エドガー フーバー。 フーバー極秘ファイル

映画『J・エドガー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

エドガー フーバー

John Edgar Hoover 1 January 1895 — 2 May 1972 , better known as J. Edgar Hoover, was an American detective and the first Director of the of the United States. Hoover has been credited with building the into a larger crime-fighting agency than it was at its inception and with instituting a number of modernizations to police technology, such as a centralized fingerprint file and forensic laboratories. Later in life and after his death, Hoover became a controversial figure as evidence of his secretive abuses of power began to surface. He was found to have exceeded the jurisdiction of the , and to have used the to harass political dissenters and activists, to amass secret files on political leaders, and to collect evidence using illegal methods. Hoover consequently amassed a great deal of power and was in a position to intimidate and threaten sitting presidents. However, was recorded in 1971 stating that one of the reasons he did not fire Hoover was that he was afraid of reprisals against him from Hoover. President said that Hoover transformed the into his private secret police force: … we want no Gestapo or secret police. The is tending in that direction. They are dabbling in sex-life scandals and plain blackmail. Edgar Hoover would give his right eye to take over, and all congressmen and senators are afraid of him. — ジョン・エドガー・フーヴァー 1895年1月1日 — 1972年5月2日 は、の初代長官である。 1924年5月10日に司法省内の捜査局(Bureau of Investigation:BOI)の第6代長官に任命され、組織がに改称された後の1972年に死去するまで長官職にとどまった。 就任当時の第からまで、8代の大統領に仕え、これは現在に至るまで合衆国で、最も長く政府機関の長を務めた人物の記録となっている。 なお彼以降は長官任期は、10年に制限されている。 フーヴァーはを巨大な犯罪捜査機関として強化したことや、指紋ファイルや法医学研究所などの捜査技術の近代化と科学的な捜査手法を導入したことで称賛された。 晩年と死後、フーヴァーは権力の乱用が明らかになり賛否を呼んでいる。 彼はの管轄権を超え、政治的な反対者や活動家に対してを使って秘密ファイルを作成し、不正な方法を使って情報を収集したことが判明した。 その結果フーヴァーには権力が集中し、大統領をも脅かす存在となった。 伝記作家のケネス・アッカーマンはフーヴァーの秘密ファイルが大統領による罷免から彼を守ったという考えは誤っているとする。 しかしは1971年にフーヴァーを罷免しなかった理由の1つとして、フーヴァーからの報復を恐れていたと述べている。 によると、フーヴァーはを秘密警察へと変えた。 は次のように述べている:「ゲシュタポや秘密警察は欲しくない。 はその方向に向かっている。 彼らはセックススキャンダルと明らかな脅迫でをしている。 J・エドガー・フーヴァーは支配し、との全ての議員は彼を恐れている。 生い立ち ワシントンD. 生まれと自称していたらしいが、生い立ちの詳細はほとんど知られていない。 出生証明書は彼が43歳となった1938年までファイルされなかった。 