あなたの名前を呼んでいいかな。 女性が下の名前で呼ぶ・呼ばれる時の心理は?ちゃん付け/呼び捨て

あなたの名前読んでいいかな

あなたの名前を呼んでいいかな

彼は4歳年上ですが、敬語も使いませんし、特に年の差を気にしたような付き合いはしていません。 彼の名前は、名前が普通なんですが、苗字が結構変わっています。 でも本当は名前で呼びたかったりします。 そこで「名前で呼ぶのとどっちがいい??」なんて聞いてみるのですが、「どっちでもいいけどね。 」と曖昧な返事しかかって来ません。 そして、 「でも周りからは苗字で呼ばれるねー。 それはたしかにそうなんですが、それって遠回りに「苗字で呼んでくれ」って事なのでしょうか? どのように思われますか? 分かりにくい質問になってしまってすみません。 僕の彼女も4歳年下です。 付き合う前までは、僕のことを苗字ではなく、下の名前で呼んでいたのですが、しかし呼び捨てではなく「君」を付けて呼んでます。 もちろん付き合った今は、呼び捨てで呼んでもらいたいので、そう彼女に言いました。 しかし、前に呼んでいた名前で成れたせいか、なかなかそう呼んではくれません。 彼女は、恥ずかしいとも言っていましたが、やっぱり僕的に 名前で呼ばれた方が付き合っているという実感がわくし、親しみやすくもなるので、そういった意味で下の名前で呼ばれるのがいいですね。 彼氏さんも、下の名前で呼ばれる事に関して、嫌な気持ちにはならないと思いますよ。 年上だから呼び捨てで悪いとか、機嫌を損ねちゃうかもと思いなら、下の名前であだ名にすればいいと思います。 たとえば、「としあき」なら「とし」とか。 そう言って、彼氏さんが「あだ名にするなら呼びすてにしろよ!」って言ってきたらそれはそれでOKだと思います。 (笑) 30歳の女です。 私も彼が歳上です。 (9歳) 付き合い始めた時、やはり敬語は使っていませんでしたが、 なかなか彼のことを名前で呼ぶことが出来ませんでした。 彼に同じような質問をしましたが、どちらでもいいと言われました。 なので最初は苗字で呼んでいたのですが、2ヶ月目頃に 「出かけている時とかに、苗字で呼ぶのってなんかおかしいよ(恋人なのに)」 と言われ、名前で呼ぶようにしました。 慣れるまでかなり照れくさかったのも遠い昔のような気がしますが・・・。 もちろん、恋人同士だから名前で呼ばなきゃおかしいというわけではないと思います。 きっと彼は、珍しい苗字で周りから苗字で呼ばれるのに慣れているのでしょう。 でも、私だったら彼女だけは名前で呼んでもいいのでは?と思います。 あくまでも文章からの想像ですが、私もそれは「苗字で呼んでくれ、と一見言っていそうでいて、実は名前で呼んでくれるのを待ってる。 」ように受け取ってしまいました。 前から彼も期待していたんだけど、いよいよ彼女がそういうことを言ってくれて嬉しい・・・あ!でもそうは気づかれたくないから、どちらでもいいといいつつ、わざとクールさを装ってる、というところ? まあ彼の気持ちは彼にしかわかりませんので、あなたが呼びたいほうを優先するのが良いでしょう。 似たような他の質問に答えていてさっき気づいたのですが、私は30代後半の既婚女性ですが、親類の前以外では旦那をあだ名(NO. 1さんのお話にあるようなハンドルネームっぽい感じ)で呼んでいただけでなく、私も名前で呼ばれたことはありません。 しかもそれに気づかなかったなんて… 笑。

次の

【女性と親しくなる!】女性と下の名前を呼び合う為の具体的方法と手順4つを大公開!

