オリーブ の 丘 メニュー。 料理写真 : オリーブの丘 保谷店

「オリーブの丘(保塚店)」 超お手頃価格なイタリアンのお店。ドリンクバーも充実しています!

オリーブ の 丘 メニュー

— 2019年 7月月19日午前6時21分PDT オリーブの丘 石岡店の場所はどこ?行き方は? 茨城県石岡市に新しくオリーブの丘石岡店がオープン。 茨城県の主要道路でもあ国道6号線沿いにオープンします。 ちょうど県道7号線との交差する交差点の所です。 今回は、最寄り駅であるJR常磐線の石岡駅からの経路をご紹介します。 駅は起点なだけなのでご了承ください。 JR常磐線石岡駅を西側に西口をでるとロータリーになっています。 このロータリーから出たらすぐの南に走る道、県道138号石岡つくば線に入ります。 県道138号石岡つくば線を線路沿いに国道6号線まで進みます。 県道138号石岡つくば線を南に進んでいくと、国道6号線に行きつきます。 国道6号線の国府4丁目交差点を左折します。 茨城の国道6号線は真っ直ぐですね。 しばらく真っ直ぐ道なりに進みます。 途中JR線の上を越えます。 山王台交差点は、国道335号線と斜めに交わります。 斜めの交差点は間違えやすいので、しっかり国道6号線を走ります。 後は、旭台一丁目交差点まで進みましょう。 旭台一丁目交差点を過ぎると目的地です。 撮影時は和食のお店の様です。 ここがオリーブの丘 石岡店になるのでしょうか。

次の

オリーブの丘 上尾市 ランチメニューは?ピザ・ドリアなど実食レポ

オリーブ の 丘 メニュー

オリーブの丘のメニュー一覧 前菜• フレンチフライ• カマンベールチーズのアヒージョ• あさりの白ワイン蒸し• アンチョビキャベツ• チーズフォンデュ• ブルスケッタロッサ• 茄子とミートソースのオーブン焼き• ブルスケッタ• 生ハム&サラミ盛り合わせ• ムール貝の白ワイン蒸し• ブロッコリーのガーリックソテー• ほうれん草のバターソテー• フリッタータ• えびとブロッコリーのアヒージョ• ガンベレッティフリット• アランチーニ• チキンフリット• カラマリフリット• カマンベールフリット 次ページをめくると フリット系(390円)も仲間入り。 高いものでも 生ハム&サラミ盛り合わせ(490円)と、やはりワンコイン内で済む価格設定。 サラダ・スープ• きのことベーコンのサラダ• えびとアボカドのサラダ• ツナとマッシュルームのサラダ• シーザーサラダ• グリーンサラダ スープは、コーンポタージュ、オニオングラタンスープ、ミネストローネの 3種類。 ボローニャドリア(490円)などの米メニューは、リゾットと合わせて 5種類ありました。 ピッツァ・マルゲリータ• ピッツァ・フンギ• ピッツァ・アラビアータ• ピッツァ・ポテト&コーンマヨ 左ページの 4種は ノーマルサイズ(490円)・ミニサイズ(330円)の構成。 他にも ホワイトソースと ジェノバソースのカテゴリーがあります。 トマトソース• ミートソース• ペペロンチーノ• クリームソース系• 醤油ソース• 明太子• イカスミ 先ほどのページからチェックすると、上記の ベース味から選択する感じ。 牛ロースのビステッカ• 牛ロースのタリアータ• ミラノ風ポークカツレツ• 鶏もも肉のオーブン焼き• 鶏もも肉のパン粉焼き• ハンバーグ類• ビーフシチュー メニュー名だけを見ると一気に高級感が増すも、価格は 1090円でオーダー可能です。 アラビアータハンバーグ(390円)を低価格に抑えているところに注目。 グリル系のメニューに関してはサイゼに引けを取らないレベルですね。 デザート・お持ち帰りメニュー• パンナコッタ• バスクチーズケーキ• ジェラート• グラ二ータ• ティラミス• ガトーショコラ ジェラート(190円)はサイゼとほぼ同価格。 小さなものを揃え、一通りのラインナップから選べるようになっています。 お持ち帰りピッツァは、イートインと同様のラインナップで案内されていました。 キッズプレート• キッズカレー• キッズカルボナーラ• キッズモッツァトマト• キッズボロネーゼ• キッズ明太子 キッズメニューは390円~注文できて、嬉しいことに ドリンクバー付き! 小学6年生までのお子様が対象です。 カテゴリー検索•

次の

「オリーブの丘(保塚店)」 超お手頃価格なイタリアンのお店。ドリンクバーも充実しています!

