武内由紀子 インスタ。 武内由紀子の特別養子縁組の子供の思い…旦那のパン屋はBAKEMAN

昼間からビールを飲む武内由紀子さんが素敵に思えたw: 1980年代、1990年代、2000年代の音楽を再学習できるブログ

武内由紀子 インスタ

9月18日深夜、TwitterのDMにフォロワーさんから連絡が入った。 「フローレンスの代表が特別養子縁組について取材してもらったとツイートしてる」 驚いて見に行ったらホントにしてた。 そしてリンク先の記事を読んでぶったまげてしまった。 そして怒りに任せてツイートした。 その後、このことがなぜ問題なのかをロングツイートしたのでここにも転載する。 まず、審判確定前の公表であること。 12月に申請して養親登録。 監護期間は委託日起算です。 生まれたのが6月22日ですから、それ以前に監護が開始されるはずがありません。 養親待機期間は監護期間 試験養育期間 には絶対に含まれません。 通常は赤ちゃん退院で自宅に連れて帰って同居を開始した日からが試験養育期間スタートということになります。 実母さんのお腹の中にいる期間は養親さんは養育出来ませんから。 乳児院から里親として児童を養育していて、特別養子縁組申し立てに進んだときや、里親期間は児童相談所職員が養育状況を確認していたりするので、里親期間を試験養育期間として遡って換算されます。 6月22日生まれで当日から試験養育期間が始まったとしてもまだ3ヶ月にも満たないです。 特別養子縁組申し立てはしている時期でしょうが、半年は試験養育期間が定められています。 審判確定はその後のはずです。 特別養子縁組を隠す必然性はありませんが、試験養育期間に公表することではありません。 最短でも審判確定まで試験養育期間以降の審判になるので、確定まで8カ月は掛かります。 実親さんと連絡が取れないとかになると1年以上かかる場合もあるそうです。 ですから3カ月なんて、養育者として適格かの審査、モニタリング段階だとしか考えられません。 そしてこの段階で公表することは実親さんへの脅しとも取れる行為です。 養子縁組の同意を撤回する権利があり、この審判確定までの6ヶ月間はそのための措置でもあります。 それを阻止するための行為と受け取られてもしかたがありません。 参考としてあっせん法をみてみましょう。 ア 期限までに同意が無ければ養子縁組あっせんを行わないこととして実親に 当該期限までに早急に同意するよう求めること イ 実親に対し養子縁組の同意の撤回を禁止すること ウ 実親による養子縁組の同意の撤回を困難にすることを目的として、同意の撤回にあたり追加の費用を求めたり、心理的な圧迫を加えたりすること ウの「心理的圧迫」に該当する可能性があります。 ただ、武内さんの公表という行為が、実親さんの同意撤回を困難にすることを目的としているという明確な意思があるかどうかは不明です。 この公表をきっかけに撤回することも考えられます。 第2に個人情報保護の観点から、これはとても危険なことであると言わざるを得ません。 うちの子になれるかはわかりませんとか言いながら、うちの子の体で記事を書いてることにも呆れます。 実母さんは、じぶんが産んだ子だってわかりますよね。 生年月日書いてあるので。 実母さんがどんなか方かわかりませんが、じぶんの産んだ子は芸能人に引き取られたとか言いふらしたりするひとだったらどうしましょう。 児童の健全な養育環境に影響が出るのではありませんか。 実母さんの名前等は申し立ての際に書類に書かなければならないので、養親さんは知り得るし、知り得ることの同意も取られます。 逆に養親さんの名前などは、児童の保護の観点から実母さんには審判確定までは絶対に非公開です。 勝手に会いに来たり、連れ去りとかのリスクがあるからです。 審判確定前に会いに来られたり連れて行かれたとしても、戸籍上は実母さんの子どもですから、養親さんは文句言えないのです。 児童と養親の安定的な養育環境に悪影響を及ぼすことになり兼ねません。 だから、審判確定前に実母さんに自分の子どもだと特定出来る情報を出すことはしてはならないのですよ。 これは児童の利益、権利、保護を無視していると言わざるを得ません。 児童を特別養子縁組推進に利用しているだけにしか過ぎないと思います。 優先されるべきは児童の安定的な養育環境の確保なのに、これでは児童福祉の理念を逸脱しています。 赤ちゃんが自分の意思を言葉に出来ないことをいいことに、養親となるひとがはしゃいでいていいと思いますか。 なぜ大人の都合で見世物のように扱かうのでしょうか。 