シフト自由 正社員。 時間や曜日が選べる・シフト自由,正社員,東京のバイト・アルバイト求人情報【フロムエー】|パートの仕事も満載

ジーピースタッフ株式会社の正社員の求人情報[ID.190399295]|アルバイト・バイト・パートの求人探しはラコット

シフト自由 正社員

シフト制とは何か シフト制という言葉は、会社の雇用形態で聞く言葉です。 しかし、すべての会社に適用されているものではなく、一部の会社で使われている制度となります。 1日8時間労働の場合と、どのように違うのでしょうか。 シフト制について解説していきます。 シフト制とはどういう働き方? シフト制とは、労働時間や労働時間帯が一定でない働き方です。 多くの労働者は1日8時間という労働時間が定められていると思いますが、シフト制の場合は必ずしもそうではなく、一定の期間ごとに労働時間が定められている場合が多いです。 シフトには「置き換える」という意味があります。 労働時間がばらばらになるように労働者を雇用することによって、雇用人数も増やすことができ、より多くの労働効果を見込めます。 シフト制を用いているのはどんな会社? シフト制を用いているのは、24時間稼働している会社です。 24時間営業のコンビニや、インフラ関係などが該当します。 また、シフト制はパート労働者にとっても働きやすいものとなっております。 シフト制の3つのパターンとは? シフト制の主なパターンは3つです。 関連相談• シフト制の正社員について 多くの労働者が1日8時間、週休2日の勤務体制になっていると思いますが、シフト制の場合はそうではありません。 労働時間も1日8時間固定ではないので、労働時間も休日も最初から決まっていません。 そんなシフト制の正社員について、きついことはどういうことでしょうか。 シフト制を辞めたい人も、ぜひご覧下さい。 シフト制の正社員のきついことは何? シフト制の正社員のきついことは、多数あります。 休みたい日に休めない・・・休みを調整するとき、先輩に譲ることになる• 土日は休みづらい・・・土日が繁忙期の場合、休めないことも多々ある• 長期の連休がない・・・GWなども仕事で、有給も連休は取りにくい• 急な出勤、休日出勤が多い・・・有給などで人手が足りなくなったら、出勤する• 休日が少ない・・・平均年間休日を下回る• 先の予定が立てづらい・・・休日が定まっていないので、予定が立てられない シフト制の正社員のきついことは、休日関係に多いことが分かります。 また、接客業ですと余計に休日が少なくなり、きついといえるでしょう。 辞めたい人はどうすれば良い? シフト制の正社員できついと感じているのであれば、転職をおすすめします。 きついと感じながら仕事をして、身体を壊してしまってはもったいないです。 いまでは労働時間や休日が定まっている会社も多いので、ぜひ希望に合う会社を探してみてください。 関連相談• シフト制で働くメリットは? シフト制の正社員はきついこともありますが、シフト制で働くメリットもあります。 シフト制は労働時間が定まっていないので、そこがシフト制の大きなメリットの要素になります。 シフト制を検討されている方は、まずシフト制のメリットを確認してみてみましょう。 平日に役所や銀行や病院に行ける シフト制の正社員で働くメリットは、平日休みがあるということです。 一般の労働者は平日が仕事、土日休日の場合が多いですが、シフト制の正社員の場合必ずしも土日が休みというわけではないので、平日しか営業していない役所や銀行、病院に行けます。 