メダカ 飼育。 メダカの飼育に適した水質と水温

メダカの飼い方

メダカ 飼育

メダカは混泳は難しい? メダカはおとなしい性格をしているので、混泳相手を攻撃することは一切なく、簡単に混泳を楽しむことができます。 混泳相手には同じくらいの大きさで、おとなしい生き物を選ぶといいですよ。 地味な体色をしているので、カラフルな熱帯魚と混泳させると、見劣りしてしまいます。 まとまりも悪くなるので、底砂に生活する生き物か、同じ川魚と混泳させるのがおすすめです。 メダカの混泳の注意点 メダカは水槽飼育の中では立場が弱い存在になりやすいため、次の2つに注意しておいてください。 他の魚から攻撃されていないか 泳ぐのが苦手なので、他の魚から攻撃されるとボロボロにされてしまいます。 毎日ヒレや体色が綺麗な状態になっているか確認してください。 攻撃されている個体は水槽の奥に隠れてじっとしていることが多いです。 餌を食べられているか 泳ぐのが苦手で餌を横取りされることが多いです。 しっかりと食べられているか確認しておきましょう。 ミナミヌマエビ• ヤマトヌマエビ• 石巻貝・タニシ• ドジョウ ミナミヌマエビとの混泳 メダカにとってミナミヌマエビは相性が抜群の最高のパートナーです。 ミナミヌマエビは水槽に発生したコケ取りやメダカの食べ残しを綺麗にしてくれるので、水が汚れるのを遅くしてくれます。 低水温に強く、冬でも屋外飼育をすることができます。 にはうってつけです。 メダカ2匹にたいしてミナミヌマエビ1匹の比率でいれてあげるといいですよ。 ミナミヌマエビの赤ちゃんはメダカに食べられてしまうので、繁殖させたいときは隠れ家になる水草を入れておきましょう。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ヤマトヌマエビとの混泳 ヤマトヌマエビはメダカと混泳させることができます。 ミナミヌマエビと同様に、水槽に発生したコケ取りをしてくれるので、水質維持に役立ってくれます。 体が大きい分たくさんのコケを食べてくれますよ。 しかし、餌不足になると生きたメダカを襲うこともあるので、混泳には注意が必要です。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 石巻貝・タニシとの混泳 石巻貝やタニシはメダカを襲う心配はないので、安心して共存させることができます。 水底に落ちた卵を食べることもありません。 普段は水槽に発生したコケを食べてくれますが、餌不足になると水草を食べ始めたり、水質悪化が進むと爆発的に増えて、景観を悪くすることがあります。 水草の飼育も楽しみたい人は、いれないほうがいいでしょう。 ドジョウとの混泳 ドジョウはメダカと混泳させることができます。 最大で10cmを超えてくるので、メダカと比較してもだいぶ体は大きいですが、襲って食べてしまうことはありません。 しかし、稚魚だと狙われてしまうことがあるので、繁殖水槽では混泳させないほうがいいですよ。 おすすめの種類はおとなしい性格で10cm前後と小型のです。 他の種類についてはで詳しく紹介しているので、ご参考ください。 メダカと一緒に飼える熱帯魚 メダカと一緒に飼える熱帯魚は多く、日本の川魚と熱帯のカラフルな魚の混泳を楽しむことができます。 しかしながら、冬にはヒーターが必要であったり、水質に敏感な種類が多いので、週に1回の水の交換が必要になってきます。 管理の手間が増えてしまいますが、川魚とは違ったお役立ちの熱帯魚もいますので、ぜひご参考ください。 アカヒレとの混泳 アカヒレは3cmほどの大きさの小型の熱帯魚です。 中層を好んでおり、生活スペールがかぶらず、メダカと同じくおとなしい性格をしているので、混泳相性もぴったりです。 酸欠と水質悪化に強いので、混泳させてもエアーレションさせる必要がありません。 さらに、屋内であればヒーターなしで飼育することもできます。 メダカよりも少しだけ泳ぐのが得意なので、餌を取りすぎていないか注意しておきましょう。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 ネオンテトラとの混泳 ネオンテトラは3cmほどの大きさで、飼育が簡単なおとなしい熱帯魚として知られています。 