公表することで利益を出すのは誰か? まずフローレンスの宣伝、養親の芸能活動で仕事の依頼が増えるということが考えられますよね。 どれも大人ばかり得をする構図です。 第3に心配なのが、武内さんの住む地域の管轄の児童相談所職員は、今回の公表を知っているのだろうか、ということ。 あっせんする民間団体だけではなく、児相と連携して進めることになっているので。 これ以外にもまだまだ考えられるリスクがあるかも知れません。 とりあえず、いまは、ここまで。 児童を危険に晒した武内由紀子氏、フローレンス、アクロスジャパン、そして朝日新聞telling、後藤絵里記者、許せません。 ここまでツイートした後、厚労省と朝日新聞に抗議の電話を入れた。 フローレンスのナンバー2や朝日新聞後藤絵里記者、朝日新聞のパブリックコメンテーターの小島慶子氏らにメンションするも悉く無視。 事態の重要性がわかっていないのだ。 ところが翌日になってみたらなんと駒崎氏とフローレンスはツイートを消してバックれ。 後藤記者に至ってはアカウントを削除。 しかしwebメディアのtelling,のアカウントはそのまま 彼女が総合webメディアポトフの編集長なのだ。 数日この件についてのツイートと返信に追われていたが、やっとのことでまとめを作った。 それがこちら。 「特別養子縁組って大声で叫ぶことなのか?」 noteに詳しく書こうとしてたのだが、結局まとめのほうがいろんなひとのツイートも入って読みやすくなったかも知れない。 随時更新・編集している。 あっせん法は今月から正式に許可制が施行された。 各都道府県が発行するのだが、各団体で手数料も異なり、東京都のように数件の申請があれば判断に迷うかも知れない。 とはいえ実態があっても法の整備が追い付いていなかったのだから、おそらく全ての申請団体、申請者に許可が与えられるだろうと思う。 もちろんこんなトンデモを侵したフローレンスやアクロスジャパンにもだ。 これは古くて新しい問題。 けして虐待から子どもを救う手立てではないのだが、声高に叫ぶひとたちはどんなことでも利用する。 それこそあっせんほうが成立したときもフローレンスの代表コマザキさんが虐待を利用してロビイングしたのだ。 ちょっと検索すれば記事は見つかる。 鼻高々に報告しているからすぐにわかる。 じぶんの仕事に利益誘導するロビイングであって公益性は無視なのだが、国家戦略特区とはそういう制度なのだ。 規制や法律を無視して安倍首相のオトモダチがやりたい放題やる仕組み。 話がズレてしまった。 武内さんが、きちんと審判が下りて、晴れて縁組が成立した後にSNSで報告したのだとしたら、わたしも素直に祝福出来たと思う。 しかし実際には委託されたその日から画像をインスタに上げていた。 それを知ったときの衝撃といったら。 実の子どもだってそんな危険な真似はしないのに。 問題は、これをフローレンスやアクロスジャパン、telling,の後藤記者が知っていたのではないかと疑われること。 もっと悪いことを想像すれば、SNSに上げるべきと唆したかも知れないこと。 だってあのひとたち疚しくなければツイートやアカウントを削除しないでしょう。 telling,に至っては記事は削除されずに2件そのままいまでも読める。 ほとぼりが冷めたら続きを掲載する気満々なのだ。 一旦取り下げることも出来るのにそれをしないのは、そのうちみんな忘れると思ってるからだ。 一読者のちっぽけな意見など気にしていられないのだ。 そこは後藤記者にとって自己表現の場であり、やりたいようにやれる場なのだろう。 それはいいよそれは。 でも、守るべきルールがあるんじゃないの。 あなたは養親のほうに肩入れし過ぎている。 telling,はミレニアル世代の女性がターゲットだから、主語はその主役である人物になるんだろう。 でもよく考えてよ。 この法律は子どものためのものなんだ。 たとえそれが建前だとしても、そこを忘れちゃいけない。 これが児童の最大の利益になるとは全く思えないし、生みの親である女性のこれからのことは気にならないの。 支援さえあれば、その子といっしょに生活出来る道だってあったんじゃないの。 同じ女性なら、そちらのかたのこれからを知りたいと思うけれど。 後藤記者が異常に特別養子縁組を推進するのはいったい何のためなんだろう、と思うのはわたしだけなんだろうか。 このことについて気軽に話題にすることはいいけれど、子どもを見世物のように扱ったり、実親を蔑ろにするような行動は、はっきりと違うと思うのだ。

