銀座カラー 東京。 銀座カラーCM広告モデル!女優の山本舞香と俳優の小関裕太が共演!歴代の男性俳優や女優も紹介します【女の子は誰?】

顔タイプ別に似合うユニクロアイテムを使い倒す!ソフトエレガントタイプ編(2019年春夏) : 東京都内/銀座/パーソナルカラー診断/顔タイプ診断/骨格診断/メイクレッスン/豊洲/千葉・埼玉から好アクセス

銀座カラー 東京

リーズナブルな価格• 無制限メンテナンス付き• 最短8ヶ月で6回通える• 全身脱毛が最短60分で終了• 予約が取りやすい• ドクターサポート有り• 東京イセアクリニックの脱毛機と効果 東京イセアクリニックでは3種類の脱毛機を使用し、一人一人に合わせて使い分けています。 使用されている脱毛機は「ライトシェア・デュエット」「メディオスター」「ソプラノアイスプラチナム」です。 「ライトシェア・デュエット」は米国FDA 食品医薬品局 から医療用脱毛機として認可されていて、太くて濃い毛に効果的です。 「メディオスター」と「ソプラノアイスプラチナム」はの脱毛機で、産毛などの細い毛に効果的です。 また、色黒の方や日焼けしている方も脱毛可能で痛みに弱い方や心配な方におすすめです。 銀座カラーの脱毛器と効果 銀座カラーでは最新のIPL脱毛機を使用しています。 IPL脱毛機とは「インテンス・パルス・ライト」というキセノンランプという光を出す脱毛機です。 黒い部分 メラニン に反応し、熱を加えダメージを与えることで毛根を破壊します。 そのためワキやVIOなどの太い毛に効果的です。 銀座カラーのIPL脱毛機はスライド照射式なのでスピーディーに施術することができ、全身脱毛が最短60分で終了します。 東京イセアクリニックの料金 東京イセアクリニックの全身脱毛の料金表です。 全て税抜価格です。 東京イセアクリニックの店舗 東京イセアクリニックの店舗を一覧でご紹介します。 東京 東京イセアクリニックは徐々に店舗を展開しています。 北海道 東北地方 東京 関東地方 銀座カラー川崎店 銀座カラー藤沢店 銀座カラーつくば店 中部地方 銀座カラー名鉄岐阜駅前店 大阪 関西地方 中国地方 九州地方 銀座カラーは全国に店舗展開しています。 店舗については詳細ページにて詳しく紹介しているので合わせてチェックしてみてください。 東京イセアクリニックの生理の時の対応 東京イセアクリニックでは生理の時もVIOとヒップ以外は脱毛できます。 しかし、生理時の脱毛はホルモンバランスの乱れや肌荒れなどのトラブルを招く可能性があるため、クリニックではあまりおすすめしていません。 脱毛効果も発揮できない可能性があるため、万全な状態で脱毛するようにしてください。 銀座カラーの生理の時の対応 銀座カラーでは生理の時もVIOとヒップ以外は脱毛できます。 しかし、生理時の脱毛はホルモンバランスの乱れや肌荒れなどのトラブルを招く可能性があるため、サロンではあまりおすすめしていません。 脱毛効果も発揮できない可能性があるため、万全な状態で脱毛するようにしてください。 まとめ 東京イセアクリニックと銀座カラーのいろんな面を比較しました。 とくにここではmelbyおすすめの医療脱毛と脱毛サロンを比較しました。 店舗によって特徴や料金などそれぞれ異なります。 両方とも1度無料カウンセリングに行ってみて、ご自身の目で見て検討することをおすすめします。

次の

銀座カラーCM広告モデル!女優の山本舞香と俳優の小関裕太が共演!歴代の男性俳優や女優も紹介します【女の子は誰?】

銀座カラー 東京

銀座カラーの新キャンペーン「The GINZA Brand. 」シリーズが1月からスタート。 具体的にその特徴をご紹介しましょう。 8ヶ月で完了できる痛みの少ないスピード脱毛• 1回の施術が約60分で完了する• ほくろやシミはその部分を避けて施術可能 銀座カラーは無制限メンテナンス付きの8ヵ月卒業プランが魅力です。 脱毛完了後もしっかりメンテナンスしたい人にぴったりですね。 脱毛機器のメンテナンスやデータ解析、デイリーケアの提案などを徹底しており、最大限の結果が出るようにサポートしてくれるんです。 脱毛初心者は特に不安も多いでしょうから、こういった手厚いサポートはうれしいですね。 銀座カラーのここがGood! 口コミでも評判が高い銀座カラーですが、もちろん料金も安く抑えられていて魅力的です。 また、サービス面でも銀座カラーの良さが表れていますので、いくつかピックアップしてみました。 スタッフのクオリティが高い 銀座カラーでは担当するすべてのスタッフに、厳しい社内研修制度を実施。 脱毛技術やサービスをきちんと学んだ研修合格者のみが接客をしてくれるので安心できます。 また、独自システムにより個人に合わせた脱毛マニュアルを作成し、あなたにベストな脱毛方法を提案してくれます 通いやすい立地と空間づくり 銀座カラーは全店舗が駅からかなり近く通いやすい立地になっています。 さらに営業時間が21時までなので、会社帰りにも寄りやすい工夫がされていますね。 また、脱毛サロンの店内はシンプルであることが多いですが、銀座カラーは家具からこだわった豪華さが魅力。 アメニティーが充実しておりメイクブースもあるなど、ホテルのような接客とサービスが受けられると評判です。 リラックスして過ごしたい、空間を重視するといった人にはぴったりのサロンだと言えるでしょう。 割引制度が豊富 銀座カラーは割引制度がたくさんあり、表示価格よりもお得な料金で脱毛を始められる人が多数です。 主要な割引制度は以下の通り。 全身脱毛6回完了プランの割引制度 キャンペーン名 条件 割引額 当日契約割 初回契約時・来店当日契約のみ 最大1,000円 はじめて割 来店当日契約のみ・脱毛が初めてで、銀座カラーで初めて契約 最大1,000円 のりかえ割 他サロンの会員証提示 最大1,000円 脱毛学割 学生証の提示・初回契約時に学生であること 最大1,000円 ペア割 友人・家族と一緒に契約 1人最大1,000円 ただでさえ安い全身脱毛6回完了プランですが、割引制度を利用することでさらにお得になります。 銀座カラーのここがBad… 銀座カラーのデメリットには以下のようなものが挙げられます。 店舗数が少ない 銀座カラーは全国に50店舗以上展開しているものの、多くが首都圏に偏っており、地方に住んでいる人にとってはなかなか通いづらいというのが現状です。 とはいえ、主要都市には出店しているので、1~2ヶ月おきの脱毛のためにがんばって通うのもアリだと思います。 銀座カラーはこんな人におすすめ• 全身脱毛をスピーディー&コスパ良く完了させたい人• 脱毛だけでなく美肌も同時に手に入れたい人• リラックスできる空間を重視する人 銀座カラーは顔・VIOを含めた全身脱毛と無制限メンテナンスが売り。 人気No. 1の全身脱毛を検討している人は、銀座カラーがおすすめです。 また、アフターケアにも力を入れているので、脱毛に通うたびにお肌がきれいになっていくというメリットもあります。 さらにホテルのような空間でゆったりと脱毛が受けられるのも魅力的ですね。 カウンセリング時に6回分の予約を取れるので、契約後に通えなくなるようなことがないのが銀座カラーの強みです。 どこから見られてもOKなつるすべ肌を、銀座カラーで手に入れましょう!.

