レオパ 爬虫類。 【レオパ(レオパードゲッコー・ヒョウモントカゲモドキ)・多頭飼い】多頭飼育は可能?その対策と方法.

ヒョウモントカゲモドキ(レオパ)のモルフ(種類)模様や色もさまざま!

レオパ 爬虫類

近年、レオパ向けの人工フード 以下「フード」という のバリエーションが増えてきましたね。 より食べやすく与えやすいよう、各社が研究を重ねた商品がどこでも手に入るようになりました。 虫が苦手な人でも使用できるため、可愛いレオパをフードで飼育できないか、と考える方も多いでしょう。 しかし、皆さんもご存知のように、野生のレオパは本来生きた昆虫を食べる生き物です。 フードだけで飼育して大丈夫かな。 そんな気持ちで二の足を踏んでいる方もいるかと思います。 私は実際にレオパと暮らし、生き餌からフードまで5種類以上の餌を試しています。 今回の記事では、そんな私がレオパのフード飼育について紹介していきます。 フードで育てたい方のための個体選び• どんなフードがあるのか?• フードを食べなくなる可能性はある? こんなポイントを解説していきます。 [結論]リスクはあるが人工フードだけで飼育することは可能 結論からいうと、生き餌を使用せずにレオパを飼育することにリスクはありますが可能です。 フードはレオパに必要な栄養をカバーしていますし、保存に手間もなく、とても良い餌であるのは間違いありません。 そんなフードのただ一つの欠点が、どの個体も 確実に食べるという保証がないことです。 迎えたレオパが生き餌しか食べない• 急にフードを食べなくなった こういった事態に陥っても、生き餌を与えられる勇気を持っていれば問題はありません。 しかし、レオパへの愛情をもってしても、生き餌を扱うことが難しいのであれば、残念ですが飼育は諦めてください。 ここから先は、もしもの事態に対応できる方向けに、レオパをフードで育てる方法をご紹介します。 最初からフードに餌付いているレオパを選ぶ まず新しくレオパをお迎えするとき、 ベビーの頃からフードで育っているレオパを選ぶようにしましょう。 かなり個体差があるのですが、生餌を食べ慣れているレオパは途中からフードに切り替えようとしても難航する可能性があります。 実際、私の相棒であるオスのタンジェリンはゴリゴリの生き餌派で、フードは二種類試しましたがどちらもハナも引っ掛けないような有様です。 これはあくまで一例ですが、可能性の一つとして考えておいてください。 お迎え前に、フードを食べるかお店に問い合わせをして、可能であれば食べている動画を送ってもらいましょう。 また、今はTwitterやInstagramでもブリーダーさんと交流できます。 気にいった子がいればお迎えまでにフードに慣らしてもらうようお願いするのも一つの手です。 レオパ用フードの種類 レオパ用のフードにはいくつか種類があります。 それぞれ与え方に特徴がありますので、生体の好みや与えやすさなどを考慮して選んでください。 代表的なものと特徴をご紹介します。 REPASHY(レパシー)グラブパイ 粉をお湯で溶かし、固めるタイプのフード。 専用の耐熱容器を用意し、粉:熱湯を1:2~3ほどの割合で混ぜます。 お湯が多ければ緩めの出来になりますし、少ないと半固形ぐらいの固さになります。 わざとゆるゆるに作って拒食中の個体に舐めさせ、水分と栄養の補給に使っている方もいます。 作るのが面倒といえば面倒ですが、多めに作っておけば冷蔵で2週間は保存できます。 まとめて作っておくことで手間の削減が可能です。 番外編:冷凍昆虫・乾燥昆虫・缶詰 フードと生き餌の中間的存在に当たるがこれらの加工昆虫餌です。 乾燥タイプと冷凍タイプは与える前にお湯でふやかす・解凍するといった工程が必要となります。 見た目が完全に虫そのものなので、フード飼育を希望する方には少々ハードルが高いかもしれません。 逆に生き餌使用前に飼い主側が昆虫に慣れるにはぴったりの餌でもあります。 種類はミルワームとコオロギがメインで一番種類が多いです。 生餌と違ってガットロードできず、栄養バランスも配合飼料タイプのフードより劣るので注意が必要です。 ビタミンとカルシウムの添加は欠かさないようにしましょう。 フードに飽きて拒食する可能性は常に頭に入れておく 飼育下のレオパにはよく見られる現象ですが、それまで食べていた餌をなんの前触れもなく、いきなり食べなくなることがあります。 飼い主としては非常にやきもきするのですが、単に餌に飽きたことが原因ということがあります。 食べるまで放置するという手も無くはないです。 ただ、そうなると体調を崩すか食べ始めるかでレオパとチキンレースをすることになり、レオパの健康にも飼い主の精神衛生にもよくありません。 特に初心者にはオススメできません。 餌に飽きただけなので別のものに変えると解決しますが、問題はフードを食べてくれないときです。 どんな個体にも必ず起こる現象ではありませんが、いつかは自分も生き餌を使う必要に迫られる、その可能性は意識しておきましょう。 まとめ レオパと暮らすなら生き餌を使う覚悟は必要 優秀なフードの開発により、虫が嫌いな方にも爬虫類飼育の裾野は広がってきています。 しかし、本来昆虫食の彼らと共に暮らすなら、好みや生活に合わせて生き餌を使わなければならない日が来るかもしれません。 愛するレオパの健康のため、最終手段として生きた虫を扱う覚悟はしておきましょう。 ライター:いちはら まきを Twitter:.

