あさひ の へ っ ちゃ ら 日記。 高校卒業しました

大学を卒業しました

あさひ の へ っ ちゃ ら 日記

自転車(クロスバイク)のタイヤに少し空気を入れようと思って、あさひの店舗前に置いてある空気入れを借りることにした。 あさひというのは、サイクルベースあさひの事で、サイクルショップあさひ、とか自転車あさひと呼ぶ人もいる全国チェーン店である。 ところがいつも置いてある手押しの空気入れが、この日に限って無い。 お店の人に聞いてみると、 「あるでしょ、あれで入れて」と、指差されたのはコンプレッサーのホース。 クロスバイクは普通、仏式バルブなので、あれでは入れられないはずなので、私が戸惑っていると、 その店員さん「やりますよ」と言って、空気を入れようとし始めたが、やっぱりバルブの形状が違うため上手く空気を入れられない。 英式と仏式のバルブを知らない自転車店員がいる事にびっくり。 その後、その店員、僕の自転車を店内に持っていって空気を入れてくれた。 ここまでは一応よかった。 空気の注入は無料でやってくれた訳だし、何も文句は無い。 ただ、帰りの道中、異変に気づいた。 タイヤの 空気圧が高すぎる気がする。 タイヤには空気圧の「範囲」が表記されており、上限まで入れたこともあるが、ここまでタイヤが硬く、ゴツゴツとした乗り心地になったことは無かった。 両指で押してみても硬すぎる。 今思えば、ここで、空気を少し抜いておかなかったのが悔やまれる。 そして3日後、自転車で出かけ、ふと前輪を強く押してみるとあのカチカチの状態が3mm位凹む状態、つまり少し柔らかくなっていた。 ただし乗れない程ではない。 これは、 いわゆるスローパンクと言われるもの。 空気が減った状態で無理に乗るとチューブを傷つけたりするが、そこまではいっていない。 そのまま家に帰れば良かったのだが、あろうことかそこには、あの自転車屋あさひがあった。 「ちょうどいい、タイヤに空気を足して帰ろう!」と思ったのが失敗だった。 こんどは店舗前にゲージ付の手動ポンプがあったのだが、使おうとしたら、 「店舗の中でないと、このタイヤの空気は入れられません。 こちらで入れますから」と自転車を取られてしまった。 あとで考えると これは店員のウソだ。 あのポンプで十分空気は入れられる。 私の自転車は店内の整備スペースに運ばれ、メンテナンススタンドにかけられた。 5分くらいあちこち見たり、車輪を回転させてみたりしている。 そして、 「これはタイヤも減ってます、前後とも交換が必要」 「ブレーキシューも交換時期だね。 替えないとダメだよ」 「タイヤチューブも交換が必要。 どうする? パッチで応急処置もできるけど、結局チューブ変えなきゃダメだから意味ないよ」 とかなり強い言い方、 まるで叱られているような感じだ。 私は自転車の状態は把握している。 タイヤもブレーキシューも減ってはいるが、私の使い方ならまだ一年くらいは大丈夫。 今までも自分でパーツを購入して、修理をしてきたのでとりあえず、丁寧に修理は断った。 私が最高にアタマに来たのはここからだった。 自転車を引き取ろうとすると、バルブのネジを緩めて タイヤの空気を抜いてしまったのだ。 あわてて、私がネジを締めようとすると、笑いながら 「無駄だよパンクしてんだから、そんなとこ締めたって!」 タイヤの空気が抜けてしまうと、家まで30分、手で押して帰らなくてはならないため、空気を入れて欲しいとお願いしたが、 「この自転車に空気を入れて、乗れる状態にすることは(安全上)できません」と言い、 また修理を強く勧めるのだった。 点検作業を私の方から頼んだのではないのだから、持ち主である私が希望すれば、 元の状態で返却するべきだと思う。 空気を抜かれてしまうと、自宅が遠い場合は、どんなに料金が高くても修理を頼むしか選択肢は無い。 かなり、あこぎな商売である。 それと、少しの時間ではあるが、待たせる事を断り無く勝手に点検作業を始めたのも不愉快に思った。 点検5分と説明3分の8分位ではあるが、中には急いでいる人もいるだろうから、一言いうべきであろう。 結局、押して帰りますと言って、店舗の外にでて、こっそりと店先に置いてあった手動ポンプでタイヤに空気を入れて、何の問題もなく乗って自宅に帰った。 交換用のチューブは家に買い置きがある。 これが私が、二度とサイクルベースあさひには行かない理由である。 どうやら、無料のポンプを使おうとすると、何か理由をつけて店舗の中に自転車を運び、勝手に細かい所まで点検して、少し怖がらせるような言い方で修理をすすめて、部品代と工賃で儲けを出しているようだ。 「あさひ」という企業からみれば、ああいう店員が儲けを生み出してくれる 優秀な社員なのかも知れない。 ネットで検索してみると、私以外にも評価を書いている人がいて、たとえば下のブログでも、 必要以上の修理を勧められる場合がある事が書かれている。

