表示する [その他]をタップします。 [その他]がない場合は、[カメラ]のあたりを左にスワイプしてスクロールしてください。 3Googleレンズに切り替える [レンズ]をタップします。 このあと、Googleレンズの説明が表示された場合は[OK]をタップします。 4QRコードを読み取る スマートフォンの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると、読み取ったURLが表示されます。 ここで撮影(検索)ボタンをタップしましょう。 5読み取ったURLにアクセスする QRコードから取得したURLが表示されるので、[ウェブサイト]をタップします。 なお、QRコードの上に表示されたURLを直接タップしてもOKです。 6Webページが表示された Chrome(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 close 閉じる.

次の

とび森 タイル Qrコード

とび森 qrコード やり方

標準のカメラアプリだけで読み取れる 四角の中に白黒のドットが描かれた「 QRコード」を、さまざまな場所で見かけるようになりました。 最近ではキャッシュレス決済にも使われるようになり、すっかり日常に浸透した感があります。 QRコードには多様な用途がありますが、中でもポピュラーなのが「 チラシやポスター、新聞・書籍などからWebページにアクセスする」仕掛けです。 しかし、iPhoneやAndroidスマートフォンのマニュアルはとても簡素で、QRコードを読み取る方法も載っていません。 「いったいどうやって読み取るの?」という人のために、ここでは標準アプリだけでできる、もっとも手軽な方法を紹介します。 iPhoneでQRコードを読み取る 1カメラを起動する iPhone 11(iOS 13)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2QRコードを読み取る iPhoneの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると枠が表示されますが、さらに近づく必要がある場合、画面上に[近づいてください。 ]と表示されます。 3読み取ったURLにアクセスする 十分に近づくと、QRコードの読み取りが完了します。 「"dekiru. net"をSafariで開く」といった通知が表示されるので、タップしましょう。 4Webページが表示された Safari(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 iPhoneのコントロールセンターには、「 QRコードリーダー」という機能も用意されています。 その名の通り、QRコードを読み取るための専用機能で、前述の方法よりもすばやくWebページにアクセスできます。 複数のQRコードを連続して読み取りたいときに便利です。 また、この機能での読み取り時には、iPhoneのフラッシュライトを点灯させるボタンが表示されます。 暗いところでQRコードを読み取るときにも役立つでしょう。 ホーム画面の右上端から下にスワイプして、コントロールセンターを表示します(iPhone 8以前の機種では下端から上にスワイプ)。 続いて、標準では左下にあるQRコードのアイコンをタップします。 QRコードリーダーが起動しました。 一見、通常のカメラと変わりませんが、中央に大きな枠が表示されるところが異なっています。 QRコードを読み取ると、すぐにSafariでWebページを表示します。 暗くて認識しにくい場合は、フラッシュライトを点灯しましょう。 AndroidでQRコードを読み取る 1カメラを起動する Google Pixel 3a(Android 10)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2[その他]を表示する [その他]をタップします。 [その他]がない場合は、[カメラ]のあたりを左にスワイプしてスクロールしてください。 3Googleレンズに切り替える [レンズ]をタップします。 このあと、Googleレンズの説明が表示された場合は[OK]をタップします。 4QRコードを読み取る スマートフォンの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると、読み取ったURLが表示されます。 ここで撮影(検索)ボタンをタップしましょう。 5読み取ったURLにアクセスする QRコードから取得したURLが表示されるので、[ウェブサイト]をタップします。 なお、QRコードの上に表示されたURLを直接タップしてもOKです。 6Webページが表示された Chrome(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 close 閉じる.

次の

【あつ森】マイデザインのID・QRコードの読み取りと作り方【あつまれどうぶつの森】

とび森 qrコード やり方

標準のカメラアプリだけで読み取れる 四角の中に白黒のドットが描かれた「 QRコード」を、さまざまな場所で見かけるようになりました。 最近ではキャッシュレス決済にも使われるようになり、すっかり日常に浸透した感があります。 QRコードには多様な用途がありますが、中でもポピュラーなのが「 チラシやポスター、新聞・書籍などからWebページにアクセスする」仕掛けです。 しかし、iPhoneやAndroidスマートフォンのマニュアルはとても簡素で、QRコードを読み取る方法も載っていません。 「いったいどうやって読み取るの?」という人のために、ここでは標準アプリだけでできる、もっとも手軽な方法を紹介します。 iPhoneでQRコードを読み取る 1カメラを起動する iPhone 11(iOS 13)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2QRコードを読み取る iPhoneの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると枠が表示されますが、さらに近づく必要がある場合、画面上に[近づいてください。 ]と表示されます。 3読み取ったURLにアクセスする 十分に近づくと、QRコードの読み取りが完了します。 「"dekiru. net"をSafariで開く」といった通知が表示されるので、タップしましょう。 4Webページが表示された Safari(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 iPhoneのコントロールセンターには、「 QRコードリーダー」という機能も用意されています。 その名の通り、QRコードを読み取るための専用機能で、前述の方法よりもすばやくWebページにアクセスできます。 複数のQRコードを連続して読み取りたいときに便利です。 また、この機能での読み取り時には、iPhoneのフラッシュライトを点灯させるボタンが表示されます。 暗いところでQRコードを読み取るときにも役立つでしょう。 ホーム画面の右上端から下にスワイプして、コントロールセンターを表示します(iPhone 8以前の機種では下端から上にスワイプ)。 続いて、標準では左下にあるQRコードのアイコンをタップします。 QRコードリーダーが起動しました。 一見、通常のカメラと変わりませんが、中央に大きな枠が表示されるところが異なっています。 QRコードを読み取ると、すぐにSafariでWebページを表示します。 暗くて認識しにくい場合は、フラッシュライトを点灯しましょう。 AndroidでQRコードを読み取る 1カメラを起動する Google Pixel 3a(Android 10)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2[その他]を表示する [その他]をタップします。 [その他]がない場合は、[カメラ]のあたりを左にスワイプしてスクロールしてください。 3Googleレンズに切り替える [レンズ]をタップします。 このあと、Googleレンズの説明が表示された場合は[OK]をタップします。 4QRコードを読み取る スマートフォンの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると、読み取ったURLが表示されます。 ここで撮影(検索)ボタンをタップしましょう。 5読み取ったURLにアクセスする QRコードから取得したURLが表示されるので、[ウェブサイト]をタップします。 なお、QRコードの上に表示されたURLを直接タップしてもOKです。 6Webページが表示された Chrome(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 close 閉じる.

次の