イオンカード 国際ブランド変更。 楽天カードの国際ブランド変更方法と注意点!作り直し時のトラブル回避方法

イオンカードはVISA、Mastercard、JCBどれを選ぶべき?おすすめ国際ブランドを紹介

イオンカード 国際ブランド変更

Contents• イオンカードをVISAからマスターに変更 VISAからマスターカードへの変更は電話一本 以前の記事でも書いてますが、 イオンカードの国際ブランドの変更は電話一本で行えます。 一度解約して作り直す必要もないですし、同じカードをブランド違いで2枚作る必要もありません。 イオンカードはその辺は融通が利きます。 但し、再びVISAに戻ることは出来ません。 各ブランドへの変更は一度だけ出来るので、VISAからマスターカード、更にマスターカードからJCBへと変更することが可能です。 しかし、VISAからマスターカードに変更した後にVISAに変更することは不可能ということです。 もちろん、カードの種類が変われば再びVISAを持つことは出来ます。 例えば、イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトは2枚持ちすることが出来ますからね。 イオンカードをVISAからマスターに変更したはずが! あり得ないミスに遭遇?! 私は確実にVISAからマスターカードへの変更手続きを行いました。 2日後くらいには、暮らしのマネーサイトの「電子マネーWAONポイント」のカード番号もきっちり新しい番号が増えていました。 10分ぐらい待ってようやく繋がりましたが、淡々と用件を聞いてくるだけでした。 忙しいのだとは思いますが、それを客に感じさせるのはダメですよね。 まあ、年会費無料のカードだし、しょうがないかと思っていましたが、唯一の用件を間違えるとは何事だって話しです。 ブランド変更してるのにVISAからVISAに変更しておかしいとは思わなかったのでしょうか( ̄ー ̄) 速攻で電話! またVISAブランドのイオンカードが送られてきて最後は笑ってしまいましたが、このまま放置しておくことも出来ません。 速攻でイオンカードのコールセンターに電話です。 コールセンターは9時から21時まで年中無休なので、その点は便利だと思います。 イオンカードのお問い合わせ先 コールセンターは0570から始まるナビダイヤル(有料)ですが、もう一つ普通の市外局番から始まる番号も予備で記載されています。 私はいつも市外局番から始まる番号に掛けています。 前回は繋がるまで10分くらいかかりましたが、今回は数秒ですぐに繋がりました。 そして、担当オペレーターさんは今回は女性で、話し方もかなり印象が良かったです。 スムーズにテキパキ用件をこなしつつ、客に対する接し方にも心がこもっているのが分かりました。 前回のオペレーターさんとはエライ違いです(笑) ・本人確認 ・新しいWAON番号の確認 名前や住所、電話番号、生年月日といった本人確認と、今回間違えて届いたイオンカードのWAON番号の確認をされました。 同じVISAなので、カード番号は全く変わっていませんでしたからね(笑) 1~2分ほどで前回の担当オペレーターのミスだったことが判明し、女性オペレーターから間違えたことに対しての謝罪がありました。 すぐにマスターカードブランドのカードを発送するとのことでした。 最後に「前回も説明があったと思いますが・・・」という前置きの後に、今回マスターカードにブランド変更するとVISAには戻れないという説明がありましたが、思い出してみれば、前回の男性オペレーターからこの説明は聞いておりません。 オペレーターにも当たり外れがありますね(笑) 今回のまとめ VISAからマスターカードへの変更 イオンカードの国際ブランドをVISAからマスターカードへ変更することは出来ますが、間違ってVISAからVISAになることもあります。 あとがき 今回ブランドを変更したイオンカードはWAON一体型ですが、私はイオンカードセレクトも持っているので、WAONはそちらを利用しています。 セレクトのWAONはオートチャージでポイントが貰える分お得になりますからね。 今回のイオンカードはWAONを全く利用していなかったので、WAON移行手続きなどの手間がかかりません。 もし、WAONを利用していたとしたら、WAON番号が2回変わっていますから、移行手続きも2回しなければいけなかったことになります。 そうならなかっただけラッキーということでしょうか(笑) ということで、イオンカードをVISAからマスターに変更のお話でした!.

