エネオス ティー カード。 「エネオス」でクレジットカードは支払い・決済方法に使える?使えない?

ENEOSで給油するならTカード必須!T会員値引価格で給油できる!5倍貯まる日も。

エネオス ティー カード

ガソリンでTポイント Tポイントライフ! エネオスカードとTカードクレジットを比較!ヤフーカードで給油がおすすめ! ガソリンスタンドのENEOS(エネオス)で給油するとき,「Tポイントを貯める」のと「ENEOSカードで値引きを受ける」のでは,どちらがおすすめなのでしょうか? ENEOS(エネオス)では,TカードでTポイントを貯めることができますが, Tカード一体型クレジットカードなら,さらにお得にTポイントが貯まります。 特に 「Yahoo! JAPAN カード(ヤフーカード)」は,年会費も無料で,Tポイント還元率がTカード一体型クレジットカードの中で最も高く,ENEOSの給油でのご利用におすすめです。 他方,ENEOSで給油額が値引きになるクレジットカード 「ENEOSカード」には,「S」「P」「C」の3種類があります。 給油量が多く,定期的に給油する方は,「ENEOSカードP」や「ENEOSカードC」がお得になる場合もあります。 ここでは,Yahoo! JAPAN カードとENEOSカード3種を数値シミュレーションで比較し,ENEOSの給油におすすめのクレジットカードを明らかにします。 クレジットカード使い分けの目安• Yahoo! JAPAN カードはENEOS給油でエネオスTカードの約3倍貯まる。 年会費無料。 普通の買い物でもTポイントが貯まる。 ENEOSカード3種(S・P・C)は「ENEOS給油専用」として使うのがおすすめ。 ENEOSカードS は,給油量が少ない人向け。 ENEOSでのお得さは Yahoo! JAPAN カード とほぼ互角。 年会費は条件付き無料。 ENEOSカードP・ENEOSカードCは,給油量が多い人向け。 年会費は有料。 ENEOSの給油はヤフーカードでTポイントを貯めるのがおすすめ ENEOSでは,様々なTカードでTポイントを貯めることができますが, Yahoo! JAPAN カード でクレジット払いをするのが,最もTポイントが貯まりやすく,おすすめです。 また,クレジットカードによるポイント付与や値引きがメリットになるためには,それらが年会費を十分に上回る必要があります。 ENEOSカード3種 S・P・C の年会費は,有料(P・C)もしくは条件付き無料(S)です。 これに対してYahoo! JAPAN カード は年会費が永年無料なので,給油量が少ないときでも安心して使い続けることができます。 エネオスカードは3種類(S,P,C) ENEOSカードは,基本的には「ENEOSでお得に給油をするためのクレジットカード」です。 ENEOSカードは,「ENEOSカードS」「ENEOSカードP」「ENEOSカードC」という3種類のクレジットカードがあります。 3種類のENEOSカードには「年会費の有無」や「ガソリン価格の割引方法」などに違いがあります。 ENEOSカードはENEOSでの値引きが魅力となるクレジットカードですが,給油量やクレジット支払い金額によって「どのクレジットカードがお得か」は変わります。 また,ENEOSカード3種 S・P・C の年会費は,有料(P・C)もしくは条件付き無料(S)なので,月間・年間の給油量に伴う値引きが,年会費を十分上回る必要があります。 エネオスカードS がおすすめのユーザーはこんな人 ENEOSで給油する際にENEOSカードSで支払うと,ガソリン・軽油が1Lあたり2円引き,灯油が1Lあたり1円引きとなります。 ENEOSカードSの年会費は,初年度無料で,年1回以上のカード利用があれば次年度の年会費も無料となります(1年間に1度もカード利用がない場合には,1,250円の年会費が掛かります)。 ENEOSでENEOSカードS を使うのがおすすめなのは,次のような方です。 ENEOSカードS がおすすめ• 給油は少なめ(月に1万円以下が目安)。 