よく知られる初期のプロフィールは、ジャーナリストのジャック・アレグサンダーが1937年にニューヨーカー・マガジンに執筆した物による。 実父は、連邦政府職員であったが心を病み療養生活に入っていた。 高校卒業後、アメリカ議会図書館で働きながら、ジョージ・ワシントン大学で学士号を取得後、1916年、ジョージ・ワシントン大学ロースクールを卒業。 1917年にはジョージ・ワシントン大学から法律学の修士号を取得、また司法試験にも合格した。 学生時代にフラタニティの1つである「カッパ・アルファ・オーダー」のメンバーとなった。 この図書館勤務でファイリング術を体得している。 司法省からへ 大学卒業後、司法省に入省し、在留敵国人登録課長としてその有能さをすぐに証明した。 1919年に司法省の新しい諜報部門の長となった。 1921年には捜査局副長官、1924年に29歳の若さで長官に就任した。 就任当時、捜査局には441人の特別捜査官を含むおよそ650人の職員が在籍していた。 彼はそれまで予算も少なく腐敗した弱小官庁だったの組織改革に意欲的に取り組んだ。 職員の私生活を調査し、不倫・同性愛・借金、さらには体重などを理由に次々に職員を解雇していった。 代わりにアメリカ全土から優秀な警察官を採用した。 ただ、フーヴァーは人種差別主義者であり、当時の捜査官に有色人種をほとんど起用しなかった。 一方、日系人の強制収容には「スパイと思しき者たちは真珠湾攻撃の直後にが既に拘束している」として反対し、罪と能力への偏見を明確に分けていた。 就任中は、1930年代のギャング狩り、中のスパイ摘発、戦後の期初期に台頭した(いわゆる赤狩り)には非米活動委員会と協調した諜報活動を行うなど、時代の要請に応じて様々な活動を指揮した。 こうした彼の指揮する諜報活動は連邦議会議員にまで及んでおり、そこで得たスキャンダル情報を盾に政治家さえも対応に窮するほどであった。 こうした中、捜査局は1933年に捜査部(Division of Investigation:DOI)に、1935年にに変革改名され、1939年にはが国内の諜報分野で卓越した能力と権限を持つことになり、1924年から1971年まではの予算審議をいっさい行えないほどの「聖域」を築いた。 1966年に長官としての功績に対し栄誉賞を受賞した。 Official and Confidential(公式かつ機密) フーヴァーは人々の情報、特にの記録とは別に非公式に政治家達の情報を収集してファイルに収録することでその影響力を蓄えていった。 アメリカ大統領を筆頭にした政権の閣僚のスキャンダルも収録していたため、大統領さえも彼に手を出せなかった。 『大統領たちが恐れた男』の原題である Official and Confidential(公式かつ機密)は、フーヴァーが収録したファイルの名前を元にしている。 「フーヴァー・ファイル Files of J. Edgar Hoover」には、有名人に対する恐喝や政治的迫害が記録されている。 は、自分が議員だった頃の電話を盗聴したのかフーヴァーに何度も電話で尋ねた。 は、海軍に勤務していた20歳当時、女性との性的な関係を実際に盗聴されてしまった。 政治家からの追及 1960年代の始め、議員のエドワード・ロングは聴聞会を開き、の盗聴を追及した。 フーヴァーはこれに激怒し、彼に命じられた側近と捜査官の2人が、ロングのスキャンダルをいくつか収録した「公式かつ機密」ファイルを本人に見せに行った。 以後、ロングの追及は尻すぼみとなった。 1961年に大統領に就任したもフーヴァーを免職しようとした。 フーヴァーはすぐにのもとに行き、もし免職したら自分が持っている情報(の女性問題や、自らも親しいなどのマフィアとの関係)を公開すると言い放ったという。 がを厳しく締め上げたとき、フーヴァーの片腕のクライド・トルソンは「誰かが奴を撃ち殺してくれればいいのに」と言い残している。 フーヴァーの死の直後、が部下に命じてフーヴァーの書斎を調査させた。 その「遺産」の内容を見たは激怒したと言われている。 その非公式の「遺産」は膨大な量だったと言われ、事実、秘書のヘレン・ギャンディが処分に数日を費やしたほどだった。 マフィアとの関係 競馬など賭博好きのフーヴァーは、当時度を超した影響力で非難が高まっていたものの、賭博に強い影響力を持っていたや、などのマフィアに対して、「の管轄外である」として強い態度に出ることはなかった。 また、マフィアから収賄があったことが死後明らかになっている。 私生活 フーヴァーが同性愛者であり、服装倒錯者だったという推測及び噂が生前から多く出回っていたが、上記のように自らの記録を残さないようにしていたこともあり明確な証拠は殆ど残されていない。 フーヴァーはのアシスタント・ディレクターであったクライド・トルソンと40年以上の付き合いがあり、彼らはしばしば共に休暇を取り、毎日昼食を共にとっていた。 トルソンとの関係を証明する写真をマフィアが所有していたという噂もある。 また、彼らは両方とも生涯独身であり、フーヴァーは1938年に母親が亡くなるまで母親と同居していた。 のメンバーでもあった。

