橘 ふれあい 公園。 キャンプという名の野外飲み会:【千葉】橘ふれあい公園キャンプ場

施設案内

橘 ふれあい 公園

12月15日(土)~12月16日(日) 週末は、いつもの川友と忘年ジンギスカンキャンプ。 川下りはせずに、ただジンギスカンをたらふく食べようという企画です。 場所はこれまたいつもの橘ふれあい公園キャンプ場。 今時ありがたい公営の無料キャンプ場です。 いつものお仲間と、いつものごとく楽しい時を過ごしました。 12月15日(土) 自宅を12時に出発。 ゆらどん家に集合して、ふなっしーも合流、相乗りでキャンプ場に向かいました。 利根川沿いの信号の無いひたすらまっすぐな道を通って、15時にキャンプ場に到着。 キャンプブームの影響で、こんなマイナーなキャンプ場ですら予約でいっぱいなんだとか。 予約いっぱいの割に、スペースがガラガラなのは公営ならではですね。 こちらのキャンプ場、今まで気が付かなかったんですが、水はけがずいぶん悪い。 いたるところ泥ぐちゃです。 今までは、雨の後じゃなかったんですね。 まさかこんなに水はけが悪いとは。 東屋の脇の少し高くなった場所は地面が乾いていたのでそちらに設営。 このキャンプ場は、相変わらず完全フリーサイトなので、場所選びが重要です。 奥に見える、ゆらどんさんの大きなトンガリ、宴会用に提供いただきました。 薪も、ゆらどんさん提供。 自宅で乾燥させた薪だとか。 久しぶりに巻き割りをします。 パカンと割れると気持ちいいんですよね。 ひと汗かいちゃいました。 薪割も終わったところで、さあさあ、かんぱ~い! さすがに最近は日が短いですよね。 焚き火を囲んでお話してたら、あっという間に暗くなっちゃった。 ちょうどその頃、お仕事帰りのmasaさん&マイちゃんが到着。 寒くなってきたので幕内にお引越し。 幕内は、ツインアルパカちゃんでヌクヌク。 久しぶりにわが家のアルパカちゃんも出動しましたよ。 さあさあ、お楽しみのジンギスカンいただきましょう。 当然、ベルのタレでいただきます。 お肉は、野菜の上で蒸し焼きするんだぞ、ふなっしー!と、北海道仕込みのウンチクを語るボク。 ホルモンやらいろいろ食べて、ワインをたっぷり飲んだところでお約束のように寝落ち・・・ しましたが、途中で復活! 最後まで楽しい時を過ごしました。 12月16日(日) 朝は7時にお目覚め。 まだ皆さん起きてきませんね。 ということで場内をお散歩。 こちらのキャンプ場、池のほとりにあるんですよね。 まあ、小さすぎて、漕ぐ気にはならないけど。 太陽が昇ってきましたね。 でも、まだ皆さんまだ起きてきません。 暇なので、お散歩に出かけることにしましょう。 確か裏山がハイキングコースになっていたはずです。 昔、しんちゃんと二人でキャンプに来たことあるんですよね。 その時の様子は きちんと整備されたルートがありましたよ。 あれ? コース上に木が倒れているぞ。 良く見ると・・・ ベンチが真っ二つ。 これ、倒れてそれほど経っていない感じですね。 運が悪けりゃ・・・ブルブル 記憶を頼りに歩いていると・・ ありましたね滑り台。 ペンキだけは塗りなおしされて綺麗になっていました。 さらに先に行くと・・・ 展望台も健在でした。 ちょっとしたアスレチックもあるので、お子様はそれなりに楽しめるのでは。 展望台の上に登ってみましたよ。 キャンプ場を上から見ると、こんな感じ。 池をぐるっと回って帰りましょう。 池の奥に見えているのがキャンプ場です。 キャンプ場に戻ると、みなさん起きて朝食中。 ボクも早ゆでパスタにたらこソースを混ぜていただきます。 うん、うまし! 朝食の後は、のんびり撤収。 ふなっしーのテント、相変わらずポールが変だねって話になって・・・ ポールが短いからシワシワになるんだよって話から、masaさんのステラリッジのポールを入れてみた。 ありゃ、UFOみたいになっちゃった。 こりゃ笑える。 ある意味、今後はこれで張ってほしいけどね。 