次の

あさひ脂肪酸石鹸シャンプー&あさひ酸性リンス

あさひ の へ っ ちゃ ら 日記

自転車(クロスバイク)のタイヤに少し空気を入れようと思って、あさひの店舗前に置いてある空気入れを借りることにした。 あさひというのは、サイクルベースあさひの事で、サイクルショップあさひ、とか自転車あさひと呼ぶ人もいる全国チェーン店である。 ところがいつも置いてある手押しの空気入れが、この日に限って無い。 お店の人に聞いてみると、 「あるでしょ、あれで入れて」と、指差されたのはコンプレッサーのホース。 クロスバイクは普通、仏式バルブなので、あれでは入れられないはずなので、私が戸惑っていると、 その店員さん「やりますよ」と言って、空気を入れようとし始めたが、やっぱりバルブの形状が違うため上手く空気を入れられない。 英式と仏式のバルブを知らない自転車店員がいる事にびっくり。 その後、その店員、僕の自転車を店内に持っていって空気を入れてくれた。 ここまでは一応よかった。 空気の注入は無料でやってくれた訳だし、何も文句は無い。 ただ、帰りの道中、異変に気づいた。 タイヤの 空気圧が高すぎる気がする。 タイヤには空気圧の「範囲」が表記されており、上限まで入れたこともあるが、ここまでタイヤが硬く、ゴツゴツとした乗り心地になったことは無かった。 両指で押してみても硬すぎる。 今思えば、ここで、空気を少し抜いておかなかったのが悔やまれる。 そして3日後、自転車で出かけ、ふと前輪を強く押してみるとあのカチカチの状態が3mm位凹む状態、つまり少し柔らかくなっていた。 ただし乗れない程ではない。 これは、 いわゆるスローパンクと言われるもの。 空気が減った状態で無理に乗るとチューブを傷つけたりするが、そこまではいっていない。 そのまま家に帰れば良かったのだが、あろうことかそこには、あの自転車屋あさひがあった。 「ちょうどいい、タイヤに空気を足して帰ろう!」と思ったのが失敗だった。 こんどは店舗前にゲージ付の手動ポンプがあったのだが、使おうとしたら、 「店舗の中でないと、このタイヤの空気は入れられません。 こちらで入れますから」と自転車を取られてしまった。 あとで考えると これは店員のウソだ。 あのポンプで十分空気は入れられる。 私の自転車は店内の整備スペースに運ばれ、メンテナンススタンドにかけられた。 5分くらいあちこち見たり、車輪を回転させてみたりしている。 そして、 「これはタイヤも減ってます、前後とも交換が必要」 「ブレーキシューも交換時期だね。 替えないとダメだよ」 「タイヤチューブも交換が必要。 どうする? パッチで応急処置もできるけど、結局チューブ変えなきゃダメだから意味ないよ」 とかなり強い言い方、 まるで叱られているような感じだ。 私は自転車の状態は把握している。 タイヤもブレーキシューも減ってはいるが、私の使い方ならまだ一年くらいは大丈夫。 今までも自分でパーツを購入して、修理をしてきたのでとりあえず、丁寧に修理は断った。 私が最高にアタマに来たのはここからだった。 自転車を引き取ろうとすると、バルブのネジを緩めて タイヤの空気を抜いてしまったのだ。 あわてて、私がネジを締めようとすると、笑いながら 「無駄だよパンクしてんだから、そんなとこ締めたって!」 タイヤの空気が抜けてしまうと、家まで30分、手で押して帰らなくてはならないため、空気を入れて欲しいとお願いしたが、 「この自転車に空気を入れて、乗れる状態にすることは(安全上)できません」と言い、 また修理を強く勧めるのだった。 点検作業を私の方から頼んだのではないのだから、持ち主である私が希望すれば、 元の状態で返却するべきだと思う。 空気を抜かれてしまうと、自宅が遠い場合は、どんなに料金が高くても修理を頼むしか選択肢は無い。 かなり、あこぎな商売である。 それと、少しの時間ではあるが、待たせる事を断り無く勝手に点検作業を始めたのも不愉快に思った。 点検5分と説明3分の8分位ではあるが、中には急いでいる人もいるだろうから、一言いうべきであろう。 結局、押して帰りますと言って、店舗の外にでて、こっそりと店先に置いてあった手動ポンプでタイヤに空気を入れて、何の問題もなく乗って自宅に帰った。 交換用のチューブは家に買い置きがある。 これが私が、二度とサイクルベースあさひには行かない理由である。 どうやら、無料のポンプを使おうとすると、何か理由をつけて店舗の中に自転車を運び、勝手に細かい所まで点検して、少し怖がらせるような言い方で修理をすすめて、部品代と工賃で儲けを出しているようだ。 「あさひ」という企業からみれば、ああいう店員が儲けを生み出してくれる 優秀な社員なのかも知れない。 ネットで検索してみると、私以外にも評価を書いている人がいて、たとえば下のブログでも、 必要以上の修理を勧められる場合がある事が書かれている。

次の

自転車あさひの株主優待有効期限は5月20日!急ぎ使ってきました!

あさひ の へ っ ちゃ ら 日記

ローリーちゃんと寝るはっちゃん、 の手は……、 やさしくローリーちゃんに添えられているのでした。 まぁ、同時に足蹴にもしているのですが……。 三角の座り姿を、後ろから見ると……、 黒メタルスライム。 おとんそっくり(笑)。 全国のコンビニ、書店にて発売中です。 横浜でのイベントも終了し、2日ぶりにおかんが帰ってきました。 はっちゃんはずーっとおかんにべったりで、 あんはったんではなく、おかんの手をまくらに寝ています。 おかんも会いたかったよー! 現在、朝4時半をまわりましたが、まだこの状態(仕事の残りが進みません…)。 平日にもかかわらず、お越しいただきました皆さま、どうもありがとうございました! ムービーレポートのインタビューがアップされました。 実は音声の都合でテイク2だったのですが、1回目のときに 「カメラは黒いけどブースは白ですね」と言ったのがツボで……。 おとんそっくり(笑)。 全国のコンビニ、書店にて発売中です。 やってきたはっちゃん。 ドアに顔をすりつけながら部屋に入ります。 そして、はっちゃんは歩くとき、必ずしっぽが 立っているのでした。 をご覧ください。 1)トンネルの前でおもちゃを振ります。 をご覧ください。

次の