総 コレステロール 数値。 あなたの数値は正常??コレステロール値の見方【コレ捨て!】

健康診断の「コレステロール基準値」はこんなにいい加減(週刊現代)

総 コレステロール 数値

コレステロールの種類 コレステロールには様々な種類がある。 「総コレステロール」「HDLコレステロール」「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」「中性脂肪」などだ。 総コレステロールとは 動脈硬化と関連が深く、肝臓病とも関連があります。 総コレステロール値が高いと肥満、動脈硬化、糖尿病、家族性高コレステロール血症の恐れがある。 反対にこの値が低いと肝臓障害、貧血、栄養障害が懸念される。 HDLコレステロールとは 動脈硬化を予防する善玉コレステロールのことで、この値が高ければ動脈硬化や心臓病になる危険性が低いとされる。 さらに余分なコレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きがある。 一方、この値が低いと動脈硬化、高血圧、高脂血症、虚血性心疾患、狭心症、心筋梗塞などが懸念される。 LDLコレステロールとは 悪玉コレステロールと呼ばれ、動脈の血管壁にたまって動脈硬化を促進する原因となる。 LDLコレステロール=総コレステロール値-(0. 16」で計算。 中性脂肪とは 血中で多くなると肥満や脂肪肝の原因となる。 中性脂肪の値が高いと肥満、脂肪肝、動脈硬化、糖尿病、高脂血症が懸念される。 一方、中性脂肪の値が低いと甲状腺機能などの恐れがある。 総コレステロールの適正値とは それぞれのコレステロールはどのくらいの数値が適正なのか?300を超える値は本当にヤバイのか? 日本動脈硬化学会の高脂血症診療ガイドラインでは以下の診断基準が設けられている。 この基準と比較すると、総コレステロール300以上と言うのはマジでヤバイ状況のように見える・・・。 なお、上記の基準はあくまでも日本動脈硬化学会で定められたものである。 海外では、もっと高い値でも問題無いとされていることもある。 また、総コレステロールが高くても善玉コレステロールが高ければ問題ないという意見も見られる。 さらに、総コレステロールが低いとうつ病の原因となったり、がんの発生率が高まるという意見もあり、総コレステロールの適正値はもっと高くても良いという見解さえある。 極論では、総コレステロールが300前後の方が健康によく、長生きすると断言している人もいるくらいだ。 また、コレステロールの基準値をあげてしまうと、投薬患者が減ってしまう。 (定かな話ではないが・・・) ま、いずれにせよ300を超える値は低すぎることはないので、やはり俺は総コレステロールを下げる努力をするほうが良さそうだ。 コレステロール値を下げる方法 コレステロールを下げる方法を調べてみた。 コレステロールを多く含む食物を減らす。 脂肪(特に動物性脂肪)の多いとされる卵類、肉類、動物性脂肪分を含む食品の摂取を抑える。 さらに、砂糖を多く使った食品、アルコールの摂取、糖質の高いフルーツも控えめにした方がいいようだ。 コレステロールを抑える食事を取る。 緑黄色野菜、根菜類、青さかな、大豆、大豆製品、海藻類、ひじき、わかめ、きのこ、納豆などのコレステロールの吸収を抑える食材などを意識して食べる。 また、食物繊維が豊富な食材も効果が高い。 コレステロールは腸管で吸収されるが、食物繊維がその吸収を抑えるからだ。 運動でコレステロールを下げる。 運動をすることにより、脂肪が燃焼され基礎代謝もアップする。 結果、コレステロールを減らし、コレステロールのたまりにくい体を作ることができる。 激しい運動をする必要はなく、無理のない運動を長く続けることが需要! コレステロールは体が作ってる? コレステロールの2割〜3割は食べ物から摂取するが、残りの7割から8割は体が作っていると言われている。 つまり、俺の体は生まれつきコレステロールを沢山生成するようにできているのだ。 ということは、いくら食事でコレステロールの摂取量を抑えても、体がどんどん生成してしまうのであれば意味がないのではないかとさえ思う。 よって、コレステロールを下げる方法のうち、コレステロールを沢山含む食品の摂取を減らすことはあまり意識せず、コレステロールの吸収を抑える食品の摂取と、コレステロールを消費する運動を重要視しようと思う。 食べるものを制限されるとストレスが貯まっちゃうしね。 俺は、生まつき体が丈夫である。 ケガ以外で病院に行ったことはないし、風邪も滅多に引かない。 もしかすると、高いコレステロール値のお陰で健康なのかもしれない。 なので、適正値とされる220ではなく、250〜280位を目指そうと思う。 同時に善玉コレステロールを高める努力もしないとな。

