国家総動員ブログ。 【国家総動員法】人々の暮らしはどうなってしまったのか【近衛文麿】

国家総動員報

国家総動員ブログ

全然説得力ないよな!一国の カビのマスク首相が「たとえ、家族であってもGWは旅行にいかないように・・」だと、おっかちゃんは勝手に大分の宇佐神社に参拝ツアーしたのに、よく云うよな~あ。 それにしても地元山梨といい、、群馬、茨城や湘南といい。 これだけ騒がれ、騒いでもなおドライブ、ツーリング、潮干狩りに車の渋滞に密集、混雑。 地方では、他県ナンバーの車だらけで駐車場は満車だ。 しかも、 昭和インター前の回転すしの 「」なんかバイトの従業員がチンコロが陽性がであっても閉店したのが当日の半日だけで翌日から営業再開で、家族連れでで満卓だわ。 しかもこれって、 保健所にお伺い立て同所が 「再開も問題なし」とお墨付きを与えたから問題は続く。 それを地元ニュースで流れるや地元は大騒ぎになったが、駅前のパチンコ屋や居酒屋も相変わらず普段どおりのご営業のノー天気。 の「ラ」は休業しているが、アウトレットは通常営業。 これでは、尻抜け、だ。 まあ緊急事態宣言を出したところで府県の首長は未だに反対、大いに結構と反応は様々。 長崎知事なんかは財務官僚上がりだから所詮、よそ者、週一勤務の雇われマダム。 宣言の記者会見は、しどろもどろに不敵な笑み 「これがわが故郷の知事かよ!」とも云いたくもなる。 なんで 山梨なのに長崎なの?これって、二階の仕業かよ!! 相も変わらず、馬鹿野党は強制力をもった「網掛け」は、国家統制だ、戦時下だと猛反対。 まあ思想が蔓延している 国家部族が跋扈している「ニッポン」だから、主役の正国民は不在のままだ。 なんでも反対、反対、マスク国民配布反対、布製マスクの品質劣化を指摘する、このマスク配る方も配る方だが、これに異を唱える方もこのお粗末。 さて、本日のシメは 「」について語る。 1938年(昭和13年)第1次近江内閣によって制定された法律。 ()の長期化による総力戦の遂行のため、国家のすべての人的・物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定したものだ。 正式には、「」。 戦時の長期化による総力戦の遂行の為国家の全ての人的物的資源を政府が統制運用できる(総動員)旨を規定した。 ぼつ、ボツ これを発動しないと、 「いかんじゃケン、ノウ!!!だがに!」、「懲りない奴らほど、騒ぎはそれほどにヒドイ!!」、お主、 「いつまでそんなことに甘んじてる!!」かのう?典明。 は、写真家だったぜよ!! koushuya.