次の

【エンタがビタミン♪】武内由紀子、特別養子縁組で女児を迎えたことを報告「産んでくれた実母さんに感謝」

武内由紀子 インスタ

9月18日深夜、TwitterのDMにフォロワーさんから連絡が入った。 「フローレンスの代表が特別養子縁組について取材してもらったとツイートしてる」 驚いて見に行ったらホントにしてた。 そしてリンク先の記事を読んでぶったまげてしまった。 そして怒りに任せてツイートした。 その後、このことがなぜ問題なのかをロングツイートしたのでここにも転載する。 まず、審判確定前の公表であること。 12月に申請して養親登録。 監護期間は委託日起算です。 生まれたのが6月22日ですから、それ以前に監護が開始されるはずがありません。 養親待機期間は監護期間 試験養育期間 には絶対に含まれません。 通常は赤ちゃん退院で自宅に連れて帰って同居を開始した日からが試験養育期間スタートということになります。 実母さんのお腹の中にいる期間は養親さんは養育出来ませんから。 乳児院から里親として児童を養育していて、特別養子縁組申し立てに進んだときや、里親期間は児童相談所職員が養育状況を確認していたりするので、里親期間を試験養育期間として遡って換算されます。 6月22日生まれで当日から試験養育期間が始まったとしてもまだ3ヶ月にも満たないです。 特別養子縁組申し立てはしている時期でしょうが、半年は試験養育期間が定められています。 審判確定はその後のはずです。 特別養子縁組を隠す必然性はありませんが、試験養育期間に公表することではありません。 最短でも審判確定まで試験養育期間以降の審判になるので、確定まで8カ月は掛かります。 実親さんと連絡が取れないとかになると1年以上かかる場合もあるそうです。 ですから3カ月なんて、養育者として適格かの審査、モニタリング段階だとしか考えられません。 そしてこの段階で公表することは実親さんへの脅しとも取れる行為です。 養子縁組の同意を撤回する権利があり、この審判確定までの6ヶ月間はそのための措置でもあります。 それを阻止するための行為と受け取られてもしかたがありません。 参考としてあっせん法をみてみましょう。 ア 期限までに同意が無ければ養子縁組あっせんを行わないこととして実親に 当該期限までに早急に同意するよう求めること イ 実親に対し養子縁組の同意の撤回を禁止すること ウ 実親による養子縁組の同意の撤回を困難にすることを目的として、同意の撤回にあたり追加の費用を求めたり、心理的な圧迫を加えたりすること ウの「心理的圧迫」に該当する可能性があります。 ただ、武内さんの公表という行為が、実親さんの同意撤回を困難にすることを目的としているという明確な意思があるかどうかは不明です。 この公表をきっかけに撤回することも考えられます。 第2に個人情報保護の観点から、これはとても危険なことであると言わざるを得ません。 うちの子になれるかはわかりませんとか言いながら、うちの子の体で記事を書いてることにも呆れます。 実母さんは、じぶんが産んだ子だってわかりますよね。 生年月日書いてあるので。 実母さんがどんなか方かわかりませんが、じぶんの産んだ子は芸能人に引き取られたとか言いふらしたりするひとだったらどうしましょう。 児童の健全な養育環境に影響が出るのではありませんか。 実母さんの名前等は申し立ての際に書類に書かなければならないので、養親さんは知り得るし、知り得ることの同意も取られます。 逆に養親さんの名前などは、児童の保護の観点から実母さんには審判確定までは絶対に非公開です。 勝手に会いに来たり、連れ去りとかのリスクがあるからです。 審判確定前に会いに来られたり連れて行かれたとしても、戸籍上は実母さんの子どもですから、養親さんは文句言えないのです。 児童と養親の安定的な養育環境に悪影響を及ぼすことになり兼ねません。 だから、審判確定前に実母さんに自分の子どもだと特定出来る情報を出すことはしてはならないのですよ。 これは児童の利益、権利、保護を無視していると言わざるを得ません。 児童を特別養子縁組推進に利用しているだけにしか過ぎないと思います。 優先されるべきは児童の安定的な養育環境の確保なのに、これでは児童福祉の理念を逸脱しています。 赤ちゃんが自分の意思を言葉に出来ないことをいいことに、養親となるひとがはしゃいでいていいと思いますか。 なぜ大人の都合で見世物のように扱かうのでしょうか。 公表することで利益を出すのは誰か? まずフローレンスの宣伝、養親の芸能活動で仕事の依頼が増えるということが考えられますよね。 