アンドレ スク。 【テニス】称賛された19歳アンドレスク、セレナに対するふるまい (1/2)

B.アンドリースク vs 大坂 なおみ

アンドレ スク

アンドレスクは日曜日のトロントでの決勝で、セレナが涙を流しながら背中のケイレンのためもう試合を続けられないと言ったあと、ロジャーズ・カップ優勝を遂げた。 セレナの決断は最初、アンドレスクを唖然とさせたが、彼女はすぐに37歳のセレナのもとに行くと慰めの言葉をかけた。 「私はかなり外向的な性格なの。 そして私は自分自身、昨年は背中、ここ数ヵ月は肩と、多くの故障を潜り抜けてきたから、彼女がどんな気持ちでいるか正確にわかっていたの。 あの瞬間に何を言ったらいいかもわかっていると感じていた」と、アンドレスクは月曜日にカナディアン・プレスの電話インタビューに答えて言った。 セレナはアンドレスクのことを「古式豊かな良い心を持った人」「素晴らしいスポーツウーマン」と呼んだ。 これらの言葉はアンドレスクにとって大きな意味を持っていた。 彼女はセレナをアイドルと崇めながら育ってきたのである。 「これまでの人生を通し、私は彼女(セレナ)のプレーを見て育ってきた」とアンドレスクは言った。 「彼女はチャンピオンであり、コート内外でのインスピレーションの源よ。 だから彼女の口から私について、そのような言葉が出たという事実はかなりすごいことなのよ」。

次の

【テニス】称賛された19歳アンドレスク、セレナに対するふるまい (1/2)

アンドレ スク

9月8日 男子シングルス決勝は第2シード、33歳のが第5シード、23歳のを7-5, 6-3, 5-7, 4-6, 6-4、4時間50分のフルセットで破り、USオープン4度目の優勝、グランドスラム大会19回目の優勝を果たした。 前日行われた女子シングルス決勝では第15シード、カナダの19歳、が第8シード、グランドスラム大会23度の優勝を誇る37歳のを6-3, 7-5で破り、カナダ人男女を通じてグランドスラム大会初優勝を成し遂げた。 ナダル5時間の死闘制す 凄いバトルだった YouTubeハイライト 第1セット、先にブレークしたのはメドベージェフ。 第2セットもメドベージェフが先にブレーク・チャンスを掴むなどするが、ナダルが2セットアップする。 第3セット、ナダルは第5ゲームでブレーク。 ナダルのストレート勝利かと思われたが。 メドベージェフの挽回がここから始まり、2セットオールに。 ファイナル・セット ナダルの流れが止まり、10歳若いメドベージェフがゲームの主導権を握る。 第2ゲームはナダルのサーブで15-40。 デュースに持ち込むが、ボレーをミスし、3度目のブレーク・ポイント。 ここでなんとナダルは2度目のタイムバイオレーションを取られ、セカンドサーブからとなる。 そんなプレッシャーの中でサーブをキープ、1-1とする。 そのピンチを逃れると流れがナダルに、第5、第7ゲームをブレークし5-2に。 5-2、ナダルのサービング・フォ・ザ・チャンピオンシップだが30-40とブレーク・ポイントを握られる。 ここでナダルまたもタイムバイオレーションを取られ、ファースト・サーブはフォルトに、 するとセカンドサーブもフォルト、ダブルフォルトでサーブをダウンする。 メドベージェフ3-5のサーブでチャンピオンシップス・ポイントを2度掴まれるが3回のデュースの末に、キープする。 大盛り上がりの観客はメドベージェフの頑張りに味方し始めた。 ナダル、5-4、2度目のサービング・フォ・ザ・チャンピオンシップは30-40とブレーク・ポイントを握られた。 がデュースに持ち込み、3度目のチャンピオンシップ・ポイントを握る。 ナダル、Tへサーブ、そのリターンはロングになり勝利が決まる。 コートに大の字になるナダル、2年ぶり3度目のUSオープン、19回目のグランドスラム大会優勝を決めた。 アンドレスク 5-1から5-5と追いつかれたが 37歳のセリーナを破ったアンドレスク19歳 19歳のアンドレスクが6-3,5-1と37歳のセリーナを圧倒する。 5-1、アンドレスクのサービング・フォ・ザ・チャンピオンシップ、 30-30からTへサービス・エース級を決め40-30とチャンピオンシップ・ポイントを握る。 続ゲーム、セリーナは15で、3-5とキープ 5-3、アンドレスクのサービング・フォ・ザ・チャンピオンシップ。 1ポイントセリーナが取ると凄い観客の応援だ。 なんとラブでブレーク、大歓声。 セリーナがキープし、5-5と追いつく。 5-5、アンドレスクのサーブ、ダブルフォルトなどあるが、30でキープ、6-5とする。 5-6、セリーナのサーブ、15-40、ここをサービス・エースで逃れ、30-40。 3度目のチャンピオンシップ・ポイント、アンドレスクはセリーナのセカンドサーブをフォアに回り込みストレートに決めた! 苦しい時間を戦い抜いたアンドレスクが初優勝だ。 昨年のUSオープンでは予選1回戦負けだった。 それが、今年、いきなり3月のBNPパリバ・オープン、8月のロジャーズ・カップのメジャータイトルを獲得。 初めて本戦に出場した全米では、一気に優勝までしてしまった。 大阪の靱(うつぼ)テニスセンターで行われる。 錦織圭(日清食品)の次の出場予定大会は9月30日からの。 来年の東京オリンピック会場、有明で行われる。

次の

アンドレ・スクフカ&カタリーナ・ベンチュリーニ

アンドレ スク

ビアンカ・アンドレスク(カナダ)にとっての問題は続いている。 2019年「全米オープン」優勝者であるアンドレスクは、長く厳しい試練の時を過ごしており、昨年10月30日に「WTAファイナルズ」でのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)との試合で左膝に怪我を負って以来、ずっと試合から遠ざかっている。 そんな彼女がNetflixにはまっていると、Tennis World USAが伝えた。 アンドレスクは昨年の「全米オープン」と「ロジャーズ・カップ」の覇者で、どちらの大会でも決勝でセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を破ってタイトルを手にした。 また彼女は、グランドスラムのシングルスで優勝した初めてのカナダ人選手であり、カナダで開催される最大の大会である「ロジャーズ・カップ」をカナダ人選手が制したのも、50年ぶりのことだった。 さらに、十代の選手がグランドスラムのシングルスで優勝したのは、2006年のマリア・シャラポワ(ロシア)以来。 中止になってしまった「マイアミ・オープン」での復帰を目指していたアンドレスクは、リハビリの日々について「 Netflixにはまっているの。 いいことではないと思っているけど、私にとってはそれが一番の癒やしなのよ」 「(リハビリは)毎日慎重に進めて、日に日に良くなっている。 そのことはすごく嬉しく思っているわ。 たくさん膝のリハビリをして、強化もたくさんしてきた」と語っている。 さらに「東京オリンピック」(日本・東京/7月25日~8月2日/室内ハードコート)についても、「本当に楽しみにしているの。 100%ね。 12歳の頃を思い出すわ。 そして今年、十分なチャンスがあるから、すごく興奮しているわ」と触れた。 「オリンピックに出場したことのあるアスリートたちから聞いたのだけれど、人生最高の経験の一つだそうよ。 だからオリンピック出場は間違いなく私の目標。

次の