お忙しいところ恐れ入りますが 返信。 ご返信 /文例・敬語の使い方・意味

「催促メール」の書き方!上司や見積もり催促のビジネス例文も

お忙しいところ恐れ入りますが 返信

「催促メール」書き方のポイント まずはじめに「催促メール」の書き方のポイントを紹介します。 「件名」は「確認」や「お伺い」の表現にする 催促メールの件名は「〇〇のご確認」「〇〇のお伺い」などとし、確認したいということを示す件名にします。 あからさまに催促しているような件名は避けます。 本文は「催促」を感じさせない言葉で たとえ自分に非があったとしても、一方的に催促されるメールは不愉快な気持ちになるものです。 相手を責めるような催促の表現ではなく、どうなっていますか?という確認の表現や、確認をお願いします、というお願いの表現にします。 本日までとお願いしておりました〇〇の件、どのようなご状況でしょうか?• 〇〇の件につきまして、ご確認をお願いしたく、メールを差し上げます。 〇〇の件ですが、その後の進み具合はいかがでしょうか?• 先日お送りしたメールはご確認いただけましたでしょうか?• 本日までにご回答をお願いした件、いかがなりましたでしょうか?• 現時点でお返事が確認できないのですが、状況をお知らせいただけますでしょうか。 やんわりと伝える「クッション言葉」を加える 直接的な表現を和らげるため、クッション言葉を添えます。 お忙しいご事情があるかとは存じますが、• 何かの手違いかと拝察いたしますが、• 行き違いでご返答いただいているかもしれないのですが、• 催促しているようで恐縮ではございますが、• お忙しいところ恐れ入りますが 締切の「日付」とその「理由」を明記する このような理由のため、いつまでに返事が欲しい、という理由と締切の日付を簡潔に明記するようにします。 この時の理由は、個人的な事情に焦点をあてずに、第三者や行事の都合など、やむにやまれぬ事情であることを伝えます。 会議が明日に迫っておりますため、本日中のご連絡をお待ちしております。 弊社の生産ラインの都合上、〇月〇日までに納入をいただく必要がございます。 「行き違い」を考慮する 返事を郵送や社内便で受け取る予定だったり、振込の催促などの場合は行き違いが発生する可能性があります。 状況により、行き違いを考慮した文言を状況により添えるとよいでしょう。 なお、本メールと行き違いになり、すでにご対応を頂いておりましたら何卒ご容赦くださいませ。 これとは別に、実は返信メールがきていたのに気が付かなかったなど、メールの確認不足で行き違いが発生することは問題です。 そのようなミスがないよう、催促メールを送る時は事前の確認を怠らないようにしましょう。 「お願い」の結びの言葉で締めくくる 最後は、「お願い」の結びの言葉で締めくくるとよいでしょう。 お忙しいところお手数ですが、以上ご確認いただけますようお願いいたします。 内容や相手との関係性によっては、催促してすみません、という気持ちをあえて書くこともできます。 催促のようなメールを何卒ご容赦いただき、ご確認のほどお願いいたします。 せかすようで申し訳ございませんが、ご対応のほどよろしくお願い申し上げます。 「催促メール」の例文 次に催促メールの例文を紹介します。 〇月〇日にご依頼いたしました〇〇のお見積もりの件ですが、本日時点でご回答をまだいただいていないようでございます。 〇月〇日に社内会議で検討を行う予定のため、お忙しいところ大変恐縮ですが、〇日までにご送付いただけますよう、お願いいたします。 なお、本メールと行き違いですでにご対応いただいておりましたら、失礼のほどご容赦くださいませ。 