労働時間帯によっては、平日の午前や午後が休みの場合もありますので、平日を上手に過ごすことが可能です。 また、観光地なども平日のほうが空いているので旅行しやすくなります。 通勤ラッシュを避けやすい シフト制の正社員の場合ですと、必ずしも労働時間帯が固定ではないので、通勤ラッシュを避けられる可能性があります。 平日だと朝の出勤時と夕方の帰宅時以外だったら通勤ラッシュに巻き込まれませんし、土日出勤の場合は通勤ラッシュがありません。 これは電車でも自動車の場合でも該当しますので、メリットとなります。 連勤の数が少ない シフト制の正社員の場合ですと、一般の労働者と比べて連勤の数が少なくなるというメリットがあります。 一般の労働者は、平日5日間連勤し、土日2日間休日となる場合が多いです。 しかし、シフト制では土日が必ずしも休日ではなく、平日休みなどもあるので、連勤日数を少なくすることができます。 しかし、これはあくまでも休日をきちんと取れた場合の話です。 休日出勤や急な呼び出し出勤があった場合、連勤日数は変わってしまいます。 関連相談• シフト制で働くデメリットは? シフト制の正社員で働くメリットは3つありました。 平日休みがあるという点は、とても大きなメリットですね。 しかし、シフト制の正社員で働くきついこともあります。 今度は、シフト制で働くデメリットを確認していきます。 シフト制は疲れる シフト制の正社員は、労働時間や労働時間帯が一定でないため、身体のリズムが作りづらいです。 一般労働者のように、週5日8時間ずつ働いて2日休みのようなサイクルがないので、労働時間や労働時間帯がばらばらだと身体の調子が合わず疲れてしまいます。 体調に関わることなので、気を付けたいデメリットといえます。 連休が取りにくい 一般労働者のように土日休みという、連休がないのがデメリットです。 土日に関係なく連休が発生することもありますが、あまりないことだと思われます。 また、有給休暇を使って連休にしようとしても、他労働者との日程調整や、業務の関係で取りにくいことが多いです。 土日休みの普通の勤務の人と予定が合わない 一般労働者は土日休みが多いので、そういう仕事に就いている友達と予定が合わないこともあります。 休日を合わせるには、どちらかが有給休暇を取らなくてはいけないので予定も立てづらいです。 シフト制のデメリットといえます。 関連相談• 四週六休について 四週六休とは、4週間に6回休日がある体制のことをいいます。 週休2日ではありませんが、労働基準法上では、1日8時間以内の労働であれば法律違反ではありません。 では、四週六休とはどのような体制なのか、詳しく解説していきます。 四週六休とシフト制の違い 四週六休とは、4週間に6回休日がある体制です。 その体制では会社にもよりますが、休日が固定されている場合があります。 例:毎週日曜休み+隔週木曜休みなど また、事前に休みを調整する会社もありますので、そこはシフト制と似ているといえます。 四週六休はきつい 四週六休の場合、一般の労働者のように週休2日、月間8日の休みではないので、体力的にきつい可能性が高いです。 また、休みが少ないので気分転換ができる機会も減り、精神的にもきついといえるでしょう。 四週六休は休みが少ない 週休2日の人より月間の休みが少ないので、必然的に年間の休みも少なくなります。 年間休日の例• 会社にもよりますが、四週六休の場合休日を取れなかったりすると、年間休日が96日以下になることも考えられます。 四週六休は、年間休日の点でも休みが少ないためきついことが分かります。

