トルコリラ 今後の予想。 トルコリラ円の2020年見通しと稼げる投資法【元為替ディーラーが解説】|FX初心者講座

トルコリラ/円(TRY/JPY)の為替チャート・予想・見通し

トルコリラ 今後の予想

こまかく表示 気になるトピックをタップ!• この、トルコ共和国において使われている通貨が トルコリラです。 世界共通で用いられるISOの通貨コードでは「 TRY」と表記されます。 トルコリラの特徴 トルコリラの特徴は、大きく分けて2つあります。 ・経済成長著しい新興国通貨である ・高金利通貨である 以下、解説していきます。 経済成長著しい新興国通貨である トルコリラの特徴として、 近年経済成長が著しい新興国の通貨であるということが挙げられます。 人口増加率の高いトルコは特に若い人口が多く、 将来的に労働力人口が増えていくと予想されています。 また、トルコが位置するのはヨーロッパとアジアに挟まれ、中東にも 隣接する要所です。 この立地により様々な文化の入り混じったイスタンブールや、奇岩群、気球などで有名なカッパドキアといった 多くの人が訪れる観光地をいくつも抱えています。 加えて、実はトルコは鉱物資源や地下資源が豊富で、金や鉄など多くの資源の産出国です。 上記のような トルコの持つ潜在的な成長力によって、長期的にトルコリラ相場は徐々に上がっていく可能性が高いといわれています。 高金利通貨である トルコリラ最大の特徴は 政策金利の高さです。 トルコリラはNZドルや豪ドルを上回る高金利通貨として非常に人気が高いです。 世界的なデフレにより、NZドルは1. 5%、豪ドルは1. 25%と政策金利が落ち込む中、 トルコリラは24%の超高金利を維持してきましたが、2019年7月に金利が19. トルコは元々インフレを抑制するために高金利政策を進めており、そのインフレが減速してきたため金利を引き下げるというのは妥当な政策であるといえます。 スワップポイントの受取を狙っていた人にとっては残念ですが、とはいえ 他の通貨と比較してもトルコリラはまだまだ高金利通貨だといえます。 下記、各国の通貨の金利まとめです。 同時に、新興国通貨の中では 流動性が高い通貨(取引量が多く換金しやすい)であり、特に継続的に取引する投資家層から支持を得ています。 値動き要因 通貨の値動きには、様々な要因が考えられます。 ここでは、マクロな視点で特に注目すべき4つのポイントを紹介します。 実際2019年3月に アメリカが利上げを見送る姿勢を示し、それが波及してトルコリラが急落するという出来事がありました。 利上げというのは通常、 景気が良くなると見込まれているときに行います。 逆に、 アメリカが利上げをしないということは、アメリカ、ひいては世界の景気が落ち込んでいく可能性が高いことを示しています。 世界の景気が落ち込むと当然トルコも影響を受けるので、 結果としてトルコリラを手放す人が続出し、トルコリラが下落したというわけです。 エルドアン大統領は国民の支持を得るためにトルコ中銀へ利下げの圧力をかけています。 加えて、 自身の独裁体制を脅かす反対派を弾圧するなど、彼の言動はトルコリラ下落の要因となり得るので今後の動向に注意する必要があります。 過去にはトルコがアメリカ人牧師を拘束し、 トランプ大統領がその制裁としてトルコの鉄鋼などの輸入関税を倍にすると発表しトルコリラが急落するという出来事もありました。 また、 政策金利発表は最も重要な要因となるので、必ずチェックしましょう。 経済動向 経済動向がトルコリラの値動きに影響を与えるのはもちろんですが、その中でも注目すべき経済指標は、 貿易収支、個人消費、失業率です。 トルコの産業において、ヨーロッパを始めとする地域との貿易が主要であるため、 貿易収支は経済動向に影響を与えます。 また、 個人消費が落ちると企業が儲からなくなるので景気が悪くなり、下落に繋がります。 トルコは金利が高く、個人消費が落ちる傾向があるので注意が必要です。 最後に、 失業率は最も重要で、 トルコリラの値動きを大きく左右します。 過去の事例で見ても、失業率が上がると相場はかなり下落する傾向が見られます。 トルコでは、 シリアやイラクから職や安全を求めた移民が多くやってくるので、労働力が過剰供給になり失業率が上がりがちです。 地政学的リスク 地政学的リスクとは、ある地域が抱える政治的、軍事的、社会的な緊張の高まりが、地理的な位置関係によって、その地域、あるいは世界経済全体の先行きを不透明にするリスクを指します。 トルコは、中東とヨーロッパの繋ぎ目に位置し、特に 中東と近接しているという点で 地政学的リスクが高いといえます。 隣には 内戦の続くシリアがあり、 しわ寄せが及ぶことが心配されます。 加えて、 ISによるテロ活動も懸念される他、 クルド人勢力とISの衝突も度々起きています。 