次の

【2020年】脱毛サロン銀座カラーの料金とおすすめプランを解説

銀座カラー 東京

概要 [ ] 有数のであり広義におけるでもある。 東京を代表する高級商店街として、日本国外においても戦前より、、、などとともに知られる。 銀座の地名の由来は、に設立されたの鋳造所(銀座)にある。 (静岡市)に置かれていた幕府の銀座が、(慶長17年)にに移されて以来、これが地名として定着した。 また、付近はとして日本一の高い場所としても知られている。 地理 [ ] 巨人軍優勝パレード(2009年11月22日撮影) 東京都中央区の西部に位置し、西を、南をに接する。 北側より銀座一丁目から銀座八丁目まで存在する。 こうした事情から、銀座は4丁目と5丁目を除き、1番地が存在しない。 こうした未整理区域があることを利用し、銀座八丁目と新橋の間には銀座九丁目を示す「銀座ナイン」と呼ばれる商業施設が3棟あり 、2号館には「銀座九丁目」というおでん屋が入居している。 街路に関しては、、、、駿府()、、大坂()、など多くのの地と同じく、街路を基本としており、これは近隣の、地区と同様である。 しかし、のやの周辺、あるいはの周辺などと異なり、街区はではなく細長いとなっている。 これは、京都のうちによる都市改造を受けた地域や、大阪のや周辺、などと共通する。 また、街路網は北東から南西に向かう を中軸として設計されており、、、、のように東西南北の方位を基準とした構造を有していないばかりか、銀座における中央通りの軸線は、、、における軸線と異なる方向を向いている。 これは、による当初の都市計画の際、以来のの筋沿いに、地形に沿った主軸線として通町筋(とおりちょうすじ、現在の中央通り)を設定し、そこから両側に向かう道路を設けることにより、効率的なの便を図ったものといわれる。 になってからのに基づきさらに整備が加えられている。 後、による震災復興のにおける目玉として、中央通りの東側に、新たな北東-南西軸(全体の南北軸の一部)としてが設けられた。 また、から、前を経て方面へ至る、北西-南東方向の主要な直交街路としてが大通りとして整備され、銀座街区の西側にはが整備された。 このような整備にも関わらず、銀座内部の街路は昔ながらのものであり、通りから通りへと抜けるが多く点在し銀座らしい空間を醸し出している。 地域のは104-0061で統一されている。 区域 [ ] 南東側を現在の、その他をにぐるりと囲まれた地域である。 かつては、東を、西を江戸城外堀、南を、北をに囲まれた人工の島であった。 の南東に位置する地域は、かつてと呼ばれる地域だったが、三十間堀川の埋め立てにより銀座と地続きとなったことから銀座東と改名し、後半に銀座西と共に銀座に統合された。 首都高速都心環状線を挟んだ地域も含めてを最寄りとする一帯は、一般的に 東銀座と呼ばれている。 一方、を中心とする地域はかつて銀座西という町名だったが、地下鉄の西銀座駅(現在の)があったことなどから、町名が銀座となった今でも 西銀座の名を冠した施設も散在する(例:・西銀座チャンスセンター・西銀座通り)。 区域・町名の変遷 [ ] 実施前後の 町名町域対照地図 (3月)• (明治2年)5月 江戸町名改正により新両替町と三十間堀西側等を合わせて銀座一丁目から銀座四丁目が起立。 当時の銀座一丁目から銀座三丁目は、東西南北をそれぞれ現在の三原通り、観世通り、松屋通り、桜通り(東京高速道路)に囲まれた四角形、銀座四丁目は、東西南北をそれぞれ現在のあづま通り、観世通り、晴海通り、松屋通りに囲まれた四角形に当たる。 (昭和5年)3月4日 により現在の晴海通り北側の4町域を銀座一丁目から銀座四丁目に編入。 また、現在の晴海通り南側の9町域を統合して銀座五丁目から銀座八丁目とし、同時にこれら「銀座」地区と外堀に挟まれた18町域を統合して銀座西一丁目から銀座西八丁目とした。 この時点での銀座一丁目から銀座四丁目は、東西南北をそれぞれ現在の三原通り、西五番街、、桜通りに囲まれた四角形に当たる。 また、当時の銀座五丁目から銀座八丁目は、東西南北をそれぞれ現在の三原通り、西五番街、御門通り、晴海通りに囲まれた四角形に当たる。 「銀座西」は「銀座」と西側にある外堀に囲まれた地域。 (昭和26年)8月1日 三十間堀川の埋め立てにより木挽町と陸続きになることから、この木挽町一丁目を銀座東一丁目(銀座東二丁目から銀座東八丁目も同様)と改名した(埋め立ては7月に完了した)。 (昭和44年)4月1日 住居表示実施済みの銀座一丁目に未実施の銀座東一丁目を編入し、これを改めて銀座一丁目(銀座二丁目から銀座八丁目も同様)として 銀座東が消滅。 実施後 実施年月日 実施前(特記なければ各町名ともその全域) 銀座一丁目 銀座西一丁目、銀座一丁目 銀座一丁目、銀座東一丁目 銀座二丁目 1968年10月1日 銀座西二丁目、銀座二丁目 1969年4月1日 銀座二丁目、銀座東二丁目 銀座三丁目 1968年10月1日 銀座三丁目、銀座西三丁目の一部 1969年4月1日 銀座三丁目、銀座東三丁目 銀座四丁目 1968年10月1日 銀座西四丁目、銀座四丁目、銀座西三丁目の一部 1969年4月1日 銀座四丁目、銀座東四丁目 銀座五丁目 1968年10月1日 銀座西五丁目、銀座五丁目 1969年4月1日 銀座五丁目、銀座東五丁目 銀座六丁目 1968年10月1日 銀座西六丁目、銀座六丁目 1969年4月1日 銀座六丁目、銀座東六丁目 銀座七丁目 1968年10月1日 銀座西七丁目、銀座七丁目 1969年4月1日 銀座七丁目、銀座東七丁目 銀座八丁目 1968年10月1日 銀座西八丁目、銀座八丁目 1969年4月1日 銀座八丁目、銀座東八丁目 隣接する地区 [ ]• 東 - 、• 西 - 、、• 南 - 、、• 歴史 [ ] 江戸時代 [ ] 以前、現在のからにかけてはと呼ばれ海になっており、その東にはの運んできた砂によってというが形成されていた。 その先端が現在の銀座に当たる。 江戸前島 江戸前島は銀座付近にあった半島。 付近を尾根筋とし、付近を先端としていた。 江戸時代初めのの埋め立てにより、日本橋台地と呼ばれる微高地になっている。 、がに勝利し、にを樹立すると、第一回目のが行われ、の埋め立てと京橋地区の整備が進められた。 にはが整備されたが、銀座の都市基盤の整備はの第二回目の天下普請まで待つことになる。 整備は、10間とした東海道(銀座通り)を中心にグリッド状に設計され、それぞれのの中央にはが設けられた。 町割りは御金改役で家康の側近でもあったを中心に行われた。 として整備が行われた銀座には、ににあった(現在の一丁目)が移転し、銀貨の鋳造が行われた。 当時、通町京橋より南一丁目〜四丁目までを拝領して新両替町と称し銀座人らが住居を構え、新両替町二丁目東側南角に、この北隣に銀座役所が設けられた。 常是役所は現在の付近 、銀座役所は現在のの位置 に相当する。 ビルの前には「銀座発祥の地」の石碑がある。 にはのが一丁目に移転してきた。 これらの場所は現在の銀座一丁目から四丁目に当たる。 銀を特権的に扱う銀座は相当な利益があり、銀座役人の不正事件が多発したことから、銀座そのものは1800年に蛎殻町(現在の一丁目付近)に移転させられるが、呼び名としての銀座は当地の通称としてそのまま残った。 現在の五丁目〜八丁目は、尾張町、竹川町、出雲町と呼ばれていた。 現在の銀座七丁目付近にはが設けられた。 また、徳川家康に親しまれ、幕府の式楽となったの四座のうち三座も銀座に置かれた。 このほかにも、やといったものを供給する職人たちが多く居を構えた。 、により江戸は大半を焼失し、銀座も大きな被害を出した。 これを機に江戸の大規模な都市改造が試みられ、銀座でも沿いのの増設や、道路の新設による街区再編などが行われた。 江戸時代の銀座は、町人地として発展したものの「職人の町」としての側面が強かった。 江戸研究家のも、京橋や日本橋よりも街の賑わいは劣っていたと、自著『銀座』内で語っている。 明治時代 [ ] 1880年代の銀座 銀座に転機が訪れたのは、後のとに起こった2度の大火だった。 特に、1872年の銀座大火は内の添屋敷から出火し、銀座一円が焼失するという大規模なものであった。 そこで、・の主導により、大規模なと、設計によるのの建設が行われた。 この政策は、火事の多かった東京を不燃都市化すること、また同年秋に開業予定だった〜間を結ぶ鉄道の終点・と、当時の東日本経済の中心地であったの間に位置する銀座をの象徴的な街にしたい、との思惑があったとされる。 のに倣って、街路樹(当初は松・桜・もみじ)やガス燈、アーケードなどが造られた。 煉瓦街はまず、沿いに完成し、に全街区の建設が完了した。 しかし、その一方で、住民たちは自らの住所に帰ることができなかった。 煉瓦街の整理後も煉瓦家屋の払下げ価格が高価なうえに支払い条件が厳しく、多くの住民たちは銀座を後にせざるを得なかった。 かわりに、他の地区で成功を収め、煉瓦街に進出してきた商人たちが銀座の表通りで商売を始めた。 現在、「銀座の老舗」とされている店の多くは、それ以降に進出してきた店である。 こうして新しく出発した銀座には2つの特色があった。 まず、のを中心とした町であったこと。 そして、という下町にありながら、顧客は主に(、、、など)に住むやといった()や、、の人々だったということである。 