年に1度はENEOSカードSを使う。 ディーゼル車ユーザーで軽油を使う。 ガソリン車ユーザーだがレギュラーのみでハイオクは使わない。 給油専用クレジットカードとしてENEOSカードを使いたい。 【詳細】ヤフーカードとエネオスカードSの比較 Yahoo! 両者とも,クレジット払いでENEOSの給油のみをおこない,キャンペーン等のない通常のTポイント付与・割引での比較とします。 Yahoo! JAPAN カードの年会費は無料です。 また,ENEOSカードSの年会費は,年1回以上のクレジット払いで無料となるので,こちらも年会費は0として計算しました。 当サイトのシミュレーションでは,おおむね,1Lあたり140円を境に,140円より安ければ ENEOSカードS がお得になり,140円より高ければ Yahoo! JAPAN カード がお得になるという結果になりました。 燃油価格によって,Yahoo! JAPAN カードと ENEOSカードS のお得さが変わることがわかります。 2019年3月現在の相場観では,リッターあたりの単価が安い軽油ではENEOSカードS がお得になり,リッターあたりの単価が高いハイオクではYahoo! JAPAN カード がお得になり,レギュラーガソリンではYahoo! JAPAN カードと ENEOSカードS のどちらでもそう変わらない,という感覚になります。 給油量を30Lの定量としてYahoo! JAPAN カードと ENEOSカードS を比較すると,上図のようになります。 ENEOSカードS は1Lあたり2円引きとなるので,30Lの定量給油なら,値引き額は60円一定となります。 他方,ガソリン価格が上がると,Yahoo! JAPAN カードのポイント付与量が増えることになります。 次に,給油額を3,000円の定額としてYahoo! JAPAN カードと ENEOSカードS を比較すると,上図のようになります。 今度は給油額一定なので,税込100円につき1Tポイントのクレジット還元および税抜200円につき1TポイントのTポイント付与の合算分を獲得できる Yahoo! JAPAN カードが,獲得できるTポイントも一定となります。 他方,ガソリン価格が上がると,定額で給油できる量が下がるので,ENEOSカードS の割引額が下がることになります。 エネオスカードP がおすすめのユーザーはこんな人 ENEOSカードPは,ENEOSカードポイント(Tポイントではありません)が貯まるクレジットカードです。 ENEOSカードPでは,ENEOSでのお支払い1,000円ごとにENEOSカードポイント30ポイントが貯まります(ENEOS以外でのお支払いでは,1,000円ごとにENEOSカードポイント6ポイントが貯まります)。 ENEOSカードポイントは,1,000ポイントごとに,1,000ポイント=1,000円換算で,ENEOSカード利用代金との相殺ができます。 また,1,000ポイントごとに,1,000 ENEOSポイント=700 Tポイント換算で,ENEOSカードポイントをTポイントに交換することができます。 ENEOSカードポイントは2年間有効です。 有効期間が終了次第,1カ月単位で失効となります。 ENEOSでENEOSカードP を使うのがおすすめなのは,次のような方です。 ENEOSカードP がおすすめ• 給油は多め(月に1万円以上が目安)。 給油は必ずENEOSを使う。 給油専用クレジットカードとしてENEOSカードを使いたい。 【詳細】ヤフーカードとエネオスカードPの比較 Yahoo! JAPAN カード と ENEOSカードP を,クレジット支払金額に対する還元率によって比較します。 エネオスカードC がおすすめのユーザーはこんな人 ENEOSカードCは,1か月間のカード利用金額に応じて,ENEOSでの給油(ガソリン・軽油)支払額が1Lあたり1円~7円の割引になるクレジットカードです。 ENEOSでENEOSカードC を使うのがおすすめなのは,次のような方です。