更には独裁的な現政権に反発してトルコ国内で反政府デモが起きるなど、 いくつかの深刻な問題を抱えています。 このような 地政学的リスクの高さから、有事の際には相場の大きな変動要因となり得るので常に意識することが不可欠です。 今後の見通し 今後のトルコリラの値動きについて、特に注目すべきポイントをいくつか挙げ、考察します。 ・先進国通貨の利上げ ・対米関係 ・政策金利の動向 ・国の安定性 ただ、当たり前ですが未来のことなので確かなことは言えません。 その点を理解した上で、少しでも値動きを予測するための参考にしてください。 下記のこと以外にもトルコリラが変動する要因は無数に考えられるので、常に トルコのニュースをチェックすることが一番大切です。 ポイント1:先進国通貨の利上げ 先進国の中でも、最も注目すべきは アメリカです。 2019年現在、アメリカは利上げを行っていますが、 2020年をめどに利上げを停止すると明言しているので、それを機にトルコリラを含めた新興国通貨が上昇していくことが予測されます。 理由は主に2つです。 前向きな利上げ停止 1つ目は、 今回の利上げ停止は経済を成長させるため、という前向きな理由であるためです。 プラスな理由で利上げを終わるのであれば、 アメリカの経済の見通しは良好であり、今後アメリカ、ないしは世界の経済が落ち込む可能性は低いと考えられます。 経済の見通しが良ければトルコリラへの投資も増えてきます。 そうなると、 元々リスクの高い新興国通貨(トルコリラを含む)の魅力が下がり、お金が集まらなくなります。 しかし、 2,020年に利上げが終わることで相対的に再び新興国通貨であるトルコリラの魅力がアップし、価格が上昇するというわけです。 加えて、先進国であるオーストラリアの値下げも決定しているので、トルコリラにとっては追い風になるでしょう。 ポイント2:対米関係 アメリカとの関係が良いと、ある程度通貨は安定します。 逆に言うと、 アメリカとの関係が悪化し、経済制裁が行われるとトルコリラは下落します。 最近では、トルコのS400(ロシア製地対空ミサイルシステム)の購入を巡って対米関係が悪化していました。 しかし、 意外にも現在トランプ大統領はS400を非難しない姿勢を見せているので、経済制裁が行われることはなさそうです。 とはいえ、トルコへの経済制裁の有無を決めるのは完全にトランプ大統領の独断というわけではなく(米議会も関与)、 今後も制裁がないとは断言できないので要注目です。 ポイント3:政策金利の動向 政策金利がどう動くかは今後のリラの値動きに非常に影響します。 2019年7月、トルコは政策金利をそれまでの24. 0%から19. 75%へと大幅に利下げしました。 通常、利下げが行われると金利が高いという魅力が失われるため、通貨の価値は下がります。 しかし、今回はポジティブな利下げであったため、むしろ通貨は少し上昇しました。 3つのポジティブ要因 なぜポジティブといえるかというと、具体的には 3つ理由があります。 ・トルコ国内の経済が回復していること。 ・そもそも24%という金利が高すぎたので、利下げはむしろ妥当であったということ。 ・金利が下がると国内の企業にとってはプラスになるため、経済が活性化するということ。 上記のように ポジティブな利下げであるため、政策金利はこれからも段階的に下がっていく見込みですが、トルコリラは 緩やかに上昇していく可能性が高いです。 不安要素はないか、ということも常に見ておかなければなりません。 近年のトルコは 国として安定しつつあります。 2018年12月には トランプ大統領が米軍の撤退を表明するなど、現在ではIS イスラム国 の勢力は減退し、隣国シリアの情勢は落ち着いています。 それによって、シリアからの難民も減少しつつあり、国内の失業率の回復に繋がっています。 また、治安の改善から、外国人旅行者数の数も大幅に上昇しています。 加えて、 エルドアン大統領の任期が2023年まで残っているため、これから安定して色々な経済施策を打つことができるというのもポイントです。 上記のことなどから、 GDPは毎年プラスの傾向にあり、経常赤字改善の兆しが見えてきた捉えることができます。 おすすめの運用方法 今までの解説してきた通り、トルコリラの最大の魅力は、他の国と比べても 圧倒的に高金利通貨であるということです。 そのため、実際にトルコリラを運用するのであれば、 スワップ狙いの投資戦略がいいでしょう。 以上の2つが考えられます。 FXには為替レートを利用して儲ける方法(為替差益)と外貨の金利に着目して利益を狙う手法の2パターンが存在します。 そして、この 外貨との金利差に着目して利益を出す運用方法を スワップ運用といいます。 