さげ ちん。 恋愛における「さげメン」と「あげちん」の違いはこれだ!あなたの彼はどっち?

【解明】あげちんとはどんな意味?さげちんの逆!あげちん男性の特徴と手相

さげ ちん

さげちんの男性の特徴・意味 それではさげちんの特徴について詳しくみていきましょう。 これから紹介するさげちんの特徴がどれくらい当てはまるのか見てみてください。 人間なので多少当てはまる部分はあるかもしれませんが当てはまった数が10を超えていた場合はさげちん確定です。 さげちんの男性の特徴・意味1:努力していない・歯を食いしばる事ができない さげちんの男性は努力しません。 努力しないのはさげちんの大きな特徴と言っても良いでしょう。 あげちんは自分の人生をよくしたい、もっともっと上を見ていきたいという思いがとても強く自分の人生を主体性を持って生きていきます。 一方のさげちん。 自分の人生に対する主体性は全くありません。 努力する事の素晴らしさ、美しさを理解していません。 考えている事といったら「いかに楽をしようか」といった怠惰なものばかり。 努力しないので自分の人生を向上させる事ができません。 さげちんには人生に対する哲学がなく忍耐という言葉を知りません。 成功する、結果を残すためには人と違った事をする必要がありそのためには人ができない忍耐が必要になりますがさげちんは忍耐が何を生み出すかも皆目見当もつかないので我慢しません。 ちょっとお話をしてこの人努力していないな、忍耐力がないなと感じるのであればさげちんの可能性があるので頭の中においていて損する事はないでしょう。 さげちんの男性の意味・特徴2:ヤレる女性はいないかばかり考えている さげちんの男性はヤレる女性はいないかどうかばかり考えています。 さげちんの頭の中は「やれる女いないかな?」といった自分の性欲を満たす事ばかり考えています。 そのためさげちんは出会い系アプリに群がります。 出会い系アプリを使っている女性で「なんでこんなヤル事しか考えていない男しか出会わないんだろう?」と思っている女性はいませんか?それは当然の事で出会い系アプリはある種ヤリる事ばかり考えている男を集めた装置なのです。 ただ多くの女性と遊んでいるかどうかを見分けるのはなかなか難しい事だと思います。 それを見分けるためには過去の女性とどのような恋愛をしていたか聞いてみる必要があります。 会話の中に少しでも愛が見えたのであればあげちんの可能性があります。 愛の記憶はそう簡単に消えるものではないのです。 忘れていたとしても何かのきっかけでフッと思い出すものでしょう。 さげちんの男性には愛という概念がないので会話の中に愛が垣間見えません。 愛がないので思いやりもないのです。 愛を垣間見る事で嫌な気持ちになってしまうかもしれませんが男性を見極める上で大事な事なので覚えておいて損はないでしょう。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味3:交遊関係が広すぎる さげちんの男性の特徴に交友関係が広すぎる、派手というのがあります。 美人、美女と多く交友関係を築いている男性は「この人はモテるんだな」と魅力的に映るでしょう。 たださげちんは見栄を張りたがります。 自分の交友関係は自分のアクセサリーだと思っています。 よく人生において人脈が大事と言います。 「人脈があれば成功する、チャンスが広がる」こんなフレーズを先輩から聞かされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?確かに人脈は必要でしょう。 人と人との出会いが生み出すパワーにはすさまじいものがあります。 ただその人脈は自分で作っていくものなのでしょうか?人脈とは作るものではなくできるものです。 自分を磨き実力をつけていけば自然に結果が出てどんどん出会う人物のレベルが上がってきます。 努力しないで人脈を作ろうとしても同じレベルかそれ以下の集まりになってしまいます。 実際レベルの高い人は寄ってくる人が多すぎて、相手をかなり注意深く見極めています。 努力していない人は排除していくでしょう。 よく有名人の子供で人脈が豊富な人がいますが大体大した事はしていないのではないでしょうか?その人は財布として認識されていることが多いです。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味4:めちゃめちゃネガティブ さげちんの男性のはめちゃめちゃネガティブです。 前向きという意識がありません。 さげちんの心の中には「それは無理」「そんな事をやったところで仕方がない」と後ろ向きの言葉ばかりが浮かんできています。 そのためさげちんと一緒にいても物事が発展しません。 発展するどころかそのままの状態は後退を意味します。 