アフターピル 通販 危険。 危険!ロエッテをアフターピルとして飲む方法が間違ってます!!

通販の低用量ピルは危ない?病院で処方してもらうべき?医師が解説します。

アフターピル 通販 危険

「低用量ピル」を使った避妊法は、欧米では広く使われています。 でも、 本当に通販サイトで購入って大丈夫?!…本当は危険なのです!! 通販サイトでピルを購入することの危険性をご紹介します。 低用量ピルは欧米でも広く使われている、便利で保険も効く避妊法です。 日本でこそまだあまり認知されていませんが、妊娠しなくなるほかに生理が軽くなる、出血量が減る、周期が28日にそろうなどさまざまな良い作用があります。 そんな便利なピルですが、基本的に日本国内で入手するには病院での診察を受けて処方せんを発行してもらってからでないと購入することができません。 ですが、ピルは通販で買うことも可能と言われています。 そこで今回は、ピル通販の安全性について解説します。 ピルを安く通販サイトで購入しようと考えている方は、要チェックです。 ピルの通販サイトって危険なの?安全なの? 今の日本で通販サイトとはあまり危ないイメージはありませんよね。 Amazonや楽天など有名な通販サイトもあり、気軽に通販を楽しむことができる時代です。 しかし、ピルの通販だけは危険があります。 それは、ピルの通販サイトのほとんどが海外サイトだからです。 日本では「薬機法」という法律が制定されており、この法律により、 処方せんを必要とする副作用の強い薬は通販などができないようになっています。 ピルも副作用が強い薬に該当するため、日本国内では基本的に通販サイトで売買することはできません。 海外の通販サイトの場合も、ピルについて詳しい人が運営している訳ではないため、偽物の薬や不純物が混ざっている薬が売られているなどの黒い噂があとを立ちません。 そのため、ピルの通販サイトは危険なのです。 ピルの通販サイトが危険な4つの理由 では、具体的に通販サイトでピルを購入することの、危険な理由を4つご紹介します。 日本国内で正規に流通している医薬品は、薬機法に基づいて品質の確認がされていますが、個人輸入される外国製品にそのような保証はありません。 海外の工場が不衛生な環境であるかもしれませんし、販路や保管環境も不明です。 薬によっては温度や湿度、光で変質してしまうものも多数あります。 手元に届いたころには効果が消えていた、では何のためにお金を払ったのかわかりません。 投薬というものは性別、身長、体重、既往歴、体調、他の薬との飲み合わせ、アレルギー、遺伝的要素など数多くの要素を総合的に判断して行なわれる高度な医療行為です。 適切な投薬が行なわれないと効果が出なかったり、副作用が発現したりします。 素人判断での処方薬の投薬はみなさんの想像以上に危険です。 診察は薬を出すまでだけのものではありません。 診察して適切な薬を処方したのち、経過も見てくれます。 ピルのようなホルモンバランスをコントロールする薬は不正出血・吐き気・ほてりなどさまざまな副作用の発現が考えられます。 副作用が出た場合に、もしインターネットで購入した薬であれば、病院にかかってもすぐに対応するのは難しいです。 また、中には堂々と 違法な薬物も扱っていたり、偽薬を箱に詰めて売っていたりと、完全に違法なものも数多く存在します。 そのようなサイトは司法の手をかいくぐるために振込先はダミー会社や個人の捨て口座です。 