次の

エネオスカードとTカードクレジットを比較!ヤフーカードで給油がおすすめ!

エネオス ティー カード

「ENEOS Tカード」の場合、以下の2通りの方法で決済すればTポイントが200円(値引後・税抜)につき、1ポイント付与されます。 「ENEOS Tカード」を提示し「現金」または「QUOカード(ENEOSプリカ)」で決済する。 「ENEOS Tカード」を提示し「一般提携カード」で決済する。 但し、自動販売機、タバコ、金券類、車検時の法定費用、セルフ洗車機、免税軽油、配達灯油、車体購入、レンタカー、法人利用に伴う個人カードへのポイント付与、転売目的(ガソリン・軽油・灯油のローリー買い、オイルのドラム缶買い等、卸商品も含む)の場合は対象外となります。 なお、ENEOS以外で利用される場合は、Tポイント提携企業のTポイント運用ルールに準じますので、各企業にご確認ください。 または、「利用可能カード」-「クレジットカード・Tカード(現金)併用取扱」にチェックを入れて、ご希望の地域で検索してください。 ENEOSのサービスステーションでTポイントが貯まります。 Tカード(クレジット機能なし(ENEOS Tカードを含む))は全国約11,500店舗で、また、Tカード(クレジット機能付き)はほぼ全ての店舗でご利用いただけます。 また、Tカードと他社のクレジットカードを併用する場合は、全国約11,400店舗でご利用いただけます。 <ただし、ENEOSの弊社が提携して発行するカード、ならびに特別提携カードを除きます。 対象外のカードは>• 【Tカード(クレジット機能なし(ENEOS Tカードを含む))】 200円(消費税抜き)毎に1ポイント貯まります!他社のクレジットカード(対象外のカードは)でのお支払いも可能です。 現金またはQUOカードでお支払いの場合、• クレジットカードでお支払いの場合、 【Tカード(クレジット機能付き)】 200円(消費税抜き)毎に1ポイント貯まります! 現金でのお支払いも可能、他社のクレジットカード(対象外のカードは)でのお支払いも可能です。 さらに、Tカード(クレジット機能付)でお支払いいただくと、毎月のカード利用金額ご請求時に、ご利用金額200円(消費税込み)毎に1ポイント加算されます。

