呼吸 すると 右 胸 が 痛い。 右胸の下が痛い!息を吸うと痛みを感じる原因とは?

右胸の下が痛い!息を吸うと痛みを感じる原因とは?

呼吸 すると 右 胸 が 痛い

肩こりで鎖骨の下が痛い 鎖骨の下の痛みやコリの原因の多くは、肩こりが影響していると言われています。 鎖骨の下の部分が緊張し収縮すると、背中側から胸側に引っ張られて、コリが生じる場合があります。 肩こりの多くは、腕の影響によって生じるものですが、意外と盲点になっている原因の1つが肩と腕の間に存在する鎖骨です。 鎖骨は、腕の動きに関係する他に、右側・左側に伸びる骨格であることから、体のバランスに影響を及ぼす部位でもあります。 そのため、鎖骨のバランスが崩れると、肩や腕に負担がかかります。 慢性的な肩こりに悩ませれている方は、鎖骨の下にコリや痛みがあることが多い。 鎖骨の左右のバランスが崩れる主な原因は、猫背などの前かがみな悪い姿勢です。 スマートフォンやパソコンなど作業により、長時間、同じ姿勢でいることも鎖骨に歪みが生じる原因になります。 鎖骨の下が痛い状態が悪化すると、首に悪影響を及ぼす可能性もあり、頚性神経筋症候群(首こり)を発症する恐れもあります。 首は自律神経系が集中している場所ですから、首こりが原因で全身の不調に繋がる場合もあるので注意が必要です。 鎖骨リンパ節の腫れやしこり 鎖骨の下には、右側と左側に、複数のリンパ節が対象に位置しています。 真ん中に近い位置にある「鎖骨下リンパ節」と「胸骨傍リンパ節」や、外側に位置する「腋窩リンパ節」などがあります。 特に胸骨傍リンパ節の場所は、胸の真ん中近くにあるのんで、このリンパ節に異常がある場合は、真ん中に腫れやしこりがあらわれます。 リンパ節の腫れやしこりの原因は、感染症や細胞の癌化など病気が関係している恐れがあります。 肺がんや乳がんなどの重大な病気が隠れている可能性があるので、早急に専門医による診断が必要です。 また、リンパ節に近い位置にできた腫瘍のため、リンパ腫と自己判断して勘違いすることも少なくありません。 リンパ腫の場合は、何らかの病気が関係している悪性の可能性がありますが、腫瘍(できもの)の場合は、良性の場合が多いと言えます。 癌による腫れやしこりは、痛みなあまりないことと、独特の硬さがあることが特徴だと言われています。 ただし、症状には個人差があるので、リンパ節の異常に気付いたら、早めに病院で診てもらうようにしましょう。 Sponsored Links 肺気胸(自然気胸) 肺気胸とは、肺の一部が破損することで、空気が漏れる病気です。 肺機能に異常があることで、突然の胸の痛み(鎖骨の下が痛い)や息苦しさ、空咳など様々な症状があらわれます。 左右の肺のどちらかに異常が起こることで、鎖骨の下の右側・左側のどちらでも痛みが生じる可能性があります。 鎖骨の下の痛い状態に加えて、背中の肩甲骨周辺の痛みを伴う場合もあります。 悪化する呼吸困難を起こしたり、不整脈や血圧の低下などがあらわれることもあります。 肺気胸が発症する原因は、運動や慢性的な咳などで肺の内圧が上昇した時に起こりやすい。 また、飛行機やダイビングなどで、気圧が急激に低下した時にも起こる場合があります。 肺気胸は、女性よりも男性の方が発症しやすい傾向があり、なかでも、痩せ型で背の高い男性に多く発症すると言われています。 胸郭出口症候群 鎖骨周辺には、腕神経叢と呼ばれる腕や手の指先にいく末梢神経の束や、鎖骨下動脈・鎖骨下静脈という血管が集まっています。 胸郭出口症候群とは、これらの神経や血管が圧迫されることで、肩から腕、手の指先にかけて、しびれやだるさ、痛みなど様々な症状が起こる病気です。 胸郭出口症候群の症状の1つで、鎖骨の下が痛い状態が起こります。 圧迫されている部分が右側か左側かによって症状が現れる場所も左右異なります。 胸郭出口症候群の症状は、腕を上げて後ろに反らすように動きや、首を痛みのある腕と反対側に反らすと痛みは強くなります。 首の筋肉や鎖骨と第1肋骨の間で、神経や血管が圧迫されることで症状があらわれます。 神経が圧迫されている場合は、しびれや痛みが生じ、動脈が圧迫されている場合は、腕や手の指の色が蒼白くなります。 静脈が圧迫されている場合は、暗い青紫色になります。 鎖骨の下が痛い原因には、他にも様々なことが考えられます。 特にリンパ節の腫れやしこりがある場合は、重大な病気の可能性もあります。 異常に気が付いたら、早急に病院で診てもらうようにしましょう。 鎖骨の下が痛い!(右側・左側・真ん中・リンパ・しこり・腫れ・肩こり)息苦しい!呼吸困難を伴う病気とは? Sponsored Links おすすめの記事 Sponsored Links.