次の

イオンカード ブランド変更の口コミ

イオンカード 国際ブランド変更

国際ブランドとは何か? 国際ブランドとは、世界中でクレジットカードが利用できるように、決済システムを提供している会社のことです。 イオンカードの発行や管理はイオンクレジットサービス株式会社が行い、決済部分を国際ブランドが担当しています。 国際ブランドを提供する会社には、VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Dinersなどがあります。 例えば、VISA、MasterCard、JCBのいずれかを選ぶと、イオンカードの右下に選んだ国際ブランドのロゴマークがつきます。 VISAのロゴがついたイオンカードを作った場合は、VISAのマークを提示した店舗や施設であれば、世界中24時間クレジットカードを使用することができます。 対して、VISAのカードを持っていても、MasterCard、JCB としか提携していない店舗ではクレジットカードを使うことができません。 店舗によって提携している国際ブランドは異なるので、 クレジットカードを使う前には、利用店舗が自分の持つ国際ブランドのカードと一致しているか確認する必要があります。 国際ブランドの確認方法 利用したい店舗がどの国際ブランドに加盟しているのか知るためには、店頭またはレジに張り付けてあるロゴマークを確認しましょう。 国際ブランドは、加盟店にロゴマークを正面入口などの見えやすいところに、表示することを推奨しています。 難しい場合は、外から見えやすい場所へアクセプタンス・マークを表示してください。 引用元:Mastercard公式サイト たとえば、右のようなロゴが店頭に提示されていれば、VISAのクレジットカードで支払いができることを示しています。 VISA、MasterCard、JCBの特徴 主な国際ブランドは5社ありますが、国際ブランドはそれぞれに異なる特徴があります。 そこで、VISA、MasterCard、JCBの特徴について詳しく解説します。 VISA VISAは世界シェア率1位の国際ブランドです。 2015年ザ・ニルソン・レポートの調査によると、VISAの世界シェア率は、56%となっています。 そのため、他の国内ブランドよりも世界中の多くの地域で利用することがでます。 たとえば、フィリピンやインドといった発展途上国では、MasterCardやJCBが使えない場所が存在します。 そのため、 海外旅行に頻繁に行く方であれば、イオンカードを発行する際の国際ブランドはVISAを選ぶと良いでしょう。 MasterCard MasterCardは世界シェア率2位の国際ブランドです。 VISA同様、海外でも広く使用できますが、世界シェア率は26%となっています。 VISAに比べて加盟店数は少ないですが、MasterCardブランドのクレジットカードしか使えない店舗もあります。 たとえば、日本でも有名なショッピングモールであるコストコは、MasterCardのクレジットカードしか利用できません。 コストコでは、食料品や日用品、雑貨、ガソリンなどの多くの商品が販売されています。 特に、コストコで販売されているガソリンは、ガソリン価格のランキングが調べられるサイト「e燃費」では、2019年1月9日時点でレギュラー125円・全国第4位に輝いています。 また、ガスステーションを利用すると、コストコで使えるスペシャルクーポンが発行されます。 クーポンを使ってお得にコストコでお買い物をすることも可能になります。 ただし、ガスステーションは現金での支払いができず、クレジットカードかプリペイドカードでの決済のみとなります。 そのため、 コストコをよく利用する方は、イオンカードの国際ブランドにMasterCardを選ぶことをおすすめします。 JCB JCBは日本初の国際ブランドです。 しかし、世界シェア率は1%と高くはありません。 日本人観光客が多いハワイや東南アジアなどには加盟店が多いですが、海外では利用できない地域や店舗が多いのが現状です。 ただし、2017年イプソス「クレジットカード利用実態調査」によると、日本国内での国際ブランドシェア率としては、第1位のVISA・55%に次ぐ第2位・30%となっています。 また、JCBブランドのイオンカードを作る利点としては、ミッキーマウス デザインのカードを作れることが挙げられます。 これはJCBが東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのオフィシャルスポンサーであるためです。 VISA、MasterCardブランドを選んだ場合、ミッキーマウス デザインのイオンカードを作ることはできません。 なお、JCBブランドを選べば、VISA・MasterCardにはないディズニーリゾート・パークチケットが当たるキャンペーンに参加することができます。 JCBのかわいいデザインのカードが欲しい方や、ディズニーが好きな方におすすめのブランドです。 国際ブランドを選ぶ際の注意点 イオンカードの国際ブランドを選ぶ際注意したいことは、一度選んだ国際ブランドは途中で変更できないということです。 国際ブランドを変更するためには、元のカードを解約し、新しくカードを作る必要があります。 クレジットカード番号が変更になるため、公共料金の引き落としなどに利用している方は、口座変更の手続きで面倒になることが考えられます。 ブランドの選択を後悔しないように、自分にあったブランドを申し込むことをおすすめします。

次の

イオンカードの国際ブランドVISA、MasterCard、JCBはどれを選ぶべき?

