床 工事 料金。 1m2あたりいくらになる? 土間・コンクリート工事にかかる費用と業者選びのポイント

料金表

床 工事 料金

1.フローリング… 1.フローリング張替工事の適正価格 フローリング張替工事の場合、主にかかる費用は材料代と施工代です。 『 どこまでやるのか』『 仕上のグレードはどうするか』によって費用は大きく変わります。 6畳間(江戸間)床面積 10m2を例にとって説明してみましょう。 まず、最初は一番簡単な工事から。 なお、この金額はあくまで目安です。 1軒ごとに建物の状況は異なりますので、リフォームされる時は、担当されている工務店さんと相談ください。 A:既存フロアの上に重張 名 称 数量 単位 単 価 金 額 養生・運搬・発生ガラ処分費 1 式 5,000円 家具運搬・清掃費 1 式 5,000円 既存巾木 撤去処分費 1 式 5,000円 フローリング 普及品:合板フロア材 3 坪 8,500円 25,500円 巾木 普及品:樹脂化粧シート張 3 本 1000円 3,000円 大工手間 コシラエ・取付共 10 m2 3,000円 30,000円 釘・金物材料 接着材料 1 式 1,500円 雑費・諸経費 1 式 6,000円 合 計(A) 81,000円 昔のお住まいの場合、大抵敷居よりフロアが面落ちして15mmほど下がっているので、重ねてはっても大丈夫な事が多いです。 改修前、根太と根太の間の床がたわんでふわふわしている場合は、重張りするだけで直ります(根太が痩せている場合はダメ)。 これなら一日で作業が終わります。 建具が引っかからないかを注意して施工します。 次に、断熱や根太補強なども施工する場合をみてみましょう。 床下が見えるので、土間の掃除もできます。 断熱材の幅に合わせて根太を入れ替えるので、きっちりと施工する事ができます。 根太の太さと丁度同じ厚みの断熱材を調達するのは難しいので、下張合板の間に隙間があかないように、根太に高さ調整部材を打って施工するのが望ましいです。 もともと、「 床組の上に壁が乗っている」ような仕事がしてあると、壁際の根太が取れないことがあります(無理に取ると壁が傷む)。 この場合は、根太を一部残して施工しますが、床下から壁内部に冷気があがらないように、壁際に断熱材を詰め込んでやる必要があります。 根太を入れ替える場合、 フロア面を敷居と面一(いわゆるバリアフリー)にするといいでしょう。 職人さんによってはめんどくさいので、嵩上調整をせずにフローリングを貼ることもあり、結果として、工事した部屋が「隣の部屋より数㎜低い」ということにもなりかねません。 そうなると、掃除が大変ですし、出入り口でつまづく恐れもあるので、一言お願いしたらいいかと思います(床レベルが傾いている場合を除く)。 次に、仕上げ材をフロア合板ではなく、無垢材を張る場合を考えてみましょう。 C:仕上げ材を無垢材に変更 名 称 数量 単位 単 価 金 額 A+B工事 合計金額 1 式 198,600円 養生・運搬・発生ガラ処分費 追加分 1 式 3,000円 無垢フローリング 楢・桜等 差額 3 坪 8,500円 25,500円 巾木 杉・トガ等 差額 3 本 3,000円 9,000円 大工手間 コシラエ・取付共 差額 10 m2 2,000円 20,000円 釘・金物材料 接着材料 追加 1 式 1,000円 ワトコオイル塗 床・巾木 10 m2 2,500 25,000円 雑費・諸経費 1 式 7,000円 合 計(A+B+C) 289,100円 無垢材を使う場合、材料代もあがりますが、これに加えて、大工さんの手間代や、塗装代がかかります。 費用はかかりますが、せっかくリフォームされるのなら1ランク上の床材を選ばれてもいいかと思います。 一般に販売されている無垢材はウレタン系の塗料が塗ってあります。 これを避けるため、上記見積りでは、わざわざ後塗塗装をしています。 最近、あらかじめ自然塗料が塗ってある商品もでてきました。 これだと、塗装費を節約できます。 また、楢・桜等の堅木無節材を選んでいますが、 杉の1等材ならずっと安くできます。 インターネット上で安い床材を選ぶのもよいのですが、実の状態や表面の加工がわるいと、手間が掛かったり、施工後表面が凸凹したりして後悔する事もあります。 サンプルをもらうようにするとよいでしょう。 さて、最後に床下の基礎を補強する場合をみてみましょう。 上の表では、「12万」としていますが、これを越えることもあります。 でも、工事の範囲で大きく費用が変わるのがわかるかと思います。 工務店さんに床張の工事を依頼される場合、見積りをもらって、いきなり『高い!』というのではなく、 何が含まれているのかを最初に説明してもらうのが、後悔しないコツかと思います。 オマケですが、参考までに、木材ではなく、塩ビ系のフロアを張る場合を掲載しておきます。 (参考:木材以外の商品で対応。 既存フロアの上から接着張) 名 称 数量 単位 単 価 金 額 塩ビ系フロアタイル張 材工共 10 m2 4,500円 45,000円 雑費・諸経費 1 式 4,000円 合 計(参考) 49,000円 いわゆる『ホモジニアスビニル材』といわれる商品です。 これは安い! 張ってしまえば、一般の方には本物の木か、偽者かわかりにくいです。 土足で歩く床や大型店舗の中などに多様されています。 重ね張りするだけなので、工事は簡単です。 床が傷んでいない場合は、気分転換によいですね。 安価なので、賃貸マンションにも使われる事が多くなりました。

