ロスワ。 【楽天市場】7月22日入荷 A

【楽天市場】7月22日入荷 A

ロスワ

30 5月1日より5月6日までGW休業とさせて頂きます。 休み明けの商品の出荷は7日からになります。 27 12月29日より1月4日まで冬季休業とさせて頂きます。 年明けの商品の出荷は7日からになります。 25 10月1日以降の発送になるご注文より消費税が10%になります。 12 8月13日〜19日まで夏季休業となります。 商品の発送は20日以降順次発送します。 26 28日以降のご注文は年明けの発送となります。 18今からのルーフラックMサイズワイド、Lサイズ、LLサイズのご注文の出荷は年明けになります。 18 12月29日より1月3日まで冬季休業とさせて頂きます。 年明けの商品の出荷は8日からになります。 11 8月13日より8月17日まで夏季休業とさせて頂きます。 商品名 A-Xシリーズ アルミ製ルーフラック Mサイズ ブラック 価格 定価36,000円(税抜) 適合車種 汎用 商品説明 アルミ製で重量は付属品を含めて8kgと軽量、スチール製品の様な錆は発生しませんので錆汁がボディに付いて取れなくなるようなことはありません。 取り付けには別途車種に合ったベースキャリア等が必要でベースキャリアの前後の間隔は60〜100cmであれば取付可能です。 取り付け可能なバーは幅140mm厚み30mm以内の丸、角、楕円などに取り付け可能です。 積載量に関してはベースキャリアの積載量に準じて下さい。 走行時にまれに発生する場合があった共振音の発生防止と補強の為のセンターバーを取り付けした物にモデルチェンジしました。 店頭でお客様自身でのルーフラックの取り付けは不可 配送方法を店頭受取に変更して頂ければ送料は自動的に0円になります。 (ならない場合はご注文確定後に変更します。 ) 注意事項 ベースキャリアが完全固定式で前後の調整ができない場合、間隔によっては加工が必要となったり付かない場合があります。 バーの間隔や太さもしくは最外、最内の寸法をお調べの上お問い合わせ頂ければ装着可能かお答えします。 海外製品の為、安心してご使用いただけるように全品開封して溶接の状態や塗装欠け、捻れなどの不具合が無いか 取り付け金具も含め 確認してから発送しております。 発送までお時間が掛かることをご了承ください。 製品の性質上、多少の傷や汚れ、溶接ムラ、塗装ムラ等はご了承下さい。 取り付け金具はスチール製になりますので定期的に点検し錆が発生した場合は補修もしくは交換してください。 送料は3815〜8015円(税抜)になります。 西濃運輸での発送を選択して頂ければ送料が安くなります。 但し個人宅への配送ができない為、法人宛への配送もしくはお近くの西濃運輸の営業所をしていしてもらい取りに行って頂く必要があります。 備考欄に配送先をご記入してください。 お知らせ アウトレット品(傷や塗装ムラ、欠け等がある商品)がある場合があります。 遠方でも対応可能ですのでお気軽にお問い合わせください。 また、在庫状況につきましてもお気軽にお問い合わせください。 ヤフオクに出品予定ですのでそちらからもご購入可能です。 お買い上げ商品合計金額3,300円 税込 以上お買い上げの場合は送料無料となります。 配送はヤマト運輸、大型商品は佐川急便もしくは西濃運輸でお届けいたします。 万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。 【配送希望時間帯をご指定出来ます】 指定できる時間帯は午前中・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・19時〜21時です。 返品について 商品の品質には万全を期しておりますが、万一商品不良が発生した場合は、配達後5日以内に下記までご連絡お願い致します。 こちらから発送方法、返金処理等の説明をさせて頂きます。 5日を越えて連絡が有った場合は返品交換は受付出来ません。 返品時の送料 不良商品返品時の送料は当社負担です。 返品・交換条件 不良品、当社の誤製造品に関してのみ返品もしくは交換を承ります。 お客様の都合による返品 お客様の理由により返品になる場合は、返送料をご負担いただきますのでご了承ください。 但しお客様の都合による返品 お客様の理由により返品になる場合は未開封に限ります。 返品商品到着確認後3日以内にご指定口座にお振込いたします。