もちろん注文したあとは住所、メールアドレスを含めた個人情報がすべて向こうの手に渡っています。 一件いくらで売買され悪用されるかもしれませんし、犯罪に巻き込まれるかもしれません。 ピルの正しい購入方法 冒頭でも説明した通りピルは処方薬です。 処方薬ということは必要なのは処方せんです。 処方せんを発行できるのは医師ですね。 ということで病院に行って診察を受けましょう。 できることなら家から通える範囲の産婦人科や婦人科、レディースクリニックを探しましょう。 これらの科ならば、ピルについて詳しいアドバイスがもらえるでしょう。 通いやすい病院や話しやすい先生が見つかればより良いですね。 ピルの正しい購入方法についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 病院と通販サイトで購入できるピルの違い 病院と通販サイトで買うピルを比較するとどのような違いがあるでしょうか。 アフターピルの場合ですと保険外になるため5,000〜20,000円の間です。 ピルをもらうための診察代もかかります。 初診で1,000〜2,000円、再診で500〜1,000円くらいの価格帯が多いです。 2回目からも同じ病院に通えば少し費用を抑えることができます。 そのほかに、ピルの副作用である吐き気や胃の荒れを抑えるために、吐き気止めや胃薬が一緒に出ることがあります。 こちらは各ドクターの判断によりますが、保険適用で500円もしないでしょう。 合計すると病院でかかる費用は、3,000〜5,000円の間ですね。 通販サイトの場合 サイトにもよりますが、1箱1,000円、6箱だと2,500円で送料はほとんどかからないようです。 かかるのは振込手数料くらいです。 ピルの通販サイトが安い理由については、以下の記事で解説しています。 海外産の出どころのわからない薬はだれもその品質を保証してくれる人がいません。 万一その薬を服用して健康被害にあっても保証してくれる制度がありません。 ピルのような体内のホルモンに作用して体調を大きく変化させる薬に対して、医師の診察も、その品質の保証もなしに服用するのはどれだけ恐ろしいことか。 もう一度よく考えてみる必要があるでしょう。 医師はこれらの中から 患者に一番適したピルを慎重に処方します。 その際、参考にする項目は体重・既往歴・アレルギー・家族歴・たばこの本数など実に多岐にわたります。 通販サイトですと多くのピルの中から選ぶことはできませんし、何より選ぶのは素人である自分です。 安全に避妊ができる確率は、下がってしまいますよね。 結論|ピルの通販サイトは危険! もちろん「服用が終わったら結果としてうまくいっていた、健康被害もなかった。 」通販サイトでそうなることもあるでしょう。 でもそれはあくまで結果論です。 「通販サイトは薬剤師もついていて、信頼できるから大丈夫。 」仮にその通販サイトが大丈夫でも、通販サイトの輸入先の会社、工場の事情がいつ変わるかはわかりませんし、製造環境が清潔かもわかりません。 信用できる薬が手元に届く、ということは製造者・輸送者・販売者・処方する医師すべてが完全に信頼、保証できなければなりません。 そう考えると安全な薬が手元にあるということは、どれだけ価値のあることでしょうか。 これが絆創膏や包帯であれば、まだ海外産であっても、体内に直接入れるものではないので最悪の事態は回避できるでしょう。 しかし、体内に入れる薬、ましてやピルのように重要な薬だけは、慎重に考えましょう。