次の

健康診断の「コレステロール基準値」はこんなにいい加減(週刊現代)

総 コレステロール 数値

男性で45歳以上である• 女性で閉経後である• 家族の中に心筋梗塞、脳梗塞など冠動脈疾患の患者がいる(いた)• 喫煙の習慣がある• 収縮期血圧が140mmHg以上 、かつ拡張期血圧が90mmHg以上である• 肥満体である• 境界型糖尿病である、または糖尿病である• 低HDLコレステロール血症、高トリグリセライド血症である• まず病院に行き、問診を含む検査を受けてください。 危険因子があるかないかは、今後の治療に大きく影響します。 そして、医師の指示に従いましょう。 薬物治療は長引くというイメージがあるせいか、拒否する人もいるようですが、冠動脈疾患は命に危険がある病気です。 自覚症状が出てからでは遅いので、しっかり治療を受けてください。 薬物治療・生活治療(運動治療と食事治療)が開始されますので、指示をしっかり守ってください。 運動は急に強度の高いものを行ってはいけません。 運動習慣が今までにない人は軽い20分以上のウォーキングから行いましょう。 運動の習慣を続けていくうちに心肺機能も上がり、基礎代謝量も上昇します。 良い運動習慣とバランスの取れた食事の習慣が身につき、LDLコレステロール値が正常値で安定してくれば薬物治療は様子を見ながら打ち切ることができます。 LDLコレステロールが高いことによって進行しやすくなる動脈硬化は、自覚症状がありません。 日常生活でも困った点が出てこないため、ついコレステロールの問題は先送りにしてしまいがちです。 自覚症状(冠動脈疾患)が起きた時には手遅れです。 体に障害が残る場合もありますし、命を落とす場合もあります。 自覚症状がない今のうちに、しっかりと下げることに留意してください。 サプリメント等を併用したい場合は、医師に必ず相談してください。 まだ標準値よりは大きいがこの一年運動・食事に気をつけサプリや特保を併用して続けてきたかいがあったというもの。 油断せず持続して標準値まで落としたいです。 ちなみに昨年は150で、ここ3年間年々悪化してます…。 — たなぽな 北京短期出張予定 tanapona787b LDLコレステロールの値が180越えて要治療ラインらしいっす!流石に食生活と運動見直さないといけないのかも— きったん beedhateblojp1 LDLコレステロール値が180オーバーなのがもしかしてこのいつまでたっても治らない肩こり、冷えの原因なんやろか— とおる 丙提督 toru2012 あとは、ここ数年LDLコレステロール値が180前後をキープして、C判定。 チョコ、玉子、チーズ、カップ麺が良くないって!? 好きな食べ物ばかり。 人生は厳しい。 コレステロール値は平均値以下キープが基本だと思ってるのに…。 30代半ばから平均値入って戻らんorz 油もの控える……。 自炊しろってことね……。