次の

医療用医薬品 : ロスバスタチン

ロスワ

病気や症状に応じた注意事項• 過敏症• 肝硬変• 急性肝炎• 慢性肝炎の急性増悪• 肝機能低下• シクロスポリン投与中• 相対禁止• 腎機能に関する臨床検査値に異常• 慎重投与• アルコール中毒• 肝障害• 筋ジストロフィー• 甲状腺機能低下症• 腎障害• ニコチン酸投与中• フィブラート系薬剤投与中• アゾール系抗真菌薬投与中• 遺伝性筋疾患• 薬剤性筋障害• マクロライド系抗生物質投与中• 腎機能に関する臨床検査値に異常• 73㎡未満• 投与に際する指示• 5倍・Cmaxが約2. 4倍上昇 グレカプレビル・ピブレンタスビル ロスバスタチンのAUCが約2. 2倍・Cmaxが約5. 6倍上昇 シメプレビル ロスバスタチンの血中濃度が上昇 ダクラタスビル ロスバスタチンの血中濃度が上昇 アスナプレビル ロスバスタチンの血中濃度が上昇 ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル ロスバスタチンの血中濃度が上昇 レゴラフェニブ水和物 ロスバスタチンのAUCが3. 8倍・Cmaxが4. 6倍上昇 グラゾプレビル ロスバスタチンのAUCが約2. 3倍・Cmaxが約5. 5倍上昇 エルバスビル ロスバスタチンのAUCが約2. 3倍・Cmaxが約5. 5倍上昇 エルトロンボパグ ロスバスタチンのAUCが約1. 6倍上昇 スタチン この薬をファーストチョイスする理由(2019年11月更新)• ・LDLコレステロール低下効果が最も高いので、重宝しています。 ただ、ストロングスタチン全般に言える事ですが、心血管イベント後の二次予防目的で使用されていたにも関わらず、血清脂質が基準値内と言うだけで、減量や休薬されてしまっている場合が散見されるので、投薬背景も十分考慮してほしいと思います。 (30歳代病院勤務医、循環器内科)• ・俗にいう「最強のスタチン」。 ジェネリックやゼチーアとの合剤も発売され、しっかり下げたい人はロスバスタチン一択だと思います。 やはり耐糖能異常は気になるところで、糖尿病かつ狭心症の人はピタバスタチン、一次予防でちょっと下がればいいなという人はプラバスタチンを使っています。 (20歳代病院勤務医、循環器内科)• ・最も効果が確実で副作用は他剤と違いがありません。 アトルバスタチン、ピタバスタチンも使う意義がありますが、スタンダードスタチンを投与する対象はほとんどいません。 それらの人は食事、運動療法で十分です。 (60歳代診療所勤務医、一般内科)• ・低価格なジェネリックでも効果が良く、用量調節もしやすく、副作用もほとんどなく使えて重宝しています。 ゼチーアとの併用例も何例かあったためロスーゼットを早期に発売してくれたのも助かります。 (50歳代開業医、一般内科)• ・国産のスタチンで、ストロングスタチンでもあり、ついつい選んでしまう。 副作用も特段気になることもなく、他のストロングスタチンより使いやすい印象。 (40歳代病院勤務医、脳神経内科) 用法・用量 (添付文書全文) ロスバスタチンとして1日1回2. 73㎡未満の患者に投与する場合には、2. 5mgより投与を開始し、1日最大投与量は5mgとする。 2.特に20mg投与時においては腎機能に影響が現れる恐れがあるので、20mg投与開始後12週までの間は原則、月に1回、それ以降は定期的(半年に1回等)に腎機能検査を行うなど、観察を十分に行う。 3.OD錠は口腔内で崩壊するが、口腔粘膜からの吸収により効果発現を期待する製剤ではないため、崩壊後は唾液又は水で飲み込む。 副作用 (添付文書全文) 本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。 1.重大な副作用(頻度不明) 1).横紋筋融解症:筋肉痛、脱力感、CK上昇(CPK上昇)、血中ミオグロビン上昇及び尿中ミオグロビン上昇を特徴とする横紋筋融解症が現れ、急性腎障害等の重篤な腎障害が現れることがあるので、このような場合には直ちに投与を中止する。 2).ミオパシー:ミオパシーが現れることがあるので、広範な筋肉痛、高度脱力感や著明なCK上昇(著明なCPK上昇)が現れた場合には投与を中止する。 3).免疫介在性壊死性ミオパシー:免疫介在性壊死性ミオパシーが現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 4).肝炎、肝機能障害、黄疸:肝炎、AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、定期的に肝機能検査等の観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 5).血小板減少:血小板減少が現れることがあるので、血液検査等の観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 6).過敏症状:血管浮腫を含む過敏症状が現れることがあるので、このような場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 7).間質性肺炎:間質性肺炎が現れることがあるので、長期投与であっても、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常等が認められた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行う。 8).末梢神経障害:四肢感覚鈍麻、しびれ感等の感覚障害、疼痛、あるいは筋力低下等の末梢神経障害が現れることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 9).多形紅斑:多形紅斑が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 2.その他の副作用(頻度不明) 1).皮膚:皮膚そう痒症、発疹、蕁麻疹[症状が認められた場合には投与を中止する]。 2).消化器:腹痛、便秘、嘔気、下痢、膵炎、口内炎。 3).筋・骨格系:CK上昇(CPK上昇)、無力症、筋肉痛、関節痛、筋痙攣。 4).