次の

【国家総動員法】人々の暮らしはどうなってしまったのか【近衛文麿】

国家総動員ブログ

35年末で5万人以上の人口を持つ都市は内地に87、朝鮮には6• 戦時動員期間には日本人男性が徴兵で払底していたことから、内地の肉体労働の賃金が高騰していた。 内地の都市、工場、鉱山には働き口があり、旅費だけを準備すれば食べていけた。 45年 朝鮮から内地へ巨大な人の流れがあった。 この大部分は出稼ぎ移住だった。 動員の状況 これこそが強制連行だ。 特に注目したいのは、戦時動員の始まった39~42年までの4年間で送還者が1万9000人、全体の57%だったことだ。 むしろ動員期間に入り不正渡航者の送還が急増した。 驚くべきことに、戦時動員開始後、動員対象者になりすまして 「不正渡航」する者がかなりいた。 つまり、39~41年の前期には、動員計画はほぼ失敗した。 巨大な朝鮮から内地への出稼ぎの流れを戦争遂行のために統制するという動員計画の目的は達成できず、無秩序な内地への渡航が常態化した。 動員数の3倍の労働者が職を求めて個別に内地に渡航したからだ。 そのうちには正規の渡航証明を持たない不正渡航者も多数含まれていた。 動員の後期にあたる1942年から終戦までは、動員計画の外での個別渡航はほぼ姿を消した。 前期の失敗をふまえて、戦時動員以外の職場に巨大な労働力が流れ込む状況を変えようと42年2月から、総督府の行政機関が前面に出る「官斡旋」方式の動員が開始されたからだ。 この期間は動員における統制がかなり厳しく機能していたように見える。 しかし、実は計画通りには進んでいなかった。 官斡旋で就労した者の多くが契約期間中に逃走していたからだ。 1945年3月基準で動員労働者のうち逃亡者が37%、22万人にものぼっている。 この事実をもって、左派反日学者らは、労働現場が余りにも過酷だったからだと説明してきた。 しかし、当時の史料を読み込むと、 逃亡した労働者は朝鮮には帰らず、朝鮮人の親方の下で工事現場等の日雇い労働者になっていた。 それを「自由労働者」と呼んでいた。 また、2年間の契約が終了した労働者の多くも、帰国せずかつ動員現場での再契約を拒否して「自由労働者」となっていた。 徴用工「残酷物語」は韓国ではなく日本が生んだイメージだった その他状況について 農業一家の長男の行動 徴用工は、生産性の上がらない土地を次男に任せ、長男がよく日本に来ていたようです。 日本では長男が守り、次男が戦争に徴収されていたのとは考えや行動が違いますね。 徴用工の写真、像 やせ細った像や写真は、北海道の強制労働させられた日本人や、シベリアの中央アジア・アフガニスタンでの労働者だったということらしいです。 実際に、徴用工できた朝鮮人は金時計を持ち、恰幅のいい体系をしている写真があります。 長崎の軍艦島も労働者を求めていましたが、明治期から1974の戦後まで福利厚生も厚い職場でした。 もちろん肉体を使うのできつい部分はあります。 通州事件など二の舞にならないよう 日本は居留民(日本人ということ)を保護するために、軍に援護を依頼し防衛しつつ、和平交渉を探ります。 ところが、黄河決壊で100万人単位の自国民を巻き添えしながらも停戦に応じません。 なぜなら、 ソ連、アメリカ、イギリスが、自己都合のため、大量の武器やお金、戦闘技術を支援していたのです。 それに気づいた日本は蒋介石に支援させないよう広東~武漢も制圧しました。 が日本に対しては 鉄鋼・石油などを制限し、和平交渉すると見せかけ邪魔してきます。 小林一三が石油を求めオランダと交渉したものの、和平交渉に応じる気がなくアメリカらの 時間を長引かせる策のためでした。 その間日本は 総力戦に突き進んでいきます。 そして日本の中国からの撤退も含めた 和平交渉案を、散々長引かせて破棄したのがハルノートの最後通牒です。 