次の

女性におすすめしたい爬虫類 5選 **レオパ以外**

レオパ 爬虫類

爬虫類の引っ越し~事前準備~ 飼育している爬虫類のエサを抜いて胃の中を空にする まず最初に私が行なったのが『 引っ越しの1週間くらい前からエサを抜く』作業でした。 その他にも色々やることはあるんですが、 早い段階で出来る作業はコレなので真っ先に行いました。 なぜエサを抜かなければいけないのか、2つほど理由があります。 吐き戻しの防止• 胃の中にある残留物の消化不良の防止 胃の中にエサが残っていて、引越し作業中に吐き戻しをされてしまうと拒食に陥る恐れがあります。 吐き戻しはかなり体力を消費する行動になるので、最悪爬虫類自体の調子を崩すことにつながります。 また、引っ越しの作業中はヒーターを付けるわけにもいきません。 保温の状況にもよるかもしれませんが、低体温による消化不良の防止のために胃の中は空にしておいたほうがいいと考えました。 生体のパッキング 私はレオパを4匹飼育しておりましたので、1匹ずつ プリンカップに入れて小さなダンボールに詰めました。 プリンカップとは即売イベントでレオパが入れられている アレです。 ネットなどで安く購入できるのでイザというときあると便利ですよ。 プリンカップに入れることで小さなダンボールに詰めることもできますし、タオルとカイロで保温もわりかし簡単にできます。 小さなプラケやレプタイルボックスで飼育できる小型爬虫類ならば、強引にそのまま運ぶこともできるかもしれませんね。 プリンカップ以外だと小型のプラケースでも良いんじゃないでしょうか。 爬虫類の引っ越し~当日~ 自走で運ぶ 今回の引っ越しは予算の都合上、友人の力を借り レンタカーで行いました。 引越し先は車で1時間ほどの場所だったので、レンタカーでイケると判断した次第です。 (都内) 爬虫類のダンボールは出発の直前に車に積み込みました。 (事前にエアコンで車内を温めています) 揺れが気になる場合は、助手席にダンボールを置いてシートベルト等で固定すると良いかもしれません。 余談 ここからは余談ですが、爬虫類の引っ越しを業者などにお願いしたい方もいるかもしれません。 ちょろっと調べてみるとさんはペットの輸送を行っており、 爬虫類も一応イケるようです。 熱帯魚や爬虫類は 要相談ということなので、保温などについて相談してみると対応してくれるかもしれません。 個人的意見ですが、爬虫類の輸送を業者に任せるのは 一種の覚悟が必要だと思います。 どういった状況で輸送されているのかわからないので、無事に着くかは 祈るしかないって感じがします。 数百キロレベルの移動ならともかく、車で数時間程度ならばレンタカーでササッとやっちゃうのが良いのではないでしょうか。 爬虫類の移動だけ自分でレンタカーで行い、 その他は引越し業者にお任せが一番楽なんじゃないでしょうか。 到着後 他の荷解きには目もくれず、真っ先に爬虫類の環境セッティングを行いました。 このときに生体の状態を軽くチェックして、自切などもなく無事を確認しています。 セッティングが終わったら、飲水の準備だけして数日放置します。 ここは爬虫類をお迎えしたあとの対応と一緒で良いと思います。 生体は引っ越しによるストレスがあるので、数日は給餌を控えて環境に慣れさせましょう。 さいごに 引っ越しミッションコンプリート!やったぜ!…といいたいところですが、正直不安だらけでした。 多かれ少なかれ爬虫類の引っ越しにはリスクがつきまとうなと認識しました。 私はレオパという ウルトラ図太い爬虫類のみの引っ越し作業だったので、冬場でも大きなトラブルがなく済んだとも思っています。 繊細で神経質な爬虫類だったらと考えると、正直なところ上手く引っ越作業できるか自信はありません。 できることなら温かい時期で作業をやりたいですね。 後で気づきましたが、パッキングや移動のコツは爬虫類ショップなどに聞いてみると参考になるかもしれません。 イベントの出店などで爬虫類の輸送は慣れているでしょうし、保温のコツなども知っていることでしょう。 初めての爬虫類の引っ越しは不安だらけかもしれませんが、自分で情報を集めることでトラブルを未然に防げると思うので情報収集と前準備はしっかり行っていきましょう。 以上、私の爬虫類の引っ越し体験談でした。