メダカとの混泳できますが、とてもカラフルで目を引くので、おすすめはできません。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 グッピーとの混泳 メダカとグッピーは混泳させることができます。 グッピーは4cmほどの小型の熱帯魚で、オスはカラフルな尾びれをしています。 日本メダカとの違いは産卵方法にあり、グッピーはお腹の中で卵を孵化させて、稚魚を産みますが、メダカは卵を産みます。 どちらも繁殖力が高いので、増えすぎないように注意してください。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 コリドラスとの混泳 コリドラスは水底に落ちた餌を食べて生活しているナマズの仲間です。 丸々とした体で、口先を左右に動かしながら、餌を探す姿が可愛く、人気があります。 メダカと生活スペースが被らないので、トラブルになることはほとんどありません。 温和な性格で地味な体色なので、熱帯魚の中ではもっとも混泳に向いていると思います。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 オトシンクルスとの混泳 オトシンクルスはガラス面や水草に発生したコケ取りをしてくれる小型の熱帯魚です。 水草を害することなく、掃除してくれるので、水草水槽には欠かせない存在です。 とてもおとなしい性格で、問題なく混泳させることができますよ。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 メダカとの混泳に不向きな生き物は? メダカは水の中ではもっとも弱い生き物であり、多くの天敵に囲まれながら生活しています。 メダカを食べてしまったり、攻撃してしまったり、メダカと混泳してはいけない生き物を紹介しますね。 カメとの混泳 カメは肉食性の生き物なので、メダカを追いかけ回して食べてしまいます。 小さなカメでも混泳はやめておきましょう。 ナマズとの混泳 ナマズはメダカだけでなく、多くの生き物を丸呑みできるほど大きな口を持っています。 体の大きさも全然違うので、必要な水槽サイズも大きく異なります。 金魚との混泳 金魚とメダカは混泳させない方がいいです。 金魚は15m〜20cm近くになり、体の大きさがメダカとは全然違うので、ストレスを感じさせてしまいます。 メダカを食べてしまうこともあり、少なくとも餌は横取りされてしまいます。 サイズが同じくらいの時なら可能ですが、ゆくゆくは大きく成長するので、混泳はやめておきましょう。 金魚には種類が多く、など泳ぎが苦手な種類であれば混泳させることはできます。 反対にピンポンパールに餌がいかなくなってしまうので、餌やりの時は注意が必要です。 で紹介しているので、ご参考ください。 川魚との混泳 多くの日本の淡水魚はメダカよりも体が大きく、ストレスを与えてしまうので混泳できません。 オイカワやウグイ、ヌマムツ、、はメダカを食べてしまいます。 やフナでも体の大きさが違いすぎて、ストレスを与えてしまいます。 ザリガニ、カニとの混泳 やは肉食性の生き物で、魚を餌に生活しています。 泳いでいる昼間は大丈夫ですが、夜には食べられてしまうので、、共存するのはやめておきましょう。 ベタとの混泳 ベタとても縄張り意識が強い熱帯魚で、テリトリーに入った魚は問答無用で攻撃しにかかります。 繁殖期になると特にひどく、オス同士で殺し合いをするほどです。 メダカも攻撃されてしまうので、混泳はやめておきましょう。 で紹介しているので、ご参考ください。 メダカ同士の混泳について メダカは体型が同じ種類であれば他種と混泳させることができます。 しかし、交雑が頻繁におきてしまうので、もとの種類がわからなくなってしまったという問題が起きてしまいます。 また、大きさが違いすぎると共食いしてしまうので、最低でも差は2cm以下になるようにしておきましょう。 混泳が難しいメダカの種類は? メダカの種類で有名な、シロメダカ、楊貴妃などほとんどの種類で混泳を楽しむことができます。 ただし、1匹だけ体が丸くて泳ぐのが苦手なダルマメダカは混泳が難しいです。 