イオンカード 国際ブランド変更

「ヤフーカードの国際ブランドの選び方を教えて」 「国際ブランドによるサービスの差ってあるの?」 人気の共通ポイント「Tポイント」をもっとも貯めやすいクレジットカードとして、人気のカードが「ヤフーカード」です。 ヤフーカードでは、 JCB・VISA・Mastercardの主要国際ブランドを全て選択することができますが、 どの国際ブランドで発行すればいいのかわからないという方も多いでしょう。 ヤフーカードの国際ブランドの違いでは、電子マネー対応・付帯サービスの内容に若干の違いがあり、選択する国際ブランドによってサービス内容が変わってきます。 今回は、ヤフーカードを今から作ろうと思っている方のために、ベストな国際ブランドの選び方を解説します。 ヤフーカードの国際ブランドはどこで作るべき?国際ブランドによる違い ヤフーカードの発行の際には、 JCB・VISA・Mastercardの主要3ブランドから好きなブランドを選択して発行することができます。 国際ブランドの違いによる年会費や還元率の差はありませんが、 電子マネー対応や付帯サービスに若干の違いがあります。 選択する国際ブランドによって、 カードを利用できる加盟店も変わってきますので、国際ブランドの選択は重要な選択肢であるといえるでしょう。 実際に国際ブランドの違いによって、どのような違いがあるのかわからないという方も多いのではないでしょうか。 ここでは、 ヤフーカードの国際ブランドの違いによるサービス・機能の違いを解説します。 nanacoチャージ改悪によってJCBの絶対的優位は崩れた 「ヤフーカードはJCBで作れ」というのが、ヤフーカードを作る際の基本の考え方となっていました。 これまで、ヤフーカードでは国際ブランドを JCBに選択した場合にのみnanacoチャージでの1. 0%のポイント還元の特典がありました。 しかし、 2018年2月28日からは改悪により、ヤフーカードJCBでのnanacoチャージ還元率が0. 5%に引き下げされたのです。 5%還元が可能です。 このnanacoチャージ付与条件の変更により、 ヤフーカードJCBの絶対的な優位は崩れ、別の観点での国際ブランド選びが必要となったのですね。 au WALLET利用ならMastercard!VISAはTマネー非対応 現在では、ヤフーカードでは、 国際ブランドを問わずにnanacoのチャージで0. 5%のTポイントを貯めることが可能となっています。 ヤフーカードは電子マネーとの相性は良いとは言えず、nanaco以外の電子マネーのチャージではポイント還元をうけることができません。 国際ブランドを Mastercardに選択した時のみ、au WALLETのチャージで1. 0%のTポイントを貯めることができますので、 au WALLETの利用者はMastercardがオススメです。 ヤフーカードでは、Tカードで利用できる電子マネー「Tマネー」のチャージにも対応していますが、 TマネーチャージはVISAでは非対応となっています。 Apple Pay登録の際も、VISAブランドを選択した場合には機能の制限がありますので、 電子マネー利用を前提とするとVISAは若干不利と言っていいかも知れませんね。 ヤフーカードの国際ブランド共通のメリット ヤフーカードの国際ブランド共通のメリットとして、 Yahoo! ショッピング・LOHACOでいつでもポイント3倍還元になる特典があります。 Yahoo! ショッピング・LOHACOでのカード利用では、期間固定TポイントはPayPayボーナスライトに変わりましたので、• ストアポイント:1. 0%の通常ポイント• クレジットポイント:1. 0%の通常ポイント• ヤフーカード利用特典:1. 0%のPayPayボーナスライト の、 合計3. 0%のポイントを貯めることが可能です。 Yahoo! ショッピング・LOHACOでは、 5のつく日にはエントリー&アプリでの購入でポイントが5倍になる特典があります。 ヤフーカードで5のつく日にYahoo! ショッピング・LOHACOを利用すれば、 ポイント7倍還元でお買い物をすることが可能となっているのですね。 Yahoo! ショッピングの超絶お得な5のつく日• MastercardならコストコでTポイントを貯められる! コストコでお買い物をする機会のある方は、ヤフーカードの国際ブランドはMastercardで作るべきです。 