ジャズ ピアノ 独学。 「ジャズピアノ練習法」コード編

ジャズピアノを独学で練習したいんですが

ジャズ ピアノ 独学

コラム「何を練習したらいい?」 ジャズピアノの練習法 「ジャズをやってみたい」 「アドリブが弾けるようになりたいんだけどどうしたらいい?」 よくある疑問だと思います。 誰かに聞いたことがあるか、誰かからこう聞かれたことがある方も多いと思います。 その人がまず何をどこまで出来るのか、 そして何が出来るようになりたいか、 によって何を練習するべきかは変わってきます。 それが自分でわかれば一番話は早いというか、それを試行錯誤しながら練習を重ねるのがジャズの学び方なのかもしれません。 それだと話が一瞬で終わってしまいますので、 これは身につけておくといいであろうスキルを載せておきます。 チェックシートのように使ってもいいでしょう。 大事なのは 全キーで出来ることと、 譜面無しでもすぐ弾けることです。 それで初めて「 出来る」とします。 をお持ちの方で、どの章を練習すればいい?とお悩みの方はこのページをブックマークして、出来ること、出来ないことを確認してくださいね。 また、サンプルを無料でダウンロードできますので併せてご利用ください。 NEW!! 基礎知識を身に付けるためのテキストを作成しました。 右手で弾きます。 この譜面のコードをすぐに弾けたら合格です。 メロディを右手で弾きましょう。 この譜面にある、ランダムなマイナートライアドをすぐに弾けたら合格です。 メロディも右手で弾きましょう。 メジャートライアド、マイナートライアド混合。 メジャートライアド、マイナートライアドをごちゃ混ぜにします。 ランダムに配置しましたので、基本形ですぐに弾けたらOKです。 メジャーセブンの練習 基本形と第2転回形で出来るようにします。 基本形のみ、完全4度ずつルートを上がります。 音域が外れてしまわないように、上がって、下がっての繰り返しです。 第2転回形でも完全4度進行で練習します。 基本形と第2転回形の組み合わせ 完全4度進行の時は基本形と第2転回形を交互に繰り返すとスムーズに弾けます。 第2転回形と基本形の組み合わせ 第2転回形からもスタートしましょう。 マイナーセブンの練習 マイナーセブンもメジャーセブン同様にやっていきます。 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 セブンスの練習 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 マイナーセブンフラットファイブの練習 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 マイナーセブン 付きの練習 3579と7935の形ですぐ弾けたらokです。 完全4度進行で練習します。 3579 7935 3579,7935交互 7935,3579交互 メジャーセブンテンション付きの練習 3579と7935の形ですぐ弾けたらokです。 完全4度進行で練習します。 3579 7935 3579,7935交互 7935,3579交互 セブンテンション付き 3,13,7,9 7,9,3,13の形ですぐ弾けたらOK 完全4度進行で練習します。 3,13,7,9 7,9,3,13 3,13,7,9と7,9,3,13交互 7,9,3,13と3,13,7,9交互 セブン テンション 3,b13. b9 7,b9. b13の形すぐ弾けたらok ちなみに、7,b9. b13の形は全音下のm7b5の基本形でもありますね。 完全4度進行で練習します。 b13. b9 7. b13 3. b13. b9 7. b13 交互 7. b13 3. b13. b9 交互 ワン 全キーで弾けたらOKです。 IIm7が3579から始まる形と 7935から始まる形の2種類です。 IIm7 9 の7thが半音下がるとV7 9. 13 の になります。 3579の7が半音さがるとV7の79313になり 7935の7が半音さがると、V7の31379になります。 下がった音以外がさがるとIM7が出来ます。 ここから先はジャズピアノ練習法に全キーで収録されています。 自分で作れる方ならそれでもOKです。 Dm7-G7-CM7 Gm7-C7-FM7 Cm7-F7-BbM7 Fm7-Bb7-EbM7 Bbm7-Eb7-AbM7 Ebm7-Ab7-DbM7 Abm7-Db7-GbM7 C m7-F 7-BM7 F m7-B7-EM7 Bm7-E7-AM7 Em7-A7-DM7 Am7-D7-GM7 V7 9. 13 -IM7 7. 13-3579 3. 9-7935 全キーで出来たらokです。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 V7 b9. b13 -Im7 マイナーキーのV7ではb9. b13をテンションとして使います。 b13-3579 3. b13. b9-7935 G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 b9. b13 -IM7 7. b13-3579 3. b13. b9-7935 メジャーキーのV7でも を使えます。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 全キーで弾けたらOK 1625 CM7-Am7-Dm7-G7 ダイアトニックコードだとこうですが 6を のコードに変更します。 CM7-A7-Dm7-G7 テンションを入れると CM7 9 -A7 b9b13 -Dm7 9 -G7 9. 13 3579-7. b13-3579-7. 13 7935-3. b13. 9-7935-3. b13. b9 2つの形で練習します。 CM7-A7-Dm7-G7 FM7-D7-Gm7-C7 BbM7-G7-Cm7-F7 EbM7-C7-Fm7-Bb7 AbM7-F7-Bbm7-Eb7 DbM7-Bb7-Ebm7-Ab7 GbM7-Eb7-Abm7-Db7 BM7-G 7-C m7-F 7 EM7-C 7-F m7-B7 AM7-F 7-Bm7-E7 DM7-B7-Em7-A7 GM7-E7-Am7-D7 マイナーツーファイブワン Dm7b5-G7-Cm7 マイナーツーファイブワンは4種類の形で練習します。 m7b5、全音でぶつかる箇所を上か下に配置します 全音でぶつけた箇所を長三度に開くとV7b9b13のヴォイシングになります。 それが 7135-3. b13. b9-7935 3571-7. b9-3. b13-3579の2種類 もう2種類のおさえかた m7b5、3rdを11thに、全音上げます。 5か1から弾きます。 3 1,11,5,7 の2種類です。 これを短3度上げるとV7 9. b13 のヴォイシングになります。 b13. Dm7b5-G7-Cm7 Gm7b5-C7-Fm7 Cm7b5-F7-Bbm7 Fm7b5-Bb7-Ebm7 A m7b5-D 7-G m7 D m7b5-G 7-C m7 G m7b5-C 7-F m7 C m7b5-F 7-Bm7 F m7b5-B7-E7 Bm7b5-E7-Am7 Em7b5-A7-Dm7 Am7b5-D7-Gm7 IIm7-V7-V7alt-IM7 V7 9. 13 からV7 b9. b13 に変化させて、IM7に解決します。 Dm7-G7-CM7 Gm7-C7-FM7 Cm7-F7-BbM7 Fm7-Bb7-EbM7 Bbm7-Eb7-AbM7 Ebm7-Ab7-DbM7 Abm7-Db7-GbM7 C m7-F 7-BM7 F m7-B7-EM7 Bm7-E7-AM7 Em7-A7-DM7 Am7-D7-GM7 すぐ弾けたらok V7 9. b13 -V7 b9. b13 -Im7 9 で になります。 