当時の下町の人々の盛り場は、古くから栄えた・だった。 一方、明治維新後に東京へ出てきた人々は、同じく明治に入って急速な発展を遂げた銀座に集うようになり、こうした地方出身者と中産階級の増加に伴って、銀座も発展をしていった。 大正・昭和戦前 [ ] 1933年の銀座通り に発生したで銀座は町の大半を焼失し、壊滅的な被害を受けた。 国の援助を受けては大規模な帝都復興計画を実施し、都市機能の拡充を行った。 銀座でも、煉瓦家屋のほとんどの取り壊し、の整備、やの拡幅が行われたものの、街区の整備に手をつけられることはなく、1872年の区画整理時の町並みが残された。 なお戸越の商店街は震災後の排水処理に困っていたため、銀座から撤去されたレンガを貰い受けて排水処理に利用した。 震災後は、の開業に伴うの発展やの整備などにより、や、()などが次々と登場し、やなどで日本中が不景気に見舞われる中でも発展を続けていく。 昭和初期にはの影響を受けたモダンボーイ()やモダンガール()と呼ばれる人々が町を闊歩し、散策する「」が全盛を極める。 しかし、日本が戦争へ介入するに伴って銀座もその影響を受けるようになる。 戦局の悪化に伴いに贅沢品の製造販売禁止令(七・七禁令)や電力制限による・の消滅、にはによって劇場・料理店・待合芸妓屋・バー・酒屋が閉鎖され、銀座は大打撃を受けた。 その一方で、軍隊の行進や、贅沢を諫める運動なども街頭で行われた。 末期の1月27日に銀座は初めて空襲を受け多数の死者・重傷者を出した。 爆弾はにも直撃し教員4人が死亡、2人が重軽傷を負った。 その後も3月10日、4月28日、5月25日の空襲で銀座は七・八丁目と六丁目の一部を除いて壊滅的な被害を受けることとなる。 戦後 [ ] 銀座不二越ビルの屋上に設置されていたの地球儀型ネオン広告塔(1950年代後期) 第二次世界大戦が終わると、、や銀座東芝ビル など、多くの商業施設がのとして接収された。 その傍らで、銀座の復興も商店主たちの手によって着々と進められ、被災した商店はやで営業を再開した。 ・による一等地買い占めが行われたのもこの時期である。 には銀座復興祭が行われ、銀座の復興は軌道に乗り出した。 にの命令により露店は廃止になったが、その頃から接収解除になる建物が増え、銀座は賑わいを取り戻していった。 また、の開催に合わせて東京の都市インフラ整備も急速に進められ、のの埋め立てを皮切りに、銀座を取り囲んでいた掘割の埋め立てが行われ、銀座西端の旧外堀、南端の、北端のを埋め立て、1964年にが完成するなど、掘割は道路へと変貌を遂げていった。 そんな銀座であったが、銀座には暗い影が忍び寄りつつあった。 上述のように、明治維新以来、銀座の主要な顧客であり銀座の個性的文化を創ってきたのは、地方から上京して地区に住む層であったが、以降、山手の住宅街は、や、等の沿線住宅開発により、を急速に西へ西へと広がっていた。 これら電鉄会社は、大阪のに倣ってそれぞれの都心側の繁華街建設を進めており、、、に代表されるの鉄道ターミナル繁華街が勃興しつつあったのである。 よりはるかに西に住むようになったホワイトカラー層の主力にとって、銀座は遠い繁華街になりつつあった。 の、の1号店の開店、のの開始などを最後に、東京の繁華街の文化的中心としての銀座は、山手在住の若者文化の中心としての地位を(「」も参照)やに、庶民的な要素も含めた総合的な筆頭繁華街としての地位は、に奪われることになっていく。 後半には、に伴う高騰の象徴として、銀座の天文学的地価が連日報道され、に代表される夜の街としてのステータスは盤石ながらも、総合的な繁華街としては首都圏における鉄道沿線文化の色分けに組み込まれていき、銀座は、が飛び交う、東京東部の一繁華街に落ち着きつつあった。 後半になると、東京郊外の西への拡張が一段落し、都心のブームが起きて、としての銀座が再び脚光を浴びるようになる。 銀座の各所で再開発が促され、の高級ブランド各社も銀座の持つブランド性に再び着目するようになった結果、海外の高級ブランド店が、中央通りや晴海通りなどに表通りに軒を連ねるようになった。 他方、都心再開発は、遠く遠ざかっていた東京西部郊外の住民を、一定程度銀座にも呼び戻すことになった。 彼らによって、総合的繁華街としての副都心の雰囲気が銀座にも持ち込まれるようになり、長期不況に伴う小売業態の変化も手伝って、やのなども開業するようになった。 その結果、や期のような「独特な高級繁華街」としての雰囲気は、随分薄くなっているといえる。 になると、によるいわゆるに代表される外国人観光客()が目立つようになった。 それに合わせ外国人向け免税店や既存の店舗の中に外国人向け免税コーナーや免税手続き所を設ける店舗が多くなっている。 地域 [ ] 世帯数と人口 [ ] (令和元年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 銀座一丁目 960世帯 1,493人 銀座二丁目 452世帯 649人 銀座三丁目 224世帯 308人 銀座四丁目 133世帯 188人 銀座五丁目 27世帯 38人 銀座六丁目 36世帯 58人 銀座七丁目 202世帯 260人 銀座八丁目 491世帯 614人 計 2,525世帯 3,608人 には27,689人が暮らしていたが、や戦争を機に郊外流出が進み、に15,582人にまで減少した。 さらにには人口減少に拍車がかかり、の人口は6,257人、は2,963人にまで減少したが、それ以降はに伴う投資の建設ラッシュによって多少は増加に転じているもののそれらマンションの実態は事務所使用が著しく多い。 小・中学校の学区 [ ] 区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 銀座一丁目 2〜10番 11番1〜2号 11番3号 12~28番 銀座二丁目 10〜16番 2〜9番 中央区立泰明小学校 銀座三丁目 2〜8番 9〜15番 中央区立京橋築地小学校 銀座四丁目 9〜14番 1〜8番 中央区立泰明小学校 銀座五丁目 全域 銀座六丁目 全域 銀座七丁目 全域 銀座八丁目 全域 景観 [ ] 銀座の建物は戦後復興のまでに建設されたものが多く、当時のにより高さ31mに制限され、統一されたを形成してきた。 しかし、老朽化した建物の建て替えに際して、多くの建物が制度の導入される以前に建設されたものであることから、建て替え前よりも小さい規模での建設を余儀なくされることや、建物の高層化により統一した景観が阻害されることを懸念した地元とが協議し、に地区計画「 銀座ルール」が制定された。 しかし、にの「緊急整備地域」に指定されたために、容積率が大幅に緩和され、銀座においても再開発による建物の高層化の機運が高まることとなった。 これとは別に、にの制度を活用して銀座八丁目に121mのが建設された。 この流れを受けて、に地元企業は名誉会長のを代表とする「銀座街づくり会議」を発足させた。 その中で、 がと共同で松坂屋銀座店と隣の街区を合わせて大規模な再開発をする計画が浮上。 また、ほぼ同時期にでも建て直しに伴う一部高層化の計画が発覚し、再び「銀座ルール」の見直しがされることとなった。 に施行された新ルールでは、より西の銀座中心部では一切の例外を禁止して建物の高さを56mに抑え、今まで規定のなかったについても最大で10mまでとした。 一方で、昭和通りより東では、区長が「文化等の維持・継承に寄与する大規模開発」と判断した場合に限って56mを超える建物の建設が許可されることになり、歌舞伎座の再開発は認められた。 また建物の建設に際しての前に「銀座街づくり会議」が選出した学者や地元商店主らによって構成された「銀座デザイン協議会」と建物のデザインや用途などについて協議することを求めている。 象徴 [ ] 三愛ドリームセンター 銀座のシンボルとされているのがである。 また、に建つの時計台とは完成時より銀座の的存在である。 銀座の柳 [ ] 銀座発祥の地、から移住してきたが故郷を懐かしんで移植したのが起源とされる。 現在では、「中央区の木」にも指定されている。 に日本初のとして、・・が銀座通りに植樹されたが、埋立地である銀座の土地が水分の多いことから根腐れを起こしてしまい、に湿地に生育する柳に植え替えられた。 には車道の拡幅に伴いへと植え替えられたものの、銀座の柳に対する思いは強く、に発表された作詞の『』でも銀座の柳を懐かしむ歌詞が登場する。 にの寄贈で銀座通りに柳が復活し、同年4月には第1回柳まつりが開催された。 その後も、『』や『』で歌われるなど、柳は銀座のシンボルとして定着していった。 しかし、に銀座通りの工事のために柳は伐採され、の街路樹苗圃に移植された。 その柳もどんどん枯れていき、には3本しか残っていなかった。 それを知った地元商店主が柳の枝を譲り受けて挿し木を行い、自宅の庭などで育てたものを銀座をはじめ、全国各地に植樹を行った。 銀座に柳を復活させる運動は続いており、現在ではや銀座柳通り、御門通りに柳が植えられている。 また、外堀通りではから毎年に「」が開催されている。 経済 [ ] 東京部に位置する銀座は、時代より商業の中心地として日本でも有数の繁華街を形成している。 商業地域は(中央通り)沿いの地域を軸とした銀座の西部、特にと交わるの周辺を中心としている。 また、七丁目や八丁目周辺はやなどが立ち並んでいる。 