精神神経系:頭痛、浮動性眩暈、健忘、睡眠障害(不眠、悪夢等)、抑うつ。 5).内分泌:女性化乳房。 6).代謝異常:HbA1c上昇、血糖値上昇。 7).肝臓:肝機能異常(AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇))。 8).腎臓:蛋白尿[通常一過性であるが、原因不明の蛋白尿が持続する場合には減量するなど適切な処置を行う]、腎機能異常(BUN上昇、血清クレアチニン上昇)。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2.肝機能低下していると考えられる次のような患者:急性肝炎、慢性肝炎の急性増悪、肝硬変、肝癌、黄疸[これらの患者では、本剤の血中濃度が上昇する恐れがあり、また、本剤は主に肝臓に分布して作用するので、肝障害を悪化させる恐れがある]。 3.妊婦又は妊娠している可能性のある女性及び授乳婦。 4.シクロスポリン投与中の患者。 2.アルコール中毒患者、肝障害又はその既往歴のある患者[本剤は主に肝臓に分布して作用するので、肝障害を悪化させる恐れがある。 また、アルコール中毒患者では、横紋筋融解症が現れやすいとの報告がある]。 4.甲状腺機能低下症の患者、遺伝性筋疾患(筋ジストロフィー等)又はその家族歴のある患者、薬剤性筋障害の既往歴のある患者[横紋筋融解症が現れやすいとの報告がある]。 5.高齢者。 (重要な基本的注意) 1.あらかじめ高コレステロール血症治療の基本である食事療法を行い、更に運動療法や高血圧、喫煙等の虚血性心疾患のリスクファクターの軽減等も十分考慮する。 2.腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる患者に、本剤とフィブラート系薬剤を併用する場合には、治療上やむを得ないと判断される場合にのみ併用する。 腎機能に関する臨床検査値に異常が認められる患者に、本剤とフィブラート系薬剤を併用する場合には、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症が現れやすいので、やむを得ず併用する場合には、定期的に腎機能検査等を実施し、自覚症状<筋肉痛・脱力感>の発現、CK<CPK>上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇並びに血清クレアチニン上昇等の腎機能の悪化を認めた場合は直ちに投与を中止する。 3.投与中は血中脂質値を定期的に検査し、治療に対する反応が認められない場合には投与を中止する。 5.投与開始又は増量後12週までの間は原則、月に1回、それ以降は定期的(半年に1回等)に肝機能検査を行う。 (相互作用) 本剤は、OATP1B1及びBCRPの基質である。 3).クマリン系抗凝血剤(ワルファリン)[抗凝血作用が増強することがあり、本剤を併用する場合は、本剤の投与開始時及び用量変更時にも頻回にプロトロンビン時間国際標準比(INR)値等を確認し、必要に応じてワルファリンの用量を調節する等、注意深く投与する(機序は不明)]。 5倍・Cmaxが約2. 4倍上昇したとの報告がある(併用薬剤がOATP1B1及びBCRPの機能を阻害する可能性がある)、またロスバスタチンとグレカプレビル・ピブレンタスビル<承認用量外の用量>を併用したとき、ロスバスタチンのAUCが約2. 2倍・Cmaxが約5. 6倍上昇したとの報告がある(併用薬剤がOATP1B1及びBCRPの機能を阻害する可能性がある)]。 6).シメプレビル[ロスバスタチンとシメプレビルを併用したとき、ロスバスタチンの血中濃度が上昇したとの報告がある(シメプレビルがOATP1B1の機能を阻害する可能性がある)]。 7).ダクラタスビル、アスナプレビル、ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル[ロスバスタチンとダクラタスビル、アスナプレビル、又はダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル<承認用量外の用量>を併用したとき、ロスバスタチンの血中濃度が上昇したとの報告がある(ダクラタスビル、ベクラブビルがOATP1B1、1B3及びBCRPの機能を阻害する可能性があり、また、アスナプレビルがOATP1B1、1B3の機能を阻害する可能性がある)]。 8).レゴラフェニブ[ロスバスタチンとレゴラフェニブを併用したとき、ロスバスタチンのAUCが3. 8倍・Cmaxが4. 6倍上昇したとの報告がある(レゴラフェニブがBCRPの機能を阻害する可能性がある)]。 3倍・Cmaxが約5. 5倍上昇したとの報告がある(併用薬剤がBCRPの機能を阻害する可能性がある)]。 10).エルトロンボパグ[ロスバスタチンとエルトロンボパグを併用したとき、ロスバスタチンのAUCが約1. 6倍上昇したとの報告がある(エルトロンボパグがOATP1B1及びBCRPの機能を阻害する可能性がある)]。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下していることが多いので、患者の状態を観察しながら投与する(また、横紋筋融解症が現れやすいとの報告がある)。 なお、他社が実施した臨床試験では高齢者と非高齢者においてロスバスタチンの血漿中濃度に明らかな差は認められていない。 2.授乳中の女性には投与しない[ラットで乳汁中への移行が報告されている]。 (小児等への投与) 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。 (適用上の注意) 1.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔を起こして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。 2.服用時:OD錠は舌の上に乗せ、唾液を浸潤させると崩壊するため、水なしで服用可能である(また、水で服用することもできる)。 (保管上の注意) 遮光保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