これまで、コストコで利用できるクレジットカードはアメックスブランド限定となっていましたが、 2018年2月からコストコで利用できるクレジットカードがMastercardに変わりました。 ヤフーカードユーザーにとっても、Mastercardブランドを選択すればコストコでのクレジット決済が可能となったのですね。 1回あたりの購入金額が大きくなるコストコで、1. 0%還元でTポイントを貯めることができるというのは、非常に大きなメリットです。 Tポイントは、ファミリーマートをはじめとしたさまざまな店舗で 1ポイント=1円として利用できますので、コストコで大量に貯めたTポイントをお得に活用することができます。 コストコでお買い物をされる方は、国際ブランドはMastercard一択で間違いないでしょう。 加盟店シェアで国際ブランドを考えるとVISA一択! 加盟店のシェアで国際ブランドを選択するのであれば、VISAブランドを選択しておけば間違いがないでしょう。 国際ブランドの違いによるもっとも大きな差となってくるのが、 カードを利用することができる加盟店の違いです。 クレジットカードのもっとも著名な専門誌である「ザ・ニルソン・レポート」で、2015年のクレジット加盟店での国際ブランドの取引シェアをまとめてあります。 VISA 44. 1% Mastercard 29. 0% ユニオンペイ 15. 0% アメリカン・エキスプレス 7. 1% JCB 2. 7% ダイナースクラブ 2. 2% こうして比較してみると、世界中でクレジットカード決済をしている方の2人に1人がVISAブランドを利用している、ということがわかります。 海外での利用を前提とした場合には、VISAブランドの使い勝手の高さは非常に有利となっています。 ヤフーカードがはじめてのカードなら、国際ブランドにはVISAを選択しておけば便利に利用することができるのですね。 国際ブランドによる付帯サービスの違い ヤフーカードでは、 選択する国際ブランドによって、各ブランドが提供する付帯サービスを利用することができます。 国際ブランドの付帯サービスでは、とくに 海外旅行の際に便利に使える優待などが充実しており、ヤフーカードのサービスとあわせてお得に利用することが可能です。 ここでは、ヤフーカードの国際ブランドによる付帯サービスの違いを解説します。 海外主要都市に設置されたJCBプラザでは、 日本語スタッフによる対応で、加盟店の案内や公共交通機関の案内などのインフォメーションサービスを利用することができます。 JCBプラザラウンジではJCBプラザのサービスに加えて、• ドリンクサービス• マッサージチェア• 日本語雑誌・新聞の閲覧• 手荷物預かりサービス などが提供されており、旅行中の休憩などにも利用することが可能です。 JCBでは、 海外の加盟店の優待情報が満載のJCB優待ガイドも利用可能となっており、海外旅行中の食事やお買い物をお得に楽しむことができます。 海外利用には弱いと思われがちなJCBブランドですが、 主要な観光エリアにはJCB加盟店も増えており、海外旅行でも便利に使えるサービスが充実しているのですね。 Mastercardはプライスレスジャパンでの優待がお得 国際ブランドをMastercardに選択すると、 プライスレスジャパンでのお得な優待をうけることが可能です。 プライスレスジャパンでは 「Hotels. com」の8%オフの優待割引など、ホテルやダイニングでのさまざまな割引優待をうけることができます。 とくにお得に利用することができるのが、 Mastercardと「食べログ」が提供する、全国600店舗のレストランで利用することができる優待特典です。 ハワイ• グアム• アジア など、 日本人にも人気の観光エリアでの特典が充実しています。 優待の内容は対象となる国によっても異なりますが、 免税店での最大15%割引の特典など海外のショッピングでもお得に利用できる特典が充実しているのですね。 海外では、VISAブランドのクレジットカードで決済できる店舗が非常に多くなっていますので、優待を利用するには最適なブランドとなっているのですね。 VISAブランドのクレジットカードでは、 海外キャッシングを利用して現地の現金を引き出す際にも非常に便利に利用することができます。 