次の

外構工事の土間コンクリート工事価格や施工費用は?

床 工事 料金

フロアタイルはその色柄の豊富さと質感が特徴です。 パッと見では本物と区別がつかないほど材質のリアル感を重視して作られているので、大理石・テラコッタ・ストーン柄など、高級な質感を再現するのがとても得意です。 その便利さから大型施設の床材やインテリアにこだわるアパレル店舗、オフィスなどでも採用されています。 丈夫で耐久性にも優れており、もしも汚れたり傷がついてしまった場合は一部分のみの交換も可能で床にこだわりたい方、デザイン性を重視される方にはオススメです。 インテリア・フジシマは地域密着型の業務で1人1人のお客様に丁寧に対応しております。 スピーディで確実な対応を常に心がけております。 なお、無理な営業や押し付け施工は行なっておりませんので、お気軽にご連絡・お見積もりいただき、ご検討いただければ幸いです。 利用目的• 掲載価格は商品サイズや材料、仕様、下地、設置場所などの状況によって異なります。 あくまで目安としてご参考ください。 また、見積時には見えない部分の状況により、施工内容・工事金額に変更が生じる場合があります。 掲載価格は消費税を含んでおりません。 別途消費税がかかります• リフォーム工事後のアフターケアについて心配されている方も多いと思います。 基本的にお客様に施工後のご確認をしていただいて作業終了になりますが、何かございましたらお気軽にご連絡下さいませ。