他の魚に餌を横取りされてしまうので、混泳はやめておきましょう。 他にも1匹1,000円以上するような高価な種類だと、度重なる品種改良で体が弱い種類が多いので、混泳はやめておいたほうがいいですよ。 メダカの混泳水槽での餌のやり方 メダカの混泳水槽では、すべての生き物が餌が食べられているかよく確認してください。 メダカは泳ぐのが苦手なので、メダカばかりに気を取られていると、水底で生活している生き物は栄養不足になってしまいます。 生き物の生息地に合わせて、水面に浮かぶタイプ、ゆっくりと沈むタイプ、素早く沈むタイプを使い分けてくださいね。 メダカの餌にはなるべく食べ残しが出ないように小粒タイプのものがおすすめです。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 メダカの混泳水槽には水草が必要! メダカは臆病な性格をしているので、隠れ家になる水草をいれてあげましょう。 おすすめの水草は飼育が簡単なアナカリスやカボンバ、ウィローモス、アヌビアスナナです。 屋外飼育だと日陰にもなる浮き草がいいですよ。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 メダカの混泳水槽に適している水温は? メダカに適している水温は18度〜28度ですので、その範囲におさまるように水温を調整しておきましょう。 水温を27度と高めにすることで、病気予防と成長促進につながります。 日本の生き物と混泳させている時はあまり気にする必要はありません。 で詳しく紹介しているので、ご参考ください。 メダカの混泳についてまとめ 今回はメダカの混泳方法やおすすめの混泳相手について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。 コケ取りに適している生き物など混泳相手は上手に選べば、さまざまな組み合わせでのような自然環境に近いメダカ水槽を楽しむことができます。 日本の生き物であればヒーターなしで一緒に飼育できますし、メリットも多いです。 メダカは大人しい性格をしているので、いじめられないように注意してくださいね。

次の

自然環境でメダカを飼育する

メダカ 飼育

屋内や室内、好みの場所で飼える• 瓶のような小さいものでも、大きい水槽でも飼える• 飼育が簡単 餌と水槽の手入れだけ• 水槽やグッズに自分のテイストを反映できる• レイアウトの工夫で素敵なアートやインテリアにも• ステップアップして産卵や繁殖も楽しめる 自分としては、この中の4番目「テイストの繁栄」と「素敵なアートやインテリア」にステップアップできるというところが、メダカ飼育の最大の楽しみだと思っています。 いわば、メダカは生きているアート、メダカ水槽は作品でもあるのです。 近年のメダカ飼育が大人気であるのは、この部分が広く好まれるようになったからだと思います。 ただし、メダカはやはり生き物なので、知識を持ってきちんと飼育しなければ飼えません。 そして何より、メダカに対する愛情が必要です。 メダカ飼育は生き物への愛情があって初めて楽しめるのです。 メダカ飼育で最初に必要な物 メダカ飼育で最初に必要な物をリストアップします。 最初はメダカ水槽に入れるものです。 メダカ水槽に入れるもの• メダカの数は2匹~5匹 メダカの数は、水槽に合わせて買うことになりますが、最初は、2匹~5匹くらいがおすすめです。 最初から、メダカに卵を産ませて増やしたいという時は、2匹だと、オスメスになるとは限らないので、5匹以上を目安に選ぶのがいいと思います。 メダカの水槽 メダカ用の水槽は、最初はあまり大きすぎないもの、深すぎないものの方が手入れが簡単です。 おすすめはプラスチック水槽 材質は、プラスチックの物と、ガラスの物があります。 四角いガラスの水槽の場合は、見た目は美しく、ガラスはプラスチックに比べて、傷もつきにくいでいいのですが、大きなものだと、水を入れた時にも重くなり、ガラスは危険なので、持ち上げて流しに持っていって洗うということができなくなります。 初心者の方、年少者の皆さんが飼う場合には、ガラスよりもプラスチックの水槽をおすすめします。

次の

メダカ飼育におけるpHとは?