そもそも各国の通貨の金利には差があります。 日本円の金利が-0. 例えば、日本円を売って米ドルを買うと・・ 2. この差益は1日で見ると少しづつですが、毎日積み重なってきます。 単純にトルコリラを持ち続けるだけでも高いスワップ金利を得られるのに加えて、 レバレッジをかければ更に何倍にもスワップポイントを増やすことができます。 長期保有の実際の運用効率 トルコリラを実際にこの方法で運用した場合どうなるかを考えてみます。 FXプライムbyGMOを運用した場合は、以下のようになります。 仮に10万通貨(約200万円分)を保有した場合 、1年で約36万5千円のスワップ収益が出ることを表したのが上の図です。 分かりやすく、1年間で5万通貨(約100万円分)保有した場合で考えると、18万2千5百円のスワップ収益が出ます。 つまり、 なんと利回り約18%です。 (正確には18. 25%) しかもここにレバレッジをかけると、レバレッジ2倍で年間利回り約37%(四捨五入)、3倍で年間利回り約55%(四捨五入)になります。 仮に レバレッジ25倍にしたとすると、利回り約480%で投資金額のほぼ5倍になるという、 驚異的な数字が出ます。 トルコリラの スワップ狙いの運用効率がいかに高いか分かったと思います。 FX会社の注意点 今回はFXプライムbyGMOで取引した場合で考えましたが、他のFX会社でも問題ありません。 ただし、 スワップの高い業者を選ぶこと!オススメのFX会社は、最後に記載しています。 現実的なレバレッジ もちろん、実際にやる場合にはレバレッジ25倍でやるのは絶対におすすめしません。 少しの値動きですぐ 強制ロスカットされるので、長期保有のこの運用方法だと ほぼ不可能です。 おすすめのレバレッジは 2倍、もしくは慣れてきたら 3倍でやるといいと思います。 それでも十分な利回りが期待できます。 会社によって異なり、更には政策金利が下がると必然的に下がってしまうので、常に把握しておくこと。 新興国通貨においては、 暴落しているタイミングはチャンスにもなり得ます。 現状20円を下回っているトルコリラがチャートにおいてもう底にきていると考えれば、 トータルリターンを期待する戦略もアリかと思います。 但しそれなりにレバレッジをかけているならば、 下落には要注意です。 下記のサヤ取り戦略だと為替差益は一切得られないので、トータルリターンは狙えません。 サヤ取り(アービトラージ) FXにおけるサヤ取りには、大きく分けて 為替差益で稼ぐやり方と スワップポイントで稼ぐやり方の2つがあります。 今回は スワップポイントで稼ぐやり方です。 上記の運用方法だと、 レートの変動による影響を受けてしまうので、 トルコリラが下落した時には損をしてしまう可能性があります。 しかし、この運用方法を正しく実践するとレート変動による リスクを0にすることができます。 こうすると、レートがどのように変動しようとも買いポジションと売りポジションで 為替差損益を相殺しあうので、 プラマイ0になります。 そしてこの時、 買いスワップが高い会社から買いポジションを保有し、売りスワップが低い会社で売りポジションを保有することでスワップの差額を収益として得ることができるのです。 まとめると、 リスクを排除して異なるFX会社間のスワップポイントの差額だけを安定した収益として得る投資方法です。 サヤ取りの実際の運用効率 例えば、トルコリラを1万通貨(約20万円)保有した場合の1日当たりのスワップポイントがAの会社では100円、Bの会社では60円だとします。 この場合は月だと1200円、年だと14400円の収益になります。 実際にトルコリラで運用した場合の 年間収益率は目安10%程度です。 まとめ トルコリラの具体的な運用方法として、スワップを活用した 長期保有と サヤ取りの2つの方法を紹介しました。 スワップを活用した長期運用では、プロと初心者の差がほとんどありません。 なぜなら、この方法においては 最先端のFXの情報やツール、細かい経済に関する知識、経験やスキルなどが必要ないからです。 しかし、スワップが下がったり、トルコリラが崩壊するなどのリスクも0ではないのであくまでも 余剰資金の範囲内で運用してください。 また、業者によってスワップが違うのでしっかりチェックしておきましょう! おすすめ業者(スワップ重視) トルコリラ円の為替レート・1日スワップ・年間スワップ・証拠金をFX会社ごとの比較表です! FX会社 為替 レート 1日 スワップ 年間 スワップ 証拠金 19. 092円 88円 32,120円 7,637円 19. 084円 80円 29,200円 7,634円 19. 100円 64円 23,360円 7,640円 GMOクリック証券のおすすめポイント!!