さげちんは過去、特に若い頃にいじめや裏切りなどの辛い経験をした方が多いです。 辛い経験を乗り越える事が出来なかったために自尊心がものすごく低いのです。 仮に若い頃にいじめなどの経験があったとしても大人になって悩んでいるのであればそれは自分の責任です。 そのままの精神状態では負け犬です。 何とかして自分を変えていこうとする事でさげちんは脱却できます。 さげちんの男性の特徴・意味5:嫉妬するからといってさげちんとは限らない よくさげちんは嫉妬すると言われていますが嫉妬するからといってその人がさげちんとは限りません。 嫉妬にも色々と種類がありますが男の嫉妬は女性よりも激しいと言われています。 嫉妬がなければ一流にはなれません。 漫画の神様と言われた手塚治虫氏は嫉妬心が非常に強く新人の才能のある漫画家が現れた際には常に嫉妬の裏返しともとれる発言をしていていたそうです。 実際偉大な業績を残した人程表には出さなかったかもしれませんが嫉妬心がかなり強かったと言われています。 これは良い嫉妬と言えるでしょう。 恋愛の嫉妬とは別物に感じられるかもしれませんが男性は都合よく感情を分けるのは難しい生き物です。 ただ悪い嫉妬をするのがさげちんです。 さげちんは自分に自信がありません。 自信がある必要はないかもしれませんが、更に向上心がないです。 妄想が多くネガティブなので悪い想像ばかりしてしまって女性を疲れさせてしまいます。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味6:束縛はかなり激しい さげちんの男性のは束縛がかなり激しいです。 まず努力していないので自分に対する誇りがありません。 努力しているあげちんは女性との関係がうまくいかなかったとしても自分自身を信じているために過度に不安になる事はありません。 たださげちんは自分の人生の全てが女性になっているために女性の一挙手一投足に対して不安を感じてしまいます。 不安症気味なのでかなり束縛が激しく頻繁に連絡をとろうとします。 さげちんの男性の特徴・意味7:食が細い さげちんの男性は食が細いのが特徴です。 食べる事ができるのに食べようとしない方もいますがさげちんは胃袋が小さい特徴があります。 食べるというのは人間活動の根源となるものです。 胃袋が小さいというのは体にパワーが足りないという事です。 そのため何かにトライしても力を発できない傾向にあります。 さげちんの男性の特徴・意味8:口がうまい さげちんの男性の特徴に口がうまいというのがあります。 さげちんは努力をしません。 努力をしないために「なぜしていないんだ?」と追求される経験を繰り返してきました。 その中で「どうしたら言い逃れできるか」について考え始めてどんどん言い訳がうまくなってきます。 言い訳がうまくなると口がどんどん上手になってきます。 さげちんは口がうまいので甘いセリフを並べて女性をその気にさせるのが上手です。 もちろんあげちんの中にも口が上手な人はいます。 ただ努力していない人で口が上手な男性である場合にはさげちんの可能性が高いでしょう。 さげちんの男性の特徴・意味9:無駄なプライドを持っている さげちんの男性の特徴に無駄なプライドを持っているというのがあります。 さげちんは何も実績を残した経験がないにも関わらず非常にプライドが高いです。 「自分は偉い」「自分はすごい人間だ」と本気で思っています。 それは自信のなさの裏返しで弱い自分を保つために「自分は偉いんだ」という考えでいるのかもしれません。 たださげちんは過去何の結果も出していないので周囲から見れば無駄と映ってしまいます。 さげちんの無駄としか言いようがないプライドは周囲の人を不愉快な気持ちにさせます。 だからこそさげ(下げ)ちんなのでしょう。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味10:レベルの低い自慢話が多い さげちんの男性はレベルの低い自慢話が多いです。 世の中自慢が多い男性もいるかもしれません。 分かってほしいというのは男の本望でしょう。 たださげちんは正直その自慢の内容は非常にレベルの低く「なんでこんな自慢をするんだろうな」と思うような事ばかりです。 そこには努力して何かを乗り越えたというものを感じさせないものばかりです。 レベルの低い自慢話をし始めたらさげちんである可能性が非常に高いので注意する必要があります。 さげちんの男性の特徴・意味11:他力本願 さげちんの男性は他力本願です。 自分で自分の人生を生きていくという気持ちが非常に薄く責任感がありません。 考えている事はいかに自分が楽をするか、手を動かさないでおくか、自分が楽をするためにどのように人を動かしていくかといった事ばかりになります。 