メダカ 飼育

繁殖 B メダカは金魚同様に日本に馴染み深い魚と言えます。 水槽に詳しくない人でも、メダカを知っている人は多いのではないでしょうか。 メダカ単独飼育の水槽は数ある水槽の中でも、最高クラスの飼育しやすさを誇ります。 その理由として、まず、メダカは日本に生息している魚ですので、日本の四季の水温の変化に、水槽用のクーラーやヒーターなどの水温維持装置をつけなくても飼育が可能です。 また、水質の悪化にも強いため、小型水槽やペットボトルサイズのボトルアクアリウムや、屋外のビオトープでの飼育も行うことが可能です。 さらに、非常に温和な性格のため、多種との争いをおこさず、混泳もさせやすい魚です。 また、水槽内での繁殖も行うことも可能です。 メダカは最も有名な代表種であるオレンジ色の体色の「ヒメダカ」、原種の「クロメダカ」、アルビノ個体の「白メダカ」、黄赤の「楊貴妃メダカ」など様々な種類が流通しており、鑑賞性が高いのも特徴です。 ボトルアクアリウムやグラスアクアリウムなど、生体の強靭さが必要な水槽を始めるなら、この「メダカ」か、「アカヒレ」という小型魚が候補となります。 また、メダカは外で飼育する「ビオトープ」でもよく飼育されます。 幅広い水温で生息可能 メダカは日本で生息する魚ですので、日本の四季の水温の変化に耐えられます。 そのため、水槽用のヒーターや冷却ファンなどの水温維持装置がなくても飼育可能です。 ボトルアクアリウム・グラスアクアリウム・小型水槽でも飼育可能 メダカは4cm程度の小型サイズで、幅広い水温に対応可能ですので、金魚のように大きい水槽サイズも必要なく、20cm以下のヒーターや冷却ファンを取り付けるスペースがない小型水槽やボトルアクアリウムでも飼育できます。 屋外の水槽(ビオトープ)でも飼育可能 先述したとおり、メダカは日本の四季の水温の変化に対応できるため、屋外で飼育する「ビオトープ」でもよく飼育される種類です。 性格が非常に温和 メダカは性格が非常に温和で、他魚との争いをおこしませんので、様々な種類との混泳が楽しめます 繁殖も容易 メダカはオスメスが同じ水槽にいれば、比較的容易に繁殖可能です。 ほうっておくと、メダカが卵をたべてしまうことがあるため、孵化率をあげるために、卵を別水槽に移してください。 種類も豊富 メダカといえば淡いオレンジ色のヒメダカなどが代表的ですが、それ以外にも赤みが強い楊貴妃メダカ、白い体色の白メダカ、透明なスケルトンパンダメダカなど様々な種類が流通しており、鑑賞性もとても高い種類です。 水流に弱い メダカは田んぼや池など、水流が弱い場所に行きている熱帯魚ですので、基本的に水流は苦手です。 そのため、ろ過フィルターやエアレーションなどは水流の弱いものを選ぶか、水流が弱くなるように工夫してやる必要があります。 水温器具を入れない場合、低水温でメダカは冬眠する メダカは冬には冬眠します。 外の飼育環境であれば低温で一定に保たれますが、室内の場合には部屋のエアコンなどの暖房器具によって室温が上昇し、その結果水温もある程度上がっていきます。 もし部屋の温度が乱高下するような場合で、冬眠をさせる場合には水温が暖かくなりすぎないように注意してください。 もし混泳させる場合には、水草、流木など、メダカの隠れ家となる場所を豊富に用意してください。 メダカは温和な性格ですので、争いをほとんど起こしません。 ペンギンテトラなど、一部カラシン系で気性の荒い熱帯魚もいますので注意してください。 グッピーは温和な性格ですので、多種に対し攻撃をしかけることはありません。 そのため混泳は基本的に不可です。 個体によっては他種の魚に無関心なものもいますので、あとは個体次第となります。 また、エンゼルフィッシュは繁殖期には特に縄張り意識が強くなり、攻撃的になります。 