この アプリ の 共有 は 取り消さ れ まし た。 iOSのバグ、「このAppの共有は取り消されました」というメッセージが表示されて一部のアプリが開かない、その解決方法

iPhone/iPad「このAppの共有は取り消されました」アプリを開く解決方法

この アプリ の 共有 は 取り消さ れ まし た

iPhone修理・iPad修理の ダイワンテレコム大阪梅田駅店です。 5月22日頃から一部のiPhoneユーザーで確認されていた 「このAppの共有は取り消されました」「使用するにはApp Storeから購入する必要があります」 と表示されてYoutube、LINE、Twitter等のアプリが開けない不具合ですが、この不具合が確認されていたアプリの多くが、App Storeの「アプリのアップデート」から再ダウンロードが可能となっています。 不具合発生のアプリ、App Storeからアップデートが可能に iOS13. 1およびiOS13. 5で 「このAppの共有は取り消されました」と表示され、 YouTube、Twitter、LINE、TikTok、Facebookなどの人気アプリが使用できなくなるバグが一部iPhoneユーザーに発生しています。 このバグは日本時間5月22日頃から報告が多く上がるようになり、少なくないiPhoneユーザーの間で発生しているものと考えられます。 5月26日現在、App Storeではこの問題が発生するアプリについて「アプリのアップデート」という形で再ダウンロードが可能になっています。 「このAppの共有は取り消されました」と表示されるアプリは App Storeからアップデートを行うことでアプリを起動できるようになります。 このアップデートの中には数日前に公開されたバージョンのアプリなどもあるため、早急な問題解決のためにAppleが応急的な処置を行ったものと思われます。 例えば「 Google Chrome」では、 5月21日に公開されたバージョンが5月25日に再度配信されるなどしたようです。 そのため、 十分に速度のあるWi-Fi環境でのアップデートをオススメします。 アプリのアップデートがない場合には「Appを取り除く」が有効 この度発生した 「このAppの共有は取り消されました」不具合は、iOSの「ファミリー共有」機能に関連するものだと見られています。 不具合が発生している主なバージョンはiOS13. 5ですが、それ以前のバージョンでも不具合が見られることがあるようです。 「このAppの共有は取り消されました」というメッセージは本来、ファミリー共有のグループを変更したり削除した場合に表示されるものですが、これが何らかの原因でファミリー共有を行っていないユーザーにも表示されてしまっていたと考えられています。 この不具合が発生するアプリはYoutube、LINE、Twitter、TikTok、Facebookなど、日本でも人気のあるアプリやSNSが含まれているために、影響が大きくなってしまったものだと思われます。 「このAppの共有は取り消されました」の不具合は、 「Appを取り除く」機能でも解決することが可能です。 不具合が発生しているアプリのアップデートがApp Storeから配信されていない場合は、以下の手順でアプリのデータを残したまま不具合を解決することができます。

次の

ネットワーク共有が出来なくなりました

この アプリ の 共有 は 取り消さ れ まし た

iOSのバグと思われるのですが、一部のユーザで、アプリを開こうとすると 「このAppの共有は取り消されました」 と表示され、アプリが使えない状況が発生しています。 アプリを開くこと自体ができず、 「App Storeで表示」というボタンが表示されるので押してみるものの どうにもならない・・ ではどうしたら良いのか?についてご紹介したいと思います。 なお、ちゃんとした解決はAppleから、バグが修正されたiOSの新しいバージョンが配布されるまではできないと思われ、もしかしたらこの方法を使っても不具合が出る可能性がありますので自己責任でお願いいたします。 「このAppの共有は取り消されました」の解決方法 YouTubeやLINEを開こうとしたらこういう表示が出る、というのが症状だと思います。 これが出た場合に、アプリを開いて使えるようにする方法です。 簡単にいうと、 一度アプリを消して、再度入れる という操作になります。 ただし「消す」といっても2種類あって、「取り除く」と「削除」があるのですが、「削除」をしてしまうといろいろなデータが消えてしまうため、「取り除く」をする必要がありますのでご注意ください。 設定 > 一般 へ進み、「iPhoneストレージ」をタップします。 iPadの人は「iPadストレージ」です。 すると、しばらく読込中のくるくる回るマークが表示されますが、しばらくするとインストールしているアプリ一覧が表示されます。 たとえば「YouTube」が使えない場合は、ここで「YouTube」をタップします。 タップすると下の画面が表示されます。 ここで「Appを取り除く」をタップしましょう。 これは一時的にアプリを消す操作です。 間違っても「Appを削除」は押さないようにしましょう。 これはアプリを完全に「消す」操作です。 「Appを削除」してしまうと、たとえばLINEだったら、これまでの履歴などがすべて消えてしまうと思われます。 設定も履歴もすべて削除、ということになると思われます。 しばらく待つと・・ 下のような画面になります。 こうなったら、「Appを再インストール」をタップしましょう。 またしばらく待つと・・ 元の状態に戻ります! これでOKです。 なお、心配な人はそのあと一度、iPhone/iPadを再起動(一度電源を落としてまた入れる)してから目的のアプリを開いてみましょう。 これで復活していると思います。 AR30.

次の

Apple、「このAppの共有は取り消されました」と表示される不具合を当該アプリのアップデートの再リリースで対応 · quiz.interreg4c.eu

この アプリ の 共有 は 取り消さ れ まし た

同様の質問()はありますが、 解決しなかった為、新規で質問致します。 家族のiPhone 3台でファミリー共有を設定しています。 管理者Aに対して、B, CのiPhoneがあるわけなのですが、 B, CいずれのiPhoneからもAで入手したアプリをダウンロードできません。 具体的には、 BのiPhoneにてAで入手したアプリをダウンロードし、 ホーム画面にはアイコンが表示されます。 しかし、タップすると、 「このAppの共有は取り消されました。 使用するには、App Storeから購入する必要があります。 」 と表示され、アプリが起動できません。 Storeで「入手」をタップしても、 ダウンロードの表示(停止ボタンのある丸型ゲージ)はでますが、 完了と同時に「開く」ではなく、「入手」に戻ってしまいます。 OSは全て8. 1最新にしております。 解決する方法はあるのでしょうか。 よろしくお願い致します。 Apple Footer 本サイトにはユーザが投稿したコンテンツ、コメント、意見が、参考を目的として掲載されています。 Apple は、提供された情報をもとに可能な解決方法を提供または推奨する場合があります。 すべての潜在的な問題は、電子フォーラム上の議論に詳しく記述されていない、いくつかの要因を含むことがあります。 そのため Apple は、本コミュニティフォーラムにて提案された解決策の有効性については保証いたしませんApple は本サイトの利用に関連する第三者の作為/不作為に関して一切責任を負いません。 本サイトへの投稿や本サイトに掲載されているコンテンツの利用についてはすべて に準拠するものとします。

次の