片手で弾くとこうでしたが 3. b13. b13. 全音上がります。 b13. b13. G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 12キーで練習しましょう。 1625両手で CM7-A7-Dm7-G7を両手で練習しましょう A7-Dm7は先ほどの 3. b13. b13. G7-CM7でも同じようにやりましょう。 b13. b13. CM7-A7-Dm7-G7 FM7-D7-Gm7-C7 BbM7-G7-Cm7-F7 EbM7-C7-Fm7-Bb7 AbM7-F7-Bbm7-Eb7 DbM7-Bb7-Ebm7-Ab7 GbM7-Eb7-Abm7-Db7 BM7-G 7-C m7-F 7 EM7-C 7-F m7-B7 AM7-F 7-Bm7-E7 DM7-B7-Em7-A7 GM7-E7-Am7-D7 すぐ弾けたらOK! コンピングを強化したいんだけど、、という方。 まずはここまでやってみるのはいかがでしょうか もうすこしコンピングを強化したい、もしくはソロピアノで でメロディーを弾きたいという人は続きをやってみましょう。 ブロックコードにうつります。 ブロックコード ブロックコード、I6とdim7でスケール、ドロップ2 C6とBdim7を交互に弾きながら上昇しましょう、ドロップ2してくださいね。 C6はCM7に微調整できる箇所もありますが、とりあえずそのままでよいです。 ブロックコードに興味がある方はこちら C6とBdim7 F6とEdim7 Bb6とAdim7 Eb6とDdim7 Ab6とGdim7 Db6とCdim7 Gb6とFdim7 B6とA dim7 E6とD dim7 A6とG dim7 D6とC dim7 G6とF dim7 スケールを上がり下がりしましょう。 ブロックコード、m7とdim7でスケール 同じようにDm7とC dim7を交互に弾きながら上昇しましょう。 Dm7のヴォイシングはDm7 9 に変更出来る箇所がありますが、とりあえずそのままでよいです。 Cm7 とBdim7 Fm7 とEdim7 Bbm7 とAdim7 Ebm7 とDdim7 Abm7 とGdim7 C m7 とCdim7 B dim F m7 とFdim7 E dim Bm7 とA dim7 Em7 とD dim7 Am7 とG dim7 Dm7 とC dim7 Gm7 とF dim7 スケールを上がり下がりしましょう。 ブロックコード、V7 ヴォイシングアルペジオ A7をC dim7と解釈して、C dim7のテンションヴォイシングを弾きます。 ベースにAの音が鳴ってるものとします。 Aタイプ C dim7の4つの展開形の1番上の音を全音上に上げ、一番上の音を一オクターブ下で重ねます。 A7にとってトップの音は1. 13になります。 右手メジャートライアド、左手そのメジャートライアドのルートの半音上、の形になりますが トップの音がメジャートライアドのルートになるような転回形にします。 Bタイプ Bdim7の4つの展開形の下から2番目の音を全音上に上げ、ドロップ2します。 G7にとってトップの音は3,5,7. b9になります。 右手メジャートライアド、左手そのメジャートライアドのルートの半音上、の形になりますが トップの音がメジャートライアドのルートに3rdになるような転回形にします。 357b9アルペジオ G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 で練習しましょう。 ブロックコード、V7alt下降パターン G7-CM7、V7-IM7を全キーで練習します。 ブロックコードアルペジオM7 をいろいろ作ります。 1がトップに来る Dm7をドロップ2 3がトップに来る Dm7 をドロップ2 5がトップに Dm7 9 をドロップ2 9がトップに Dm7 9 をドロップ2 7がトップに Dm7 9 をドロップ2 アルペジオ アドリブ編 曲の練習方法についてはこちらもどうぞ、 アドリブをやってみたいんだけど、、という方。 まず勉強をする前提として、メジャースケールやマイナースケールなどの、 スケールがすぐ弾けるととても役に立ちます。 というわけでスケール練習から。 メジャースケール メジャースケールを12キーで弾くことが出来ますか? キーについての理解や 理論を勉強するために絶対必要なスキルです。 全ての基準です。 お持ちの方は、 ハノンで練習してもよいでしょう、 ナチュラルマイナースケール ナチュラルマイナースケールも即座に全キーで弾けるようにしましょう。 メジャースケールの3,6,7がフラットされたものという考え方でも 短三度上のメジャースケールという考え方でも構いません。 早速メジャースケールが必要になりましたね? ハーモニックマイナースケール ナチュラルマイナースケールの7番目が半音上がります。 主音の半音下 導音 に音が変更されます。 メロディックマイナースケール ハーモニックマイナースケールの6番目の音をさらに半音上げます。 メジャースケールの3番目の音を半音下げる、という考え方でもOK。 マイナー3種類は頑張って覚えちゃいましょう。 ここからは普通のスケール練習と スケールを使ったフレーズを一緒にご紹介します。 のスケール練習というチャプターより譜面を引用しています。 ドリアンスケール IIm7で使われるスケールです。 メジャースケールを2番目の音から始めると作れます。 メジャースケールの3,7が半音下がります。 これがドリアンスケール 6thを抜いて上がり下がりしてみます。 ドリアンスケールに経過音をプラスして、IIm7のフレーズにしたものがこちら、4小節でループ出来る定番フレーズ、全キーで練習しましょう。 b13 で使われるスケール、 V7-Imの時に、解決先のIから始まるハーモニックマイナースケールを 5番目の音から始まるように並び替えます。 G7-Cm7の G7の時に使うスケールで Cハーモニックマイナースケールを 5番目、Gの音から始めます。 7thから下降するだけでそれっぽいですね。 b13 で使うもう一つのスケールがこちら、オルタードスケール。 半音上のメロディックマイナースケールと同じ音です。 11thの音を抜いて、3連で上がり下がりします。 3種類のエクササイズを作りました。 コンディミ G7 b9 とBdim7はルート以外同じ音です。 Bdim7は半音上のCM7に、 G7 b9 は完全4度上のCM7に解決します。 G7とBdim7は互換可能ということですね。 Bdim7で使えるテンションは、 各コードトーンの全音上の音、 つまりC dim7のコードトーンです。 これを組み合わせてスケールにしたのが Bディミニッシュスケール それをGから始めます。 そうすると Gコンビネーションオブディミニッシュスケール コンディミ になります。 ジャズピアノ練習法アドリブ編には8種類のパターンを全キーで収録していますが、このページではG7の3パターンのみを公開します。 5連苻で上がり下がりしましょう。 これは Fマイナーペンタ Gマイナーペンタ Cマイナーペンタ の3つでまずはよいでしょう。 マイナーキーや で、キーと同じブルーノートスケールが使えます。 これもまずはF. Cの3つだけ練習しましょう。 すぐに3種類弾けたらOK メジャーペンタトニックスケール メジャースケールの4,7抜き。 メジャーキーで、キーと同じメジャーペンタトニックが使えます。 頑張って全キーでやりましょう。 ジャズピアノ練習法、同じコードが続く、トニックフレーズの章や セット版特典 Blues Licks でたっぷり練習しましょう。 