ステラリッジのポールじゃちょっと長すぎたみたい。 ということで、ボクのシェラデザイン ティロスのポールを入れてみると・・・ いい感じじゃね。 たぶん、これが本物だね。 ということで、長さを測ってDIYすることに。 帰りは、取手の有名ラーメン店「兎に角」でランチ。 極太面に鰹節たっぷり系の濃厚スープで、うまいラーメンでした。 これにて今回のジンギスカンキャンプは終了・・・ のはずでしたが、なぜか、ゆらどん家でDIY大会がはじまっちゃった。 ふなっしーはポール作り。 ボクはゴルフくんのライトの曇りを取ります。 まずは、ヤスリかけなんですが、真っ白になっちゃったぞ。 本当にキレイになるのか? もう後戻りはできないぞ。 ゆらどん家、次から次へと工具が出てきます。 ヤスリの番手を次々変えて、最後はコンパウンドで磨きます。 小一時間がんばった成果がコチラ。 分かっていただけますかねぇ すごくキレイになったんですよ。 まあ、自己満足の世界ですが。 ちなみにふなっしーのポール作りは、ポールを曲げようとして、ポキっと折れちゃってフィニッシュ。 心も折れちゃった、ふなっしーでした。 2月24日(土)~2月25日(日) まだまだ寒い日が続きますね。 こんな陽気じゃなかなか川には繰り出せませんね。 それでは、ということで川のお仲間とキャンプでもしようということに。 それじゃみんなでジンギスカンでも!と盛り上がり、ジンギスカンキャンプと相成りました。 念願叶いジンギスカンたっぷり食べて飲んで・・・ 歳のせいかな、、、胃にもたれた(汗) 2月24日(土) 本日はキャンプするだけですからね。 集合は15時と言うことなので、12時30分に自宅を出発。 例によって信号のほとんど無い田んぼの中の真っ直ぐな道を行きます。 これ、本当に早いなぁ どこまでも真っ直ぐで本当に信号一つも無いんですよ。 続いて、利根川の川沿いの道。 こちらもめったに止ることなく、ひたすら利根川沿いを走ります。 家を出てから2時間半、ちょうど15時に目的地の 「橘ふれあい公園キャンプ場」に着きました。 わお! デカ! 着いた時にはすでに、ゆらどんさんの大幕は設営済み。 これが今晩の宴会幕ですね。 このヒルバーグの幕、イモトの南極でも使われていたみたいですね。 ポールの数が多いので、強風にも耐えられる構造です。 でも、設営大変そう。 ゆらどんさん、ご苦労様でした。 ヒルバーグの中を覗くとめっちゃ広い。 ボクも一応ソロ幕は持ってきたんですが、これを見たら張る気が失せ・・・ マットとシュラフだけ持って寄生させてもらうことに。 そうとなれば、設営の必要も無いので、かんぱ~い! おー! これがジンギスカンですね。 味の付いていないラム肉です。 これにベルのタレが絶妙に会うんですよね。 おもむろに、ゆらどんさん、何か変わった鍋を取り出した・・・ 相変わらず変わったモノを持ってますね。 何でも、ポップコーン専用鍋だとか。 中を覗くとこんな感じ。 バターとポップコーンの豆を入れて、ハンドルを回すと中の棒がクルクル回るんですね。 うまいこと出来ています。 すぐにポンポンはじける音がしたと思ったら、はい! あっと言う間にポップコーンの出来上がり。 普通の塩とバター味のほかに、オリーブオイルBBQ味なんかも作ってくれて、まいう~ 3杯くらいおかわりしちゃいました。 これクセになるな。 今度家でも作ってみよう。 そうこうするうちに、仕事が終わったmasaさんが到着。 さあさあ、それではお待ちかねのジンギスカンタイムです。 それにしても、ゆらどんさん、ジンギスカンの鉄鍋まで持っているんだ。 自宅で持っている人初めて見たな。 何でも、北海道遠征のときに仕入れたんだとか。 やっぱりジンギスカンといえばこれですよね。 本場では肉は野菜の上で蒸し焼きするんですよね、なんて北海道仕込のウンチクを披露しつつ いただきます。 松尾ジンギスカンの漬け込んだ肉もウマイけど、やっぱ生のラムにベルのタレが最高ですね。 