空襲 なぜ山本五十六がハワイを攻撃し、ミッドウェー海戦をしたのか戦略的にも戦術的にも不明ですがアメリカと戦闘することになります。 考察 これらの全体的な状況や情報からいくつか、わかりやすことを中心に振り返ります。 強制性 強制性といっても、日本人ならわかると思いますが、みんなで防衛しているときに、一人だけ逃げたり、必要なものを作ろうとしている中、別のことをしていれば、圧力がかかるのは当たり前だと思います。 行政サービスを受ける権利はあるが、税金は払わない、払わせたら強制だといってもしょうがありません。 日本人が主に、戦地に向かい内地を含めた労働力が足りない状況でした。 そのため炭鉱だけにフォーカスするというのは視野が狭く誤解すると言わざるを得ません。 しかも朝鮮人は日本の女性よりも後に徴兵されて、しかも多くは脱走までしています。 自分の叔母である親の長女も女子挺身隊として働いたことがあるそうです。 それを聞くと身近に感じます。 自由に対して義務があるのは市民であり、市民が外部圧力に対して戦う部分をすべて、近視眼的な強制(不明瞭な定義の強制連行や犯罪)ととるのはいかがなものかと思います。 また朝鮮人自身も納得して、生産したりあっせんしたりしている事実も注視する必要があります。 つまり朝鮮人から見ても一定程度の納得や妥当性があった可能性もあります。 現地レベルでの満洲での満州人・朝鮮人・漢人の争いや、マクロな社会情勢としてみてもロシアの侵略、英米ソの策略、シナ地方内での内戦などにより、生産が伸びてこないことも原因の一つです。 全員が被害者であるような被害意識をもち強制的ということは、日韓の相互の自立・協力と関係改善に障害になります。 朝鮮にとって関係ないと思うのは状況が見えていないように見えます。 台湾やインドなど東南アジアの国を見るに、今後日本としてはまず朝鮮の前に立たず、朝鮮がどのようになっていくかを参考に距離を置いて見守るような形が妥当なのではないでしょうか? 期間 期間についても、終戦前のわずか半年で、アメリカの無差別攻撃があって早めに収束しています。 そしてほとんどの期間、当初から任意でした。 人数 国民徴用令で来た割合は、 日本に来た朝鮮人200万人の2割ぐらいであり、しかもほとんどの来た人は自分からきて好きな仕事についています。 むしろ強制送還自体が少ないくらいです。 開化派の金 玉均(キム・オッキュン)も日清戦争後ですが、 自ら日本に来ています。 外務省も発表している通り、シベリア抑留と違い、ほとんどの人は戦後すぐに優先的に帰国できています。 朝鮮人もシベリア抑留にあった人もいると思いますが、それらについても、日本に保証をやってもらいたい、アメリカは何もしてくれなかったからという考えは甘えんぼうなのではないでしょうか? 賃金 同一賃金、同一労働が最近でも社会主義のように叫ばれてますが、熟練度や危険度についてという賃金に対して重要な点の考慮がありません。 また労働時間が同じといっても、しっかりはたらいたかどうかという点はうかがい知れません。 もちろん厳しい上司もいればいい加減な上司もいたでしょう。 サムライのような負けたら終わりという感覚を持っていた人もいれば、短期であったり、理不尽に起こり、弱い者いじめをするような輩もいたかもしれません。 統計によると、賃金は全体的に少なかったのは、元は農家など別の職業から来たからで、新人同士を比べると同じ賃金だったそうです。 西岡力は朝鮮人徴用工自身が書いた手記を元に、 朝鮮人徴用工の待遇は良かったとしている[47]。 1944年12月に広島市の東洋工業に徴用されたある徴用工は、月給140円という高給を受け、なまこやあわびを食べ酒を飲んで宴会をするなど食生活も豊かだった。 工場勤務も厳しいノルマなどなく、日本人の女工達と楽しく過ごしていた。 夜には寄宿舎から外出して、日本人の戦争未亡人と愛人関係になっていた[48]。 