保土ヶ谷 バイパス 渋滞 現在。 保土ヶ谷周辺の渋滞情報

保土ヶ谷周辺の渋滞情報

保土ヶ谷 バイパス 渋滞 現在

「保土ヶ谷バイパス」とは 「保土ヶ谷バイパス」とは、横浜市保土ケ谷区から東京都町田市までの国道16号のバイパス道路。 バイパス道路とは、道路の交通量が多く渋滞しやすい箇所を迂回するために、新しく作られた道路のこと。 赤いラインが保土ヶ谷バイパス つまり「保土ヶ谷バイパス」は、渋滞を緩和するために作られた道路である。 バイパス道路のイメージ(フリー画像より) そんな「保土ヶ谷バイパス」が、一般道路の交通量日本一だというのは本当なのだろうか!? まずは、実際に走って「保土ヶ谷バイパス」の様子を確認してみることに。 どのような様子なのだろうか? まずは平日の午前中に「保土ヶ谷バイパス」を走ってみた。 この日は、あいにく雨だったが 国道1号線の狩場町交差点を左折して 「保土ヶ谷バイパス」町田方面へ進んで行く この時点では前を走る車は見えないが、上の写真の高架下を潜った先の新桜ヶ丘インターチェンジ(IC)で、横浜新道からの車線への合流となる。 すると、とたんに交通量が多くなる 前の車の赤のブレーキランプが頻繁に点灯している 南本宿IC・本村IC・下川井ICまで停まることはなかったが、時速20~40㎞の間のゆっくりとした速度で進んで行った。 渋滞がひどい時は、何ヶ所かに渋滞の表示が出るが、この日は表示されていなかった。 下川井IC近くになると、少し流れもスムーズになってきていた この日は下川井ICの先はスムーズに流れているようだったので、下川井ICで「保土ヶ谷バイパス」を降りた。 なお、反対側の保土ケ谷方面への車線は、スムーズに流れているようであった。 続いて、別の日の平日の午後に走ってみた。 時間は午後6時ごろで、帰宅する車が多いためか「保土ヶ谷バイパス」方面へ向かう国道1号前が渋滞していた。 保土ヶ谷駅付近は特に混んでいて、10メートルくらい進んでは停まるといった状態 保土ヶ谷橋の交差点を過ぎると、車の流れはスムーズになり 狩場町交差点から 「保土ヶ谷バイパス」に入っていく 車の数は多いが、それでも時速50㎞前後で進んでいる この日も、渋滞の表示は出ていなかった。 本村ICまで来ると、その先の「保土ヶ谷バイパス」はけっこうスムーズに流れているようだが、本村の出口が混雑していた。 本村IC出口近辺の様子。 5メートルくらい進んで停まるといった様子だった 本村を過ぎて今川近辺に来ると、反対車線の様子が良く見える。 この辺りも、町田方面と保土ヶ谷方面とも止まることはないが、交通量の多いままである。 けっこう混んでいる。 両方向とも、かなりの量の車が走っている! 時速は50㎞~80㎞の間で、その先も止まることはなく進んで、下川井を過ぎて東名高速自動車道路への分岐点が近づいてくると 東名高速道路に入る車線が、さらに混雑し始める ほかの車線は相変わらず車の量は多いが、80㎞未満の速度で流れている。 そして、上川井出口近辺へ来ると 3車線とも、停まったり走ったりの状態になった! 保土ヶ谷バイパスは、キニナル投稿にあるように、上川井IC~横浜町田IC近辺が特に混んでいた。 上川井の出口で降りる 「保土ヶ谷バイパス」の様子が分かったところで、管轄である国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所で、お話を伺うことに。

次の

渋滞対策のために整備された「保土ヶ谷バイパス」が日本一交通量の多い一般道って本当!?