次の

エネオスカード(ENEOSカード)の審査難易度は?見送りの原因と対策!給油以外も得するクレジットカードも|クレジットカード審査

エネオス ティー カード

相性の良い電子マネー EneKey 独自のポストペイタイプの電子マネー機能がついたキーホルダー、EneKeyが発行されている。 おすすめクレジットカード 、などの特別提携カード エネオスを中心に考えるなら(ガソリン代を結構使う方は)エネオスカードを作るのはオススメ。 楽天カードは特別提携カードなのでポイント1. ブランドプリペイド 使えない 基本的に使えない。 NFC決済 タッチ決済 使えない QRコード決済 使えない デビットカード 各店舗ごとに違う ポイントカード Tポイントカード エネオスカードや特別提携カードとの併用は不可。 ガソリン、灯油、経由が対象。 現金いらず得点 4. 9点(5点満点中) 現金いらずで支払いが出来て、独自のクレカも発行しており、Tポイントも貯まる、と嬉しい事だらけ。 ガソリンが高騰している今だからこそ徹底的に活用していきたいところ。 公式HP 概要• ENEOSで使える電子マネー ENEOS(エネオス)では基本的に電子マネーのnanaco、楽天Edy、SuicaやPASMOなどの各種交通系電子マネー、iD、QUICPayが使えます。 独自の決済ツールであるEneKeyも利用可能です(下記詳細)。 2018年9月以前からENEOSだった店舗は以前はプリペイドタイプの電子マネーは使えませんでしたが、2019年7月からエッソ・モービル・ゼネラルと統合したことでプリペイドタイプの電子マネーも利用可能になっています(以前からエッソなどからの転換店では使えましたが)。 au PAY プリペイドカード、LINE Payカード、ソフトバンクカードなどのブランドプリペイドカードは使えると思われがちですが、現在のところエネオスでは「使えない」のでご注意ください。 ENEOSで使えるクレジットカード ENEOSではセルフタイプでもフルサービスステーションでもVISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersといった各種クレジットカードが使えます。 ENEOSの発行しているクレジットカード 独自のクレジットカードであるENEOSカードも発行されています。 タイプは3種類で、ガソリンで値引きされるタイプ、ポイントで還元されるタイプ、年会費が年に1回の利用で無料になるタイプがあります。 例えばCカードでは月々の使用額によってガソリンの割引率が変わってきます。 最大でリッターあたり7円の割引になります。 付帯カード(もしくは一体型)としてQUICPayを付けることも出来ます。 ENEOSとの特別提携カード ENEOSは、その他のカードと提携したキャンペーンも多く行っています。 ポイント1. 5倍・・・楽天カード、dカード、TS CUBIC CARD、セブンカード、レクサスカード• ポイント2倍・・・ビューカード• マイル2倍・・・JALカード(ショッピングマイルプレミアム加入なら100円で2マイル、未加入なら200円で2マイル)• 100円で1マイル追加・・・ANAカード(100円で1マイル積算。 エネオスはApple Pay、Google PayでのiD、QUICPayもANAカードマイルプラス対象となる(ANAアメリカン・エキスプレス・カードのQUICPayは対象外)) これらのエネオスカード、特別提携カードは独自の特典がついている分、Tポイントカードと併用はできませんのでご注意ください。 お得な提携クレジットカードがたくさん用意されているのでご自身に合ったカードを選んで使うのがポイントです。 ENEOSセルフで使える独自の決済ツール、EneKey ENEOSでは2019年7月から決済もできるキーホルダーのEneKeyが発行されています。 クレジットカード情報を登録して、そのクレジットカードから支払う形です(QUICPayやiDと同じようなポストペイタイプの電子マネー)。 1回あたり15,000円未満、1日4回の利用が上限です。 登録出来るカードはENEOSカード、もしくは特別提携カードのJALカード、ANAカード、楽天カードなどだけではなく、VISA、Mastercard、JCB、American Express、Dinersの各種クレジットカード(一般提携カード)が登録可能です。 一般提携カードを登録の場合、 Tカード会員番号を登録することができて、タッチして決済をすれば、同時にTポイントも付与されるので楽です。 ただし、上記の エネオスカードや特別提携カードはTカードと紐付けることはできない(ポイントがお得な分、Tポイントは別途貯まらない)のでご注意ください。 以前、エッソ・モービル・ゼネラルで提供されていたキーホルダータイプの電子マネー、スピードパスの機能を引き継ぎながら、Tポイント機能が追加された形になります。 現在のところ、EneKeyにはスピードパスのようにQUICPayやnanaco機能が付帯したものは確認されていないのは残念です。 また、かつてのスピードパス(QUICPayやnanaco機能がついていないもの)はエネオスでは利用不可なので、EneKeyに移行しましょう。 ENEOSで使えるQRコード決済 ENEOSではPayPayやLINE Pay、楽天ペイなどのQRコード決済は導入されていません。 ENEOSで使える商品券・ギフトカード ENEOSではエネオスプリカという独自のプリペイドカードが発行されています。 その他、一部店舗ではクオカードも使えます。 使えないお店もありますので、お使いのENEOSをで調べてみてください。 クレジットカード会社が発行するJCBギフトカード、VISAのVJAギフトカードなどの各種ギフトカードは使えません。 ENEOSで貯まるポイント エネオスはTポイントと提携しており、 Tポイントが200円に付き1ポイント貯まります。 貯まったTポイントは1ポイント1円で使えます。 ただし全ての店舗で使えるわけではないので上記の公式サイトからお使いのSSを検索して調べてみてください。 Tポイントが貯まるサービスステーションでも、 ENEOSカード、シナジーカード、及び、楽天カード、JALカード、ANAカードなどの特別提携カードと、Tポイントカード(もしくはTポイント機能付きクレジットカード)を併用することは出来ませんのでご注意ください(ポイントが2重取りになるのを防止するため)。 エネオスカードでガソリンの値引きや特別提携カードでJALマイルやANAマイル、楽天スーパーポイントなどを貯めるなどの恩恵を得るか(1)、もしくは、 普段使っているクレジットカードのポイント+Tポイントを貯めるか(2)、の2択となるでしょう。 特に車通勤をされているような方は毎月かかる安くはない固定費なので、ポイントが貯まるようなお得なクレジットカード払いで支払って、出来る限り出費は抑えていきましょう。 現金払いとは雲泥の差が生まれます。 電子マネーもエッソなどと統合することで楽天EdyやSuicaなどのプリペイドタイプのものも対応してくれてスキがなくなりました。

次の