医療用医薬品 : ロスバスタチン

ロスワ

人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 皮膚そう痒症、発疹、蕁麻疹、腹痛、便秘、嘔気、下痢、膵炎、口内炎、無力症、関節痛 起こる可能性のある重大な副作用 横紋筋融解症、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、急性腎障害、重篤な腎障害、ミオパシー、広範な筋肉痛、高度脱力感、著明なCK上昇、著明なCPK上昇、免疫介在性壊死性ミオパシー、肝炎、肝機能障害、黄疸、AST上昇、ALT上昇、血小板減少、過敏症状、血管浮腫、間質性肺炎、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、末梢神経障害、四肢感覚鈍麻、しびれ感、感覚障害、疼痛、筋力低下、多形紅斑 上記以外の副作用 筋痙攣、頭痛、浮動性眩暈、健忘、睡眠障害、不眠、悪夢、抑うつ、女性化乳房、代謝異常、HbA1c上昇、血糖値上昇、肝機能異常、蛋白尿、腎機能異常、BUN上昇、血清クレアチニン上昇 ロスバスタチン錠10mg「トーワ」の用法・用量• ロスバスタチンとして1日1回2. 5mgより投与を開始するが、早期にLDL-コレステロール値を低下させる必要がある場合には5mgより投与を開始してもよい• なお、年齢・症状により適宜増減し、投与開始後あるいは増量後、4週以降にLDL-コレステロール値の低下が不十分な場合には、漸次10mgまで増量できる• 10mgを投与してもLDL-コレステロール値の低下が十分でない、家族性高コレステロール血症患者などの重症患者に限り、更に増量できるが、1日最大20mgまでとする ロスバスタチン錠10mg「トーワ」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• 肝硬変• 急性肝炎• 慢性肝炎の急性増悪• 肝機能低下• シクロスポリン投与中• 腎機能に関する臨床検査値に異常• アルコール中毒• 肝障害• 筋ジストロフィー• 甲状腺機能低下症• 腎障害• ニコチン酸投与中• フィブラート系薬剤投与中• アゾール系抗真菌薬投与中• 遺伝性筋疾患• 薬剤性筋障害• マクロライド系抗生物質投与中• 73㎡未満 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 授乳婦• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際に慎重な判断が必要です。 5倍・Cmaxが約2. 4倍上昇 グレカプレビル・ピブレンタスビル 本剤のAUCが約2. 2倍・Cmaxが約5. 6倍上昇 シメプレビル 本剤の血中濃度が上昇 ダクラタスビル 本剤の血中濃度が上昇 アスナプレビル 本剤の血中濃度が上昇 ダクラタスビル・アスナプレビル・ベクラブビル 本剤の血中濃度が上昇 レゴラフェニブ水和物 本剤のAUCが3. 8倍・Cmaxが4. 6倍上昇 グラゾプレビル 本剤のAUCが約2. 3倍・Cmaxが約5. 5倍上昇 エルバスビル 本剤のAUCが約2. 3倍・Cmaxが約5. 5倍上昇 エルトロンボパグ 本剤のAUCが約1. 6倍上昇 飲食物との組み合わせ注意• ニコチン酸(ナイアシン)を含むもの<まいたけ、たらこ、インスタントコーヒー、かつお節、まぐろ など>.

次の