次の

モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)

アフターピル 通販 危険

通販の低用量ピルは危険なの? まずは通販の低用量ピルについてです。 通販の低用量ピルは非常に危ないと言っても過言ではないでしょう。 通販の低用量ピルはほとんどが個人輸入をして販売しているものとなります。 日本の法律では、医薬品を個人輸入をしてよい例について大前提は自分自身で使用する場合としています。 また医薬品医療機器等法に違反する輸入でないことを証明する「薬監証明」を取得していることが必要となります。 ですが、インターネットでの通販の場合この薬監証明を本当に取得しているかどうかが分かりません。 違法に医薬品を売っている可能性があるという点で危険です。 これに加えて低用量ピルそのものも通販では疑わしいものであることがあります。 低用量ピルにまつわる通販のトラブルとして、挙げられている例を見てみると、 内服を記録するためのシールなどの付属品が入っていなかった、低用量ピルが破損していたなどがあります。 必要な付属品などが入っていなければそもそも本物かどうかが疑わしいものとなります。 また、 破損している医薬品は、医薬品の効果を発揮することが疑わしくなり避妊薬や生理のコントロールとしての効果が疑わしくなります。 ですので、仮に破損している低用量ピルを服用してもきちんと避妊効果などが出ない可能性が充分にあります。 さらに、 ホルモンの配合量も不明なものが多いため、 副作用が強く出てしまい辛い思いをしたという例もありますし、 ホルモンと混じって他の薬物が混入されていたというケース、 ネットの画像を充分に確認して購入したが、全く違う商品が贈られてきたという例もあります。 過去には個人輸入したアフターピルをフリマアプリで売買して逮捕された人もいます。 これらのことから、やはり安全ではない可能性のある方法で入手、販売をしている商品をいくら安いとはいえ、購入することは危険でありおすすめできません。 値段が安すぎるものは特に危険であり、 1シート2000円以下の場合には、真贋を疑うべきです。 低用量ピルはたとえジェネリックであったとしてもこんなに安いものはありません。 医師に処方してもらうのが安心?低用量ピルを服用出来ない人もいるの? これらのことから、やはり低用量ピルは医師に処方してもらったものを使用することをおすすめします。 また、 低用量ピルはすべての方が内服できるというわけではありません。 低用量ピルには重篤な副作用になり得る血栓症をはじめ、注意すべき副作用があります。 このことから、 血栓症を引き起こしやすい可能性のある方(手術直後の方や、出産直後の方など)、過去に血栓症になったことのある方、 35歳以上で1日15本以上の喫煙中の方は、低用量ピルを内服することができません。 また、女性ホルモン剤という観点から乳がんの方や乳がんの疑いのある方、生理ではない異常出血があり、この原因が確定していない方も服用することができません。 このように低用量ピルは命にかかわる可能性のある副作用もあり、服用が危険な方もいます。 ですが、通販での購入は医師による診察がないため、この副作用のリスクを知らなかったり、内服をしてはいけないことを知らなかったりして、内服をしてしまえば、避妊のために使用していた薬が結果として危険な薬へと変わってしまう可能性があるのです。 医療機関から処方されていればこの点をしっかりと診察をしたうえで処方してくれるので安心して服用できます。 また、通販では副作用が出た場合にフォローを受けることができません。 副作用が出たとして医療機関を受診したとしても個人輸入で手に入れて服用した薬の成分や副作用等に関する十分な情報をもっていないため、正しい診断を下したり迅速に対応したりすることが困難な場合もあります。 ですので、 医療機関で処方された低用量ピルを使用されることをおすすめします。 チャット型のオンライン診療も危険なの? 新型コロナウイルスの影響もありオンライン診療が近年急速に普及しており、 オンライン診療で低用量ピルの処方をすることができるようになりました。 オンライン診療も基本的にはスマートフォンなどを活用して顔を見ながら話をする、あるいは、顔が見えなくても通話をしながら診察を行った上で薬を処方することが推奨されています(通話での診察が可能なのはコロナによる特例期間中のみです)が、 やむを得ない場合には文字のみのやり取りも可能としており、これによって中にはチャット型で薬を処方することができる場合もあります。 ですが、このチャット型のオンライン診療についても不安が残るところです。 なぜならば、チャット型の場合、誰が返信をしているのかが分からない場合があるからです。 本当に医師がしているのかが分かりません。 また、厚生労働省は 「オンライン診療は、文字、写真及び録画動画のみのやりとりで完結してはならない。 」 としていますので、オンライン診療のみで診療を完結している医療機関は 不信感が残るところでもあります。 確かに、文字だけのやり取りはとても楽ではありますが、通販での低用量ピルの入手と同様に不信感が募るところです。 そのため、低用量ピルを正しく使いたいという方は顔の見えるオンライン診療を受けることをおすすめします。 クリニックフォアでは、 スマートフォンやパソコンのビデオ通話を活用したオンライン診療を行っています。 インターネット上での予約と問診票の記入で診察をさせていただき、低用量ピルを処方させていただいております。 決済もインターネット上で完結し、処方した薬は郵送をさせていただきますので、手間もほとんどかかりません。 低用量ピルの処方を検討されている方は、クリニックフォアのオンライン診療を是非ご活用ください。