次の

息を吸うと右胸が痛い5つの原因と改善策

呼吸 すると 右 胸 が 痛い

胆のう炎・胆管炎・胆石症 胆のうは、肝臓で作られた胆汁を貯蔵しておく袋です。 胆汁は脂肪分を分解するのに必要で、十二指腸ですい液と混ざり合うことで効果が出ます。 この胆汁は必要に応じて胆管を通って十二指腸へ送られます。 この胆のうや胆管で炎症を起こすのが胆のう炎・胆管炎で、右胸の下辺りに痛みを感じます。 原因のほとんどは 結石によるものです。 結石が胆のうや胆管に詰まることで炎症を引き起こしているのです。 元々胆石症の方が油分の多い食事を摂ったり不規則な食生活をした時に生じやすいです。 また、胆のうや胆管にできた腫瘍が原因となることもあります。 胆のう・胆管は、肋骨の下の肺のさらに下に位置します。 奥の方でチクチクとした痛みを感じる場合は特に可能性の高い病気ですので、早めに医療機関を受診しましょう。 息を吸うと痛い原因 肋骨の下には肺があります。 肺は左右にあり、どちらかのみが炎症を起こして痛むことがあります。 気胸は、肺に穴が開き、胸膜の間の胸腔に空気が漏れてしまいます。 これにより肺は膨らまず小さくなるため呼吸がしづらくなります。 なので息を吸うと痛い場合は、 気胸かもしれません。 チクチクした痛みの他、呼吸の苦しさなどがあれば気胸の可能性があります。 10~30代のやせ型の男性に多い病気です。 呼吸の苦しさなどを感じる場合は、こちらの記事もぜひご覧ください。 参考: 治療法としては、レントゲン撮影などで診断し、軽度の場合は安静にして様子を見ることもありますが、必要に応じてチューブを挿入して胸腔内の空気を抜きます。 女性特有の胸の痛み 生理中や妊娠中・授乳中などはホルモンバランスが崩れ様々な症状が現れます。 女性は、授乳中ではなくても、ホルモンバランスが乱れると体中がむくみやすなります。 この時、乳腺の間の間質がむくんでしまうと胸の下の方でチクチクとした痛みを生じます。 授乳中であれば特に乳腺炎にかかりやすくなります。 うったい性乳腺炎は母乳がうったいすることで胸を刺すようなチクチクとした痛みが生じます。 左右の母乳の出方には違いがある場合がほとんどです。 出にくい方を放置してしまうとうったいしやすくなります。 赤ちゃんが母乳をのむ時は最初の 10分でほとんど飲み終えると言われています。 授乳する時は出にくい方から先に授乳するようにしましょう。 粉ミルクを併用している方や、赤ちゃんの飲み具合が弱い場合はこまめに搾乳し、母乳マッサージなども取り入れるようにしましょう。 痛みがひどい場合は冷やすと痛みがやわらぎます。 痛みが出るほどになると自身でマッサージをして緩和させるのは難しいです。 婦人科や助産師外来などで相談し、マッサージをしてもらいましょう。 肋間神経痛 肋間神経痛は、背骨から肋骨に沿ってのびている肋間神経が何らかの原因で痛む症状です。 原因は様々ですが、特徴としては左右どちらか一方の胸にだけ痛みを生じることが多いということです。 他に病気の可能性がなさそうであれば肋間神経痛の可能性が高いです。 姿勢の悪さや生活リズムの乱れが原因となることが多いので意識してみましょう。 整形外科で相談してみるとよいですね。 まとめ 右胸の痛みといっても、病名がすぐに浮かばないですね。 右胸の下の奥の方がチクチクと痛む病気というと、胆のう炎・胆管炎・胆石症が考えられます。 脂肪分の分解に必要な胆汁の通り道であるこれらの器官での炎症は食生活の乱れが大きく影響を及ぼします。 また胆石症の方は繰り返し発症することが多いので、思い当たる方は医療機関で相談し、食生活のバランスを改善していきましょう。 両方の胸で起こりうる病気ですが、気胸や乳腺炎・肋間神経痛の可能性もあります。 胸の痛みがある場合、どこで相談したら良いか悩みますね。 呼吸に違和感がある場合は 呼吸器内科、授乳中や妊娠中・生理中など女性特有の症状が疑われる場合は 婦人科、どれも思い当たらない場合は肋間神経痛の可能性が高いので 整形外科が良いでしょう。 痛みがすぐにおさまるからと放置せず、気になる症状を自身でまとめておき、医療機関で相談するようにしましょう。 胸の痛みに関しては、こちらも併せてご覧いただくことをおすすめします。 参考:.

