中国 の 人口。 中国人口_百度百科

中国人口_百度百科

中国 の 人口

中国王朝の人口推移 前漢・後漢の時代には、中国の人口は 6000万人程度であったと考えられています。 これは、 昭和初期の日本の人口と同程度です。 ところが、 三国時代に入ると一度中国の人口は激減し 2000万人以下に至り、生産力が著しく落ちたと言われていて、これが 五胡の進入を招き、また、その後の 北朝での、 均田制による増産政策につながっていくと説明されます。 隋唐の統一王朝の下で、次第に人口は回復傾向を示し、 唐の時代には、ほぼもとの 5000万人以上にまで戻ったと思われます。 唐末の混乱から宋の時代までは、再び 5000万人以下に減少し、 元から明の間に 6000〜7000万人程度にまで増加します。 清王朝では、多年にわたり中国王朝を苦しめてきた北方の民族を含め、チベット高原やタリム盆地まで東アジアのほぼ全域が支配下に入りました。 この平和の中で、 康熙帝は 『盛世滋生人丁』を定め、 1711年の 丁数 成年男子数 を基準にして、以後に増加した人丁には、課税しないこととし、 人頭税 丁税 を 地税に一本化 実質丁税廃止 して銀納させる 『地丁銀制』を打ち出します。 これ以降、課税は 土地所有者に対してしか行われなくなりました。 このことが、中国の人口の爆発的な増加を促します。 乾隆帝の治世の 1749年には、早くも倍増して 1億7000万人を超え、その治世の晩年、 1792年には、 3億人に達しました。 その後も増加を続け、アヘン戦争後の 1851年には 4億人以上となっていました。 こうした人口の増加は、新大陸からもたらされた トウモロコシ、サツマイモ、ジャガイモ、などの導入などによって、当初は維持されましたが、さすがに慢性的な農地の不足に陥り、暮らしが貧しくなった民衆の中には 盗賊の集団となるものも現れ、こうした社会の混乱から 1796年の 白蓮教徒の乱などの民衆反乱が増加していくことになります。 * 宋・元・明・清などの歴代皇帝を覚えたい!という方は を覗いてみてください。

次の

世界人口排名 2020世界人口总数 全球各国人口排名2020

中国 の 人口

根据中国最新人口数据显示,2018年中国人口总人数约为:13. 9008亿,除主体民族汉族以外的其余55个法定少数民族人口占总人口的8. 人口频道提供最新中国人口2018总人数口统计,包括中国人口世界排名、中国男女比例、中国历年人口数量等2018中国人口数量最新统计。 中国人口2018总人数 2018中国人口数量:13. 9008亿 中国人口密度:150人每平方公里 2018中国人口数量世界排名:1 总榜单请看: 中国人口世界比例:相当于18. 中国人口平均寿命:76. 34 中国人口男女比例 排行榜,品牌排行榜 男性:51. com 中国婴儿出生率:12. com 60周岁及以上人口24090万人,占总人口的17. 城镇常住人口81347万人,比2016增加2049万人; 乡村常住人口57661万人,比2016减少1312万人; 城镇人口占总人口比重 城镇化率 为58. 44亿人,比2016末减少82万人 phb123. com 2017年末全国就业人员77640万人,其中城镇就业人员42462万人 以上数据来源:世界银行统计数据和国家统计局,数据时间:2018年1月,该数据仅是对中国人口数据的预测,根据中国国家统计局数据显示,2017年中国总人口数为13. 9008亿。

次の

中華人民共和国

中国 の 人口

中国の人口推移と将来の増加予測 > 国と地域 > > 中国の人口推移と将来の増加予測 2017年現在、中国の人口は約13億8000万人で世界一です。 20世紀後半から、経済成長と共に人口も増加してきて、1980年代に10億人の大台を突破したという歴史を辿りました。 しかし2029年頃をピークに、中国の人口は減少に転じると予測されており、しかも高齢化率が日本並に酷いので、様々な社会問題に発展する事が懸念されています。 当ページでは、中国の人口や出生率の過去の推移と、将来の予測値から、問題の本質を検鏡してみました。 2015年以降は国連の推計値 2. 1970年頃は「6」もあったが、近年は「1. 5」程度 3. 人口増加には時間が掛かるので、酷い高齢化が不可避 中国の人口推移グラフ 以下は、将来の中国の人口推移の予測グラフです。 2015年までは確定値、2020年からは 国連人口統計の予測値です。 以後は減少に転じ、2045年頃には現在の人口を下回るという推移です。 このように 人口減少に転じる理由は、中国政府の一人っ子政策の影響が大きいです。 人口増加が問題と見た中国共産党は、1971年に計画出産活動という指針を示し、1979年にはそれが一人っ子政策に発展します。 一人っ子政策は、一組の夫婦につき子供を一人に制限すると定めた制度です(二人目以降を産んだ場合は罰金が科せられる)。 中国が社会主義国=計画経済だったからこそ行えた、強引な人口抑制政策です。 中国の出生率推移グラフ この一人っ子政策の影響で、中国の出生率は急激に低下します。 1960年代には「6」を越えていた出生率が、計画出産活動が示された1970年代から急減し始め、1990年代には「2」を割り込みました。 このため中国では、日本以上の少子高齢化が急速に進んでいるのです。 中国では、2050年には人口の3割以上を高齢者が占める、超高齢化社会を迎える計算になります。 日本でも高齢化が社会問題となっていますが、2016年時点の総人口に占める高齢者の割合は27. 3%です。 つまり中国の少子高齢化は、現在世界最悪である日本以上に深刻化する訳です。 一人っ子政策廃止の影響はどうなる? こうした状況に危機感を覚えた中国政府は、2015年に一人っ子政策を廃止し、あらゆる夫婦が子供2人を持てるように制度を改めました。 しかし 一人っ子政策廃止の影響が出るのは何十年も先になります。 人口増加の効果が表れるには、出生率が高まった時の子供達が成長し子供を産む年齢になって以降だからです。 従って2050年頃までは、中国の人口減少〜高齢化は避けられない状況です。 そもそも、中国の社会システムが一人っ子政策を前提に組まれたため、学校などの施設が不足しているという問題もあります。 そして高齢者を支える医療や年金制度が未発達なので、日本以上に社会不安が大きな国だと言えます。 なお、中国の農村部では男尊女卑の傾向が根強く、女の子だと判明したら中絶する夫婦も少なくありませんでした。 ゆえに、 中国では女性の数が少なく、男性の方が3000万人以上も多いという統計が発表されています。 男女比がいびつなため、結婚出来ない男性も多くなり、更なる社会不安を生む要因になっています。 中国共産党に対する民衆デモが頻発するのは、経済は成長していてもこうした社会不安が根強い事が根底にあります。 そして 習近平政権は、党に対する不満を(工作員を動員して)反日デモにすり替えてガス抜きするだけで、根本的な解決を行いません。 よって中国では、弱者に対するセーフティーネットが未構築なままなのです。 中国の将来の人口予測まとめ ・中国の人口は2030年以降は減少すると予測されている ・一人っ子政策で少子高齢化が進んだ事が最大の理由 ・どんな政策を施そうとも、人口増加に転じるには時間が掛かる 中国では日本を抜いてGDP世界第二位になりましたが、いびつな人口形態と習近平政権の無策によって、日本以上に未来が暗い国なのです。 ちなみに2030年代には、インドに人口が抜かれるという予測です。 そのインドでは、出生率の減少カーブが中国よりも緩やかで、当面は人口形態が若いままなので、中国ほど大きな社会問題には発展しないだろうと予測されています。

次の