保土ヶ谷 バイパス 渋滞 現在

横浜ケーブルビジョン株式会社(本社:横浜市保土ケ谷区、代表取締役社長:上村 忠、以下YCV)は、YCVが横浜市保土ケ谷区にある保土ヶ谷バイパス「新保土ヶ谷インターチェンジ」付近に交通定点カメラを設置し、5月1日よりスマートフォン・タブレット向け無料アプリ「かながわCATVライブカメラ」での配信を開始します。 保土ヶ谷バイパスは、一般道では日本一交通量の多い道路と言われており、特に横浜新道と合流する「新保土ヶ谷インターチェンジ」は、横浜市近隣地域の方にとって交通の要所となっています。 YCVは、この保土ヶ谷バイパスの交通定点カメラの映像を交通量の多い朝と夕方の時間を中心に、YCVが自主放送するコミュニティチャンネル「YCV情報チャンネル(地デジ10ch)」で2015年4月1日より放送しています。 今回の「かながわCATVライブカメラ」での配信開始により、移動中や外出先でもお手持ちのスマートフォンやタブレットで交通状況をご確認いただけます。 「かながわCATVライブカメラ」は、神奈川県内のケーブルテレビ局全9社で構成される神奈川県ケーブルテレビ協議会会員が提供する交通カメラおよびお天気カメラの映像を、スマートフォンやタブレットで見ることができる無料アプリです。 このアプリでは、県内(一部都内)のインターチェンジや交差点、料金所などに設置されている定点カメラで渋滞状況などが確認できるほか、神奈川県内の海岸付近に設置されているカメラにより荒天時や津波発生時の海岸の様子なども確認することができます。 利用に必要なログインIDは、会員各社(別紙参照)のホームページにて公開しています。 YCVは今後も、地域に根ざした放送局として、地域の皆さまの便利で豊かな暮らしに貢献していきます。 定点カメラの設置地点 海岸、河川カメラ 1. 三崎漁港付近 2. 片瀬江ノ島付近 3. 茅ヶ崎海岸付近 交通カメラ 4. 国道134号線 湘南大橋付近 5. 国道134号線 西湘バイパス 大磯付近 6. 東名高速道路 秦野中井インターチェンジ付近 7. 西湘バイパス 早川口付近 8. 東名高速道路 厚木インターチェンジ付近 9. 国道467号線 藤沢橋交差点付近 10. 国道134号線 逗子渚橋付近 11. 横須賀市衣笠十字路付近 12. 環状1号線 浅間下交差点付近 13. 国道1号線 原宿交差点付近 14. 首都高速道路 用賀本線料金所付近 景観カメラ 15. 山下公園付近.

次の

保土ヶ谷バイパスの定点カメラ映像を無料アプリ「かながわCATVライブカメラ」で配信開始!

保土ヶ谷 バイパス 渋滞 現在

概要 [ ] 横浜市中心部より町田市、、方面へと伸びる国道16号のバイパスとして、横浜新道から横浜市を縦断し、までを結んでいる。 新保土ヶ谷ICが起点ではあるが、本線部は国道16号横浜新道を介して隣接するまで一体となっており、そこで及び横浜横須賀道路と接続している。 新保土ヶ谷ICでは横浜新道(第三京浜方面及び戸塚方面)にも接続しているほか、上川井ICで八王子方面へのと、で東名高速道路と接続する。 平成17年度によれば、平日24時間交通量は17. 4万台で、これは首都高速の新木場 - 葛西JCT間(18. 0万台)に次ぐ交通量である。 特に昼間12時間に限れば、平日・休日ともに日本一交通量が多い道路となっている。 首都高速狩場線の開通接続後は、日中に全線で渋滞することも珍しくなくなった。 横浜町田立体開通前までの保土ヶ谷バイパスは上川井IC付近が終点であったが、接続する大和バイパスは信号のある一般道であり渋滞が激しかった。 この解消のため、保土ヶ谷バイパスを上川井IC付近から横浜町田ICまで立体で延伸する事業(横浜町田立体事業)が行われ、 の完成後は下川井IC付近の渋滞が大幅に緩和された。 そして、この延伸区間(町田立体事業) は、横浜町田ICへのランプから分岐する形で八王子方面へと接続された。 これにより東名を利用しない車両でも大和バイパスの地上区間を走行することなく八王子方面へと行けるようになり、東名入口交差点を中心として、周辺道路や交差点の渋滞が大きく緩和された。 町田立体事業については「」を参照 年表 [ ]• :着工。 :新保土ヶ谷IC - 本村IC間がで開通。 :狩場IC - 上川井IC間が全面4車線開通(狩場IC - 新保土ヶ谷IC間は国道16号横浜新道として開通、上川井IC - 東名横浜IC(当時)間はとして1968年に開通済み。 :新保土ヶ谷IC - 下川井IC間6車線化。 :下川井IC - 上川井IC間6車線化と、横浜町田立体事業の上川井IC - 東名横浜町田IC間が完成。 上川井ICの二重立体化と横浜町田IC付近の立体化が実現。 :新桜ヶ丘ICが暫定供用開始。 :新桜ヶ丘ICが全面供用開始。 :東名横浜町田IC - 南町田北交差点間が供用開始。 :東名横浜町田IC 八王子側ランプ部が供用開始。 所管警察 [ ]• 朝比奈分駐所 インターチェンジなど [ ] 施設名 累計 キロ 接続路線 所在地 管理 国道16号 ( E16 ・・方面) 0. 0 ( E83 方面および方面) 第1種 第3級 0. 6 2. 6 3. 4 (厚木街道) 6. 2 (中原街道) 8. 7 国道16号(八王子街道)・旧国道16号(横浜市道) 国道16号(八王子方面。 ICの北方で接続) 10. 2 E1 (東名への出入のみで、一般道には接続しない) 南町田北交差点 11. 路線バス [ ] 空港連絡バスや高速バスが経由するほか、南本宿IC - 本村IC及び本村IC - 下川井ICをの一般路線バス 旭2・4・20系統 が経由する。 かつては横浜市営バスも運行していた。 脚注 [ ]• 平成17年度道路交通センサス• 横浜市• 国土交通省関東地方整備局 川崎国道事務所 2019年2月15日. 2019年2月15日閲覧。 町田市 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• [ ]•

次の