いや~食った食った。 もう食えないってところまで食ったぞ。 ここで、親類にご不幸が出来て帰らなきゃいけないmasaさんをお帰りに。 明日は朝一の飛行機で高知日帰りだそうです。 ごくろうさまです。 お見送りしたら、まだ早い時間なのに、もうれつ眠くなって20時過ぎにはおやすみなさい。 夜中に一度目が覚めたとき、なんか胃もたれが。 う~ん歳かな。 肉ならいくら食っても平気だったんだけどな。 そんなこと考えながら、また夢の中へ 2月25日(日) あんなに早く寝たのに起きたら6時。 久しぶりに引っ張り出した、わが家のアルパカちゃんのおかげでヌクヌクと眠れました。 紹介が遅れましたが、コチラのキャンプ場の全景を。 こじんまりとしたキャンプ場ですが、清潔な水洗トイレと水場があります。 そして、何と言っても利用料は無料。 すばらしいですよね。 ただし、事前の申請が必要ですのでご注意ください。 キャンプスペースの脇にはこんな池が。 ここは、暖かくなるとザリガニが釣れるんですよね。 前に、しんちゃんと一緒に釣ったな。 しんちゃんと二人でキャンプした懐かしのレポは 反対側には、こんな池も。 コチラは艇庫が併設されていて、カヌーの練習なんかにも使えるみたいですね。 あまり広くないので、特に漕ぎたいとは思いませんが。 朝飯は早茹でパスタに混ぜるだけのタラコソース。 皿を持ってくるの忘れたんで、鍋のままいただきます。 のんびりと乾燥撤収。 お疲れ様でした~ 早く暖かくなるといいですね。 みなさん、次回は川で会いましょう。 6月8日(土)~6月9日(日) 梅雨入りしたというのに、天気の良い日が続いていますね~ 今週末も天気予報は晴れ ということで、今回も次男のしんちゃんを誘って父子でキャンプに行ってきました。 もちろんしんちゃんの大好きなアスレチックにも。 初めて利根水郷ラインという道路を使ってみましたが、おかげで有料道路代は無料、 キャンプ場も公営の無料キャンプ場で、とってもお得な週末を過ごすことができました 6月8日(土) 朝9時10分、わが家にしてはめずらしく早めの出発です。 目的地は成田方面。 2月に日川浜でキャンプをした時、いろんな方からコメントであっち方面に行く時は 「利根水郷ライン」が便利だと教えていただきました。 特になまずの里さんのコメントは、細かい道順まで書いてあったのでプリントアウトして チェックしながら行きましたよ~わかりやすくて助かりました。 利根川の脇の道は、水郷ラインの手前もひたすら田んぼ道。 どこまでもまっすぐで、信号がありません。 これは早いわけだわ そのかわり道はかなりデコボコですが。 利根水郷ラインも、ほとんど信号が無いまっすぐな道で、運転もしやすいですね。 本当に便利なルートですが、なぜかナビでこのルートは出てきません。 みなさまのおかげでいい勉強になりました。 そして、今回コチラ方面に行くという事で、ちょっと寄り道してワイルドなお店で お買い物 そして12時に、お目当てのに着きました。 こちらは、40のポイントを持つ本格的なアスレチックです。 料金は大人800円、小学生600円、会社の福利厚生カード持参で100円引きでした。 まずは、持参のコロッケサンドいただきま~す。 食事中もコースチェックに余念 が無いしんちゃん。 しんちゃんが何かを見つけました。 トカゲ! ということで、なぜかパパが カナヘビくんケット! こういうの、本当はそーくんの役割なんだけどな~ さあスタートです。 選んだのはチャンピオンコース。 といってもチャンピオンコースだけみたいでしたが・・・ さすがに結構本格的なアスレチックですね。 それでもしんちゃん、すいすいと こなしていきます。 これマジでスピード出て怖いです。 逆上がりをさせたり、腹筋や倒立、体力使いますね。 つきあうパパが大変です。 水のアスレチックもありました。 ここでは、池にはまって結構ぬれてる人たちがいましたが、しんちゃんはなんなくクリア。 