あなたの名前を呼んでいいかな

解説 助監督や脚本家としてヨーロッパでも活躍するムンバイ出身の女性監督ロヘナ・ゲラの長編デビュー作。 経済の発展が著しいインドのムンバイで農村出身のラトナはファッションデザイナーを夢見ながら、メイドとして働いていた。 夫を亡くしたラトナは建設会社の御曹司アシュヴィンの新婚家庭で住み込みで働く予定だった。 しかし、婚約者の浮気が発覚して直前で破談となってしまい、広すぎる高級マンションに1人で暮らすことになった傷心のアシュヴィンを気遣いながら、ラトナは彼の身の回りの世話をしていた。 ある日、ラトナはアシュヴィンにあるお願いごとをする。 そのことから2人の距離が徐々に近くなっていくが……。 主人公・ラトナ役を「モンスーン・ウェディング」のティロタマ・ショーム、御曹司のアシュヴィン役を「裁き」のビベーク・ゴーンバルがそれぞれ演じる。 2018年製作/99分/G/インド・フランス合作 原題:Sir 配給:アルバトロス・フィルム スタッフ・キャスト 見終わった後に、心にそっと残る作品 『自分が愛そうと選んだ相手を人はどのように愛するのか、ということを考え始めていました。 それから、ずっと私の頭から離れなかったインドの階級問題を、恋愛物語を通して探求できないか、と考えたのです。 「自分の愛する人をどのようにして愛するのか」、また、「私たちは、どのようにして人を愛する許可を自分に与えるのか」ということを、この作品を通して問いたかった。 』 監督のインタビューより抜粋 誰かを好きになる気持ちは、故意に出来ることではない ある日、気づいたらその人が心の中にいた いつの間にか、その人を目で追うようになった そんな風に始まっていくもの その想いに名前をつけて、受け入れてよいのか、 気づかなかったふりをして全身全霊で見えない場所に封印するのか、 それをどう決めていくのだろう カースト制度による階級が強く残るインド 農村では、未亡人となれば、もう二度と嫁ぐことは出来ないインド そんな国で、身分の違うふたりが出逢う ラトナは未亡人、そして彼女を家政婦として雇っているアシュヴィンを「Sir」と呼ぶ ふたりの間に芽生えるもの それは、思わず微笑んでしまうような優しい想いのかけら でも、ふたりは… 切なくて苦しい そんな物語の、最後の最後、ラストシーンに思わず声が出そうになった 雇い主の結婚が破断し、主人公のメイドが休暇先の実家から呼び戻されるところから話は始まる。 前情報が全く無い状態で見ると、2人の関係性を掴むのに時間がかかるが、脚本を書く上でどこを切り取ったら面白いか、その切り取り方によっては説明的になってしまい、一気に興醒めしてしまうが、この作品は伝わりにくいかも知れないが説明的ではない。 作られた演出が抑えられ、リアリティが感じられた。 単なる『上流社会のカップルとメイドとの三角関係』に留まらず、階級社会とインドの風習の中で、メイドが雇主を名前で呼ぶまでの、2人の関係の変化をたっぷりと堪能できる作品であった。 雇主とメイドという関係から恋愛感情が生まれていく過程もナチュラルだった。 同じ家で暮らす雇用関係にある女が、傷心した男を癒し、やがて贈り物を渡し合う間柄になり、恋愛感情が芽生えていく。 社会レベルで超えられない障害を、2人でなんとか乗り越えてゴールインする、そんな恋愛サクセス物語でないのがいい! 間仕切りの少ない開放的なリビングと、深緑を基調としたインテリアが素敵。 主人公の変化とともに衣装が少しずつ変化してるのも楽しい。 もう少し見たい、もっと浸りたいと思える作品。

次の

【男性心理】さん、ちゃん、それとも?呼び方によって脈ありかわかる!?

あなたの名前を呼んでいいかな

目次 名前の呼び方にはさまざまな意図が隠れていて、相手を意識させるためにも効果的です。 男性と心の距離を縮めたいと思った時、どんな呼び方をするといいのでしょうか? 今回は「名前呼び」で距離を縮める方法のご紹介です。 (1)2人きりの時だけ下の名前で呼ぶ『2人きりの時だけ呼び方が変わるとドキドキする』(27歳/営業) 人前で下の名前で呼ぶと抵抗を感じる人もいます。 「周囲に見せつけてるのかな?」「独占欲かな?」と思われることも。 名前の呼び方を変える時はメリハリが大切です。 逆に、2人きりの時だけ呼び方が変わると、凄くドキッとします。 会社では「〇〇さん」なのに、職場を出たら「〇〇くん」と呼ばれた瞬間、特別な意味を想像するでしょう。 (2)状況に応じて呼び方を変える『甘えてくる時にあだ名で呼んでくる彼女が可愛い』(26歳/IT) 状況によって呼び方を変えると、ムードを高めることができます。 デート中は呼び捨てにしたり、甘えたい時はあだ名っぽく愛称で呼んだり、臨機応変に変えましょう。 人は自分の名前に敏感に反応します。 どれだけ騒がしい環境に居ても、気が抜けていても、自分の名前を呼ばれると意識が集中するのです。

次の