一方で、東銀座地域は企業の社屋などが立ち並ぶオフィス街となっており、のある六丁目から八丁目にかけてはが形成されている。 商業 [ ] 銀座店 銀座は、老舗の集積地でもあり、・のほかにも、隣接するに・が立ち並ぶ。 しかし、再開発・社会解体によって、有楽町は2000年、有楽町は2010年、有楽町は2011年、は2013年、は2016年に閉店しており、百貨店は7店から2店にまで急減している。 また、もを開設した。 新築されて2016年にオープンしたや、2017年にオープンした(ギンザ シックス)、改装されて2015年にリニューアルオープンした(旧ニューメルサ)などの大型の複合商業施設が数多く並ぶ。 情報通信業 [ ] かつて銀座にの集中が見られた時期があった。 明治時代、の建設に伴い、やに近い銀座に、多くの新聞社が集中した。 一時期は、(現:)、(現:)、やなどといった新聞社のほとんどが銀座に集中し、それに伴ってやなども集中した時期もあった。 しかしにより東京在来の新聞社が壊滅的打撃を受けると、読売が大手町へ移転するなど銀座への集中も途絶えることとなった。 現在は、隣接するに東京本社が、隣接するにがそれぞれ社屋を構えていることが目立つくらいである。 また、日本電報通信社(現:)が銀座(外堀通り、現在も(旧)電通通りとも言う)に設立されたことにより、広告原稿の受け渡しの利便性からの多くが銀座周辺に東京支局を構えた。 このことから、現在でも地方の・ラジオ局などのうち、比較的小規模なものを中心に、銀座に支局や支社を構えるところが少なからず存在する(も、銀座に事務所を置く地方ラジオ局支社長達が「火曜クラブ」として定例会合を開いたことに因む)。 や大手出版取次店をはじめとする印刷出版業に関しては、東京における集中地区は、主要なにほど近いをはじめとする内や周辺を含む、の北側のエリアに一大中心地があり、銀座は中心地とはいえない。 しかし、前述したような事情から、明治時代から社屋を構えるやなど、古い出版社には銀座に本社を残しているところも残存する。 銀座に本社を置く企業 [ ] 煉瓦亭 食においても、銀座は西洋の味覚を紹介する場となった。 、「文英堂」(現:)が尾張町にて創業し、の販売を始めた。 また、には洋食屋の「」が開業した。 銀座で調剤薬局を営んでいたは、店舗内に「ソーダ・ファウンテン」(現:)を併設し、やを売りだした。 他にも、に開業した「」は輸入果物の販売や日本初のフルーツパーラーを開業するなど銀座には様々な食文化が流入した。 3月、のを模した「」が開店し、作家や画家などののとなった。 その後も「」や「」などが続々と開店し、学生なども出入するようになり、の議論が盛んに行われた。 しかし、を境に関西資本のが進出し、カフェーは女給による濃厚なサービスを行う場に変貌していった。 昭和初期にはの流行とともに大衆化・俗化し、カフェーは全盛を極めることとなった。 また、この頃に関西のの進出も相次いだ。 戦後、銀座は徐々に世界各国の高級料理店が進出し、代表的なフランス料理店の、やなどが林立する街として認知されるようになっていく。 後半に差し掛かるとそれまでとは比較にならない勢いで世界の一流レストランが挙って出店する一方、外食フランチャイズも盛んになる。 まずに「(現・ダンキン。 日本からはに撤退)」、次いでに「」の1号店が銀座に開店。 後半には「」や「」が相次いで進出し、その後も「」やでと並ぶ的な存在である内に「」の1号店が開店、銀座は戦前とは異なる形態のカフェ激戦地となり、カフェブームを全国へ広げる舞台として躍進する。 ファッション [ ] アルマーニ銀座タワー 服飾文化においても、銀座は西洋ファッションを紹介する場となった。 その中で、資生堂はを扱うなど、ファッション文化の発展に大きく貢献する。 関東大震災後の大正末期から昭和初期にかけてはと呼ばれる当時の世界的流行であるの影響を色濃く受けた若者たちが現れた。 に並木通りや周辺で「」と呼ばれる若者が出現した。 男性は流行していたかルック、女性はロングスカートのバックにのリボンベルトを結び、二つに折ったハンカチーフを頭にかぶるというスタイルで、手には流行を扇動した「」や「」の紙袋かコーヒー豆の麻袋を持つというスタイルだった。 しかし、同年に開催されるを前に風紀の乱れを懸念した警察によって一斉取締りが行われ、みゆき族はひと夏で姿を消す。 後半からは海外ブランドの進出が活発になり、並木通りを中心として次第に晴海通り、銀座通り(中央通り)へと多くの海外高級ブランド店が進出。 しかし、にで起きたを端とするバブル崩壊と経済危機の煽りで、海外ブランドの閉鎖が相次ぎ、2割ほどが撤退すると予想された。 近年では、との間を南北に走る銀座マロニエ通りに、カルティエ、シャネル、ルイヴィトン、ブルガリ等のラグジュアリーブランドが軒を連ねている。 最近ではや等の専門店が進出し様変わりしている。 2017年に銀座店の跡地を含む六丁目10番街区(4,600m 2)、隣接する銀座六丁目11番街区(4,400m 2)の2つの街区約1. 4haがとしてオープンし、盛況である。 文化施設 [ ] から前半にかけて、やなど、銀座・有楽町周辺には多くのが開場した。 以後はやなどをバンドの生演奏で楽しむの開店が相次ぎ、に入るとが盛況を博し、シャンソン喫茶「」は多くのシャンソン歌手を生んだ。 しかし、1970年頃より、やなどへ音楽の拠点は移っていった。 劇場やは1970年代までと比べ減少したが、現在ではなどの文化施設が多く存在している。 特徴的なのは、ヤマハホールや王子ホールといった企業のの一つとして開いているものが多いことである。 また、は全国の4分の1が銀座に集約しているとされる。 主な文化施設一覧 [ ] 銀座、夜(2017年) や、などの大通りがし、これらの通りでは自動車の交通量が多いことにより渋滞が深刻化している。 銀座全域が首都高速道路に囲まれた形になっており、直に利用する以外にも目印等の用途がある。 道路 [ ] 南北に延びる道路(新橋〜京橋間)を西からの順• 銀座コリドー通り• 数奇屋通り• (西銀座通り・外堀通り、旧電通通りとも言う) - 数寄屋橋交差点より南西側が「西銀座通り」。 ソニー通り• 並木通り• 西五番街• 金春通り・すずらん通り・ガス灯通り• - 銀座通過部分は「銀座通り」になる。 信楽通り・あづま通り• 三原通り• 東西に延びる道路(築地〜日比谷間)を北からの順• 銀座桜通り• 銀座柳通り• 銀座マロニエ通り• 松屋通り - 沿道にがあるため。 みゆき通り• 交詢社通り - 沿道にがあるため。 花椿通り - かつては出雲通りだったがが買収。 御門通り 首都高速道路・出入口 [ ]• 鉄道 [ ] 歌舞伎座 2015年 の類が無く、・・・店は他の繁華街に比較して少ない。 それらの店は隣のやなどに集中している。 については本店・ないし路面店、あるいはそれに準ずるもののみ掲載。 1丁目• 銀座本店• 宮本商行• 銀座店• ストア銀座店• FERRY 銀座本店• MIKISSIMES GINZA• 銀座本店• キラリトギンザ• 貴和製作所• 本店(店)• 本店(店)• 銀座オザミビル• ゴールド• レストラン オザミ(店)• ドミニク・ブシェ(フランス料理店)• ・ブルックボンドハウス()• 雪ノ下銀座()• (2013年閉館、解体されて存在しない)• 東京支店• 奥野ビル 2丁目• (店)• 銀座店• 銀座マロニエゲート店• 銀座店• ブラッスリー (フランス料理店)• 銀座店• 銀座ベルビア館• CK 銀座店• ル・ドーム Le Dome EDIFICE et IENA 銀座店• 銀座ブロッサム• 銀座店• ブティック銀座店• 銀座本店・ブライダルブティック• 銀座店• 銀座本店• 銀座店• 銀座英國屋本店• 銀座越後屋(呉服店)• 銀座本店• 東京銀座店(店)• 銀座メゾン(、)• グランメゾン銀座店(パティスリー、カフェ)• 銀座本店(パティスリー、カフェ)• 銀座スイス本店(店)• 銀座ブティック• 銀座タワー 3丁目• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店(売場)• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店(婦人靴売場)• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• カルバン・クライン松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• ダンヒル松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• ブラン松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• ミハマ松屋銀座店• 松屋銀座店• essence of ANAYI(アナイ)松屋銀座店• トッカ松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 各ライン松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• コレクション松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店(店)• 