オリーブ の 丘 メニュー

オリーブの丘には公式ホームページがない!? 私は、たまたまパートさんの情報網で (笑)オリーブの丘を知ったのですが、店舗情報を見てみようとネット検索をしたところ・・・ 公式HPがない!! 探せど探せど、ネット検索上に出てくるのは食べログや個人のブログの情報ばかり。 そこでいくつかのブログを拝見すると、どうやらこの時代に オリーブの丘公式HPがない。 とのことなのです。 これは、 単純に公式HPを作成する手間を省いただけなのか、ありそうでなかった新しい戦略なのか・・・? ほとんどの会社やお店で公式HPがある時代。 ましてや数店舗展開しているようなファミレスチェーンで公式HPがないというのは、びっくり。 オリーブの丘の運営会社はどこ? ネット検索が大好きな私。 欲しい情報が手に入らないと余計に燃えます(笑) そこで、クチコミやブログをくまなくチェックしていると、どうやらオリーブの丘は、ジョリーパスタなどの外食チェーンやスーパーマーケットを運営する食の大手企業 の関連会社が運営しているらしい。 とのこと。 ジョリーパスタの他には、すき家、なか卯、ココス、はま寿司、華屋与兵衛などなど・・・ 外食産業の中ではトップの売上高を誇る企業です。 そして、を見てみても、 「オリーブの丘」という文字はどこにも見当たりません。 はじめてオリーブの丘へ行った後、ブログ記事を書こうかと思ったのですが、ふと、 公式HPもないのにみんなよく知ってるなぁ・・・地元の情報網、すごい!(笑) ただ、食べ終わりの人たちも多く、10~15分ほど待ったら席に案内されました。 他のファミレスチェーンと違うところが、店員さんは 席まで案内しません。 入口で席番号が書かれた番号札を渡されます。 そして、席に着くと、テーブルの上にメニューと タッチパネル端末が置いてあるのですよ。 使い方はこちら。 一番初めに人数を入力したら、メニューを見て、 商品番号を入力して注文します。 商品番号を入力すると、その商品が出てきます。 諸々頼んだら、「注文を確定」をポチリ。 しばらくすると、店員さんが料理を運んできてくれます。 この、 ファミレスでタッチパネルがありそうでなかった斬新さ! 店員さんを呼ぶ形式だと、• 呼び鈴を押してもなかなか来てもらえない• 忙しそうな店員さんをわざわざ呼び止めないといけない ということも結構ありますが、タッチパネル式であれば、こういったことが一切ありません。 恐らく、店員さんも、客に呼び止められることなく、料理を運ぶことや、食器を下げてセッティングすることに集中できるので、とても効率がいいはず! フロアを歩いている店員さんが少なく、少し寂しい気はしますが、それでも店内はお客さんが満員で活気があります。 むしろ、店員さんから「あそこ、まだ注文決まってないのかよ~」「まだ帰らないのかよ~」の視線を感じないので意外と居心地いい(笑) また、 店員さんを呼ぶ形式だと、複数回の追加注文もしづらかったりしますが、タッチパネル式では問題ありません。 家族で行った時も、長男がごはんが食べたい。 と言い出したのでライスだけ追加注文しましたが、とてもスムーズでしたよ。 他のファミレスでは、ガストで2019年頃からタッチパネルが導入されたようですが、どんどんこのタッチパネル化が進みそうですね。 回転寿司チェーンでも、今ではほとんどタッチパネルでの注文ですもんね。 はま寿司を運営されているゼンショーホールディングスさんだから思いついた方式かもしれませんね! 平日(土日祝を除く):月~金 10:00~15:00 という時間帯でランチをやっていました。 ランチメニューは2種類。 グリルランチには、メインのグリルの他に、ライス、スープバー、ドリンクバーが付いてきます。 私がこの日注文したのは、パスタランチのあさりとほうれん草のバター醤油セット。 でも、 パスタが量少なめでペロリだったので、ピザでも食べられたかも! スープバー・ドリンクバー込みで1,000円以内はお得ですよね。 私は、カフェラテやカプチーノが好きでよく飲んでいるので、ドリンクバーにこのカフェメニューが含まれているかどうかで、テンションが違います(笑) また、『アイスカプチーノ』や『アイスカフェラテ』が出来るマシーンが置いてあることもありますが、氷を入れたグラスをセットして、熱いコーヒーを注ぐかたちなので、氷が解けて少し薄めになってしまうことが多いです。 でも、オリーブの丘のアイスカプチーノはエスプレッソが濃いままで美味しかった!• オレンジジュース• オレンジソーダ• リンゴジュース• 烏龍茶• ペプシZERO• ジンジャエール• メロンソーダ• ホワイトウォーター• カルベネ(白ぶどうジュース)• シャルドネ(ぶどうジュース)• シャルドネスパークリング(ぶどうソーダ)• シトラスロワイヤル(シトラス系の微炭酸ジュース)• アイスコーヒー• アイスティー• ブレンド• エスプレッソ• アメリカン• カプチーノ• ココア• カフェモカ• アイスカプチーノ• アイスカフェモカ• アイスココア 他、紅茶やハーブティーも10種類弱あり。 2019年から店舗が増えているので、これからもっと増えていきそうです。 ちなみに、オリーブの丘と同じく、ゼンショーホールディングスが運営する和食ファミレスチェーンの 『』を改装してオープンさせている店舗が多いので、2020年ももしかしたら店舗近隣のニーズに合わせて、オリーブの丘に改装する店舗が増えそうですね。 まとめ:リーズナブルにイタリアンが楽しめるお店!タッチパネル注文とドリンクバーGOOD 以上、イタリアンファミレスチェーンの オリーブの丘についてでした。

次の