全キーで練習出来るフレーズ、ループフレーズを書いておきます。 2516 のアイデアを使います。 コードを意識してアドリブするための準備です。 アルペジオ練習7つとスケール練習1つです。 詳しくは上記ページを。 Dm7-G7-CM7-A7 アルペジオ パターン1 1357531のアルペジオ パターン2 7531357のアルペジオ パターン3 3579753のアルペジオ A7は b9. b13 にするため 357b9753のアルペジオになります。 パターン4 9753579のアルペジオ A7の9thは同じくb9thに変更します。 パターン5 5357579のアルペジオ A7は 以下略 パターン6 ミレラファミレ 詳しくは上記ページを参照、取りあえず弾くだけでもOKです。 M7では7thから始めます。 7 b9. b13 では 9thから始めます。 m7thでは9thから始めます。 7 9. 13 では13から始めます。 Dm7-G7が同じになってしまうので、G7のテンションをオルタードテンションに変えてみましょう。 7 b9. b13 では 9thから始めるので、こうなります。 パターン7、上昇アルペジオパターン パターン8スケール練習パターン これを全キーでやりましょう! Dm7-G7-CM7-A7 Gm7-C7-FM7-D7 Cm7-F7-BbM7-G7 Fm7-Bb7-EbM7-C7 Bbm7-Eb7-AbM7-F7 Ebm7-Ab7-DbM7-Bb7 Abm7-Db7-GbM7-Eb7 C m7-F 7-BM7-G 7 F m7-B7-EM7-C 7 Bm7-E7-AM7-F 7 Em7-A7-DM7-B7 Am7-D7-GM7-E7 に収録しています。 ドミナントモーションのフレーズ 今度は1625 CM7-A7-Dm7-G7で練習します。 A7とG7で同じフレーズを移調して練習します、この練習、効果バツグンですよ! これもジャズスタンダードの練習法に収録しています。 2拍の解決フレーズ 2拍の解決フレーズを覚えましょう。 ミクソリディアン由来の解決フレーズ マイナーコードに解決するときは使えません。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 で練習しましょう。 II-V IIm7のアイデア、V7のアイデア。 アプローチ法は色々ありますが、 まずは1つのフレーズを全キーで練習する、というやり方をやってみましょう。 時間がかかるでしょうが、その分得るものも大きいです。 ツーファイブフレーズならもオススメです。 II-V short 定番のツーファイブフレーズです。 全キーに移調して練習しましょう。 II-V short alt 3拍目がオルタードテンションを使った解決フレーズになります。 これも全キーに移調して練習しましょう。 ジャズピアノ練習法、アドリブ編に収録しています。 メジャーセブン6音スケール メジャースケールの4番目の音を抜いて6音スケールにします。 まずは3連苻で上がり下がりします。 この6音スケールで作られたいくつかのフレーズを練習しましょう。 編 ジャムセッションに参加したい!という方はイントロも練習しましょう。 ソロピアノ編 1,7ヴォイシング ソロピアノでの左手は1,7ヴォイシングであることが多いです。 M7では1. 7 m7. 7では1. b7 長7度と短7度を練習しましょう。 右手で3度を補強してあげるのもアリです。 ローインターバルリミットに注意します。 251やFブルース、. 枯葉で練習します。 弾きたいスタンダードがあったらそれでも練習してみましょう。 1,3,7 or7. 3 ヴォイシング+メロディ 1,3,7、もしくは1,7,3で両手でヴォイシングします。 上にメロディをのせるともうそれだけでいい感じ。 Tea for Two です。 左手のみで173. メロディーと伴奏が独立します。 3拍目は低音で5度を弾きます。 2516スプレッド Dm7-G7-CM7-A7 まずはテンションを入れて、左手ベース、右手コードで弾いてみます。 左手が17のパターンになるように、7が上から2番目にくる時はドロップ2します。 これを全キーで練習しましょう。 ウォーキングベース ウォーキングベースの作り方はこちら 準備中 から Fブルース、枯葉でウォーキングベースを練習しましょう。 右手はテンションヴォイシングです。 にベースラインのチュートリアルが収録されています。 というわけでした、自分に必要なものがあればぜひ練習してみてくださいね。 も効果的に取り入れてくださいね。 「ジャズピアノ練習法」には、ソロピアノ編の他に、 ジャズのアドリブを徹底的に練習するための、 コードに対する理解をさまざまな角度から深めるもあります。 「ソロピアノ編のソロピアノ譜も良いけど、自分で即興でアレンジが出来るようになりたい!」 という方はコード編を 「アドリブを練習したい!」 という方はアドリブ編の 購入 もオススメします。 教材の販売は終了しました。 ジャズピアノ通信講座の継続特典として、 毎月1つ教材を無料で受け取ることができます。

次の

初心者のためのジャズピアノ|独学をしたい人必見の基本情報

ジャズ ピアノ 独学

コラム「何を練習したらいい?」 ジャズピアノの練習法 「ジャズをやってみたい」 「アドリブが弾けるようになりたいんだけどどうしたらいい?」 よくある疑問だと思います。 誰かに聞いたことがあるか、誰かからこう聞かれたことがある方も多いと思います。 その人がまず何をどこまで出来るのか、 そして何が出来るようになりたいか、 によって何を練習するべきかは変わってきます。 それが自分でわかれば一番話は早いというか、それを試行錯誤しながら練習を重ねるのがジャズの学び方なのかもしれません。 それだと話が一瞬で終わってしまいますので、 これは身につけておくといいであろうスキルを載せておきます。 チェックシートのように使ってもいいでしょう。 大事なのは 全キーで出来ることと、 譜面無しでもすぐ弾けることです。 それで初めて「 出来る」とします。 をお持ちの方で、どの章を練習すればいい?とお悩みの方はこのページをブックマークして、出来ること、出来ないことを確認してくださいね。 また、サンプルを無料でダウンロードできますので併せてご利用ください。 NEW!! 基礎知識を身に付けるためのテキストを作成しました。 右手で弾きます。 この譜面のコードをすぐに弾けたら合格です。 メロディを右手で弾きましょう。 この譜面にある、ランダムなマイナートライアドをすぐに弾けたら合格です。 メロディも右手で弾きましょう。 メジャートライアド、マイナートライアド混合。 メジャートライアド、マイナートライアドをごちゃ混ぜにします。 ランダムに配置しましたので、基本形ですぐに弾けたらOKです。 メジャーセブンの練習 基本形と第2転回形で出来るようにします。 基本形のみ、完全4度ずつルートを上がります。 音域が外れてしまわないように、上がって、下がっての繰り返しです。 第2転回形でも完全4度進行で練習します。 基本形と第2転回形の組み合わせ 完全4度進行の時は基本形と第2転回形を交互に繰り返すとスムーズに弾けます。 第2転回形と基本形の組み合わせ 第2転回形からもスタートしましょう。 マイナーセブンの練習 マイナーセブンもメジャーセブン同様にやっていきます。 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 セブンスの練習 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 マイナーセブンフラットファイブの練習 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 マイナーセブン 付きの練習 3579と7935の形ですぐ弾けたらokです。 