築地宮川本廛松屋銀座店(料理屋)• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店• 松屋銀座店()• ショップ松屋銀座店(ブーランジュリー)• 松屋銀座店()• 松屋銀座店(パティスリー)• 松屋銀座店(パティスリー)• 松屋銀座店()• 松屋銀座店(パティスリー)• ブルガリ イル・チョコラート松屋銀座店(パティスリー)• 松屋銀座店• 松屋銀座店(銀座店)• 銀座店(シャネル銀座ビル)• ベージュ (フランス料理店)• 銀座本店• 銀座本店• ブティック銀座店• スワロフスキー マロニエゲート銀座2店• トゥービー・バイ・アニエスベー マロニエゲート店• ジル・スチュアート マロニエゲート銀座2店• ラドリー・ロンドン マロニエゲート銀座2店• マロニエゲート銀座2店• クードシャンス マロニエゲート銀座2店• 銀座店• マロニエゲート銀座2店• マイストラーダ マロニエゲート銀座2店• スウィングル マロニエゲート銀座2店• サロン・ド・テ マロニエゲート銀座店(、)• マロニエゲート店• マロニエゲート店• 銀座店• セントラルミュージアム銀座• 東京支店• 木挽町よしや(にある店)• とんかつ銀座にし邑(東銀座にある屋)• (老舗高級店)• 銀座ハゲ天本店()• 白いばら()• Ginza 4丁目• レカン(フランス料理店)• 銀座本店• 銀座和光店• サン=ローラン銀座三越店• セリーヌ銀座三越店• シャネル銀座三越店(婦人靴売場)• 銀座三越店(婦人靴・紳士雑貨売場)• ゲラン銀座三越店(化粧品売場)• 銀座三越店(化粧品売場)• 銀座三越店(化粧品売場)• ジル・スチュアート銀座三越店(化粧品売場)• プラダ銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• ポロ ラルフ・ローレン銀座三越店• 銀座三越店• レッドレーベル銀座三越店• ポール・スミス銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店(2018年閉店 )• クロエ銀座三越店• 銀座三越店• ステラ・マッカートニー銀座三越店• 銀座三越店• ケイト・スペード ニューヨーク銀座三越店• アレキサンダー・マックイーン銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• オムドゥ銀座三越店• インディヴィ銀座三越店• sacai(サカイ)銀座三越店• アンテプリマ銀座三越店• ヒロフ銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• ブルガリ銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• ティファニー銀座三越店• ショパールブティック銀座三越店• ケーファー銀座三越店()• 銀座三越店(ブーランジュリー)• 銀座三越店(カフェ、パティスリー)• ゴディバ銀座三越店(パティスリー)• ジャン=ポール・エヴァン銀座三越店• 銀座三越店• 銀座三越店• リーフル銀座三越店• 銀座三越店(パティスリー)• ユーハイム銀座三越店• モロゾフ銀座三越店• ヨックモック銀座三越店• レ・ロジエ・エグスキロール銀座三越店(フランス料理店)• 銀座本店• グッチ銀座店• ランバンブティック銀座店• ブティック銀座• 銀座店• 銀座店• 銀座店• 銀座店• イッセイ・ミヤケ銀座店• 銀座店・KHギャラリー• フラッグシップ銀座• ジャーナルスタンダード・ラックス• 田屋銀座本店• 銀座モトキ4丁目店• 銀座店• スコッチグレイン銀座本店• みかわや(老舗高級洋食店)• 寿司清銀座四丁目店()• 銀座店(鰻料理屋)• (寿司屋)• 銀座数寄屋橋店• 銀座木挽堂書店()• (にある屋)• 東京支店 5丁目• (旧銀座東芝ビル(銀座TSビル))• プラザ銀座店• 銀座店• プラザ銀座店• 銀座ソニーパーク(旧跡地)• ・ド・パリ(2015年閉店)• 銀座あけぼの本店(和菓子店)• ティエリー・マルクス(フランス料理店)• (、)• 銀座萬年堂本店(和菓子店)• 池田屋東京銀座店• ひだまり本舗• (老舗洋食店)• (旧ニューメルサ)• イグジットメルサ銀座店(2018年閉店 )• 、BUNMEIDO CAFE GINZA• 本店(和菓子店)• 銀座本店• 銀座店• ブランド館銀座和光前店• 銀座本店(パティスリー、カフェ)• リーフルダージリンハウス銀座(サロン・ド・テ)• マリアージュ・フレール銀座(サロン・ド・テ)• 銀座メゾン• 銀座タワー• コーチ銀座店• ボッテガ・ヴェネタ銀座メゾン(旧ブティック)• 銀座店• プラダ銀座店• ロンシャン銀座店• アンテプリマ銀座店• ケイト・スペード ニューヨーク銀座店• カルティエ銀座並木通りブティック• ブシュロン銀座本店• モーブッサン銀座フラッグシップストア• 銀座店• ウォッチランド東京• エスパス 銀座• 銀座店• GINZA TOKYO• 銀座店• 銀座さわ田(寿司屋)• 近藤(天ぷら屋)• 小十(こじゅう、店)• (フランス料理店)• 銀座店() 6丁目• ギンザコマツ• 銀座店• ドーバー ストリート マーケット ギンザ・コム デ ギャルソン• ローズベーカリー銀座• KOMATSU BAR• 銀座店• かねまつビル• (日本料理店)• 銀座かねまつ 銀座6丁目本店• 菊水・ダイアナ共同ビル• 銀座本店• 銀座菊水(店)• (交詢ビル)• 銀座店• 銀座本店• スリオラ(店)• (ギンザ シックス、旧銀座店 )• サン=ローランGINZA SIX店• セリーヌGINZA SIX店• フェンディGINZA SIX店• GINZA SIX店• GINZA SIX店• GINZA SIX店• GINZA SIX店• GINZA SIX店• GINZA SIX店• アニヤ・ハインドマーチGINZA SIX店• GINZA SIX店• GINZA SIX店• GINZA SIX店• ヴィヴィアン・ウェストウッドGINZA SIX店• セオリーGINZA SIX店• GINZA SIX店• マノロ・ブラニクGINZA SIX店• Discord ヨウジ・ヤマモト(アクセサリー店)• ・ビューティー、ハウス・オブ・ディオール 銀座ハウス• アレクサンドル ドゥ パリGINZA SIX店(オートコワフュール )• GINZA SIX店• GINZA SIX店• フラッグシップストア東京• ブティック レキシアGINZA SIX店• GINZA SIX店• メゾン銀座• GINZA SIX店• ルイ・ヴィトン銀座並木通り店• シャネル銀座並木通り店• フレッドブティック銀座本店• 銀座店• 銀座店・銀座サロン• ショップ銀座• ロレックスブティック レキシア 銀座並木通り本店• 本店(天ぷら屋)• 寿司幸本店(寿司屋)• (和菓子喫茶店)• モンロワール銀座みゆき通り店(パティスリー)• 銀座店 7丁目• 銀座店、虎屋菓寮(和菓子店)• 清月堂銀座本店、喫茶清月茶房(和菓子店)• 本店(洋菓子店、カフェ)• ショコラカフェ銀座店(パティスリー、カフェ)• (ビヤホールライオンや銀座ライオン等がある)• 銀座本店• 銀座店(2018年閉店 )• 銀座本店• 銀座本店• サルヴァトーレ・フェラガモ銀座本店• クリスチャン・ルブタン銀座店• 銀座タワー店• パンドラ銀座フラッグシップストア• ブティック銀座店• ブティック銀座店• ブティック銀座• 銀座、スウォッチグラスヒュッテオリジナルブティック銀座• ブティック東京• 銀座ブティック• ストア銀座7丁目• 銀座店• 岡半本店(店)• 金田中(および )• ロオジエ(フランス料理店)• とよだ(日本料理店)• 尹家(ユンケ、店)• 銀座梅林本店(とんかつ屋)• 俺のうなぎ(鰻料理屋)• 跡碑 8丁目• 銀座店• スワロフスキー銀座本店• 銀座店• 銀座店• GINZA• 三陽銀座タワー• 三陽山長• マッキントッシュ・ロンドン• ブラックレーベル・クレストブリッジ• ブルーレーベル・クレストブリッジ• ストア東京• 銀座本店• BeautyU店• ファロ資生堂(イタリア料理店)• 本店(料亭)• 本店(鰻料理屋)• 銀座久兵衛本店(寿司屋)• 鮨よしたけ(寿司屋)• 銀座いわ Ginza IWA(寿司屋)• 福樹(日本料理店)• 一期銀座(いちごぎんざ、日本料理店)• カーエム(フランス料理店)• 銀座天國本店(天ぷら屋)• 銀座本館• ソサエティ・オブ・スタイル• 未確定地域• 、銀座インズ、銀座ファイブなどの街• キプリング銀座店• パンジー銀座ファイブ店• 銀座誠友堂(美術店)• プチプチマルシェ• 銀座インズ店• 銀座インズ店 その他• 銀座を舞台・背景とした作品 [ ] の黎明期から黄金期となるから期まで、東京を代表する町として頻繁に銀座が登場。 でも銀座を歌った歌が数多く、『』や『』などといった東京の歌の歌詞にも銀座が登場する。 (1948・1964・1977・1988年、東宝・日活・東映)• (1949年、新東宝)• (1951年、新東宝)• (1953年、松竹)• (1954年、東宝)• (1955年、日活)• (1956年、日活)• (1957年、大映)• (1957年、日活)• (1959年、東宝)• シリーズ(1959年 - 1963年、日活)• (1960年、東宝)• (1960年、東宝)• (1961年、新東宝)• (1961年、大映東京)• (1961年、東宝)• (1962年、東宝)• (1962年、大映東京)• (1962年、日活)• (1963年、大映)• (1967年、日活)• (1967年、)• (1967年、東映)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1969年、日活)• (1970年、日活)• (1970年、日活)• (1970年、東映)• (1970年、東宝)• (1973年、東映)• (1974年、東映)• (1979年、東映)• (2003年) ラジオドラマ• (1952年、NHKラジオ) テレビドラマ• (1962・1966・1976・1991年)• (1963年)• (1965年)• (1973年)• (1980年)• (1988年)• (2008年) 小説• (、1947年)• (、1948年)• (横溝正史、1949年)• (、1950年)• (、1950年)• (横溝正史、1951年)• (三島由紀夫、1953年)• (横溝正史、1956年)• (横溝正史、1957年)• (高木彬光、1959年)• (、1969年)• (、1980年)• (、2010年) 漫画• (作、画)• (作、画)• (作、画)• (作、画• (作、画 アニメ• (2007年) 関係者 [ ] 出身者• 実家は天ぷらの銀座。 出生地はだが10歳頃から育ち。 第5代会長、初代社長• - 実業家、。 社長、会長• - 写真家• - 理事。 実家は蓄音機・レコード販売の銀座三光堂。 - 、教授。 教授の走り• - 劇作家。 実家は。 - 、。 - 、• - 元• - 、。 実家は銀座・三原橋で三代続いた寿司店であった。 現在は自社ビルとなっている。 - 女優• - 女優• - 女優• - 、• - アナウンサー• - 、。 世界3大砂漠マラソンを覆面仮装で完走した唯一の男。 実家は銀座に2店舗ある大衆割烹の三州屋。 銀座にゆかりある人物• - 銀座で最盛期を迎えた学士金融主催者での象徴。 - 、第2回第3位。 1958年、みゆき通りに洋装店「伊東絹子の店」を開業した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 石碑には「銀座発祥の地」とあるが、ここは発祥地ではなく銀座役所跡地である。 「銀ブラ」の語源については諸説あるが、安藤更生『銀座細見』によれば大正4、5年頃、の学生が使い始めた言葉であるという説などがある。 に買収されて後の銀座TSビル。 が入居していた。 9月に取り壊され現存しない。 所在地は新橋1丁目だった。 1880年(13年)創業のの。 1899年(明治32年)に銀座に店舗を構え、現在は( 都中小企業振興公社による「東京手仕事」HP、 )。 1994年、 ガーメント地区(、も参照)発のスタイルの。 日本には1996年に東京で、2014年に銀座で開店した(「」 )。 によるブランド店で、同社の()の一つになる。 1992年創業、日本のリファクトリィ社によるファッションブランド。 銀座では他に、2丁目のメンズ店や3丁目に店舗がある。 、等全国に展開している。 や、レストラン等の。 アクセサリーやのとカフェとの複合店舗。 にもカフェ併設店舗がある。 下記レストラン オザミ系列のビル。 オザミ デヴァン本店、プティ オザミなどのフランス料理店の他、店ささ花、和食郷土料理店おばこ、下記ファッションブランドのツモリチサトなどが入居している。 2000年、大阪発のやのカフェ(「」 はてなニュース 2013年11月1日)。 銀座では他に、ホテルモントレ銀座が松屋銀座裏手界隈銀座2丁目にある。 1932年、"銀座アパートメント"として築造されたビル。 現在はや、等が入居。 1946年、で創業した高級呉服ないしの。 2003年からの子会社。 銀座では他に、店がある。 構内にも店がある。 でを展開するポール・ボキューズのライセンスブランド店で、 ひらまつ によるレーベルの一つになる。 が運営。 「」をコンセプトとした紳士靴を中心にドレスシャツやスーツ等を扱うのオリジナルブランド。 銀座では他に、松屋銀座、8丁目の三陽銀座タワーにある。 ""を意識したメンズブランド"エディフィス"と、"の"を意識したレディースブランド"イエナ"とを融合した店舗。 2つとも、"ジャーナルスタンダード"などを扱う日本のベイクルーズグループによるオリジナルブランド(「」 タイムアウト東京 2018年)。 また、同グループはジャーナルスタンダードを上記マロニエゲート銀座1と、銀座4丁目の路面店で展開し、さらに銀座三越等に入るパティスリーのをライセンス展開している。 中央区立の結婚式場やイベントホール、貸し会議室。 1940年にの裏で創業。 男女のやメンズののチェーン店。 銀座への本店進出は1952年に4丁目、現在の三越新館付近から。 銀座界隈のオーダーメイドスーツ店は他に、下記銀座山形屋、銀座SAKAEYA、銀座テーラーなどがある。 1755年(5年)にで創業した屋が由来の。 銀座では他に、1585年(12年)創業で昭和32年に銀座進出した京ごふくゑり善、1810年(文化7年)京都創業で昭和25年に東京進出した銀座志ま亀などの老舗があり、その他1979年創業の銀座もとじ、銀座きもの青木等があり、松屋・三越にも各専門店がある。 銀座6丁目に当たる並木通り沿いのみゆき通りとの角にがあるが、東京風月堂とは別資本になる。 1947年に銀座7丁目で創業。 常連客の選手の注文で始まったとされる「」発祥店として知られている。 なお「カツカレー形式の洋食」の発祥に関しては、の「河金丼」も知られている(「」 浅草smartニュース 2015年1月29日)。 入居する松屋銀座裏手の銀座二丁目ビル内マロニエ通り側にはがあり、その向かいにの下記ウィンズ銀座がある。 1890年、ので創業。 1914年勃発での宝石商街ハットンガーデン を拠点とした。 1948年にはの結婚指輪のカットイヤリングを担当した"世界3大(カッターズ)ブランド"の一つ。 日本での販売総代理店(ライセンスブランド店)はムラキ。 1937年、出身のロジェ・ヴィヴィエによりロワイヤル通りに創業、発の高級靴ブランド。 や、、、、、、らに愛用され、また、1953年の女王戴冠式にも採用された。 それまでライセンス生産していた伊が2015年から親会社(「」 WWD 2015年11月24日)。 銀座では他に、GINZA SIXにある。 2010年、の地区マドックス・ストリート Maddox Street 創業、発の婦人靴ブランド。 1975年、創業、米国発のビジネスからカジュアルまでのバッグブランド。 銀座では松屋店の他に、2017年12月22日に銀座1丁目中央通り沿いに路面店を開店した(「」 fashion-press 2017年12月26日)。 モラビトのライセンスブランド店になる。 1993年、日本人のがで創業したイタリア発のバッグなど革アイテムのブランド。 1977年創業、紳士靴から始まった、主に女性用バッグやシューズ等の日本発の革アイテムブランド。 銀座では他に、銀座三越にある。 1923年(12年)、横浜で創業。 主になど婦人靴で知られる。 による主に紳士靴のブランド。 銀座では他に、4丁目に銀座本店がある。 日本の子会社ファーイーストカンパニーが展開するウィメンズブランドANAYI のコレクトショップ。 銀座では他に、エッセンス・オブ・アナイ ルミエアが東急プラザ銀座にあるほか、その他やなど各百貨店にある。 オンワード樫山のウィメンズ向けブランド。 銀座であるのは、上記トッカストアと松屋のみ。 同社のブランドは他に「23区」などがあるが、松屋銀座、大丸東京、8丁目の路面店23区GINZA店にあり、同23区と「組曲」とのライン「23区・組曲バッグ」がマロニエゲート2にある。 ワールドのウィメンズ向けブランド。 銀座では松屋銀座のみにある。 同上ワールドのウィメンズ向けブランド。 オンワード樫山のトッカがロマンティックなら、より都会的。 銀座では松屋銀座とマロニエ2にある。 同上の中高年女性向けブランドで、銀座では松屋銀座のみにある。 ヨーガン・レールの目に止まり、1993年からミラノを在住拠点にする元ファッションモデル林ヒロ子によるバッグや等のブランド。 2016年から南青山骨董通りに路面店があり、その他松屋銀座、、日本橋三越、などにある(「」 キナリノ)。 同上のメンズ向けブランドで、銀座では松屋銀座と有楽町のにある。 パリ市内外各所にある。 シャンタル・トーマスは、パリ南部近郊生まれ。 1967年にプレタポルテに携わり、ランジェリーに進出したのは1975年。 ブランドは。 2017年4月13日. 2019年3月8日閲覧。 1968年グルネル通りで創業、を中心としたファッションブランド。 ジル・サンダー、・パリ 、・パリ などを取り扱う日本の OGF との輸入販売総代理店契約が、伊と共に2017-2018年秋冬コレクションで終了。 