その場合、メダカは攻撃を避けることができず、最悪死に至りますので混泳はおすすめできません。 また、ディスカスは縄張り意識をもつ個体が多く、泳ぎの不得意なメダカは攻撃を避けることができず、最悪死に至りますので混泳はオススメできません。 ディスカスの場合は個体によっては他魚に無関心な場合もありますので、あとは個体次第となります。 中型、大型のプレコは種類によっては攻撃的なものも多いため混泳はおすすめできません。 特にメダカと同じような水温で飼育できる「ミナミヌマエビ」であれば、保温器具無しでの育成が可能です。 メダカ水槽のレイアウト メダカは幅広い水温、水質で生息できることから、流木、水草、岩などいろいろなレイアウトを楽しめる熱帯魚です。 ヒーター・クーラーなしの水槽での飼育が多いため、入れられる水草はマツモなど低水温にも耐えられるものとしてください。 もし他の水草を入れる場合には、水草の適正水温内に収めるように保温する必要がありますので注意してください。 また、メダカは日本の田んぼや池などにいる魚ですので、川底をイメージさせるようなレイアウトがとてもマッチし、人気も高いです。 また、ボトルアクアリウムのような小型水槽での飼育も楽しめるため、水槽自体の形が特殊なレイアウトも観られます。 さらに睡蓮鉢などを使用し、外で飼育するビオトープでも楽しめ、幅広くレイアウトを楽しめる観賞魚です。 そのため、水槽用のヒーターや冷却ファンなどがなくても飼育ができ、屋外で飼育するビオトープや、最近人気が高まっている小型水槽やボトルアクアリウムでも飼育可能です。 ただし、水量が少ない場合、水質の管理が難しく、ちょっとしたことですぐに水質が変化してしまいますので、飼育者の知識と経験が求められます。 そのため、初心者の場合、小型水槽の飼育よりも、ある程度水量があり、最も流通している60cm水槽か、もう一回り小さい45cm水槽が理想的な水槽サイズとなります。 その他、このように幅広い水槽サイズに対応できる熱帯魚を飼育したいということであれば、「アカヒレ」「ミナミヌマエビ」が候補に上がります。 水草を育成するメダカ水槽の場合には「LED(高価格帯)」「蛍光灯」がおすすめです。 昔はLED照明では水草が育ちにくいというイメージから、蛍光灯照明が勧められていましたが、最近はLEDでの水草育成実績も豊富にあり、ショップにいけばいくらでもLEDで育てている水草水槽を見ることができます。 ただ、LEDにも水草向きのものとそうでないものがあり、水草向きの商品は基本的に高価格になります。 アヌビアス・ナナやウィローモスなど、光量が求められない水草のみ育成する場合には低価格帯の照明でも問題ありませんが、もし前景草やロタラなど、光量が求められる水草を育成するなら、高価格帯の商品を選択してください。 蛍光灯商品に比べ、LED照明は薄型でデザイン性も高く、電気代も安くなります。 数字が大きいほど高い評価。 水槽サイズが30cm以下の小型水槽の場合• 外部式フィルター• 上部式フィルター• 底面式フィルター• 外掛け式フィルター• 投げ込み(水中)フィルター• スポンジフィルター• 流動式フィルター• オーバーフロー 30cm以下の水槽で熱帯魚を飼育する場合、「底面式フィルター」「外掛け式フィルター」「投げ込み式フィルター」「スポンジフィルター」が候補となります。 まず、30cm程度の小型水槽の場合、外部式や上部式は小型水槽に対応しているフィルターがあまりありませんので選択肢に入りません。 外掛けは汎用性の高いフィルターですのでメダカ水槽でももちろん使用可能です。 水草育成を行うなら他のフィルターが水草育成向きではありませんので、こちらのフィルターを選択してください。 ただ、製品によっては水流が強く、水流の苦手なメダカ水槽には不適切な場合もあるので注意が必要です。 