VISA対応の海外ATMの設置台数は多いので、現地で現金が必要になった際にも非常に便利に利用することができるのですね。 ヤフーカードは国際ブランド問わずにショッピング保険が付帯! ヤフーカードの大きなメリットとなっているのは、 国際ブランドを問わずにショッピング保険が付帯している点です。 ヤフーカードでは、カードで購入した商品の購入日から90日以内の商品の破損や盗難による損害を、 年間100万円まで補償してもらうことができます。 自己負担として必要になる免責金額も、 1事故あたり3,000円と少額になっていますので、少額な商品の商品事故の際にも利用しやすくなっているのですね。 さらに、ヤフーカードのショッピング保険では、 Yahoo! ショッピングで購入した商品に関しては年間200万円までと補償金額がアップする特典があります。 ネット通販でも安心の補償でお買い物をすることができるのも、ヤフーカードの大きなメリットとなっているのですね。 国際ブランドによる審査難易度の違いってあるの? 国際ブランド選びの際に気になってくる点としては、 ブランドによる審査基準の違いはあるのか?という点ではないでしょうか。 ヤフーカードの審査は、 どの国際ブランドを選択した場合でも、カードを発行するワイジェイカードによる審査となります。 ですので、 国際ブランドの違いによる審査難易度の違いはありません。 ヤフーカードの特徴のひとつとして、 審査スピードの速さも大きなメリットとして挙げることができます。 最短2分で審査完了し、1週間程度でカードが届けられますので、急ぎでクレジットカードを作りたい方にも最適なカードとなっているのですね。 ヤフーカードの審査のハードルは高いのか? ヤフーカードの申込資格は、 高校生を除く18歳以上の方となっています。 専業主婦・学生の方でも申込みをすることができるクレジットカードとなっていますので、申込みの窓口は非常に広いカードであると言っていいでしょう。 審査基準の優しいクレジットカードといえば、必ず名前が挙がるカードでもあり、 審査のハードルはそれほど高くはないと考察できます。 ただし、 ブラックでも審査に通るカードというわけではありませんので、• 多重申込み• 他社クレカの支払いの遅延・未払い• カードローンでの多重債務状態 などの方の場合は、審査に落ちてしまうリスクもあります。 ヤフーカードの審査の際には、 他社の支払い状況がクリーンになっているか、などを確認してから申込みするようにしましょう。 ヤフーカードの審査基準について• すでに持っているヤフーカードの国際ブランドを変えたい ヤフーカードをすでにお持ちの方の中には、 今の国際ブランドから変更したいと思っている方もいるかもしれません。 結論から言うと、 ヤフーカードの国際ブランド変更は原則として不可となっています。 どうしても国際ブランドを変更したい場合には、 すでに利用しているヤフーカードを1度解約して、再度審査を受けなおす必要があります。 解約・再申し込みの場合には、 再度審査が必要になってしまいますので、確実にカードを発行できるわけではない、というリスクを負うことになってしまうのですね。 ヤフーカードではお得な入会特典もありますが、 解約後の再入会の場合は特典の付与も対象外となってしまいます。 すでにお持ちのヤフーカードの国際ブランドを変更する、というよりは国際ブランド違いのサブカードを取得する方がお得になるケースも多くなります。 ヤフーカードの基本情報• Yahoo! ショッピング・LOHACOでいつでもポイント3倍• 5のつく日にはYahoo! ショッピングでポイント7倍還元可能 インターネット大手のYahoo! JAPANが発行するクレジットカードが 「ヤフーカード」です。 ヤフーカードの利用では、 100円に1ポイントのTポイントを貯めることが可能となっており、カードの利用で効率的にTポイントを貯められるカードとなっています。 Yahoo! ショッピング・LOHACOではいつでもポイント3倍還元が可能となっていますので、ネット通販の利用でガンガンポイントを貯めることが可能です。 5のつく日にはYahoo! ショッピングでポイントが5倍になる特典がありますので、 ヤフーカードの利用では7倍還元でお買い物をすることもできます。 ヤフーカードの国際ブランドのベストな選び方 今回は、ヤフーカードの国際ブランドによるサービスの違いと、国際ブランドの選び方を解説してきました。

次の