しかし、この後片足水につかって、ヒンヒン言ってました。 気を取り直して、その後も次々とこなしていきます。 それでも、しんちゃんはうれしそ~ 本当に好きなんだね。 40ポイントでしたが、1時間ちょっとですべてクリア。 楽しかったけど疲れた~ アスレチックから、車で30分ほどで今回のキャンプ場、「橘ふれあい公園キャンプ場」 に着きました。 こちらのキャンプ場は香取市営ですが、事前予約&申請書だけメールかFAXすれば、 市民以外でも無料で利用できます。 フリーサイトのみなので、荷物運びをしなくてはいけませんが、わが家にとっては いつものこと。 ちなみに台車とかの貸し出しはありません。 自前のキャリアが活躍しました。 キャンプ場は、池の脇にある広い草のサイトです。 1面にシロツメクサが咲いて 甘やかな香りが漂っていました。 トイレと水場があるだけで管理人さんもいないし受け付けもありません。 必要最低限の設備ですが、これで充分という気もします。 荷物運び2回が終わったところで、テーブルだけ組み立てておやつタイム。 もちろんパパはプシュ! 奥に見えているのが池です。 ここで今回ワイルドなお店でゲットしたものをご紹介。 WILD-1オリジナルの キャンパーズベッド グリーンです。 お値段はナント!1980円。 お安いですね。 今まで持っていたエバニューのコットと比べて、サイズもかなり小さめで 持ち運び、収納も便利です。 組み立ては若干コツがいりますが、普段ALLYを組み立てているのでそれに比べたら ちょいちょいです。 寝心地もいいよ~としんちゃんがいってます。 なぜコットを買ったかというと、父子2人だけのキャンプでタープ&テントの設営・撤収は面倒。 どちらかひとつとなれば、当然テントということになります。 林間サイトならタープなしでいけるんですが、今回のような草地のサイトは日よけがありません。 そこでスクリーンタープにコットなら、日よけができてテントにもなる ということで、スクリーンタープでコット寝に挑戦してみました。 すきま風があるので、寒い時期はムリですが夏場はどうにかなるでしょう。。 というわけで、こんな感じのレイアウトになりました。 こちらのキャンプ場、おたまパパさん情報でザリガニ釣りができるということだったので、 スルメとタコ糸を持ってきました。 裏の蓮池でザリガニが釣れるようです。 たしかに子供たちが大勢釣りをしていました。 パパもスルメでビールをいただきながら、のんびりとザリガニ釣り。 食いしん坊のザリガニくんは、入れ食い状態です。 やっぱり釣りは釣れないと面白くないですよね。 たとえザリガニでも。 しばらく釣って飽きてきたパパは、裏山に薪拾いに行こうとしんちゃんを誘いましたが、 しんちゃはまだ釣っていたいとのことだったので、一人で裏山を散策に行きました。 裏山の手前には池があります。 かつてはボートなんかを貸していたりもしたようです。 艇庫らしき建物と、出廷場所がありました。 水があまりきれいではないので、 わざわざカヌー持ってきてまで漕ぎたいと思うような池ではありませんね。 裏山は手入れされた杉林でした。 散策コースが整備されているので気持ちよく歩く事が 出来ます。 そして、こんな展望台も。 この展望台からの景色、千葉の何とか100景らしいんですが?見えたのはこんな風景でした。 山を意降りてくると田園風景が広がっていました。 里山の風景は、癒されますね。 キャンプ場に帰ると、しんちゃんがママに電話をかけていました。 しんちゃん 「パパにおいていかれて、1時間もひとりぼっちなの」 しん!何ママにちくってんだよ その後は、バレーボール&バドミントン。 今回はよく運動したな~ くたびれたので、早めの夕食に。 夕陽を見ながらBBQです。 普段、キャンプではあまりBBQはやらないんですが、父子なので・・・ 二人だけでパンを焼く気にはなりませんね。 