次の

料金表

床 工事 料金

1.フローリング… 1.フローリング張替工事の適正価格 フローリング張替工事の場合、主にかかる費用は材料代と施工代です。 『 どこまでやるのか』『 仕上のグレードはどうするか』によって費用は大きく変わります。 6畳間(江戸間)床面積 10m2を例にとって説明してみましょう。 まず、最初は一番簡単な工事から。 なお、この金額はあくまで目安です。 1軒ごとに建物の状況は異なりますので、リフォームされる時は、担当されている工務店さんと相談ください。 A:既存フロアの上に重張 名 称 数量 単位 単 価 金 額 養生・運搬・発生ガラ処分費 1 式 5,000円 家具運搬・清掃費 1 式 5,000円 既存巾木 撤去処分費 1 式 5,000円 フローリング 普及品:合板フロア材 3 坪 8,500円 25,500円 巾木 普及品:樹脂化粧シート張 3 本 1000円 3,000円 大工手間 コシラエ・取付共 10 m2 3,000円 30,000円 釘・金物材料 接着材料 1 式 1,500円 雑費・諸経費 1 式 6,000円 合 計(A) 81,000円 昔のお住まいの場合、大抵敷居よりフロアが面落ちして15mmほど下がっているので、重ねてはっても大丈夫な事が多いです。 改修前、根太と根太の間の床がたわんでふわふわしている場合は、重張りするだけで直ります(根太が痩せている場合はダメ)。 これなら一日で作業が終わります。 建具が引っかからないかを注意して施工します。 次に、断熱や根太補強なども施工する場合をみてみましょう。 床下が見えるので、土間の掃除もできます。 断熱材の幅に合わせて根太を入れ替えるので、きっちりと施工する事ができます。 根太の太さと丁度同じ厚みの断熱材を調達するのは難しいので、下張合板の間に隙間があかないように、根太に高さ調整部材を打って施工するのが望ましいです。 もともと、「 床組の上に壁が乗っている」ような仕事がしてあると、壁際の根太が取れないことがあります(無理に取ると壁が傷む)。 この場合は、根太を一部残して施工しますが、床下から壁内部に冷気があがらないように、壁際に断熱材を詰め込んでやる必要があります。 根太を入れ替える場合、 フロア面を敷居と面一(いわゆるバリアフリー)にするといいでしょう。 職人さんによってはめんどくさいので、嵩上調整をせずにフローリングを貼ることもあり、結果として、工事した部屋が「隣の部屋より数㎜低い」ということにもなりかねません。 そうなると、掃除が大変ですし、出入り口でつまづく恐れもあるので、一言お願いしたらいいかと思います(床レベルが傾いている場合を除く)。 次に、仕上げ材をフロア合板ではなく、無垢材を張る場合を考えてみましょう。 C:仕上げ材を無垢材に変更 名 称 数量 単位 単 価 金 額 A+B工事 合計金額 1 式 198,600円 養生・運搬・発生ガラ処分費 追加分 1 式 3,000円 無垢フローリング 楢・桜等 差額 3 坪 8,500円 25,500円 巾木 杉・トガ等 差額 3 本 3,000円 9,000円 大工手間 コシラエ・取付共 差額 10 m2 2,000円 20,000円 釘・金物材料 接着材料 追加 1 式 1,000円 ワトコオイル塗 床・巾木 10 m2 2,500 25,000円 雑費・諸経費 1 式 7,000円 合 計(A+B+C) 289,100円 無垢材を使う場合、材料代もあがりますが、これに加えて、大工さんの手間代や、塗装代がかかります。 費用はかかりますが、せっかくリフォームされるのなら1ランク上の床材を選ばれてもいいかと思います。 一般に販売されている無垢材はウレタン系の塗料が塗ってあります。 これを避けるため、上記見積りでは、わざわざ後塗塗装をしています。 最近、あらかじめ自然塗料が塗ってある商品もでてきました。 これだと、塗装費を節約できます。 また、楢・桜等の堅木無節材を選んでいますが、 杉の1等材ならずっと安くできます。 インターネット上で安い床材を選ぶのもよいのですが、実の状態や表面の加工がわるいと、手間が掛かったり、施工後表面が凸凹したりして後悔する事もあります。 サンプルをもらうようにするとよいでしょう。 さて、最後に床下の基礎を補強する場合をみてみましょう。 上の表では、「12万」としていますが、これを越えることもあります。 でも、工事の範囲で大きく費用が変わるのがわかるかと思います。 工務店さんに床張の工事を依頼される場合、見積りをもらって、いきなり『高い!』というのではなく、 何が含まれているのかを最初に説明してもらうのが、後悔しないコツかと思います。 オマケですが、参考までに、木材ではなく、塩ビ系のフロアを張る場合を掲載しておきます。 (参考:木材以外の商品で対応。 既存フロアの上から接着張) 名 称 数量 単位 単 価 金 額 塩ビ系フロアタイル張 材工共 10 m2 4,500円 45,000円 雑費・諸経費 1 式 4,000円 合 計(参考) 49,000円 いわゆる『ホモジニアスビニル材』といわれる商品です。 これは安い! 張ってしまえば、一般の方には本物の木か、偽者かわかりにくいです。 土足で歩く床や大型店舗の中などに多様されています。 重ね張りするだけなので、工事は簡単です。 床が傷んでいない場合は、気分転換によいですね。 安価なので、賃貸マンションにも使われる事が多くなりました。

次の