他力本願な人は周囲の人からすぐに見抜かれてしまいます。 一緒に仕事をするのが嫌だと思われてしまうケースも多くなってくるでしょう。 さげちんは他力本願なので何事においても責任感がありませんし、責任を回避しようとします。 そのため立ち回りがうまい傾向にあるのが特徴です。 さげちんの男性の特徴・意味12:仕事に信念がなく転職が多い さげちんは自分の仕事に対して信念がありません。 仕事を通してどうしていきたいといったき持ちが絶望的に欠けていて、考えている事はどうしたら楽にお金を稼ぐ事ができるかというダメな考えです。 お金を稼げれば良いと思っているので別に稼げる仕事であれば何でも良いといった考えで犯罪やそれに近いものに手を染めている男性もいるでしょう。 さげちんはお金で仕事をしようと思っていますがやはり賃金の高い仕事はそれなりにきつい仕事が多いので仕事に対して信念がないさげちんはすぐに仕事を辞めます。 そんな事ばかりを繰り返すので自分の技量が身につかず自分のキャリアもダメなものになっていきます。 そんな時もさげちんは「なんで分かってくれないんだ」と不安を漏らしていくでしょう。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味13:後輩からの人望が全くない さげちんの男性は後輩からの人望が全くありません。 後輩は人間的に尊敬できる先輩を慕っていきます。 しかしさげちんには他力本願で努力をせずその癖無駄にプライドは高いので後輩から見たらめんどくさい人物だと思われています。 さげちんは下の人間に対してはとても強いので色々と指示を出したり説教を垂れたりしますが、それも後輩から見るとイライラしてしまう要素になってしまいます。 段々と嫌われていってそれが周囲に伝染して「あの人がいるときは喋らないでおこう」と職場の雰囲気が悪くなっていきます。 職場の雰囲気を悪くしていくのがさげちんなのです。 さげちんの男性の特徴・意味14:「そうだね」と肯定できない さげちんの男性の特徴に人の意見に対して「そうだね」と肯定できないというのがあります。 さげちんはどこまでいっても自分の意見が正しいと思っています。 そして不思議なことに他人の意見は間違っていると考えている節もあります。 自分の意見が正しく他人の意見は間違えだと考えているために他人の意見を受け入れる事ができません。 自分の方が正しい、上だというのを誇示したいのか「そうだね」と言えないので一言多くなってきます。 言われた方からしたら相当イライラしてしまうでしょう。 さげちんはそうやって人望を失っていくのです。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味15:息を吸うように嘘を吐く さげちんの男性は息を吸うように嘘を吐きます。 嘘をつくことが常態化しているのです。 さげちんの頭の中はどうしたら自分が得ができるかどうかについてしか考えていません。 相手の事を考えるのは自分が得をするための我慢です。 そのため自分が得になるような嘘を日常的につく癖があります。 さげちんは日常的に嘘をついているためにちょっと話を突っ込まると整合性がない事が多い傾向にあります。 さげちんの男性の特徴・意味16:女性を守るという意識がない さげちんの男性の大きな特徴に女性を守るという意識が極めて薄いというのが挙げられてきます。 さげちんにとって女性はステータスの一部です。 レベルの高い女性とお付き合いをする事によって自分の周囲からの評価をあげようとしていきます。 そのような思考は自分中心の思考と言わざるを得ないためにさげちんには女性は男が守るものといった意識が絶望的に欠落しています。 そのためさげちんと付き合っていても守られているという意識が起こりません。 またさげちんは自分が中心となっているために女性にはあれこれしてほしいタイプのマザコン気質なところがあります。 そしていざとなったら逃げだしていく男気のなさも特徴です。 さげちんの男性の特徴・意味17:恋人に対するライバル意識が強い さげちんの男性は恋人の女性に対するライバル意識がとても強いです。 さげちんの男性は恋人の女性は常に自分よりも下の立場にいてほしい、自分よりも劣った存在でいてほしいと思っています。 もちろん男性にはプライドがあるので自分より格上だと思われる女性とお付き合いをしたい男性は少ないかもしれませんが、さげちんの男性は常に自分が上でいたいので女性の成長を喜べません。 女性の成長を喜ぶ事ができないので何か相談をされても「やめといたら」といった感じで後ろ向きなものが多くなってきます。 恋人の幸せを喜ぶ事ができないのはさげちん以外の何物でもありません。