次の

ジョン・エドガー・フーヴァー

エドガー フーバー

の紹介:2011年アメリカ映画。 FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバー(J・エドガー)の知られざる半生記。 隠し通した真実と愛を描く。 「だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。 」というキャッチコピーでクリント・イーストウッドが監督、『ミルク』(2008年)でアカデミー脚本賞を受賞したダスティン・ランス・ブラックが脚本を務め、レオナルド・ディカプリオが主役エドガー・フーバーを演じています。 監督:クリント・イーストウッド 出演:レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー)、ナオミ・ワッツ(ヘレン・ギャンディ)、アーミー・ハマー(クライド・トルソン)、ジョシュ・ルーカス(チャールズ・リンドバーグ)、ジュディ・デンチ(アニー・フーバー)、ほか J・エドガーのネタバレあらすじ:2. 壮烈な人生の幕開け 1919年、エドガーがまだ司法省に入りたての24歳のとき、最初の上司であったA・ミッチェル・パーマー司法長官の自宅が、爆破テロを受けました。 その夜は8件の爆破テロが同時に起きました。 すべて共産主義者による犯行でした。 当時の警察の捜査はとても杜撰なもので、現場に残された犯人の血を血痕も取らずに水で洗い流したり、指紋も採取せずに手袋をしないで証拠品を触ったり、現場のものを動かすなどが当たり前の時代でした。 エドガーはその現場で犯人が残した証拠となるビラを拾いました。 この爆破事件を受けて司法省は特別捜査チームを編成しました。 エドガーはその責任者として任命されました。 爆破事件で科学的な捜査が必要と開眼したエドガーは、過激派や容疑者たちをリスト化し、個人情報をファイル化していきました。 エドガーは全国民の指紋などの個人情報データを集約し、犯罪捜査に利用する構想を抱いていました。 そんな中、エドガーは若くて美しいヘレン・ガンディと出会いました。 エドガーは彼女に一目惚れし、結婚を申し込みますが、断られました。 エドガーは「仕事に生きる」と言うヘレンを自身の秘書としました。 エドガーは部下たちと共に、過激派たちのアジトを襲撃し、見事に一斉逮捕することに成功しました。 この成功を機に、エドガーは犯罪者や容疑者から指紋を採取し、データ管理するという科学的捜査を取り入れました。 そんな折、エドガーは司法省捜査局の局長代行というポストに任命されました。 エドガーはそこで捜査局が政治から切り離される事といった条件を出し認められました。 FBIの前進となる組織の誕生です。 権力を手中に入れたエドガーは盗聴などで得た極秘資料は、全てヘレンに託すことにしました。 エドガーは時の大統領ケネディの盗聴までし、それをネタに自身の保身にも力を入れました。 エドガーはクライド・トルソンという男を新任捜査官として雇い、直に副長官に任命して、常に彼を傍に置きました。 トルソンは同性ながらも、エドガーに想いを寄せていきました。 J・エドガーのネタバレあらすじ:3. リンドバーグ誘拐事件 1932年、リンドバーグ家の乳児が誘拐されるという事件が勃発しました。 この事件を好機とみたエドガーは、これまでの杜撰な捜査を改めるため、全米で採取された指紋など情報データを捜査局に集める法律などを作りました。 エドガーの中央集権システムの第一歩が成されました。 エドガーは独自の基準で、捜査官を厳選・採用し、綱紀を粛正し、科学捜査を導入してFBIを作り変えていきました。 その一方でエドガーは政治家のスキャンダルを極秘ファイルとして収集して、自身の権限を縮小しようとする大統領を黙らせるという隠然とした力を得ていきました。 エドガーの奮闘虚しく、リンドバーグ誘拐事件は乳児が遺体となって発見されるという悲劇的な結末に終わりました。 しかし、これによりエドガー率いる捜査局は、逮捕権と武器を持つ権利を法的に得ました。 そして数年後、エドガーは誘拐事件の犯人としてドイツ人のハウプトマンを逮捕しました。 それを機にアメリカ国民は、FBIの指紋採取などの科学捜査の重要性に理解を示しました。 エドガーは次第にアメリカでの権力を強固なものとしていきました。 J・エドガーのネタバレあらすじ:4. エドガーの裏の顔 エドガーは実は同性愛者でしたが、その事をひたすら隠して生きていました。 母アンナ・マリー・フーバーは同性愛者や女々しい男を忌み嫌っていたからでした。 ある日、エドガーは世間の目もあるため、自分を偽ってある映画女優と結婚をしようとしました。 エドガーがその事を側近のトルソンに相談すると、トルソンは烈火のごとく怒り、エドガーに二度と女の話をしないように約束させました。 エドガーはその権力を使って、政治家などを脅してきました。 しかし、エドガーも歳には勝てず、その力は次第に及ばなくなってきていました。 そんなある日の朝、エドガーはいつものようにトルソンと食事を共にしました。 エドガーはトルソンに、盗聴したテープを使って、キング牧師のノーベル平和賞受賞を阻止しようと画策します。 しかし、それは失敗に終わりました。 そして、リチャード・ニクソンが新大統領として就任した頃、エドガーは「世の中の動きに無関心で、過去から学ぼうとしない社会は、やがて滅びる。 我々は歴史を忘れてはならない」と考え、FBIの権力をより強固なものにしようとしていました。 その頃、側近トルソンの様態は芳しくなく、エドガーはトルソンを失うことを酷く恐れていました。 また、エドガーは自身の身に万が一のことがあればと、長年秘書として仕えてきてくれたヘレンに言い、極秘ファイルを彼女に託しました。 ヘレンは「どんな圧力があっても渡さない」とエドガーに約束しました。 J・エドガーの結末:真実 そして、エドガーはトルソンと食事を共にしました。 トルソンは引退しようとしないエドガーに、エドガーがスミス捜査官に自分の功績として語った回顧録は誇張されていて、嘘も混じっていると指摘しました。 エドガーはそれを素直に認めて、トルソンに「局内には誰も信頼できる人はいない。 君だけなんだ」と告げました。 その夜、エドガーは自宅で倒れ、息を引き取りました。 翌朝、その一報を聞いたヘレンは、いち早くエドガーの部屋の極秘ファイルを隠匿します。 ニクソンは部下たちをエドガーの部屋に送り込み、極秘ファイルを回収しようと心ましたが、デスクの中には何も残ってはいませんでした。 極秘ファイルの内容は誰にも知られることはありませんでした。 トルソンはエドガーの家を相続し、棺を覆った星条旗を受け取りました。 そしてエドガーの墓の傍で、トルソンも永眠しました。 以上、映画J・エドガーのあらすじと結末でした。