次の

二日ほど前から深く息を吸うと右の脇腹が痛みます。我慢できる痛み...

呼吸 すると 右 胸 が 痛い

気絶しそうなぐらいの痛みであればともかく、なんとなく我慢ができるようなものであれば「そのうち治るだろう・・・。 」と横になって休み、そのままにしておいてしまいがちです。 しかし、この胸の真ん中あたりの痛みはもしかしたら体があなたに知らせている危険信号かもしれません。 今回はこの胸の真ん中の痛みからわかる可能性のある病気と症状、そしてその胸の真ん中が痛む場合の対処法について紹介していきますね。 その胸の真ん中の痛みに考えられる病気はなに? 胸の真ん中に痛みを感じる病気とは実に様々。 軽いものから重いものまで一つずつその症状をご説明します。 逆流性食道炎 胃酸が逆流し食道が炎症を起こして傷つくことで胸に痛みを感じます。 その痛みの症状は人それぞれで一日中激しい痛みを感じることもあれば、月に1~2回我慢できる程度の痛みで済む人もいます。 胃炎 痛みとしてはズキズキと痛んだりキリキリしたりします。 胃炎には急性胃炎と慢性胃炎があります。 急性胃炎は• ストレス• アルコールの飲みすぎ• 細菌やウイルスへの感染• 生活習慣の乱れ などが主な原因です。 慢性胃炎ではピロリ菌の感染などが原因になります。 胃潰瘍 食後にみぞおちの辺りにキリキリと差し込むような痛みが続き、特に食事をとりすぎた後は長く痛み続けます。 背中の痛みや胸の痛みを伴ったりもします。 原因はストレスや、過度にアルコール、コーヒー、たばこなどを摂取する、ピロリ菌の感染、強い薬を長く服用するなどがあげられます。 十二指腸潰瘍 夜中やお腹がすいている時に痛みが現れ、ほとんどが食事をすると痛みがおさまります。 痛み方は人それぞれ。 多くは鈍い痛みを感じるそうですが、中には強く差し込むような痛みを感じる人もいるようです。 痛みの質としては耐えられないほどの激痛などではないのですが、ずっと痛んで夜になかなか眠れないなどの症状がみられます。 助骨や肩甲骨周辺の筋肉痛 運動やエクセサイズ、合わないナイトブラの突然の装着などによっておこる筋肉痛です。 通常は2~3日でおさまります。 狭心症 胸全体、特に胸の真ん中や左側の胸がきゅっと締め付けられ、息が詰まるような痛みが数十秒から数分痛みつづけることが特徴です。 心臓への血液の流れが一時的に悪くなることで起きる痛みです。 糖尿病を抱えている人は痛みを感じにくいようです。 病状が進行していくと痛む頻度や度合いが増えていきます。 肺気腫 肺気腫とはCOPDのひとつで肺胞の破壊による病気で呼吸がしにくくなり、胸が痛みます。 そのまま長く放置しておくと呼吸困難になることもありますので早めに受診しましょう。 