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味18:日サロ大好き さげちんの男性の特徴に日焼けサロンが大好きというのが挙げられてきます。 街を歩いているとたまに不自然な日焼けをしてサングラスをかけた男性がいらっしゃると思います。 色黒だと男っぽく見えるのでそのような男性に惹かれていく女性もいると思いますが、はっきり言ってそのような男性は自分をどうよく見せるかといった自分中心の考え方をしている方が多いです。 また本当は自分に自信がなくそれを隠すために虚勢を張って色を黒くしているという面があります。 実際会社の経営者でも会社の業績が落ちてくるとそれを悟られないように虚勢を張るために日焼けサロンに通う方もいらっしゃって結果潰すという事に繋がってきます。 確かに好みとして日焼けサロンが好きな男性もいらっしゃるとは思いますが基本的には内面にすごく弱いものを抱えているからそれを隠すために日焼けまでして外見を変えていく傾向にあります。 さげちんの男性の特徴・意味19:自分を見せつけるために筋トレ さげちんの男性は自分を見せつけるために筋トレをする傾向にあります。 筋トレは自分の体を負荷をかけて痛みつける事によって自分の筋肉を大きくしていく作業です。 筋肉がつくとストレス耐性に強くなって心が鍛えられていきます。 たださげちんは自分を見せつけるために筋トレをしているようなところがあります。 そのためさげちんの男性は筋トレで一番きついスクワット系のトレーニングをしません。 スクワット系のトレーニングはかなりきつくこれこそ自分の体と心を鍛えるために最適ですがさげちんには心を鍛えるという意識がなく見えない部分は鍛えなくていいやと思っているために脚が細く体のバランスが悪いという特徴があります。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味20:ブランド物が大好き さげちんの男性はブランド物が大好きです。 さげちんの男性はかっこつけたがります。 自分の内面に対して誇り、自信がないためにブランド物を身に着けて自分を誤魔化していきます。 ブランド物ばかり身に着けている男性がいたら注意しましょう。 さげちんの男性の特徴・意味21:ギャンブル好き さげちんの男性はギャンブルが好きです。 はっきりいってギャンブルは恐ろしいものです。 ギャンブルをすると一度は負けます。 そしてその負けを取り戻そうとして「もう一度」「もう一度」という状態が続いていってギャンブルが止められなくなってしまいます。 ギャンブルはお金を使うために依存症、借金癖になってしまいます。 お金の使い方が下手なのでギャンブル好きの男性と結婚をするとかなりの確率でお金で苦労するようになるでしょう。 お金で苦労すると女性は風俗で働く可能性が高くなり人生における明らかな負の連鎖に陥ってしまいます。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味22:タバコを吸うからといってさげちんという訳ではない よくさげちんはタバコを吸うと言われていますがタバコを吸うからといってさげちんという訳ではないです。 実際というデータがあります。 10人中8人がタバコを吸っていた計算となりますが日本の経済的な黄金期は昭和でしょう。 戦後からの奇跡的な経済成長とジャパンアズナンバーワンと言われた時代はまぎれもなく日本人の男性がしっかり働いたからこそもたらされたのです。 そのためタバコを吸うからといってさげちんでという訳ではありません。 さげちんの男性の特徴・意味23:働かない 働かないというのは究極のさげちんの特徴でしょう。 実際ニートが続出している世の中では働かない男性は多いです。 結婚してから働かなくなったというのはどんな理由があるにせよ最高のさげちんといっても過言ではありません。 大体働かなくなった男性と結婚して子供がいる女性は離婚してシングルマザーとなり風俗産業で働く女性が多いです。 そのような状況を作ってしまった男性がさげちんなのは間違いありません。 さげちんの男性の特徴・意味24:靴を磨かない さげちんの男性は靴を磨きません。 ブランド物で自分の身を固める事には熱心ですが自分の足元には意識が向いていない方が多く靴が汚いです。 細かい点に気が付かないために仕事もできない男性が多く女性に対する配慮も行き届きません。 スポンサーリンク さげちんの男性の特徴・意味25:よくクレジットカードを使っている 筆者がコンビニでアルバイトをしていた時に発見した事にお金を持っていなさそうな男性程クレジットカードを使いたがるというのがあります。 クレジットカードは便利ではあります。 高額な値段の物を購入する場合にはかなり便利でしょう。 ただコンビニのような安価な物を購入する場合にクレジットカードを使用している人は現金がないためにカードを使用しているケースが多い人はお金がありません。 