投げ込み式は安価に入手できますが、水槽内に設置するため悪目立ちする上、エアレーションとセットなため、常に音がするのが難点です。 水草育成の場合、CO2の添加を行うこともありますが、添加したCO2がエアレーションで空気中に逃げてしまうため、水草水槽には不向きです。 底面式は各種フィルターの中でも高い濾過力を持っており人気の高いフィルタータイプですが、掃除に手間がかかるタイプのフィルターなうえ、底床を敷く必要が有り、底床をしかない水槽では使用できません。 また、別途エアーポンプを購入する必要があります。 スポンジフィルターも安価に購入可能ですが、別途エアレーションか外部式フィルターが必要になります。 今回の場合は外部式フィルターを設置するスペースは無いかと思いますので、エアレーションを購入することになりますが、投げ込み式同様、悪目立ちし、音が常に出ることになります。 基本的には外掛け式フィルターの購入を検討し、より具体的な要望があればその他フィルターの選択となります。 例えば、濾過力が高いほうがいいということであれば底床を敷いて「底面式」か「外掛け式」を。 濾過力はそこそこでいいから安く手っ取り早く始めたい場合には「投げ込み式」か「スポンジ」をというような具合です。 水槽サイズが45cm以上&水草を育成しない場合• 外部式フィルター• 上部式フィルター• 底面式フィルター• 外掛け式フィルター• 投げ込み(水中)フィルター• スポンジフィルター• 流動式フィルター• オーバーフロー 水槽サイズが45cm以上で水草を育成しない場合は「上部式」「外部式」「底面式」がおすすめです。 上部式フィルターは、構造上酸素を取り込みやすいため、生体育成にうってつけなフィルター方式です。 ただし、上部式フィルターを設置するためには水槽にフレームと呼ばれる黒い縁が必要になります。 外部式フィルターは複数あるフィルター方式の中で、最も汎用性の高いフィルター方式ですので、今後どのような水槽を行うにしても使用が可能です。 特に、静音性は上部式フィルターよりも高く、寝室など静かな場所に置くときには外部式フィルターのほうが音も小さく、寝る時も気にならないレベルです。 底面式フィルターの場合、濾過力は問題ありませんが、水槽サイズが大きくなればなるほどメンテナンスの手間が増えますので、60cm水槽が限界かと思います。 底面式の場合には底床を敷く必要がありますので、底床を敷かない水槽(ベアタンク)の場合には使用できません。 また、根をはるような水草との相性も悪いため、もし今後水草育成を考えるなら外部式を選択してください。 また、このフィルターにはエアーポンプが必要となりますので、購入の際にはセットになっているか、なっていなければ購入する必要がありますので注意してください。 投げ込み式フィルターは上記のろ過方式よりも、圧倒的に安価に購入可能で、メダカ飼育にもよく使用されますので、こちらでも問題ありません。 デメリットとしては、水槽内に設置するため、見栄えがあまり良くないこと、濾過力が低めで、60cm程度が限界であること、エアレーション(ぶくぶく)とセットになっているフィルターですので音がすることが挙げられます。 とにかく価格を重視し、安く手っ取り早く始めたい場合には投げ込み式でもかまいません。 水槽サイズが45cm以上&水草を育成する場合• 外部式フィルター• 上部式フィルター• 底面式フィルター• 外掛け式フィルター• 投げ込み(水中)フィルター• スポンジフィルター• 流動式フィルター• オーバーフロー 水槽サイズが45cm以上で水草を育成する場合は「外部式」がおすすめです。 外部式フィルターは水槽の外に設置するタイプのフィルターで、複数あるフィルター方式の中で、最も汎用性の高いフィルター方式ですので、今後どのような水槽を行うにしても使用が可能です。 