完全4度進行で練習します。 3579 7935 3579,7935交互 7935,3579交互 メジャーセブンテンション付きの練習 3579と7935の形ですぐ弾けたらokです。 完全4度進行で練習します。 3579 7935 3579,7935交互 7935,3579交互 セブンテンション付き 3,13,7,9 7,9,3,13の形ですぐ弾けたらOK 完全4度進行で練習します。 3,13,7,9 7,9,3,13 3,13,7,9と7,9,3,13交互 7,9,3,13と3,13,7,9交互 セブン テンション 3,b13. b9 7,b9. b13の形すぐ弾けたらok ちなみに、7,b9. b13の形は全音下のm7b5の基本形でもありますね。 完全4度進行で練習します。 b13. b9 7. b13 3. b13. b9 7. b13 交互 7. b13 3. b13. b9 交互 ワン 全キーで弾けたらOKです。 IIm7が3579から始まる形と 7935から始まる形の2種類です。 IIm7 9 の7thが半音下がるとV7 9. 13 の になります。 3579の7が半音さがるとV7の79313になり 7935の7が半音さがると、V7の31379になります。 下がった音以外がさがるとIM7が出来ます。 ここから先はジャズピアノ練習法に全キーで収録されています。 自分で作れる方ならそれでもOKです。 Dm7-G7-CM7 Gm7-C7-FM7 Cm7-F7-BbM7 Fm7-Bb7-EbM7 Bbm7-Eb7-AbM7 Ebm7-Ab7-DbM7 Abm7-Db7-GbM7 C m7-F 7-BM7 F m7-B7-EM7 Bm7-E7-AM7 Em7-A7-DM7 Am7-D7-GM7 V7 9. 13 -IM7 7. 13-3579 3. 9-7935 全キーで出来たらokです。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 V7 b9. b13 -Im7 マイナーキーのV7ではb9. b13をテンションとして使います。 b13-3579 3. b13. b9-7935 G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 b9. b13 -IM7 7. b13-3579 3. b13. b9-7935 メジャーキーのV7でも を使えます。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 全キーで弾けたらOK 1625 CM7-Am7-Dm7-G7 ダイアトニックコードだとこうですが 6を のコードに変更します。 CM7-A7-Dm7-G7 テンションを入れると CM7 9 -A7 b9b13 -Dm7 9 -G7 9. 13 3579-7. b13-3579-7. 13 7935-3. b13. 9-7935-3. b13. b9 2つの形で練習します。 CM7-A7-Dm7-G7 FM7-D7-Gm7-C7 BbM7-G7-Cm7-F7 EbM7-C7-Fm7-Bb7 AbM7-F7-Bbm7-Eb7 DbM7-Bb7-Ebm7-Ab7 GbM7-Eb7-Abm7-Db7 BM7-G 7-C m7-F 7 EM7-C 7-F m7-B7 AM7-F 7-Bm7-E7 DM7-B7-Em7-A7 GM7-E7-Am7-D7 マイナーツーファイブワン Dm7b5-G7-Cm7 マイナーツーファイブワンは4種類の形で練習します。 m7b5、全音でぶつかる箇所を上か下に配置します 全音でぶつけた箇所を長三度に開くとV7b9b13のヴォイシングになります。 それが 7135-3. b13. b9-7935 3571-7. b9-3. b13-3579の2種類 もう2種類のおさえかた m7b5、3rdを11thに、全音上げます。 5か1から弾きます。 3 1,11,5,7 の2種類です。 これを短3度上げるとV7 9. b13 のヴォイシングになります。 b13. Dm7b5-G7-Cm7 Gm7b5-C7-Fm7 Cm7b5-F7-Bbm7 Fm7b5-Bb7-Ebm7 A m7b5-D 7-G m7 D m7b5-G 7-C m7 G m7b5-C 7-F m7 C m7b5-F 7-Bm7 F m7b5-B7-E7 Bm7b5-E7-Am7 Em7b5-A7-Dm7 Am7b5-D7-Gm7 IIm7-V7-V7alt-IM7 V7 9. 13 からV7 b9. b13 に変化させて、IM7に解決します。 Dm7-G7-CM7 Gm7-C7-FM7 Cm7-F7-BbM7 Fm7-Bb7-EbM7 Bbm7-Eb7-AbM7 Ebm7-Ab7-DbM7 Abm7-Db7-GbM7 C m7-F 7-BM7 F m7-B7-EM7 Bm7-E7-AM7 Em7-A7-DM7 Am7-D7-GM7 すぐ弾けたらok V7 9. b13 -V7 b9. b13 -Im7 9 で になります。 片手で弾くとこうでしたが 3. b13. b13. 全音上がります。 b13. b13. G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 12キーで練習しましょう。 1625両手で CM7-A7-Dm7-G7を両手で練習しましょう A7-Dm7は先ほどの 3. b13. b13. G7-CM7でも同じようにやりましょう。 b13. b13. CM7-A7-Dm7-G7 FM7-D7-Gm7-C7 BbM7-G7-Cm7-F7 EbM7-C7-Fm7-Bb7 AbM7-F7-Bbm7-Eb7 DbM7-Bb7-Ebm7-Ab7 GbM7-Eb7-Abm7-Db7 BM7-G 7-C m7-F 7 EM7-C 7-F m7-B7 AM7-F 7-Bm7-E7 DM7-B7-Em7-A7 GM7-E7-Am7-D7 すぐ弾けたらOK! コンピングを強化したいんだけど、、という方。 まずはここまでやってみるのはいかがでしょうか もうすこしコンピングを強化したい、もしくはソロピアノで でメロディーを弾きたいという人は続きをやってみましょう。 ブロックコードにうつります。 ブロックコード ブロックコード、I6とdim7でスケール、ドロップ2 C6とBdim7を交互に弾きながら上昇しましょう、ドロップ2してくださいね。 C6はCM7に微調整できる箇所もありますが、とりあえずそのままでよいです。 ブロックコードに興味がある方はこちら C6とBdim7 F6とEdim7 Bb6とAdim7 Eb6とDdim7 Ab6とGdim7 Db6とCdim7 Gb6とFdim7 B6とA dim7 E6とD dim7 A6とG dim7 D6とC dim7 G6とF dim7 スケールを上がり下がりしましょう。 ブロックコード、m7とdim7でスケール 同じようにDm7とC dim7を交互に弾きながら上昇しましょう。 Dm7のヴォイシングはDm7 9 に変更出来る箇所がありますが、とりあえずそのままでよいです。 Cm7 とBdim7 Fm7 とEdim7 Bbm7 とAdim7 Ebm7 とDdim7 Abm7 とGdim7 C m7 とCdim7 B dim F m7 とFdim7 E dim Bm7 とA dim7 Em7 とD dim7 Am7 とG dim7 Dm7 とC dim7 Gm7 とF dim7 スケールを上がり下がりしましょう。 