次の

アフターピルに副作用や生理への影響はあるの?病院以外の処方方法

アフターピル 通販 危険

ピルの通販は危険? ピルの通販が危険と言われている理由はいくつかあります。 その理由は、偽物が送られてくる とか、違法だ!と言うものが殆どです。 ピルの通販は違法? ピルを通販で購入する事は違法ではありません、合法です。 これは個人輸入として購入していますから完全に合法です。 ただ厚生労働省のホームページでは、こんな事も記載されています。 2か月分の数量、範囲を超えた個人輸入の場合、薬監証明の申請が必要となります。 上記のように明記されていますから、 2か月分を超える用量の医薬品を一度に購入する事が禁じられています。 ですので、上記の範囲内でピルを購入する事については合法であると言うわけです。 個人輸入の何が違法なの? これについては、違法な人が居ると言う方が正解です。 TwitterなどSNSでピルなどの処方箋が必要になる薬剤を直接手渡しで販売している人がいるからです。 個人輸入した医薬品については 日本国内での譲り受け・譲り渡しは違法となっていますから、売るのも買うのも違法になると言うわけです。 これを違法だと知らずに安易にTwitterなどで、人から買ってしまうと、それは違法な行為ですから知らなかったでは済まされませんし、危険だとしっかり認識しておく必要があります。 安全なピルの入手方法 もちろん産婦人科やレディースクリニックで処方して貰うのが一番安心かつ安全な方法なのは言うまでもありません。 しかし、産婦人科やレディースクリニックを受診してピルを処方して貰うには、 初診料や診察料などが掛かった上に ピルが1シート 1か月分 が約3000円掛ります。 お金に余裕がある方は安全で安心な方法で買う事をオススメしますが毎月受診して3000円払うのは経済的に厳しい!と言う方もいらっしゃると思います。 安くて安全なピルの購入方法は? まずはピルの種類と価格を知る必要があるでしょう 一言でピルと言っても沢山の種類があり、同じ成分でも価格の安いジェネリック 後発医薬品 もありますし、各社から同じ成分のジェネリック薬も沢山発売されています。 安くピルを購入する場合、やはり一番安い方法は通信販売になります。 通販で買う場合の ピルの相場価格帯は1箱2500~3000円程度です。 産婦人科やレディースクリニックの場合は診察料と処方代が掛からないのと、正規薬な分高額になってしまいます。 ジェネリック薬のピルの種類と最安値一覧 避妊用の低用量ピルと言っても以下のように世界中の製薬会社から沢山の商品が発売されています。 特に初めてピルを利用する方にとっては何を基準で選ぶと良いのかも分からないと思います。 上記の低用量ピルの中で一番売れているのは価格が一番安いです。 上記はどれを選んでも、低用量ピルのジェネリック医薬品ですから、クリニックや産婦人科で処方される薬と成分は同じです。 成分が同じなら、価格が安い商品を選びたいですよね。 もちろん、も同じ理由で一番売れています。 ジェネリック医薬品は、なぜ安いの? ジェネリック医薬品とは 後発薬です。 先に正規の商品が発売された薬の成分をマネして作られた商品ですから、一番最初に発売する薬よりも圧倒的に研究開発費が掛かっていないから安いのです。 新しい薬を開発する時は、有効成分が本当に効果あるか?実際に薬を飲んで副作用が無いか?本来の目的が果たせているか?と言う多くの実験と検証を重ねて作られていますが、 ジェネリック医薬品は既にあるデータを元に作られたほぼ同じ成分のお薬だから安価で販売出来るわけです。 ジェネリック医薬品は有名な医薬品や、産婦人科やレディースクリニックで処方されるお薬と同等のお薬ですから 安全に安心して服用する事が出来ますし、価格も安く購入する事が出来るお薬です。

次の