食後はしんちゃん、同じ年頃の男の子とお友達になってドッジボールを始めました。 その後、しんちゃんその子のサイトに遊びにいっちゃったのでパパは一人ぼっち。 のんびりと焼き芋と焚き火を楽しみました。 6月9日(日) 2日目の朝、天気は快晴です。 コットはさすがに寝心地良いですね。 今まで寝たどのマットより快適でした。 しかし、夜中はウシガエルの鳴き声がやかましくて参りました。 しんちゃんに言わせれば、パパのいびきとウシガエルの鳴き声の輪唱に参ったとの 事ですが。 朝から焚き火を楽しみます。 焚き火が熾き火になったころ、バウルーでホットサンドを焼きました。 うん!うまい。 食後は、裏山へお散歩に。 裏山には、簡単なアスレチックとロング滑り台がありました。 今回はぬかりなくおしりだけのソリ持参。 ぬかりないはずでしたが、滑り台が朝露で濡れていました。 しんちゃんもパパも びしょ濡れに。 ところで、こちらのアスレチックは、しんちゃんのお気に召さなかったようで。 こんな簡単なのは、やる気にならない・・・そうです。 むずかしいな~ といいつつも、こんなどこにでもある遊具で遊んだりしていましたが。 裏山から降りてくる途中、開けた場所からキャンプ場が見えました。 自然が豊かないいところです。 帰る途中、またまたカナヘビを見つけちゃいました。 こういうの見ると、スルーできない んですよね。 つい、捕まえちゃいました。 しんちゃんに持たせようとしたらカナヘビに噛まれちゃったしんちゃん。 しかし アウトドアでiPOD聞くなよな! 寝袋を干したり、朝露で濡れていたタープを乾燥させてから撤収。 帰りはまたまた利根水郷ラインで。 キャンプ場から2時間10分で自宅に。 とにかく信号なくて道もまっすぐです。 所要時間も高速使ったのと ほとんど変わらないんじゃないでしょうか。 最近は、父子二人で行くキャンプに行くようになり、家族4人で行く時以上に 高速代だとかキャンプサイト代が気になるようになりました。 なにしろ4人でも 2人でも値段が同じですからね。 これからは、アスレチックと格安キャンプというのがわが家の定番になりそうです。 次はどこに行こうかな?.

次の

にんにんママ 節約キャンプの巻:千葉県 橘ふれあい公園

橘 ふれあい 公園

キャンプ場近くのカインズホームで薪を購入。 家から下道で1時間30分程の近場のキャンプ場 「」 住所: 千葉県香取市仁良1番地 問い合わせ先:0478-50-1214(香取市役所 建設水道部 都市整備課 管理班) チェックイン・チェックアウト:フリー 料金: 無料 💛💙💜 行きたいところが休みだったり、空きが無かったりで諦めかけていたところ、パパが見つけてくれたキャンプ場です。 無料ですが、申し込みは必要です。 許可申請の詳しい情報は フリーサイトなので駐車場から荷物を運び入れます。 20メートルくらいかな?設営する場所によっては、反対側のトイレの方に一旦車を停めて、荷物を運び入れる方が近いです。 うちは運び込むのが面倒で車道近くに設営。 設営時、ちょうど風が強く吹いていて、このままテントはらずに帰ろうかと思った程。 写真では広く見えるかもしれませんが、こじんまりした小さい公園です。 10組が上限で、今日はちようど10組いました。 管理棟?誰もいませんが… トイレ(女性用は和式が2つでした)駐車場の奥に洋式トイレあり。 無料にしては、立派な炊事場。 でも子供用かな?低くて洗いにくかったです。 これを利用するのも良さそうですが、一番奥なので、ここまで荷物を運ぶのが面倒です。 設営途中でパパに後はまかせて、キャンプ場から歩いて3分のくらいの憩いの森へ。 一応情報として「」 住所:千葉県香取市西田部1309-34 営業時間:10:00~22:00 最終入館21:00) 料金:大人 980円 小人(4歳~12歳)570円 夜はパパとママの大好きなマルタイラーメンに、娘の大好きなコーンをトッピング。 