次の

【地獄】正社員のシフト制はきつい…。7年間急なシフト変更を経験した結果と共に理由を3つ解説

シフト自由 正社員

シフト制の仕事が気になるけどきついのかな?• 休日の予定は立てずらい?休みの希望とかは出せるの?• シフト制の正社員の求人ってどうなんだろう… 求人情報を眺めながら、シフト制の仕事に対する興味持っている人は多いと思います。 実際そのスタイルを好んで働いている方も多い「シフト制の仕事」ですが、正社員の求人も見かけることも多いですよね。 転職にあたって 土日休みの仕事からシフト制の仕事を検討する人も多いので、休みのことなど気になることも多いはず。 僕自身シフト制の正社員をしていた経験があるので、シフト制の仕事に対する疑問にはかなり答えられる自信があります。 まず1つだけお伝えしておくとすれば、 シフト制の職業はその特性をきちんと理解した上で選ばないと必ず後悔するということ。 浅い理解で手を出せば、必ず辞めたいと思うハメになります。 シフト制に詳しくない方は、まずシフト制正社員の実態をここで学んでいって下さい。 この記事では シフト制の正社員で働いた人にしか分からない休日や実態、気になるメリット・デメリットなどについて解説していきます。 「ここだけはどうしても」という時だけ申請する シフトを作成する管理者には全員から色々な要望が寄せられるので、極力わがままは控えるのがベターなんですよ。 普段から協力的な態度を取っておくことで、いざ自分がどうしても休みたいときにすんなり休ませてもらえますからね。 いかにシフト制と言えど、正社員で毎週休みの希望を出すのは仕事上の評価を落とす原因になる可能性が高い。 自己都合の休日申請はほどほどに。 と覚えておきましょう。 休日に関してはこのくらいにして、ここからはシフト制正社員のメリットを見ていきます。 土日が休みの一般的な会社員の場合、 8時~17時などの形で仕事をしていると役場での手続きや病院などの公共機関に行けない状況が生まれる。 ただ これがシフト制の仕事であれば平日が休みになる確率は高いですし、早朝から始まるシフトなら仕事終わりにぎりぎり駆け込める可能性がある訳ですね。 なかでも一番助かるのは免許の更新。 基本的に免許の更新は平日なので、普通であれば有給休暇を取って更新に行くことも珍しくありません。 これが 平日に休みが取れるシフト制の仕事なら、シフトを調整してもらうだけで行けたりするのが良いところ。 こういった生活する上で必要な用事を溜めることなく、上手く消化していけるのがシフト制・正社員の1番のメリットと言えます。 少し遅めの時間から仕事が始まる日は通勤ラッシュを避けられますし、土日なら平日よりも平和な通勤が約束されます。 車なら渋滞を避けられますし、電車であれば座っていける確率も高いので通勤ストレスが軽減できるのがポイント。 僕の場合は電車だったので、通勤ラッシュに巻き込まれずに出社できるのが本当に嬉しかった思い出があります。 電車通勤の場合は往復の移動が楽になるだけで疲労感が全く違うので、案外馬鹿にできないメリットですね。 例えば下記のように週休二日制で土日休みの一般的な正社員を例にすると、通常5連勤の後に2日休むという形になります。 実際シフト制の仕事をしている方は、 この「適度に休みを挟んでいける」スタイルを好んでいる人も多いです。 疲れやすい人や体の弱い人など、連休よりも休みを分けて取りたい人にはピッタリかもしれない。 ただ注意して欲しいことが1つ。 これはきちんと休みが取れる企業の話です。 ブラックなところだと休日出勤や人手不足を理由に、平気で休みが取れないこともあるので要注意。 