お金がないのはさげちんの特徴のひとつと言ってよいです。 なぜあなたはさげちんと付き合ってしまうのか? ここまでさげちんの特徴について解説してきましたがそれではなぜ良いところがないさげちんとあなたは付き合ってしまって悪い方向に人生を進めていってしまうでしょうか? さげちんの男性と付き合っている理由1:人間は同じレベルの相手と付き合う さげちんの男性とお付き合いをしている理由は結局のところあなたがさげちんと同じレベルの女性であるからです。 人間は結局のところ自分と同じレベルの人間と一緒にいようとします。 自分よりも低いレベルの男性と一緒にいても楽しくないですし、自分よりも高いレベルの男性と日常的に会ったりしていると自分のレベルの低さを実感したり、劣等感、居心地の悪さを感じると思います。 そのためさげちんの男性と一緒にいてしまうというのは女性にとってその男性が居心地が良い存在であるのを裏返ししています。 人間は自分を変えようと思ったら本当に変えようという思いを強く持たないと変える事はできません。 大半の人はそれほど強い思いを持っていないので、変える事はなかなか難しいでしょう。 変えられない者同士がくっつくのです。 たださげちんとお付き合いをすると必ず嫌な思いをします。 嫌な思いをすれば別れにまで発展していくのは当然です。 さげちんとお付き合いをしている女性は「なんで私はこんなバカな男ばっかり周りにいるんだろう」と嘆く傾向にありますがそれは自分のレベルが似たようなものだからです。 話が合って惹かれた過去があるのはそういう事なのです。 さげちんの男性と付き合っている理由2:楽をして生きている さげちんの男性と付き合っているのは結局のところ女性が楽をして生きていきたいという気持ちがあるからです。 さげちんは楽が好きです。 我慢をしりません。 さげちんとお付き合いをしている女性も楽をしたいと思って生きています。 自分の心を磨こうと思って生きている女性はさげちんにはかなりの違和感を感じてしまいます。 さげちんに会って違和感を感じなかったというのは楽をしたい価値観が一致したのです。 実際バカな男性はバカな女性を見分ける嗅覚が優れています。 自分の事を相手してくれると思うのです。 だからさげちんが寄ってくるのです。 まとめ ここまでさげちんについて紹介してきましたがいかがだったでしょうか? 詰まるところさげちんは心の問題なのです。 先ほど挙げてきたさげちんの特徴の部分を解消していけばあげちんに変化する可能性があります。 そのためには甘えを排除する必要があります。 甘えがあるからこそ人間気が緩むのです。 甘えとなる部分を徹底的に排除していってあげちんになっていきましょう。 あげちんについて解説した記事を用意しておりますのでこちらも是非参考にしてみてくださいね。 最後までお付き合い頂き誠にありがとうございました。

次の

さげちん男の特徴とは?さげちんと思われない為に!

さげ ちん

皆さんこんにちは 一般社団法人 恋愛・結婚アカデミー協会 代表理事の井上敬一です。 今回のテーマは、 【「さげちん男性」は存在する 〜貴女の運気を下げる男の特徴〜】 というテーマでお伝えします。 「あげまん」 「さげまん」 ってよく言いますよね。 あと、 「あげちん」 「さげちん」 なんてことも言います。 これは実在するのです。 昔から、その人と関わるだけで運気が上がるとか、 その人と付き合うとは運気が下がって、別れた途端また運気が上がるとか。 私は、このような目に見えない部分を信用しています。 人間には、 『ミラーニューロン』 という神経細胞があります。 これはモノマネ細胞とも呼ばれています。 他人の行動を見ると、その行動と同じことをします。 赤ちゃんが、親の表情を真似するのは、 この細胞がはたらいています。 簡単に言うと、 『一緒にいる人と自分が似てくる』 ということなのです。 同じ言動をするので、 「運やツキも伝染する」 と言われている由縁がこのミラーニューロンです。 つまり、 『さげちん ツキのない人 といると、 自分の思考や行動が少なからず似てくる、影響される』 ということなのです。 今回は、そのさげちん男性の特徴をお伝えしたいと思います。 1つ目は、 【不平不満・愚痴が話題の中心である】 ということです。 当たり前ですが、 『人の不平不満や人の愚痴』 を言っている人には誰も寄ってきません。 寄ってくる人は、同じように不平不満、愚痴があって 人生うまくいってないっていうことです。 同じように、さげちんが寄ってきて、 さらにさげちんになっちゃっているということなのです。 【自分よりすごい人に嫉妬心とか妬みがある人】 そういう人に憧れて自分を引き上げようということよりも、 人を引き下げて安心しようっていう人ばっかりです。 