暴力団ヤフー。 暴力団のニュース情報

暴力団と付き合いのある会社も社会から排除されるのか

暴力団ヤフー

・動作環境 Android 4. ・「App Store」ボタンを押すとiTunes (外部サイト)が起動します• ・アプリケーションはiPhone、iPod touch、iPadまたはAndroidでご利用いただけます• ・Apple、Appleのロゴ、App Store、iPodのロゴ、iTunesは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です• ・iPhone、iPod touch、iPadはApple Inc. の商標です• ・iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています• ・Copyright C 2020 Apple Inc. All rights reserved. ・Android、Androidロゴ、Google Play、Google Playロゴは、Google Inc. の商標または登録商標です• ・スマートフォンでバーコードを読み取るには、専用のアプリケーションが必要です(参考:)• Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

暴力団のニュース情報

暴力団ヤフー

この手の先例は結構多くて,暴力団であることを隠して建物賃貸借契約をすれば詐欺(神戸地裁H20. 28)あたりを嚆矢として,ゴルフ場を使用したら詐欺(最高裁H26. 28)口座を作って通帳を貰えば詐欺(最高裁H26. 7)と多くの事案が積み重なっている。 僕としては,「へぇ,暴力団排除もそこまえ来たのか」という感想だ。 さて,そんな世相を反映してか,最新の時報にちょっと面白いのが載っていた。 今度は暴力団と付き合いのある会社の事案だ(広島高裁岡山支部H30. 22判例時報2387号22頁)。 事案は簡単に説明すると,土建業を営む会社の社長が,暴力団組長と「密接交際者である」と認定され,契約していた損害保険,生命保険を解除されてしまった。 それが不当だとして,社長が保険会社を訴えたという事案である。 保険の詳しい内容は争点にもなっていないが,損害保険というから自動車の保険も入っているのだろう。 当世,自動車の任意保険に入ってないと恐くて車も運転できないだろうし,そんな任意保険すら入っていない会社は公共事業など,大きな仕事はできなくなるから死活問題だろうな,と思うよ。 この事案,広島高裁岡山支部は,「原告社長は暴力団と密接な交際をしている者だ」と認定して,保険会社の言い分を認め,解除は有効だと判断したのである。 これまでの前例と違うのは,別に原告社長は暴力団員ではない。 暴力団と密接に交際をしている者である,というだけである。 いや,後説明するが,原告社長は結構問題のある行動をしてはいるのだけれど。 さて,そもそもなぜ保険会社は「暴力団」や「暴力団との密接交際者」の関係を切れるのか,といえばその根拠は約款の暴排条項というやつだ。 契約するときの約款に,「お客様が暴力団と判明した場合は契約を解消できる」と定められているはずだ。 これを根拠にしている。 次に,「密接交際者」とは何かという問題だ。 一応の定義としては,「反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していると認められること」である。 なんとも抽象的である。 たとえば,警視庁のHPによると,こんな感じ。 結構要件が難しい。 僕の知る限り,今の時点で最高裁の判断はないはずだから,この広島高裁の判断がひとつの指標になるんじゃないかな。 ちなみに,今回の原告社長は,組長と中学時代からの友人で,組長が傷害事件で有罪判決を受けると,被害者に言いがかりをつけて恐喝で逮捕されたこともある,というレベルで交際があった。 実質,組員みたいなもんだからいいや,という事案なのかもしれない。 もはや暴力団排除は一つのトレンドになっていて,もはや暴力団は普通に銀行で口座を作ることも,アルバイトをすることすらままならない状態になっている。 さらに,どうやら友達を作ってもいけない,と言わんばかりである。 弁護士という仕事がら,ヤクザにはさんざんひどい目にあわされてきているとはいえ,やや複雑な気持ちがないではない。