次の

2020年トルコリラ円の見通し(今後)を過去10年チャートから予想

トルコリラ 今後の予想

マーケットアウトルック - トルコ市場・トルコリラ - 投資の視点は2020年6月15日に野村マンスリー投資会議で確認された内容に基づいています。 トルコにおいても6月1日より都市間の移動制限が解除され、カフェやレストランの営業の再開が認められるなど一連の規制が緩和され始めたことは、リラの一段高につながりました。 他方、実質政策金利 政策金利ー消費者物価上昇率 のマイナス幅拡大、為替介入による外貨準備の減少、リラ安により外貨建て債務返済負担が増加することへの懸念は、新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感とともにリラの重石となっています。 金融政策 トルコ中央銀行は2019年7月以来9会合連続で利下げを実施した後、2020年6月25日の会合において、大方の市場予想に反して追加利下げを見送り、政策金利を8. 25%に据え置くことを決定しました。 声明文では、政策金利据え置きの理由として、基調的なインフレ率の上昇傾向に加えて、食料品価格が季節的要因と新型コロナウイルスに関連する影響で上昇したことが挙げられました。 一方で、経済活動の低迷により、年後半にインフレ減速は顕著になるとの見方も示されました。 6%へ加速しました。 実質政策金利のマイナス幅が4. 35%に拡大したことは、リラの下押し圧力となっています。 (注)政策金利の指標は、2018年5月31日まで後期流動性貸出金利、2018年6月1日以降は1週間レポ金利を使用している。 (出所)ブルームバーグより野村證券投資情報部作成 直近値は2020年7月9日 トルコリラの注目点と今後の見通し 新型コロナウイルスによる影響で欧州諸国の景気悪化が予想される中、トルコからの輸出減少や、夏場の観光収入の落ち込みによって、目先、経常収支が悪化する可能性には留意が必要です。 トルコ政府は、追加的な輸入関税を幅広い品目に課して輸入を制限し、外貨需要の抑制によるリラ安回避を図る方針を打ち出しています。 ただし、同措置が経常収支の赤字拡大、ひいてはリラ安圧力を抑制するかどうかは不透明です。 トルコリラの市場動向 3月10日にトルコで初の新型コロナウイルス感染者が確認されると、リラは下落基調を強めました。 さらに世界的な感染拡大に伴い市場でリスクオフが加速すると、リラは16日に対円で2018年8月以来の安値水準へ下落しました。 17日にトルコ中央銀行は1. 00%ポイントの緊急追加利下げを決定し、外貨建て預金準備率の引き下げなど流動性供給措置を打ち出しましたが、リラは軟調に推移しました。 トルコ政府が4月1日に国際航空便を全面停止し、3日に国内移動の制限を強化し、さらに10日には週末の外出禁止令を出すと、リラは下げ足を強めました。 22日に1. 00%ポイントの利下げが決定されると、リラは一段安となりました。 世界的な景気減速懸念も加わり、5月7日にリラは対円で14円台後半と史上最安値を更新しました。 しかしその後、11日に一部の小売店の営業が許可されると、リラは持ち直しに転じました。 20日にカタール中央銀行との通貨スワップ協定の取引額上限が拡大されたこともリラを下支えしました。 6月1日に国内の移動制限が解除され、サービス業の再開が認められるとリラは一段高となりました。 しかし、米国などで感染再拡大への警戒からリスクオフの動きが再び強まる中、リラは軟化しました。 25日には予想外の利下げ見送りを受け、リラは一時強含みました。 7月3日公表の6月のCPI上昇率が予想を上回る加速を示したことなどから、リラは再び上値を重くしました。 7月10日15時現在、トルコリラ相場は対米ドル6. 8リラ台後半、対円で15円台後半で推移しています。 2~16. 6円と予想します。 (出所)ブルームバーグより野村證券投資情報部作成(直近値は2020年7月9日)• 内容は、「野村マンスリー投資会議」で確認されたグローバルな各資産に関する見方や投資視点などに基づいて作成しております。 「野村マンスリー投資会議」は、グローバル・リサーチによる主要国・地域の景気、金利、為替、株価見通しを前提に、投資戦略を検討する月例の会議です。

