青学 駅伝 メンバー 2020。 箱根駅伝2020/青山学院大学のエントリー選手一覧とチームの特徴

<箱根駅伝2020> 襷が繋ぐドラマを全力応援!青山学院大学 陸上競技部の舞台裏に密着取材|株式会社世界文化ホールディングスのプレスリリース

青学 駅伝 メンバー 2020

箱根駅伝2020青山学院メンバー一覧10000mタイム一覧 94回大会まで 箱根4連覇という「黄金時代」を築いた 青山学院大。 しかし前回大会では、もの凄い追い上げを見せたもののあと一歩及ばず連覇が途切れてしまいました。 96回箱根駅伝2020では挑戦者に立場を変えて 2年ぶりの王座奪還を目指します。 その青山学院大の本選エントリーメンバーとその10000mタイムの一覧は以下の通りです。 40 1:01:46 02区 岸本 大紀 1 28:32. 33 1:11:11 03区 鈴木 塁人 4 28:31. 66 1:01:45 04区 市川 唯人 3 29:22. 35 1:04:23 05区 飯田 貴之 2 28:49. 45 1:03:10 06区 谷野 航平 4 29:36. 71 1:04:16 07区 中村 友哉 4 28:31. 68 1:06:37 08区 岩見 秀哉 3 28:49. 13 1:03:13 09区 神林 勇太 3 29:13. 62 1:03:56 10区 新号 健志 3 29:24. 59 1:03:39 補欠 吉田 祐也 4 28:42. 58 1:03:19 補欠 早田 祥也 2 29:17. 87 1:10:43 補欠 湯原 慶吾 2 28:44. 99 1:03:41 補欠 近藤 幸太郎 1 29:26. 01 1:03:43 補欠 中倉 啓敦 1 29:22. 91 1:04:00 01区エントリー変更に 宮坂 大器 1 29:10. 82 1:04:52 箱根駅伝青山学院のタイムの平均順位は? 「名将原マジック」で復活を果たすことができるのか。 箱根駅伝2020で「ディフェンディングチャンピオン東海大」の最大の対抗馬とみられる 青山学院大の、最新の平均10000mタイムやエントリーメンバー平均タイムを、他大学と比較してみました。 最新の1万m平均タイム比較 順位 大学名 10000m平均タイム(上位10名、12現在) 1 28. 39 2 28. 44 3 28. 46 3 28. 46 3 28. 46 6 28. 51 7 28. 52 8 28. 56 9 28. 58 10 29. 00 11 29. 01 12 29. 02 13 29. 03 14 29. 03 15 29. 04 16 29. 06 17 29. 13 18 29. 14 19 29. 17 20 国士舘大 29. 32 21 29. 39 エントリー選手の平均タイム比較 ランキング 大学名 2020年 エントリー平均タイム 1 28. 37 2 28. 55 3 28. 73 4 28. 37 5 28. 21 6 28. 12 7 28. 23 8 28. 61 9 28. 85 10 29. 97 11 29. 14 12 29. 60 13 29. 76 14 29. 98 15 29. 02 16 29. 73 17 29. 26 18 29. 49 19 29. 29 20 国士舘大 29. 73 21 29. 46 データまとめサイト「箱根駅伝」によれば、新チームになった4月には上位10人平均で 6位、10月には9位と順位を落とし、戦力ダウンが懸念された青山学院大も、11月以降に急速に力を回復。 エントリーメンバーでは ついに1位に躍り出ました。 「エントリーメンバータイムと箱根駅伝の総合順位には相関関係があるとされる」(原監督)だけに、本選に向けた 「仕上げ力」、「本番に強い青学」の本領が発揮されつつあるといえそうです。 【箱根トリビア3】前回総合優勝した東海大は往路・復路いずれも2位。 過去7校しかない珍しい記録なんだって! 箱根駅伝防寒対策強い味方!RISE東京さんからブランケットの提供!軽くて暖かい最高の贈り物。 圧倒的強さを誇った青学大も、今季の当初は苦しみました。 四年間、黄金時代を牽引してきた 主力の4年生が卒業し、新4年生が最上級生となったものの結果が出ず。 10月の出雲駅伝では5位に沈み、温厚な原監督からさえ 「今年の4年はダメ、気合いが足りない」と厳しい言葉も飛んだそうです。 しかしそこはさすがの青学。 チーム力が急速に整い、 11月の全日本大学駅伝では2位に。 エントリーメンバーの10000mタイムでも全大学トップに仕上げてきました。 エースは10000m、ハーフマラソンでチームNo1タイムの快足・ 吉田圭太選手(3年)。 これに続く主将の 鈴木塁人選手(4年)や、下級生では 飯田貴之選手(2年)、新人離れした冷静さが頼もしい 岸本大紀選手(1年)らが注目されます。 特に、4人がエントリーした 4年生の奮起が鍵となりそう。 鈴木主将以外は箱根路を走ったことがないのが不安点ですが、原監督は恒例の作戦名 「やっぱり大作戦」の通り、「 やっぱり4年生は強かった。 やっぱり青学は強かった、と言ってもらいたい」と本番での爆発力に期待を込めています。