引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。 先日は、〇〇のお見積もりにつきましてお時間をいただき、誠にありがとうございました。 その後ご検討の状況はいかがでしょうか。 何かご要望やご不明な点などございましたら、ご遠慮なくお申しつけ下さい。 なお、お見積の有効期限は〇月〇日となっており、期限を過ぎますと同内容でのご提供が難しくなる可能性がございます。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討状況をお知らせいただけますと幸いです。 何卒よろしくお願いいたします。 (メール署名) 日程調整の催促(上司へ) 件名:〇〇会議日程ご確認のお願い(再送) 〇〇部長 お疲れ様です。 〇日にメールでお伺いしておりました「〇〇会議」日程調整の件ですが、その後いかがなりましたでしょうか? 会議室の予約を間に合わせたいため、お忙しいところ誠に恐縮ですが、本日中にご回答をいただきたく、お願いいたします。 前回のメールでお伺いした内容は下記の通りでございます。 ————————————————————— 〇〇会議の開催日時につきまして、下記の日時でご都合の良い日時はございますでしょうか。 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時以降 ・〇月〇日(〇)〇時~〇時まで ————————————————————— 上記日時でご都合がつかない場合はお手数ですが候補日時のご連絡をお願いいたします。 お忙しいところ大変恐縮ですが、ご確認をいただきますよう何卒宜しくお願い申し上げます。 (メール署名) 「催促メール」返信の書き方とポイント 催促メールをもらった時の対応の仕方を説明します。 「催促メール」の返信は素早い対応を 自分が「催促メール」をもらったら、素早い対応を心がけましょう。 すぐに回答できない場合でも、いつまでに回答するということをとり急ぎ返信します。 催促メールの返信は、まず謝罪の言葉から始め、現状の報告を簡潔に述べます。 「催促メール」への返信の例文 見積もりの検討状況ついて催促メールが来た時の返信例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇のお見積もりへのご連絡が遅れまして大変申し訳ございません。 ご確認のメールまで頂戴してしまいまして、恐縮に存じます。 実は〇〇の件につきまして、〇日の営業会議で検討を行う予定でおります。 結果につきましては、会議が終了次第、〇日までにご連絡させていただく予定です。 ご心配をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。 とりいそぎ、お詫びとご連絡まで申し上げます。 「催促メール」の「返信の返信」も素早い対応を 催促メールを送付して、それに返信が来た場合は、対応してくれたことへの感謝と、確かに返事を受け取ったことを簡潔に伝えるメールを素早く返信しましょう。 「催促メール」への「返信の返信」の例文 催促メールを送ってその返信を受け取った場合の例文です。 いつもお世話になっております。 〇〇の件につきまして、お忙しい中さっそくご連絡をいただきましてありがとうございます。 〇日までにご回答いただけるとのことで承知いたしました。 何卒よろしくお願いいたします。 まとめ ビジネスの「催促メール」の目的は、こちらの要望通りの行動を気持ちよく起こしてもらうことです。 相手が上司や取引先であっても同僚であっても、不愉快な気持ちにさせないようにお願いの姿勢で丁寧に書き、その返信に対してはお礼のメールを迅速に送るように心掛けましょう。