ブロックコード、V7 ヴォイシングアルペジオ A7をC dim7と解釈して、C dim7のテンションヴォイシングを弾きます。 ベースにAの音が鳴ってるものとします。 Aタイプ C dim7の4つの展開形の1番上の音を全音上に上げ、一番上の音を一オクターブ下で重ねます。 A7にとってトップの音は1. 13になります。 右手メジャートライアド、左手そのメジャートライアドのルートの半音上、の形になりますが トップの音がメジャートライアドのルートになるような転回形にします。 Bタイプ Bdim7の4つの展開形の下から2番目の音を全音上に上げ、ドロップ2します。 G7にとってトップの音は3,5,7. b9になります。 右手メジャートライアド、左手そのメジャートライアドのルートの半音上、の形になりますが トップの音がメジャートライアドのルートに3rdになるような転回形にします。 357b9アルペジオ G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 で練習しましょう。 ブロックコード、V7alt下降パターン G7-CM7、V7-IM7を全キーで練習します。 ブロックコードアルペジオM7 をいろいろ作ります。 1がトップに来る Dm7をドロップ2 3がトップに来る Dm7 をドロップ2 5がトップに Dm7 9 をドロップ2 9がトップに Dm7 9 をドロップ2 7がトップに Dm7 9 をドロップ2 アルペジオ アドリブ編 曲の練習方法についてはこちらもどうぞ、 アドリブをやってみたいんだけど、、という方。 まず勉強をする前提として、メジャースケールやマイナースケールなどの、 スケールがすぐ弾けるととても役に立ちます。 というわけでスケール練習から。 メジャースケール メジャースケールを12キーで弾くことが出来ますか? キーについての理解や 理論を勉強するために絶対必要なスキルです。 全ての基準です。 お持ちの方は、 ハノンで練習してもよいでしょう、 ナチュラルマイナースケール ナチュラルマイナースケールも即座に全キーで弾けるようにしましょう。 メジャースケールの3,6,7がフラットされたものという考え方でも 短三度上のメジャースケールという考え方でも構いません。 早速メジャースケールが必要になりましたね? ハーモニックマイナースケール ナチュラルマイナースケールの7番目が半音上がります。 主音の半音下 導音 に音が変更されます。 メロディックマイナースケール ハーモニックマイナースケールの6番目の音をさらに半音上げます。 メジャースケールの3番目の音を半音下げる、という考え方でもOK。 マイナー3種類は頑張って覚えちゃいましょう。 ここからは普通のスケール練習と スケールを使ったフレーズを一緒にご紹介します。 のスケール練習というチャプターより譜面を引用しています。 ドリアンスケール IIm7で使われるスケールです。 メジャースケールを2番目の音から始めると作れます。 メジャースケールの3,7が半音下がります。 これがドリアンスケール 6thを抜いて上がり下がりしてみます。 ドリアンスケールに経過音をプラスして、IIm7のフレーズにしたものがこちら、4小節でループ出来る定番フレーズ、全キーで練習しましょう。 b13 で使われるスケール、 V7-Imの時に、解決先のIから始まるハーモニックマイナースケールを 5番目の音から始まるように並び替えます。 G7-Cm7の G7の時に使うスケールで Cハーモニックマイナースケールを 5番目、Gの音から始めます。 7thから下降するだけでそれっぽいですね。 b13 で使うもう一つのスケールがこちら、オルタードスケール。 半音上のメロディックマイナースケールと同じ音です。 11thの音を抜いて、3連で上がり下がりします。 3種類のエクササイズを作りました。 コンディミ G7 b9 とBdim7はルート以外同じ音です。 Bdim7は半音上のCM7に、 G7 b9 は完全4度上のCM7に解決します。 G7とBdim7は互換可能ということですね。 Bdim7で使えるテンションは、 各コードトーンの全音上の音、 つまりC dim7のコードトーンです。 これを組み合わせてスケールにしたのが Bディミニッシュスケール それをGから始めます。 そうすると Gコンビネーションオブディミニッシュスケール コンディミ になります。 ジャズピアノ練習法アドリブ編には8種類のパターンを全キーで収録していますが、このページではG7の3パターンのみを公開します。 5連苻で上がり下がりしましょう。 これは Fマイナーペンタ Gマイナーペンタ Cマイナーペンタ の3つでまずはよいでしょう。 マイナーキーや で、キーと同じブルーノートスケールが使えます。 これもまずはF. Cの3つだけ練習しましょう。 すぐに3種類弾けたらOK メジャーペンタトニックスケール メジャースケールの4,7抜き。 メジャーキーで、キーと同じメジャーペンタトニックが使えます。 頑張って全キーでやりましょう。 ジャズピアノ練習法、同じコードが続く、トニックフレーズの章や セット版特典 Blues Licks でたっぷり練習しましょう。 全キーで練習出来るフレーズ、ループフレーズを書いておきます。 2516 のアイデアを使います。 コードを意識してアドリブするための準備です。 アルペジオ練習7つとスケール練習1つです。 詳しくは上記ページを。 Dm7-G7-CM7-A7 アルペジオ パターン1 1357531のアルペジオ パターン2 7531357のアルペジオ パターン3 3579753のアルペジオ A7は b9. b13 にするため 357b9753のアルペジオになります。 パターン4 9753579のアルペジオ A7の9thは同じくb9thに変更します。 パターン5 5357579のアルペジオ A7は 以下略 パターン6 ミレラファミレ 詳しくは上記ページを参照、取りあえず弾くだけでもOKです。 M7では7thから始めます。 7 b9. b13 では 9thから始めます。 m7thでは9thから始めます。 7 9. 13 では13から始めます。 Dm7-G7が同じになってしまうので、G7のテンションをオルタードテンションに変えてみましょう。 7 b9. b13 では 9thから始めるので、こうなります。 パターン7、上昇アルペジオパターン パターン8スケール練習パターン これを全キーでやりましょう! Dm7-G7-CM7-A7 Gm7-C7-FM7-D7 Cm7-F7-BbM7-G7 Fm7-Bb7-EbM7-C7 Bbm7-Eb7-AbM7-F7 Ebm7-Ab7-DbM7-Bb7 Abm7-Db7-GbM7-Eb7 C m7-F 7-BM7-G 7 F m7-B7-EM7-C 7 Bm7-E7-AM7-F 7 Em7-A7-DM7-B7 Am7-D7-GM7-E7 に収録しています。 ドミナントモーションのフレーズ 今度は1625 CM7-A7-Dm7-G7で練習します。 A7とG7で同じフレーズを移調して練習します、この練習、効果バツグンですよ! これもジャズスタンダードの練習法に収録しています。 2拍の解決フレーズ 2拍の解決フレーズを覚えましょう。 ミクソリディアン由来の解決フレーズ マイナーコードに解決するときは使えません。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 で練習しましょう。 II-V IIm7のアイデア、V7のアイデア。 アプローチ法は色々ありますが、 まずは1つのフレーズを全キーで練習する、というやり方をやってみましょう。 時間がかかるでしょうが、その分得るものも大きいです。 ツーファイブフレーズならもオススメです。 