次の

2020年の爬虫類イベントカレンダー

レオパ 爬虫類

近年、レオパ向けの人工フード 以下「フード」という のバリエーションが増えてきましたね。 より食べやすく与えやすいよう、各社が研究を重ねた商品がどこでも手に入るようになりました。 虫が苦手な人でも使用できるため、可愛いレオパをフードで飼育できないか、と考える方も多いでしょう。 しかし、皆さんもご存知のように、野生のレオパは本来生きた昆虫を食べる生き物です。 フードだけで飼育して大丈夫かな。 そんな気持ちで二の足を踏んでいる方もいるかと思います。 私は実際にレオパと暮らし、生き餌からフードまで5種類以上の餌を試しています。 今回の記事では、そんな私がレオパのフード飼育について紹介していきます。 フードで育てたい方のための個体選び• どんなフードがあるのか?• フードを食べなくなる可能性はある? こんなポイントを解説していきます。 [結論]リスクはあるが人工フードだけで飼育することは可能 結論からいうと、生き餌を使用せずにレオパを飼育することにリスクはありますが可能です。 フードはレオパに必要な栄養をカバーしていますし、保存に手間もなく、とても良い餌であるのは間違いありません。 そんなフードのただ一つの欠点が、どの個体も 確実に食べるという保証がないことです。 迎えたレオパが生き餌しか食べない• 急にフードを食べなくなった こういった事態に陥っても、生き餌を与えられる勇気を持っていれば問題はありません。 しかし、レオパへの愛情をもってしても、生き餌を扱うことが難しいのであれば、残念ですが飼育は諦めてください。 ここから先は、もしもの事態に対応できる方向けに、レオパをフードで育てる方法をご紹介します。 最初からフードに餌付いているレオパを選ぶ まず新しくレオパをお迎えするとき、 ベビーの頃からフードで育っているレオパを選ぶようにしましょう。 かなり個体差があるのですが、生餌を食べ慣れているレオパは途中からフードに切り替えようとしても難航する可能性があります。 実際、私の相棒であるオスのタンジェリンはゴリゴリの生き餌派で、フードは二種類試しましたがどちらもハナも引っ掛けないような有様です。 これはあくまで一例ですが、可能性の一つとして考えておいてください。 お迎え前に、フードを食べるかお店に問い合わせをして、可能であれば食べている動画を送ってもらいましょう。 また、今はTwitterやInstagramでもブリーダーさんと交流できます。 気にいった子がいればお迎えまでにフードに慣らしてもらうようお願いするのも一つの手です。 レオパ用フードの種類 レオパ用のフードにはいくつか種類があります。 それぞれ与え方に特徴がありますので、生体の好みや与えやすさなどを考慮して選んでください。 代表的なものと特徴をご紹介します。 REPASHY(レパシー)グラブパイ 粉をお湯で溶かし、固めるタイプのフード。 専用の耐熱容器を用意し、粉:熱湯を1:2~3ほどの割合で混ぜます。 お湯が多ければ緩めの出来になりますし、少ないと半固形ぐらいの固さになります。 わざとゆるゆるに作って拒食中の個体に舐めさせ、水分と栄養の補給に使っている方もいます。 作るのが面倒といえば面倒ですが、多めに作っておけば冷蔵で2週間は保存できます。 まとめて作っておくことで手間の削減が可能です。 番外編:冷凍昆虫・乾燥昆虫・缶詰 フードと生き餌の中間的存在に当たるがこれらの加工昆虫餌です。 乾燥タイプと冷凍タイプは与える前にお湯でふやかす・解凍するといった工程が必要となります。 見た目が完全に虫そのものなので、フード飼育を希望する方には少々ハードルが高いかもしれません。 逆に生き餌使用前に飼い主側が昆虫に慣れるにはぴったりの餌でもあります。 種類はミルワームとコオロギがメインで一番種類が多いです。 生餌と違ってガットロードできず、栄養バランスも配合飼料タイプのフードより劣るので注意が必要です。 ビタミンとカルシウムの添加は欠かさないようにしましょう。 フードに飽きて拒食する可能性は常に頭に入れておく 飼育下のレオパにはよく見られる現象ですが、それまで食べていた餌をなんの前触れもなく、いきなり食べなくなることがあります。 飼い主としては非常にやきもきするのですが、単に餌に飽きたことが原因ということがあります。 食べるまで放置するという手も無くはないです。 ただ、そうなると体調を崩すか食べ始めるかでレオパとチキンレースをすることになり、レオパの健康にも飼い主の精神衛生にもよくありません。 特に初心者にはオススメできません。 餌に飽きただけなので別のものに変えると解決しますが、問題はフードを食べてくれないときです。 どんな個体にも必ず起こる現象ではありませんが、いつかは自分も生き餌を使う必要に迫られる、その可能性は意識しておきましょう。 まとめ レオパと暮らすなら生き餌を使う覚悟は必要 優秀なフードの開発により、虫が嫌いな方にも爬虫類飼育の裾野は広がってきています。 しかし、本来昆虫食の彼らと共に暮らすなら、好みや生活に合わせて生き餌を使わなければならない日が来るかもしれません。 愛するレオパの健康のため、最終手段として生きた虫を扱う覚悟はしておきましょう。 ライター:いちはら まきを Twitter:.

次の