2つ目が 【過去の栄光の話しかしない】 という人です。 出てくる話が 「昔は凄かった」 「過去はこんな実績があった」 という話ばかりっていうことです。 これは、 ・今は何も挑戦していない ・向上心も薄く、自分磨きもしていない ということなのです。 人間は、現状維持することは後退です。 挑戦しなかったり向上しようとしなかったりする時点で、 もう既に後退していっているっていうことなのです。 ここ最近の実績やこれからの未来の話が少ない人というのは、 どんどんさげちんになっているという証拠です。 3つ目は、 【自分のことが嫌いって言う人】 です。 「俺なんて・・・」 「自分なんて・・・」 と常に自分をさげすんでいます。 こういう人には絶対に近づかない方がいいです。 今までに幸せになる人の特徴をいろいろ見てきましたが、 幸せになる人は、 『自分のことが好き・自己愛がある』 人です。 あなたはどうですか? 自分が大好きな人っていらっしゃいますよね? 自分が大好きな人が幸せになったら嬉しいし、素直に喜びますね? でも嫌いな人もいらっしゃいますよね? もし、嫌いな人がすごく幸運に恵まれて幸せになっていたら、 「不幸になれ!」 と思いませんか?嫌になりませんか? これは人間の心理なのです。 『好きな人には幸せになってほしい』 『嫌いな人には幸せになっていたらムカつく』 これは、自分自身の中にも同じことが言えるのです。 例えば、 自分が好きな人は 「自分を幸せにしよう」 と思います。 つまり自分自身が幸せになりそうになったら、 自分自身を引き下げようとします。 「いや、こんなに幸せになったらいかん」 と思い自分を不幸せにする思考と 行動を繰り返していっているのです。 自分のことが嫌いな人は、 さげちんの可能性が多いということなのです。 『自信のない人の特徴』 自分の不幸や不運の話を周りにいっぱいして、 同情を買おうという人も結構いらっしゃいます。 そういった会話を見ていくと、 さげちんの特徴があるかと思います。 この3番目は、自分のことが嫌いであったり、 自信がなかったりする人はさげちんの可能性が多いのです。 という事でお伝えさせていただきました。 本日の、オトコのココロ研究所のテーマは、 【「さげちん男性」は存在する 〜貴女の運気を下げる男の特徴〜】 というテーマでお話させて頂きました。 オトコのココロ研究所では、これからも、 皆さんの恋愛と婚活を応援しております。 井上敬一でした。 ありがとうございました。

次の

「さげちん」と「あげちん」の違いって?

さげ ちん

現在6,936名の方にご登録いただいています! 【出会いのタイミング】さげメンは女性が調子が悪いときに現れる。 アゲメンは女性が調子がいいときに現れる。 アゲメン男性は、女性が調子がいいときに現れる。 以前の記事「」はあげまん女性の出会いのタイミングを書いたが、女性と男性の出会いタイミングは逆だ。 例えば多くの男性は調子がいいときに、恋愛をしたがる。 カッコいい自分を見てほしいからだ。 しかしそこで集まるのは「さげまん」ばかりになる。 本当に見る目がある女性は、下がったときほどチャンスだと思うからだ。 逆に多くの女性は調子が悪いときに恋愛をしたくなる。 王子さまに自分の人生を変えてもらいたいという願望があるからだ。 しかし、ほとんどの場合調子が悪いときにここぞとばかり相談にのったり優しくしたりする男性は「さげメン」だ。 そこには多くの「自分のため」の下心が多い。 アゲメン男性は、あなたが調子がいいときに現れる。 そして 調子がいいあなたをもっと伸ばしたいという願望を持っているのだ。 ちなみに調子がいいというのは、仕事が忙しいということではない。 人生に充実しているときだ。 【女性へのサポート】さげメンは女性の成長にライバル意識を持つ、アゲメンは女性の成長にニコニコ微笑んで癒してくれる。 さげメン男性は、自分よりも仕事ができない女性に恋をする。 それゆえに付き合ったり、結婚したりして女性がどんどん出世していったり、社会で活躍しだすととたんにライバル意識を持ってしまう。 ライバル意識を持たれたと感じた女性は、負けることでしか一緒にいられなくなってしまう。 それではあなたの本来の力が発揮されることはほとんどなくなるだろう。 あげメン男性は、そこに対するプライドがない。 あなたが仕事でどんどん求められていって、社会で活躍するたびに「すごいね~」ってニコニコ微笑んでくれるだろう。 ただでさえ社会で戦っている女性が、家でも戦わされたらたまったもんじゃない。 たたかっているあなたを、リラックスさせてくれるのは家で癒してくれるアゲメン男性なのだ。 【恋愛への取り組み】さげメンは必死、アゲメンは本気 さげメン男性は、恋愛において必死だ。 