ゼラチン レシピ。 おかずからスイーツまで♪「ゼラチン」を使った絶品レシピ15選

ゼライス NAVI|簡単しあわせレシピ|マルハニチロ

ゼラチン レシピ

ゼラチンダイエットとは?栄養成分は? まずゼラチンについてですが、 動物の体からとれるタンパク質の固まりであるコラーゲンを長時間水に浸かるようにして加熱することで水と溶け合わさるようになってできあがったものです。 コラーゲンを煮ることで水溶性タンパク質にした物がゼラチンと考えればいいでしょう。 これはそのままだと溶けていますが冷却することでプルプルなゼリー状に固まりますので、私たちがよく見る形になります。 食用としての他にも接着剤にしたり止血剤に使うこともありますので、活躍の分野は多いようです。 このゼラチンの 栄養成分は先ほど説明したようにタンパク質の固まりであるコラーゲンなので、基本はタンパク質となります。 筋トレをしながら痩せるという方にとっては重要な食べ物となるでしょう。 それ以外の栄養成分はほとんどありません。 このようなタンパク質の固まりを活用して体を引き締めようというのがゼラチンダイエットです。 ゼラチン5gあたりのカロリーや糖質量は? このゼラチンの カロリーは100gにすると344kcalとなり、 コラーゲンの摂取推奨量である5g程度で考えると17kcal程度となります。 また、 糖質は0gなので食べる量には全く関係ありません。 糖質制限ダイエットを実行している方にとっては非常にありがたい食べ物となってくれるでしょう。 しかし、カロリーは高めになりますので糖質よりもカロリーを重視しているという方には避けられる食べ物となってしまいます。 何とも特殊な食べ物なのです。 ただし、ゼラチンはゼリー60gに対して1. 5g程度しか使わないのでそこまでゼラチンのカロリーを気にする必要は無いでしょう。 ゼラチンのダイエット効果 ゼラチンの効果はなんと言ってもコラーゲンを摂取できることでしょう。 特に肌の健康を守るためには最適なので、 毎日摂取し続ければ美しい張りのある肌を手に入れることが期待できます。 また、糖質も非常に少ないので 糖質制限ダイエットにも非常に向いておりますし、タンパク質の補給にも使えますので、男性の方々でも 筋トレといった運動を主体としているダイエットをしている場合にはタンパクの質補給源となってくれます。 糖質制限ダイエットのような食べられるものが極端に減ってしまうダイエットにはタンパク質までもが不足しがちになったりしますので、タンパク質補給のために食べている人もいるでしょう。 ゼラチンダイエットの方法は?手作りする? ゼラチンは糖質が低く摂取量が少なめになるのでそこまでカロリーを気にする必要はありませんが、材料にするもの次第で一瞬で高カロリーになってしまいますので、市販されているプリンやゼリーを使ってダイエットをするのはやめた方が良いでしょう。 むしろダイエットには向きません。 そのため、 本気でゼラチンを使ってダイエットをしたいという方は手作りをしてカロリーや糖質をできる限り抑えてください。 ゼラチンそのものにはほとんど味がありませんので、デザートなどにするためには砂糖などの甘味料を使ってしまいがちですが、これらの甘味料はダイエットの天敵なので自分で作るのが一番なのです。 このように低カロリー低糖質のゼラチンを使ったゼリーなどを用意して、 夕食を置き換えるといった置き換えダイエットに使うのが基本的なやり方です。 低カロリーのゼラチン食品ならば置き換えることでかなりのカロリー摂取や糖質制限に繋がるのです。 1日のゼラチンの摂取量は? 使用量に関しての制限はないという記載もありますが、 目安としては毎日5~10gとされておりますので、その値を守ると良いでしょう。 ただし、市販されているゼラチンを含む食べ物はダイエット向けに開発されているもの以外となると一気に高カロリー高糖質になってしまいますので、ある程度商品は厳選する必要があります。 時間があるという方は自分で料理をするということも選択肢に入れましょう。 寒天とゼラチンの違いは? ゼラチンと寒天は見た目的にもかなり似ているので同じような扱いを受けることが多いですが、違いははっきりと存在します。 ゼラチンは動物の皮や骨から出てくるコラーゲンが素となっておりますが、 寒天はテングサやオゴノリなどの海藻が原材料なので栄養素も異なりますし見た目も多少異なるのです。 ゼラチンは透明感のある薄い黄色になりますが、 寒天は白く濁った色となります。 このゼラチンを使った代表的な食べ物がゼリー・マシュマロ・ムース・プリンなどになりますが、寒天を使った食べ物はところてん・水ようかん・杏仁豆腐などが該当します。 このように食べ物で違いを説明すると食感や見た目の違いもわかりやすいでしょう。 ゼラチンを使ったダイエット向けレシピ3選 それでは最後にゼラチンを使ったダイエット向けのレシピをご紹介いたします。 特に、豆乳とゼラチンを組み合わせたものは健康面においても有用でありダイエットに使えると言うことで、レシピ数もかなり多いです。 ここでもご紹介いたしますので、参考にしてください。 カラメルを作ります。 鍋にきび砂糖、水大さじ1を入れて火にかけて、大きな泡がたち、それが落ちついてきたら火からおろして、熱湯大さじ2を入れて鍋をゆらし、そのまま少しおく。 カップ4つに分けて入れておく。 小さなボウルにゼラチン5グラムとぬるま湯50ccを入れてよくまぜあわせておく。 鍋に豆乳と牛乳を入れて弱火にかけてきび砂糖を入れてよくまぜる。 別のボウルに卵黄を入れてよくまぜて3を少し入れてまぜ、また鍋にいれ、弱火にかけてよくまぜる。 溶かしたゼラチンを4に入れてよくまぜる。 5を一度ざるでこして、バニラエッセンスを入れる。 カラメルを入れたカップに6を流し込み、冷蔵庫で1~2時間冷やす。 いわゆる ゼラチンと豆乳を使って非常にシンプルに仕上げたプリンです。 これが基本となりますので、ここからダイエット向けに味付けを調整していきましょう。 このままでは少々高カロリーになりますので、カラメルに使う砂糖の量などで調整を行ってください。 デザートには非常に向いている食べ物となっておりますので、プリンと合わせてマスターしていただきたい一品となっております。 レシピブログでもものすごい数のお気に入り登録数を誇っているので、安心できる料理の一つです。 牛乳の半分(100cc)を60度程度に温める。 沸騰させないよう弱めの中火で。 砂糖を加え、混ぜてよく溶かす。 火を止め、すぐにゼラチンを加えて混ぜ合わせる。 残りの牛乳と、あればバニラエッセンスを加えて混ぜる。 型に流し入れ、冷蔵庫で30~40分ほど冷やし固めて出来上がり。 こちらも 基本となる牛乳ゼリーのレシピとなっておりますので、アレンジレシピを覚える前の基本として理解しておくと色々と応用が利かせられるようになります。 ゼラチンのダイエット効果やレシピ【豆乳】寒天との違いは?のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回はゼラチンを使ったダイエットについてお伝えいたしました。 ゼラチンはコラーゲンをたっぷりと補給できるので、タンパク質補給にも使えますし糖質も少なく、糖質制限ダイエットをしている方にとっては使い勝手のよい食べ物でしょう。 ただし、料理の仕方次第では高糖質で高カロリーな食べ物になってしまいますので、ダイエットに用いたい場合には手づくりをしてダイエット向けの食べ物に調整する必要が出てしまいます。 そのまま食べるだけでダイエットに有効活用できるというわけではありませんので、料理をする人向けのダイエット食品となってしまうでしょう。