また、1945年3月に大阪府の吉年可鏻鋳鉄工場に徴用された別の徴用工は、徴用工の隊長とケンカで殴り合いを繰り返し、宿場を抜け出し鉄道で東京の立川へ行き、「自由労働者」として働いた。 朝鮮人の親方の飯場で雇われ、半日仕事で日給15円もらった。 仕事を休み東京見物もしていた。 さらに別の飯場に移ると日給20円に上がった[49] 韓国の落星台研究所イ・ウヨン研究員は、当時の炭坑の賃金台帳を元に朝鮮人炭鉱労働者の賃金が朝鮮半島で働く教員の4. 2倍にもなる炭坑もあったとし、また 他の職に就く日本人に比べても賃金面で優遇されていたとしており、韓国の映画などで「やせ細った朝鮮人労働者」のイメージが広がっているが「当時の写真を見れば 健康で壮健堂々としていた」 労働は過酷であり 、松代大本営の地下壕の掘削は、そのほとんどが朝鮮人の手で進められたという。 「松代」で働かされていた朝鮮人の中には、給金がもらえるものがいたし、「怪我や病気なんかすると すぐに病院にいけた」と言う者もいた。 しかし一方でその生活は極めて劣悪であり、3k労働である上に、食事はコーリャンに塩をかけたもので、量も少なく栄養失調や目が見えなくなった人もいたという。 また、 朝鮮語を話しただけでもリンチを受け、あまりに酷い扱いに耐え切れず逃げ出すと見せしめに拷問を受けたという証言もある。 そして天皇の「ご座所」を掘った朝鮮人180名は、秘密漏洩を防ぐため殺害されたとも言われている 日本統治時代の朝鮮人徴用 — Wikipedia 国家間の外交について 日本人としては、世界で稀にみるほど同情の文化が強いやさしさをもつので(私欲の強い人もたくさんいますが)、朝鮮や中国をはじめとした戦勝国を甘やかし野蛮さを助長している感があります。 他国から個人への賠償ではなく、基本的に外交であるため 国と国で行います。 粒度の単位がずれれば終わりはありません。 国の文化やしきたり・常識 の違い もあって、調整を個々に行うことは 現実的ではないのです。 また 戦争というものは、決着は条約で行うものであって、犯罪であるかどうかを基本考慮しません。 法によって裁くのであって、気持ちはわかりますが、良心を持ち出したり常識を持ち出したりしません。 それでは解決できないのです。 東京裁判のように本来 法がなければ、裁くことはできないのです。 世界で承認されず、調整も実効力もないひとりごとの李承晩ラインで島根の300隻以上と漁民を人質に取り、しかも在日朝鮮人の犯罪者を牢屋から出したり、送還するなという条約も盛り込んでまで対応したにもかかわらずことです。 日本としても、オランダがしたように現地資産の請求権はありますし、壊れたとしても朝鮮人らが壊したことについて直接日本は関与しません。 購入したものに対して壊したからといって請求は逃れられません。 まとめのまとめ 請求権として議論するのか、学びとして理解するのか、論点を明確にしなければ、着地点は定まりません。 そもそも強制連行という不明瞭な定義で話す人たちは、単なる井戸端会議でしかありません。 日本の学びとしても、労多くして益少なしな状態であるため、かといって英米ソや中国のように言論統制や虐殺してまでは日本人としてやりたくないでしょう。 つまり、例えば他民族地域については、一歩引いた視点でしか対応できないと学ぶべきかもしれません。 「強制性」は論点としても、感情的で個人的な話題であるため、 不毛な議論であることは、多くの学者や一般人も認めるところです。 当時の状況を踏まえた事実の収集と分析、あとは法に基づいた判断以外は 低レベルな話題だと認識すべきでしょう。 人生の時間がもったいないです。 参考 テキスト 徴用工「残酷物語」は韓国ではなく日本が生んだイメージだった 日本統治時代の朝鮮人徴用 — Wikipedia 国家総動員法 — Wikipedia 国民徴用令 — Wikipedia 国民勤労動員令 — Wikipedia 女子挺身勤労令 — Wikipedia 動画.