II-V short 定番のツーファイブフレーズです。 全キーに移調して練習しましょう。 II-V short alt 3拍目がオルタードテンションを使った解決フレーズになります。 これも全キーに移調して練習しましょう。 ジャズピアノ練習法、アドリブ編に収録しています。 メジャーセブン6音スケール メジャースケールの4番目の音を抜いて6音スケールにします。 まずは3連苻で上がり下がりします。 この6音スケールで作られたいくつかのフレーズを練習しましょう。 編 ジャムセッションに参加したい!という方はイントロも練習しましょう。 ソロピアノ編 1,7ヴォイシング ソロピアノでの左手は1,7ヴォイシングであることが多いです。 M7では1. 7 m7. 7では1. b7 長7度と短7度を練習しましょう。 右手で3度を補強してあげるのもアリです。 ローインターバルリミットに注意します。 251やFブルース、. 枯葉で練習します。 弾きたいスタンダードがあったらそれでも練習してみましょう。 1,3,7 or7. 3 ヴォイシング+メロディ 1,3,7、もしくは1,7,3で両手でヴォイシングします。 上にメロディをのせるともうそれだけでいい感じ。 Tea for Two です。 左手のみで173. メロディーと伴奏が独立します。 3拍目は低音で5度を弾きます。 2516スプレッド Dm7-G7-CM7-A7 まずはテンションを入れて、左手ベース、右手コードで弾いてみます。 左手が17のパターンになるように、7が上から2番目にくる時はドロップ2します。 これを全キーで練習しましょう。 ウォーキングベース ウォーキングベースの作り方はこちら 準備中 から Fブルース、枯葉でウォーキングベースを練習しましょう。 右手はテンションヴォイシングです。 にベースラインのチュートリアルが収録されています。 というわけでした、自分に必要なものがあればぜひ練習してみてくださいね。 も効果的に取り入れてくださいね。 「ジャズピアノ練習法」には、ソロピアノ編の他に、 ジャズのアドリブを徹底的に練習するための、 コードに対する理解をさまざまな角度から深めるもあります。 「ソロピアノ編のソロピアノ譜も良いけど、自分で即興でアレンジが出来るようになりたい!」 という方はコード編を 「アドリブを練習したい!」 という方はアドリブ編の 購入 もオススメします。 教材の販売は終了しました。 ジャズピアノ通信講座の継続特典として、 毎月1つ教材を無料で受け取ることができます。

次の

JAZZY LIFE

ジャズ ピアノ 独学

コラム「何を練習したらいい?」 ジャズピアノの練習法 「ジャズをやってみたい」 「アドリブが弾けるようになりたいんだけどどうしたらいい?」 よくある疑問だと思います。 誰かに聞いたことがあるか、誰かからこう聞かれたことがある方も多いと思います。 その人がまず何をどこまで出来るのか、 そして何が出来るようになりたいか、 によって何を練習するべきかは変わってきます。 それが自分でわかれば一番話は早いというか、それを試行錯誤しながら練習を重ねるのがジャズの学び方なのかもしれません。 それだと話が一瞬で終わってしまいますので、 これは身につけておくといいであろうスキルを載せておきます。 チェックシートのように使ってもいいでしょう。 大事なのは 全キーで出来ることと、 譜面無しでもすぐ弾けることです。 それで初めて「 出来る」とします。 をお持ちの方で、どの章を練習すればいい?とお悩みの方はこのページをブックマークして、出来ること、出来ないことを確認してくださいね。 また、サンプルを無料でダウンロードできますので併せてご利用ください。 NEW!! 基礎知識を身に付けるためのテキストを作成しました。 右手で弾きます。 この譜面のコードをすぐに弾けたら合格です。 メロディを右手で弾きましょう。 この譜面にある、ランダムなマイナートライアドをすぐに弾けたら合格です。 メロディも右手で弾きましょう。 メジャートライアド、マイナートライアド混合。 メジャートライアド、マイナートライアドをごちゃ混ぜにします。 ランダムに配置しましたので、基本形ですぐに弾けたらOKです。 メジャーセブンの練習 基本形と第2転回形で出来るようにします。 基本形のみ、完全4度ずつルートを上がります。 音域が外れてしまわないように、上がって、下がっての繰り返しです。 第2転回形でも完全4度進行で練習します。 基本形と第2転回形の組み合わせ 完全4度進行の時は基本形と第2転回形を交互に繰り返すとスムーズに弾けます。 第2転回形と基本形の組み合わせ 第2転回形からもスタートしましょう。 マイナーセブンの練習 マイナーセブンもメジャーセブン同様にやっていきます。 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 セブンスの練習 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 マイナーセブンフラットファイブの練習 基本形 第2転回形 基本形と第2転回形 第2転回形と基本形 マイナーセブン 付きの練習 3579と7935の形ですぐ弾けたらokです。 完全4度進行で練習します。 3579 7935 3579,7935交互 7935,3579交互 メジャーセブンテンション付きの練習 3579と7935の形ですぐ弾けたらokです。 完全4度進行で練習します。 3579 7935 3579,7935交互 7935,3579交互 セブンテンション付き 3,13,7,9 7,9,3,13の形ですぐ弾けたらOK 完全4度進行で練習します。 3,13,7,9 7,9,3,13 3,13,7,9と7,9,3,13交互 7,9,3,13と3,13,7,9交互 セブン テンション 3,b13. b9 7,b9. b13の形すぐ弾けたらok ちなみに、7,b9. b13の形は全音下のm7b5の基本形でもありますね。 完全4度進行で練習します。 b13. b9 7. b13 3. b13. b9 7. b13 交互 7. b13 3. b13. b9 交互 ワン 全キーで弾けたらOKです。 IIm7が3579から始まる形と 7935から始まる形の2種類です。 IIm7 9 の7thが半音下がるとV7 9. 13 の になります。 3579の7が半音さがるとV7の79313になり 7935の7が半音さがると、V7の31379になります。 下がった音以外がさがるとIM7が出来ます。 ここから先はジャズピアノ練習法に全キーで収録されています。 自分で作れる方ならそれでもOKです。 Dm7-G7-CM7 Gm7-C7-FM7 Cm7-F7-BbM7 Fm7-Bb7-EbM7 Bbm7-Eb7-AbM7 Ebm7-Ab7-DbM7 Abm7-Db7-GbM7 C m7-F 7-BM7 F m7-B7-EM7 Bm7-E7-AM7 Em7-A7-DM7 Am7-D7-GM7 V7 9. 13 -IM7 7. 13-3579 3. 9-7935 全キーで出来たらokです。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 V7 b9. b13 -Im7 マイナーキーのV7ではb9. b13をテンションとして使います。 b13-3579 3. b13. b9-7935 G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 b9. b13 -IM7 7. b13-3579 3. b13. b9-7935 メジャーキーのV7でも を使えます。