あと娘が大好きな為「いつも冷凍庫に常備しているパパが作った餃子」を持ってきて焼きました。 キャンプは今日のを入れて4回しか行ってないね…来年は10回を目標にします! 2017年で娘が一番楽しかった事は「ディズニーランドのジェットコースター!」だって。 朝食はミルクチーズリゾット ゆっくり撤収してお昼頃にキャンプ場を出ました。 2018年1回目のキャンプは来週の予定です(はじめての2週連続キャンプなるか!?…) 《ライターa》 【追記】このブログを読まれた方から、コメント欄に、新たな情報等をいただきましたので、それをもとに追記させていただきます。 「ゴミ捨て場は無く全部持ち帰る事」 「直火禁止」 「最近、事務所棟が道路向いに新設され、シャワー室や洋式洗浄トイレなども利用できるようになりました」 「利用者も増えてきておりマナーの悪化が地元住民からも心配されております。 この公園は近所の爺ちゃん婆ちゃんがお孫さん(幼児)を連れて散歩しにくる所でもあるので、公園内を綺麗で安全な状態に保ってもらえると大変助かります。 」 以上、このような、ありがたい無料キャンプ場がマナーの悪化により、無くなったりしないように、キャンパーとしてマナーを守って利用しましょう!(2020. 7)《ライターa》 地元キャンプ場の紹介記事だったので拝見させていただきました。 注意点なども書かれていて良い記事だと思います。 「ゴミ捨て場は無く全部持ち帰る事」や「直火禁止」であることも掲載していただければ幸いです。 最近、事務所棟が道路向いに新設され、シャワー室や洋式洗浄トイレなども利用できるようになりましたが、利用者も増えてきておりマナーの悪化が地元住民からも心配されております。 この公園は近所の爺ちゃん婆ちゃんがお孫さん(幼児)を連れて散歩しにくる所でもあるので、公園内を綺麗で安全な状態に保ってもらえると大変助かります。 良記事を書かれているブログだったので、拡散効果も高いと思い書かせていただきました。 長文失礼しました。

次の

公園散歩【橘ふれあい公園】香取市の憩いの森♪展望台からの眺め♪

橘 ふれあい 公園

4歳の部は当日12:30~受付開始となります、混雑が予想されるのでお早めにお越しくださいませ。 ・・・中略・・・ 以下、スマイルカップ各種規定となりますので、ご確認お願いいたします。 それぞれ練習レース・予選・決勝を行います。 申し込み多数の場合、香取市在住のお子様を優先とさせて頂きます。 ・確定エントリーリスト:8月15日(月)前後、当青年会議所フェイスブックページにて掲載します。 ・参加費:無料 ・ 車両規定 (1)12インチのランニングバイク(ブレーキがないタイプのもの) (2) 車体・フレーム及びフロントフォークの基本骨格はオリジナルの状態であること (3)シート、シートポスト、ステム、ハンドル、及びホイールなどの改造は安全面で特に問題がない場合で可とします(ドレスアップが目的の場合は問題ありません)。 (4)保護者により安全に整備された車両であること、走行前に各部のボルトに緩みなどがなく保護者の責任で整備の上、受付をしてください。 ・服装規定 (1)ヘルメッㇳは自転車用、もしくはスポーツ用のあご紐が付いているものを着用してください。 (2)グローブ(子ども用手袋でも可)を着用してください。 (3)肘と膝のプロテクターを着用してください。 (4)肌が露出しないような服装を着用してください。 半そで半ズボンでの出走は認められない。 (熱中症対策のため、ランニングバイク乗車時のみで結構です。 ) (5)サイズが合った運動靴を履いてください。 サンダルまたは踵が露出するような靴およびスパイクの着用は不可とします。 (乗車時のみご協力願います。 ) ・傷害保険 大会参加時の事故や怪我に備えて傷害保険に加入しておりますが、担保範囲は大会受付完了時から閉会式終了まで、レース内での事故のみ対象となりますので、お子様の怪我や事故にはくれぐれもご注意願います。 ・当日の持ち物 ランニングバイク本体、整備用の工具、お子様の保険証、ヘルメット、プロテクター 着替えとタオル等、熱中症対策をお願いいたします。 ・観戦の方へ 観戦エリアは指定の場所でお願いいたします。 タープやテント、ノボリの設置は可能ですが場所はあまり広くないため、他の参加者と譲り合ってお使いください。 ・注意事項 (1)大会会場内での事故に関して、 参加者全員保険に加入しますので保険の範囲内で補償が適用されますが、他の参加者、主催者、会場管理者ならびにイベント関係者に一切の責任を問わないこと。 (2) イベント内で主催者ならびにメディア関係者が行った撮影画像・動画は今後ブログやHPで使用すること。 前日の橘ふれあい公園でのキャンプは出来るのかな~ ブログをご覧いただきありがとうございます。 週末を利用し、皆さんの注目の的?である 初心者キャンパーな我が家のメイン幕となる 「かまぼこテント T5-460」 ドッペルギャンガーアウトドア製 の初張りを兼ねた ファミリーキャンプ(4回目)に行ってきましたのでブログに掲載させていただきます。 <テント廻りがごちゃごちゃしてますが・・・・> 平成28年7月2日(土)~3日(日) 快晴 場所;千葉県香取市橘ふれあい公園にてキャンプ(無料) 朝8:30過ぎには自宅を出発し、東関道を走り高速代を節約の為? 冨里ICで降りてから30㎞程を下道を走行 向かう車中、息子楓真は全く寝ずにリクエストが発生 「ザリガニのエサは有るの? 無いの? コンビニで買ってね!」 とコンビニ を見るたびに買ってコール 成田市内のコンビニでようやく、おつまみ用の裂きイカを購入し 手渡すと息子は とご満悦 下道を走って高速代を多少浮かせ 10時30分前にはキャンプ地に到着 まだ早い時間だったので数組の前日宿泊のキャンパー2組のみ 団体ぽかったので、若干不安でしたが 息子 楓真のリクエストにより いつもの池のほとりの場所に設営する事にします。 春先の小さかったザリガニがみんなビックに!! 設営後は、ハンモックも固定し お昼ご飯後の当方はハンモックでユラユラ 息子 楓真は公園で出会ったお友達達との ザリガニ釣りで打解け 探検隊を結成し 公園内をぞろぞろ歩きまわり 「かき氷の準備ができたよ~」 と声を掛けるとみんな一斉に群がり 持参したかき氷を頬張って楽しんでくれました。 夜になり楓真待望の花火も駐車場で行い ご満悦な楓真 お風呂に行くタイミングが21:00受付終了に間に合わなかったので そのままカマボコテントで就寝 0時過ぎまで飲み明かし、子供もキャッキャと騒いでいた団体様御一行様には 閉口しましたが、うるさいな~と思いながらも カマボコテントのリビング部でごろ寝しながら当方もウツラウツラ 0時過ぎには気温が下がってきたので インナーテントに移動し完全就寝しました。 やはり平地で水場のキャンプ場 じめっと夜露が降りてきて 風が無かったので結構暑いものですね インナーテントの入口は、上部がメッシュに出来ましたが 冷え込みだした0時過ぎまでは空気がピタッと止まるのが判ったので ジッパーをクローズできませんでした。 次回の夏場の高温が予想される平地キャンプには インナーテントは持ち寄らずゴザを敷いて熱がこもらないほどの広い空間 なのでバッテリー式の扇風機で空気を循環させれば以外に行けるかも 軽自動車キャンパーな当家にはこれ以上荷物が増えるのは無理なので 更なる荷物削減も視野に入れ次回にフィードバックします。 明けて日曜日は 朝食を食べテントを乾かしつつ ノンビリと過ごし9時過ぎからポツポツと片付け初め キャリーカートで5往復分の荷物を片付け終わったのは 11時過ぎ、途中ブラブラ立ち寄り帰宅し 4回目となるファミリーキャンプが終了しました。 次回はタープを持参し更に巨大なキャンプメイクが出来るかな かまぼこテント 購入してみて良かったです。 これからのキャンプライフが広がりそうでわくわくします。 