ただし、オンワード樫山がで手掛け、松屋銀座その他に出店するブランド「ソニア・リキエル コレクション SONIA RYKIEL COLLECTION 」は継続(「」 WWD 2017年7月31日)。 銀座では他に、銀座インズ店がある。 宮川の廃業を受けて1893年(明治26年 、築地で創業した全国の「宮川」の「」(「」 All About 2013年3月4日)。 その松屋内の店舗。 1921年、第一次大戦のにおける が創業したハム・ソーセージ製造業。 日本でを生み出した。 同松屋店の他、ローマイヤレストラン日本橋店があったが閉店し、2019年3月銀座5丁目に同レストランを開店予定(「」 公式HP)。 1933年、で創業。 や、などに店舗がある。 現6代目の長男木村周一郎と、 メゾン・カイザーのエリック・カイザーが2000年に創業。 2000年に帰国後、エリックカイザージャポンを設立、に第一号店を出店した(「」 公式HP)。 銀座では他に、&COFFEE MAISON KAYSER が銀座1丁目にある。 1977年、パリ8区フォーブール・サントノレ通り創業、フランス発のショコラティエないしパティスリー。 ブルガリのチョコレート専門店と併設カフェ。 以来、欧州王室による着用の発祥店とされている(「」 2018年7月17日)。 1903年、ので創業。 モニッケンダム同様、1914年の第一次世界大戦勃発でに本拠地を移した。 1946年以来からの「サイトホルダー(から直接ダイヤモンド原石供給を受けられる。 日本では1994年から)」。 "世界の三大カッティング(カッターズ)ブランド"の一つ。 日本での販売総代理店(ライセンスブランド店)はにあるプリモ・ジャパン。 2003年に同銀座ブティックを開店。 1998年、ロンドンのカムデン・マーケット 界隈で創業した、バッグや革アイテム、アクセサリーなどのブランド。 従来の黒や紺だけではなくカラフルさや異なる色合いのバッグ等が特徴。 2017年3月にマロニエゲートに開店(「」 TRILL 2017年2月22日)。 その他、・・、木更津等全国展開している。 ワールドのウィメンズ向けブランド。 全国の百貨店や等、銀座・・界隈では、同マロニエ2,銀座三越、、大丸東京、インディヴィトールが大丸東京と松屋銀座にある。 建築やCG関連デザイナーのが2005年に創業した、主に女性用のファッションブランド。 日本の アルページュの女性向けブランド。 同様に、アプワイザーリッシェ Apuweiser-riche 、ジャスグリッティー JUSGLITTY などのブランドを同マロニエゲート銀座2 の他、至近の内にある有楽町マルイなどでも展開する。 2007年3月にの子会社になった日本のアパレルメーカー バーンデストジャパンリミテッドの女性向けブランド。 至近の有楽町マルイでも展開している。 同様に、ハニー・バンチ(Honey Bunch by )、ウィルセレクション WILLSELECTION などのブランドを至近の その他で展開する。 1903年創業、リヴォリ通りに本店がある発祥店。 日本ではライセンスを通して同マロニエ店の他、小田急新宿や三越地方各店などのにカウンターがある。 のが展開する化粧品中心のチェーン店。 銀座では他に、銀座8丁目に銀座並木通り店がある。 2019年4月4日、並木通り沿いに開店。 国内第一号となる「MUJI HOTEL GINZA」、飲食業態「MUJI Diner」を併設し「世界旗艦店」を謳う。 美術や絵画、書道等の展覧会から講演会までのレンタルスペース。 1922年(11年)に創業した和菓子やで知られる老舗。 併設してイートインないし喫茶スペースの甘味よしやがある(「」 銀座経済新聞 2016年4月26日)。 「」発祥店として知られている。 銀座では他に、銀座5丁目にロテスリーレカン銀座店がある。 銀座では他に、GINZA SIXにある。 東京には銀座と店がある。 パリ16区パッシー通り、パリ1区サントノレ通り、フラン・ブルジョワ通りなどパリ市内各所で展開する、1997年創業のフランス発のブランド。 銀座三越店は2018年閉店。 2011年、南青山5丁目で開店した阿部千登勢によるブランド(「」 fashionsnap. com 2011年9月9日)。 同銀座三越や伊勢丹新宿に店舗がある。 銀座では他に、GINZA SIXにある。 1930年、創業の発の惣菜からハム、ソーセージ、ワイン、ビールまでの食料品店(デリカテッセン)。 以降、レストランから配達()まで展開している総合食料品事業を本国や欧州で営む。 日本では、1992年以降、三越全店内で店開している。 1942年、パリの地区で創業した。 日本では1983年に銀座三越店の第一号店開店から、三越各店内中心に16店舗がある(「」 三越)。 パリ1区サントノレ通りやラ・モット=ピケ大通り、その他、、等に店舗を構えるの(「」 2017年2月6日)。 赤坂など数店の高級フランス料理店にも卸す、1988年創業の専門店。 銀座では他に、5丁目にリーフルダージリンハウス銀座がある。 1854年、アムステルダムで創業した"三大カッティング(カッターズ)ブランド"の一つ。 1980年にオランダのから"アッシャー"に""の名を冠され、現社名となった。 1927年、で創業したイタリア発のバッグなど革アイテムのブランド。 1993年、ウェスト・エンド・ロンドンの地区ウォルトン・ストリートで創業した発のバッグなど革アイテムのブランド。 南青山5丁目と銀座4丁目に路面店、GINZA SIXや松屋銀座などに店舗があり、日本各地の直営店だけでも17店舗になる(「」 VOGUE)。 上記イエナ等を展開し、上記銀座三越等に入るラデュレの国内ライセンス展開をする日本のベイクルーズグループによる独自ブランド、かつセレクトショップ。 ジャーナルスタンダードのライン ラックス journal standard luxe は、ハイブランド中心で、他に神宮前のに店舗がある。 銀座では他に、マロニエゲート銀座1に別ラインのジャーナルスタンダード・レサージュ - L'ESSAGE がある。 1905年(38年)現在地で創業、銀座三越並びにあるネクタイを中心にした洋品の老舗(「」 fashionsnap. com 2010年08月16日)。 1881年(明治14年)創業、同上銀座三越並びにあるの老舗。 銀座では他に、7丁目店がある。 マレ地区パリ4区フラン・ブルジョワ通り本店や地区パリ6区レンヌ通りにある1979年創業、発の香水店。 1996年、日本香堂傘下のグループ会社になった。 に総本店がある。 銀座では他に、銀座8丁目に博品館店がある。 それまであった老舗古書店の奥村書店が閉店したのにともない、2010年、同書店員が同じ歌舞伎座界隈に独立開業した古書店。 や映画を中心とする屋。 隣接する側の有楽町マルイなどにも店舗がある。 東京には銀座の他、青山Aoやのに店舗がある。 1973年サン=ジェルマン=デ=プレ地区パリ6区フール通り発祥、フランス各地で展開するブランド。 "パリジェンヌの靴"に触発され制作された革靴からスポーティブシューズ、バッグなど革アイテムからアパレルまで取り扱う1851年創業発のブランド(「」、NO. 177 2018年3月3日号)。 2020年秋以降新ビルの建設開始、2022年秋に新ソニービルがオープンとなる予定。 の作品などの店内装飾で知られるパリ8区ロワイヤル通りのライセンスブランド店だった。 GINZA SIX内の「THE GRAND GINZA ザ・グラン銀座 」でマキシムの"苺の"が販売されている。 1948年に現在地で創業した、を主とした・和菓子店。 銀座では他に、松屋銀座、銀座三越にある。 1946年に現在地で甘味とかき氷店として創業した和菓子屋。 2階はや等の喫茶室(「」 CAFE. TOKYO 2015年12月20日)。 銀座では他に、銀座三越にある。 1986年に日本で初めてを販売した大阪発の店舗。 から京都に店舗を構えるやの専門店。 銀座には、の時代から路面店を構える老舗。 2つ星のパリ1区サントノレ通り本店のライセンスブランド店になる。 江戸時代の1617年(3年)に京都で創業。 1872年のと共に東京に移転し、や等で店舗が消失したのを期に銀座に移転。 1950年、静岡ので創業。 や、のバッグ専門店。 にも採用された、専門店(「」 2015年9月30日)。 1930年、近くで創業した風ステーキ等の洋食屋。 銀座では他に、銀座1丁目に和牛グリルつばめやがある。 1955年創業、イギリス発の等のアパレルや家庭用品のブランド。 1985年に銀座に第一号店開店、1986年から百貨店やなどのショップで展開してきたが、2018年9月17日までに全国108店舗を閉店し、イグジットメルサの同店も同年7月29日をもって閉店した。 これに伴ってからにライセンスが移り、百貨店や専門店への卸売からショップ開発に乗り出す方針を打ち出している(「」 WWD 2018年9月14日)。 BUNMEIDO CAFE は併設のカフェレストラン。 銀座では他に、横のカフェレストラン併設の東銀座店の他、松屋銀座、銀座三越にある。 1804年(元年)創業、1865年(元年)、銀座に移転してきた老舗。 カフェスペースでは夏季限定でかき氷が販売される。 銀座では他に、松屋銀座、銀座三越にある。 