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 全キーで弾けたらOK 1625 CM7-Am7-Dm7-G7 ダイアトニックコードだとこうですが 6を のコードに変更します。 CM7-A7-Dm7-G7 テンションを入れると CM7 9 -A7 b9b13 -Dm7 9 -G7 9. 13 3579-7. b13-3579-7. 13 7935-3. b13. 9-7935-3. b13. b9 2つの形で練習します。 CM7-A7-Dm7-G7 FM7-D7-Gm7-C7 BbM7-G7-Cm7-F7 EbM7-C7-Fm7-Bb7 AbM7-F7-Bbm7-Eb7 DbM7-Bb7-Ebm7-Ab7 GbM7-Eb7-Abm7-Db7 BM7-G 7-C m7-F 7 EM7-C 7-F m7-B7 AM7-F 7-Bm7-E7 DM7-B7-Em7-A7 GM7-E7-Am7-D7 マイナーツーファイブワン Dm7b5-G7-Cm7 マイナーツーファイブワンは4種類の形で練習します。 m7b5、全音でぶつかる箇所を上か下に配置します 全音でぶつけた箇所を長三度に開くとV7b9b13のヴォイシングになります。 それが 7135-3. b13. b9-7935 3571-7. b9-3. b13-3579の2種類 もう2種類のおさえかた m7b5、3rdを11thに、全音上げます。 5か1から弾きます。 3 1,11,5,7 の2種類です。 これを短3度上げるとV7 9. b13 のヴォイシングになります。 b13. Dm7b5-G7-Cm7 Gm7b5-C7-Fm7 Cm7b5-F7-Bbm7 Fm7b5-Bb7-Ebm7 A m7b5-D 7-G m7 D m7b5-G 7-C m7 G m7b5-C 7-F m7 C m7b5-F 7-Bm7 F m7b5-B7-E7 Bm7b5-E7-Am7 Em7b5-A7-Dm7 Am7b5-D7-Gm7 IIm7-V7-V7alt-IM7 V7 9. 13 からV7 b9. b13 に変化させて、IM7に解決します。 Dm7-G7-CM7 Gm7-C7-FM7 Cm7-F7-BbM7 Fm7-Bb7-EbM7 Bbm7-Eb7-AbM7 Ebm7-Ab7-DbM7 Abm7-Db7-GbM7 C m7-F 7-BM7 F m7-B7-EM7 Bm7-E7-AM7 Em7-A7-DM7 Am7-D7-GM7 すぐ弾けたらok V7 9. b13 -V7 b9. b13 -Im7 9 で になります。 片手で弾くとこうでしたが 3. b13. b13. 全音上がります。 b13. b13. G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 12キーで練習しましょう。 1625両手で CM7-A7-Dm7-G7を両手で練習しましょう A7-Dm7は先ほどの 3. b13. b13. G7-CM7でも同じようにやりましょう。 b13. b13. CM7-A7-Dm7-G7 FM7-D7-Gm7-C7 BbM7-G7-Cm7-F7 EbM7-C7-Fm7-Bb7 AbM7-F7-Bbm7-Eb7 DbM7-Bb7-Ebm7-Ab7 GbM7-Eb7-Abm7-Db7 BM7-G 7-C m7-F 7 EM7-C 7-F m7-B7 AM7-F 7-Bm7-E7 DM7-B7-Em7-A7 GM7-E7-Am7-D7 すぐ弾けたらOK! コンピングを強化したいんだけど、、という方。 まずはここまでやってみるのはいかがでしょうか もうすこしコンピングを強化したい、もしくはソロピアノで でメロディーを弾きたいという人は続きをやってみましょう。 ブロックコードにうつります。 ブロックコード ブロックコード、I6とdim7でスケール、ドロップ2 C6とBdim7を交互に弾きながら上昇しましょう、ドロップ2してくださいね。 C6はCM7に微調整できる箇所もありますが、とりあえずそのままでよいです。 ブロックコードに興味がある方はこちら C6とBdim7 F6とEdim7 Bb6とAdim7 Eb6とDdim7 Ab6とGdim7 Db6とCdim7 Gb6とFdim7 B6とA dim7 E6とD dim7 A6とG dim7 D6とC dim7 G6とF dim7 スケールを上がり下がりしましょう。 ブロックコード、m7とdim7でスケール 同じようにDm7とC dim7を交互に弾きながら上昇しましょう。 Dm7のヴォイシングはDm7 9 に変更出来る箇所がありますが、とりあえずそのままでよいです。 Cm7 とBdim7 Fm7 とEdim7 Bbm7 とAdim7 Ebm7 とDdim7 Abm7 とGdim7 C m7 とCdim7 B dim F m7 とFdim7 E dim Bm7 とA dim7 Em7 とD dim7 Am7 とG dim7 Dm7 とC dim7 Gm7 とF dim7 スケールを上がり下がりしましょう。 ブロックコード、V7 ヴォイシングアルペジオ A7をC dim7と解釈して、C dim7のテンションヴォイシングを弾きます。 ベースにAの音が鳴ってるものとします。 Aタイプ C dim7の4つの展開形の1番上の音を全音上に上げ、一番上の音を一オクターブ下で重ねます。 A7にとってトップの音は1. 13になります。 右手メジャートライアド、左手そのメジャートライアドのルートの半音上、の形になりますが トップの音がメジャートライアドのルートになるような転回形にします。 Bタイプ Bdim7の4つの展開形の下から2番目の音を全音上に上げ、ドロップ2します。 G7にとってトップの音は3,5,7. b9になります。 右手メジャートライアド、左手そのメジャートライアドのルートの半音上、の形になりますが トップの音がメジャートライアドのルートに3rdになるような転回形にします。 357b9アルペジオ G7-Cm7 C7-Fm7 F7-Bbm7 Bb7-Ebm7 Eb7-Abm7 G 7-C m7 C 7-F m7 F 7-Bm7 B7-Em7 E7-Am7 A7-Dm7 D7-Gm7 で練習しましょう。 ブロックコード、V7alt下降パターン G7-CM7、V7-IM7を全キーで練習します。 ブロックコードアルペジオM7 をいろいろ作ります。 1がトップに来る Dm7をドロップ2 3がトップに来る Dm7 をドロップ2 5がトップに Dm7 9 をドロップ2 9がトップに Dm7 9 をドロップ2 7がトップに Dm7 9 をドロップ2 アルペジオ アドリブ編 曲の練習方法についてはこちらもどうぞ、 アドリブをやってみたいんだけど、、という方。 まず勉強をする前提として、メジャースケールやマイナースケールなどの、 スケールがすぐ弾けるととても役に立ちます。 というわけでスケール練習から。 メジャースケール メジャースケールを12キーで弾くことが出来ますか? キーについての理解や 理論を勉強するために絶対必要なスキルです。 全ての基準です。 お持ちの方は、 ハノンで練習してもよいでしょう、 ナチュラルマイナースケール ナチュラルマイナースケールも即座に全キーで弾けるようにしましょう。 メジャースケールの3,6,7がフラットされたものという考え方でも 短三度上のメジャースケールという考え方でも構いません。 早速メジャースケールが必要になりましたね? ハーモニックマイナースケール ナチュラルマイナースケールの7番目が半音上がります。 主音の半音下 導音 に音が変更されます。 メロディックマイナースケール ハーモニックマイナースケールの6番目の音をさらに半音上げます。 メジャースケールの3番目の音を半音下げる、という考え方でもOK。 