次の

総コレステロール値が300以上!でも健康に良く長生きできるってよ

総 コレステロール 数値

「総コレステロール値が心配」という悩みを抱えていると毎日不安ですが、そんな悩みがなくなれば、ストレスなく楽しい毎日が過ごせて長生きすることができますので、総コレステロール値(基準値)、総コレステロールが高い原因を知って、総コレステロールを下げる方法を実践しましょう! 【目次】• 総コレステロール値・基準値 血液検査の健康診断の項目にある総コレステロール(TC)の数値をチェックしてください。 よく総コレステロール値を下げることを気にされている方の中で数値の見方を間違えている方がいます。 それは、基準値(正常値)内であるにもかかわらず、総コレステロールを下げる必要があると気にしすぎている方です。 その時々によって総コレステロール値は増減します。 基準値内である場合には、全く総コレステロール値を気にする必要はありません。 本当に気にしなければならない方は、基準値に入っていない方だけなのです。 過度に気にしすぎることでストレスがたまらないようにしてください。 総コレステロール値の新基準 現在は、コレステロールの基準値について論争が繰り広げられています。 によれば、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は、健康な人であっても、性別や年齢によっても基準値を超えてしまうことがあり、現在使われている基準値は厳しすぎるとの研究結果をまとめました。 日本人間ドック学会が発表した健康診断の新基準値は次の通り。 以前紹介した(2010年)によれば、脂質栄養学会は、高コレステロールの方が長生き(コレステロールが高いほど死亡率が低かったとの大規模研究)であることやコレステロールを下げる薬を服用しても心臓病の予防効果は見られないとする海外の近年の研究から指針をまとめていました。 コレステロールに関しては、あまりにも悪者というイメージがつきすぎている印象がありますが、コレステロールは細胞膜を作る原料であったり、筋肉を作るホルモンの材料であり、体にとって欠かせないものです。 でも書きましたが、若い女性の中には、ダイエットのために、動物性食品や油脂類を摂取することを過剰に避けたりする人もおり、また高齢者になると自然と動物性たんぱく質や油脂をとらない食事をしてしまい、低栄養になってしまう人がいるようです。 低栄養になると、免疫が低下したり、筋肉が減少したり、骨が弱くなったりすることで、感染症に掛かりやすくなったり、骨折するおそれが高くなるようです。 コレステロールは全く必要ないものではなく、体にとって必要な栄養です。 そこで、単独の数値だけをみるのではなく、悪玉コレステロールと善玉コレステロールの比率のLH比のようなバランスでみるような考え方が注目を集めています。 によれば、LH比が注目を集めるようになってきたのは、最近の研究で、LDLコレステロールが140未満の人でも心筋梗塞になるケースがあり、またHDLコレステロールが高い人でもまれに動脈硬化を起こすこともわかってきたからです。 しかし、日本脂質栄養学会はLH比説に対しても、否定的です。 1日に必要な量の約80%ものコレステロールが、肝臓をはじめ体内で作られており、食物から摂取するコレステロールは約20%なのです。 実は、日本人で食べ物から摂取するコレステロールで病気になる方はほとんどいないそうです。 「」などの方を除く健康な人であれば、体内で血中総コレステロール値を調節してくれるため、食品から摂取するコレステロール量を過度に気にする必要はありません。 それよりも、肝臓に負担をかけない生活習慣を作ることが大事なのです。 1.総コレステロールを下げる食品をとる 2.総コレステロールの吸収を抑制する食品を摂取する 3.総コレステロールを処理能力をアップさせるために肝機能アップをさせる食品を摂取する 総コレステロールを下げる食品をとる 青魚(イワシ・アジ) 青魚に含まれる不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールを減らす働きがあると言われているそうです。 また、悪玉コレステロールを下げる食事として、(など)の多い食事にしましょう。 植物油 植物油には、コレステロールを抑える働きがあります。 が低く、が高いと真の悪玉である酸化LDLコレステロールが増えてくるといわれています。 マーガリンやショートニング、ファストフードや総菜などの揚げ油もできるだけ控えるようにして、中性脂肪に気を付けたいですね。 野菜(ブロッコリー・キャベツ) アブラナ科のブロッコリーとキャベツに含まれる天然アミノ酸の「SMCS」が、コレステロールから胆汁酸への変換を促進して血中LDLコレステロールを低下させる効果があることがわかったそうです。 コレステロールは肝臓で酵素によって胆汁酸に変化し排出されますが、SMCSはその酵素の働きを活性化させる働きがあり、肝臓における胆汁酸の合成を促進し、胆汁酸に変化し排出されるコレステロールの量を増やします。 大豆製品(豆腐・納豆) 大豆に含まれるサポニンには、悪玉コレステロールを分解する働きがあると言われているそうです。 食物繊維には、コレステロールの吸収を抑制する作用があります。 の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。 肝臓機能をアップさせる食品は、を含む食品です。 タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。 タウリンは、肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。 魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。 お酒を飲む方 健やかに過ごしたい中高年期の方に 初めてのお客様のために初回お試し価格をご用意しております。 |||.

次の