特に、静音性は上部式フィルターよりも高く、寝室など静かな場所に置くときには外部式フィルターのほうが音も小さく、寝る時も気にならないレベルです。 また、外部式フィルターは空気と触れ合わない方式ですので、CO2を逃がしにくく、水草を育成するならこれ一択と言われるほど、水草水槽向きのフィルターです。 ただし、設置するためのスペースが別途必要になること、小型水槽に対応した製品が少ないことから、30cm以下の小型水槽の場合には外掛け式フィルターの使用が一般的です。 ろ材には微生物のすみかになる「生物ろ材」、物理的にゴミを濾し取る「物理ろ材」、黄ばみや臭いを取り除く「化学ろ材」のおおまかに3種類あります。 生物ろ材と科学ろ材はどのようなフィルターでも必須です。 流木などを入れる場合、アクなどがでますので、その吸着に科学ろ材を使用します。 ただ、化学ろ材自体、1ヶ月〜2ヶ月程度で効果がなくなりますので取り替える必要がありますし、流木のアクは水槽に1ヶ月程度入れておけばほとんど抜けますので、水換えで乗り切ることも可能です。 そのため、化学ろ材なしでも問題なく飼育可能ですが、濁りなどが気になる場合には導入を検討してください。 また、基本的にフィルタータイプに合わせたろ材が販売されていますので、必ずフィルタータイプにあったろ材を購入するようにしてください。 基本的には見栄えの好みで決めて構いません。 メダカは日本の田んぼや池に生息する生き物ですので、川底のような印象を出せる「砂利・砂」や「大磯砂」が比較的よく使用されています。 水草を育てないメダカ水槽では、底床に栄養素が含まれる底床である必要がありませんので、「砂・砂利」「溶岩石」「セラミック」の使用で問題ありません。 水草を育てないなら、栄養系ソイルを使用するのは避けたほうが無難です。 ソイルは半年から1年程度で寿命を迎えますが、砂や石、セラミックは寿命がなく、洗えば再利用可能ですのでコストパフォーマンスもいいです。 底面式フィルターを使う場合には大磯砂か吸着系ソイルを選択してください。 ソイルは栄養素が豊富に含まれているため、コケが発生するリスクが高く、生体のみの飼育の場合は使用しないほうが運用上楽です。 また、底床を入れない水槽(ベアタンク)でも問題ありませんが、底床もろ過に有用なバクテリアのすみかとなりますのであったほうが濾過力は上がります。 その反面、底床を使用すると水槽掃除が行いにくくなるというデメリットも有ります。 ご注意事項• このサイトの情報はあくまでもひとつの目安としてください。 この通りの器具購入、飼育方法を行ったからといって、生体や水草の健康・生命を保証するものではございません。 各商品の価格は弊サイト作成時、任意に選んだ商品から算出しています。 製品・器具・生体等の価格は日々変動し、製品の組み合わせによっても異なりますので、最終的な価格は必ず各ECサイト上にてご確認ください。 各製品には対応規格がありますので、ご購入の際には必ずECサイト上で自分の水槽に対応しているかどうかご確認の上ご購入ください。 ご購入された商品に関してのお問い合わせは、販売店舗様、もしくは各メーカー様へお願いたします。 熱帯魚やエビは生き物です。 大切な命を扱う趣味ですので、十分に責任を理解したうえで始めてください。 熱帯魚やエビなどを自然の川・池・海などに放流する行為は絶対に行わないでください。 飼育ができなくなった場合には熱帯魚ショップへ持ち込めは熱帯魚ショップで対応してくれますので最終手段としてご検討ください。 情報には細心の注意を払っておりますが、情報の不備や不足などございましたらご連絡ください。 可能な限り早急に対応させていただきます。 その他このサイトを通じてユーザーが得た不利益に対し、弊サイトはいかなる保証もいたしませんのでご了承ください。

次の