必死は自分でいっぱいいっぱいの状態。 本気は、「まだいける」と思って頑張れる状態だ。 さげメン男性は、とりあえず女性をゲットするような恋愛をする。 アゲメン男性は 恋愛に限らず出会う人は、一生付き合える人かどうかと言う基準で女性を選ぶ。 それが恋愛における本気度の違いだ。 その本気度の違いが女性を成長させてくれる。 【話の聞き方】さげメンは知識にしか興味がない、アゲメンは感覚にも興味がある 女性にとって話すこと、話を聞いてもらうことはなくてはならないものだ。 アゲメン男性は、その聞き方に違いがある。 さげメン男性は、話の知識や情報にしか興味がない。 だから、同じ話や興味がない情報の話をすると話をさえぎり「あ、それ見た」「行ったことあるよ」「それ知ってる」といった言葉でコミュニケーションを遮断してしまう。 しかし、アゲメン男性が興味があるのは話の中身だけではない。 あなたが話している感覚にこそ興味があるのだ。 さげメン男性は知識にしか興味がないから、知っているか知ってないかで勝負をしていることが多い。 だけど アゲメン男性は、「知ること」よりも「感じること」に多くの楽しみがあるんだ。 だからアゲメン男性は、同じミュージカルや遊園地に行ったとしても、「やっぱりあの役者が違うと、ショー自体の感覚も変わるね」「春と冬だったら、こんなにも感覚が違うんだね」と言った風な感想になる。 アゲメン男性は、同じ話、同じことを何度でもあなたと楽しむことができるんだ。 【一緒にいる時間】さげメンはまわりくどい、アゲメンは時間の密度が濃い アゲメン男性と過ごしていると時間の密度が濃いことに気づいてくる。 例えばアゲメン男性は、まわりくどくなく興味があることをストレートにあなたに聞いてくる。 いきなり「君は人生において何を大切にしてるの?」と言ったことを会ってすぐ聞いてくるのだ。 さげメン男性は、本当に興味があることに対してまわりくどく聞いてくる。 2時間あれば、本当に興味があることは最後の10分でしか聞かない。 興味があることだけストレートに聞いてくるアゲメン男性と付き合っていると、 女性はそのスピード感にどんどん感化されていく。 アゲメン男性とさげメン男性では、人との関わり合いの密度が何十倍も違う。 その密度が、女性をより優秀にさせるのだ。 【女性の選び方】さげメンは女性を見た目で選ぶ、アゲメンは品格で選ぶ さげメン男性は、若いか年を取ってるか、太っているか痩せているか、かわいいか美人かそういった見た目で選ぶ。 アゲメン男性は、品があるかないかどうかで女性を選ぶ。 知性や品格をパートナーが愛してくれていれば、あなたはどんどんそれを伸ばすことができる。 知性や品格がある女性は、仕事でも多くの場面で求められる。 そしてどんどん活躍することができるのだ。 【自分の弱さについて】さげメンは弱さを理論武装で隠す、アゲメンは弱点を認める強さがある さげメン男性は、メンタルがとても弱い。 自分の弱さを理論武装で隠したり、自分の気持ちを伝えることができない。 そういう男性は、女性を人形や黒子、添え物のように扱う。 それではどんどん女性から表情がなくなっていくことになる。 アゲメン男性は、メンタルがとても強い。 自分の弱点を認める強さと、自分の気持ちを表現できる柔軟性がある。 その強さは、女性を生き生きとさせる。 その生き生きさが、女性が社会で新鮮なエネルギーを周りに振りまくことができるんだ。 【甘え方】さげメンは子どもでしかない、アゲメンは子供心と母性を持っている 女性は、男性から甘えられるのが苦手だ。 自分が女性ではなく、母親のような存在になることを恐れるからだ。 さげメン男性の甘え方は、自分を癒すことしか考えない。 それでは、女性にむなしさだけが残っていく。 アゲメン男性の甘え方は、自分から甘えることで女性の甘えるスイッチをONにすることができる。 つまり「女性が甘えたい」ときに自分が甘えてあげることで、 お互いが甘えあえることができるんだ。 そういう甘え方をされた女性は、男性の甘えをとても愛おしく感じるようになる。 この感覚は多くの男性を癒すことができる。 男性は、社会的な立場が高ければ高いほど、甘えるということが難しくなってくる。 そんな男性に対して、たまには甘えてくださいと言える女性は多くの男性から求められることになるんだ。 【セックスへの誘い方】さげメンは優柔不断で冷たい、アゲメンは強引で優しい。 さげメン男性とのセックスはやめたほうがいい。 さげメン男性のセックスの誘いは、優柔不断だ。 優柔不断だけならまだかわいさもある。 しかしセックスが終わったあと途端に冷たくなる。 そんな男性とのセックスのあと、女性はいい仕事ができるだろうか。 自分との罪悪感で数日間闘っていかなければならない。 アゲメン男性のセックスの誘いは、強引だ。 