次の

Yahoo! JAPAN

暴力団ヤフー

山根容疑者は6月23日、労基法違反(強制労働の禁止)の容疑で八重山署に逮捕、送検されていた。 また県警は同じ野球賭博に関わった疑いで自称投資家の男(49)=京都府=、県内に住む無職の30代男性も賭博場開張図利容疑で摘発した。 関係者によると、山根容疑者は暴力団などに属さずに犯罪行為を繰り返す「半グレ」と呼ばれる組織のリーダー。 調べに対し「すべて間違っている。 賭博には関わっていない」と容疑を否認している。 山根容疑者は昨年6月25日から今年3月25日の間、容疑者らは賭博場を開きプロ野球や高校野球の計453試合で、無料通信アプリなどを利用して合計5231万円の賭け金を集め、利益を得ていた疑い。 県警によると、県内外の数十人が賭博をしていた。 1口1万円で賭け金を募り、多いときは1試合当たり100万円が集まるなど、賭け金から手数料として1割が山根容疑者らの利益となっていたという。 山根容疑者は大阪の有名地下格闘技団体の創始者として、関西では有名な半グレ界の大物。 暴力団とも深いつながりがあるという。 4~5年前から拠点を石垣島へと移し、飲食店やマリンレジャー業などを経営していた。 大騒動へと発展した安倍晋三首相の主催である「桜を見る会」に出席していた半グレのうちの1人。 名古屋地方検察庁 組長は今年3月、中区錦3丁目のガールズバーとショーパブを無許可で営業した疑いで逮捕されたほか、キャバクラ店2店舗から用心棒代を受け取った疑いであわせて3回逮捕されていた。 愛知県警はガールズバーなどの売上や受け取っていた用心棒代が暴力団の資金源となっているとみて調べを進めていた。 組長は今年4月29日までにいずれも処分保留として釈放されていたが、名古屋地検は、6月22日付けで組長を不起訴処分とした。 不起訴の理由は明らかにしていない。 宮城県警暴力団対策課などは15日、新型コロナウイルス対策として休業要請に応じた事業者に協力金を支払う制度で、支給対象外の暴力団組員ではないと偽り30万円をだまし取ろうとしたとして、指定暴力団・系「九代目」傘下「六代目」幹部で居酒屋経営、容疑者(68)=同県角田市=を詐欺未遂容疑で逮捕した。 大槻容疑者は5月中旬、角田市が支給する協力金の申込書に暴力団排除条項があるのに、組員ではないと偽って書類を提出し、30万円を自分名義の口座に入金させようとした疑い。 大槻容疑者は「組員として積極的に活動していない」と一部否認しているという。 県内の自治体に提出された約2万件の協力金などの申込書を照会した結果、発覚した。 新型コロナの協力金で、暴力団排除条項に基づく詐欺容疑での摘発は全国初。 事件の一部始終をドライブレコーダーが捉えていた。 菊川容疑者は自宅マンションの駐車場から車で市道に出ようとした際、信号待ちのトラックが進路を塞いでいたことに激高。 数百メートルにわたってトラックを追いかけ、クラクションを鳴らしたり、車間距離を詰めたりしたという。 菊川容疑者は、「何もしゃべることはありません」と供述している。 県警は2人の認否を明らかにしていない。 現場を調べる捜査員 2人の再逮捕容疑は、5月30日午後2時35分ごろ、事務所付近の路上で若頭を銃撃した後、現場にいた組員(62)ら3人に向けて回転式拳銃を1発発射。 車で逃走する際に助手席に乗り込んできた組員を振り落として転倒させ殺害しようとした疑い。 組員は鎖骨を折る重傷。 ほかの2人の組員にけがはなかった。 事件では、若頭の腹部に銃弾1発が命中し、幹部は3カ月以上の重傷を負った。 岡山地検は13日、若頭に対する殺人未遂と銃刀法違反(発射)の罪で岸本容疑者を追起訴。 共謀したとして逮捕された山根容疑者は処分保留とした。

次の