一般的な週休二日で時間固定の仕事の場合、就業時間も休日も決まっているので生活に一定のリズムが出来上がりますよね? これがシフト制の仕事であれば、早番と遅番という形で分かれる可能性が非常に高いです。 すると当然のごとく夜寝る時間や朝起きる時間、食事の時間は統一されない。 これによって生活リズムが不規則になり、体調不良を招く原因を作ってしまいます。 20代の若いうちは気になりませんが、年齢を重ねるにつれて生活リズムの乱れを「きつい」と感じることも多くなっていきます。 その過程で人員を偏りなく配置していくことが多いため、 基本的に連休になることはあまりないと思っていた方が良いです。 これは同じ人を2日連続で休みにしてしまうと、その人がいない穴をカバーするのに調整が必要になってしまうからなんですね。 そういったシフト制の事情を考えると、よっぽどの事情がない限り連休は存在しないというのがあなたにも想像できるはず。 ただそんなシフト制の正社員でも「連休を取る方法」はもちろん存在します。 シフト制の職場で連休を取る場合には、 元々ある休日に有給を足して繋げる傾向が多いんですよ。 休んでる側からすると「会社に捕まる」って感じかな・・・。 シフト制の仕事は決まった人員を配置があるため、非常時はどうしても穴埋めをしなければいけない傾向がありますね。 シフト制の正社員になる上で注意するべきポイント さてさて、そろそろシフト制の正社員について理解が深まってきたころじゃないかと思います。 せっかくなのでここから先は僕が実体験から得た、 「シフト制の正社員になる上での注意点」について的を絞って書いていく。 ただリアルな実態を書いていくだけなので、 シフト制の正社員へ転職を考えていない人は読まなくていいですよ。 職種自体がきつい・辛いと言われる職業に偏る点 シフト制・正社員の求人はあらかた見たよ、という人であれば気付くことが1つある。 それは、職種や職業が一般的に「きつい」とされている業界にかたよっているということなんですよ。 参考程度にシフト制・正社員の職業を並べてみます。 睡眠時間の確保• 栄養のある食事• 定期的なストレス解消 睡眠時間の確保、栄養のある食事、定期的なストレス解消。 シフト制の正社員を目指す場合には、これら基本的な事にいつも以上に気を付けて生活する必要があります。 後々のことまで考えた仕事の選び方をする 今は20代で勢いのある若者でも、必ず30代を迎え40代・50代と年齢を重ねていきます。 ここまで触れてきた不規則な生活や体調面への影響を考えると、 出来るだけ歳をとっても続けていける負担の少ない職種にしたほうがいい。 例えば「飲食業は年とってからキツそうだな。 やめておこう。 」とかそんな感じの自分基準でOK。 仕事を探す際は、誰しも今現在の自分を基準に職種を考えるものです。 ただ シフト制の仕事で正社員になるのであれば、後々のことまで考えた上で職種を選んでおくと結果的に長く勤められる要因にもなる。 そういった無用な転職を避けるためにも、仕事内容については時間をかけて考えておくほうがいいですね。 シフト制の仕事をしたい場合は会社選びを慎重にする ここまで書いてきた通り、シフト制正社員の仕事には「良い面」もあれば「悪い面」もあります。 そんなシフト制の正社員について理解を深めた上でなお、シフト制の仕事をしてみたいと思った方も多いはず。 そういう人はただ1つ、会社選びだけは慎重にやりましょう。 これは記事の中でも触れましたが、 休日や勤務時間が曖昧になりがちなシフト制の業界はどうしてもブラック企業が多い傾向にあるからです。 仕事は40代や50代になっても続けていくものですよ。 いつも求人情報を眺めながら「なんとなく仕事を探しているような人」は、特に注意して会社選びをしてみて下さい。