どれも大人ばかり得をする構図です。 第3に心配なのが、武内さんの住む地域の管轄の児童相談所職員は、今回の公表を知っているのだろうか、ということ。 あっせんする民間団体だけではなく、児相と連携して進めることになっているので。 これ以外にもまだまだ考えられるリスクがあるかも知れません。 とりあえず、いまは、ここまで。 児童を危険に晒した武内由紀子氏、フローレンス、アクロスジャパン、そして朝日新聞telling、後藤絵里記者、許せません。 ここまでツイートした後、厚労省と朝日新聞に抗議の電話を入れた。 フローレンスのナンバー2や朝日新聞後藤絵里記者、朝日新聞のパブリックコメンテーターの小島慶子氏らにメンションするも悉く無視。 事態の重要性がわかっていないのだ。 ところが翌日になってみたらなんと駒崎氏とフローレンスはツイートを消してバックれ。 後藤記者に至ってはアカウントを削除。 しかしwebメディアのtelling,のアカウントはそのまま 彼女が総合webメディアポトフの編集長なのだ。 数日この件についてのツイートと返信に追われていたが、やっとのことでまとめを作った。 それがこちら。 「特別養子縁組って大声で叫ぶことなのか?」 noteに詳しく書こうとしてたのだが、結局まとめのほうがいろんなひとのツイートも入って読みやすくなったかも知れない。 随時更新・編集している。 あっせん法は今月から正式に許可制が施行された。 各都道府県が発行するのだが、各団体で手数料も異なり、東京都のように数件の申請があれば判断に迷うかも知れない。 とはいえ実態があっても法の整備が追い付いていなかったのだから、おそらく全ての申請団体、申請者に許可が与えられるだろうと思う。 もちろんこんなトンデモを侵したフローレンスやアクロスジャパンにもだ。 これは古くて新しい問題。 けして虐待から子どもを救う手立てではないのだが、声高に叫ぶひとたちはどんなことでも利用する。 それこそあっせんほうが成立したときもフローレンスの代表コマザキさんが虐待を利用してロビイングしたのだ。 ちょっと検索すれば記事は見つかる。 鼻高々に報告しているからすぐにわかる。 じぶんの仕事に利益誘導するロビイングであって公益性は無視なのだが、国家戦略特区とはそういう制度なのだ。 規制や法律を無視して安倍首相のオトモダチがやりたい放題やる仕組み。 話がズレてしまった。 武内さんが、きちんと審判が下りて、晴れて縁組が成立した後にSNSで報告したのだとしたら、わたしも素直に祝福出来たと思う。 しかし実際には委託されたその日から画像をインスタに上げていた。 それを知ったときの衝撃といったら。 実の子どもだってそんな危険な真似はしないのに。 問題は、これをフローレンスやアクロスジャパン、telling,の後藤記者が知っていたのではないかと疑われること。 もっと悪いことを想像すれば、SNSに上げるべきと唆したかも知れないこと。 だってあのひとたち疚しくなければツイートやアカウントを削除しないでしょう。 telling,に至っては記事は削除されずに2件そのままいまでも読める。 ほとぼりが冷めたら続きを掲載する気満々なのだ。 一旦取り下げることも出来るのにそれをしないのは、そのうちみんな忘れると思ってるからだ。 一読者のちっぽけな意見など気にしていられないのだ。 そこは後藤記者にとって自己表現の場であり、やりたいようにやれる場なのだろう。 それはいいよそれは。 でも、守るべきルールがあるんじゃないの。 あなたは養親のほうに肩入れし過ぎている。 telling,はミレニアル世代の女性がターゲットだから、主語はその主役である人物になるんだろう。 でもよく考えてよ。 この法律は子どものためのものなんだ。 たとえそれが建前だとしても、そこを忘れちゃいけない。 これが児童の最大の利益になるとは全く思えないし、生みの親である女性のこれからのことは気にならないの。 支援さえあれば、その子といっしょに生活出来る道だってあったんじゃないの。 同じ女性なら、そちらのかたのこれからを知りたいと思うけれど。 後藤記者が異常に特別養子縁組を推進するのはいったい何のためなんだろう、と思うのはわたしだけなんだろうか。 このことについて気軽に話題にすることはいいけれど、子どもを見世物のように扱ったり、実親を蔑ろにするような行動は、はっきりと違うと思うのだ。

次の

武内由紀子の旦那(パン屋)の顔画像や子供は?若い頃が超かわいい!