上記コメ兵同様、ないしの全国チェーン。 銀座では他に、質銀座和光前店、質松屋銀座前店がある。 銀座では他に、銀座三越、GINZA SIX に店舗がある。 ディオール跡に、ミラノ、、NYに次ぐ世界で4番目のメゾンとして、2018年12月8日にアジア最大の旗艦店と銘打ち開店(「」 fashionsnap. com 2018年07月20日、「」 Fashion Press 2018年12月4日)。 1885年、パリのヴァンドーム広場に構えるブランドから始まった、フランス発の高級やジュエリーを中心とするブランド。 1935年からパリ8区ロワイヤル通り11番地に店舗を置く。 2018年6月、銀座5丁目に旗艦店を開店(「」 Fashion Press 2018年6月23日)。 1988年、のガレージの一室で創業したアクセサリー等の米国の高級ジュエリーブランド。 南青山6丁目や神宮前にも店舗がある。 によるデジタルカメラのブランドで、そのショールームないしギャラリー。 2019年4月20日、ライカ銀座前に開店した。 創業100年のスーツチェーン店。 銀座界隈のオーダーメイドスーツ店は他に、上記銀座英國屋、銀座SAKAEYA、銀座テーラーなどがある。 後、流行の先端を牽引した婦人服や雑貨を取り扱う小松ストアーがあった地。 小松ストアーを開業した小坂武雄の父は開業者で、松本楼の発祥地である銀座松本楼(小松食堂)があった地にもなる。 銀座では他に、マロニエゲート2に店舗がある。 南側のマルティル(殉教者)通りに、イギリス人夫婦が2002年に開店したのライセンスブランド店になる。 銀座では他に、元の本店であった銀座4丁目店がある。 銀座では他に、マロニエゲート銀座2店がある。 1907年、(銀座6丁目)で創業した靴専門店。 1903年、現在地で創業した、等の喫煙具専門店。 元の場所にあった松坂屋銀座店は2013年6月30日を以って閉店。 ただし、公式サイトでは「」という記述があり、公式見解では営業再開を前提としていると思われたため、"完全閉店"ではないと一部で見られていた。 1960年、ヴァレンティノ・ガラヴァーニ がで創業したイタリア発のブランド (「」 )。 その他銀座三越、阪急メンズ東京の他、などに店舗がある。 2003年から展開しているカジュアルラインのレッドヴァレンティノが神宮前のGYRE(ジャイル)裏手にある。 銀座では他に、松屋銀座にある。 銀座では他に、銀座三越にある。 1824年を起源とする、で創業した発のなどのブランド。 イギリスでのレインコートの総称の由来となった。 2007年、日本のの所有ブランドになって以降、ウェスト・エンド・ロンドンのメイフェア地区マウント・ストリート、南青山5丁目や、ミッドタウン・マンハッタンのに路面店や直営店等を開店(「」 Fashion Press、「」 WWD 2017年10月6日)。 1924年、イングランドで創業したバイク用パイロット用ジャケット製作から始まるイギリス発のファッションブランド。 拠点をイタリアにも置いていた(「」 GQ JAPAN)。 、、らが着て有名になった(「」)。 1988年、パリで創業したファッションブランド。 「反」を掲げ、リメイク品に白ペンキを塗るスタイルは「ポペリズム」(貧困者風)と呼ばれた(「」 GQ JAPAN)。 その他店舗は、銀座三越、神宮前のGYRE(ジャイル)や表参道ヒルズなどにある。 1994年、ミラノ創業の革アイテム中心のイタリアブランド。 海外ではパリ8区モンテーニュ大通り等にある他、日本上陸は2002-12年南青山にあった旗艦店から(「」 )。 銀座・有楽町・丸の内界隈では他に、松屋銀座、銀座三越、阪急メンズ東京にある。 1994年に発表した10点のカシミアニットからメジャーになったパリ発のブランド(「」 VOGUE)。 その他の東京ミッドタウンやに店舗がある。 2003年、でマレーネ・ビルガーが創業した発のブランド。 日本では八木通商とが代理店となり、2013年12月、上記南青山のアニヤ・ハインドマーチ隣で開店したが2018年8月閉店。 2017年4月にGINZA SIXで開店(「」 2013年12月14日、「」 VOGUE 2017年4月20日)。 2015年9月からのによる新店舗。 GINZA SIXと表参道原宿店の2店で展開。 銀座では他に、銀座三越、下記7丁目の銀座本店がある。 監修のディオールのないし。 での性格をに置き換えたような"高級美容院"の意。 1957年にパリ8区フォーブール=サントノレ通り120番地で開店した美容サロンが発祥。 2017年、南青山5丁目とGINZA SIXに直営店を開店。 銀座では他に、松屋銀座に店舗がある。 現在は、ヘアアクセサリーブランドやコスメ(製造)も展開。 、モナコ大公妃、、、、、、、・・らが顧客だったとのこと。 2016年から日本の八木通商の所有ブランド(公式HP「」「」「」、仏公式HP「」、fashionsnap. com. 「 」2016年9月17日 ・・など参照)。 現在は傘下の化粧品コスメブランド。 銀座・有楽町界隈では他に、路面の銀座松屋通り店、ルミネ有楽町店がある。 1938年創業、米国発の等のブランド。 2006年から日本の社の傘下。 界隈では、丸の内や大丸東京に店舗がある。 パリのサントノレ通りなどに店舗があるなど革製品のフランス老舗高級ブランド。 1936年、パリ8区ロワイヤル通りで創業したジュエリーブランド。 後にヴァンドーム広場のラ・ペ通りに店舗を構えた。 第二次大戦後、やらによるデザインで有名になり、顧客にはと夫妻、、戦後は若きグレース・ケリーモナコ大公妃らがいた。 銀座では他に、下記並木通りのフレッドブティック銀座本店、銀座三越店がある。 施設の老朽化等を理由に、2017年に渋谷のから移転。 2018年1月20日、1981年以来ルイ・ヴィトン日本初の直営店舗があった7丁目から店舗建て替えに伴い、6丁目に移転した(「」 2018年1月19日、「」 Fashion Press 2018年1月18日)。 1978年創業、イタリア発のカシミアニットのブランド。 1985年から中部近郊ソロメオ村にある14世紀のに本社を移転し、同村の環境から職に至る復興に取り組んでいるとのこと(「」 VOGUE、「」 Apparel Web 2018年9月7日)。 並木通り裏手、銀座三越、南青山みゆき通り先通り並び等に店舗がある。 並木通り沿いのみゆき通りとの角にある。 銀座2丁目中央通り沿いに東京風月堂があるが、銀座風月堂とは別資本になる。 に本店があるショコラパティスリー。 東京では他に、南青山6丁目やに路面店がある。 現在はドラッグストアとしては閉店。 暫く空きテナントとなっていたが、再び「くすりの福太郎」が入居し、調剤薬局として営業している。 銀座では他に、銀座1丁目店、銀座5丁目店がある。 銀座では他に、松屋銀座、銀座三越にある。 銀座では他に、松屋銀座にある。 2008年9月13日に開店した同銀座店は同社の日本第一号店であったが、2018年7月16日をもって閉店。 のラインかつの元祖たる日本のシューズ等のブランド。 2018年1月に表参道、2月に同銀座路面店が開店した( VOGUE 2018年2月13日)。 パリのに触発された1924年、イタリアので創業したジュエリーブランド。 従来のプレミアムブティックを改装し、2019年2月15日にグランドセイコー専門店として開店(「」 Fashion Press 2019年2月4日)。 1898年創業、ドイツ発のやのブランド。 銀座では他に、1丁目、6丁目の路面店や松屋銀座店があり、その他丸の内、神宮前などにある(「」 Fashion Press 2018年12月25日)。 1945年にパリで創業し、パリ8区フランソワ1世通りに本店を置くファッションブランド。 銀座の路面店は並木通りの金田中ビルにあり、その他阪急メンズ東京や表参道ヒルズに店舗がある。 金田中が1953年(昭和28年)に創業した店舗。 割烹()の金田中 庵は並木通りの同金田中ビル内にあり、料亭しんばし金田中本店は東銀座側、上記隣にある。 オンワード樫山のオリジナルブランド。 銀座では他に、松屋銀座、大丸東京に、23区・組曲バッグがマロニエゲート2に店舗がある。 2015年9月に開店した三陽商会のレーベル(ブランド)を集積したビル(「」 Fashion Press)。 三陽商会のレーベル(ブランド)の一つになり、三陽銀座タワー内にある旗艦店。 銀座・有楽町界隈では他に、松屋銀座や阪急メンズ東京に店舗があり、また、1981年以来神宮前の表参道に路面店がある。 2007年から八木通商が所有する英ブランドの、三陽商会によるライセンスブランド。 銀座界隈では他に、松屋銀座、銀座三越にある。 銀座界隈では他に、松屋銀座、銀座三越にある。 銀座では他に、アシックスウィメンマロニエゲート銀座2、アシックスウォーキング銀座インズ、同イグジットメルサ(期間限定店)に店舗がある。 銀座では他に、銀座5丁目に銀座5th店がある。 「」発祥店として知られている。 1921年(大正10年)、築地創業の寿司岩が本店。 築地本店の他に、銀座では同店と銀座三越店がある。 略称SOS、現在はSOSモデル・エージェンシーとも、1957年に、ら総勢8名で発足した日本初の男性専門モデル・クラブ、後年には女性も所属。

次の