次の

【地獄】正社員のシフト制はきつい…。7年間急なシフト変更を経験した結果と共に理由を3つ解説

シフト自由 正社員

シフト制とは何か シフト制という言葉は、会社の雇用形態で聞く言葉です。 しかし、すべての会社に適用されているものではなく、一部の会社で使われている制度となります。 1日8時間労働の場合と、どのように違うのでしょうか。 シフト制について解説していきます。 シフト制とはどういう働き方? シフト制とは、労働時間や労働時間帯が一定でない働き方です。 多くの労働者は1日8時間という労働時間が定められていると思いますが、シフト制の場合は必ずしもそうではなく、一定の期間ごとに労働時間が定められている場合が多いです。 シフトには「置き換える」という意味があります。 労働時間がばらばらになるように労働者を雇用することによって、雇用人数も増やすことができ、より多くの労働効果を見込めます。 シフト制を用いているのはどんな会社? シフト制を用いているのは、24時間稼働している会社です。 24時間営業のコンビニや、インフラ関係などが該当します。 また、シフト制はパート労働者にとっても働きやすいものとなっております。 シフト制の3つのパターンとは? シフト制の主なパターンは3つです。 関連相談• シフト制の正社員について 多くの労働者が1日8時間、週休2日の勤務体制になっていると思いますが、シフト制の場合はそうではありません。 労働時間も1日8時間固定ではないので、労働時間も休日も最初から決まっていません。 そんなシフト制の正社員について、きついことはどういうことでしょうか。 シフト制を辞めたい人も、ぜひご覧下さい。 シフト制の正社員のきついことは何? シフト制の正社員のきついことは、多数あります。 休みたい日に休めない・・・休みを調整するとき、先輩に譲ることになる• 土日は休みづらい・・・土日が繁忙期の場合、休めないことも多々ある• 長期の連休がない・・・GWなども仕事で、有給も連休は取りにくい• 急な出勤、休日出勤が多い・・・有給などで人手が足りなくなったら、出勤する• 休日が少ない・・・平均年間休日を下回る• 先の予定が立てづらい・・・休日が定まっていないので、予定が立てられない シフト制の正社員のきついことは、休日関係に多いことが分かります。 また、接客業ですと余計に休日が少なくなり、きついといえるでしょう。 辞めたい人はどうすれば良い? シフト制の正社員できついと感じているのであれば、転職をおすすめします。 きついと感じながら仕事をして、身体を壊してしまってはもったいないです。 いまでは労働時間や休日が定まっている会社も多いので、ぜひ希望に合う会社を探してみてください。 関連相談• シフト制で働くメリットは? シフト制の正社員はきついこともありますが、シフト制で働くメリットもあります。 シフト制は労働時間が定まっていないので、そこがシフト制の大きなメリットの要素になります。 シフト制を検討されている方は、まずシフト制のメリットを確認してみてみましょう。 平日に役所や銀行や病院に行ける シフト制の正社員で働くメリットは、平日休みがあるということです。 一般の労働者は平日が仕事、土日休日の場合が多いですが、シフト制の正社員の場合必ずしも土日が休みというわけではないので、平日しか営業していない役所や銀行、病院に行けます。 労働時間帯によっては、平日の午前や午後が休みの場合もありますので、平日を上手に過ごすことが可能です。 また、観光地なども平日のほうが空いているので旅行しやすくなります。 通勤ラッシュを避けやすい シフト制の正社員の場合ですと、必ずしも労働時間帯が固定ではないので、通勤ラッシュを避けられる可能性があります。 平日だと朝の出勤時と夕方の帰宅時以外だったら通勤ラッシュに巻き込まれませんし、土日出勤の場合は通勤ラッシュがありません。 これは電車でも自動車の場合でも該当しますので、メリットとなります。 連勤の数が少ない シフト制の正社員の場合ですと、一般の労働者と比べて連勤の数が少なくなるというメリットがあります。 一般の労働者は、平日5日間連勤し、土日2日間休日となる場合が多いです。 しかし、シフト制では土日が必ずしも休日ではなく、平日休みなどもあるので、連勤日数を少なくすることができます。 しかし、これはあくまでも休日をきちんと取れた場合の話です。 休日出勤や急な呼び出し出勤があった場合、連勤日数は変わってしまいます。 関連相談• シフト制で働くデメリットは? シフト制の正社員で働くメリットは3つありました。 平日休みがあるという点は、とても大きなメリットですね。 しかし、シフト制の正社員で働くきついこともあります。 今度は、シフト制で働くデメリットを確認していきます。 シフト制は疲れる シフト制の正社員は、労働時間や労働時間帯が一定でないため、身体のリズムが作りづらいです。 一般労働者のように、週5日8時間ずつ働いて2日休みのようなサイクルがないので、労働時間や労働時間帯がばらばらだと身体の調子が合わず疲れてしまいます。 体調に関わることなので、気を付けたいデメリットといえます。 連休が取りにくい 一般労働者のように土日休みという、連休がないのがデメリットです。 土日に関係なく連休が発生することもありますが、あまりないことだと思われます。 また、有給休暇を使って連休にしようとしても、他労働者との日程調整や、業務の関係で取りにくいことが多いです。 土日休みの普通の勤務の人と予定が合わない 一般労働者は土日休みが多いので、そういう仕事に就いている友達と予定が合わないこともあります。 休日を合わせるには、どちらかが有給休暇を取らなくてはいけないので予定も立てづらいです。 シフト制のデメリットといえます。 関連相談• 四週六休について 四週六休とは、4週間に6回休日がある体制のことをいいます。 週休2日ではありませんが、労働基準法上では、1日8時間以内の労働であれば法律違反ではありません。 では、四週六休とはどのような体制なのか、詳しく解説していきます。 四週六休とシフト制の違い 四週六休とは、4週間に6回休日がある体制です。 その体制では会社にもよりますが、休日が固定されている場合があります。 例:毎週日曜休み+隔週木曜休みなど また、事前に休みを調整する会社もありますので、そこはシフト制と似ているといえます。 四週六休はきつい 四週六休の場合、一般の労働者のように週休2日、月間8日の休みではないので、体力的にきつい可能性が高いです。 また、休みが少ないので気分転換ができる機会も減り、精神的にもきついといえるでしょう。 四週六休は休みが少ない 週休2日の人より月間の休みが少ないので、必然的に年間の休みも少なくなります。 年間休日の例• 会社にもよりますが、四週六休の場合休日を取れなかったりすると、年間休日が96日以下になることも考えられます。 四週六休は、年間休日の点でも休みが少ないためきついことが分かります。

次の