次の

[資源・新興国通貨7/20~27の展望] トルコリラ、南アランド:中銀会合に注目 投稿日時: 2020/07/17 15:40[八代和也]

トルコリラ 今後の予想

タグ FXプライムbyGMO FXランキング GMOクリック証券 iサイクル注文 LIGHT FX SBI FXトレード みんなのFX アメリカドル オーストラリアドル カナダドル シンガポールドル スワップポイント セントラル短資FX トライオートFX トラッキングトレード トラリピ トルコニュース トルコリラ トルコ国民投票 トルコ経済 ニュージーランドドル ヒロセ通商LION FX ポーランドズロチ マネーパートナーズ メキシコペソ リスク管理 ループイフダン 中国人民元 南アフリカランド 大統領選挙 岡三オンライン証券 政策金利・後期流動性貸出金利 為替見通し 経済指標 運用収益・ブログ報告 トルコの政策金利は16. トルコ中央銀行も毎週毎週、利上げする訳ではないから、アメリカと違って書くことがない。 困った困った…、そうだ、FX会社にトルコリラの今後の為替見通しを聞いて記事のネタにするぞ! ではさっそく! 「トゥルルルルルッ…もしもしを書いていますサトウカズオと申します。 私トルコリラやメキシコペソのFXブログを書いていますミジンコのような存在のサトウカズオと申します。 実際はダメもとでメールで取材可否の問い合わせをしております。 ………。 ………。 そ、そうですよね? 私もあの時は、まさか25円を下回るとは思いませんでした。 特にエルドアン大統領の暴走と言うか、大統領選挙を意識した結果の逆効果がトルコリラを苦しめていますよね… 汗アセ トルコリラの短期見通し 大統領選挙前 以下は高野やすのりさんの言葉を書いていきますね。 結論から言うと、 しばらくは不安定な動きが続く見通しです。 世界的な問題 トルコリラ安は第一に、アメリカの長期金利相上昇によるドル高の裏返しと言う部分があります。 これは以前から予測できたことです。 しかもこれは世界的なことです。 なにもトルコだけの問題ではなく、新興国全体に言えることです。 ただ、この アメリカの長期金利高に十分に準備できていたかどうかと言う問題はありますが…。 トルコの問題 次に 地政学リスク。 隣国シリア内戦に介入し、またテロリスト掃討作戦と称し、トルコ軍はシリア北部のクルド人勢力に対し越境軍事作戦を展開しています。 これは明らかにトルコにとってマイナス。 また同じく隣国のイランの核合意問題。 さらにはトルコ国営銀行がイランと取引したマネーロンダリング疑惑 通称ザラブ問題 も尾を引いています。 さらには 10%を大きく超えるインフレに歯止めが掛からない状態が続いています。 本来こういう場合はトルコ中央銀行が政策金利を上げ、インフレ率を抑える行動をしなければなりません。 しかし一方でエルドアン大統領 トルコ政府 は、景気拡大のために低めの金利を維持したい、出来れば金利を下げたいと思っています。 エルドアン大統領のトルコ中央銀行への圧力もあり、金融政策が後手後手に回っています。 ただ後手後手に回りましたが、ようやく ので、今後については注目したいです。 しかも、インフレ率と同じく 財政赤字の拡大も止まりません。 これまた一方でエルドアン大統領 トルコ政府 は景気拡大のために財政出動をしたがっています。 さらに選挙対策もあって財政パッケージを発表。 結果、インフレ率上昇、経常赤字の拡大につながっています。 止めを刺したのが、エルドアン大統領の「大統領選挙に勝てば、 トルコ中央銀行の 金融政策にもより多くの責任を負う」発言。 これは良くない。 民主主義国家、資本主義国家にあるまじき発言です。 投資家がトルコへの投資を、投機家がトルコリラへの資金を引き上げるのに十分な発言となってしまいました。 