次の

「お忙しいところ恐縮ですが」の意味と使い方・言い換え

お忙しいところ恐れ入りますが 返信

この記事の目次• お忙しいところ恐れ入りますが=返信して貰いたいメールに使う! 「お忙しいところ恐れ入りますが」を使うビジネスシーンは決まりきっています。 それは メールで何かお願いをして、返信メールがほしい場合に、メール締めくくり(文末・結び)に使います。 たとえば、就活や転職で面接日程の調整をしたいとき。 あなたはメールで候補日程を連絡し、採用担当者から日時決定の連絡をもらう必要があります。 このケースではメールの締めに「 お忙しいところ恐れ入りますが、ご連絡のほど何卒よろしくお願いいたします」を使うとよいでしょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味は 「忙しいとは思いますが、すみません」 「お忙しいところ恐れ入りますが」の意味は「忙しいとは思うのですけど、すみません」です。 なぜこのような意味になるのでしょうか?理由を解説します。 「お忙しいところ恐れ入りますが」を分解すると「お忙しいところ」「恐れ入りますが」の2つの言葉に分かれます。 「お忙しいところ」の意味は「忙しいとは思うのですけど…」との敬語。 お忙しいところ~は社交辞令!ヒマな相手にも使える 「お忙しいところ~」は本来の意味とは違い、実際にはヒマな相手にメールするときにも使います。 この採用担当者はヒマそうだから「お忙しいところ~」はメールに使えないよなぁ…。 この取引先は忙しそうだから「お忙しいところ~」をメールで絶対に使うべきだ!。 とか、そういう使い分けは必要ありません(苦笑)。 ビジネスメールでは、 相手が誰であろうと「お忙しいところ~」を等しく使えますのでご安心ください。 「お忙しいところ~」は単に相手を気遣うときに使う表現=社交辞令です。 お忙しいところ~のメール例文 つづいて「お忙しいところ~」をビジネスメールで使う際の例文をまとめます。 先にも述べたとおり、実際にはヒマな相手であってもこれらの表現を使うと、より丁寧なメールになります。 お忙しいところご返信いただき、誠にありがとうございます。 (返信メールの文頭)• お忙しい中ご返信いただき、誠にありがとうございます。 お忙しいところ恐れ入りますが、ご連絡のほど何卒よろしくお願いいたします。 (メール文末の締めくくり、結び)• お忙しいところ恐縮ではございますが、ご連絡のほど何卒よろしくお願いいたします。 お忙しいところ、突然失礼いたします。 (文頭、メール問い合わせ) 言い換えOK!お忙しいところ~の類語例 つづいて「お忙しいところ~」の類語を例文でまとめます。 ビジネスメールでは、これらの表現に言い換えすることもできますので、お好みの表現を用いてください。 ご多用中、大変恐縮ではございますが• ご多忙中、大変お手数ですが• ご多忙のところ、誠に恐縮ですが• ご多忙のところ、大変お手数ですが• ご多忙のところ、お手数ではございますが• ご多忙とは存じますが• ご多忙の折、お手数をおかけいたしますが• お忙しい中、失礼いたします ビジネスメールでは相手に指図してもよい 「お忙しいところ」をメールに書いたとき、相手に指図をしても構いません。 たとえば「お忙しいところ恐れ入りますが、早急なご対応、何卒よろしくお願いいたします」というような書き方でもOK。 忙しいとわかっている相手に「早く対応しろ」と指図しているのでNGなの? いえいえ、NGではありませんよ。 そもそも「お忙しいところ~」をメール文末に使う場合、たとえば品質クレームの一報をいれるメールだったり、こちらも対応を急いでいることが多いのです。 そんなとき「早急なご対応、何卒よろしくお願いいたします」では、相手がムッとなってしまうことでしょう。 相手への気遣いを見せる意味で「忙しいとは思うのですが、すみません、早く対応をしてほしいのです」とすることで、多少はニュアンスが和らぎます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ~」をよく使う?? ビジネスメールで「お忙しいところ~」を使う目的は、メールで相手に要求ばかりするからではないです。 お願いをするときのちょっとした気遣い、心遣いであって理屈では語れません。 ~中略~ お忙しいところ恐縮ではございますが、ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」とします。 ここで「お忙しいところ~」を使う目的って、相手に気遣いをしてるだけですよね?普段、デスクに向かってゴミのような記事ばかり書いている人には、意味がわからないでしょうが…。 「ビジネスメールはコミュニケーションの基本」は間違い ビジネスにおけるコミュニケーションの基本は会話(商談・会議・プレゼン・電話)であり、ビジネスメールではない。 なぜなら、ビジネスで重要なことは決してメールでは済まさないからです。 メールでコミュニケーションが全て済むなら、企業は人を採用するのにわざわざ面接を設けたりしません。 メールのやりとりだけでビジネスレベルを図って人を採用すればいいだけです。 だから、ビジネスメールは最低限のマナーだけを抑えておけばよく、変に気をつかいすぎる必要はありません。 それよりも会話のスキルを磨くほうが重要ですね。 誰とは言いませんがビジネスを勘違いしている既存メディアがいるので、訂正しておきました(disってる訳ではなく、単なる指摘です)。 まとめ 今回は「お忙しいところ恐れ入りますが」「お忙しいところ~」の使い方と注意点について、これでもかというくらい語ってみました。 この表現はとても便利で、ビジネスメールでは万能に活躍します。 ということで、ビジネスシーンでちょっと普通の言い回しに飽きてきたなぁ~~と思ったら、お礼やお願いする際に使ってみてください。 ではでは〜〜。