次の

総力戦体制の構築~国家総動員体制と国民生活

国家総動員ブログ

「施設入所中の80歳の方で昨日少し食事のときむせこみました。 今日から発熱、痰がでるようになってます。 」 みたいなエピソードで救急搬送されてきます。 新型コロナウイルスが流行する前であれば、こんな症例 「あー、はいはい。 どうぞー」 と、 どこの病院でも受け入れていたと思います。 一旦禁食・抗生物質の点滴・加湿と痰吸入の指示出して 徐々に食事再開。 細菌性・誤嚥性の肺炎だったら、抗生物質がよく効きます。 呼吸状態も悪くもなさそうだし、研修医でも担当につけとくか ってな感じです。 退院も元の施設に戻れば良いだけだし、1-2週間の短期入院で 病院も潤う。 焦げ付きの心配もない。 (急性期病院の長期入院は病院が損するシステムになっています) 病院にとっては、オイシイ症例だったわけです。 新型コロナウイルス流行中の肺炎対応 介護施設内での新型コロナウイルスクラスター感染 の可能性もある昨今、 肺炎を受け入れる病院は非常に少なくなっています。 受け入れ拒否の理由としては、• 当院は新型コロナ対策に対する方針が、まだ策定中です。 肺炎は見ない方針となりました• 新型コロナウイルス用の個室が埋まっています。 (院内発症用に確保してある) といった理由です。 まあ、当直医師としては 断る理由があれば、断るのが楽です。 普段から、救急車の受け入れは医師の良心に任されています。 働いても給料がもらえるわけでないし なにかと理由をつけて、救急車を全く受けないクソ野郎も たまにいますが 今回はおおっぴらに断れるわけです。 病院は病院を守る 病院は、経営者があって従業員がいます。 このご時世で、医療従事者を 神格化する方もいるかもしれませんが、 病院は利潤を追求します。 (今どきでは大学病院もそうです。 ) 大学病院やいくつかの総合病院の新型コロナ対策を 目にしましたが、 いずれも共通して言えるのは、 「外来、入院患者から新型コロナ感染者を排除する」 方法が検討されています。 ボククボの病院でも 「入院適応の判断に際しては、細心の注意を払ってください」 「より慎重な判断が求められます。 」 っていう、 日本的な指示がありました。 総合病院には、 抗がん剤治療をされる方や手術を予定している方 関節リウマチなどで免疫抑制剤を使っている方 透析している方 など多くいますので、院内クラスター化するとすべての治療が ストップするので仕方ありません。 肺炎だけが医療じゃないし、病院の完全閉鎖は 避けたい事態なのです。 当たり前ですが、 病院にとって守るのは病院であって、 日本ではありません。 院内発症はもはや避けられないが、、 現在の流行状況をみれば、 病院内にいつ新型コロナウイルスが入ってきても おかしくありません。 都市部ではすべての病院で院内発症例が出るでしょう。 病院上層部もそれは覚悟していますが、 なんとか自分の病院に入ってくるのを遅らせてたい 順番を最後にしたい、と考えています。 遅れれば遅れるほど、その病院への被害は少なくなります。 感染者が少なくなるわけではないので、 他の病院に感染者が行くことになるわけですが、 少なくともその病院は守られます。 基本的には新型コロナウイルスの治療に 特別な治療は不要でしょうが、 感染のリスクがある状態というのはストレスですし 感染するのが前提のような状態です。 しかも、たまたま医局の派遣で勤務している医師などは 「たまたま、4月から感染症指定病院に回された」 「運が悪かった。。 」 といった気持ちもありますし、 新型コロナウイルス患者に限らず、 肺炎疑いがあれば、 周辺病院は診察すらしないので、 次々と指定病院に搬送されます。 「なんで俺ばっかり、、、」 という気持ちが常にあるでしょう。 感染による、自宅待機医師もでており、 一部の未感染医師の負担も激増します。 医師総動員でないと難しい? 労働力の偏在 正直、ボククボの病院は現在かなり暇です。 仕事がありません。 手術は緊急性の高いものだけに絞っていますし、 外来の数も減っています。 不要な受診も減りました。 内科医も、入院患者が減って時間はありそうです。 ICUで人工呼吸器管理を得意とする麻酔科医も 手術がなくて自宅待機しています。 大学病院も、新型コロナウイルス患者も基本的には 排除していますが、 感染症内科専門医が何人もいます。 臨時感染症指定病院化? 都市部では、人口に対して 感染症指定病院が足りていません。 ホテル借り上げと同様に、 現在活動をほぼ休止している ICUや中小規模病院を借り上げ、 強烈なニンジン(お金)作戦で短期派遣医師を募集してはどうだろうか? 経営が苦しい病院の首脳陣も検討を始めるだろう。 医師派遣の中止でバイト先を失った医師だとか 怖いもの知らず独身医師など 集まりそうなものだが、、、 まとめ• 医者はいるところにはいるし、多くの医師が今暇• 感染症指定病院が足りない 以上です。 よろしければコメント、SNSで拡散お願いします。

次の