女性にちゃんと言い訳をつくってあげられる。 それでいて、セックスが終わったあとも会話を楽しんだり、気配りをして優しくしてくれる。 そんなセックスをした後、 女性は充足感を長く感じることができ、仕事により打ち込むことができる。 なにより機嫌よく日常を過ごすことができ、 その機嫌の良さが周りの人をハッピーにすることができるんだ。 【セックスの感度】さげメンは趣味でしか興奮しない、アゲメンは相手の興奮度合によって興奮する さげメン男性は、自分の趣味・性向でしか興奮することができない。 だから最初こそ新鮮だが、慣れてくると道具や衣装・シチュエーションに頼らなくてはならなくなる。 アゲメン男性は、相手が興奮度合によって興奮する。 女性が感じれば感じるほど、興奮し、女性が満足すればするほど満足するわけだ。 アゲメン男性は、 女性とのフィーリングの度合いによってセックスの満足度が変わってくる。 これは、アゲメン男性が感覚を大事にしているからだ。 だからアゲメン男性は、同じ女性とのセックスを何度でも楽しめることができる。 「知っている」という世界は有限だが、「感じる」という世界は無限の感覚が広がっているからだ。 アゲメン男性のこれらの感性は女性を潜在的に安心させることができる。 「この人は飽きない」という安心感は、外で戦う女性にとって大きな潤滑油になる。 【恋愛の終り】さげメンは傷つくのが恐くて女性をふる、アゲメンは女性を成長させるためにふられてあげる 男性の器ってものは、別れるときに色濃く出てくる。 例えば、アップルのステーィブ・ジョブズがあなたに本気でアプローチしてきたとしよう。 数日でも付き合って、セックスをして、やっぱりお互いが違うとなって、最後にジョブズをあなたが振ったとする。 あなたのセルフイメージは格段にあがる。 逆に、最後があなたがジョブズをフるんじゃなくて、ジョブズにフラれたとしよう。 あなたは何も変わらない。 それどころか、もはや2度とお金持ちと付き合わないと思うし、自分を卑下するだろう。 それぐらい、 最後にあなたがフるかフラれるかで、あなたの成長というものは変わってくるのだ。 この男性をフるというエネルギーは女性の仕事の成功なんかよりも、女性の自信を高めてくれる。 さげメン男性は、女性に嫌われるのが恐くて自分からフってしまう。 女性の成長のせっかくのチャンスなのに。 女性を成長させられるアゲメンとは、 男性側からアプローチしてあげて関係を持ち、別れるときは、女性に決めさせることができる男性だ。 【関連リンク】 【女性への影響】さげメンは女性を「さげまん」にする。 アゲメンは女性は「あげまん」にする。 さげメン男性は、女性を「さげまん」にする。 さげまん女性の根本的な問題は、心のどこかで男性を恐れていたり、男性を憎んでいたりすることにある。 女性は男性にとって、とても影響力がある存在だ。 その影響力をマイナス方向に使えばさげまんになるし、プラス方向に使えばあげまんになる。 女性はアゲメン男性と出会うことで、成長する楽しみをその身を通して経験することができる。 その喜びはずっとその女性の中に残る。 自分が成長して感動したという経験が人生にあれば、その感動を他の人にも味わせたいと思うのが人間の本能だ。 アゲメン男性に成長させてもらった女性は、男性を成長させることができ、そこに喜びを感じる「あげまん女性」になるのだ。 男性はもっと感性を磨くことで、女性の素晴らしさを感じることができる アゲメン男性になるには、男性は感性を磨くことが何よりも大事だ。 芸術やアート、目に見えないものや感覚値というものをより多く吸収することだ。 そうすることによって、たくさんの感性が養われる。 その感性がパートナーを社会で活躍できるようにサポートしてくれるのだ。 「あげまん理論」5ステップ動画講座では、あなたにあったパートナーの見分け方がはっきりと分かるようになっている。 あなた自身、周りの男性をより豊かにする方法を動画で分かりやすく紹介している。 あなたがサポートすることで、あなたが伝えたいことはパートナーを通じて多くの人に伝えることができるだろう。 「parcy's」は、 国内No. 現在、あげまん理論メディアでは、年間480万人の女性が訪れています。 「parcy's」には年間300名以上の方が入学し「男性心理」「パートナーシップ」「自己肯定」について深く学んでいます。 「parcy's」は、パートナーシップで悩む女性、幸せだけどさらにパートナーと共に成長していきたい女性に向けたサービスです。 男女ペアの専属パーソナルコンサルタントが3ヶ月間のカウンセリングを実施。 カウンセリングの後はコミュニケーション・コーチングトレーニングを通じてパートナーシップで悩まないあなたになるトレーニングを行います。

次の