次の

「早速のご返信」のビジネスの使い方|目上の人へのご連絡メールも

お忙しいところ恐れ入りますが 返信

様々なやり取りを行うビジネスメール。 ビジネスメールのやり取りを行えば相手のビジネスレベルがわかる、とも言われており、相手への配慮をしつつわかりやすくコミュニケーションをとることは重要なポイントです。 最低限相手に失礼のないメールができるよう相手に配慮するメール文面を理解しておきましょう。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う場面とは相手にお願いするとき ビジネスメールで「お忙しいところ」というフレーズは、「相手に仕事や質問・問い合わせの回答を頼むなど、相手の負担になることをお願いするとき」に使います。 たとえば、添付した資料の確認を求めるときには、「お忙しいところ大変恐縮ではございますが、添付させていただいた資料のご確認のほどよろしくお願いいたします。 」といいます。 ビジネスメールは相手に要求する内容が多いため「お忙しいところ」をよく使う 相手に商談の時間をとってもらいたいときには、「お忙しいところ申し訳ございませんが、打ち合わせの時間をとっていただきたく、お願い申し上げます。 」とします。 ビジネスメールの多くは、相手になんらかの要求をする内容です。 なので自然に、「お忙しいところ大変申し訳ございませんが」というフレーズを多用することになるのです。 「お忙しいところ」のバリエーションを相手や場合によって使い分ける ここでは、ビジネスメールで使う「お忙しいところ」のバリエーションを紹介します。 【ビジネスメールの「お忙しいところ」のバリエーション】 「ご多忙中、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中のところ誠に恐縮ですが」 「ご多用中恐縮でございますが」 「ご多忙のところ大変恐縮ですが」 「ご多忙の折、お手数をおかけして恐縮ですが」 「ご多忙のところ、お手数をおかけしますが」 「ご多忙中とは存じますが」 「お忙しい中、失礼いたします」 です。 丁寧なビジネスメールは「ご多忙のところ大変恐縮ですが」を使う これらのバリエーションの中から、メールの用件に合ったものを選んで使いましょう。 丁寧なのは、「ご多忙のところ大変恐縮ですが」というように、「ご多忙」「お忙しいところ」と「恐縮」という言葉をセットにすることです。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使う締めくくりは「よろしくお願いいたします」にする ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは大抵、自分の都合で質問や問い合わせ、仕事などの頼み事をするときでしょう。 なので、そのようなビジネスメールを書くときには、用件を持ちだすときに「お忙しいところ」を使い、メールの締めくくりは「よろしくお願いいたします」と書きましょう。 ビジネスメールでは相手に指図しないのがマナー また、「お忙しいところ」を書いたとき、相手に「指図をしない」ようにしましょう。 たとえば「早めのお返事、お待ちしております」というような書き方は、忙しいとわかっている相手に「早く返信しろ」と指図しているのでNGです。 反対に、「このメールへの返信は必要ありません」という書き方も、相手の行動を制限していることになるのでしてはいけません。 ビジネスメールで「お忙しいところ」を使うときは相手に合わせた書き方にする 以上が、ビジネスメールにおける相手に対しての「お忙しいところ」の使い方についてです。 「お忙しいところ」というフレーズは、ビジネスメールでは相手に対してよく使うので、使い方はきちんとおさえておきましょう。 バリエーションも覚えておくと、用件や相手に合わせた書き方ができます。

次の