武内由紀子 インスタ

武内由紀子さんのwikiプロフィール 本名 武内由紀子(たけうちゆきこ) 生年月日 1973年3月19日 出身地 大阪府大阪市港区朝潮橋 血液型 O型 所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 従兄 ウルフルケイスケ(ウルフルズ) 武内由紀子さんは、1993年に「 大阪パフォーマンスドール」 OPD としてデビューしました。 これは、「東京パフォーマンスドール」の姉妹ユニットとして結成されたもので、武内由紀子さんは大阪パフォーマンスドールのリーダーを務めていました。 NA」を歌って話題となりました。 完全に東京を大阪版にした感じのタイトルですよね。 (笑) しかし、それでもヒット作にしたのですから実力はあるということですね。 また、武内由紀子さんは、 離婚経験があります。 2001年9月に一般男性と結婚しましたが、2007年12月に離婚をしています。 6年ほどの結婚生活だったんですね。 離婚理由は残念ながら情報はありませんでした。 お互いのすれ違いが原因なのかもしれませんね。 しかし、 現在は再婚して歳下の旦那さんと仲良しのようです。 オシャレで優しい旦那さんみたいですね! そんな旦那さんを紹介したいと思います!! 武内由紀子さんの夫はパン屋の主人! 武内由紀子さんは、2013年3月19日に 7歳歳下の男性と3年の交際を経て再婚をしました。 そんな旦那さんは、パン屋職人としてパン屋を経営しています。 パン屋のパンってたまに食べるんですが、美味しいですよね! メロンパンに生クリームが入ってるのが大好きなんですよ〜。 そんな武内由紀子さんの旦那さんの画像がありましたので紹介したいと思います!! mikiさん fragrantspoon がシェアした投稿 — 2017 11月 8 9:05午後 PST 第一印象の雰囲気が凄く良いですね! 優しそうな感じで接客に向いてそうですよね!! パン屋の場所はどこか、気になりますよね。 経営しているパン屋は東京にあるので、お近くに行った際はぜひ寄ってみてください! 詳細を書いておきますね。 パン屋の店舗詳細 店舗名 BAKEMAN 住所 〒143-0023 東京都大田区山王2-18-1 102 営業時間 10時〜19時 休業日 不定休 北海道小麦とオーガニックで食品添加物は不使用とのことです。 また、営業時間は19時までとなっていますが、パンが売切れ次第終了のようです。 そして、 連日売り切れになってしまうという大人気っぷりなので、欲しい方は早めにお店に行ったほうが良いかもしれません!! スポンサーリンク 武内由紀子さんに子供はいるの? 武内由紀子さんと旦那さんにはお子さんはいるのでしょうか? ネットで調べてみましたが、現在 お子さんはいないようです。 お互い、仕事で忙しいのかもしれません!! お子さんができたら、もしくはいる情報が出てきたら随時更新していきたいと思います。 武内由紀子さんが『有吉反省会』で水卜アナを意識していることを反省! 武内由紀子さんは、水卜麻美アナウンサーに似ていると噂になっています。 そんな噂を真に受け、 水卜アナを意識した写真を撮ってそれをSNSに載せているようです。 (笑) 確かに水卜アナに似ているのも分かる気がします。 水卜アナの画像はこちら。 確かに似てますよね!! アナウンサーに似てると言われたらそりゃ意識しちゃいますよ。 (笑) これからは反省を踏まえて、控えめにしていってもらいたいですね。 まとめ 水卜アナに似てると言われる武内由紀子さんを紹介しました。 嬉しさのあまりSNSに意識して載せちゃうところは可愛いものですよね。 (笑) そして今現在の、オシャレで優しい旦那さんと仲良しのようで良かったです。 これからは旦那さんのパン屋を支えつつ、2人で仲良くしてもらいたいですね。 ご覧いただきありがとうございました。

次の