マイナー3種類は頑張って覚えちゃいましょう。 ここからは普通のスケール練習と スケールを使ったフレーズを一緒にご紹介します。 のスケール練習というチャプターより譜面を引用しています。 ドリアンスケール IIm7で使われるスケールです。 メジャースケールを2番目の音から始めると作れます。 メジャースケールの3,7が半音下がります。 これがドリアンスケール 6thを抜いて上がり下がりしてみます。 ドリアンスケールに経過音をプラスして、IIm7のフレーズにしたものがこちら、4小節でループ出来る定番フレーズ、全キーで練習しましょう。 b13 で使われるスケール、 V7-Imの時に、解決先のIから始まるハーモニックマイナースケールを 5番目の音から始まるように並び替えます。 G7-Cm7の G7の時に使うスケールで Cハーモニックマイナースケールを 5番目、Gの音から始めます。 7thから下降するだけでそれっぽいですね。 b13 で使うもう一つのスケールがこちら、オルタードスケール。 半音上のメロディックマイナースケールと同じ音です。 11thの音を抜いて、3連で上がり下がりします。 3種類のエクササイズを作りました。 コンディミ G7 b9 とBdim7はルート以外同じ音です。 Bdim7は半音上のCM7に、 G7 b9 は完全4度上のCM7に解決します。 G7とBdim7は互換可能ということですね。 Bdim7で使えるテンションは、 各コードトーンの全音上の音、 つまりC dim7のコードトーンです。 これを組み合わせてスケールにしたのが Bディミニッシュスケール それをGから始めます。 そうすると Gコンビネーションオブディミニッシュスケール コンディミ になります。 ジャズピアノ練習法アドリブ編には8種類のパターンを全キーで収録していますが、このページではG7の3パターンのみを公開します。 5連苻で上がり下がりしましょう。 これは Fマイナーペンタ Gマイナーペンタ Cマイナーペンタ の3つでまずはよいでしょう。 マイナーキーや で、キーと同じブルーノートスケールが使えます。 これもまずはF. Cの3つだけ練習しましょう。 すぐに3種類弾けたらOK メジャーペンタトニックスケール メジャースケールの4,7抜き。 メジャーキーで、キーと同じメジャーペンタトニックが使えます。 頑張って全キーでやりましょう。 ジャズピアノ練習法、同じコードが続く、トニックフレーズの章や セット版特典 Blues Licks でたっぷり練習しましょう。 全キーで練習出来るフレーズ、ループフレーズを書いておきます。 2516 のアイデアを使います。 コードを意識してアドリブするための準備です。 アルペジオ練習7つとスケール練習1つです。 詳しくは上記ページを。 Dm7-G7-CM7-A7 アルペジオ パターン1 1357531のアルペジオ パターン2 7531357のアルペジオ パターン3 3579753のアルペジオ A7は b9. b13 にするため 357b9753のアルペジオになります。 パターン4 9753579のアルペジオ A7の9thは同じくb9thに変更します。 パターン5 5357579のアルペジオ A7は 以下略 パターン6 ミレラファミレ 詳しくは上記ページを参照、取りあえず弾くだけでもOKです。 M7では7thから始めます。 7 b9. b13 では 9thから始めます。 m7thでは9thから始めます。 7 9. 13 では13から始めます。 Dm7-G7が同じになってしまうので、G7のテンションをオルタードテンションに変えてみましょう。 7 b9. b13 では 9thから始めるので、こうなります。 パターン7、上昇アルペジオパターン パターン8スケール練習パターン これを全キーでやりましょう! Dm7-G7-CM7-A7 Gm7-C7-FM7-D7 Cm7-F7-BbM7-G7 Fm7-Bb7-EbM7-C7 Bbm7-Eb7-AbM7-F7 Ebm7-Ab7-DbM7-Bb7 Abm7-Db7-GbM7-Eb7 C m7-F 7-BM7-G 7 F m7-B7-EM7-C 7 Bm7-E7-AM7-F 7 Em7-A7-DM7-B7 Am7-D7-GM7-E7 に収録しています。 ドミナントモーションのフレーズ 今度は1625 CM7-A7-Dm7-G7で練習します。 A7とG7で同じフレーズを移調して練習します、この練習、効果バツグンですよ! これもジャズスタンダードの練習法に収録しています。 2拍の解決フレーズ 2拍の解決フレーズを覚えましょう。 ミクソリディアン由来の解決フレーズ マイナーコードに解決するときは使えません。 G7-CM7 C7-FM7 F7-BbM7 Bb7-EbM7 Eb7-AbM7 Ab7-DbM7 Db7-GbM7 F 7-BM7 B7-EM7 E7-AM7 A7-DM7 D7-GM7 で練習しましょう。 II-V IIm7のアイデア、V7のアイデア。 アプローチ法は色々ありますが、 まずは1つのフレーズを全キーで練習する、というやり方をやってみましょう。 時間がかかるでしょうが、その分得るものも大きいです。 ツーファイブフレーズならもオススメです。 II-V short 定番のツーファイブフレーズです。 全キーに移調して練習しましょう。 II-V short alt 3拍目がオルタードテンションを使った解決フレーズになります。 これも全キーに移調して練習しましょう。 ジャズピアノ練習法、アドリブ編に収録しています。 メジャーセブン6音スケール メジャースケールの4番目の音を抜いて6音スケールにします。 まずは3連苻で上がり下がりします。 この6音スケールで作られたいくつかのフレーズを練習しましょう。 編 ジャムセッションに参加したい!という方はイントロも練習しましょう。 ソロピアノ編 1,7ヴォイシング ソロピアノでの左手は1,7ヴォイシングであることが多いです。 M7では1. 7 m7. 7では1. b7 長7度と短7度を練習しましょう。 右手で3度を補強してあげるのもアリです。 ローインターバルリミットに注意します。 251やFブルース、. 枯葉で練習します。 弾きたいスタンダードがあったらそれでも練習してみましょう。 1,3,7 or7. 3 ヴォイシング+メロディ 1,3,7、もしくは1,7,3で両手でヴォイシングします。 上にメロディをのせるともうそれだけでいい感じ。 Tea for Two です。 左手のみで173. メロディーと伴奏が独立します。 3拍目は低音で5度を弾きます。 2516スプレッド Dm7-G7-CM7-A7 まずはテンションを入れて、左手ベース、右手コードで弾いてみます。 左手が17のパターンになるように、7が上から2番目にくる時はドロップ2します。 これを全キーで練習しましょう。 ウォーキングベース ウォーキングベースの作り方はこちら 準備中 から Fブルース、枯葉でウォーキングベースを練習しましょう。 右手はテンションヴォイシングです。 にベースラインのチュートリアルが収録されています。 というわけでした、自分に必要なものがあればぜひ練習してみてくださいね。 も効果的に取り入れてくださいね。 「ジャズピアノ練習法」には、ソロピアノ編の他に、 ジャズのアドリブを徹底的に練習するための、 コードに対する理解をさまざまな角度から深めるもあります。 「ソロピアノ編のソロピアノ譜も良いけど、自分で即興でアレンジが出来るようになりたい!」 という方はコード編を 「アドリブを練習したい!」 という方はアドリブ編の 購入 もオススメします。 教材の販売は終了しました。 ジャズピアノ通信講座の継続特典として、 毎月1つ教材を無料で受け取ることができます。

次の