次の

森永クックゼラチン|森永製菓株式会社

ゼラチン レシピ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ• 塩分控えめレシピ.

次の

ゼライス NAVI|簡単しあわせレシピ|マルハニチロ

ゼラチン レシピ

チョコレートムース 材料:1人分 ・チョコレート 20. 0g ・生クリーム 50. 0g ・牛 乳 29. 2g ・ ゼ ラ チ ンSSB 0. 8g 作り方• 分量内の牛乳10gとゼラチンを軽く混ぜあわせておく。 生クリームは七分立てに泡立てておく。 鍋に 湯煎で溶解させたチョコレートを入れ、 そこに残りの牛乳を3回に分けて加える。 その都度チョコレートと馴染むまでよく混ぜ、全体が混ざったら火にかける。 約30秒• の 粗熱が取れたら2. 器に 充填し、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。 お好みで生クリームをかける。 【ポイント】 ・ゼラチンと牛乳を合わせておくことで、より滑らかな口当たりになります。 オレンジゼリー 材料:1人分 ・ 濃縮還元オレンジジュース 86. 0g ・ グラニュー糖 12. 0g ・ ゼ ラ チ ンSSB 2. 0g 作り方• オレンジジュースとグラニュー糖を鍋に入れて火にかけ溶解させる。 (約1分)• 粗熱を取って器に充填し、冷蔵庫で2時間ほど冷やし固める。 ジュージュー餃子 材料:4人分 ・ 豚挽肉 100. 0g ・ キャベツ 80. 0g ・ニラ 70. 0g ・生姜 10. 0g ・醤油 15. 0g ・ゴマ油 15. 0g ・塩、胡椒 少々 ・ ゼラチンSSB 6. 0g 作り方• キャベツとニラは粗みじんにし、生姜はみじん切りにして挽肉と共にボウルに入れる。 に ゼラチンと醤油、ゴマ油、塩、胡椒を加えてねばりが出るまで2分位よく練る。 皮のヘリに水を塗り2. の餡をのせて包む。 フライ パンを強火で熱し、油を大さじ2加えて餃子を並べて焼き色がつくまで 2 分程焼く。 お湯 200cc を餃子の上にかけるように流し入れ、蓋をして5分程蒸し焼きにする。 蓋を取り、残りの水分を飛ばして皿に盛りつける。 0g ・餃子の皮 1袋 24枚入り ・豚挽肉 200g ・玉ねぎのみじん切り 50. 0g ・生姜 10. 0g ・醤油 2. 5g ・オイスターソース 10. 0g ・酒 10. 0g ・ゴマ油 10. 0g ・塩・こしょう 少々 作り方• スープを作る。 具を作る。 具の材料を全てボウルに入れてよく混ぜる。 をそれぞれ24等分に分ける。 皮の上にスープのゼリーと具をのせて包む。 中央に向かってしわを寄せながら包み、最後に中央できゅっとつまむようにしっかりと綴じる。 蒸気のあがった蒸し器に入れ、強火で7~8分蒸す。

次の