またまた怒涛の備忘録 ストライダー親子!と表記してます通り ストライダーという幼児用ペダルレス自転車を用いて 現在四歳の息子はレースに出ています。 毎週の様に関東近郊で大会が行われていますが 今回は千葉県香取市にある橘ふれあい公園からストライダー大会 ステイゴールドカップが行われる イオンモール銚子店まで40分程の場所 交通の便が東京からあまり良くない銚子 せっかくだから土曜日はキャンプ、日曜日はストライダー大会という事で ファミリーキャンプ3回目を実施してみました。 と機材の説明ばかり・・・・・。 実はもう一つ新機材が有りまして BBQコンロ60㎝サイズを使用していましたが、移動手段が軽自動車の当家 ストライダーを積むと・・・・。 省スペース化のためにA4サイズのBBQコンロを購入 コンパクトで使いやすかった 焚火も楽しいけど炭でBBQも気軽にできて購入して良かったです。 その日の夜はぐっすりと睡眠をとり 120分程かけノンビリと朝食を食べつつ撤去し10時過ぎには キャンプ場を後にし、銚子イオンモールへ お昼前には無事に到着し、四歳クラスの受付をし ヤル気のなさ前回の息子 楓真 ダラダラと練習走行をし レーススタート 予備予選・・・・びり 本予選・・・後ろの方 敗者復活・・・真ん中位 レースには参加するだけの当家 ストライダー親子!のタイトルが泣く 位 レース=勝利ではなく レース=お友達と遊ぶ を満喫している我が家でした。 *************************************** この週末 平成28年7月2日(土)~3日(日) 新幕かまぼこテント を張りに 橘ふれあい公園にキャンプしに行く予定です。 またまた続いて備忘録用に掲載しました。 当家のファミリーキャンプ2回目も香取市の橘ふれあい公園にて 前回、帰宅時にイチゴ狩りがしたい!!と絶叫し怒っていた息子 楓真 のリクエストがあり イチゴ狩りをメインにのんびり2泊してみました。 途中 アイスクリーマーを使用して 仲良くなった子供達とアイス造りをしたり ローラー滑り台をグルグルとすべりまくり 遊びまわる楓真でした。 橘ふれあい公園は谷筋にあるので風の抜けが良く 全国的に荒れ模様だったみたいですが 当方も時折 煽られそうな風が吹く状態で 眠りが浅い一夜を過ごしました。 一応 表記の通り ストライダーを今回は持参したのでコーンを並べて小1時間ほど練習も忘れずに カエルの合唱が聞こえ始めましたが ぐっすりと親子共々2日目夜は風が無く 眠ることが出来、良い経験が出来たGW連休前半のお休みとなりました。 なかなかブログに慣れない日常なのでのんびりと 備忘録も兼ねて第一回目のファミリーキャンプを掲載します。 平成28年4月9日(土)~10日(日) まずはお気軽にキャンプをと思い 息子がぐずり等が生じいざという場合撤収があとくされなく出来そうな 場所をという事で、諸先輩方のブログを参考にさせて頂き 千葉県成田近郊の 香取市にある「橘ふれあい公園」内のキャンプを 選択してみました。 場所は千葉県香取市 設備は水道と水洗トイレのみ(キャンプ場側は和式なので洋式であれば駐車場側の個室へ) お風呂屋さんも車で10分ぐらい走らせれば「かりんの湯」が有り 土日は高めの1000円少々の値段、思わず割安な回数券を購入した当家(土日も700円少々で利用可) 北側にクルマを10分程走らせればスーパーマーケットも有 最寄りのコンビニはセブンイレブンが有料道路出口にあり5分程の場所 桜満開の時期に来訪しました。 息子 楓真も大喜びで焼いてた 本当に久しぶりのキャンプ 息子 楓真も初めてのお外で寝るキャンプ 装備や内容は・・・イマイチかもしれませんが 昔と違って、情報や装備がてんこ盛り 諸先輩方のブログも参考にしながら出来れば月一を目標に アウトドアライフを実践していければな 4月の記事を今頃・・・・ですが よろしくお願いします。

次の