次の

【箱根駅伝2021は青学大1強!?】箱根駅伝2020の結果から、来年を展望・予想してみた

青学 駅伝 メンバー 2020

この記事で記載した選手情報詳細は、関東学生陸上競技連盟発表資料および関連書籍等を参照しました。 箱根駅伝青学メンバー2020!竹石 2019年5区 選手は? 2019年12月10日に、青学大の竹石選手が箱根駅伝の登録メンバーを外れたという報道がありました。 前回、前々回と箱根駅伝において2年連続で山登りの5区を走った竹石尚人(4年)選手。 竹石選手は2018年の箱根5区で、脚のけいれんで2度立ち止まりながらも区間5位に踏みとどまりました。 2019年には原監督から「4代目山の神になる」と期待されて送り出されましたが、区間13位という結果に。 竹石選手にとって、ラストイヤーとなる2020年の箱根駅伝は、王者奪還を目指し「箱根のために生きた」と言っても過言ではない1年を送ってきました。 ただ、竹石選手の思いとは裏腹に、痛めている左足の回復が思わしくない状態が続いたのです。 青学陸上部の原監督は、とりあえずエントリーに竹石選手を加え、ギリギリまで様子を見ようと考えました。 しかし竹石選手が原監督に「青学大の16番目の選手は強い。 僕を外してください」と自ら訴えたことにより、エントリー外という判断となりました。 4年生であるという自覚や責任も含めて、気持ちの面でも大きく成長した1年になったと竹石選手はインタビューで語っていました。 竹石選手は12月17日に青学陸上部の壮行会に参加し、 「青学大の登録メンバーに選ばれた16人は全員、力がある。 必ず快走してくれると思う。 僕はサポートに徹します」 と爽やかな笑顔を見せながら話しました。 また、 「富津の30キロ単独走で18人がいい走りをした。 その練習をできなかった僕は登録メンバーに入るべきではない、とシンプルに考えた」 と竹石選手は迷いのない表情で語りました。 竹石選手は2020年3月の東京マラソンに、日本学生陸上競技連合の推薦選手としてエントリーしています。 それについては、 「ようやく軽く走り始めた段階。 マラソンは簡単なものではないので(出欠場は)慎重に考えます」 と冷静に話しました。 壮行会で竹石選手は、箱根駅伝に出場するチームメートに魂のエールを送りました。 そして「僕は給水係としてサポートしたい。 同期に水を渡したい」と裏方としての意気込みを示しました。 竹石選手、立派ですね。 今年の箱根駅伝、竹石選手のサポートにも注目しながら応援したいと思いました。 箱根駅伝青学メンバー2020|4区や往路の選手は? 竹石選手の思いを背負って走る今年の青山学院。 箱根駅伝青学4区を走る選手は、 文学部・3年の 市川 唯人(いちかわ・ゆいと)選手です。 市川 唯人(いちかわ・ゆいと) 文学部・3年 生年月日:1998年6月22日 身長・体重:170センチ、52キロ 出身地:三重・四日市市 出身高:伊賀白鳳 過去の箱根駅伝成績:不出場 1万メートル自己ベスト記録:29分22秒35 往路の選手についてですが、 箱根駅伝には往路と復路があり、 往路は1区~5区、復路は6区~10区となっています。 また、森田歩希選手が3区区間賞を獲得 区間新記録。 また、小野田勇次選手、林奎介選手、吉田圭太選手が区間賞を獲得 小野田勇次選手は区間新記録。 また、森田歩希選手が2区区間賞を獲得。 また、史上6校目の4連覇を達成&大会新記録樹立!!

次の

【箱根駅伝2020】青山学院大学メンバーの注目選手は?予想順位やオーダー情報も紹介!