次の

J・エドガー の レビュー・評価・クチコミ・感想

エドガー フーバー

エドガー・フーバーには興味があったので、日比谷シャンテで上映していることをみつけてすかさず観賞しました。 ・ストーリー展開は、エドガーの後述をFBIの広報官(スミス捜査官w)が筆記していく形で進みます。 回顧録として事件などをとりまとめていく方法で見せていきますが、話がそれぞれに絡んだり飛んだりしていくので少々とっちらかり気味で、デカプリオのメイクで時系列を確認する感じになります。 イーストウッドのいつものやり方なんでしょうが、少々外し気味かと思います。 話がとっちらかり気味という印象です。 ・ディカプリオとアーミー・ハマーの演技、特に老け演技が良かった。 具体的には身体の動き、関節の硬さ・不自由さ、セリフ回しが自然でした。 遠目からは、それぞれ別人?と思いましたが、寄った映像みたら特殊メイクとすぐに分かったのでメイクは落第です。 ・キャラに色んな要素が盛り込まれています。 特に、エドガーのマザコン具合、同性愛(なのか?)、独りよがりの正義感、偏屈さ、献身と傲慢などなどが盛り沢山です。 それに周りのキャラが絡み合っていきます。 正義ってなんでしょうね。 エドガー・フーバーって悪人と言い切れませんが、決して善人でもないですよね。

次の