トルコリラの中期見通し 大統領選挙後 まず、 大統領選挙・議会選挙自体が民主的に公正に行われるのかの懸念があります。 ロシアの大統領選挙のように、終わってみれば波乱も無く、エルドアン大統領が再選されると思っています。 そうすると今まで以上にエルドアン大統領の力が強くなってしまいます。 これはトルコリラにとってはネガティブな影響を及ぼします。 ただエルドアン大統領もトルコ国民を不幸にしようとは思っていません。 国を良くしようと思う気持ちはあるはずです。 政局も安定するので、これはトルコリラにとって、ほんの少しプラスに働きます。 また先日のトルコ中央銀行の動きを見るに、 トルコ当局にも際限ないトルコリラ安は容認しないぞ!と言う姿勢は見て取れます。 しかし…、残念なことにトルコリラ安を防ぐ手段には限りがあるのが現状です。 トルコ中央銀行は政策金利を大きく上昇させ、インフレ率の高止まりを、トルコリラ安を防ぐ姿勢を見せました。 ただ、 金利の上昇はトルコリラ安を防ぐかもしれませんが、 財政 借金の金利も上昇 の圧迫と景気の腰折れを引き寄せます。 この悪い 負の スパイラルを脱出できるか。 エルドアン大統領 トルコ政府 にとっては難しいかじ取りを迫られるでしょう。 トルコリラの長期見通し• 政治的にも経済的にもアメリカ次第• エルドアン大統領の政治手腕の見極め の2点です。 アメリカの適温経済 現状のようなアメリカ経済は好調も、金利は思ったよりも上昇せず、心地よい状態の経済状況 が続けば、トルコ経済も好調を維持するでしょう。 好調過ぎてアメリカの長期金利が上昇していくと、アメリカ・トルコ間の長期金利差縮小から、トルコからの資金引き上げが今以上に起きて、トルコ経済にとっては厳しくなるかもしれません。 また現在のトルコはロシア寄りです。 アメリカと敵対する行動は市場からは評価されません。 そして次にエルドアン大統領の政治手腕の見極めですが…。 エルドアン大統領は再選するとの前提で 上記通り、トルコという国を良くしたいと思うエルドアン大統領の気持ちは本物のはずです。 ええ…、今更です。 …喜んでいいのか悲しむべきなのか…。 決済後もまた同じように、どーんと下がった時に買って、上がった時に売る。 のを繰り返すのが良いと思います。 含み損は少なく、ダメージは少なく、堅実な投資法でしょう。 サトウカズオのトルコリラ見通し 以上が、高野やすのりさんによるトルコリラ、短期・中期・長期の為替見通しでした。 うーん…、思っていた以上に厳しいお話でしたね。 でも現状トルコリラは政策金利の大幅利上げが効いたのか、政策金利>インフレ率となったことで底堅く推移しています。 さらに取材の数日後、となりました。 またトルコ政府もトルコ中央銀行も、 一定以上のトルコリラ安 1ドル=5. 0トルコリラ? は容認しない姿勢は、はっきりと示しています。 大幅なトルコリラ安はトルコの国民生活に重大な悪影響を及ぼすため、この点はエルドアン大統領にも異論はないでしょう。 1トルコリラ=30円台で買った人 はいはい私です や、20円台後半の人は苦しいでしょうが、22円台や23円台前半では、まだまだトルコリラ買いのチャンスだと思っています。 上にも書いたように 1ドル=5. 0トルコリラはトルコ当局にとって絶対防衛ラインだと思っていますので、正直、買い増ししたい気持ちを抑えているくらいです 笑 7月1日の大統領選挙ではエルドアン大統領が再選されると思いますが、徐々にトルコリラを巡る状況は好転していると思っています。 1トルコリラブログの1管理人の意見です 今回はさんを取材させていただきました。 しかし、皆さんにとってはトルコリラの高スワップポイントでの長期運用をFXプライムbyGMOさんでするかというのは、また別の話でしょう。

次の