胸の痛みの他に息切れや咳、タンが絡むなどの症状がみられます。 また、階段や坂などを上ると息切れがひどかったりといった症状がみられます。 胸膜炎 胸膜炎とは胸に水がたまる病気です。 ウイルスや細菌感染などによるものや、がん、膠原病によるものなどがあります。 胸膜に炎症が起きることでこの胸膜炎を引き起こします。 痛みとしては咳や呼吸をするだけで痛みがでたりするようになります。 呼吸のしづらさ、息苦しさ、発熱などの症状もこの病気の特徴です。 気胸 肺に穴があき、空気が漏れ出し、肺が小さくなっている状態を気胸と呼びます。 気胸には種類があり、自然気胸、外傷による気胸、月経随伴性気胸などがあります。 女性ではこの月経随伴性気胸への注意が必要です。 月経随伴性気胸とは、月経の前後に起こり、生理の際に横隔膜に穴が開き、空気が胸腔に入ることにより気胸となる病気です。 横になり、深呼吸をしながら呼吸を整えます。 無理に水を飲んだり立ち上がってトイレに行ったりしないでください。 激しい胸の痛みが5分以上続いているならばすぐに救急車を呼びましょう。 特に激しい痛みではない場合は放置せずに受診しましょう。 前で説明したとおり、放置していると大変なことになる病気はたくさんあります。 自己判断せずに、受診をするように心がけてください。 痛みの様子を記録する時に大切なチェックポイント いざ病院についてお医者さんに症状をきかれると「どうだったっけ?」とうまく説明できなかったという経験はありませんか。 病院に行くと痛みと不安で大切な情報を伝えることを忘れてしまいがちになるものです。 ここでは、胸の痛みで受診する為に記録しておいたほうがよいポイントについてご紹介します。 胸の痛み方 ズキズキ痛むのか、ズンズンと痛むのか、キリキリ痛むのか、痛み方もさまざまです。 胸の痛みの頻度とパターン すぐ落ち着くのか、長く痛み続けるのか。 あるいは、毎日か、たまにか、突然か、どれくらいの期間痛みがあるのか。 食事や生理前後など、なにか特定のパターンが痛みにみられるかどうか。 痛みの範囲 特定の場所が傷むのか、他の部分にまで広がっているのか、それとも同時に別の部位も痛むのかなど。 背中に痛みはあるのか 胸の痛みとともに背中も痛むという病気も少なくありません。 寝ていると痛いのか、安静にしていても痛いのか、それともある特定の動作をすると痛むのかなども詳しく伝えましょう。 他の症状 咳、めまい、動悸、発熱、呼吸困難など。 胸が痛いで片付けるのはNG!怖い病気が隠されていることも 一言で胸の痛みといっても軽いものからそのままにしていたら死にいたるものまでほんとうに様々で怖いですよね。

次の