青学 駅伝 メンバー 2020

東海大はキャプテンの館澤亨次(写真)が故障の影響のため補欠登録だが、「黄金世代」と称される実力派の4年生を中心に連覇を狙う 東海大はキャプテンの館澤亨次(写真)が故障の影響のため補欠登録だが、「黄金世代」と称される実力派の4年生を中心に連覇を狙う 正月の風物詩で、東海大が大会2連覇を狙う 箱根駅伝は、東京・読売新聞社前から箱根・芦ノ湖間を、107. 5キロメートルの往路5区間と109. 6キロメートルの復路5区間の合計10区間で競う学生長距離界最長の駅伝競走だ。 毎年1月2日、3日に開催されることから、正月の風物詩として定着している。 2019年9月に行われたマラソングランドチャンピオンシップで東京五輪出場権を獲得した中村匠吾(駒澤大卒)と服部勇馬(東洋大卒)もかつては箱根駅伝で活躍し、その名を全国区に知らしめた。 2019年に行われた第95回大会では、東海大学が初の総合優勝を果たした。 往路優勝の東洋大から1分14秒遅れで復路をスタートした東海大は、8区の小松陽平が区間新記録の走りを見せてトップに躍り出た。 すると、5連覇を狙った青山学院大学や東洋大学の猛追をかわし、10時間52分9秒の大会新記録をマークして史上17校目の優勝校となった。 東海大は今大会でも、優勝候補の筆頭に挙げられている。 2018年のアジア競技大会の1500メートル日本代表で、同校キャプテンを務める館澤亨次(たてざわ・りょうじ)をはじめ、鬼塚翔太、阪口竜平、小松といった2019年の優勝を経験したメンバーがそろって最終学年として最後の箱根駅伝に挑む。 2019年11月の全日本大学駅伝では、主力の4年生4人をけがで欠きながら16年ぶり2度目の優勝を果たし、選手層の厚さを見せつけた。 「黄金世代」の集大成となる箱根駅伝では、往路、復路を制しての完全優勝を狙う。 5強がひしめく戦国時代、青山学院大は王座奪還なるか 東海大の連覇か、それとも他大学が阻止するのか。 5強とは、前述した東海大のほか、青山学院大、東洋大、駒澤大学、國學院大學を指す。 第91回での初優勝から4連覇を果たした青山学院大は前回大会、2区と5区での失速が響き、終盤の猛追も実らず2位に終わった。 2年ぶりの王座奪還をめざす今シーズンは、昨シーズンまでの主力選手が卒業したことにより、春先はトラック種目でも結果が出ず、「過去最弱世代」とまで呼ばれた。 発表された登録メンバーのうち4年生は4人だけで、そのうち箱根駅伝を経験しているのは主将の鈴木塁人(たかと)のみ。 経験値が不安視されるが、出雲駅伝では5位、全日本大学駅伝では1位の東海大とわずか1分44秒の差で2位と、徐々に調子を上げてきている。 「箱根の勝ち方」を知る原晋(はら・すすむ)監督は恒例の作戦名を「やっぱり大作戦」と決め、「終わってみればやっぱり青学は強かったと思ってもらえる走りをしたい」と、自信をのぞかせている。 東洋大は11年連続で総合3位以内と安定した成績を残しているが、直近の2大会は往路優勝を飾りながら、復路で失速して逆転を許し、苦杯をなめてきた。 2019年は4区から7区までを1位で走りながら、ゴールテープを切ったのは東海大、青山学院大に次ぐ3位。 6年ぶりの総合優勝へ、闘志を燃やしている。 過去6度の総合優勝を誇る「平成の王者」駒澤大は2018年、12位でシード落ちを経験したが、2019年は4位、2019年は出雲駅伝で2位、全日本大学駅伝で3位と復調傾向にある。 総合優勝を果たせば12年ぶり。 東京五輪代表切符を獲得した同校OB中村の勇姿に刺激を受けた後輩たちが常勝軍団復活をめざす。 2019年の出雲駅伝で3大駅伝初優勝を成し遂げた國學院大は、前回5区の山上りで区間賞の走りを見せた浦野雄平に注目が集まる。 選手層の薄さが課題ではあるものの、今大会も5区に配置されたエース浦野が力走を見せれば、往路優勝も射程圏内に入ってくる。 東海大の小松陽平は2019年3月、世界クロスカントリー選手権(デンマーク)日本代表に選出。 前回大会で区間記録を塗り替えた8区を走る予定だ 東海大の小松陽平は2019年3月、世界クロスカントリー選手権(デンマーク)日本代表に選出。 前回大会で区間記録を塗り替えた8区を走る予定だ 東京五輪代表候補の相澤晃が挑む最後の箱根路 選手個人で見ると、大きな注目を集めるのは「学生最強ランナー」の呼び声も高い東洋大の相澤晃だろう。 相澤は2019年の夏にナポリで行われたユニバーシアード大会のハーフマラソンで優勝し、東京五輪では1万メートルでの出場が期待されている。 箱根駅伝では2年次に2区を走って区間3位、2019年は4区で区間記録を1分27秒も縮める新記録を出し、同校の往路優勝に貢献した。 最後の箱根駅伝となる今大会はキャプテンを務め、「エース区間」と称される2区での区間賞を狙っている。 5強の一つ、駒澤大にはスーパールーキーの田澤廉(たざわ・れん)がいる。 青森県出身の田澤は青森山田高等学校時代、全国高校駅伝に3年連続出場。 3年次にはアジアジュニア陸上競技選手権大会の5000メートルで銀メダルに輝いた。 駒澤大に入学後は、出雲駅伝で3区を走って区間2位。 全日本大学駅伝では7区で青山学院大のエース吉田圭太を抑えて区間賞を獲得し、規格外ぶりを発揮した。 新星にしてチームの核を担う田澤は2019年12月29日に発表された区間エントリーでは補欠登録。 往路も復路もレーススタートの70分前まで登録変更が可能のため、駒澤大は他校の動きを見ながら田澤の起用区間を決める方針だ。 「花の2区」を任される展開も十分にあるだろう。

次の